2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

北方三国志・第八幕

1 :無名武将@お腹せっぷく:黄天当立184年,2005/04/04(月) 02:49:35
>>2を取れるぞ」
>>3にむかって言ったつもりだったが、そばにはいなかった。
このスレ立ての動きに、>>3の足で付いてくるのは無理だろう。
>>1は苦笑し、胡床(折り畳みの椅子)の脚をさらに股で締めあげた。
胡床の脚が折れた。風が、打つように全身に当たってきた。

過去ログ
北方三国志・第七幕
http://hobby5.2ch.net/test/read.cgi/warhis/1107877650/
北方三国志・第六幕
http://hobby5.2ch.net/test/read.cgi/warhis/1089045582/
北方三国志・第五幕
http://hobby5.2ch.net/test/read.cgi/warhis/1076927988/
北方三国志・第四幕
http://hobby.2ch.net/test/read.cgi/warhis/1060961447/
北方三国志
http://hobby.2ch.net/warhis/kako/1051/10518/1051803014.html
北方三国志について語ろう第二幕
http://curry.2ch.net/warhis/kako/1021/10215/1021526273.html
北方三国志について語ろう
http://curry.2ch.net/warhis/kako/1003/10032/1003229239.html

2 :無名武将@お腹せっぷく:黄天当立184年,2005/04/04(月) 02:50:12
そして自ら2get!

3 :無名武将@お腹せっぷく:黄天当立184年,2005/04/04(月) 03:50:51
>>1乙」
そう言われたような気がした。
>>3の眼は、いつまでも閉じなかった。瞬すらしない。
>>4の泣き声がいっそう大きくなった。
はっとして、>>2>>3に駆け寄った。
眼を開いたまま、>>3は死んでいた。

4 :無名武将@お腹せっぷく:黄天当立184年,2005/04/04(月) 06:55:03
おまいら、やっぱりコーエーの三国志やるときは北方のオリキャラ作ってるの?

5 :無名武将@お腹せっぷく:黄天当立184年,2005/04/04(月) 12:26:18
次スレはさぁ、もう
【三国志】北方の語り口で雑談するスレ【ネタ切れ】
にしないか?

6 :無名武将@お腹せっぷく:黄天当立184年,2005/04/04(月) 12:28:08
つまり、作品そのものには語るほどのものは多くない、ということになるかな

7 :無名武将@お腹せっぷく:黄天当立184年,2005/04/04(月) 12:34:05
>>6
作品読んでから来いよ春厨

8 :無名武将@お腹せっぷく:黄天当立184年,2005/04/04(月) 13:43:05
読んだ感想

呂布がカコイイ
食い物がやたら美味そう
巨乳

9 :無名武将@お腹せっぷく:黄天当立184年,2005/04/04(月) 15:19:09
読んだ感想

許チョがカコイイ
張飛の野営料理食べたい
女が色っぽい
巨乳
家が燃えていた

10 :無名武将@お腹せっぷく:黄天当立184年,2005/04/04(月) 15:28:17
読んだ感想

黒い一頭の獣


11 :無名武将@お腹せっぷく:黄天当立184年,2005/04/04(月) 15:56:23
パパンが持ってた吉川版ちょこっと齧った後、北方版自分で買った
呂布がやたらカコイイと思った
イメージ違ったのは馬超と夏侯惇
馬超は賛否両論ありそう、惇は穏やかなのもまた良し
つーか北方のせいで魏ヲタになった
()付きの注釈が目についた

で、先生は呂布が好きなのか?

12 :無名武将@お腹せっぷく:黄天当立184年,2005/04/04(月) 16:28:54
「呂布みたいな男になりたければ、ソープに行け」
 北方は、言った。
 >>12は20万円を握りしめた。
 最後の金。家が燃えていた。

13 :無名武将@お腹せっぷく:黄天当立184年,2005/04/04(月) 16:39:04
>>4
コーエーIXで作ってみた。

      統  武  知  政
王安 51 72 52 47 剛胆 奮戦 突破 突進
陳礼 77 81 60 53 猪突 奮戦 突破 突進 突撃 斉射 罵声 鼓舞
張衛 74 79 62 60 剛胆 奮戦 奮闘 突破 斉射 造営 罠  罵声 鼓舞 
鮮広 68 69 76 75 冷静 奮闘 斉射 造営 罠破 心攻
牛志 73 74 67 66 冷静 奮戦 突破 突進 斉射 造営 混乱
高豹 66 73 54 41 剛胆 奮戦 奮闘 斉射 造営 鼓舞
応累 20 57 80 73 冷静 罠破 混乱 罠
尹貞 10 14 87 86 慎重 造営 鼓舞
辺容 09 03 72 81 慎重 造営
爰京 02 40 82 61 慎重 治療

まあ俺のイメージはこんなもん。 

14 :無名武将@お腹せっぷく:黄天当立184年,2005/04/04(月) 16:51:49
読んだ感想

(折り畳みの椅子)

15 :無名武将@お腹せっぷく:黄天当立184年,2005/04/04(月) 18:23:15
読んだ感想

揉みに揉め

16 :無名武将@お腹せっぷく:黄天当立184年,2005/04/04(月) 20:10:04
読んだ完走

なぜお前が大学に合格しなかったか、教えてやろう。
それはお前が童貞だからだ。
童貞だから前日のホテルでエロビデオをひたすら観続けて徹夜してしまうんだ。
ソープへ行け。ソープへ行って女というものを学んでくるんだ。
そうすれば二度と同じような失敗はしないさ。
一年二年の浪人に大した意味は無い。むしろ得るものは多いだろう。
大切な事は過ちを繰り返さない事だ。わかったか、小僧。

17 :無名武将@お腹せっぷく:黄天当立184年,2005/04/04(月) 21:43:31
お前が読んだのは、多分、別の本だ。

18 :無名武将@お腹せっぷく:黄天当立184年,2005/04/04(月) 21:46:33
>>13
路幽、董香、袁リンもきぼんぬ

19 :無名武将@お腹せっぷく:黄天当立184年,2005/04/05(火) 00:00:04
張衛がオリキャラ扱いなのには誰も突っ込まんのね

20 :無名武将@お腹せっぷく:黄天当立184年,2005/04/05(火) 00:07:34
>>19
しかし、それを言うことに、意味はなかった。

21 :無名武将@お腹せっぷく:黄天当立184年,2005/04/05(火) 01:05:00
宗教国家を作る夢を持った男の姿。
宗教の力、危うさ、儚さ、
これを描く為に北方は張衛を裸で岩の上に座らせた。
宗教とは教祖が利用されやすい。
だから張魯ではなく張衛だった。
袁リンの操がこの男に汚されたのが許せぬぞ、北方。

22 :無名武将@お腹せっぷく:黄天当立184年,2005/04/05(火) 01:28:37
「袁リンが犯されちゃうシーン書いてるときなんかはね。もう小説家として生き切った、と思った。」

23 :無名武将@お腹せっぷく:黄天当立184年,2005/04/05(火) 02:18:50
>22 笑わしよるわ、エセ北方。

読んだ感想
 吉川三国志のあとがきで蜀が中国領土統一をなしえなかった
理由の考察があった。庶民の間では既に漢王室への愛着が薄れ、
漢王室復興を大義とすることに無理があったと。
 だが北方三国志では、魏の覇道、呉の独立繁栄、に対する蜀
の志としての漢王室復興を、三国時代の最も魅力的で悲しいテー
マとして描いた。
 孔明は天を覆わんばかりの大旗の前に立った。その旗には「漢」
の一文字が。仲達は、あれが孔明の志か、自分にあれだけ明確に
表せる志があるだろうか、と感じた。
・・・
      変態仲達ーーー「姦」

24 :無名武将@お腹せっぷく:黄天当立184年,2005/04/05(火) 02:26:42
蜀うぜー

25 :23:黄天当立184年,2005/04/05(火) 02:44:44
>24 竹簡(竹に書いた手紙)で文章力を鍛えな。

26 :無名武将@お腹せっぷく:黄天当立184年,2005/04/05(火) 07:35:00
>>24
俺は蜀って言うか劉備ウゼーと思った。義兄弟達が必死に徳の人に仕立て上げてたけどアイツの本音とか書いてる所見たらただの偽善者じゃんと思った。死んで清々したよ

27 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/05(火) 09:19:15
昨日13巻読み終わった・・・
袁淋の一人称が「あたし」なのがイイね

28 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/05(火) 13:28:14
前スレの1000を取りたいと思った。
PCが立ち上がらなかった。
なぜか。なぜかはまったくわからないが
自分が1000を取れないということを
>>28ははっきり感じた。

29 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/05(火) 15:10:09
言うな。>>28はただの若造だ。
指揮官のやり方には、従うのが軍人だぞ。
この分では、1000ゲット1000ゲットと言っているお前が、不利になったら最初に諦めるだろうな。
その時は、もう襟首などは掴まぬ。私が、この手で、おまえの首を引き抜いてやる。

30 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/05(火) 15:25:07
>>28、お前初めての1000取り合戦の時に、泣いていたな。おまけに、糞までひり出した。

31 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/05(火) 16:42:48
もうよい、もうよいのだ、>>28
1000取りは、お前には荷が重すぎた。


32 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/05(火) 19:06:07
>>13
なんで政治にろくに携わってないやつらに政治のパラメータが
そんだけあるのかがちょっときになりますた。

33 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/05(火) 20:15:36
「あなた」
>>29が笑いながら言った
「いまは、前スレが埋まったのです。新スレが落ち着いて、誰もが1000ゲットを目指したら、1000取り合戦になります。おわかりですわね」
>>28「まったくだ。つまらぬことを考える前に、新スレできちんとゲット、ということか」
>>28は声をあげて笑った。

34 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/05(火) 21:01:53
読んだ感想

マン毛

35 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/05(火) 21:52:37
>>34
この系図によると、お前の父親がチン毛、母親が腋毛、
お前が鼻毛ということになるが、相違ないな。


36 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/05(火) 23:59:29
読んだ感想

二国志

37 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/06(水) 00:07:22
魏の相手は、蜀がやる。

38 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/06(水) 00:13:15
読んだ感想

孫権「長江タソハァハァ」

39 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/06(水) 01:13:48
激しくガイシュツだろうが、北方は孫権キライでいいのな。

40 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/06(水) 01:59:17
ガイシュツも何も北方本人が好きじゃないみたいな事言ってた。

41 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/06(水) 03:39:39
曹操が好きなのか嫌いなのかわからん

42 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/06(水) 07:26:09
>>40
三国志読本に書いてあったな


43 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/06(水) 10:02:33
>>41
曹操に関しては好きとか嫌いとかではなく認めているってのが
北方の想いだろう。多分

44 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/06(水) 13:09:28
俺は北方の孫権好きだけどな。共感できる。

45 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/06(水) 18:28:33
>>13
遅レススマソ。
だいたい似たようなものですね。
>>18
その三人は漏れが]で作った。
路幽 統66 武56 知72 政42 魅89 もちろん間諜持ち
董香 統70 武71 知69 政56 魅76 もちろん酒豪持ち
袁綝 統15 武 2 知64 政21 魅92 もちろん名士持ち
というか北方オリキャラは全員作った。

46 :無名武将@お腹せっぷく :2005/04/06(水) 19:16:35
読んだ感想

太股まである毛


47 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/06(水) 19:49:00
呼んだ感想

幼女に精を放つ

48 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/06(水) 20:04:16
>>47
・・・誰のことだ?

49 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/06(水) 21:33:48
>48
>47のことだろう。

50 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/06(水) 21:34:14
>>48
張衛の事じゃないか?
たしか袁リンはそこそこの歳になってたはずだが

51 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/06(水) 21:37:14
>>48 それは>>47の妄想よ。そんな内容はなかったよ。あったら
北方三国志は廃本になっている。でも中国人は金玉抜いたり、
女に木靴はかせたり、あらゆる拷問方法考え出したりしてるから
な。
 七幕の>849に北方の三国志解説のNHKビデオを見せてもらった
けれど、乱世には人間はいろんなものを発明しだす、と言っていた。
戦術、医術、宗教、平穏な漢400年に無かったものがこの短い時代
にでてきている。おそらく三国時代に董卓あたりは幼女の歯を抜い
ていただろう、とNHKで北方は解説していた。いや、それではNHKの
放送は無理。これは俺の妄想。
 だが、今日のニュースみたか、世界の死刑件数のい9割は中国。
董卓、袁術あっての三国志。三国志のような凄まじい歴史は残虐性
にも秀でた漢民族にしか綴れないわな。





52 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/06(水) 21:44:10
>>51。彼の吐き出す言葉は高等過ぎて、何を言っているのか>>52には、理解できなかった。

53 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/06(水) 21:54:28
呂布が、めっさカッコイイ^−^¥

54 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/06(水) 22:07:59
陰毛を束ねて作ったアクセサリー

55 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/06(水) 22:11:39
高豹 知60 武76 統60 政38
微妙に使えない

56 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/06(水) 22:40:37
一応マジメに読んだ感想

「男は時として命に換えても守らねばならぬものがある。
それが信義だ、と私は思っている。」
 盗賊から商人の馬を取り返し、一掃それをパクってずらがろう
と言い出す部下に言った劉備の言葉。
 現代の日常、職場でこれを言うと、ギャグかナンカの
パロディーかと笑われるだけだろうが、男である故、この
言葉は心に残った。
>52にもできれば分かって欲しい。

57 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/06(水) 22:48:20
>>56殿の言葉には感動しますたが、2ちゃんねらーならば
誰もが語る言葉です。ただ、それだけの話です。

58 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/06(水) 22:54:43
不意に、>>56の白目の部分が、赤みを帯びてきた。

59 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/06(水) 23:11:48
10名。それが>>56のレスを読んだ全ての数だった。

60 :56:2005/04/06(水) 23:25:18
「男は最後まで戦い抜くものぞ。」
三国時代なら雑兵として三ヶ月も生き続けえぬヤツラが。

61 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/06(水) 23:30:56
>>60
失格!出直して来いガキが。

62 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/06(水) 23:31:20
しかし、痩せたな>>56
こんなときにこんな言葉を言ってしまう自分に
>>61は嫌悪した。

63 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/06(水) 23:32:23
不意に、>>61の白目の部分が、赤みを帯びてきた

64 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/06(水) 23:37:35
「男は最後まで戦い抜くものなのか?」

>>64にはわかりきったことを口に出してしまう癖があった。

65 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/06(水) 23:47:08
>>61は老けた。やはり俺が>>61の代わりに戦をやってやらんとな。

66 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/06(水) 23:57:40
光が、飛んできた。
よく見るとそれは火で、どこからか射込まれたようだ。
夕方の光線の中で、それは不思議に命を持ったもののように見えた。
きれいだな、と>>65は一瞬考えた。







家が、燃えていた。

67 :56:2005/04/06(水) 23:58:13
「>65 少しは、イヤ、61に比べればかなり
骨のある奴よ。男は最後まで戦い抜くものぞ。
戦わずして負けるヤカラとは決別せよ。」
 青龍エン月刀を低く構えた。

68 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/06(水) 23:59:29
>>61
荒らしでも煽りでもなく、激情を言葉にする男だ、と>>66は思った。

69 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/07(木) 00:06:36
さらばだ、>>61よ。
おまえと、父子のように、過ごした、日々を忘れぬ。」

70 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/07(木) 00:07:29
>>68
いや、普通に煽りだろう、と>>69は思った。

71 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/07(木) 00:11:43
「いいことを言うではないか」と>>71は思った。

72 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/07(木) 00:16:23
上。レス。句読点が、圧倒的に少ない。
住人を釣ろうとしていることが、即座に分かった。
面白い、と>>72は思った。

73 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/07(木) 00:23:03

己のふがいない人生を>>70はひたすら誰かに
委ね、重ね合わせたかった。誰でも良かった。


74 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/07(木) 00:26:00
「腰抜けと聞こえたがな」

違う声がした。
ふらりと入ってきたのは、>>73だった。
ちよっと酔っているようだ。

75 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/07(木) 00:28:17
そのまま、>>73は部屋から出て行った。

76 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/07(木) 00:32:39
>>73は、立ち上がり、歩き回り、布を口に当てて酸っぱい液体を吐くと、また歩き回った。

77 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/07(木) 00:34:36
>>61のことを考えると、>>77は涙を抑えることが、出来なくなった。

78 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/07(木) 00:35:13

>>73が出て行く時、涼やかな眼差しに>>74への嘲りの影が
差していることを、>>75は咄嗟に見て見ぬフリをした。


79 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/07(木) 00:43:51
虎痴。何なのだ、この流れは。

80 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/07(木) 00:53:40
無手

81 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/07(木) 03:34:26
>61 が弱すぎた 寝よう。
日が昇ったら誰か読んだ感想を頼む。


82 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/07(木) 07:03:31
読んだ感想




「家来にしますか」

「しない」

83 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/07(木) 08:17:35
>>79
わかりません、殿。
いいな、お前の答えは短くて。

84 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/07(木) 08:22:33
>>79
それぐらいも、わからぬか。殿。

85 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/07(木) 11:07:43
>>83>>84
どちらが、本物の虎痴なのであろうな、夏候惇。

86 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/07(木) 12:19:43
宦官の家系のくせに・・・




87 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/07(木) 12:35:02
>>87の首を打て。

88 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/07(木) 14:39:30

虎痴、>>87をどう思う?
うつけかと。
いいな、お前の答えは短くて。


89 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/07(木) 19:25:15
たまには、育ちの悪い者の真似でもしてみるか。

  /袁\
ヽ( ・∀・)ノ● ウンコー

90 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/07(木) 23:08:06
>>54
あれ読んででびっくりしたんだけど
嬉しいものなのか

91 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/08(金) 02:04:50
え?どこにでてきたっけ?

92 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/08(金) 12:28:24
>89

動くなよ

93 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/08(金) 19:49:01
>>92が、六千ほどの兵を率いて降伏してきたのは、>>89の首を城門に晒した十日ほど後のことだった。

94 ::2005/04/08(金) 20:48:58
>90>91 たしかどこかで出てきたなあ。董香の張飛への愛。
陰毛を御守にして大切な人に渡す慣習って三国時代からあ
ったのか?北方よ?って思いながら読みすすめた。


95 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/08(金) 20:50:48
>>94
夷陵の前じゃなかったっけ?

96 ::2005/04/08(金) 21:43:17
ツッコミ>95 当たり前やがな、張飛が暗殺されてから夷陵でっせ。

街中で170cmぐらいの長身女をみると、毛深いのかな、と想像して
しまう。北方三国志のせいや。

読んだ感想
小兄は哀しい人生よ。父としての関羽は男として関平と関興に何を伝え
たか?養子と実子の違いは?なんてコトを完結後の今かんがえる。北方
三国志、60点やな。

>60 「男は最後まで戦い抜くものぞ。」 まさしく。

97 ::2005/04/08(金) 21:51:06
>95 いや、すまん、夷陵の”直前”、だった、かも
しれん。拙者アクセサリーは覚えてるがいつ出てきた
かは、覚えてない。
 「草原が燃えていた。」よりも後なのは確かだが。

読んだ感想
男は心を映す鏡が必要・・・駅の階段で使う鏡はダメダメ。

98 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/08(金) 23:58:43
>>24の気持が、初めて理解できた今宵であった。

99 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/09(土) 00:23:44
髯と頭でっかちのコラボDVDなんて見たくありません。

100 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/09(土) 00:24:53
誤爆した。
私は、自裁しようと思う。

101 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/09(土) 00:32:45
         ,. ‐''三ヾ´彡シ,=`丶、
     /'".:=≡ミ_≧_尨彡三:ヽ、
    //.:;:彡:f'"´‐------ ``'r=:l
    /〃彡_彡′,.=、 ̄ ̄ ,.=、 |ミ:〉
   'y=、、:f´===tr==、.___,. ==、._ゞ{
   {´yヘl'′   | ∧ /⌒l .∧ .|`Y}  漢王室復興なんてあきらめたら?
   ゙、ゝ)       `''''ツ_  _;`ー‐'゙:::::l{             プギャーーーーーーーーッ
.    ヽ.__     ,ィnmmm、   .:::|!     (⌒)
  ,.ィ'´ト.       トェェェイ   .::::;'    ノ ~.レ-r┐、
イ´::ノ|::::l \       |r-r-|   :::/    ノ__  | .| | |
::::::::::::|:::::l   ヽ、   `ニニ´::  .:::/.、 〈 ̄   `-Lλ_レレ
:::::: ::: |:::::ヽ    ヽ、.......::::/..:::/!\\ ̄`ー‐---‐‐´

102 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/09(土) 20:51:23
>>101の首を刎ねよ。

103 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/09(土) 22:12:22
>>102
それしか解決策が見出せないのか?

