2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

なんで出生時間で人の性質や運命が決まるの?

1 :菜々氏:04/05/27 18:25 ID:5lTNi4Pi
どこにもないのでたてました。

2 :名無しさん@占い修業中:04/05/27 18:31 ID:???
あーあ、やっちゃったよ・・・

3 :名無しさん@占い修業中:04/05/27 18:33 ID:???
クソスレ

4 :名無しさん@占い修業中:04/05/27 18:37 ID:???
突っ込んでおく。
時間のみで決まるわけではない。
よって


--------------終了----------------

5 :名無しさん@占い修業中:04/05/27 18:42 ID:???
これ以降age禁止でお願いします。

6 :はい婆スレね:04/05/27 19:03 ID:???
    .,v─ーv_         〕      〕 .|  .il゙            《 ._   .,,l(ノ^ノ
   ,i(厂  _,,,从vy      .,i「      .》;ト-v,|l′          _,ノ゙|.ミ,.゙'=,/┴y/
   l  ,zll^゙″  ゙ミ    .ノ       .il|′アll!           .>‐〕 \ _><
   《 il|′     フーv,_ .,i″       ||}ーvrリ、             ¨'‐.`   {
    \《 ヽ(・3・)  .゙li ._¨''ーv,,_     .》′  ゙゙ミ| ,r′                }
      \ ,゙r_    lア'    .゙⌒>-vzト    .ミノ′                 〕
       .゙'=ミ:┐  .「      ./ .^〃     :、_ リ                   .}
         ゙\ア'   .--  ,,ノ|    、    ゙ミ}                   :ト
           ゙^ー、,,,¨ -   ''¨.─   :!.,   リ                   ノ
              〔^ー-v、,,,_,:     i゙「   }                  .,l゙
              l!     .´゙フ'ーv .,y    ]                  '゙ミ
              |     ,/゙ .ミ;.´.‐    .]                   ミ,
              |     ノ′ ヽ      〔                   ミ
              }    }     ′    }                   {
              .|    .ミ     .<     〔                    〕
              .{     \,_   _》、    .{                    .}









7 :菜々氏:04/05/27 23:59 ID:HUBvU/hB
すいません。意味がわかりません。

8 :名無しさん@占い修業中:04/05/28 00:03 ID:o2Ns4UeH
誕生日から占う占いがありますが、
占いというのは当たらないのです。
その言い訳に時間さえわかっていれば
というのです。
出生時間がわかったところで当たるわけではありません。
実際、そういう例がないのですから。

9 :名無しさん@占い修業中:04/05/28 00:04 ID:???
このスレや運命スレで充分、移動してください。
http://hobby5.2ch.net/test/read.cgi/uranai/973604681/l50

10 :名無しさん@占い修業中:04/05/29 10:58 ID:???
占いのことを勉強しておいで。
占星術や四柱推命でどうして出生時間が必要かっていうと
生年月日からでもある程度の事を割り出せるが、もっと細かい部分で
その日のいつ生まれたかによって、結果が違ってくるんだよ。
占星術の場合、その名の通り星占いでしょ。星と星がどの角度に
あるかによって運勢なんかを出すわけ。
星っていうのは常に動いているものであって、1日という単位で
大雑把にふりわけると、すごい速度で角度が変わっちゃうから
正確に占えない星もあるのよ。
だから出生時間が必要ってこと。
四柱推命もまぁ似たような理由で、時間によって命(メイ)が変わるんだよ。
このへんは書店で占い本立ち読みすればわかるレベル。

ちなみに自分も占星術なんかが当たった事は無い。
なんとなく、>>8って何が言って欲しいのかわかんない。
占いって当たらないもんなんだよ、って言って欲しいの?
「なんで決まるの?出生時間がわかったところで当たるわけじゃなし。」
なんてここで言われても困ります。昔の人に聞いてください。
こんな下らん事でスレたてていい場所じゃないよ。

11 :名無しさん@占い修業中:04/06/11 13:40 ID:qzRdALAC
どうして生時が必要かについてですが
私は四柱推命しか勉強していませんけど
生時は地球が自転している
朝・・木
昼・・火
夕・・金
夜・・水
土はその間
を司るのですから
本来なら月支元命と
同じくらい重要なのです。

生時不明では、その人の詳細は
判断できません。


12 :名無しさん@占い修業中:04/06/11 16:48 ID:???
「なんで出生時間で人の性質や運命が決まるの?」
ではなくて、出生時間等のデータで人の性質や運命がある程度読みとれることが
あるんだと思いますよ。「ある程度読みとれる」のであって、決まっているとか、
全部分かるなんて、まともな占いでは言っていないと思います。
生年月日時間などは温度計みたいなもんで、部屋の温度は温度計で分かりますが、
温度計が部屋の温度を決めているわけではない、の例えのようだと思いますよ。
まあ、「ある程度読みとれる」というのがくせ者で、これが当たりそうで当たらない
占いの魅力になっているのでしょうね。

13 :名無しさん@占い修業中:04/06/13 00:56 ID:TwR2VFtS
それでは、出産予定日より早く生まれるか遅く生まれるかは何が影響しますか。
また、その差が本人に影響することはありますか。

14 :名無しさん@占い修業中:04/06/13 02:49 ID:h8a8MU3d
>>13
それはどうかわからないけど、夕刻から明け方までの間に生まれる子供は
問題ないけど、昼ごろ生まれる子供には何らかの悪影響があると言われている。
実際の統計によると、障害を持って生まれてくる子、成長過程で加害者や被害者になるケース、精神病患者、
などは、昼(引き潮の頃)に生まれる子供が圧倒的に多いとされている。
もちろん全部がそうというわけではなく、あくまで統計なので例外ももちろんあるが。

15 :名無しさん@占い修業中:04/06/13 16:02 ID:iPSa06Oh
なぜ、昼ごろ生まれる子供に
多くの問題があるかというえば
四柱推命では、午の刻になるからでしょう。
五行の中で一番激しい午の火をもって生まれるから
その子の考え方が
中途半端ではなく激しくなる
もちろん感情も激しい。
だから、問題が他の時刻より多いわけ
精神障害などは、まさしく午なのでは

16 :名無しさん@占い修業中:04/06/13 16:08 ID:???
紫微斗数では、天空と地劫という
何の役にも立たない大凶星がある。

片方だけなら、他の吉星から助けられれば救いも出るが、
両方が同宮すると、その宮に関しては救いようがない。

この天空と地劫が必ず同宮するのは
子刻と午刻である。

17 :名無しさん@占い修業中:04/06/14 06:23 ID:???
>>14-15
多分占いでの問題じゃなく、お昼の出産自体に問題があるのだと思うよ。
生物学的に出産は未明が自然な形。いちばん母体に負担の少ない時間帯に
産まれるよう身体がプログラムされてる。
(何故負担が少ないかというと身体リズムの関係。血圧低く出血が少ない)
お昼に産まれるというのはまず難産。また薬剤の使用による時間調整。
つまり不自然な産み方によって産まれた確率が高いんだね。

18 :名無しさん@占い修業中:04/06/14 09:21 ID:p60cMJsI
そう生物学的に
お昼の出産に問題がある。
それを占いは
四柱推命にしろ紫薇にしろ
科学が進んでいない昔から
教えてくれているわけでしょう。

19 :名無しさん@占い修業中:04/06/14 10:09 ID:mIQikgUf
そうなんですか。僕、昼に生まれたんだけど。
昼の15時7分。
まずいですか。気になるなぁ。
僕は逆子で、しかも生まれた時は斜頸で難産だったと
聞かされた事がある。
自分にはどうすることもできないね。これ。
最悪だなぁ。

20 :名無しさん@占い修業中:04/06/14 15:02 ID:p60cMJsI
昼に生まれた人が
全員悪いわけがありません。
四柱推命では、
全体の星の配置が吉凶を分けるわけです。
ただ、いえることは
とても激しい運勢を持っていることは
確かです。

でも、時柱なので
自分の意志でどうにかなるはず。
月柱の午はならないけれど。

21 :名無しさん@占い修業中:04/06/14 15:15 ID:???
昼生まれの上に午月・・・ 午のダブルは免れたけれど・・
ひぃひぃーん。

22 :名無しさん@占い修業中:04/06/14 15:32 ID:???
またサンメーかね
四柱を騙って迷説まき散らすんじゃねーよ

23 :奈々子:04/06/15 03:10 ID:???
さげ

24 :菜々子:04/06/16 07:07 ID:???
あげ

25 :名無しさん@占い修業中:04/06/22 00:48 ID:???
12:01生まれage
かなりの難産だったそうです

26 :名無しさん@占い修業中:04/06/22 05:15 ID:???
俺、あと2時間おそく生まれてたら、なんとか救われる命式になってた。
もともとたいした命式じゃないけれどさ。

27 :名無しさん@占い修業中:04/06/22 09:34 ID:MozY1lc5
私は時柱空亡の冠帯 羊刃持ち
しかし刑され 式内に冲あり
良いのか悪いのかワケワカラン


28 :名無しさん@占い修業中:04/06/26 00:19 ID:x6F8lPRz
同じ日に生まれた友達と6年近く付き合いがあるけど、
性格も能力も全然違います。もちろん顔も雰囲気も・・・・・・。
ただ、マル顔ということだけ共通ですけど。

ちなみに、血液型は違います。

29 :名無しさん@占い修業中:04/06/26 01:00 ID:LOjnGK9s
私も、ある有名人と同じ日ですが血液型が違いますし、家族構成(兄弟の数)
もちがいます。
出身は関東と北陸で離れていますが、その人は13:10生まれ、私は16:46生まれで
結構近いです。
でも西洋で占うときは、出生時間でかなり違う結果になる日付生まれではあります。
だから、私自身は算命とかでは翌日でみたほうがしっくり来るんですよね〜
出生時間を考慮しない占いってほんとに当たりますか??

30 :名無しさん@占い修行中:04/06/26 02:08 ID:???
生まれてきたことに意味があるのさ、1秒も無駄にしちゃいけないよ

31 :名無しさん@占い修業中:04/06/26 09:31 ID:???
本人の人生に影響がある割合として、生年月日などの先天運は6割で、名前や
育った環境などの後天運は、4割影響するらしい。
だから、いくら同じ生年月日で時間も同じだったとしても、後天運の部分である
残りの4割も本人に影響を与えるのだから、全く違う人生になることもあるよ。
私、友達と従妹に双子がいるんだけど、友達は二人とも似たような人生を歩んでるし
同じような彼氏選んで性格もほんとよく似てる。
だけど従妹の双子は、けっこう全然性格も職業も似てなくて、子供の頃、親が
片方ばかりかわいがっていたような気がするんだ。
そういう風に親が子供に与える影響も本人の性格などに大きく影響するから。
こういう風にほぼ同じ23時台に生まれてきても、全然違ってきたりするんだよね。
人の運命は、先天運 + 後天運 という風にみるべきかもしれない。

32 :名無しさん@占い修業中:04/06/26 16:33 ID:LOjnGK9s
名前とか親兄弟の星回りは後天運だと思うけど、
出生時間を考慮しないもの(生年月日だけ)も先天運?
出生時間通りにみると、生年月日だけ(時間設定は正午?)
のときと結構違ったりするからどっちが自分の先天運なのかわからない〜






33 :名無しさん@占い修業中:04/06/26 21:50 ID:63KprQki
生年月日で出た運と名前で出た運が似ているんだけど
名前は後天運でいいのかな?