104 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/09(土) 22:14:25
>>102
御意

105 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/09(土) 22:27:32
安西先生・・・・・・バスケが・・・・・・したいです・・・・・・

106 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/09(土) 23:01:07
>>104

な、莫迦が沸いてきただろ?
お前は低脳なのだと自覚せよ。


107 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/09(土) 23:45:27
しかし、なぜ、北方先生は、この本を正史基準というのか。


108 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/10(日) 00:01:51
五虎将軍。
この記述を見るたび、>>107はつぶやいた。

109 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/10(日) 00:02:23
精子基準ですよ

110 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/10(日) 12:38:52
>107 なんでだろう。 張飛の暗殺のされ方には息を呑んだが。



111 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/10(日) 12:55:09
北方は元々演技から入った。
だから本人が精子準拠のつもりで居ても、演技の部分が多大に入るのだろう。
自覚は無いと思われ。

112 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/10(日) 15:30:11
正史基準の演義

113 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/10(日) 16:44:38
横山漫画を読んで黄巾の乱は百姓一揆のようなものと思っていた。
が、北方三国志で宗教としての太平道の庶民の信仰心が描かれてい
た。庶民はなぜ信仰を必要とするか、これをキチンと考えた曹操、そ
の青州での黄巾賊百万との戦い、和解、北方三国志の深さを感じた。
 その曹操は父曹崇を殺された怒りから徐州に攻め込み虐殺を行った。
川の流れが屍で止まるほどに。これゆえ曹操の残酷性が演義などで定
着する。しかし、北方の曹操は仏教徒の石キと自分の虐殺をキチンと
振り返り、論じ、省みている。石キは架空人物だが、史実の曹操はおそ
らく、キチンと命、宗教、自分の残虐性について頭痛に悩み頭を抱え
て省みていたにちがいない。
 こうした曹操の姿を、キチンと描いたからこそ北方三国志は、乱世の
男の激情をリアルに表現できた作品になったのだろう。

114 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/10(日) 17:15:46
張衛が好きだったなー。
才覚はあったのに裏目ばっかり引いてて。
最後はちょっと哀れすぎた。
北方、なんか張衛に飽きたとでも言わんばかりのやっつけエンド。

115 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/10(日) 18:09:03
やっつけじゃないじゃん
張衛らしい最期だよあれ

116 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/10(日) 18:15:42
吉川三国志をみても張衛はそれほどの武将ではなかったし、ゲームの魅力や
武力もそれほどたかくはないよ。
北方は宗教国家を建てる夢を持ち兄を利用した男として張衛を描いた。
視野は広くなく、漢中と益州とまり。正直、張衛にはあまり才覚をかんじない。
「俺は夢をもっている。」と言いながら25歳、30歳、のニートに例えたら酷だが、
現実を見失ったままの夢、志の儚さを北方は張衛を通して描いたってかんじが
するんだな。

117 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/10(日) 18:29:17
 張衛が馬超と交流を持った展開にはおどろいた。曹操を戦
で押し込みながらも計略で敗れた馬超は、超衛に対して「俺
は曹操と戦って負けた。」という。それを張衛は、「戦わずし
て負けたお前とは違う。」とでも当てつけたいのか。と苛立つ。
 北方自身、「戦わずして負けた諸君と決別す。」というフレ
ーズをかなり気に入っているようだ。北方自身、学生運動で
戦い負けた。そして、戦わずに文句言っているセクトに対する
最低限の言い分があったというワケだろう。

118 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/10(日) 18:43:10
俺は戦わずして勝ちたいな

119 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/10(日) 19:21:07
俺は揉みに揉みたいな

120 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/10(日) 19:39:44
オレは胡床(折り畳みの椅子)に座りたいな

121 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/10(日) 19:47:12
俺漏れも

122 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/10(日) 20:20:04
もみつぶせって表現って
実は横山でも結構使われてるんだな。

123 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/10(日) 20:20:19
北方三國志の張衛には、なんかこう、可能性みたいなものを感じたんだよね。
超一流とは言わないまでも、道さえ整っていればそこそこの武将になれた、みたいな。
最後なんか、義勇軍を名乗ったのを笑われたり、悲しい感じ。
あのズレっぷりがキャラの魅力でもあるんだけど。
ただ、もうひとひねり、出番があっても良かったと思う。
馬超と組み続けるって選択肢もあったと思うんだが、北方センセはそっちを選ばなかったようだ。

124 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/10(日) 21:12:34
バブルの時なら誰も張衛に感情移入しなかったな。
それだけは確かだ。

125 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/10(日) 21:37:57
そんな張衛にも1つだけ、狂おしく羨ましいことが。













袁琳レイープ

126 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/11(月) 00:13:56
>>122
フハハハこやつめ
ジャーンジャーン

127 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/11(月) 03:35:15
鶏肋の漢中戦で、蜀軍が落石用の石を岩山から作るシーンがあるけど、
張衛が沐浴してた岩山も削っちゃったのかなぁとちょっぴり寂しくなった

128 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/11(月) 04:20:56
削ったのは定軍山の岩じゃん

129 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/11(月) 04:28:50
尻のあたりの塊が破れたようだ。

130 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/11(月) 07:19:45
袁琳の奥に放精

131 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/11(月) 11:45:22
袁琳の顔に放屁

132 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/11(月) 16:15:43
馬超は張衛の子を一生懸命育ててるわけですな

133 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/11(月) 22:26:36
>>132
お前のショボイ脳内ではな。

真相はこうだ。袁琳救出後、二人は何度も深く愛し合った。
(ここからはナノスペース上の映像)
馬超の精子は黙々と進む。次々と襲いかかる張衛の
精子を切捨てながら。
そして、袁琳の卵子に必死にしがみついている「それ」
を発見、すっと近寄り一刀のもとに両断した。

次の瞬間、袁琳の卵子と一体化した。


134 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/11(月) 22:56:51
つまり、張昭殿の、養子にすればいいのだ。

135 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/12(火) 06:14:49
>>133

しがみついてたら、それって受精してないか?
のう?曹操

136 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/12(火) 21:28:58
>116>117>123、なんだ、ここのところ流れは?なんとかならぬのか?
金玉抜かれた宦官の酔い潰れ問答か?


137 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/12(火) 21:30:39
馬駿白は袁リンと芒秘の間の子だよ。

138 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/12(火) 21:59:01
>>136

秋を待つのじゃ、
漢には必ず秋がある。漢はその秋をものにできるかに掛かっている。

今は耐えるときなのだ

139 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/12(火) 22:30:28
馬駿白は山道を何十里も平気で歩くが
張衛も山道を移動するのが得意だった。
やはりな。

140 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/12(火) 22:38:18
そうなのか?4000ページも読み果たして感動の北方三国志の
エンディングを飾った馬駿白は・・・馬超の子・な・・
 あの4000ページは何だったのだ?もう一回読み直そう。

 草原が燃えていた。・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

141 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/12(火) 23:31:14
馬駿白は袁リンと牛志の間の子だよ。


142 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/13(水) 00:06:27
違うよ、忙秘との間の子だよ。


143 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/13(水) 00:15:37
袁紹・司馬懿の失禁

144 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/13(水) 00:22:51
最近北方読み始めた
2ヶ月でやっと4巻目突入。
呂布と陳宮が死ぬほどかっこいい
とくに陳宮好きだった俺としては呂布が陳宮を助けるためになんて。・゚・(ノ∀`)・゚・。
まぁ捕らえた後の話とかが無かったのには胸にポッカリ穴が開いたかのようなセンチメンタルな気分になったけど。
小説でも北方は一番面白いと今の所思う

145 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/13(水) 00:43:21
有体のレスポンスなど要らぬ。
全巻を最低2回読んでから書け、友よ。

146 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/13(水) 00:58:33

しかし>>139-143なんて、どうみても>>144以下だが。



147 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/13(水) 01:21:51
>>136は何が不満なのだ。

148 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/13(水) 03:27:09
おまえらよく上手いこと北方風に欠けるなー

149 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/13(水) 04:26:59
北方先生に聞けばいいよ馬駿白のことは

150 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/13(水) 09:35:46
>>148
>>145が最低条件なわけだ。

151 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/13(水) 10:57:42
>>148
しかし、おまえの北方風文章作成能力は、これからどんどん伸びてくる。
慌てて身に付けなくとも、よいのだ。

152 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/13(水) 12:00:05
黙って、句読点を、打て。男とは、そう言うものなのだ、と言うことが、わかってくる。

153 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/13(水) 15:51:02
北方8巻と、11巻が、無い。

154 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/13(水) 18:27:06
今日、中学生くらいの女の子が、北方三国志を、買っているのを見かけた。
しかも、3、4冊まとめて。

155 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/13(水) 19:02:11
草原が、萌えていた

156 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/13(水) 19:12:57
全巻最低2回読んだ面々は、単行本で買ったのか、文庫本で買ったのか。


157 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/13(水) 20:09:23
七巻以外を、単行本で、読んだ。

七巻。なぜか、手に入らない。




158 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/13(水) 20:18:15
草原(頭)が、燃えていた。
しかし、オヅラの表情は、変わらない。

159 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/13(水) 20:22:00
>>156
単行本で買った。
ただ、それだけだった。

160 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/13(水) 20:29:57
>>155
草原=♂?

161 :仲達:2005/04/13(水) 21:34:55
>154 いい。・・・そんなコに踏まれたい。・・・

162 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/13(水) 21:40:51
踏むよ

163 :仲達:2005/04/13(水) 21:55:25
どこの中学?文芸クラブかな?校章と筆箱とハンカチを、
譲って、譲って!

164 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/13(水) 23:05:53
その瞬間、>>163の首が跳ねdだ。

165 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/13(水) 23:18:40
そして、くっついた。

166 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/13(水) 23:22:19
兀突骨である。

167 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/14(木) 03:22:35
女子中学生。本を持っている。3、4冊ほどか。
次の瞬間、揉みに揉んでいた。算を乱して逃げ始める。

168 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/14(木) 06:49:12
太鼓の音。追撃戦である。
>>167は一人、二人と遮る人々を突き倒し、女子中学生を追った。

169 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/14(木) 08:44:12
みんな面白すぎw

170 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/14(木) 10:27:30
女子中学生。
志を持ち、天下を目指し、今、王となった。
それでも得られなかったものが、今、目の前にある。
「私の物となれ、女子中学生」
叫んだ。もう一度、叫ぼうとした。
声が出ない。なぜだ。なにかが、胸を貫いている。
兀突骨。家が燃えていた。

171 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/14(木) 11:00:09
女子中学生を、発見した。
その時だけ、>>167は階段を降り、顔とスカートを交互に見つめた。
>>170はあの時、ただ風を待っていた。そして、一分後か二分後、風は吹くはずだった。
女子中学生のミニスカートを前にして、>>170はそれを待つことができたのだ。
女子中学生が見えなくなっても、>>167はその場を動かなかった。
冬の風が、>>167の勃起したイチモツを打ち続けている。

172 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/14(木) 14:39:18
少し、下ネタに片寄り過ぎてはいないだろうか。
>>172は思った。

173 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/14(木) 16:31:12
しかし、それを思う事に意味はなかった。

174 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/14(木) 16:31:27
しかし、この者達の性的嗜好には、少々問題がある。

175 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/14(木) 17:10:34
それが、男というものだ。それが、志を抱いた男の性というものだ。
その志を捨てれば、生きながらの死ということである。

176 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/14(木) 18:01:08
やらねばならない。
>>167の全身の血が、たぎった。
志の為に。
>>167は天に掲げた剣を、振り下ろした。
騎馬隊が一頭のけもののように、女子中学生に突っ込んでゆく。

177 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/14(木) 18:04:33
「変わったな、>>174。射精の前とあとでは、ずいぶんと違う男になった」
「女見つめて三分、即ち括目してシコるべき」
>>172が言ったことだったな」
「男は、変われるものだと、この射精で私も実感いたしました」
武昌の館の、>>175の居室だった。
部屋の外に侍中がいるだけで、二人きりだった。

178 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/14(木) 19:08:36
「私に見えるのは、女子中学生の体だけです。レイプせよ、と御命令をいただければ、それをやり通す自信だけはあります」
>>167は、それでいいのだ。
しかし、妄想を抱こうとする者が、多すぎる。
陽炎を見る。幻を見る。
そのすべてを、現実だと思いこんでしまう。
思春期は、そうやって混迷を深めてきた。
そして自分も、幻を見ているひとりかもしれない、と>>170は思った。

179 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/14(木) 19:22:04
>>161-178
兄さん達は、遠くへ逝ってしまうんだ。私の知らない所に。もう、ここへは戻ってこないんだ。

180 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/14(木) 19:27:47
>>167のイチモツは、萎えることがなかった。
眼を閉じると、>>167はいつもそれを思い浮かべることができた。
益州の女子中学生。荊州の女子高生。そしてイチモツは、処女膜を貫き、膣にとどく。
萎えることのないイチモツ。それを思い浮かべると、不可思議な気分に包まれる。
絶頂の瞬間も、終わったあとの切なさも、なにもかもを流し、消し去ってしまうのか。
いままで、どれほど女の唾液や愛液を呑みこんだのか。
ひと月ほど前までは、よく裏筋を触りイチモツに眼をやった。
それも、いまではできなくなっている。足が、動かない。いや、動かそうという気分が湧いてこない。
インポになっている。そんな気がした。しかし、どこかが痛いわけでもなく、苦しいわけでもなかった。
ただ萎えていく。かぎりなく、萎え続けていく。

181 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/14(木) 20:11:39
いいかげん気持悪い

182 :RSK ◆CWT7Re8ejo :2005/04/14(木) 20:12:18
この三国志良いね。


183 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/14(木) 20:37:39
劉備うざい
呂布かっこいい

184 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/14(木) 20:42:02
ハードボイルド馬鹿の出鱈目三国志。
三国志を舞台にする必然性がないと言うか、三国志を侮辱するふざけた小説である。
史実を捻じ曲げ、呂布や張飛や馬超等の肉体派のみを美化してる。
楊脩徳祖は小者の代表みたいに扱われたあげく、
鶏肋の謎を解けなかった故に、その場で首を刎ねられてしまう。
易姓革命の思想を無視し、中国の皇室より日本の天皇制の方が素晴らしいと主張する右翼三国志である。
万世一系賛美は日本だけではなくて、800年の伝統を持つタイ王室を賛美してるのかも知れんが、
知的レベルの低い日本の小説界にとっては、天皇賛美としか解釈できないだろう。
文庫になっても読む必要なし。この小説を読んで怒り狂った中国から核ミサイルが発射されても私は文句は言わない。

185 :RSK ◆CWT7Re8ejo :2005/04/14(木) 20:58:05
>>183
この三国志の呂布のエピソードがかなり良いw
マザコンっぽくていて、最強的な雰囲気が出てるw

186 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/14(木) 21:33:54
184の、どこを、立て読みしろというのだ

187 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/14(木) 22:23:16
>>184
ハードボイルド       三国志。
三国志を舞台にする       と言うか、三国志          小説である。
史実                    のみを美化してる。
楊脩徳祖は   代表   に扱われたあげく、
鶏肋の謎を解けなかった故に、その場で   ね  てしまう。
     命   を無視し、中国   より日本の    方が素晴らしい       三国志である。
万世  賛美は           800年の伝統を持つタイ王室を賛美してる        
知的      日本 小説界にとっては、天皇賛美          だろう。
文庫になっても読む    。この小説を読んで                     も私は文句は言わない。

188 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/14(木) 22:33:15
>>210
ハゲドウ

189 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/14(木) 22:35:24
>>188の首を刎ねよ、虎痴。

190 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/14(木) 22:35:59
              鱈


                           く

                                            い


                                 た                               い。

191 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/14(木) 22:37:11
>>184に文章はあったが、中にはひとかけらの内容もなかったという。
脊髄反射した者をおびき寄せる罠だったのだ。
>>186らが向かうと、本人も姿を消したという。
どこか、心が貧しくなっているのだ、と>>191は思った。

192 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/14(木) 23:00:07
>>184はどこかのコピペ。
以前にも貼られた事がある。

193 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/14(木) 23:24:31
相変わらず、スレが見えていた。それが歪んだ。それから、また自分が目指しているスレになった。
あそこに向かってマウスを運べばいい。ひたすら、運び続ければいい。新着レスを見たいと思った。ポインタが動かなかった。
なぜか。なぜかはわからないが、今自分が叩かれようとしているということを、>>184ははっきり感じた。

194 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/14(木) 23:37:20
おい!藻前ら!

鶏肋鶏肋

195 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/14(木) 23:37:50
http://www2.odn.ne.jp/~aao07420/sangokusi.html
の一番しただな ぐぐったら出た

196 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/15(金) 00:44:21
うちの学部に留学してる台湾人に読んでもらったところ
むちゃくちゃうけてたぞ
これ北京語に翻訳したら流行るよって言い切ってた

197 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/15(金) 00:46:25

2ちゃんねるを須らく同一視する童子どもよ、
お前らに、当該スレを汚す資格は無い。
速やかに立ち去り、他スレで遊んでおれ。


198 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/15(金) 01:09:57
「須らく」は「全て」という意味ではありませんよ。


199 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/15(金) 01:20:14
>>196
それは北方三国志のこと? それともこのスレ?

200 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/15(金) 02:51:55
「  鶏  肋  だ  な  。  」

201 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/15(金) 18:18:52
「  鶏  肋  で  す  か  。  」 
>>201がうなずく >>201にも、妙案はなにも出せなかった

202 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/15(金) 21:35:12
「誰が韓国特集を組むと申した」
「部長が、KーROCKとおっしゃられました。
韓流ブームに乗って韓国のロックを特集する事を
言われたのでありましょう」
「…斬り捨てよ」
係長の剣がひらめいた時、新人の首は飛んでいた。
「韓国特集を取り消す必要は無い。
いまさら別の企画と言っても、到底間に合わぬ」
部数の低迷は、八号に達しようとしていた。
表紙をぺ・ヨンジュンと決め、部長は接待の席へと向かった。

203 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/15(金) 22:44:30
なぜこの本では1里が400メートルになってるのか
気になってしょうがない。

204 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/15(金) 22:58:22
調べればいい、民よ。

205 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/15(金) 23:05:09
ヨン様。萌えていた。

206 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/16(土) 00:21:21
竹島。燃えていた。

207 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/16(土) 00:52:16
>>205-206
明かに「全く面白くない」スレ違いです。
以後、ご注意のほどお願いします。

208 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/16(土) 00:54:23
>>203
昔は、一里は、400メートルとして計算されていたのであろう。

209 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/16(土) 10:00:12
415mじゃ、作者と読者のおつむには難しいという結論

210 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/16(土) 10:26:46
15メートルにこだわって男の熱さと力強さが減殺されるよりずーっとマシ


小説なんだからくだらないことにガタガタ言うな

211 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/16(土) 20:34:29
>184>196 大学時代、中国の先生と三国志を漢字表記と片言英語で
語った。15年も前である。中国人に北方三国志はどう受け入れら
れるだろう?今は反日運動が激しいから、日本人が書いた小説と
いうことは、まず伏せて読み論じ評してもらいたい。

212 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/16(土) 22:30:26

で、オタクは北方読んだのかよ?オヤジさん。
文章がやたらムカつくんで、北方読んで無いか、
単にアフォかどちらかだと断定しておく。

あとさ、2chビギナーの為にもレスアンカーは
>>184>>196にしろよ、オヤジ。


213 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/16(土) 23:00:11
久しぶりに12巻読み直した。馬ショクを「馬鹿」と言い放った張コウに惚れ直した。

214 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/16(土) 23:00:38
「若造が。」
心の中で、吐き捨てた。

215 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/16(土) 23:20:25
「馬鹿造が。」
口に出していった。

216 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/16(土) 23:27:27
>>213に阻まれた>>214はお間抜けである。
と、断じねばなるまい。

217 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/16(土) 23:36:28
俺を、燃えさせるではないか。>>213

218 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/16(土) 23:45:37
いいかげん北方風に話すのは飽きたな
横光みたいに「北方風に語るスレ」でも立てればいいんでないの?

219 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/16(土) 23:47:49
墮スレは、いらぬな。

220 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/16(土) 23:53:14
>>218-219


即刻去ね!





あとは、下らん人生を歩め匹夫。


221 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/17(日) 00:14:38
蟄居だ

222 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/17(日) 00:20:54
蟄居ではない、流罪だ。

223 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/17(日) 03:10:43
>>212
死んで良いよ(・ω・)

224 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/17(日) 10:11:34
>>223
レベル落とさないで下さい。

225 :211:2005/04/17(日) 17:15:03
死━驚━開
┃     ┃
景     休
┃     ┃
杜━傷━生

>>212 ならばウヌの知略で我陣を
切り崩してみよ!学なき若造め!
        (嘲笑)

226 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/17(日) 18:25:14
この陣は、放置するのが最上です。
所詮、守りの陣なのですから。

227 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/17(日) 19:49:23
>>227>>226が、好きではなかった。
いつも、限界のところで、戦う。
それが、男の戦というものだ。

228 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/17(日) 20:37:58
>>226は、女であった。
体は男でも、未熟な精神は、まさに女のそれであった。

229 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/17(日) 21:12:51
だが、乱世を生き延びるのは、
>>225のような、奴であろう

230 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/17(日) 21:14:13
>>229は、狼狽した。
レスアンカーを、間違えた。


231 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/17(日) 22:12:19
恥ぉ忍び、あえて生きよ、>>230

232 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/17(日) 22:20:52
>>231は萌え系キャラ。

233 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/17(日) 23:03:12
>>225

一つだけヒントをくれ、オヤジ。
これはオタクの檻か?それとも既製品か?