34 :名無しさん@占い修業中:04/06/26 22:20 ID:VuV24OXk
>>33
わかるー!
生年月日の占いも、姓名判断も、手相でもおんなじ様なこと書いてあってびっくりした

名前は自分じゃ決められないから先天運かな。。


35 :名無しさん@占い修業中:04/06/26 22:21 ID:???
>>33
だと思う。
女の子だったら最悪な名前でも
結婚で苗字変えられるチャンスあるから、
男の子よりはいいかも。

36 :名無しさん@占い修業中:04/06/26 22:47 ID:???
>>35
上手くいけばそれでいいんだけど、
現実はそうはいかないのが世の常。不思議なんだよね。
凶数女には同レベルの凶数男に縁があるんだなぁ、これが。
結婚後に姓が変わって自分が吉数になったとしても
夫が凶数だらけなら、夫が足かせになりがち。
夫が仕事してる場合は仕事上の対人関係に問題が出るし、
吉数な奥さんが仕事して、凶数は主夫してても
家庭内に問題が出やすい。

37 :名無しさん@占い修業中:04/06/27 11:53 ID:???
生年月日で生まれ持った性格や運に見合った名前が付くのだ。
もちろん、資質を名前が伸ばしていく要素もある。
逆に資質をつぶしていく名前もある。

名前は生年月日時場所で決まる先天運を引き継ぐ、
後天運への橋渡しとなるもの。
よって、生年月日時場所での先天運要素を無視した改名名付けは問題あり。

38 :しょ澤 ◆PJ125713uk :04/06/29 22:25 ID:???




39 :名無しさん@占い修業中:04/07/01 08:51 ID:???
名前は変えればいいわな

40 :名無しさん@占い修業中:04/07/07 23:11 ID:QwSLAcqd
>>39
でも本名を変えるのはかなり厄介だよ。
裁判所の許可が要るんだが、余程の事がないと許可が下りない。
ペンネームを持って執筆や芸能活動などをする以外に使えないよね。
そう考えると、姓名判断って案外使えないなって思う。

41 :名無しさん@占い修業中:04/07/07 23:13 ID:???
(・ω・)あっそ


42 :名無しさん@占い修業中:04/07/07 23:37 ID:/Gc+DcvS
思ったんだけど
私は凶数の持ち主なんだけど、今まで付合ってた男の苗字で自分の名前
で画数をみると今よりも最悪な画数になってる。
しかも外画、内角とか全部だめな数。
もちろん総数も。凶数は結婚しても凶数?


43 :名無しさん@占い修業中:04/07/07 23:42 ID:???
女は結婚すれば姓が変わるから、地格以外の画数は変動する。
姓が変わることで地格以外が、より多く吉数になるような姓の男と結婚すればいいんだよ。
もちろん、その男の姓名にも凶数が少ない方がよいのは言うまでもない。
しっかりしる!

44 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:04/07/11 16:34 ID:2uXhWsbO
>1
例えば、同じ日の同じ時間に、同じ産婦人科で生まれた子供同士は、
理論上、同じ人生を歩むのだろうか??
そんなわけないと思うけどね。

45 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:04/07/11 20:17 ID:MTB6I0dU
>>44
似たようなタイミングで物事(結婚とか)がすすむ人生なんじゃないか?


46 :名無しさん@占い修業中:04/07/11 22:33 ID:P9PpA6n6
同じ日の同じ時間に、同じ産婦人科で生まれた子供同士でも
円満な家庭に生まれた子と虐待両親のもとに生まれた子では
全然違う人生歩むだろうね。

47 :名無しさん@占い修業中:04/07/12 00:02 ID:???
産婦人科は一緒じゃなくてもいい。同じ市町村程度でじゅうぶん。
タイム・ツインだけを論じるなら出生地だってかなり離れててもいい。
人間の生き方を決めるには、遺伝要因と環境要因という大きな影響も
はずせないし、占いでわかるのは当人の個性の偏りだけで、人生まで宿命
のように決定したりしない。本人が歩んでいくのが結果的に人生になるのだから、
共通項を探るならかなり限定した枠内で見るべき。
>>45のようにイベントの時期だけとかね。

48 :名無しさん@占い修業中:04/08/03 01:32 ID:???
生まれた時間で決まる資質と環境で最強よ!

49 :名無しさん@占い修業中:04/08/12 23:09 ID:???
生年月日時なんかより、生育環境、両親の人格・経済力・社会的地位etc
の方が、遙かにその人の人生に多大な影響を与えるに決まってるじゃない?
「生みの親より育ての親」
先天的に病気が無く健康な子なら、DQN親から生まれた子を直ぐ、チャンとした
夫婦が引き取って育てた方が、DQNな人間にならずに済むでしょ?
皇室の方々は、学習院に行かれるが、それとは別に家庭教師がついて、様々な
専門教育を受け、世界中のどんな文化圏にも対応できる外交能力を身につける。
極端な例だがヘレン・ケラーだって、あの希有の先生に教育されなかったら、
廃人になっていた可能性が高い。
占い師が命式やチャート以外、なんの情報もなければ、絶対に占う当人はもとより
両親や生育環境など解るはずない。


50 :名無しさん@占い修業中:04/08/12 23:26 ID:???
でもさ、ヘレン・ケラーの例を上げると、彼女はとにかくこだわりの強い性格で
自己を強く押し出す精力的な人格だった。
病気になる前から利発で状況判断能力に優れていた記述もある。
鍛えられて形成され伸びる才能もあるだろう。しかし個人がもとから持っていた
人格はどこに由来するものなのか?
占いは個人の先天的な人格傾向をよみとろうとするが、後天的な才能などは
守備範囲外としているはずなんだよ。ハッタリかましてる占い師でなければね。
両親や生育環境も、基本的には本人のいってみれば色眼鏡であり、現実の状況を
示すものではない。
占いは、本人が長じてどんな人間になるかまではよみとれない。それは本人次第
としかいえないから。
占いでわかること、わからないことをちゃんと把握していない人はかなり多いね。
占いをやっている人たちの中にもかなりいる。そこは問題だと思う。

51 :名無しさん@占い修業中:04/08/12 23:37 ID:???
先天運と後天運。先天運がDQNでも後天運がよければ、不思議な人生を送ることになる。
「憎まれっ子世にはばかる」現象を引き起こす。

52 :名無しさん@占い修業中:04/08/12 23:59 ID:???
「人格」って、元から持ってるっていうより、養育され成長して行く
過程で、色んな社会とも接触し影響を受けながら形成されて行くもの
なんじゃないの?
元からあるモノって、もっと曖昧模糊とした、素性とか資質と呼ばれる
モノだと思うけどいかが?
人間には特殊な能力の場合、獲得できる臨界年齢っていうのがあるでしょ。
たとえば、言葉の音素とか絶対音感とか。一番決まるのが遅いのが確か
味覚の類で10代初期だったような気がする。
だから、ソムリエとか一流のシェフを目指すのは、比較的遅くても間に合う。
でも、ネイティヴと同じ発音能力とか、芸術、スポーツ、数学、などなど
は遅くとも5才くらいまでに、専門教育を施されなければ、せっかく素質を
持っていても大成の見込みは薄くなる。
専門教育って言っても、教師がヘボじゃダメだし、才能があっても当人が
嫌いで嫌がる場合があったりで、実際モノになった人は、色んな条件が上手く
重なったラッキーな人なんだけどね。
大分、話が横道に逸れました。失礼。


53 :名無しさん@占い修業中:04/08/13 00:09 ID:???
>>52
> 「人格」って、元から持ってるっていうより、養育され成長して行く
> 過程で、色んな社会とも接触し影響を受けながら形成されて行くもの
> なんじゃないの?
厳密にいえば違うね。形成されていく部分もあるってこと。

運とは不思議なものなんですよ。


54 :名無しさん@占い修業中:04/08/13 00:09 ID:???
言葉の問題だけであるなら、占いでよみとれるのは「資質」であり、そこから先
の人格形成や才能形成は全て対象外。
てことですね。

55 :名無しさん@占い修業中:04/08/13 00:11 ID:???
ぶっちゃけ東洋の人がいう「運」って具体的に何を示すものなのかよくわからない。
サイクルのことなのか?

56 :名無しさん@占い修業中:04/08/14 02:36 ID:???
>>54
生年月日時から
後天的にどのように資質が伸ばされ、才能形成され開花するかの元型がわかる。

>>49に親の傾向で決まるとかあるけれど、
親や幼少期の環境の傾向も生年月日で見る占いには含まれている。

57 :名無しさん@占い修業中:04/08/26 17:16 ID:???
>>55
運は運。どうなるかの傾向。
生まれつきの一生ものに近い運もあるし
大運は10年とかの長期間のもの。後は年単位とか月単位とか。

58 :名無しさん@占い修業中:04/08/29 16:04 ID:nLuY7Bxz
ここの板の住人は、
科学的根拠までもを否定してまで占いを押し付けようとしているということは
相当老人が多いのね。ほんと、基地外の妄想は留まる所を知らないねぇ。

59 :名無しさん@占い修業中:04/08/29 17:08 ID:???

うんうん、よそ逝ったほがいいよ






60 :名無しさん@占い修業中:04/08/29 18:13 ID:???
占いったって、他人のウケウリでしがみついてる連中に何を言ったって、知性の無い返事しか返ってはこないのさ。
占いとは、一つの知の体系だよ。それを別の体系で説明しようとしたり、単純に較べてみたり、果ては混ぜこぜにしたりしたなら、もう訳ワカンネー!て、感じ。

61 :名無しさん@占い修業中:04/08/29 19:16 ID:???
( ´,_ゝ`)プッ


62 :名無しさん@占い修業中:04/08/29 22:27 ID:3xSrQq7n
>>10
星の位置関係が長い年月で変わっていると思いますが、
そのへんは修正してるの?