234 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/18(月) 08:16:55
「今こそ、討って出て、>>228を倒すべきです。」
「挑発に乗るな。軽率すぎるぞ。」

235 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/18(月) 13:30:56
7巻まで読んできたけど、そろそろワンパターンで飽きてきた。

調練と内政の充実についての描写
代わり映えしない戦闘の描写
潜魚など密偵達の報告
岩に座って漢中について考える張衛
曹操と石岐の宗教談義
曹操の頭痛の治療、情欲の有無
女達との性描写
張飛の乱暴さは演技
酒は水に入れ替える
張飛、関羽、趙雲には申し訳無い
いい馬が足りない
張遼の騎馬は呂布の伝統を受け継いでる

作者は同じような描写を何回使う気なのか。

236 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/18(月) 13:44:13
いいんだよ

それで喜べる奴らから金さえ得られればいいんだから
はっきりいって中国史を書けてないからな、この作者
ここまで文献も史料も無視してる(のか無知なの)も珍しいもの

237 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/18(月) 13:58:15
どうしても小説なんだと認めたがらない人たちが粘着してますね。

238 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/18(月) 14:16:55
参考までに言うと、
この小説は比較的短時間に書かれた物らしい。
となると、綿密な取材は無理。
一応中国に取材に行ったらしいけどね。
まあ、俺にとっては呂布が死んだ時点でそこからは惰性なんだけど。

239 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/18(月) 19:31:39
>>236

中国史なんて糞くらえだ。
あんなゴキブリ国家の捏造史なんて、
まともな日本人は信じちゃいない。
北方三国志は高尚な日本人のための
脳内史だ、チャンコロには判らんのだ。




さっさと中国帰ってデモでもやってろ。


240 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/18(月) 20:19:46
>>233 八門金鎖の陣を知らぬとはな。>>226 >>227
は  戦わずして難を逃れるが智将か、 背を向け
られぬ敵を相手ならば戦い抜くのが男か、 を論じ
ている。 ウヌはそれ以前よ。

241 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/18(月) 21:59:40
これ、二年で書いたと言っていたが、よく気が狂わなかったものだと思う。

242 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/18(月) 22:11:35
「書き終わってから死ね」
こんなことを言われた日には

243 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/18(月) 22:25:38
>>233
ヒント:胡床(折り畳みの椅子)

244 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/18(月) 22:31:47
しかし、それが何だというのだ。

245 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/18(月) 22:35:35
に、しても>>236に謀られた>>238はアフォだね。
情けないよ日本人として。

246 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/18(月) 23:43:58
>>245
流れの高揚を邪魔したいのか?

247 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/18(月) 23:51:05
JASRACの者ですが

248 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/18(月) 23:55:39
>>246

悪いが、それは俺のコピーである。
ここ数日、流れは高揚していない。
あとは>>238自身が男になれるか、否かだ。


249 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/19(火) 00:37:21
>>235を攻め滅ぼすのは今だ。

8巻から変わるのを知らぬのだ。
そういった男は何も知らずに死ぬのだ。
秋を知らずにだ。

鶏肋鶏肋

250 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/19(火) 00:47:57
>>249
敢て加勢いたさぬ。>>235如き鼠一匹、足下に任さん。

251 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/19(火) 03:52:17
同一表現混ざるのって新聞かどこかに連載してたからなんじゃないの?
書き下ろしでこんなに内容重複あった日には作者の脳みそ疑うべきだけど、オレは
そういう風に読んだというか読み飛ばした。本来読み飛ばすべきものなんだと思う。
この作者が張飛へのオナニー度が強すぎるのは 鶏肋鶏肋

252 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/19(火) 06:59:39
単純馬鹿な張飛は納得できない云々

253 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/19(火) 09:32:24
読者が単純馬鹿ってのは書き手も楽だろうな

254 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/19(火) 09:36:47
殿、アンチが紛れ込んでおります

255 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/19(火) 10:31:26
>>251
>同一表現混ざる
それにゲンナリしたのは三好興亡三国志



その時代の人物に張り付いて詳細な記録を取りつづけ編纂した歴史書があり、それを物語としてまとめただけで、
脚色は極力排除した原典があるならそれを尊重すべきだが、あるのは思い出話とそれを元にしたアヒャヒャな物語なら、
小説としてのノリと面白さを最優先にすべきだ。

まぁ、早い話が自分の思い入れのあるキャラの扱いが悪いとか言って粘着している程度のゴミだろうけど。

256 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/19(火) 17:10:03
8巻読んだが周喩がなかなか死なないのにイライラした。
7巻後半から引っ張りすぎ。
何回、薬湯を飲んで、血を吐いて、具足を解いて横になって
切なさに似た思いを感じる感じないの描写を繰り返したら気が済むのか。
そこまで引っ張ったわりに、肝心の死んだ描写に限ってはやけにあっさりしてるんだよな。
孫堅や呂布の死もやけにあっけなかったけど、周喩はやけに引っ張ったので
なにか感動するような演出や描写でもあるのかと期待してたのに見事に裏切られた。

257 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/19(火) 17:44:18
それが男と言う物だ。

258 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/19(火) 19:12:04
美周郎だけは浮気と無関係だと思っていたもんだが、男とはこういう生き物か・・・。

259 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/19(火) 19:59:13
「小喬タソの、華奢な骨格のロリボディも良いが、浅黒い肌の幽も、なかなかそそるのだ。」
言った瞬間、何かが破れた。

260 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/19(火) 20:20:34
人間死を悟ると性欲が増すものよ。

261 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/19(火) 20:29:32
>>260
しかし、老いすぎている。

262 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/19(火) 21:53:49
結局>>256のようなやつは北方のよさがわからないよね

263 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/19(火) 22:08:28
煽んな

264 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/19(火) 22:45:01
命の、やり取りを、するには、お粗末過ぎる、相手だぞ

265 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/19(火) 22:53:19
張飛が死んでからは流し読み

266 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/19(火) 23:39:51
しかし続きを読んでしまう>>256であった。

嫌なら読まなければ良い。ただそれだけだ。
それを拒絶できない自分に苛立っているだけなのだ。

そしてお前も漢なのだ。


267 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/19(火) 23:48:44
劉備「蜀は、お前に譲ろう」
孔明「ありがとうございます」

268 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/20(水) 00:00:22
うちの社長は気が弱かった。
責める経営ではなかったのだ。
そして、社長は部下にも気が弱かった。
そう、気を使っているのだ。見ているこちらが苛立ってくるのだ。
誰もが社長をなめていたのだ。
しかし、バブル崩壊を乗り越えるだけの力量はあったのだ。
誰もが不思議に思っていた。

そんな俺は社長とともに取引先に行ったのだ。
相手は手ごわい取引先だった。

頑固なのだ。自分の思ったことは決して折れない、
うちの社長とは逆のタイプなのだ。
はっきりいってこの取引は気が重く、そしてうまくいくはずだとは思わなかったのだ。
話し合いが始まる。
相手の社長が勢いで話す。それはそう、まるで一匹の黒き獣のごとく話すのだ。
こちらの話はまるで聞いていない。自分の思い通りの動きをするからだ。
うちの社長はダメだと思った。
その瞬間。ひざにおいてあったうちの社長の手が、
左手を胸の前に置き、その左手の上に右手を添えたのだ。
そう、商人がご機嫌を伺う時の仕草。まさにそれだった。

うちの社長は揉んでいた。揉みに揉んでいた。
手から煙が出るくらいに揉んでいるのだ。
相手の社長(黒き獣)動きが止まった。いや、止めたのだ。
ムッとしていた獣の顔から怒りが和らいだのだ。
社長、ここぞとばかりに揉む。
獣、微笑む。そして、機嫌よく笑い始めたのだ。
社長さらに揉みあげる。これが社長の伝統の戦なのだ

終わった後、俺はこの社長についていこうと思った。

269 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/20(水) 00:01:26
趙雲「俺のほうが昔からいたのに・・・」

270 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/20(水) 00:36:02
この三国志は馬超がいれば五斗米道ですら
曹操に勝てると思えてくる
張衞と馬超。無敵のコンビではないか!

271 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/20(水) 02:50:12
>>270 張衛が袁リンを犯し、馬超が張衛の片腕を切り落とす。
自分が馬超なら張衛と組もうと思うか?
 男が男と出会う時、お互いを量りあう。張衛と馬超が組むなど
どこにリアリティーがあろうか?

272 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/20(水) 05:05:13
馬超への思い入れのほんの1割でも関羽に振り向けてくれれば・・・(号泣)

273 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/20(水) 07:28:17
>>268
続き書いてくれい

274 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/20(水) 08:01:48
>>265
>張飛が死んでからは流し読み
張飛の忘れ形見、野戦料理を愛せないヤシは似非北方ファン

275 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/20(水) 14:16:31
>>270
勝てると思えるのが思い込みに過ぎないというのを張衛が悟ったからこそ
袁リン誘拐という暴挙に出たわけだが

276 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/20(水) 23:14:30
張魯と一緒にいた時じゃない?
あそこで張魯が決断してたら老いた曹操はひとたまりもなかったであろう

漢中の曹操は情けない事この上なしだし

277 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/20(水) 23:27:17
このスレで1年分の「張衛」という字を見たわけだが

278 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/21(木) 00:52:16
後期張衛と呉が組めば
三国統一も夢ではないと思った


279 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/21(木) 01:23:49
張衛が黄巾に入れ歯

280 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/21(木) 10:10:13
信仰より戦いを選ぶ200騎を選別した時に、馬超なり劉備に臣従すべきだったろう。
そうすれば少なくても時代遅れの義勇兵扱いで殺されることもなかった。

時代を読みきれず、口ばっかり達者で空しく空回りして死ぬ詰まらぬ男の代表格として
描かれたんだろうな。

281 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/21(木) 13:32:31
作者がつまらんオリジナル要素を入れすぎた駄作三国志。
その作者なりのオリジナル要素は否定しないけど
隠し味程度のバランスで入れないと作品そのものがダメになる。

282 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/21(木) 13:41:55
まて、キタカタの妄想全部排除すれば名作になるって言うのはいくらなんでもヤバイ!

283 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/21(木) 13:52:58
白忠がいつのまにかいなくなっていた。
あと孫ホンも

284 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/21(木) 15:11:45
隠し味程度にしかオリジナル要素が入っていない三好三国志はゴミでしたが何か?

285 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/21(木) 15:27:43
ゴミ以前に破綻している。

286 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/21(木) 18:07:53
蒼天レベルくらいが理想かな 入れすぎず入れなさすぎず
北方はオリキャラがちょっとうざいが、まあ許容範囲かな

287 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/21(木) 20:26:36
>>281>>286
だからwわざわざ来てスレ汚すな、低脳児ども。

288 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/21(木) 22:39:25
>>282
お前の読解力の方がヤバイ!

289 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/21(木) 23:43:45
ウホッ!

290 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/22(金) 00:06:16
マターリしようよ

この小説の登場人物の血液型予想
A型  :曹操、曹丕、司馬懿、許褚、夏侯惇、陳宮、呂布、簡雍
B型  :劉備、孫策、孫権、孔明、張衛、周瑜、陸遜
O型  :荀ケ、伊籍、張飛、華佗
AB型 :馬超、麋竺、関羽

291 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/22(金) 00:27:00
お前こんなネタでマターリできると思っているのか!

292 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/22(金) 03:03:03
>>290
簡雍はO型だろ!!

…とか言えば満足か?

293 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/22(金) 03:28:19
血液型性格判断厨=黄巾族

294 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/22(金) 16:27:41
逆に俺は総点香炉読めんわ。

295 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/22(金) 22:02:20
血液型で性格がわかるなんてまだ信じてるアフォいるのか。痛いな
血液型は血中の糖の分子の構造のことですが何か?

とマジレスしてみる

296 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/22(金) 22:45:25
ハイ、295はA型、と・・・。

297 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/22(金) 23:58:42

俺も>>295の如く、血液型で性格分析など、片腹痛く思う。
しかし、>>290のパターンが、通常の認知パターンと較べ、
全く的外れ、今一度読み直せ!という思いから訂正する。

A型  :関羽、張飛、超雲、伊籍、荀ケ、麋竺、許褚、陸孫、
     魯粛、爰京
B型  :曹操、孫策、華佗、夏侯惇、夏侯淵、曹仁、曹叡
O型  :劉備、司馬懿、呂布、陳宮、張衛、張魯、袁紹
AB型 :孔明、周瑜、曹丕、孫権、馬超、龐統、簡雍

(注)
勿論、北方三国志のみの分類パターンである。
他の三国志像と違い、関羽、張飛、陸孫、爰京等が
A的だからこそ北方三国志は、俄然盛り上がる。


298 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/23(土) 02:59:51
7、8巻辺りはつまんねぇと思いながらダラダラ読んできたが
9巻の漢中戦辺りから急に面白くなってきた。
10巻の終わりまで一気に読んでしまった。
三国志の関羽の死以後はどうなるかわかってても涙腺が緩むな。

299 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/23(土) 04:57:02
永安からの出頭命令を見て孔明と一緒に打ち震えたのはナイショ。

300 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/23(土) 07:16:09
諸葛亮と馬食の最後の会話は泣かせるなぁ



301 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/23(土) 20:51:24
>>281  北方オリジナル要素をどう読み取るか。
 劉備が呂布に攻め込まれ曹操に下りかくまわれる。
 演義や吉川三国志では、そこで劉備は爪を隠す為に
 肥えタゴ担ぎ、雷に怯え机の下にうずくまる。北方
 三国志では、劉備は屈辱に肉を噛み切り口から血を
 流すおぞましい程の悔しさを見せる。
  前者の方が資料に基づいた史実に近いストーリー
 だろうと考えられる。だが、北方は三国時代を舞台
 に借りて、乱世に生きる人間の本質、乱世の男の激
 情を描くい事を目的としてきた。・・・このスレッ
 ドはそれを読み取ろうとする者が集えばいい、と、
 私は思っている。
  特撮ファンが集う映画館で、「ゴジラはヌイグル
 ミだから、インチキだぁっ!」と騒ぎ続けるタワケ
 の様な史実オタクは、つまみだせ。


302 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/23(土) 20:53:38
立て読みめんどいから誰か代わりに解読して

303 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/23(土) 20:56:30
しかしおもしろいなこの本

304 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/23(土) 20:58:08
文の要旨は最初か最後の段落に書いてあることが多い

305 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/23(土) 21:04:50
史実史実とうるさく言う人はいるけどさ、どこまで正確なのよ?
そんなガタガタ言うほど正確な記録なのかよ、と言いたい。

あとになって伝承や思い出話をまとめて、捏造好きな人種の
先祖が作り上げた史実なんぞ、小説を批判するにはあまりに
馬鹿すぎる根拠。

306 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/23(土) 21:09:06
それは極端論だが、確かにうるさい

307 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/23(土) 21:26:06
極端論・・・何語だ?
>>239で片ついてるから、繰り返えさんでよい。

308 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/23(土) 21:32:06
それだけループネタだと言うことで

309 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/23(土) 21:49:33
正直、塩味だけの肉だから、結構淡白な味がしそうだよな。
めしには合いそうだ。

310 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/23(土) 21:53:56
>>309
ほんとに美味い肉は塩だけで充分すぎる、むしろ塩以外いらないと思う
味わいがあるよ

311 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/23(土) 21:55:05
>>307
“極端論”でググったら2500件の日本語サイトが引っかかった

312 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/23(土) 22:05:34
NHK教育の「きょうの料理」に北方先生がエプロン着て小説に出てきた料理作ってほしい
ゴトゥと一緒に

313 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/23(土) 22:16:06
極端論でググる前に極論でググれ、DQN。

314 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/23(土) 22:20:30
リア王の娘も言っているではないか。肉には、塩だと。

315 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/23(土) 22:20:52

それは、少なくとも約2,500人、DQNがいるという
ことでつかwwwww


316 :306:2005/04/23(土) 22:24:06
まあ漢字のニュアンスでわかれおまいら
自由な言語が日本語だろ?

317 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/23(土) 22:30:27
ニンニクと油、胡椒。
豚には、これだけでいい。

318 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/23(土) 22:31:42
漢字のニュアンスでわかってるから馬鹿にしてんだよw

319 :306:2005/04/23(土) 22:32:46
そうかw

320 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/23(土) 22:35:54
極端論ごときにつっかかるの奴は
確信犯の間違いをちくいち正すような奴なのか?

321 :320:2005/04/23(土) 22:36:43
日本語間違えたwww

322 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/23(土) 22:44:57
ネタ振りして自爆するスレはここでつか?

323 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/23(土) 22:45:12
>>320-321

お前いい奴だな。
簡雍再臨の如きである。


324 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/23(土) 22:57:40
そんなコトはどうでもいいから、董香の太ももの
話しようよ。

325 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/24(日) 00:27:27
やだよ、あんなオトコオンナ

326 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/24(日) 00:58:55
そうだな
俺は星彩がいい

327 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/24(日) 13:02:18
許褚がいないとこのスレもう駄目だな

328 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/24(日) 16:57:08
 なぜか張衛の話が盛り上がったな。
 横山三国志では許チョは農民あがりだな。曹操にスカウトされてよ。徐コウと
互角に闘ったんだったかな。
 ゲーム三国無双の許チョはイメージ崩し過ぎ。
 吉川三国志では曹操救出のために負ぶってジャンプ。筋肉質でゴツく、案外身
軽か。
 北方三国志の許チョは青州黄巾族百万と闘う時の曹操と出会っている。やはり
赤壁の大敗の後、馬を潰さず慌てず確実に曹操を助けたシーンが印象に残る。曹
操亡き後の銅像のような許チョは何を想い生きたのか。虎痴と言われる分、詩を
竹簡に残したわけでもなく、友に想いを語ったわけでもなく。北方はただ、晩年
の許チョを銅像のように綴ったのみ。そこが筆足らずだぞ、北方。
 三国志は好きで、漫画も小説もゲームもかじっている。ただ、うろ覚えで書い
ている部分もあるので了承を。

>>327 許チョがそんなに好きなら人に頼らず、自分で綴れ。馬痴よ。

329 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/24(日) 17:36:14
>北方はただ、晩年
の許チョを銅像のように綴ったのみ。そこが筆足らずだぞ、北方。

そうかなぁ、あれは北方版許チョらしかったと思うけどなあ。

330 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/24(日) 19:16:06
>>328

北方の筆足らず?
お前の読解力足らずだよ、ボケ。


許褚は曹操と共に逝った。と、いうことだ。


331 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/24(日) 19:30:32
残ったのは抜け殻の許褚。

332 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/25(月) 02:38:19
щ(゚∀゚щ)カモン
щ(゚Д゚щ)カモォォォン

333 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/25(月) 10:01:46
>>332
         |   || |
     ,、    ll_┌''仆、ll     _,, _
      l \ く `┴'.ォl ll`ー‐ '''´
     'l  ヽ、く二_,,.:;)  , , ヾぃ,_
   /´r‐、   Y二 );;) ┐; l ┘^'
   .i ′ , ヽ、_`r─='. ∠ ‐T '''ー-
  U ヽ/o :'(こ二 ..≧o/`::U
   U `ー'/`┬-┬、'`‐'' :/
    \  " ` にニ} ′`, く
   /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  .ヽ


334 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/26(火) 01:00:15
ふと思ったんだが、
三国時代は「殿」と君主を呼んだのか?

335 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/26(火) 01:10:37
北方三国志は日本語で書かれてます。
これ以上言わせるなよ。

336 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/26(火) 01:20:15
次に>>337
ふと思ったんだが、三国時代は「拙者」と自分を呼んだのか?
と言う・・・

337 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/26(火) 02:30:09
三国時代は「拙者」と自分を呼n・・・はっ!

338 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/26(火) 09:49:15
三国時代は中国では日本語をh・・・はっ!