63 :名無しさん@占い修業中:04/08/29 22:40 ID:???
誰も>1の疑問に答えられる奴はいないんだな


64 :名無しさん@占い修業中:04/08/29 22:49 ID:???
いわゆる反証回避の不可知論に陥ってるのよ。
占いの専門家とおぼしき人物も、他のスレ含めていろいろ理屈を
説明してるけど、根本的な問いに対する答えになってない。


65 :名無しさん@占い修業中:04/08/29 22:58 ID:???
うんうん、そうそう。
その辺、納得できないなら占いに関わるのはよしなよ。
どうしても占いを叩きたいっていうのなら、それもお好きに・・・

66 :名無しさん@占い修業中:04/08/29 23:44 ID:???
>65
私個人の見解だけど、占い学校に通ってる学生とか、占いが趣味の人は
恐らく占い理論に何ら疑いや問題意識を抱くことなく、鑑定法と結果しか
頭にない人ばかり。
何故、広い視野をもっている貴方が占い板に来ているの?
なにか忌まわしい事情でも?(失礼ですが)
貴方のような人が占いに問題を投げかけてくれるのは、とても意義深く
嬉しいことだけど。

67 :名無しさん@占い修業中:04/08/30 06:43 ID:???
>>62
相対的な位置関係は変わっておりません。

>>66
もう少し、運命の形成理論を学んだ方がいいでしょう。
そうすれば、謎は解けます。
キーワードは記憶と認知です。

68 :名無しさん@占い修業中:04/08/30 06:54 ID:???
>>66
しかし酷い偏見だね。自分も8割方はそうだろうと思うけど。

69 :名無しさん@占い修業中:04/08/30 07:46 ID:???
>67
あのー、63、64に対する意見が欲しいんだけど……
肝心なテーマの、、、、
( ´・ω・)

70 :名無しさん@占い修業中:04/08/30 08:03 ID:???
>>69
基本的には過去レス>>10-12あたりででているものがベース。

占星術であれば、生まれた瞬間の状態、例えば昼か夜か、太陽と月の角度、
地平線方向からとか、空の上方からとか、地球の裏からとかの天体の影響もあり、
どの方向から、どの天体の、どの星座サインのエネルギーが降り注いでいるのかの
違いと、位置関係の違いにより、各天体のエネルギーの作用の仕方、干渉の仕方か変わります。
よって、個人のエネルギー状態も違ったものになります。
干渉の仕方は幾何学理論に準ずる要素もあります。

また、後天的に変化していく要素(その時々のエネルギー)の作用があり、
特定の天体の位置関係の時に行動を起こすと、
その行動によって本人のエネルギーが変化していく部分もあり、
それによって、後天的な運もある程度は変わってきます。
よって、すべてが決まるわけではありません。
ただし、生まれた瞬間が一番影響力が強い(本質としてある)ため、
生まれたときが重要視されるわけです。

71 :名無しさん@占い修業中:04/08/30 23:06 ID:???
70さん
つい先頃、ニュートリノに質量があることが立証され話題になったけど、
素粒子物理学の世界では自然界に存在する4つの力を統一しようとする
いわゆる「統一理論」研究が究極の物理理論として期待されているのは
ご存じよね。この理論が完成すれば、素粒子のあらゆる性質が説明でき、
宇宙=時空が誕生し消滅する様子も解明される。
ところで、天体とか星座サインから降り注ぐ「エネルギー」って何?

72 :名無しさん@占い修業中:04/08/30 23:48 ID:???
>>71
基本的ニュートリノと同じような微粒子であると考えられています。
超ひものような、運動エネルギー粒子で波のような性質も持ち
磁気に大きく影響される特徴があります。
人間の意識の乱れを起こす場所の地磁気が乱れていることは良く知られています。
地球に対する月の位置で地球上の引力が変動するように、土星の位置によって
土星の意味する鉛を含ませた液体のみが反応して物理的変化を起こすことなどが
実験によって確認されています。
しかし、究極的に言えば、天体の素材によって固有のエネルギーがあり、
その素材の持つ固有で特殊な磁気エネルギーによって、意識の変化を促すので、
意識の変化への影響力として解読されます。

よって、スレタイのように運命が決まると言っても、起きることが決まっているのではなくて、
意識が、天体の動きなどに対応して、初期化され(出生運)、以降も天体の動きによって
誘導されやすい(後天運)というだけであって、本人の運命が確定しているわけではありません。
だから、当たらない場合も出てくるのです。

73 :名無しさん@占い修業中:04/08/31 00:08 ID:???
さーてトンデモさんがわいてきました

74 :名無しさん@占い修業中:04/08/31 01:32 ID:???
↑自己紹介?

75 :名無しさん@占い修業中:04/08/31 23:01 ID:???
>71さん
貴方が書いていることは内容も文章も私には理解できないので、
ここで貴方と不毛な議論を続けてもしようがないわ。
73さんが言うとおりトンデモな感じだけど、土星の実験とか、その他
貴方が主張してる理論を私が自分で調べるから、参考文献とか研究者名
を教えて下さらない?

76 :名無しさん@占い修業中:04/08/31 23:38 ID:???
>>75
>>71>>72

77 :名無しさん@占い修業中:04/09/01 22:44 ID:???
>>73-76
漏れ的にはいい感じになってきたんですけど。

以下、面白いと思ったもの。
>>11
>>14-18  統計ってどっかある?
>>56
>>62>>67
>>70-72

78 :名無しさん@占い修業中:04/09/02 03:55 ID:???
>>75
>人間の意識の乱れを起こす場所の地磁気が乱れていることは良く知られています。
これは意識のみならず健康状態にも大きく左右される、
ジオパシック・ストレスとして知られているものでもある。
地下の流れる水脈の流れ方の影響により、人体にマイナスの影響が出るというもの。

>地球に対する月の位置で地球上の引力が変動するように、
「月の魔力」などでも読まれたらいかがですか。

>土星の位置によって
>土星の意味する鉛を含ませた液体のみが反応して物理的変化を起こすことなどが
>実験によって確認されています。

実際には火星・土星の天体に関する実験が行われた模様
演習 占星学入門 石川源晃著 p.34参照

79 :名無しさん@占い修業中:04/09/02 04:13 ID:???
>>78 続き
>しかし、究極的に言えば、天体の素材によって固有のエネルギーがあり、
>その素材の持つ固有で特殊な磁気エネルギーによって、意識の変化を促すので、
>意識の変化への影響力として解読されます。

参考文献 エドガーケイシーのリーディング占星術 たま出版 参照

磁気としては扱っていないが、天体のマーキングという表現で
石川源晃の占星学シリーズではそういうスタンスでの解説
演習 占星学入門
実習 占星学入門
応用 占星学入門 3冊とも平河出版社

人間の生体磁気については
生命場(ライフ・フィールド)の科学―みえざる生命の鋳型の発見
ハロルド・サクストン・バー著 参照

物質の持つ固有で特殊な磁場の特性の複写技術としては特許2896030に
詳細が記載されている。現在商品化され、効果がうけて、既に数年前から
デパートなどでも買える商品だ。

80 :名無しさん@占い修業中:04/09/02 05:01 ID:???
>>70 >>72 >>78-79 補足
人間の意識が外部に作用する例としてはローゼンタール効果という名前で知られている
一般的に人間には、プラシーボ効果・プラセボ効果としての影響が見られて認知されている。
患者の薬だと思いこむことで薬効が出たり、効かないと思うことで効果が落ちたり
ところが、問題は医者が同じことを思うだけで同じ影響力があるということだ。
すなわち、医者がこの薬は効くはずだと思うと、対象患者の方にもその効果が現れる。
心理学の分野などでも実験や研究への影響力を減らすために、ダブルブラインドテストを行う

しかし、ローゼンタール効果は人間の言動を理解しない微生物などにも作用する

ごはんに声をかけて腐敗具合の変化を見る実験として、あちこちで行われた。
詳細は ごはん 声 ありがとう ばかやろう で検索されたし。

また、水蒸気と塵で出来ている雲が人間の意識で消えるということを実験している。
雲消しゲーム で検索すると実験した人のレポが出てくる。

さらに、サイコロの目などの確率変化やコンピュータプログラムの動作などにも影響がある
ttp://www.planet.ne.jp/kenhas/4kakurit.htm
大槻義彦教授も交えた実験だったらしい。

81 :名無しさん@占い修業中:04/09/02 05:13 ID:???
>>79を誤解の無いように補足

石川源晃氏は「天体が表示する」という表現を使う。
これは、天体が表している状態に、人間の行動が反映されやすいというニュアンス

’80年代の本だが、石川源晃氏のボイド占星学という著作のどこかに書かれていたが、
気象占星学としての見地で見ると、天体の位置関係と気象状況が対応しない例は5%だそうだ。
すなわち天体の動きに95%は対応しているとのことが書かれていた。
これが事実なら事象の原因として考えることも的はずれでないし、興味深いことだろう。

82 :名無しさん@占い修業中:04/09/02 23:11 ID:???
>>78以降
貴方の意見が説得力を得るためには、せめて学士論文の参考文献に載せるくらいの
もっとscientificな研究書が欲しいわね( ´−`)
個別の問題へのレスではないけど貴方に質問するわ。
まず、人間の身体は神経細胞が解りやすいけど電流も信号の伝達手段の一つだから
当然、外部の磁界に暴露されれば体内に誘導電流が発生する。でもね、普通の生活
環境で暴露する低レベルの磁界(例えば50〜60Hzの送電線や携帯)では、人体機能に誤作動を及ぼすような電流は発生しないの。むろんペースメカーとかの機器は
別よ。だから強力な磁力と電波を使ったMRIのような機器で検査を受けられるのだし、テレビやパソコンとか電気が発明される以前には無かった大量の電波や電磁波が地上を飛び交っていても人間は生きていられるんじゃない?
波長の短い電磁波、X線、γ線、紫外線などは確かに遺伝子を損傷するから有害だわ。でも一方、遠赤外線のように料理を美味しく調理したり、身体を芯から温めたり、波長によっては有用なモノもあって人は上手に利用してる。


83 :名無しさん@占い修業中:04/09/02 23:17 ID:???
>>78以降へ続き2。
貴方が言ってる宇宙から降り注ぐ「エネルギー」って、たぶん重力、太陽風、
放射線、電磁波、素粒子など全てをひっくるめてるんだと推察するけど、太陽
や月みたく近い星の重力は別として、その他は地球全体に満遍なくやって来て
るの。一人一人照射される量が違うなんて事はないのよ。なのにそれがどのよ
うなメカニズムで個人の性格や運命に作用し差異を生むのか、貴方はまだ説明
してないわ。
それから、宇宙に存在する普通の「物質」は宇宙全体の質量の約4.5%しか
無いことが観測で判っているのはご存じかしら?


84 :名無しさん@占い修業中:04/09/02 23:18 ID:???
>>78以降続き3。
だから星や銀河のように光として我々が認識できるのは僅か宇宙の約4%、
残りは約75%がダークエナジー、約21%がダークマター。
ついでに言えば星だって、X線や赤外線しか放出せず光学望遠鏡では観測でき
ないもの、単独で存在するブラックホール等もある。
ということは、例えば占星術で使う星座とかハウスに意味づけするなんてこと
は、全くナンセンスなことが解るでしょ?
大体、星座を構成してる星だって地球から等距離に整列してあるワケじゃない
んだしね。


85 :名無しさん@占い修業中:04/09/03 00:03 ID:???
>>79-84
長い割に面白くない。
ただし>>81は除く。5%云々を詳しく。
長文で主張する人はIDかトリップ出そうよ。

86 :名無しさん@占い修業中:04/09/03 00:27 ID:???
>>82
>当然、外部の磁界に暴露されれば体内に誘導電流が発生する。
>でもね、普通の生活環境で暴露する低レベルの磁界(例えば50〜60Hzの送電線や携帯)では、
>人体機能に誤作動を及ぼすような電流は発生しないの。むろんペースメカーとかの機器は
>別よ。だから強力な磁力と電波を使ったMRIのような機器で検査を受けられるのだし、
>テレビやパソコンとか電気が発明される以前には無かった大量の電波や電磁波が地
>上を飛び交っていても人間は生きていられるんじゃない?

これは理解が甘いとしか言えないですね。送電線やパチンコ台などのデジタル機器、携帯電話での
発癌性の上昇やストレスの増加などのトラブルだって報告がされている。
但し、同じ波長で同じエネルギー量の電磁波が全ての人に均等に影響するわけではないということ。
これは、個人の中に受信する機構があるかないかによって変わってくる。
ストレスという感情がなければ、電磁波の影響力うけにくい。
だから電磁波のテストなどでも、影響があるという見解の結果と影響が無いという結果が出る。
また、この結果にはローゼンタール効果も影響する。
MRIなどの診断を受けると体内の活性酸素の量が増えるという意見が多いことを知らないのか?
電磁波などの一般的な磁界の影響を受けるかどうかは、DNAや持ち合わせている感情パターンなどの個体差によるものが大きい。
また、ここで語られている磁気というのは、通常の物理学で検出されている磁気ではなく
特殊な特性を持った磁気でもあるので、通常の磁気と一緒に考えると混乱する。通常の物理学では検出不能な帯域の磁気だと思った方がいい。
MRIなどとは違って24時間ほぼ連続的に繰り返し影響されるから、その影響が表面化しやすいということ。

87 :名無しさん@占い修業中:04/09/03 00:40 ID:???
>>83
>太陽や月みたく近い星の重力は別として、その他は地球全体に満遍なくやって来て
>るの。一人一人照射される量が違うなんて事はないのよ。なのにそれがどのよ
>うなメカニズムで個人の性格や運命に作用し差異を生むのか、貴方はまだ説明
>してないわ。

これが根本的に理解不足な所でしょう。地球の生まれた人間が居た位置から見て
どこ方向やどの星座サインにあるかによって、同じ天体からのエネルギーでも変調されるのです。
この変調は現代の物理学では検出しにくい特殊な磁気帯域において行われるということ。
生まれて、自発呼吸をした瞬間に大気から細胞に取り込まれて、初期化される
その違いが、個の最もベースとなる違いを生む。また、この特徴がDNAの引き継ぎ方の差を反映する

また、後天的にも、天体の運行の応じたエネルギーが随時降り注いでいるので、
そのエネルギーと干渉を起こして個別な影響や変化を起こす。
しかし、実際はその時々のエネルギーは全ての人に多かれ少なかれ作用している。
固有のエネルギーの違いによって影響力の大きさに違いがあるだけ。

88 :名無しさん@占い修業中:04/09/03 00:49 ID:???
>>84
>だから星や銀河のように光として我々が認識できるのは僅か宇宙の約4%、
>残りは約75%がダークエナジー、約21%がダークマター。
>ついでに言えば星だって、X線や赤外線しか放出せず光学望遠鏡では観測でき
>ないもの、単独で存在するブラックホール等もある。
>ということは、例えば占星術で使う星座とかハウスに意味づけするなんてこと
>は、全くナンセンスなことが解るでしょ?

存在するだけで見えなくても顕在意識で認識できなくても影響があるということ。
ただし、影響の程度は個によって異なる面がある。
天体や固有のバイブレーションを持つ磁気エネルギーは、
その物質が存在するだけで影響を及ぼし、認識することで影響力が大きく高まる。

89 :名無しさん@占い修業中:04/09/03 01:11 ID:???
>>82-84
ソースの学術レベルがどうこうという、まず否定ありきの姿勢が不愉快だ。
もともと、2ちゃんなどでの責任説明も義務もない。
スレたてれば、誰かが教えてくれるという姿勢も気に入らない。
情報を提示するかどうかは個人の自由であり、
あなたのように自分の情報ソースの枠を出ない、
否定ありきの人との議論は時間の無駄だろう。

物理学では検出されるものとは違う物質固有の磁気情報のみを使用できないかということで実験した
ときに出た結果。

平成6年の水産会社での実験結果だ。
明太子用のたらこの脱色及び発色剤には通常
亜硝酸ナトリウムを使用するが、毒性があり脱色後も残留する
それの使用を止めるために磁気情報転写技術が利用できないか
ということで、亜硝酸ナトリウムを108回転写機にかけて
マイクロクラスター水(磁気情報の保持に優れた蒸留水)に転写。
それを精製水(すなわち純水)にて200倍に希釈して
たらこのつけ込みを行った。

比較対照として、亜硝酸ナトリウムを5万倍に薄めたものでも
同時につけ込みを行った。

結果としては、
脱色効果については磁気情報を転写した水のほうが脱色は速く
発色自体は亜硝酸ナトリウムの方がややよかったとのことだ。

結果として、化学的には水(蒸留水+精製水)で脱色が出来たということになる
また、磁気情報を転写した水で脱色した「たらこ」からは亜硝酸ナトリウムは検出されなかった。

これをどう考える。単なる磁気が蒸留水に記録されるのか?
通常の物理学とは全く違った範疇のものだ。

90 :名無しさん@占い修業中:04/09/03 01:41 ID:???
>>89
>通常の物理学とは全く違った範疇のものだ。
ここちょっとだけ訂正。
正 学校で教えているような物理学での磁気や磁場とは違った範疇のものだ。
物理学者でも研究している人はいるだろう。学問的な価値がないものではない。

91 :名無しさん@占い修業中:04/09/03 05:52 ID:???
どうしてて占い肯定派はスレタイの基本テーマに答えないの?
此処では発ガン性やストレスや活性酸素の話をしてるんじゃないでしょ?
出生時間で何故人の性質や運命が決まるのか?がテーマなの。
貴方はいろんな物理現象を持ち出しているけど、結局、それらの外的力が
どのようなメカニズムで人の性質や運命の形成するのかを説明して欲しいのよ。
例えば地球上のどの地点で、何時何分に生まれ、そのときその赤ん坊には
これこれの力がこれだれ作用し、脳神経の言語野をこのように刺激したから
神経細胞がこのように変化し、言語力がこうなるとか、具体的な話が聞きた
いのよ。
それから出生時間で占うのは何も西洋占星術だけじゃないでしょ?
八字、紫微斗数その他東洋系もあるわ。それらはastroiogyとは全く違った
体系の占いよ。根本理論も暦法も時間体系もね。
多くの疑似科学やオカルト好きが、自分に都合の良い一部の科学データだけ
示してある事実を証明しようとして専門家から批判され嘲笑を買ってるけど
同じ真似はしないでよ。





92 :名無しさん@占い修業中:04/09/03 05:56 ID:???
誤字失礼。

93 :名無しさん@占い修業中:04/09/03 06:22 ID:???
>>91
>>70 >>72

94 :名無しさん@占い修業中:04/09/03 06:40 ID:???
>>91
>貴方はいろんな物理現象を持ち出しているけど、結局、それらの外的力が
>どのようなメカニズムで人の性質や運命の形成するのかを説明して欲しいのよ。
>例えば地球上のどの地点で、何時何分に生まれ、そのときその赤ん坊には
>これこれの力がこれだれ作用し、脳神経の言語野をこのように刺激したから
>神経細胞がこのように変化し、言語力がこうなるとか、具体的な話が聞きた
>いのよ。

そんなものはない。
DNAに刻まれた情報傾向と一致したエネルギーで生まれたときに初期化され
初期化された情報によって後天的に育まれるものが多い。

95 :名無しさん@占い修業中:04/09/03 06:45 ID:???
>>94補足訂正
>DNAに刻まれた情報傾向と一致したエネルギーで生まれたときに初期化され
生まれた環境要因とDNAに刻まれた情報傾向 という方が正しい

生まれた瞬間に環境や遺伝的資質をあらわす象徴を持って生まれ(生まれたときのマーキング)
後天的に物理的に再現されるのみ。細胞には、シナリオが刻み込まれるに過ぎない。

96 :名無しさん@占い修業中:04/09/03 06:54 ID:???
>>91
そんなんどこかでちまちまと研究してる物好きはいるかもしれないが、
何らかの有意な結果が出たとしたらちょっとしたニュースなんじゃないかなあ。
占いは統計学ではないとよく主張されるけど、近代的な科学的思考法でできた
ものでもないから、ここの人たちが占いを愛好しているのは主観的な当るという
実感とか経験的な事実によるゆえであって、科学的な説明はあとづけなものに
過ぎないと思う。仮説はいくらでもたてられるけど。
>>70>>72はあまり科学的思考法に慣れてない人が本読みかじり知識を
都合よく組み立てただけのくだらないしろものに過ぎないけど、真面目に研究
してる人は少しばかりはいるらしいよ。
占いの信憑性に関してはまだまだ観天望気の段階で、いくらかの研究成果をうまく
仮説までにまとめられる人材も少ないようだし、まだまだ「科学のメス」は
入り出したばかりというのが現状と思う。

で、>>1の疑問に関してだけど、自分は人の性質も運命も生まれた日時で決定
されたりはしないと考える。人格形成に影響するわずかな偏りはあるかも
しれないね。それが人生においてたびたび顔を出す偏りとなるかもしれない。
しかし人生は自分でつくるものであり運命は結果に過ぎない。
DNAだって人間の心身を構成するのに半分程度の影響力しか持たないように、
生まれた日時における何らかの外的影響が人間の心身に影響するのも知れたもの
だろう。ただ、ささやかな人の個性を演出するのには十分かもしれない。
あとはまあ、ある種の性格をもった人間にありがちな生き方をおおざっぱに
推論するだけのことだね、占いがやってるのは。