339 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/26(火) 09:56:41
だったらどうだって言うんだよ!336!(と上着のポケットを探る)

340 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/26(火) 13:55:39
JOJOネタかよw

341 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/26(火) 18:34:23
ズビスバー

342 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/26(火) 18:37:06
貧弱

343 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/26(火) 19:28:00
「無駄、無駄、無駄、無駄」

344 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/26(火) 22:47:05
そろそろ許チョが出てきてふざけたジョジョラーを斬るのはコーラを飲んだらゲップが出るくらい確実

345 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/26(火) 23:16:17
曹操「じょじょとは何だ、許チョ?」

346 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/26(火) 23:18:35
徐庶、 

347 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/26(火) 23:19:34
>>340-345
スレ違いだ、去ね。

348 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/27(水) 01:48:21
>>347
もうちょっと手前からだぞw

349 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/27(水) 06:14:20
もうそろそろスレ戻そうぜ〜

「きかぬ〜、きかぬのだ〜」

350 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/27(水) 13:12:34
劉備「曹操!てめぇは俺を怒らせた」

351 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/27(水) 13:25:09
なんか9巻からガラッと孫権の扱いが悪くなるな。
冒頭からぼろくそ

別に孫権ファンじゃないからどうでもいいけど。

352 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/27(水) 14:19:23
呉ファンからしたら辛い。
呉は周瑜が死んでから扱いが悪くなる。

353 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/27(水) 16:43:24
それでよいのだ。

354 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/27(水) 16:52:49
呉ファンだが、少なくともこの小説においてはクソだからしかたない>シュウユ亡き後の呉
後半になるにしたがって呉勢力の夢というか志が、
天下に出ることから江東の維持にいつのまにかシフトしていくあたりの描写は印象悪い。
正直、孫権はいつごろまで本気で天下を考えていたのか怪しいし。

355 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/27(水) 19:01:17
それでよいのだ。
あとな、呉ファンなら周瑜くらい書けよ。

356 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/27(水) 19:01:47
呉はいっつもいっつも覇気がないと叩かれっぱなしだな

357 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/27(水) 19:15:33
陸遜と凌統は最後まで天下を見ていたよ。

358 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/27(水) 20:21:37
それなりに頑張ったよ呉は

359 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/27(水) 20:58:38
>>330 許チョは曹操と一緒には逝ってない。読解力不足ー。



360 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/27(水) 21:01:52
呉は、関羽を、孔明を、裏切った。
呉は、信義を捨てた。と私は考えている。

361 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/27(水) 21:05:11
俺漏れも

362 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/27(水) 21:05:18
>>359
馬鹿は去ね。

363 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/27(水) 21:11:30
「なにが信義だ、こんな世の中で」
汚い歯を剥き出して、>>364が嗤った。

364 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/27(水) 21:13:15
tu-ka北方読んだ人は皆そう考えるw

365 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/27(水) 21:21:00
いそいそと整理する。
>>363は半分おチャラけで、
>>364>>360へのレスであり、
引き続き、申したき儀これ有。



このスレの住人にとって了解事項である。
>>360、その上で今後書き込むよう。
これは勅令である。


366 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/27(水) 21:27:34
>>362 今は呉のお話をしているので、ちょっと待っててね。

367 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/27(水) 21:30:17
終盤、呉の話になると読み続ける気力がなえた。
ただ、凌統の兵団指揮は別。

368 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/27(水) 21:49:07
>365
ご苦労であった伊籍殿。

369 :360:2005/04/27(水) 21:54:52
そうか、伊籍殿であったか。

370 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/27(水) 22:12:32
伊籍で、ございますな。殿。

371 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/27(水) 22:15:08
さすが、伊籍殿でございますな

372 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/27(水) 22:33:52
そんな話はどうでもいいから、呉の話、
孫尚香のオッパイの話をしようよ。

373 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/27(水) 22:59:09
最近盛り上がりが欠けるなぁ

374 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/27(水) 23:05:49
>>373
とりあえず、コピペでいいからソース示して〜。
どうせ嫉妬交じりの下司の勘繰りでしょうけど。

375 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/27(水) 23:35:34
呂布は熟女好き

376 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/28(木) 00:58:57
今のスレに、流れの高揚が、あると思うか? >>374

377 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/28(木) 03:16:57
北方孫権を理解できない奴は胡床(折り畳みの椅子)以下

378 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/28(木) 07:03:31

少なくとも何人かで盛り上げようとしている
ところに、水を指したのはお前だ>>376


379 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/28(木) 09:22:07
>>378
とりあえず、コピペでいいからソース示して〜。
どうせ嫉妬交じりの下司の勘繰りでしょうけど。

盛り上げようとしたレスが
すごいよ伊籍殿に孫尚香のおっぱい話呂布熟女好き疑惑じゃねぇか
そんなんで流れの高揚を感じる>>378は張衛
呉に殲滅されてこい

380 :373:2005/04/28(木) 19:22:00
コピペで悪いんだが、俺が一番面白かったときはこの頃だったな
これが一番ワロタ

  爰京が、手の平で場所を探す。それは、曹操の背中を滑るように動き、やがて止まる。
  ここだ。そう、感じた。感じたときには、すでに揉んでいる。揉みに、揉む。それが、爰京の指圧だった。
  身体の中に、指が入ってくるような感覚。そして、耐え難いまでの心地よさがある。思わず、声が漏れた。
  「あふぅん」

  「虎痴」
  「はい」
  「何を聞いた?」
  「いいえ」
  「いいえ、ではない。何を聞いた、と聞いておるのだ」
  「はい」
  「はい、ではない、と言ったはずだぞ、虎痴」
  「殿の、お声を」
  「聞いたか?」
  「はい」
  「忘れろ、虎痴」
  「はい」
  「おまえは良いな。いつも、返事が短くて」


381 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/28(木) 20:01:09
>>379
From>>378
お前の嗜好や感性で面白い、面白くないを決めつけるのが
傲慢であり、低レベルな抵触であるということだ、匹夫。

それとな、お前がしきりに使用している「流れの高揚」
を前スレで書いたのは俺だ。
以後、お前だけ使用を禁ずる。


382 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/28(木) 20:08:16
>>381
で?

盛り上げようとしたレスは?>>張衛
まさか適当に言ったんじゃないだろうな?
そんなんだから時代も読み取れず義勇兵なんかやるんだよ
時代の流れの高揚を感じろ

以後、お前が袁淋とセックルのを禁じる

383 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/28(木) 20:15:20
>>382
お前はこのスレに相応しくない者と断じておく。
後は第三者の意見に委ねよう。

384 :382:2005/04/28(木) 20:27:14
>>383
共に、死のう。

385 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/28(木) 20:40:22
>>375
ワロタ

386 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/28(木) 20:46:46
>>385
ほんとかよ

387 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/28(木) 20:58:59
>>386
ワロタ

388 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/28(木) 21:01:54
>>386は孫立

389 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/28(木) 21:31:10
>>388は馬万里

390 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/28(木) 22:51:11
>>384
お前が氏ね

391 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/28(木) 23:19:43
>>390
粘着荒らしは消えろ

392 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/28(木) 23:31:51
>>390
見苦しいとは思わんかね?

393 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/28(木) 23:36:58
プ、>>384=391=392ダサ杉

394 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/29(金) 01:28:00
なんだこの自演大会は!
二人でスレを進める気か!

395 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/29(金) 03:11:37
二人を、もっと増やしたいのだがな、石岐

396 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/29(金) 11:07:07
五千で一隊。
そういうことには、できぬか?

397 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/29(金) 11:20:18
このスレの人間は、皆精鋭だと、心得ておる。

398 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/29(金) 13:31:41
「言わなくてもいいことを、>>390は言ってしまったようです。>>384がそこまで考えておられるのは、当然と言えば、当然です」

399 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/29(金) 13:56:39
どーでもいいが、わざわざageてグチグチ書く厨はいらん

400 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/29(金) 18:25:37
北方作品で一番のハードボイルド作品は、シロは死なないだろ?

401 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/29(金) 21:33:56
いや、「くらやみに星をひろえ」

402 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/29(金) 21:52:03
そんな話はどうでもいいから、三国志の
孫尚香のオッパイの話をしようよ。

403 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/29(金) 21:52:44
>>398
もう自演うざいからやめれw

404 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/29(金) 21:54:40
北方先生のおっぱいの方がいい

405 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/29(金) 21:57:32
とりあえずソープ行け、童貞は百害あって一利無しだ。わかったか小僧?

406 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/29(金) 22:17:00
 伊籍殿、クダラナイ書き込み全面禁止の勅命を
朝廷からとりつけてはくれまいか。

407 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/29(金) 22:22:28
>>406
お前もの凄くキモくて寒いぞ、空気読め。

408 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/29(金) 22:29:09
俺の親父昔、番長で凄い悪かったんだよ。
この前も親父と歩いてたら親父の同級生3人と偶然あってみんなに「ポチ、ポチ」って慕われてたな。

・・・・・・・お前らに親父のあだ名がポチの人間の苦しみがわかるかぁ?

409 :402:2005/04/29(金) 22:54:43
そんな話はどうでもいいから、三国志の
孫尚香のオッパイの話をしようよ。


410 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/29(金) 22:55:08
>>408
せつないねぇ

411 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/29(金) 22:59:53
>>406は流れを解しているではないか。>>407、お前こそ
三国志自体を解しているのか。空気を読んで、我が七歩
を歩む間に孫尚香のオッパイの話を語ってみよ!

412 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/29(金) 23:07:42
玄徳に 揉まれる為に 長江を 蜀に上りし 呉の双美丘
 

413 :402:2005/04/29(金) 23:08:57
おぉ!すばらしい! (感涙)

414 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/29(金) 23:09:06
>>411

>>407及びこいつの自演は、大体判るのでスルーすべし。
この糞粘着ぶりはどうやら日本人じゃないらしいw


415 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/29(金) 23:25:27
>>414 三国志を語れる知性もないくせに。

416 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/29(金) 23:35:00
>415
知性のかけらも無い在日は消えろ。

417 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/29(金) 23:45:17
「なんなのだ、このスレは」
呟きは、風とともに消えた。
このスレは荒れる。
それだけが、はっきりと分かった。

418 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/29(金) 23:48:12
じっちゃんのカタミ返せ。

419 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/29(金) 23:55:17
はいはいはい、それでは改めて、北方三国志の話をしましょう。

420 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/30(土) 00:00:12
>>419
今が秋というに・・
場の面白さを理解できぬ愚か者よ、即刻去ね。

421 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/30(土) 00:26:30
秋は秋でも、秋風五丈原。

422 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/30(土) 00:40:14
尻馬に乗るな>421

423 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/30(土) 00:54:11
蒼天、既に死す。

424 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/30(土) 00:56:32
黄金厨って死語だと思ってたのに

425 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/30(土) 00:58:14
鉄コン筋クリート面白いよな

426 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/30(土) 01:00:36
董香愛してる。

427 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/30(土) 01:00:56
流れの高揚を感じろ
馬鹿どもよ

428 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/30(土) 01:01:15
毛が、好きなのだな。

429 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/30(土) 01:02:13
許だけは「殿」と呼べのシーンはいいね。

430 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/30(土) 01:03:44
このスレを見ていると
肌に粟がたつわ。

431 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/30(土) 01:05:11
揉みに揉まれたい。

432 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/30(土) 01:16:22
祈りながらの読み進め。
陸遜の罠にハマりゆく、夷陵の戦いの陳礼。

433 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/30(土) 01:22:53
前方に陸孫、許褚、蹴散らせ。

434 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/30(土) 01:23:55
歴史の流れは知ってるのだが、
それでもハラハラさせられる。
この小説には。

435 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/30(土) 01:24:42
あの馬鹿さえいなければ・・・

436 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/30(土) 01:26:25
>435
ちゃっかり参加してるな、低脳在日w

437 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/30(土) 01:29:17
なぜ435が低脳在日だとわかった?

438 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/30(土) 01:32:32
>>437
去ね、カス。
事実は心眼と相対ス。押し出せ、許褚。

439 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/30(土) 01:48:57
この黄巾族を平定せよ。

440 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/30(土) 01:51:55
ここで「黄巾族」とは、・・・外しちゃったな。

441 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/30(土) 01:59:28
陳礼って最初は孔明の付き人だったよなあ。
それが張飛の軍を引き継ぐとは大胆なストーリー。
まぁ架空人物だからな。
この役、張包でもよかったと思うが。史実上の人物
張包はこれまた意外な死に方。

442 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/30(土) 02:29:15
 張飛の付き人、王安の死には泣けた。長坂の戦いだったか。
橋を渡った者から次々に劉備軍兵士が五十人ずつ円陣をつくり
曹操軍に相対する。その中の王安の死。人は死ぬとき目の前が
真っ白になるものなのか。関羽の時は真っ暗だったが。

443 :曹植:2005/04/30(土) 02:31:46
玄徳の チンポを挟み 右左

444 :402:2005/04/30(土) 02:33:41
おぉ!すばらしい! (感涙)


445 :曹植:2005/04/30(土) 02:37:42
黄巾族 消えた静けさ 更けゆく夜 我ただ一人 世情を詠わん

446 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/30(土) 23:58:13
在日よ 流れの高揚 読み取れよ

447 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/01(日) 00:17:02
粘着は すぐに消えろよ age厨め

448 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/01(日) 00:21:48
>447
こんな安っぽく、判りやすい煽りに引っ掛るなよw

449 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/01(日) 01:03:49
後で釣り そう宣言し 逃げるだけ

450 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/01(日) 01:12:15
手抜きスマン448が限定するアフォは446だ、眠い。

451 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/01(日) 02:18:02
もう駄目だ いつからスレが 腐ったか 粘着在日 恐ろロシア

452 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/01(日) 02:46:29
>451
君が来てからだと思うが。

453 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/01(日) 07:01:56
流れは変わるが、古田かわいそうだな。マジで

454 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/01(日) 10:52:11
このスレ、既に死す

新スレまさに立つべし

455 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/01(日) 10:55:48
>>453
なんかあったの?2000本安打すごいじゃん。

456 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/01(日) 14:21:54
金玉蛾ぶっ壊れた

457 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/01(日) 19:03:18
関羽雲長帰還できず

458 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/01(日) 21:46:19

張飛「そうか、俺は死ぬのか」

459 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/01(日) 21:59:33
>>457
終電に間に合わなかった?

>>458
10名。それが張飛の葬儀に参列した全てだった。

460 :名無し:2005/05/01(日) 23:37:44
正史も演義も読んだ事無い無双厨なんですけど今この小説読んでます。
今6巻まで読み終わったけどリョフとか人の書き方がスキです。面白い。

ところで人が死ぬ次期ってのは正史通りなんですか?例えばタイシジとか。

461 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/02(月) 00:26:15
呉には、期待するな。
呉が、好きならば、今すぐ本を閉じ、ソープに行け。
なぁ友よ。

462 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/02(月) 00:48:14

 私的に「今」に照らし合わせると、呉はチョン、魏はチャンコロ
 蜀が日本という位置づけをしている。


463 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/02(月) 01:11:17
虎痴はおらぬか

464 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/02(月) 02:00:14
なにもいらぬな

465 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/02(月) 09:20:53
>>463は斬られた

466 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/02(月) 11:37:42
>>465が斬られた
>>465が斬られた
うーん
ドタッ










スレ違いスマソ

467 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/02(月) 20:51:05
なにがむむむだ

468 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/02(月) 22:32:12

曹操、諸葛亮、関羽、張飛、周瑜。















タイムマシンで見たいよ、ドラえもん!


469 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/02(月) 22:36:55
あと、呂布と許褚も見たい。

470 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/02(月) 22:56:01
 呂布は男前?
 横山漫画ではヒゲオヤジだった
 KOEIゲームではやたら男前
 しかし実際は劉備よりも年上。
 武論尊&池上遼一の漫画では異国風で金髪。
 北方三国志では砂漠育ちのマザコン。スターウォーズの
ダース・ベーダーを連想する。
 俺のイメージでは最強の男だから北斗の拳のラオウ。師父
を殺し、デカイ馬に乗っている。

471 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/03(火) 21:18:40
カクまんせー。

472 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/03(火) 22:14:35
臥竜鳳雛という割には、龐統は明らかに孔明より
数段落ちる・・・のみならず。
どう見ても郭嘉の方が天才的なのが悲しい。

473 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/03(火) 23:38:14
>472
臥竜=ねむってる竜
鳳雛=鳳凰のヒヨコ

呼び名の時点で明らかに孔明のほうが上なわけだが。

474 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/03(火) 23:50:09
>473

臥す竜と鳳凰のひよこ。
お前如きになぜ、上下が決められよう。

とは思わぬか?マジでw


475 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/04(水) 01:04:42
何しろ孔明は蛇食ってますから

476 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/04(水) 01:21:36
別に蛇くらいフツーに食う奴多いべ。

477 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/04(水) 02:26:13
呂布、劉備、朝雲の死ぬとこは泣けたなー
呂布はどこでも悪党に描かれてるけど
俺はそうは思えなかったんだよ。
利用しようとした周りの奴らが悪い
動物好きに悪い奴いないだろ。
だから、北方呂布像は嬉しかったな


478 :羌族一兵卒:2005/05/04(水) 09:32:31
諸葛亮・劉備・曹操の病気苦しそう

479 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/04(水) 13:23:55
>>474
余裕で評せる。

480 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/04(水) 15:02:57
>>479
ほう、では評してみよ。

481 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/04(水) 15:25:08
我が人生において1辺の悔い無し。
同じ鍋にて豆と豆殻を煮るに等しい差だ。

482 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/04(水) 15:46:30
北方三国志だと、「臥竜」は“眠っている竜”じゃなくて“ずっと眠ったまま起きない竜”という
否定的な意味でつけられたともとれるな。

物語登場時の孔明のいじけっぷりがなんか新鮮。

483 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/04(水) 16:01:06
元々も北方も「眠ってる竜」じゃなくて、
寝ている竜、仰臥、横臥の意味だろうが。


484 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/04(水) 16:31:34
>>479の説明まだー?

485 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/04(水) 17:03:55
まだー?とか言っても、
当の本人は何事もなかったかのようにスレに書き込んでるに100袁琳

486 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/04(水) 17:05:02
>>484>>479であるに3玉璽

487 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/04(水) 19:14:30
そこらで止めとけ、ガキ共。
             by 472,480,483

488 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/04(水) 19:31:01
>>487
沈静化したのに煽るな。

            −−−終了

この小説は呂布のかっこよさが挙がることが多いが、
許緒も大分かっこいいな。
曹操との相性も抜群だし。

489 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/04(水) 19:53:38
かっこいいのは高順

490 :魏延の中の人:2005/05/04(水) 20:51:20
北方の「演義を読まず正史を読んで創作した」って言うのは嘘臭い。
周倉を出してないのはその言葉を意識したものと思われるが(藁)

491 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/04(水) 21:27:43
>「演義を読まず正史を読んで創作した」

そんなこと誰も言ってないよ。
正史を元に書いたけど、当然演義その他も読んでるよ。
読本の中でも本人が言ってる。

492 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/04(水) 23:29:42
 そうだな。北方は読本でも読本以外でも、
演義についてもかなり語っている。
 男が男と出会い、信じあうにはお互いを
試し、量りあう。そういうものだと。然る
に、桃園の誓いで逢ったばかりの三人が同
年同日に死なんことを欲す、とはリアリテ
ィーに欠ける、と(桃は桃でも桃太郎のキ
ビダンゴ配りみたい)。だから北方は自分
の三国志には桃園の誓いを描かなかった、
そうだ。
 こんな具合に北方はかなり演義を意識し
ていたようだ。


493 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/04(水) 23:36:47
>>481
ラオウ乙

494 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/04(水) 23:42:54
俺は別にラオウじゃねぇよ。
馬鹿のくせに1日中へばりついてんな。
>488、じゃなかった>493

495 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/04(水) 23:53:56
>>492

反骨的な何かが北方さんのモチベーションを
高揚させたんだろうね。


496 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/05(木) 01:14:03
「ずっと、張り付いていたのか、>>494
「はい、>>493へのレスを、6分後に付けました」
「おまえはなぜ、スレに張り付いた?」
「ひきこもりのニートですから」
「そんなことを、気にする必要はない」
「いいえ。ニートは、いつまでもニートです。暇な>>481を、
 >>493様は相手にしてくださいました。そうしていただかなかったら
 私は部屋の中でか風呂のでか、とうに死んでいたと思います」

497 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/05(木) 01:24:49
あ〜あw

498 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/05(木) 01:56:39
張り付いて 情報収集なら
     石岐
におまかせ。

499 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/05(木) 03:01:16
>496 氏ね

500 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/05(木) 06:43:55
谺。ニートの咆哮。
>>499は、部屋の隅にひとりで立っていた。
谺は、一度だけだった。
それ以上の声は、>>499の躰のどこからも出てこなかった。
涙は、溢れている。
張り付いていた事が、バレタ。
2chでは、めずらしいことではない。
三十年以上も、ひきこもって生きてきた。
PCは、いつも古い友のようにそばにいた。
よく煽り、よく自演してきたのだ。
張り付きは休息であり、安らぎでもある。

501 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/05(木) 09:15:01
つかニートに何で人権があるの?労働の義務を果たしていないんだから権利もないだろ。


502 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/05(木) 10:03:19
>>500
何がお前をそこまで必死にさせてるのw氏ねくらいで。
第三者からすればつまんないだけだし馬鹿にしか見えない

503 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/05(木) 11:54:57
女の言う事など放っておけ。戦場で死ぬのは男なのだからな。

504 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/05(木) 12:22:32
まるで、蜀の末路のようだ。そう呟き、>>504は口元に笑みを浮かべた。

505 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/06(金) 00:51:59

クソ、何で蜀の末路なのだ。
とりあえず史実だけに・・・くく。

何で、一番重要な時に死ぬのだ、このバカタレ張飛が!