97 :名無しさん@占い修業中:04/09/03 06:59 ID:???
>>94-95は誤爆だ。
>貴方はいろんな物理現象を持ち出しているけど、結局、それらの外的力が
>どのようなメカニズムで人の性質や運命の形成するのかを説明して欲しいのよ。
ここをよく読んでなかった。生まれた瞬間に影響するのは元型になるものであり、
DNAのようにコピーの元型をつくる情報で、その情報をもとに後天的につくられていく。

例えば、水星と土星が同じ場所にあれば、
水星の頭の良くスピーディで要領のいい情報エネルギーが
土星の重圧感があり鈍行で慎重な情報エネルギーによって、うち消され隠されてしまう。
よって、水星の支配する神経細胞の働きに重圧感を持った人間となるということ。
現実的には、複合的に、他の天体からも大きな干渉があるかも知れない。
このあたりの細かいところは、占星術の解説書を読めばわかるレベルだ。

98 :名無しさん@占い修業中:04/09/03 07:30 ID:???
何よ!70、72の理屈に後戻り?それじゃ、一言で言えば個々の人間に作用
する力はケースバイケースで測定不可能だし、後天的な状況により如何様に
も変化する。当たるも八卦当たらぬも八卦、確率50%って言ってるような
ものじゃなくて?全然お話にならないわ!
95は一体何?意味不明の箇所もあるけど、「象徴」なんて形而上的ニュア
ンスの言葉を「素質」とかに変えれば、普通の生物学や発達理論と同じじゃない。
ということは、貴方は出生時間だけで人間の性質や将来を予測することが
容易ではないと言いたいのかしら?だって個体に個別に作用する力や、後天
的に発現する能力や性質は正確に測定し数値化出来ないわけだから、占い理論
の精度もきわめて曖昧で低いものになるものね。
それより、天文学と占星術が当初は未分化で科学との関係において微妙な歴史
を辿ったヨーロッパの占星術から離れて、貴方の東洋占術に対する見解をぜひ
聞きたいわ!
ついでに言っておくけど、私は別に占い否定論者じないわよ。


99 :名無しさん@占い修業中:04/09/03 08:01 ID:???
>96
私もそう思うわ。

100 :名無しさん@占い修業中:04/09/03 08:13 ID:???
>98
>ということは、貴方は出生時間だけで人間の性質や将来を予測することが
>容易ではないと言いたいのかしら?

出生時間のみで決まると思っている人間は居ないと思うが?
生年月日、時、場所特定での相対的な位置関係重視が基本でしょう。

101 :名無しさん@占い修業中:04/09/03 08:45 ID:???
>>98
>何よ!70、72の理屈に後戻り?それじゃ、一言で言えば個々の人間に作用
>する力はケースバイケースで測定不可能だし、後天的な状況により如何様に
>も変化する。当たるも八卦当たらぬも八卦、確率50%って言ってるような
>ものじゃなくて?全然お話にならないわ!
後戻りも何も>>70 >>72がすべてです。
当たるも八卦当たるのも八卦の本当の意味知ってる?
当たるも当たらぬも八卦の読み方次第で、八卦の中に答えがあるという意味です。
別に確率50%ってことではないが、時間で決まるハウスにしろ、
朝9時に生まれても6月の朝9時と12月の朝9時では別物です。
それにハウスのみでは決まらず、それ以外の要因もあるに決まってるでしょう。
100%時間で決まるとでも思ってる?時間は要因の重要ではあるけど一部でしかない。
時間のみで決まっていると思っているのであれば、お話にはなりませんし、時間の無駄です。
四柱推命・紫微斗数などの東洋系の占いも占星術であるという説があります。
実際問題、四柱推命であっても、現在は時差修正をするのが主流になりつつあるでしょう。
ttp://www12.ocn.ne.jp/~taihou/index.html
東洋系占術の考えにに関してはある程度こちらを支持しています。
しかし、ここを100%支持しているわけではありませんので。

102 :名無しさん@占い修業中:04/09/03 08:57 ID:???
>>98ああついでに。
>一言で言えば個々の人間に作用
>する力はケースバイケースで測定不可能だし、
複合的な要因で作用するのは当然なことです。
ただし、後天的な作用は、出生時に初期化されたものの変調に作用するのであって
出生時のデータを元に比較差分で判断するのはすべての占術で基本的なことではないですか?
よって、測定不可能かもしれないけれど、全く予測不能ってことはありません。

103 :名無しさん@占い修業中:04/09/03 10:34 ID:???
>100
貴方には読解力や想像力はないの?
91で言ってるように、私は時間というパラメータのみで決まるなんて
一言も言ってないでしょ?98でたまたまそう書いたからって、場所と
いうポイントも当然含んでいることが今までの文脈から読み取れないの?
「当たるも八卦当たらぬも八卦」はメタファー、修辞的表現よ。
日本語のセンス無いわねー。
東洋占術ついては、今後何も語らない方がよろしいわよ。
これ以外には、もう貴方にコメントする件はないわ。

104 :85:04/09/03 15:20 ID:???
長文で主張する人はIDかトリップ出す勇気ないのか?

105 :85:04/09/03 15:30 ID:???
>>96-99は相手がすでに言ったことを、あたかも自分が初めて言ったか
のようにしている。しかも、その相手の論を貶しながら、それ以上のもの
を提示せずに、なぜか偉そうにしている。口喧嘩はお得意かもしれない
が、まともな議論とはとても言えないね。

もし、これを素でやってるんだとしたら、よく嫁。これに尽きるね。

106 :85:04/09/03 15:31 ID:???
>>103
ワラタ

107 :名無しさん@占い修業中:04/09/03 17:33 ID:???
>>85
では、御宅がこのスレが建設的でまともな議論の場となるような
価値ある問題提起なり、これまでの議論を越える何かを提示しなされ。

108 :77:04/09/03 18:53 ID:???
じゃあこっから

>>73-76
漏れ的にはいい感じになってきたんですけど。

以下、面白いと思ったもの。
>>11
>>14-18  統計ってどっかある?
>>56
>>62>>67
>>70-72

109 :名無しさん@占い修業中:04/09/04 08:45 ID:???
ビリーバーに何言っても無駄。
占いの本に書かれてる事はみな事実と考え疑うことを知らないんだから。
洗脳されてるだけなのも自覚せずに、ムキになって本に書いてた知識を繰り返す
だけ。
本人は議論をしているつもりでいるらしいが、ただの受け売りを自分に言い聞かす
ように主張し続けるだけ。
話してても無駄だよ。信者ってそういうものじゃん。
自分と同じ占いの知識を共有すればわかってもらえると思ってるところがさらに
イタイ。

110 :名無しさん@占い修業中:04/09/04 10:36 ID:???
今の流れだとビリーバーに噛み付いてるほうが痛いよ。
大抵はビリーバーが痛いんだけど、今回は違う。

111 :名無しさん@占い修業中:04/09/04 17:14 ID:???
そうだね。
奇怪なカルトを狂信したり、ロクでもない異性と熱烈な恋に落ちてしまって
いる人は、特殊な精神状態にあるわけで、何を言っても通じないからね。
ただただこちらが疲労困憊するだけ。
意義ある話し合いができれば、いいストレス解消になるんだけど逆だもんね。

112 :名無しさん@占い修業中:04/09/05 08:28 ID:???
ビリーバーは科学者や一般人にも多い。
ある法則や定理があっても、特定の条件下では例外というのは起きりうる。
それを、検証もせずに既知の知識でも否定しまくるさまは、
ある意味カルトよりもたちが悪い。
客観性のあるデーターや検証する姿勢を持たないのであれば
真実を求める議論など無意味。所詮娯楽の域を超えない。

113 :名無しさん@占い修業中:04/09/05 14:57 ID:???
つまりどっちも閑人ってことだろ。
有意義なネタが出てくるならまだしも、使い古されたネタをひきずってるだけで
自分なりの視点なりなんなりが全くない。長文書くだけ無駄。
読むのも無駄。

114 :77:04/09/05 16:47 ID:???
わかったよ。これでいこうぜ。

・信じてる人=ビリーバー
・噛みつく人=ビーバー


で、もっかいここから

>>73-76
漏れ的にはいい感じになってきたんですけど。

以下、面白いと思ったもの。
>>11
>>14-18  統計ってどっかある?
>>56
>>62>>67
>>70-72

115 :77:04/09/08 11:23 ID:???
結局さー、統計ないの?

116 :名無しさん@占い修業中:04/09/08 19:38 ID:???
今年の9〜10月頭に出産予定なんだけど、何日のなん時に産んだらいいのでしょうか?

117 :名無しさん@占い修業中:04/09/08 23:14 ID:???
>>116
上に宇宙エネルギーだとか、いろいろ熱く語ってる人がいるねー。
一番地球に物理的影響を及ぼしてる太陽の活動予報をこまめにチェックして
試しにフレアとかプロトン現象とか地磁気嵐とかが活発になりそうな
頃合いを見計らって、極地方にでも行き、屋外で存分にそれらを浴びながら
出産してみたら?多少は薬で時期の調整も可能なんだし。
日本で病院という遮断された空間で生まれた子と違う何か変わった性質が
現れるかどうかとりあえずやってみるのも面白い。
凍り付いて出てこなかったりしてw)

118 :名無しさん@占い修業中:04/09/09 00:09 ID:???
>>117
仮に何か影響が表れるとしたら当然身体的疾患だろうね

119 :77:04/09/22 08:18:51 ID:0ydBzJoS
14の統計まだー?

120 :名無しさん@占い修業中:04/09/22 09:32:59 ID:???
+=*盗撮田代代代∀∀∀∀∀***∀**∀***∀代∀∀∀∀代田撮撮撮盗=:
++*田撮盗盗代∀∀∀∀∀∀******∀∀代田田代代代∀∀∀∀盗撮撮撮**
++*田撮盗盗∀∀∀∀∀代∀∀∀∀∀∀∀∀∀盗田田代代田撮撮撮盗田撮撮盗∀∀
+=*田撮盗盗代代撮撮撮撮撮撮代代代∀代代田撮撮撮撮盗撮撮撮撮盗撮撮撮田盗田
+:=*撮撮盗代田代田撮撮盗田田∀∀∀田盗撮∀∀田撮田代代代代田代盗田田撮田
++**田撮撮代田田田田代撮撮撮撮撮盗盗田代田田撮撮撮盗代代盗田撮撮田撮∀∀
++=*田撮撮田盗田∀∀∀∀田∀代撮盗盗撮∀代代代代∀∀代∀代代田盗田田∀∀
++=*∀撮盗盗田代撮撮撮撮撮撮代盗田∀撮田∀∀∀∀∀代∀∀田代代盗田代∀∀
++=*田田盗田代代田撮代∀代∀∀田∀∀田盗∀∀∀∀∀∀代盗田∀田田代代∀∀
++**代田盗田田代田代∀代∀∀田盗∀*∀田撮撮盗田代代盗∀∀代代盗代代∀∀
++**田撮盗代盗∀∀∀∀代∀∀撮∀∀*∀∀田田∀∀∀∀∀∀代代田代代∀∀∀
++**∀代撮撮撮撮代田代代代∀撮代∀*∀∀∀∀∀∀代∀∀∀∀∀代田田代代∀
++==∀∀田盗撮撮撮田∀∀∀∀∀∀∀∀∀∀∀∀**∀∀∀∀∀代代田∀***
++===代田田撮田代∀∀∀∀∀∀∀∀代田撮田代**∀代∀∀∀∀代田*==+
++*=*∀代田撮田代∀∀∀∀∀代撮撮盗撮撮撮代∀∀∀∀∀∀∀∀代田+==+
++=+==田代撮田代∀∀∀代∀∀田田代撮代代代代∀∀∀∀∀∀代代田+=++
++=*=**∀代撮代∀∀∀∀∀∀撮田田盗盗盗盗撮撮∀∀∀代∀代撮田==+:
+++++===*代田代代∀∀∀田盗盗盗撮盗代田田盗盗∀∀代∀田田代==::
++++++===田撮代代代田盗盗田盗撮撮田盗撮撮撮撮代代代田田代∀==::
+++++*===∀田代代代代代盗撮盗盗田∀∀∀∀代∀∀代代代代代*=:::
++:+++++=*田田田撮田撮撮撮田代代代代代∀代∀∀田田代田田田***+
++:+++++==代代代代田代∀∀代代代代∀∀∀∀∀∀代田田盗代盗撮=*+
++:+++++=*∀田代代田代代代代代∀∀∀∀∀∀∀∀田盗田田撮田盗代=+
=++++++++==*盗撮撮田∀∀∀∀代∀∀∀∀∀∀田田盗代撮代撮盗撮田*




121 :名無しさん@占い修業中:04/09/25 07:00:19 ID:???
>>110
あなたはちゃんとレスを読んで理解してる人ですね
頭ごなしにビリーバーと呼んでダメ扱いしてる>>109とは違う
ビーバーはいつもああやって質問攻めで他人から情報を得ようとしているんです
自分で調べないで掲示板で他人に議論ふっかけて知識を得るのが大好き
そのほうが手っ取りばやいからだと思います
せめてアンカーの付け方ぐらい覚えて欲しいですね、いい加減。


>>109
あなたは自分で書いたことと同じ状態に陥ってますよ 

122 :名無しさん@占い修業中:04/09/25 07:10:48 ID:???
>>1
専門外のことまで口出し無用 すべての板で暴れないと気がすまないのかね?
知識ないくせに頭ごなしに否定する態度は愚か者の証拠
相変わらず傲慢なネカマだね!

123 :名無しさん@占い修業中:04/09/25 12:28:21 ID:???
ビリーバーって、、ビーバーみたいでかわいいw
http://www.g-7.ne.jp/~jaja/animal/animal020.htm

124 :名無しさん@占い修業中:04/09/25 12:38:24 ID:???
553 :怪力カラス親父 :04/02/06 12:53 ID:???
○陸上で戦う要件の元で、雄の成獣で1対1の最新実力ランキング○
S アフリカゾウ
A インドゾウ、カバ、サイ
B トラ、ライオン、キリン、スイギュウ、ヒグマ
C ワニ、セイウチ、ツキノワグマ
D ジャガー、アナコンダ、ニシキヘビ、パンダ
E ヒョウ、ピューマ、ムース、マウンテンゴリラ、オオアリクイ、コモドオオトカゲ
F ハイエナ、オオカミ、ウンピョウ、チーター、イボイノシシ、クズリ、オオヤマネコ、
G トナカイ、シマウマ、ヌー、ラクダ、カンガルー、チンパンジー、オランウータン
H リカオン、シェパード、ドーベルマン、土佐犬、人間格闘家
I 人間、コヨーテ、ドール、ナマケモノ、オットセイ、コンドル、
J キツネ、秋田犬、ジャッカル、マングース、ガラガラヘビ、ハゲタカ
K ウサギ、イエネコ、カピバラ、ビーバー、ヌートリア、フェレット、カラス、ネコヲタ
L ネズミ、リス、レミング、ヤマネ、カメ、スズメバチ、スズメ、コウモリ

ワシの判断だとこんな感じだな。

125 :名無しさん@占い修業中:04/09/25 12:41:51 ID:???
ビーバーは、かじるのが得意♪

http://www.kajima.co.jp/gallery/animal_eng/beaver/beaver03.html

126 :名無しさん@占い修業中:04/09/25 13:08:43 ID:???
改めて確認するが、

・信じてる人=ビリーバー
・噛みつく人=ビーバー

これでいいね?

127 :名無しさん@占い修業中:04/09/25 17:01:12 ID:???
>>121はビリーバーと呼ばれてキレてる馬鹿

128 :77:04/09/25 18:53:16 ID:6JqPzueC
>>126>>114

>>124
すごいな。スズメバチは明らかに怖いんだけど。あと、ネコヲタって何?

129 :名無しさん@占い修業中:04/09/25 20:03:00 ID:???
バカには説明してもわからないんだからこんなスレ無駄

130 :名無しさん@占い修業中:04/11/01 05:07:15 ID:???
>>128
>あと、ネコヲタって何?

猫ヲタ撲滅スレッド
http://tmp4.2ch.net/test/read.cgi/cat/1095690736/l50

131 :名無しさん@占い修業中:04/11/11 00:00:35 ID:???
130=猫オタ荒らしあげ

132 :名無しさん@占い修業中:04/11/16 17:07:59 ID:???
229 :ネコミミモード :04/11/11 23:07:41
アライ熊厨が多いが注意しろ。アライグマの生息域の拡大は即その地域における
我らがタヌキの絶滅をいみする。かつて(現在進行形のはずだが)ホンドイタチが
チョウセンイタチに駆逐されたように・・・

それにしても熊みたく殺されなくて良かったな。


262 :ネコミミモード@狸解放戦線 :04/11/12 23:12:17
アライグマには注意しろ。奴等はラスカルとかいう仮面を被って浸透してくるが
本性は侵攻地点の狸を殲滅させようという意図なのだ。にわかに信じ難いがタヌキの次は人間に
自爆攻撃を仕掛けてくるという例が南神奈川で聞かれる。我が狸解放戦線(以後略してTKS)も
必死に侵略者を食い止めているが、南関東に限れば時間の問題だ。多摩川に防御線を
張っていたが、人間によって首都内に運び込まれてしまった。背面と次々と渡河する
アライグマによって挟撃になり大変な自態だ。
全国の狸、侵略者に決起せよ!これは大祖国防衛戦争!

自分はおととい友人から聞いた。

TKSかく戦えり。後世格別のご高配を賜らんことを。

133 :名無しさん@占い修業中:04/11/16 17:08:50 ID:???
284 :ネコミミモード@狸解放戦線 :04/11/13 17:46:05
これより狸は都会に巣食うアライグマに対し自爆テロを行うことを
決めたらしい。人家の天井裏に住む奴等も然りらしい。その際人間を
巻き込むかもしれないが歯ブラシにするなどの悪辣な報復はしないで欲しいとの
事だった。

アッラーに死を!!


286 :オレオレ!オレだよ、名無しだよ!! :04/11/13 19:58:30
アライグマってタヌキや猫の赤ちゃん食っちゃうんでしょ?
怖いよー。
だれかアライグマをやつけてよ。


288 :ネコミミモード@狸解放戦線 :04/11/13 20:59:46
>>286
その通り奴等は強力で残忍。鬼子といっていい。

狸は日本人の戦友だ。硫黄島で奮戦した栗林兵団は実は栗林中将も含め
全員タヌキなのだ。タヌキは匿名で日本に殉じたのだ。

そのタヌキを凶悪なアライグマが襲っている。日本人に同胞愛があるなら
支援するのが筋だろう。アライグマは既に鎌倉方面のタヌキを駆逐している。
この調子だと首都の陥落も間近。さあ首都決戦、救援必要!!

134 :名無しさん@占い修業中:04/11/16 17:09:34 ID:???
318 :ネコミミモード@狸解放戦線 :04/11/14 20:37:25
アライグマを掃討す良い方法を教えてくれ。
多摩川の防衛ラインは突破されつつある。現在、首都で市街戦に興じている。
次の防衛ラインは荒川だ。早くしないと関東山地、秩父連山にも侵攻してくるぞ。

そうなったらタヌキを初めネコも全滅だ。
また、鎌倉の守備隊が玉砕した今は横須賀方面で激戦が展開されている。
ここが陥落すると三浦半島は孤立する。三浦半島の同朋の為にも
我々はアライグマの卑劣な侵略し対し決起しなくてはいけない。


326 :ネコミミモード@ホンドイタチ解放戦線 :04/11/14 22:44:11
アライグマとの戦いについて長く述べてきたが現在、東北で最終決戦を挑むべく
ホンドイタチがチョウセンイタチが戦っている。奴等は毛皮の価値が低いくせに
体格が大きく同胞は苦戦を強いられている。友軍は山岳を中心に徹底的な自給抗戦
つまりゲリラ戦で向かいうっている。平野部については虐殺状態で勝ち目がない。

会津を中心に守備隊が激闘を繰り返している。既に敵の先遣隊は仙台付近に近づいている。
強兵で鳴った仙台第2師団が反転攻勢にでている。友軍は数的劣勢+個々の体格の劣勢
によりこのままでは本土で玉砕することが考えられる。チョン公の席巻だ。

人間はタヌキ+本土イタチに支援を

135 :名無しさん@占い修業中:04/11/16 17:10:44 ID:???
328 :ネコミミモード@タヌキ解放戦線 :04/11/14 22:53:21
実はアライグマの日本移入というのはソビエトの陰謀なのである。
ラスカルのスターリング、スターリングというのはスターリンのことを言いたいのだ。

ソビエトは硫黄島などにおける人間に化けたタヌキの強兵っぷりをみて
脅威を感じさせ殲滅しようと企んだ。その為に選ばれたのが残忍なアライグマという
訳だ。

それはさておき本日1200においてタヌキ軍は鎌倉に巣食うアライグマ軍に対する
決死の夜襲を行うつもりだ。勿論武器、弾薬共に満足にない。彼ら戦士の報国の精神
に対して日本人は目を背けるな。