506 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/06(金) 23:12:10
12巻まで来たけど、劉備が死んで後はつまらなくなるかと思いきや
軍を率いて原野を駆け巡りたかったという曹ヒや
街亭で敗北した後、諸葛亮と静かに会話する馬ショクなど
いいエピソードが結構あって意外に面白い。
ただ、南蛮はかなり適当っぽいのが残念。

ところで司馬イのあの性癖は、一体どういう意図で入れられてるのかさっぱりわからない。
確か陣に引き篭もる司馬イを、諸葛亮が女物の服を送って挑発するという話があったと思ったが
この司馬イなら、それを喜んで着て女にののしられながら犯されるプレイでもやりかねないな。

507 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/06(金) 23:29:33
>いいエピソードが結構あって意外に面白い。

・・・意外に面白い。
・・意外に面白い。

馬鹿かお前、もう来んな。


508 :Ζ総帥 ◆CWT7Re8ejo :2005/05/06(金) 23:31:12
北方三国志、呂布が死んでから読む気が起きない('A`)

509 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/06(金) 23:33:03
読まなきゃいい

510 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/06(金) 23:38:53
Z総帥は2番病棟に移りました。

511 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/06(金) 23:43:31
居そうも無い奴が居るもんだ

512 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/06(金) 23:45:33
>>508
ぶっちゃけ北方版が面白いのは呂布の死以後だぞ。見とけ。

513 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/06(金) 23:48:00
>>507
別に否定的な意味で言ったんじゃないだろ
三国志に詳しい人ならともかく、ちょっと齧っただけなら
曹操も劉備もいなくなった後の三国志って何あるのよ?って思うんじゃないか

514 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/06(金) 23:50:47
>>508
呂布は死して尚語り草になる男だ
がんがって嫁

515 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/06(金) 23:51:59
死んだ後も、呂布は多くの人に意識されてるな。
黒い獣

516 :Ζ総帥 ◆CWT7Re8ejo :2005/05/06(金) 23:58:33
曹操がすき何だけど、この漫画の曹操はなんか、あんまり期待できない。
今まで呂布のエピソードが面白かったから呼んでたけど、今度は夏候惇と関羽に期待してみようか。

とりあえず4巻買ってみるよ、おまいらありがとん

517 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/06(金) 23:59:18
北方版の曹操は少し情けないからな

518 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/07(土) 00:01:29
劉備がいい感じだ

519 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/07(土) 00:02:33
>>513
このスレでは>>507みたいな奴はよく現れる。放っておけ

520 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/07(土) 00:20:46
>519 放っておくことができないお前は小者だな。

521 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/07(土) 13:19:29
>>506
>女にののしられながら犯されるプレイ

それが立場上や周りの眼を気にしてできないから、転げまわって失禁しているんだろ?w

522 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/07(土) 17:01:11
失禁は不可抗力のような気が。

523 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/07(土) 17:23:53
この作品の最終巻のセコムの会長のあとがきが素晴らしかった。

524 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/07(土) 17:32:49
曹丕と孫権は似ているような気がする

525 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/07(土) 19:47:10

君が似ているという両者の類似点を仮に
「狡猾さ」「陰険さ」「小賢しさ」とする。
(ファンによって全く違う捕らえ方をするから)

そのキャラクターは曹丕の場合、先天的に備わっていた
もので、孫権の場合、張紹や呂蒙、一部周瑜などから
影響され身についた後天的なものと俺は思う。
孫権の変貌については異論無いと思うが如何?


526 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/07(土) 23:25:24
二人とも自分が民政オンリーである事にコンプレックスを持ってたな。
後に開き直った孫権と死ぬ寸前まで拘っていた曹丕の違いはあるが。

527 :北方KENZO:2005/05/07(土) 23:40:58
金持ち曹丕 貧乏孫権

呉なんて重税かけまくりで困窮して民がしょっちゅう反乱してる国の
癖に「呉は国は富んでる」みたいな表現のオンパレードに吐き気した。
それと涼・擁州を取れば蜀は魏と肩を並べれらるって描かれ方も
「マジすかぁ?」って感じだったな。

528 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/07(土) 23:57:37
だから「そういう設定」の小説。
涼州・擁州を奪っても勝ち目のない展開がみたいなら、他の本を読めばいい。

529 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/08(日) 00:02:20
>528
ストーリー展開の話じゃないと思うよ、アフォw

530 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/08(日) 06:38:10
>>517
そうね。
だけど完全無欠の英雄みたいな書き方されるよりは好感持てた。
孔明もそうだよな。

531 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/08(日) 08:30:32
>>529
あげて恥を晒すな(プ

532 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/08(日) 10:44:27
五原・Rさん(30)
「最近義父の女にハァハァして夜も眠れません。
 いっそ義父を殺してでも俺の女にしたいと思いつめています」

北方
「風俗へ行け」

…北方三国志読んだことないけど、こんな話ですか?

533 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/08(日) 11:14:08
>>532
何で読者投稿形式なんだよ

534 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/08(日) 11:15:33
>>532
ちげーよ、ばか


北方
「男には、ふたつしかない
 奪う者、奪われる者
 だがな、瞼を閉じて堪えて、ひたすらに己と戦う奴も、やはり男だ」

535 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/08(日) 14:29:38
>>527
この小説に限らず、初心者向けの三国志物って「呉は豊かな土地」みたいに
書いてあるものが多い。横光漫画もそうだし。
あの辺りは開発があまりされてなくて、孫氏政権が立って、改めて開発が進んだ。
肥沃な土地であるが、経済的に豊かというわけではなかった。
非漢民族も多くいて反乱を起こしてた。呉は非漢民族を平定、教化し、
土地を開発して経済的に豊かにしていきつつ、魏や蜀としのぎを削っていた。
孫権は兄が征服した豊かな呉の地にあぐらをかいてひきこもってたわけじゃないっつーのに。

536 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/08(日) 15:20:00
江南の開発は孫権に始まる。
歴史的に見ればこれだけで劉備の17倍重要人物です。

537 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/08(日) 15:31:01
だが北方の三国志では劉備の17倍小さな人間だった

538 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/08(日) 18:11:18
もっと活躍させて欲しかった部将
甘寧・張遼・郭嘉・トウシ・ホウトク・法正・夏侯淵


539 :喜多方ラーメン三国志(藁):2005/05/08(日) 18:21:28
実際には孫権の統治ぶりって、孔明の最後の北伐の頃「呉は連年のように
重税をかけて民は困窮しており、久しぶりに戦争をやめて租税負担を
軽くしようとした孫権だったが、孔明の北伐で戦機と見て結局軍を
起こした」とか、諸葛カクが孫権死後早速、孫権治世時に不評だった
物品税やら悪政の一環を廃止したとあるから孫権の統治能力は?だし、
呉が富んでるなんてギャグだよ(藁)

540 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/08(日) 19:01:08
「呉が富んでいる」ってのは国力じゃなくて
土地がもともと持っている肥沃度の事だとずっと思ってたのだが俺の間違い?

541 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/08(日) 19:44:44
>>540
呉は天下争覇から「飛ンドル」だよ

542 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/08(日) 22:11:48
>>540
三国時代の江南は未開拓のため湿潤すぎて農業に適さず、人口そのものが少ないこともあって
国土に比して生産力は低かった。

江南が真に豊かと言えるようになったのは晋代以降に華北が混乱した事による人口流入と
長きに渡る開発の成果だったわけだ。
もちろんその基礎となったのは呉の努力であり、蜀のように天府の国に安住していたわけてはない。

543 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/08(日) 22:17:20
呉書読んでると随所に孫権に政治の才能が無いことが表れてる。
「カン沢伝」なんか読むと、孫権がカン沢に「どんな本読めばいいの?」
と訊かれた時に、カン沢は「孫権に刑罰を厳しくしすぎることは良くない」
ことを諌める為の書物を推薦したとか、陳寿はあちこちに孫権のだめぽぶりを
ちらばいて記述してる。

544 :542:2005/05/08(日) 22:34:48
カン沢が孫権にの間違えだ。
ごめん。

545 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/09(月) 02:43:24
別にお前のレスなんか読んでないからいいよ

546 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/09(月) 09:49:32
>544 まぁ、気にするな

547 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/09(月) 09:54:16
前読んだ時は気がつかなかったけど、呉ファンや孫権ファンにとっちゃ辛い小説だなー、特に9巻から。

548 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/09(月) 11:02:11
孫権のあれはあれで立派な生き様だと思ったから俺は別に気になんなかったな

549 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/09(月) 12:57:16
三国志の知識の全てを一度消し去って、それからまた三国志に触れなおしたいな。
誰か俺をバットで殴ってくれ。

550 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/09(月) 14:21:14
         \                、}`  ミ,,_彡,_.ノノノ / 
           \              ヽ ,,ィ'"       ヽ7   ∧__T _ ,,,r -r-T‐-、
            \               |/   ( ......, l ,......)─   。r *o:*::f:::r:::..l 
               \    __,-,,-、  ___  ||    ヽ・フ ヽ・フ(リ" ::::::::*o;;;ro ot_f_ヽ丿
                 \ __/| | l |ヾ-"~  (6|    ー', 、_,)、ー/i,,..-v--'''''''"V"~~ ┴
               l⌒ 二 -l ..uUU""l----  !.    'ヒニニニン |
              └    l  (  / __|ヽ    ` '⌒ ' (   
      .ト             |   //   |  ヽ、_____ 〉_  
   ヽ、i / .∠         /    | /    ヽ_      _/     ヽ、
    / y'_/          /     |/       "〜-""~        ヽ、
 .ゝ-+-::i⌒ヽ        /     |-                     ヽ、
  .__/::| |>549       /      |  ヽ                   ヽ 
   / /:| |  i        /       |  |                     │
    i ::| |  )      │      |  l                       │
    /i ::し//        |      /   |                         |

551 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/09(月) 14:39:49
>>543
呉主伝読むと、陳寿はどうも「個人的に」孫権が嫌いだったように思える。
それが呉主伝等に表れている。
孫権の評価がイマイチ低いのって、この陳寿の執筆姿勢も影響しているかと思う。
まあ世間での評価はともかく、歴史学者(中国文学畑の人じゃなくて)は
まともな評価をしてるんじゃないかと思うけど。よく知らないけど。
でも冷静に呉書読めばわかるけど、孫権はその時々の現実に即したまともな政治を行っているよ。


552 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/09(月) 14:47:36
まともで現実的過ぎるからロマンを掻き立てられるものがないのかもね

553 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/09(月) 20:29:42
主語が無いぞ、主語が。

554 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/09(月) 21:08:16
しかし孫権叩きは盛り上がりますな

555 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/09(月) 22:19:06
>>551
孫権が小さな人物として描かれているのは呉主伝だけではない。
逆に孔明については諸葛亮伝以外でも美点が書かれていたりする。

556 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/09(月) 22:55:30
孫権の外見って大相撲の黒海みたいなのを想像しとけばいいのかな?

557 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/09(月) 22:56:26
北方謙三を精悍にして茶髪にしたものを思い浮かべておけばよい

558 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/09(月) 23:07:03
目が紫色

559 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/09(月) 23:20:45
やっぱ関羽殺しの張本人として蜀ではプロパガンダされてたのかね
それで潜在的に陳寿も孫権憎しで孫権伝書いたのか

560 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/10(火) 02:46:41
>>557
あまり弱くなさそうだぞ。柄悪そうではあるが。w

561 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/10(火) 11:52:43
>>555
伝は基本的に本人の良い所を重点的に書き、悪いところは他の人の伝に書いて
あるものだから、魏や蜀の人たちの伝で、孫権や呉のことが悪く書かれてるのは
当然といえば当然。
それを考えると呉主伝とかアレだなあ、陳寿の私感が見えるなあ、と思って。
あと陳寿は呉や孫権を貶めて書いて、呉と同じく史書では正当な王朝として扱えな
い蜀を相対的に持ち上げたいってこともあるでしょう。

562 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/10(火) 12:12:35
北方読んだよ
すげーよかった
オレの中で、これまで読んだ三国志の中で、一番になった。ほんとまじで。




でもあの読本いらねー…orz
なんであんな厨なインタビューのっけるんだよ
小説の良さぶちこわし、はああ…

563 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/10(火) 12:27:37
浅田次郎に灰皿ぶつけられそうになってキャーキャー逃げ回ったってホント?

564 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/10(火) 12:35:19
そんな事実ないですよ。

565 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/10(火) 12:35:20
最近立ち読みした>読本
「かっこよく死にたいと思っても現代では普通できることじゃない。小説家はそれを登場人物に託す」みたいなことだけは、なるほどーと思った。
確かに、買う価値はないけどな。ごめん北方

566 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/10(火) 13:16:10
セコムのあとがき>読本>>>超えられない壁>>>小説本編

567 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/10(火) 15:11:46
チョウウン、最後まで地味だったな。
放浪と調練以外は何をやってたか思い出せない。

568 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/10(火) 18:03:34
>>567
長坂とか
孔明と朝飯とか
まぁ派手では無かったな。
けど一応正史準拠ならあんなもんでしょ。
正史の趙雲伝短いよ。

569 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/10(火) 18:34:32
槍で後輩を叩くシーンがあるだろう。

570 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/10(火) 18:58:37
華のある若武者、というイメージだが
蜀将では数少ない、蜀を支えつつ寿命を迎えて死んだ老将だし
実際は縁の下という感じの武将だったかもしれない

571 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/10(火) 21:14:17
>>561
呉書の中でも周瑜伝や張昭伝でさりげなく小人物ぶりを書かれてるよ

572 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/10(火) 21:15:32
小人物ではない。
お茶目と呼べ。

573 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/10(火) 21:34:01
孫策の息子を冷遇し、張昭の名声を妬み大勢が丞相に推挙しながらも
それを認めず、蜀の政治を賛美した張温を失脚させる孫権って本当に
お茶目ですね(プププ

574 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/10(火) 23:38:54
まて、>>573
肉が、焼けている。
裏に、返すのだ。

575 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/11(水) 00:30:38
肉なんて、兄者

576 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/11(水) 01:01:14
肉は、ひと切れでおやめください、丞相。

577 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/11(水) 01:34:58
>>569
趙雲「びっしびし行くからな」

578 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/11(水) 04:33:51
>>577
総裁はカエレ

579 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/11(水) 04:54:02
>>578
ビターン!

580 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/11(水) 09:41:05
>>567
そう思う、と趙雲が言うのも聞こえた。

581 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/11(水) 13:45:52
13巻まで読み終わったけど
えっ?これで終わり?というような最後だったな。
まだ、続きがあるのかと勘違いしてしまった。
北方三国志は周喩が死ぬ辺りで中だるみがあったけど概ね楽しんで読めた。
でも読み返したいとは思わないな。

582 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/11(水) 14:45:32
携帯の電子ブックで読みたいがために、暇な時に自力でコツコツ打ち込んでる俺
アホなのはわかってる
ソープ逝って来る

583 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/11(水) 19:12:13
いっそのこと周サマには寵童を愛していてほしかった。策将軍と同じような浮気の
仕方では作者が執筆当時まさにそうしたかった妄想なんじゃないかと疑ってしまう。

584 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/11(水) 20:22:42
>>579
それは総統

585 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/11(水) 21:48:39
総統も相当冗談がお好きですな。がははは

586 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/11(水) 22:22:22
いま7巻だ。通勤途中に読んでいるのだが
いままで2回電車を乗り過ごした。

どいつもこいつも超シブいんですが!
こんなカコイイ虎痴初めて!ハアハア

587 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/11(水) 22:37:57
7巻程度で虎痴活躍してたか?

588 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/11(水) 22:57:14
このスレに下品な男は要らない・・・

         >>585
          ↓                 
          |||i |i| |   ハ・・・
  _____(i|_i, , i|__
  \::::::::::::::::::::::::::i::i|:::i::::::::::::::\
   \::::::::::::::::::::::::Д::::::::::::::::::::\
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           スカッ!!

    
  __________
  \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
   \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

589 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/11(水) 22:59:05
確かに、虎痴は反則的にかっこいい

590 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/12(木) 02:13:46
7巻って赤壁の所か?
だったら曹操を逃がす場面で虎痴大活躍だな
その後だと死んだ周瑜を悼んで曹操と飲む場面も良かった

591 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/12(木) 02:21:11
曹操をお姫様だっこして歩き続けるシーンだな

592 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/12(木) 02:32:51
曹操がトイレまで板で運ばれるシーンを読むと
いつも「御輿やないねんから」を想像してしまう

593 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/12(木) 05:55:50
>>592
老人介護に携わるとつくづく曹操の気持ちがわかるぞ。(入院でもいいか)
用足しを一人でできない、ということがどれだけ自己人格を破壊するか・・・。
俗っぽい表現だったけれど、あの板運搬は北方のダンディズムだろう。

594 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/12(木) 06:38:10
「はい、おじいちゃん。おかゆができましたよ」
「おぉ、いつも世話かけてすまんねぇ、虎痴」

595 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/12(木) 10:07:51
>>593
辛いだろうな。そんなになってまで生きたくないと思うが、死ねないのが辛いな。
五体満足で大往生できればいいのだが。今の医学はそっちを目指すべきだろ。
いたずらに寿命だけ延ばすんじゃなくて。

596 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/12(木) 10:33:11
生かそう生かそうとするから大往生に破綻をきたす。
北方は日本の医の矛盾を教えてくれた。
華陀はその象徴的な存在。


597 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/12(木) 10:46:33
これ読んでると爰京先生の鍼治療を受けてみたくなる

598 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/12(木) 11:22:15
>>567
先生が余り、趙雲の事好きじゃなかったんじゃなかったっけ?
なんか中国では趙雲女性に大人気らしく。
多少先生の私情が混ざってあんな扱いになったんじゃないかと・・・。

599 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/12(木) 12:39:25
正史の別伝無視すればあんな感じだと思う
むしろ正史参考したにしてはカッコよすぎじゃねーのってぐらい

600 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/12(木) 13:05:55
>>597
そういえばそうだねぇ。投薬より文章映えしやすいのは確かなんだろうけど、針が万能すぎる。

601 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/12(木) 13:37:09
俺の針を600にぶち込みたい

602 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/12(木) 13:40:39
>>601をどうにかせぃ 虎痴

603 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/12(木) 14:46:10
はい

604 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/12(木) 20:11:54
返事だけか。

605 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/12(木) 20:49:32

いいなぁ、お前ら。まだGW続いてるのか。


606 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/12(木) 20:51:57
てへへ面目ない

607 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/12(木) 21:23:29
曹操「漏れの軍隊だ。見事だろ?キョチョ?」
キョチョ「萎え〜」
曹操「藻前は「死」がこわくないのか?」
キョチョ「ガクガクブルブル」
曹操「藻前の答えはいつも短くていいな」
キョチョ「ワラタ」



608 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/12(木) 22:54:42
趙雲っつーか活躍の詳細記録なんて関羽は顔良と北伐くらいしかないし
張飛は長坂と張コウ撃退
馬超は入蜀以後は皆無だな
黄忠にいたっては夏侯淵斬っただけだし
趙雲は妻子保護と撤退か
もう蜀はみんなそんな感じだ
ちゃんと記録しろー

609 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/12(木) 23:09:28
趙雲の活躍どころのアト奪還は一文で済まされてたよな。
その後出てきたのは劉禅の思い出としてぐらいか。

うん

610 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/12(木) 23:30:21

劉禅・・・そのおぞましき名を出すな、百姓。


611 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/12(木) 23:33:51
オウ、ホワァイ?

612 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/12(木) 23:37:52

Because the sky is blue


613 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/12(木) 23:41:22
wow!my dream

614 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/12(木) 23:43:53

Because the world is round it turns me on.
Because the world is round, aaahh.
Because the wind is high it blows my mind.
Because the wind is high, aaahh,
Love is all, love is new. Love is all, love is you.
Because the sky is blue, it makes me cry.
Because the sky is blue, aaahh.


615 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/13(金) 00:02:12
I cant eat SUSI

616 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/13(金) 00:07:54
i say bakabakka

617 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/13(金) 00:09:23
you too

618 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/13(金) 00:12:47

You can't eat sushi ha?
so be it pal.

anyway,劉禅is a one of the most stupid man
I've ever known.


619 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/13(金) 00:22:51

とにかく劉禅は、故孔明を見ぬふりし、保身から「志」を
踏みにじり、今のチャンコロ社会を形成した、最大級の
極悪人の1人なんだよ!判ったか、百姓。


620 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/13(金) 00:27:04
1800年も前のたかが一地方政権に現代への責任を問うのか?

プッ

621 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/13(金) 00:30:18
遊べねぇ奴は来るなよ、ガキか?