329 :オレオレ!オレだよ、名無しだよ!! :04/11/14 22:59:23
>>328
侵攻はやはり、稲村ガ崎でっか・・
♪剣投ぜし古戦場・・・


331 :ネコミミモード@タヌキ解放戦線 :04/11/14 23:09:06
>>329
タヌキ戦士は海が怖いらしい。
なので具体的な名称は軍事機密なので避けるが
山の上から一気に駆け下りるらしい。味方は最悪玉砕だが
瓦になりて残るより玉となりつつ砕けよや〜♪
である。新田義貞のような敗将より義経の方が良いだろう。

136 :名無しさん@占い修業中:04/11/16 17:11:25 ID:???
351 :ネコミミモード@タヌキ解放戦線 :04/11/15 23:54:27
鎌倉に対する夜襲だが当初は上手くいった。予期せぬ斬り込みによる
アライグマ侵略軍の狼狽は滑稽で、奴等は大切にしていたドッグフードまで
遺棄していったのだ。海岸に追い詰め後一歩というところで予想外の事が起きた。

警戒に出ていたタヌキ戦士から頭上からの攻撃を受けているという事だった。
敵の影は見えてもすばしっこく捕まえられない。そうこうしている内に
その正体不明の連中が背後から攻撃を仕掛けてきた。こうなると
海岸に追い詰めていたアライグマ軍も息を吹き返しタヌキ戦士達は挟撃である。
正体不明の連中は電信柱の上から手榴弾を投下するなどするので我がタヌキ戦士の
必死の防戦も通用しない。後々捕虜にしたアライグマ兵に尋問したところ
この新戦力はタイワンリスという事である。

結局、神奈川タヌキ総兵力の五分の一を挙げた攻撃なのに我が軍の夜襲は失敗し
残存兵力は多摩川の陣地まで攻撃を受けつつの潰走に移った。
斬り込み隊で何とか多摩川の防衛線まで辿り着いた者は参加した兵力の内
半分という有様だった。

現在一部逃げ遅れた部隊が八幡宮で防戦しているとの報告があるが
彼らは名誉の玉砕と思われる。

この調子では確実にタヌキは敗北すると思われるので
人間は是非侵略者アライグマに対し正義の鉄槌を下してもらいたい。

137 :名無しさん@占い修業中:04/11/17 15:33:39 ID:???
402 :ネコミミモード@タヌキ解放戦線 :04/11/17 05:34:57
今思うと鎌倉というのは外来動物の巣窟だ。

殲滅する為には人間による空爆しか手は無い。
国内の敵」を倒すだけならきっと合憲だろう。
日本人は侵略者を全滅させる義務がある。
タヌキを第二の日本狼にしない為にも至急支援が必要だ。

そろそろ朝なのでこの辺で切り上げよう。

138 :名無しさん@占い修業中:04/11/19 23:47:18 ID:???
451 :ネコミミモード@タヌキ解放戦線 :04/11/19 23:10:47
長い間、侵略者アライグマに対するタヌキ解放戦線の近況報告を
怠ってきて申し訳ない。海外の同志に会う為に新疆ウイグルに行っていた。
小官は少なくともニート、フリーターといった下賎な者ではなく
活動家なのだ。

 明日の明け方、この間敗北した仇敵に再度奇襲をくわえる。
前回書いた通り三浦半島タヌキは侵略者アライグマに要衝鎌倉を
抑えられている為困難な状況陥っている。このままでは三浦半島守備隊の
玉砕は確実だろう。我々は看過できないのであるが、いよいよ辛い事態になった。

アライグマ軍が三浦半島守備隊に対して包囲、攻勢に出たのである。
我々は同胞を窮地から救い出す為に敵が布陣する横須賀に対し
奇襲を仕掛けることにした。その突破口から増援のタヌキ戦士を注入するのだ。

無論敵軍も十分に警戒しているだろう。しかし、祖国防衛に萌えるタヌキ戦士の
比では無い筈だ。多数の犠牲が出るだろうが、日本国タヌキの興廃はこの一戦に
あるのだ。

三浦半島からの進撃次第で鎌倉の侵略者の背後を脅かすという事が
出来なくなるのだ。ここの失陥は日本タヌキをいよいよ苦境に立たせる

今後の状況は追って報告する。
日本人は同胞の為にも侵略者を叩きだして欲しい。
千里の道も一歩から、まずはホウ酸団子による武装を頼む。

139 :名無しさん@占い修業中:04/11/20 20:54:05 ID:???
472 :ネコミミモード@タヌキ解放戦線 :04/11/20 20:40:49
タヌキ軍の攻囲突破は成功した。、それは良かった。

このスレを見る限りアライグマに対する厭戦気分が広がっているようである。
日本人なら同胞を助けよう、侵略者を追い詰めようという気概を持たなければ
いけない。諸君が仮にもかつて散華した日本軍将士の末裔ならその精神を
忘れてはいけない。

140 :名無しさん@占い修業中:04/11/22 00:28:23 ID:???
481 :賛美歌とは知らなんだw :04/11/21 12:10:40
たんたんたぬきのきんたまは〜
か〜ぜもないのにぶ〜らぶら
そ〜れをみていた子だぬきが〜
「と〜ちゃんい〜もの持ってるね〜」
「お前もあ〜るから見てごらん〜」
「と〜ちゃん俺のは毛がないよ〜」
「と〜ちゃんのいっぽんあげるから〜大きくなるまでがまんしな〜」


486 :オレオレ!オレだよ、名無しだよ!! :04/11/21 16:44:29
平成狸合戦ちんぽこ


487 :ネコミミモード@タヌキ解放戦線 :04/11/21 20:39:01
貴様等には侵略者を追い出そうという気概が足りない。
よって極刑に処す。>>481の歌が毛唐の歌などという
売国説を流す貴様等は日本人ではない似非だ。

アライグマ、タイワンリス、ブラックバスといった
侵略者に刀折れ矢尽きてなお日々奮闘を重ねる日本の動物に対する
反応がここまで冷淡という人間のゴミだ。

>>486
あのような内紛を起している時にアライグマが侵攻。
気付いたら席巻されていたという訳だ。
そういう意味ではあの映画は序曲にすぎない。

141 :名無しさん@占い修業中:04/11/22 00:30:53 ID:???
493 :ネコミミモード@タヌキ解放戦線 :04/11/21 21:20:08

貴様等はそれでも日本人か?狸が長年日本人と共に戦っていたということを
忘れたか!このような売国奴叩き斬ってくれるわ。

さあ日本人よ、同朋愛に目覚めよ。侵略者を叩き潰せ。


495 :オレオレ!オレだよ、名無しだよ!! :04/11/21 22:15:20
アライグマをタヌキ介抱戦線から解放してやりたい。


498 :ネコミミモード@タヌキ解放戦線 :04/11/21 22:39:08
>>495
我々の祖国を蹂躙するアライグマに対する敵愾心が足りないばかりか
利敵行為とは許せない。腹を切って死ぬべきだ。

今朝我がタヌキ壮士が人間の所有するアライグマ工作員に対し
壮烈な斬り込みをかけた。奴等は脱糞して逃出したそうだ。
そうだ、そのような気概があってこそ日本民族なのだ。

142 :名無しさん@占い修業中:04/11/22 00:32:08 ID:???
504 :オレオレ!オレだよ、名無しだよ!! :04/11/21 23:53:32
タヌキは結構ふつうに都市で繁殖していますよ
里山や森からわりと遠い街でも深夜に生ゴミなどをあさりに
出没しているようです
街のほうが餌が豊富なので少しずつ里山から離れ
そのまま街に居ついちゃうようです
今まで天敵の居なかった
野良ねこ、特に子ねこなんかはよく餌食にされてるみたいです
私も先日、ねこを補食しているところに偶然出くわしましたが
まさに弱肉強食の世界で凄まじかったです


505 :ネコミミモード@タヌキ解放戦線 :04/11/21 23:57:12
>>504
コヤツはタヌキをアライグマ同等の残忍なイメージを与えようという
アライグマのプロパカンダだ。騙されてはいけない。

143 :名無しさん@占い修業中:04/11/22 08:02:16 ID:???
506 :オレオレ!オレだよ、名無しだよ!! :04/11/22 00:16:27
私の猫もタヌキに襲われて死んじゃいましましたけど、何か?>505
だからといってタヌキ憎しってことにはならないけど
タヌキって結構凶暴ですよ。


507 :ネコミミモード@タヌキ解放戦線 :04/11/22 00:35:43
>>506
貴方のような民間人がいると小官の胸は幸福で満たされる。

>>だからといってタヌキ憎しってことにはならないけど

この一言で日本人の我々タヌキに対する愛着が
揺ぎ無いことがわかった。以後、言動に細心の注意を払おう。

144 :名無しさん@占い修業中:04/11/22 08:04:00 ID:???
508 :オレオレ!オレだよ、名無しだよ!! :04/11/22 00:53:23
あまり威張るんじゃないよ。介抱先生。
・・・とタヌ公が、おっしゃてました。


510 :ネコミミモード@タヌキ解放戦線 :04/11/22 01:27:51
>>508
確かに小官は威張る傾向がなくもない。

しかしだ>>タヌ公 という発言は撤回してもらいたい。
あまりにも戦士達に不遜ではないか?この発言は万死に値する。
と、威張ってみるところだがタヌキに対する敬意は持って欲しい。

まあ、小官はタヌキ戦士からネコを襲ったとかいう怪情報は受け取っていないので
誤報として処す。簡易に言えば信頼に値せずだな。

諸君は是非タヌキを護る護狸の鬼となって欲しい。

145 :名無しさん@占い修業中:04/11/24 05:22:30 ID:???
541 :ネコミミモード@タヌキ解放戦線 :04/11/23 13:17:35
もう自決する。


542 :オレオレ!オレだよ、名無しだよ!! :04/11/23 13:55:51
>>541
早まるな。


543 :オレオレ!オレだよ、名無しだよ!! :04/11/23 14:42:34
早まるな。!! (ハヤク、ゴケツダンヲ・・・)


544 :オレオレ!オレだよ、名無しだよ!! :04/11/23 15:02:11
オレは一人でもアライグマと戦い続けるぜ。


545 :オレオレ!オレだよ、名無しだよ!! :04/11/23 15:50:43
>>544
オレたちも、助太刀するぜ・・  キツネ族 信太派

146 :名無しさん@占い修業中:04/11/24 05:24:26 ID:???
552 :ネコミミモード@タヌキ解放戦線 :04/11/23 18:52:17
こんな小官に対する気遣いご苦労。