622 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/13(金) 00:31:51
流れの高揚をよめんガキが多いな

623 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/13(金) 00:36:41
孔明みたいな国力も省みず「志」なんて幻みたいなもんに縋って
無謀な戦争繰り返し民を苦しめた愚物如きの遺志なんか慮る必要ないじゃない

624 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/13(金) 00:37:05
>>622

not tonight right ?


625 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/13(金) 00:41:31
>>623
だから何でお前がここにいるんだ?
さっさと、どっか逝け。







汚らわしい。

626 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/13(金) 01:06:14
魏延のような好漢をああも執拗に嫌う諸葛亮はかなりむかついた
そういえば、魏延が普通の会話したのって趙雲と酒盛りしてたシーンぐらいだな

627 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/13(金) 01:13:29
>>625
何でも何も
別に北方諸葛亮は無条件マンセーされるようなキャラでもないしいいじゃない

628 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/13(金) 08:22:06
>>627
プゲラッチョ

629 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/13(金) 09:17:53
>>626
魏延のような好漢・・・お前は魏延を知っているのか?
好漢と決めつけるなアフォがw

630 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/13(金) 10:00:25
この小説の魏延は、ってことだろう。
俺もこの魏延には好感を持った。

「ただなんかムカつく」
魏延に対する孔明のこういう人間臭さも斬新だったな。
孔明の魏延嫌いの描き方として、なんだか清々としたものを感じた。

631 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/13(金) 15:52:17
ねっとりとした視線に嫌悪を感じた みたいな描写があったね
なんか自意識過剰の女子高生みたいだが

632 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/13(金) 16:21:25
あの山登りをして首切られた人も魏延を嫌ってたね

633 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/13(金) 17:01:56
>>632
あの人は何となく、心酔する孔明が嫌いな相手だから嫌ってるっぽい印象

634 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/13(金) 17:14:11
魏延は武将仲間からは慕われてるが文官とかには嫌われてるっぽい

635 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/13(金) 19:09:16
楊儀は文官なの?武官なの?

636 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/13(金) 20:10:06
貪官

637 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/13(金) 20:57:49
警官

638 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/13(金) 21:30:41
なんか糞スレだな

639 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/13(金) 22:35:59
王安、董香の最後〜張飛が壊れていく様も絶品。

640 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/14(土) 00:10:23
散々孔明に魏延嫌わせといて、楊儀とも仲悪いってうざいくらい言ってんのに、
結局魏延が陥れられるところまでは描いてくんないんだもんなー。
この魏延が孔明をどう思ってたのか、どういう理由で独断専行に走ろうとするのか、
ものすごい興味があったのに。

641 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/14(土) 00:18:34
突然権力と野心に目覚める魏延、それを察した楊儀が正義の剣を振るう。

642 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/14(土) 00:47:03
李厳にすらあんな理由をこじつけた北方がそんな展開にするはずがない
とマジレス

643 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/14(土) 01:00:57
>>640

そんなこと書いたら、北方ワールド
ぶち壊しだアフォ。


644 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/14(土) 01:06:38
そういや野戦料理オフって結局やったの?

645 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/14(土) 01:13:09
オフとか別スレでやれ、うぜぇ馬鹿だな。

646 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/14(土) 01:40:05
>>642
他の三国私小説でも李厳が横領したことになってるけど、確かにすぐばれる嘘を何でついたんだ?って思う。
その点では、確かに北方の展開は良かった。

647 :妄想魏延編:2005/05/14(土) 02:02:39
「独り、か」
魏延は、つぶやいた。
敵は、周囲に迫っている。いや、敵などではない。彼らは、味方だ。ただ、不幸な誤解がこのような結果を招いただけなのだ。
これが、自分の天命か。
長い間、この国のために戦ってきた。劉備も、関羽も、張飛も、趙雲も、そして孔明までもが、先に逝った。それでも、彼らの志を守るために戦い続けてきた。
それが、瑣細な行き違いのせいで謀反人の汚名を着せられ、味方の手で討ち取られる。
それもいい、と魏延は思った。
諸葛亮。自分を嫌っていることは知っていた。それでも好かれるために何かしようとはしなかった。
自分はあの男を嫌いではない。たとえどんなに嫌われようと、軍人として尊敬し、男として憧れた。
自分の中にその思いがあることを、自分だけが知っていればいい。だから、何も言わなかった。
そして、今。
たとえ誰もが誤解しようと、俺は、自分の潔白を知っている。天と地が、知っている。それだけでいい。
人は、所詮一人だ。劉備も、諸葛亮も、余計なことは何も言わず、一人きりで戦っていた。それが、男というものではないか。
「俺を、殺せる者がいるか」
剣を捨て、吠えた。それで、兵たちは怯んで動けなくなった。
一歩、踏み出す。そのとき、背後に衝撃を感じた。痛みではない。ただ、衝撃。
振り返る。馬岱。お前のことも、嫌いではなかった。
魏延は頬笑んだ。そのつもりだったが、本当に笑うことができたかどうかはわからなかった。
世界が回り、深い夜空が目の前にあった。倒れたのだ、と思ったとき、夜空の闇が自分を包み込んだような気がした。
さらば。声に出さず、魏延は呟いた。

648 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/14(土) 03:33:14
「縦読み、か」
>>648は、つぶやいた。

649 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/14(土) 07:31:02
魏延造反なんてただの孔明マンセーのための捏造でしょ

650 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/14(土) 10:08:46
おい、お前らチョン公からすれば「捏造」だがな、
日本ではそれを演出、フィクションと呼ぶのだ。
憶えておけよ、チョン。

651 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/14(土) 11:45:09
>>647
いいね!力作おつであります(o^ー')b

652 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/14(土) 14:19:04
>>649
置いてけぼりにされたとはいえ
遺命(まあ楊儀の捏造かもしれんが)に逆らい撤退する味方軍と交戦したんだから造反と周りから言われても仕方ないことだろう

653 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/14(土) 15:29:10
>>647
かっこいーよ、かっこいーよ魏延たん…
グッジョブです。保存決定。

654 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/14(土) 15:43:35
>>647
なんか馬岱が空気読めてないようなヤツみたいだ

655 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/14(土) 21:04:45

3人だけ会わせてやる、と言われたら。

1.孔明
2.曹操
3.呂布、関羽、張飛

あたりで大勢は落ち着くだろう。
俺は、

1.孔明
2.周瑜
3.甄氏(^^)


656 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/14(土) 21:23:18
1.陳礼
2.牛志
3.王安

657 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/14(土) 21:49:31
1.袁術

2.紀霊

3.顔良 文醜 鄒氏 甄氏

658 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/14(土) 22:23:25

1.馬超
2.呂布
3.許褚

659 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/14(土) 22:26:53
今再び読み返して十三巻まで来たのだが、
なんとなく、魏延は許褚のような人物なのだろうと思った。

660 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/14(土) 23:10:26
1.劉備
2.孔明
3.関羽、張飛


661 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/14(土) 23:13:37
軟弱者は会った瞬間に斬り捨てそうな奴らばっかりだ

662 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/14(土) 23:54:43
正に劉備がそんなキャラ

663 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/15(日) 00:07:19
ええと、吉川ファンは去ね、ということで。

664 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/15(日) 00:12:10
↑?

665 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/15(日) 00:26:58

1、周瑜
2、孫策
3、陸遜

666 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/15(日) 01:42:03
>>657

何でまた・・・・袁術?
別に他意は無く、訊きたい。


667 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/15(日) 01:52:20
>666
偽帝だからだ

668 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/15(日) 01:59:18
お前が答えるな匹夫

669 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/15(日) 02:07:08
>>668

>>657>>667を書き込んだのは俺だ

670 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/15(日) 11:44:51
すまぬ

671 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/15(日) 15:33:54
北方の張昭は好きだ。孫権を莫迦にしてる所がw

672 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/15(日) 15:52:29
妖怪

673 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/15(日) 17:13:26
張昭が来るぞ

674 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/15(日) 18:43:04
馬謖がバカ呼ばわりされるところが、スッゲー好き。
「誰だか知らないけど孔明はバカにあそこを任せた」って台詞にニヤニヤした。
三国志知識がある読者へのアプローチだと思う。

675 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/15(日) 18:49:30
「王平を大将に、馬謖を副将にしていたら、どうなっていたかな?」

676 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/15(日) 18:54:01
「痩せたな、馬謖」
孔明のこのセリフを読んで馬謖って太ってたのかと思った。

677 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/15(日) 18:56:02
獄舎に入ってて太ったらすげーな

678 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/15(日) 19:05:31
「二名の禁」ってものがあったのに駿白なんて名前つけてる
北方w

679 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/15(日) 19:09:47
曹安民「・・・」

680 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/15(日) 21:27:39
武安国「・・・」

681 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/15(日) 21:30:00
二名の禁ってなにー
この凡愚にご教授くだされ

682 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/15(日) 21:46:50
王もう

劉秀
赤眉の乱

あたりで検索するとでてくるんじゃないか?
やってないから分からんけど。

683 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/15(日) 22:24:56
自責の念多少、故にボランティア之有、二名の禁。
by>>670
http://ww1.enjoy.ne.jp/~nagaichi/column05.html

684 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/15(日) 23:04:37
>>678
あやまれ><
ゴトツコツやシャマカやえーとえーと679や680にあやまれ゚(゚´Д`゚)゜。゜゜

685 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/16(月) 00:17:31
二名の禁で検索したほうが早いだろw

686 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/16(月) 00:26:31
>685
鎮火してからのこのこ出てくんな、アフォ。

687 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/16(月) 00:48:16
呂布の娘って父親が死んだ後どうなっちゃったんだろ?
やっぱ処刑されちゃったのかね…

688 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/16(月) 01:40:00
確か陳宮とかの家族は保護されたんだよね?
呂布の家族もそうなんじゃないのかな。
娘は適当な武将に嫁がされてそうな気がする。

689 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/16(月) 06:17:33
容姿による

690 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/16(月) 22:01:27
通勤の友北方三国志。
荀ケも周瑜も死んでしまった今、芝居の失禁シーンに期待するしかないのか。

691 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/16(月) 22:10:32
床ゴロゴロも忘れるな

692 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/16(月) 22:12:20
通勤の友。間違いではない。だが、これから耐えられるだろうか。
大丈夫。かつは俺もそう考えていた。。。
不意に緩む涙腺。関羽雲長これより全軍10名で蜀に帰還する。

・・・by帰宅の電車内で涙を流してしまったリーマンより

693 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/16(月) 22:18:20
最近友人に借りて三国志読本から読み始めた訳だが・・・。
劉備の房中術に噴き出しそうになった。無双のイメージが
強くて、あのキャラで房中術かよ!wってなってしまった。
北方氏といえば結構エロがあるというイメージなので電車で
噴き出さないか心配だ。


694 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/16(月) 22:29:21
>>692
俺、初三国志が北方で、最初そのシーン読んだときは何にも感じなかったんだけど、
色々本とか読んでから読み返したらマジで泣きそうになった・・・

695 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/16(月) 22:50:30
>>693

読本から読むとは、果てしなく愚かであるな。
先輩として忠告するが、読本のことは今すぐ忘れ、
本編に突入せよ。


696 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/16(月) 23:09:17
不意に緩む涙腺。関羽雲長これより全軍10名で蜀に帰還する。

・・・by車庫行きの終電内で涙を流してしまったリーマンより


697 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/16(月) 23:10:21
北方は最初に読む三国志としてはどうだろう…

698 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/16(月) 23:13:05
>>697
それはヤバイ。
最初は伴野朗辺りから手を出した方が無難。

699 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/16(月) 23:19:03
賛成、北方しか読まないなら北方からでいいけど、
他のも読むつもりなら最後にすべきと思ふ。

700 :693:2005/05/16(月) 23:21:03
>>695
読本から読むといいよと渡されたんだよ。それが読み終わったら続きを貸してくれるらしい。
三国志の人物をまだ全員把握してないからこれから貸してくれたのかもしれない。
三国志初心者なもんでw図書館で借りてメイン武将、軍師、君主の本を読んだ位?
これから色々借りる予定です。吉川氏や正史もいずれ。友人に一巻催促してくる。忠告惇クス。
・・・もう全部読んじゃったから、読本の事は記憶喪失になってみるw

701 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/16(月) 23:32:40
>>700
曹純・孫乾・劉度くらい抑えとけば大丈夫

702 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/16(月) 23:37:56
>>700

了解、とりあえず一気に読むと良い。
あと>>701には悪いが、そんなもん抑えておく
必要は全く無いから、素で突入せよ。


703 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/16(月) 23:45:52
何故かはわからない。最初に読んだ時、王允を、女だと思っていた。
今、思い返してみれば、それもなかなかいいかもしれない、703はそう思った

704 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/16(月) 23:48:06
703の話を聞いてどうでもいいとを言うではないかと704は思った。

705 :694:2005/05/16(月) 23:52:14
>>699
俺も実際そう思ったよ
最初読んだときも十分面白かったけど、三国志のこと色々調べてから読むと面白さが格段に違う
まあ、ひとつの作品でふたつの楽しみ方ができたと思えば損したとは思わないけどね

706 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/16(月) 23:57:40
だまらっしゃい。704は、叫んだ。
だが、その声は、704の胸の中で、空しく響くだけだった。

707 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/17(火) 00:00:45
ここから1000は遠い。
707はそんなことを考えていた。

708 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/17(火) 00:03:59
混ぜっ返すな雑魚ども!
>>708は悪夢を見、がばと起き叫んだ。

709 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/17(火) 00:04:15
幽タンのおっぱい

710 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/17(火) 00:22:18
男の姿とは、ひとつではない。
どのような形であれ、>>1-709は、男を貫いてきた。
そして709もまた、男であると、710は思った。

711 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/17(火) 01:18:58
「もっと兵を投入しろ。人数で押せ>>707

712 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/17(火) 01:25:45
710は、レスアンカーを間違えたのではないか。
いや、710に限って、そんなことはあるはずはない。
弱気になる己を、712は奮い立たせた。

713 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/17(火) 01:45:17
>>712
お前は明らかに神域を土足で犯した。
弱気も糞も無い、反省すべし。


714 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/17(火) 02:23:07
曹操が死ぬシーンも泣けるな。美しいではないか。

715 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/17(火) 13:50:19
馬食最後の会話がいい

716 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/17(火) 18:11:41
「私は、>>716の頭の中を見たくなった。頭蓋を断ち割って、中を覗いてみる。
連れて行け。頭蓋を断ち割ってみろ。中になにがあるか、報告せよ」

717 :凌統:2005/05/17(火) 18:32:08
>>716
まあ落ち着きなさい。自分にレスしてるぞ
もしかして本当に自分の脳みそ見たいの

718 :朱霊:2005/05/17(火) 18:49:03
「まさしく、>>216の運の強さです。これで、頭蓋は安全になった」

719 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/17(火) 21:13:40
>>717
新参者は過去スレを最低2回嫁。
さすれば謎は氷解しよう。

720 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/17(火) 22:07:11
セコムの会長がこの作品をうまく締めくくってくれた。
あのあとがきが一服の清涼剤のようだった。

721 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/17(火) 22:13:00
自分語りがキモいのは2chだけでなくどこでも共通なんだな、と思った

722 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/17(火) 22:41:11
帰宅電車で9巻読了。カンヌ!!!
秘本がファースト三国志な為、カンヌにいまいち好感をもてないでいたが・・・
カンヌあんた漢だよ。曹操の気持ちがわかるよ。

723 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/17(火) 22:56:40
>>720
   ∩___∩         |
   | ノ\     ヽ        |
  /  ●゛  ● |        |
  | ∪  ( _●_) ミ       j
 彡、   |∪|   |        J
/     ∩ノ ⊃  ヽ
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

724 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/17(火) 23:38:33
周倉かっこよかったなぁ!
それと甘寧の「報恩と報復。我が欠かすべかざる2か条」ってセリフに
痺れた。

725 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/17(火) 23:41:56
>>724
>>723

726 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/17(火) 23:42:59
>>724
そりゃ吉川三国志だろ、ボケ!

727 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/17(火) 23:47:31
諸葛亮が劉封の処刑を進言する場面は残酷な感じがした

728 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/17(火) 23:51:15
今の北方三国志スレは、あのころの宦官のような連中がおかしくしているように思えてならない。

729 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/17(火) 23:52:47
時代は常に移り変わる。過去の栄華に
しがみ付くでない、爺よ。

730 :諸葛亮 孔明 ◆Z2VdGlgHrU :2005/05/17(火) 23:55:12
最初の方あんま良くなかったけど、呂布と呂布妻の関係良かった

731 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/18(水) 00:34:39
さすがは諸葛亮先生!
日本語は苦手なんですね!

732 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/18(水) 00:39:04
俺初三国志が北方だけど全然後悔してない
もともと北方ファンだし
もともと歴史にはまったく興味がなかったし
だからこそ三国志の展開を知らないまま読めて、
怒濤の感動に翻弄されることができた。
そして三国志を勉強した。
あらためて北方を読み返す。
初めとは違う感動をみつける。

俺は北方の歴史小説でいつも同じ体験をさせてもらっている
だから水滸伝も絶対前知識は入れるつもりはない。

知らずに読む感動は、一度しかないから。
初体験を北方に捧げ続けるよ

733 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/18(水) 00:52:31
>>732

元々の北方ファンであるか・・・、大変貴重な意見である。
なぜなら、北方なんぞ場末のチンピラと考えていた諸君&私が、
北方三国志で散々に打ちのめされたからだ。



至極面倒だが、ルーツを垣間見る必要性があるな。


734 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/18(水) 01:01:11
>>732
俺の右手は、いつでも開いてるぜ。

735 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/18(水) 14:49:46
このスレ、最初の方はかなりおもしろいと、ふと気づいた。

 






736 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/18(水) 14:53:05
どこらへんが?

737 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/18(水) 15:25:31
1:04/04(月) 02:49 [sage] 「2を取れるぞ」 3にむかって言ったつもりだったが、そばにはいなかった。
このスレ立ての動きに、3の足で付いてくるのは無理だろう。
1は苦笑し、胡床(折り畳みの椅子)の脚をさらに股で締めあげた。
胡床の脚が折れた。風が、打つように全身に当たってきた。

738 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/18(水) 15:37:32
無駄に多い改行、意味がわからない目欄
735。こいつ、馬鹿にしているのか

739 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/18(水) 16:30:39
「おい、738。よそ見なぞするな。740が来るぞ」

740 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/18(水) 18:22:30
「申し訳ありません。私は、ほとんど考えなしに書き込んだのです」
「なんだと?」

>>739は恥じていたが、>>740も恥ずべきことを
口にしたような気分になった。

741 :無名武将@お腹せっぷく :2005/05/18(水) 19:22:20
長江の流れは、変わることはなかった。
>>740のように思っているのは私だけではないのかと思った。



742 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/19(木) 22:07:13
結局皆、この流れが好きなのだな。
>>742はなんとなく考えていた。

743 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/20(金) 00:09:42
この馬超の正義の槍
受けてみるがよい!

744 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/20(金) 00:14:27
>>743
いくら出せる?

745 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/20(金) 01:01:10
743744消えろ

746 :無双ファン ◆.IjycOFqtg :2005/05/20(金) 03:12:45
やだぷ〜

747 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/20(金) 10:06:47
今朝の電車の中で劉備最期のシーンで泣きそうになった・・・

748 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/20(金) 18:16:19
「おい、>>746

>>745が枚(声を出さぬよう口にくわえる木片)を前に出した。

「家が、燃えているのであろう。なんだ、その格好は。
全裸ではないか。恥ずかしくないのか。」

「待て」

「待てるか。通るぞ。止めだてすれば、無双ファンだ。
この場で肛門から野菜を少しずつ入れて、野戦料理にでもしてくれる。」

>>746は、全身からうまそうな匂いと音を発した。
あいかわらず、家は燃えていた。

749 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/20(金) 21:41:44
今年の夏は張飛の野戦料理に挑戦してみます
でも岩塩が・・食卓塩じゃダメかな

750 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/20(金) 22:23:52
孫権が死ぬシーンがあれば激しく藁えたのに・・・。
ここからトイレは遠い・・・。
気がつくと司馬懿は失禁していた。

751 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/20(金) 22:48:09
>>749
岩塩でなければ駄目だと思うな

752 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/20(金) 23:11:17
張衛の末路は別の意味で泣けるな。

753 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/20(金) 23:13:27
>>749
本当に豚丸ごと一匹だな?男になれよ。
但し証拠写真うpさせねば、一切信用せぬが、
それでもやるというのだな?

754 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/20(金) 23:22:05
男が、一度口にしたのだ。
それを疑われるとは、最大の屈辱だ。
>>749は怒りに震えながら、気持ちを静めようと努めた。
そして、男子の本懐を理解しない者たちに、無理に笑顔を作りながら言った。

755 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/20(金) 23:32:59
>>749さんの挑戦は、次スレになると予想されます。
私達は「八幕>>749さん」で絶対に憶えておきます
ので、宜しくお願いします。

756 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/20(金) 23:43:13
豚一匹。
高すぎる。
>>749は、そう思った。
金が俺を遮った。
何となく、呟いていた。

757 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/20(金) 23:52:12
じゃあ皆でワリカンで

758 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/21(土) 00:31:07
豚一匹って売ってるのかな

759 :749:2005/05/21(土) 00:34:56
キャンプ行って、やるつもり
ただし嫁を説得できれば、の話だ
(嫁は三国志に興味は、無い)

で豚一頭、いくらするんだ?

760 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/21(土) 00:40:29
面白くなってきたな。
>>759
まず嫁は断固として押さえつけろ。
次に値段その他の情報だが、おいお前ら!
俺も含め少しでも協力してやろう。
>>749という男のために。


761 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/21(土) 00:44:16
こうなれば豚の野戦料理OFFだ!

762 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/21(土) 01:12:16
やりてぇ&食いてぇ

763 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/21(土) 01:31:28
生か、これは違うが。
http://store.yahoo.co.jp/food-fiesta/a901.html

764 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/21(土) 01:31:36
豚1頭、758は値段を調べてみた

80KG程度の豚で4000バーツ、子豚で600バーツ

バーツ。未知の言葉だった。どうでもよいことだが、豚とみると夏侯惇を思い出した。

765 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/21(土) 01:33:01
おそらく養豚場は、個人には売らないだろう

日本ペットミニ豚普及協会とやらのHP見てきたら
生後2ヶ月から、購入可だそうだ
値段は10マソくらい

・・・・食えるのかな?

766 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/21(土) 01:51:28
死んだ豚ではなぁ、やはりビシ!と〆ないと。

767 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/21(土) 01:51:42
丸焼き 豚とかで検索したら焼き肉用の豚一頭単位販売はあった。ただ値段がかいてないな、
別なところではスモークされてる子豚が四万五千円くらい。

768 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/21(土) 01:53:20
豚一頭。>>768は、小さく呟いた。
次の瞬間、>>765のレスが、目に飛び込んできた。10マソくらい。
鶏で、挑戦するしかない。いずれ、豚一頭も買える時が来る。ここはじっと耐えて、秋がくるのを待つべきなのだ。

769 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/21(土) 01:54:05

しみじみ思うのは、北方本人にアプローチ
してみるのは如何かと。
それなりに責任あるわけだし。


770 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/21(土) 02:15:14
北方は、口だけの爺さんだ
試みの地平線(中年版)を読んで、わかった
所詮、北方劉備、関羽は幻想なのだ。

771 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/21(土) 02:22:48
北方は食べ物を美味そうに書く才能がある、ふと思った。
この流れの豚という単語だけで、腹が減った。

772 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/21(土) 02:29:23
北方謙三氏&三戦板北方三国志スレ住人による豚の野戦料理OFF in China

773 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/21(土) 11:31:32
2ヵ月後>>749唇は豚の脂で、てらてら輝いていた。
心地よい風が吹いていた。

774 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/21(土) 18:08:47
>>749の胸に、深い満足があった。
自分のレスが、疑われた。煽られもした。
しかし、それに反応することには忸怩たる思いがあった。
だから黙って、豚を焼いた。男はそうであるべきと思う。
川は静かに流れている。
>>749は、証拠の写真のことなど、どうでもよくなった。
「これから山に登るぞ。そして、一気に駆け下りよう」

775 :749:2005/05/21(土) 19:36:53
>>749は勢いで、書いてしまったが
胸に一抹の不安を、抱えていた。
とるに足らないような、小さな不安。
しかしレスがつく事により、その不安は次第に、
大きく、確実に心を支配していくのを、感じていた。

776 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/21(土) 19:59:48
749の馬鹿を片付けたら漏れも逝く。
749が馬鹿で助かった。

777 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/21(土) 20:08:15
嫁の言う事など、放っておけ。
戦で死ぬのは、男なのだからな。

778 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/21(土) 20:18:55

俺が提案したいのは、今からでも嫁に北方三国志を
読ませるのはどうか、ということだ。
俺の彼女も滅茶苦茶嵌っていて、今4回目を読んでいる。
女も嵌るのはこの眼で実証済みである。


779 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/21(土) 20:37:16
私も読んでますよ。吉川三国志と平行して読んでるけど面白いです。
元々面白いと教えてくれたのは友人(女)なので、女性もはまる人ははまると思う。
まだ両方とも一巻なんですが、私的には北方三国志>吉川三国志です。
これから先、読み進めてったら分かりませんが・・・。でも両方とも面白いです。

780 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/21(土) 21:47:41
へー
吉川スレにも行ってやれよ

781 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/21(土) 21:57:08
久喜に還ろう

782 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/21(土) 22:02:23
男の別れだ、さらば

783 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/21(土) 22:35:20
豚の数が増えていた。そして眩しい。
油が、光を発してるのかもしれない、と>>783は思った。

田無に還る前に、いいものを見た。野戦料理。

784 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/21(土) 22:49:15
近づいてくる。一頭の黒い獣。
誰か俺を殺せる奴はいないのか?

静寂があたりをつつむ。
>>749が一歩前に出る。
一閃。夏の野に豚が散った。

785 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/21(土) 23:06:34
「名乗るな。お前の名に興味はない」
豚は呟き、息絶えた。

786 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/21(土) 23:07:19

豚一頭を、ひとりで喰う。どんな男なのか気になった。
つまらない男ならば煽ってやろう。はじめは、そんなことを考えていた。
>>749。見ただけで、肌に粟がたつような男だった。
約束の夏は近い、と>>785は考えていた。



787 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/21(土) 23:13:04
>784
warota

788 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/22(日) 01:29:11
>>778>>779
参考にします。
ただ、歴史小説に、というか活字に慣れ親しんでいないのが難点。

自分の中で1番好きなシーン(曹操の逃避行、赤壁後)
までいってくれれば、野戦料理も喰いたくなるのでは、と思う。

>>786
豚一頭を、ひとりで喰う。
ちょっとw

789 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/22(日) 09:28:07
「死ぬなよ、豚」劉備は、言った。
豚は戦死した。

790 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/22(日) 09:42:23
「そうか。豚が死なれたのか。」
溢れ出てきた涎を、成玄固はまた失われた左手で拭おうとした。

791 :779:2005/05/22(日) 10:11:11
>>788
三国志に興味を持ってもらっては?
私は元々歴史物(日本史・世界史)が好きだったので、
三国志にも興味持ち易かったと思います。
実を言うと私も普段はそんなに本は読みませんよ。
活字は本当に興味を持ったものしか読破出来ないんで・・・。

792 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/22(日) 10:48:46
「豚が、死んだのか」
曹操は天を仰いだ。
袁術が死に、呂布が死に、袁紹が死に、豚までも。
熱くて重い風が、吹いた。
血なまぐさい乱世に、微かに香る悲哀を、曹操は感じた。
「虎痴、酒の用意をさせろ。お前と飲みたい」

793 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/22(日) 12:44:16
非常に不本意ではあるが、三国志に興味持たせるなら無双やらせるのが一番
それから徐々に演義や北方、吉川などにシフトさせていくのがよろしいかと
俺はそうやった

794 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/22(日) 12:52:18
「葬儀など、やめてくだされ。喪を発することもだ。墓もいらぬ。
この肛門に、野菜を詰めてくれるだけでいい」

「そんなことを」

「いや、頼む。名もなき豚が、ひとり死んで行く。
豚の死など、いまの蜀にとってはそうあるべきなのだ」

豚が、焼けていた。躰がいい匂いを発している。
それを、抱くようにして>>749が押さえた。

795 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/22(日) 13:29:44
>>793
そんな時間がない話というのが見えぬのか、うつけが。

796 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/22(日) 14:26:38
「父上、実は孔明様から貰った豚を殺してしまいました。」
「そうか。母上には言うなよ。」

797 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/22(日) 14:35:32
「こいつ、その豚を女と食ったな」
「いいえ、殺してしまったのです。孔明様からいただいた豚ですから」
 豚の後で女も食った、馬超はなんとなくそう思った。

798 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/22(日) 15:09:07
この豚はある兵卒が丞相に食べて頂きたいと心を込めて育てた
豚です。その豚を毎日一匹ずつ届けさせて頂いてよろしゅうございますか?

799 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/22(日) 15:29:45
迷惑だ。

800 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/22(日) 15:52:10
殿、豚とは何なのですか?

801 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/22(日) 15:52:48
お前のことだ、虎痴。

802 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/22(日) 16:01:38
今から三国志のゲーム買いに行こうと思ふ。
関連ゲーム初心者の俺だがお勧めあったら
教えてくれ。

803 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/22(日) 16:12:27
>>802
三国志T

804 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/22(日) 16:23:47
「突然にもかかわらず感謝致す。」
>>803に礼を言うなり>>802は疾風の如く
街中に消えた。
雨が降り始めていた。

805 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/22(日) 16:27:25
>>749が、包丁を振り下ろす。稲妻が走った。痛みは無い。
「豚、帰還できず。」

806 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/22(日) 16:45:33
>>802
>>803のが終わったら三国志Uをやるといい。
何か腑に落ちない点があるなら、三国志\をやっとけ。

807 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/22(日) 17:38:57
顔良の声は豚の鳴き声に似ていて不快だった。

808 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/22(日) 19:00:47
あのさ、曹熊・曹沖が出ないのはまぁいいけど、
後継者争いから外れていたとはいえ曹彰が名前すら出てこないのはなぜ?

809 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/22(日) 19:07:25
沖は出た。
熊は出ない。
彰も出ない。

810 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/22(日) 19:40:57
劉封も出なかった
趙広も出なかった
趙統もでなかった
関索も出なかった

811 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/22(日) 20:45:29
11巻読了。
どの巻も面白かったが正直程cの十面埋伏が最もコーフンした。

812 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/22(日) 20:59:09
>>811
あそこかよ。
赤壁も漢中戦も関羽北進も夷陵も飛ばして
あそこかよ。

813 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/22(日) 22:10:27
十円大福

814 :811:2005/05/22(日) 23:27:09
いや、関羽のくだりは泣いたよ。赤壁の許猪には燃えたよ。
でも程cカコイイって思ったの初めてで印象深いのよ。

815 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/22(日) 23:35:03
つまらん結末だったな>>811

816 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/22(日) 23:41:32
陸遜の計略が決まったときはスカッとした。

817 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/23(月) 21:49:07
>>関索も出なかった
索は親父に甘えようと駆け寄ったら無視された

818 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/23(月) 21:55:31
「王安、豚はもうよいのか?」

819 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/23(月) 22:07:09
だまれ、豚野郎。

820 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/23(月) 22:57:43
>>818
そこで王安はマズいな、王安は。

821 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/23(月) 23:35:19
そうだな、たしかに王安はまずい

822 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/24(火) 00:14:24
「豚、王安はもうよいのか?」

823 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/24(火) 00:54:53
(ノД`)

824 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/24(火) 15:22:01
>>808
曹彰出てたら面白かっただろうけど、なんか馬超とかぶるような気がする・・・

825 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/24(火) 21:04:16
黒ずくめの豚隊。地響きと共に駆けてくる。
曹操は、背筋に冷たい汗が流れてくるのを感じた。しかし、黒豚なのだ。
「溝を掘り、誘い込め。然るのちに、死んだ黒豚を回収して食糧にせよ」
そう命じるだけの余裕が、曹操にはまだあった。
うまそうではないか。呟いた。呟きは、風に掻き消されていた。

826 :趙雲:2005/05/24(火) 21:34:07
ブタの別れだ。ブーブー。

827 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/24(火) 22:30:18
次第に、視界が暗くなった。

828 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/24(火) 22:35:57
穴。気づいたときには、落ちていた。
配下の者たちも、次々と悲鳴を上げながら落ちてくる。
吼えた。怒りとも悲しみともつかない、咆哮。
多くの命を、犠牲にしてしまった。
豚王は、刀を抜き、それを己の喉に突き立てた。

829 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/24(火) 22:41:35
>>828
泣いた。

830 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/24(火) 23:25:32
もうよいのだ。赤豚。お前は、私には過ぎた豚だった。

831 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/25(水) 01:02:10
お互いに、老いたということかな、夏侯惇。
しかし、豚にだけは乗れる、と思っていたいではないか

832 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/25(水) 01:09:43
若き日の劉備がキレそうなので、しばしの
間、豚レスは控えたほうが宜しいかと。

833 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/25(水) 13:48:01
「なんだと」
劉備はかっとなり、剣の柄に手をかけた。
それを無言で関羽が抑え、張飛が>>832を吹っ飛ばした。

834 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/25(水) 22:52:46
胡床(折り畳みの豚)に掛けた。
足が折れた

835 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/25(水) 23:32:16
主語を書け!しゅ(ry

836 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/26(木) 00:05:40
んじゃ、王安

837 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/26(木) 00:27:07
爪を切ってくれぬか、>>833

838 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/26(木) 14:15:35
「なんだと」
833はかっとなり、胡床(折り畳みの椅子)の脚に手をかけた。
それを無言で劉備が抑え、豚が>>837を吹っ飛ばした。

839 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/26(木) 22:25:24
やっと12まで読み終わった

いままでで一番印象に残ったとこ
エンキョウが童貞

840 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/26(木) 22:48:55
許チョがアホみたいに強いのは使用ですか?

841 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/26(木) 22:58:45
>>839-840
悪いが、アフォレス禁止なんだ。

842 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/26(木) 23:02:08
一番強いのは誰ですか?

843 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/26(木) 23:10:46
>>840&842
いいかげんにしろよ。

844 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/26(木) 23:42:05
>>441禿同
豚レスはよくてもアホレスは禁止なのが
このスレのクオリティなんだぜ

845 :844:2005/05/26(木) 23:47:03
この場で頭を叩き割って、豚の餌にでもなってくれる

846 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/26(木) 23:55:04
皆集まれ。>>844の死に様を、よく眼に焼き付けておくのだ。

847 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/27(金) 00:01:14
だが>>846には酷い事を考えはするが、
実際の場面からは目を逸らすというところがあった。
俺は、それが悪いことだとは思わなかった。
豚ではない。人間は、それでいいのだ。

848 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/27(金) 00:07:13
>>846、おまえは、豚を前にして、二度逃げた。若いころのことだが。」

849 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/27(金) 00:16:47
「そうかな。俺は、最期まで見届けるべきだった、と思うよ、>>847

850 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/27(金) 09:54:28
最期の感動を台無しにした>>826を打ち首に処したいのだが

851 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/27(金) 12:36:51
許す。すみやかにやれ、>>850

852 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/27(金) 16:56:03
豚を解き放つと、後悔するぞ、諸葛亮

853 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/27(金) 22:09:43
青州豚軍百万頭の大群

854 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/27(金) 22:33:47
「豚の話はもういい」
袁紹は手を振って>>853を追い払った。
その傍で>>749が必死に頷いていた。
眼がうるんでいた。

855 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/27(金) 22:38:27
>>749か。いい男だった。向かってきたから、斬った。
嫌いではなかった。その夜は泣いてしまった。
豚王の長い毛を、春風がそっと撫でた。

856 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/27(金) 23:07:58
>>749には大仕事が待ってる。
戯言を申すな匹夫。

言葉が終わった時には>>855の首が飛んでいた。

857 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/27(金) 23:50:16
>>855は、しばらく豚を睨みつけていた。
それが悪いことだ、と豚は思わなかった。
将軍も校尉も、闘魂を燃やし続けている。そういう闘魂は、戦には必要なものだ。

858 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/28(土) 00:16:15
なんかこのスレって、昭和初期の精神論で戦争に勝てると思ってる
無能な軍人の集まりみたい

859 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/28(土) 00:21:00
>>858の言っていることは正しい。だが、男ではない。

860 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/28(土) 00:25:54
と、いうか北方を読んでないクズに話しかけるな
>>859。外部の斥候が来ても只管耐えるのだ。

861 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/28(土) 01:46:31
>>859
ソープに行け。

862 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/28(土) 08:14:11
ソープへ行け。そして、男になれ。
言ったが、自分はどうなのか、という思いに襲われた。
自分も、まだなのではないのか。本当に男になれているのか。
少しだけ、酔ってみようという気に俺はなっていた。

863 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/28(土) 10:38:49
(日)閑話休題

過去北方スレで首を刎ねられた回数。
オレ、4回。


864 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/28(土) 10:54:20
冷たい風が、頬を打つ。
鋭い物が、自分の躰の中に入ってくるのがわかった。
これで五回め、と>>863は、他人のことのように考えていた。


865 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/28(土) 15:48:38
敵。三十騎。向かってくる。その矛先を交わす。
気になり、脇を見る。
豚と、目が合った。互いの無事を確認し、目と目で頷きあう。
敵の切っ先を交わすことに追われ、後は夢中だった。
駆けに駆けた。
気が付いたときには、敵を振り切っていた。
そして、汗にびっしょりと濡れた、豚の姿。
その表情には、笑みが、浮かんでいた。
「行こう。何も恐れるものか」
豚の言葉に、強い意志があった。

866 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/28(土) 20:18:48
紅の豚かよ。

867 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/28(土) 21:20:52
天下を狙わず荊州の一部に拘る小心な孫権。
彼に父兄の遺産が無ければ張衛にも及ばなかったのではない
だろうか。(民明書房「金持ち曹さん貧乏孫さん」」より)

868 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/28(土) 21:44:32
飛べない豚は、ただのデブだ

869 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/28(土) 21:50:04
何を言っている、>>868

870 :893:2005/05/28(土) 21:51:26
北方のせいで張衛が好きになってしまった。

871 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/28(土) 21:53:57
ようやっとジョジョがPart7表記になったな

872 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/28(土) 21:54:30
なぜだ。
なぜ、この私が、誤爆など。

873 :893:2005/05/28(土) 22:03:09
>>871-872

ヰ`。

874 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/28(土) 22:03:51
>>872殿、かなりの遣い手とお見受けした。
この戟を、受けられよ。

875 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/28(土) 22:49:13
いやん、まいっ陳宮。

876 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/28(土) 22:55:47
>>867
孫権は小心ではなく、姑息と位置づけよ。

877 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/28(土) 23:02:25
なぜか胡床を胡桃と読んだ

878 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/28(土) 23:06:43
爪を切ってくれぬか、>>1-877

879 :キョチョ:2005/05/28(土) 23:16:07
自分でやれ。曹操。

880 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/28(土) 23:19:25
お前に言ってない、許楮

881 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/29(日) 00:17:11
所詮は腐れ豚の家系という言葉を呑み込んだ。

882 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/29(日) 09:04:38
>>879
おまえの答えはいつも短くていいな

883 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/29(日) 09:22:33
セコムの会長の最後の解説には泣けた。

884 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/29(日) 12:32:57
>>883
「張飛がセコムに入っていれば最愛の妻を亡くすこともなかっただろう」
ってやつだね

885 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/29(日) 13:35:10
あのころの宦官のような>>884は去ね

886 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/29(日) 14:16:16
絶望のブタ悲しみのブタ

887 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/29(日) 14:37:17
豚が吼えた。豚の軍が突進してくる。
止められるか。いや、止めてみせる。
「陣を硬くしろ。恐れるな」
指示を飛ばしたが、最も恐れているのは己だとわかっていた。
兵と兵がぶつかる。
弾き返せるか。
期待したが、無駄だった。
陣が割られる。
配下の者たちが、その豚速に踏みつけられる。
総崩れになるのは、時間の問題だった。
もはやこれまでか。
>>749は覚悟を決めた。

888 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/29(日) 15:36:23
しかし、殿。我々が、目指した、ブタとは、一体何だったのでしょうか?

889 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/29(日) 15:37:53
劉備「しらねぇよ」

890 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/29(日) 16:00:49
豚を、横から揉みに揉むのだ

891 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/29(日) 17:14:25
孔明「ブタがきれいですね。」
趙雲「しみじみとブタを見ることなど無かった。無骨な人生だな」
孔明「私もですよ。ぶひー」
趙雲は暗くて孔明が笑っているのか泣いているのかわからなかった。

892 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/29(日) 17:22:38
馬蹄の響き。斬り込んでくる。
陣中に、はっきりと深い衝撃が走ったのがわかった。
この馬は、何なのだ。
考える間もなく、陣は二つに断ち割られている。
それが、却って心地よくも感じる。それほどの馬だった。

893 :あほ可児:2005/05/29(日) 17:28:59
北方三国志って幼稚な文章だよねw

894 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/29(日) 17:31:09
劉備「孔明。おまえに蜀を譲ろう」
孔明「了解」

895 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/29(日) 18:23:34
豚。

896 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/29(日) 18:26:05
男には氏んでも守らなければならないものがある。


豚。

897 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/29(日) 19:27:43
もうブタはタブーにせよ。

898 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/29(日) 19:45:54
「どうなさるおつもりです、>>749>>897を?」
はじめて、ひとりが口を開いた。
「豚に、豚にしたいのです」
「そんな」
「どちらが、どちらを?」
もうひとりが言う。
「私は、黒を」
「私は、白」
「え、黒、白?」
「俺たちが、はじめてあなた方を見た時の、皮膚の色なのだよ。名も知らぬ。黒と白と、この三年、二人で呼びあっていた」


899 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/29(日) 19:56:19
「いそうもない、豚がいるものだな、>>898

900 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/29(日) 19:59:15
豚をNGワードにしてみた。
さびしくなった。

901 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/29(日) 20:02:59
こんなに弄くって貰って、さぞ>>749も喜んでるだろ。ぶひー

902 :孫皓:2005/05/29(日) 20:15:07
小心者孫権が公孫淵に使いを斬られる所をきちんと書いて欲しかった

903 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/29(日) 20:54:18
「張衛と何かがあったという訳か」
こんなことを口に出して言ってしまう馬超は、何でも思ったことを
口に出してしまう馬岱と従兄弟なんだなと思わずワラタ

904 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/29(日) 21:16:40
>>902

読解力のかけらもない愚物だな。
もう一度云う。
孫権は小心ではなく、姑息と位置づけよ。

905 :王安:2005/05/29(日) 22:25:05
小人物孫権にとって江東が天下だったんだよ(プゲラ)

906 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/29(日) 23:07:05
何が王安だ、蛆虫が、いきなり湧くなw

907 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/29(日) 23:21:10
「死に兵の用意はあるのか?」
「はい、流浪の>>905を二千ほど。一応は、兵として整っていると思います」

908 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/29(日) 23:40:25
>>907は良い。

強いて挙げるなら「王平」と思ふ。


909 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/29(日) 23:40:58
「よし、>>906も加えて戦にだせ。少しばかりは役に立つだろう」

910 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/30(月) 00:10:12
「張衛と何かあったという訳か。どんなことをしたのだ。答えてみろ。さあ。さあ。さあ」

911 :749:2005/05/30(月) 00:15:35
北方スレの皆様、お久しぶりです。
この前知り合いが、モンゴルへ行ったので
お土産に岩塩を、頼んでおいたらちゃんと
買ってきてくれました。
今年は無理かもしれないが(嫁の理解不足&正直金銭面もちとツライ)
応援してくれた方の為にもいつか必ず・・

これからは名無しに戻ります。
野戦料理達成の際には「第八幕749」の名でレスしますので・・

長い間のスレ汚しスマソ。

912 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/30(月) 00:57:15
許すぶひー

913 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/30(月) 08:27:00
>>911、飲め、たまには酔ってみろ」
>>913は酒を突き出し、それだけ言った。

914 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/30(月) 10:51:52
王平が良遇されてる点について。

915 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/30(月) 11:22:24
王平が、良遇されていない、三国志など、無い

916 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/30(月) 19:51:22
良遇?厚遇のことか?

917 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/30(月) 21:33:18
王平もそうだが、陳式が攻城の天才みたいな描かれ方されてるの
この作品だけだろう。
張嶷が割り食った気がするが。

918 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/30(月) 22:30:09
陳式って魏延の失敗の罪を被って、ブッタ斬られなかったっけ?

919 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/30(月) 23:06:41
>>918
演義では魏延の代わりに斬られてる。
北方では、攻城で活躍した記憶しかない。

920 :張昭:2005/05/30(月) 23:09:11
孔明の第一次北伐の失敗を罵る小人物孫権萎え〜

921 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/31(火) 11:01:16
これは三国志の衣を着た、北方が考える漢の生き様の哲学を押し売りする小説です。

922 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/31(火) 13:32:44
張飛・呂布・馬超がかっこいいってよく言われるけど孫策、周ユもかっこよくない?

923 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/31(火) 15:09:40
取り敢えず司馬イは尿線が緩いんじゃないか

924 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/31(火) 22:10:55
芝居は2回精を放てば満足なんだよ

925 :無名武将@お腹せっぷく:2005/05/31(火) 23:53:17
AV男優としては即首だな

926 :無名武将@お腹せっぷく:2005/06/01(水) 00:41:43
北方三国キャラで、三國無双でんかな
一頭の獣のように縦横無尽に騎馬軍団が走り回り
敵を揉みに揉む

927 :無名武将@お腹せっぷく:2005/06/01(水) 00:55:18
三国無双は基本的に単独行動だからなぁ

決戦ならいけるか。諸葛亮が浮遊してたけどねwあとヒミコもw

928 :無名武将@お腹せっぷく:2005/06/01(水) 02:45:22
劉備が顔色を変えた瞬間に張飛が殴り倒す無双。

929 :無名武将@お腹せっぷく:2005/06/01(水) 03:20:06
体力回復は爰京の指圧

930 :無名武将@お腹せっぷく:2005/06/01(水) 14:12:56
>>922
どっちもかっこいいよね。

931 :無名武将@お腹せっぷく:2005/06/01(水) 14:24:13
ゴミ扱いは孫権だけ

932 :無名武将@お腹せっぷく:2005/06/01(水) 18:02:40
田豊に仕込まれた雛氏。





結論…田豊が一番エロい。

933 :無名武将@お腹せっぷく:2005/06/01(水) 21:19:42
まぁ、鄒氏もフィクションなわけだが。
董香、爰京、王安、幽、成玄固、袁淋、洪紀、石岐・・・
こうした秀逸な檻キャラが、宝石のように鏤められ
ている北方三国志は、やはりノメロ・ウノである。

934 :無名武将@お腹せっぷく:2005/06/01(水) 22:21:05
郭嘉と夏侯淵とか厳顔の活躍が良かった

935 :無名武将@お腹せっぷく:2005/06/01(水) 22:28:00
>>933
はい?

936 :無名武将@お腹せっぷく:2005/06/01(水) 22:33:52
北方って句点は多いけど、読点は多くないぞ。よく見てみろよ。
北方の真似とか言ってやたら読点入れてるやつ馬鹿だろ

937 :無名武将@お腹せっぷく:2005/06/01(水) 22:51:47
そ、ん、な、こ、と、は、な、い、

938 :無名武将@お腹せっぷく:2005/06/01(水) 23:00:57
>>936
おまえ小説北方だけしか見てねーんじゃ?



939 :無名武将@お腹せっぷく:2005/06/02(木) 01:36:40
そんなことはどうでもいいから、鄒氏のエロテクの話をしようよ。

940 :無名武将@お腹せっぷく:2005/06/02(木) 03:25:41
光栄三国志6に照らすと北方センセの好みは【覇権、義侠、才幹】が好き【王佐、大儀、割拠、征服、出世】まぁまぁ【維持、安全、隠遁】嫌いってとこか

941 :無名武将@お腹せっぷく:2005/06/02(木) 03:27:30
孫権は孫権で、かっこいい生き様だと思うんだけどなあ

942 :無名武将@お腹せっぷく:2005/06/02(木) 11:37:14
あれをかっこいいというのは年寄りだけだ

943 :893:2005/06/02(木) 13:28:40
隠遁を好きなヤシはいないだろ。

944 :無名武将@お腹せっぷく:2005/06/02(木) 20:09:08
後世はいただけんが、名より実を取った執政はかっこいいと俺も思う>941
実力と運があれば、英雄にならんとする猛者が多い時代に
英雄の名を捨てて生きるというのは、書き方ひとつで相当かっこよくなると思う
というか、北方自身は好きじゃないといってても、
北方の孫権はかっこよくみえるのでそう思うんだが

ただやはり後世はいただけんよ…いわゆる老害

945 :無名武将@お腹せっぷく:2005/06/02(木) 20:59:59
北方のキャラはボロクソに酷評されてるキャラでも、
そのキャラ視点の描写が始まると途端にかっこよくなる。
袁紹や孫堅なんかはその典型。

946 :無名武将@お腹せっぷく:2005/06/02(木) 21:42:21
袁紹や孫堅を一緒にするな小僧。

947 :無名武将@お腹せっぷく:2005/06/02(木) 21:46:27
孫堅ではない。孫権だ。>>945はようやく気づいたが、もう遅かった。
小僧。これから一生、そう呼ばれ続けるのか。
悔しさに、床を転げまわった。転げまわりながら、笑った。

948 :無名武将@お腹せっぷく:2005/06/02(木) 22:16:48
小人物孫権の行軍は一日三里、三日で六里。

949 :無名武将@お腹せっぷく:2005/06/02(木) 22:33:22
北方が本当に小物として描いたのは袁紹だと思う。
孫権や曹丕や劉表など嫌ってそうな奴でもそれなりに格好良く書かれてるのが
袁紹は彼自身の視点でさえ果敢な曹操の対比として卑怯っぽく描かれてる。
まあでも無能でないだけ他の三国志よりマシか。なかなかいい味出してたしね。

950 :無名武将@お腹せっぷく:2005/06/02(木) 22:33:25
三里進んで、二里下がる。

951 :無名武将@お腹せっぷく:2005/06/02(木) 22:41:12
このスレは土曜まで持ち堪えられるか、許褚?

952 :無名武将@お腹せっぷく:2005/06/02(木) 22:44:17
知るか曹操

953 :無名武将@お腹せっぷく:2005/06/02(木) 22:46:07
退屈ならどーぞ

輔漢の政府
http://jbbs.livedoor.jp/study/6134/

今、一番熱い場所


954 :無名武将@お腹せっぷく:2005/06/02(木) 22:54:39
>953
遅くまで仕事乙

955 :無名武将@お腹せっぷく:2005/06/03(金) 07:54:02
>>949
なんといっても四代三公の名門ですから。

956 :無名武将@お腹せっぷく:2005/06/03(金) 07:56:11
>>949
なんといっても四代三公の名門ですから。

957 :無名武将@お腹せっぷく:2005/06/03(金) 09:52:58
>>956が復唱して出て行った

958 :無名武将@お腹せっぷく:2005/06/03(金) 11:34:58
オマイラ、名門舐めすぎ

959 :無名武将@お腹せっぷく:2005/06/03(金) 13:02:27
>>955-956
もういい。退がれ、顔良。

960 :無名武将@お腹せっぷく:2005/06/03(金) 16:02:53
>>955-957
味をやるではないか。口元に笑みを浮かべながら、>>960はぽつりと呟いた

961 :無名武将@お腹せっぷく:2005/06/03(金) 19:37:19
「虎痴、腹の筋が痛む。なんとかせよ。」
「曹操の葬送に早々に向かいましょう。」
冷たい風が、曹操と許楮に打ちつけた。
「うむ、収まったぞ、虎痴」

962 :無名武将@お腹せっぷく:2005/06/03(金) 21:32:22
ところで、北方を野戦料理にするオフ会の予定はどうなったんだ?

963 :無名武将@お腹せっぷく:2005/06/03(金) 22:01:25
>>962の首を刎ねよ。

964 :無名武将@お腹せっぷく:2005/06/03(金) 22:13:08
ここの住民って総じて体育会系なわけ?

965 :無名武将@お腹せっぷく:2005/06/03(金) 22:35:03
>>963
軽率だったな、小僧。
首を刎ねる価値すらない奴の相手を
するから、いらぬ風評が立つのだ。


966 :無名武将@お腹せっぷく:2005/06/03(金) 23:36:18
>>933
雛氏はフィクションじゃねーだろ。

>>953
氏ね。
そこの方が、よっぽど退屈。

967 :無名武将@お腹せっぷく:2005/06/03(金) 23:55:36
>>966
ご苦労であった>>932、下がって良いぞ。

968 :無名武将@お腹せっぷく:2005/06/04(土) 15:23:19
曹操「宦官の家系で、何が悪い」

969 :無名武将@お腹せっぷく:2005/06/04(土) 20:03:49
>>949
オレは北方三国志で初めて袁紹見直したけどなぁ。
それまでは名門の出であることを鼻にかけ、
度量が大きいふりをしているが実は狭量で優柔不断、
おまけに部下を信頼しないどうしようもない人物に描かれていることが多かったし。
北方三国志でもそういう描写は多少はあったけど、
概ね曹操と真っ向から対決する激しい気概を前面に出していたしね。
ただ全ての点で曹操より少しずつ劣っていたために敗北しただけで。

970 :無名武将@お腹せっぷく:2005/06/04(土) 20:44:31

「袁紹を見直して何かが変わるのか?虎痴」
「いいえ」
「いいな、お前の(ry」


971 :無名武将@お腹せっぷく:2005/06/04(土) 22:46:30
馬岱は馬超が死んでないこと知ってるよな?

972 :無名武将@お腹せっぷく:2005/06/04(土) 23:38:58

下記スレ読んで、全く関係ないが張飛、続いて>>749を思い起こした。
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1117886162/


973 :無名武将@お腹せっぷく:2005/06/05(日) 12:39:09

大きな男だった。壁のようだった。しかし、おまえは死ぬ、>>962

974 :無名武将@お腹せっぷく:2005/06/05(日) 13:33:45
エンショウは萌えキャラだ、974は一人考えていた。

975 :無名武将@お腹せっぷく:2005/06/05(日) 13:47:01
661 名前:名無しんぼ@お腹いっぱい 投稿日:2005/06/05(日) 03:28:17 ID:W+xilIm40
>>660
北方三国志はマジ抜けるよ


662 名前:名無しんぼ@お腹いっぱい 投稿日:2005/06/05(日) 03:34:36 ID:W+xilIm40
×抜ける→○泣ける
もう眠くて眠くて間違えに気づかんかった

976 :無名武将@お腹せっぷく:2005/06/05(日) 13:58:30
>>974は濁声

977 :無名武将@お腹せっぷく:2005/06/05(日) 14:44:37
北方孔明は人民から搾り取るだけ搾る酷吏って感じでいやぽ。

978 :無名武将@お腹せっぷく:2005/06/05(日) 14:55:31
>>977
過去、一度も為政者サイドを経験したことの無い遺伝子。
数千年の年月をかけて構築されたお前の「庶民」として
のDNAがそう言わせているのだろう。


979 :無名武将@お腹せっぷく:2005/06/05(日) 17:11:17
劉禅が「民想いの心優しい君主」という描き方してたのに、いつの間にか
なんとなく与えられた仕事をこなすだけの君主という描かれ方になって
たのにはワラタ

980 :無名武将@お腹せっぷく:2005/06/05(日) 17:16:33
次スレを立てよ、劉禅

981 :Mr.無双 ◆pLbXzL01dk :2005/06/05(日) 17:23:03
(*´Д`*)ハァハァ 無双のエロAAやエロ画像貼って下たい。
兎に角今晩のおかずにする為に貼って下さる人募集。
誰か貼ってくれなきゃ餓悶死しちゃうw。お市たん(*´Д`*)ハァハァ


982 :無名武将@お腹せっぷく:2005/06/05(日) 17:31:43
次スレを立てよ、王平。
丞相、私は文字が書けません。
何?
孔明は恥じる気持ちになった。
いい、私が立てる。

983 :無名武将@お腹せっぷく:2005/06/05(日) 18:15:57
早く建てろよ丞相

984 :無名武将@お腹せっぷく:2005/06/05(日) 18:30:58
>>982
それは、張飛とのやり取りではないのか。
思ったが、今となってはどうでも良い事だった。

985 :孔明:2005/06/05(日) 19:51:20
>>983
しかし、殿。我々が、目指した、次スレとは、何だったのでしょうか?

誰か、次スレよろぴく。

986 :無名武将@お腹せっぷく:2005/06/05(日) 20:01:33
曹操「許チョ、次スレを立ててくれぬか」

許チョ「嫌です」

曹操「いいな、お前の返事はいつも短くて」

987 :無名武将@お腹せっぷく:2005/06/05(日) 20:39:11
陸遜直伝の兵法。
995まで引き込んで、叩く。


988 :無名武将@お腹せっぷく:2005/06/05(日) 20:46:15
そんな悠長な>>987、万が一の時は
そなたに責任がありますぞ。


989 : ◆wSaCDPDEl2 :2005/06/05(日) 20:47:58
いえ、私が立てます丞相

990 :無名武将@お腹せっぷく:2005/06/05(日) 20:57:21

劉備「おお、お前がいた、お前がいた超雲」


991 :失敗 ◆wSaCDPDEl2 :2005/06/05(日) 20:58:35
地形が、いや地形を利用して

992 :無名武将@お腹せっぷく:2005/06/05(日) 21:02:09
>>991
次スレは、まだ立たぬであろう。次スレ立てに、お前は使えぬ

993 :無名武将@お腹せっぷく:2005/06/05(日) 21:07:40
残り僅かじゃ、下らんレスを禁ず!

994 :無名武将@お腹せっぷく:2005/06/05(日) 21:24:40
時に、このスレのことを知っているか?

http://hobby5.2ch.net/test/read.cgi/warhis/1117259244/l50

995 :無名武将@お腹せっぷく:2005/06/05(日) 21:57:37
下がれ!第九章でなければ意味を持たぬのだ。

996 :無名武将@お腹せっぷく:2005/06/05(日) 21:58:14
http://jbbs.livedoor.jp/study/6134/
           _,l   :.. ::.::::. :::::::::.. ::.. :::::爿      =     =
          弋li   ::ト〃1::::..:::::::::ト、:::::::.:::::::i       ニ= 蕎 そ -=
            |i  :::|__ l::ト:::::::|i:l_,.ゝ:::::::::::l      ニ= 協 れ =ニ
            jl .::::l __`i} V::j斗ぅテiトi::::::| _    =- な. で -=
  、、 l | /, ,    ll ::::Tてテ|  |/ ヾ'シl ト:l} |  ヽ    ニ .ら. も ニ
 .ヽ     ´´,   |l ::::ム `='       .ノ ヽヽ  }   ´r :   ヽ`
.ヽ し き 蕎 ニ   |l :::::`ヽ、  -‐  ノ| |.|:::::| |  |     ´/小ヽ`
=  て っ 協  =ニ  |ト ::::/:::::丶、.__,. ィ  :| |.|:::::| |  /
ニ  く. と な  -=  Nlw::::: ヽ、._、  _,ノ/.:::::| | /| 
=  れ.何 ら  -= ヽl ヽ、:::::::::\、__/::漢:::.:| |' :|
ニ  る と   =ニ   | |:::::::::::::::::::::::::::::::::::.王.::::Y′ト、
/,  : か   ヽ、    | |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|  '゙,
.\


997 :無名武将@お腹せっぷく:2005/06/05(日) 22:11:36
1000


998 :無名武将@お腹せっぷく:2005/06/05(日) 22:18:56
もうひとつ、言っておくことがある。
>>1000は、お前に譲ろう。

999 :無名武将@お腹せっぷく:2005/06/05(日) 22:19:49
>>1000よ忘れぬぞ。おまえと親子のように過ごした日々を。

1000 :無名武将@お腹せっぷく:2005/06/05(日) 22:19:57
「このスレは、夢のようなものでしたな」

「しかし、>>1殿。あなたの目指した>>2とは、一体なんだったのですか」

1001 :1001:Over 1000 Thread
  立  新   /   ,、r'";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`';,、    ,r';;r"           _ノ  と   何
  て  し    L_ /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\ ,';;/             )   申   と
  ね  い   //;;/´         `' 、;;;;;;;;,,l;;'            /ヽ  す  1000
  ば  ス   /.,';/              ヽ;;;;,l;L_      .,,、,--ュ、 ';;;;;;;;;i  か   を
  い  レ   l |;|┌--‐フ  ┌----、、   |;ヾr''‐ヽ,  ,、ィ'r-‐''''''‐ヽ ';;;;;;く  !!    超
  か  ッ   i  |l ~~__´ 、   ``'__''''┘  |;;;;;l rO:、;  ´ ィ○ヽ    'i;;;;;厶,     え
  ん  ド   l _|. <,,O,> 〉   <,,O,,>    |;;;;;| `'''"/   `'''''"´     !;;;;;;;;ヽ   た
  の  を  ._ゝ'|.    /   、       |; ,'  /   、        |;;;;;;;;;;;;;レ、⌒Y⌒ヽ
  う     「 | |    (    )       .ソ l  ,:'   _ ヽ       .|;;;;;;;//-'ノ
        ヽヽ |    _,ニ ニ,,,,,_        ', ゞ,' '"'` '"       i;;;;;i, `' /
⌒レ'⌒ヽ厂 ̄  `| ,、ィ-‐''__'''‐-`,、     '' .', i、-----.、       `''"i`'''l
人_,、ノL_,iノ!  . ',   :i゙''''''''''`l'  ` _人__人ノ_ヽ ヾ゙゙゙゙ニニ'\       ,'  ト、,
      /     ヽ   L__」   「 で 書 Lヽ ヽ〈    i|         Vi゙、
ハ ワ  {.      ヽ.  -、、、、 '  ノ  き き 了. ゙, ,ヽ===-'゙ ,'     ,   // ヽ
ハ ハ   ヽ.    ハ        )  ん 込  |  ',.' ,  ̄ , '    ノ  //三国志・戦国板
ハ ハ    >  /|ヽヽ、___,,,,、 'く     み  > ヽ.  ̄´   / ,、 ' /  http://hobby5.2ch.net/warhis/

191 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)