タヌキは最強だ。不滅だ。
最後の一匹になっても闘争を継続する。
では横須賀方面守備隊として最後の突撃を敢行する。
では最後にタヌキ歌斉唱

たんたんたぬきのきんたまは〜
か〜ぜもないのにぶ〜らぶら
そ〜れをみていた子だぬきが〜
「と〜ちゃんい〜もの持ってるね〜」
「お前もあ〜るから見てごらん〜」
「と〜ちゃん俺のは毛がないよ〜」
「と〜ちゃんのいっぽんあげるから〜大きくなるまでがまんしな〜」

乾坤一擲の突撃だ。祖国のタヌキ永遠なれ。

   昨日横須賀方面タヌキ守備隊が玉砕した。喪前ら人間の闘志が
   足りなかったせいだろう。この板の諸君は友人にタヌキの偉大
   さを誇示して欲しい。それこそ祖国再建の一歩だ。

147 :名無しさん@占い修業中:04/11/24 05:28:08 ID:???
553 :オレオレ!オレだよ、名無しだよ!! :04/11/23 19:28:39
亡国のタヌキー
・・・後はまかせろ!!  クマ


556 :オレオレ!オレだよ、名無しだよ!! :04/11/23 21:08:45
タヌキ軍が横須賀で示した恐れを知らぬ不撓不屈の精神は、全戦闘員の賞賛に値する。
私は貴下に対し、直ちに部下の抵抗を中止させるよう勧告する。


566 :ネコミミモード@タヌキ解放戦線 :04/11/24 00:15:39
横須賀方面守備隊の壮烈な玉砕の結果は
生存者2名という、まさしく玉となりつつ砕け散ったものだったらしい。
アライグマ軍の中には恐怖の余り海岸まで逃げた輩もいたそうな。

148 :名無しさん@占い修業中:04/12/20 13:03:49 ID:???
●○占いという詐欺行為を許してよいのか?○●
http://hobby5.2ch.net/test/read.cgi/uranai/1103504904/l50

149 :名無しさん@占い修業中:04/12/25 11:59:44 ID:???
なんで出生時間で人の性質や運命が決まるの?
>>1

150 : ◆nT5p32EwXE :04/12/26 08:28:53 ID:???
僕自身は、哲学・心理学系の人間で、
深層心理学の追求から、現在は西洋占星術、数秘術、タロットに関心を示す者です。
ですから、心理学(人の潜在意識と)と占いの関係とを、手探りで現在模索中です。

>>149
心理学者C.G.ユングは、自然のリズムに注目し、動物や植物、形や思考までもが
一年の内の特定の時期に現れることを指摘しています。

これは、僕個人の甘い見解なのですが、
簡易式サン・サイン占星術でもある程度効果が見られるのは、
地球のグランドサイクルは、主に太陽エネルギーを素として、
食物連鎖に於いて、植物プランクトン・植物→動物プランクトン・草食獣→霊長類と、
少なからず影響を与えているからなのではないでしょうか。

また、ここで視点を生物学に変えて見ますと、
生物学的にも、個体発生は系統発生を繰り返すと言われる様に、
(発生段階に於いて、ヒトの発生の様相は、完全に進化を模倣していると言っても過言ではないと思います。)
その為に、我々人類に於いても、魚類、両性類、爬虫類・・等の、ヒトよりも初源的な動物に相似する器官・メカニズムを多々残しており、
我々の認知不可領域である深層心理は、動物のそれとはさほど変わりないのではないでしょうか。

ですから、少なくとも地球から近い位置にある惑星等は、
その人物の深層心理に多少なりとも影響を与え、
悩みを持つもの、神経質な物、精神病患者など、より潜在意識と自我がシンクロしている者程
誕生時(人は、誕生時に近い状態程自我が弱く、逆に潜在意識が影響されますから)の出生日時で
人の性格や運命が決まるのだと思います。

151 : ◆nT5p32EwXE :04/12/26 09:11:17 ID:???
ちょっと最後の節を訂正します。

ですから、少なくとも地球から近い位置にある惑星等は、
その人物の深層心理に多少なりとも影響を与え、
誕生時(人は、誕生時に近い状態程自我が弱く、逆に潜在意識が影響されますから)
の出生日時の惑星の並びの影響で、人の性格や運命が刷り込まれるのだと思います。

(パニック症状に近い・或いは神頼みする程の)深い悩みを持つ者、神経質な者、
最もは精神病患者など、より潜在意識と自我がシンクロしている者程、
誕生時に潜在意識に刷り込まれた性格なり、運命が表面化するのだと思います。

152 :名無しさん@占い修業中:05/02/01 21:18:49 ID:???
age

153 :名無しさん@占い修業中:05/03/08 15:05:09 ID:Qk7ZWvF8
パラメータの決定が出生年月日と時間できまるから。
産まれる場所や境遇はまた別の値で変化してくる
ランドマイズとはいえどこかに規則性はあるということ


154 :名無しさん@占い修業中:05/03/15 15:34:02 ID:7YObJo8S
>>153
パラメータという言葉を挟んだだけで何も説明してないよね。

155 :名無しさん@占い修業中:05/03/18 03:43:49 ID:FVjvYwSG
私なりの意見ですけど、
出生の瞬間の星の配置というものは、その時に生じる全てのものの
本質とシンクロしています。例えば、グランドクロスの時にある人が生まれたとしたら
それはグランドクロスに象徴される素質をもった人なのだと、
そう考えるわけです。相応しいものが、相応しい時に生じる・・・
同じ質のものが同じ質を示すときに生まれる、そういった観点に立つのです。
「天空における王者は太陽である。その太陽に蝕が生じるときには
 それは地上における王に生命の危機があると考えるべきである。」
と、古の時代の占星術師たちは考えました。占星学は一種の象徴学。
天の象徴することが地のそれに対応する、反応する。そう考えられていたのでしょう。
天地相関?だったか天人相関?とかいう中国の考え方もこれに同じです。
ただし、これは科学的に安定した考え方ではなく、証明されたものではありません。
それから、いくら出生の星の配置が人生を象徴するとはいえ、
それで全てが決まるという考え方は、あまり一般的ではありません。


156 :名無しさん@占い修業中:05/03/18 04:08:54 ID:FVjvYwSG
付け加えておきます。
私は、別に惑星やその他の天体が物理的な影響をもってして地球や
人間に影響を与えている、と言いたいのではありません。
特に、占星学を科学であると主張なさる方に多いのですが、
あたかも惑星やその他の天体が微粒子や電子の影響を地上に与えているような
解釈をされる方がいらっしゃいます。(別に批判をする気はありませんが)
けれど、そういった解釈にはやや無理があると私は考えます。どう考えても占星学に
物理学的な考えは当てはまりませんから。
その証拠として、例えば火星の放つ電磁的影響についてや、天王星の波動の
地球への影響といった事を考慮した占星学書籍は現在特に見当たりません。

仮に、それら惑星が地球に影響を与えたとしても、個人の金銭運や配偶者運、
行方不明のペットを占うときに一体どのような影響を与えるのでしょうか?
あくまで私の見解にすぎませんが・・・

157 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :05/03/18 04:11:04 ID:Fz++Y3H1
決まらないですよ。そもそも、想起可能な領域なんて限られているでしょ。

どれだけ昔のことを思い出せます? 要するに自己意識の連続性ということなんですけど。
ほとんど無理でしょ。一週間前のお昼に食べたタクワンの枚数とか覚えてないでしょ?

要するにそういうの無理だから、とりあえず二次元に落とし込んでて、
擬似的に連続させているだけなわけ。それは、ある種の方便なんだよ。

158 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :05/03/18 04:12:59 ID:Fz++Y3H1
ただし、方便といっても、それ以外に方法論がないからこそ、あるアプローチでは、
それなりに有用性がある、ということなんだけどさ。

159 :名無しさん@占い修業中:05/03/20 11:35:42 ID:???
>>155
>私なりの意見ですけど、
>出生の瞬間の星の配置というものは、その時に生じる全てのものの
>本質とシンクロしています。例えば、グランドクロスの時にある人が生まれたとしたら
>それはグランドクロスに象徴される素質をもった人なのだと、
>そう考えるわけです。相応しいものが、相応しい時に生じる・・・
>同じ質のものが同じ質を示すときに生まれる、そういった観点に立つのです。

だから、何でそういう観点に立つの?
昔の人もそう考えていたから?

160 :名無しさん@占い修業中:05/03/21 00:23:59 ID:???
159
この世のあらゆるものが互いにシンクロしあう、と言う考え方は
一種の哲学的なものです。なぜ?と言う理屈を抜きにして、その前提は
成り立っています。
残念ながら私にはその理由と、科学的根拠を挙げることはできません。
けれど、あなたの“なぜ”にお答えすることにします。
占星学は象徴学あるいはシンクロニシティを扱う学問だから。だからそういう観点に立つのです。

たぶん古の人は考えたのでしょう。人が生まれると言うイベントが偶然の結果ではなく
神の意思によって起こるのだと。そして、昔の人にとって見て最も神に近いのが
天空だった。じゃあ、その神の意思によって生まれた人間のことは神に最も近い
天に現れているはずだ・・・
そんなところから来ているのではないでしょうか?もちろん、これが全てではないでしょう。
ただ、古い時代の書にはそういった内容が書かれています。
これでご理解いただけたでしょうか?
なぜ?という科学的根拠ではなく、形而上学的な、哲学的な考えによって
成り立っていると言うことを・・・

161 :名無しさん@占い修業中:05/03/21 02:35:14 ID:???
>>160
うん、だから何で、象徴学あるいはシンクロニシティを扱うの?
古い時代の書にそう書かれているから?

162 :名無しさん@占い修業中:05/03/21 02:40:17 ID:???
>>160
何で、人が生まれると言うイベントが偶然の結果ではなく神の意思によって起こるの?
何で、最も神に近いのが天空なの?
何で、神の意思によって生まれた人間のことは神に最も近い天に現れているはずなの?
何で、この世のあらゆるものが互いにシンクロしあう、と言う考え方が、形而上学的な、哲学的な考えによって成り立つの?

163 :名無しさん@占い修業中:05/03/21 02:41:26 ID:???
おぴえて♥

164 :名無しさん@占い修業中:05/03/21 02:42:49 ID:OYCMvC2d
↑読解力なさすぎ。かなりマニアックに書いてあるじゃん。ちゃんと嫁!

165 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/03/21(月) 04:37:25 ID:yBkEBUyD
>占星学は象徴学あるいはシンクロニシティを扱う学問だから。だからそういう観点に立つのです。

それ違うと思うけどね。だいたい、占星術ってそれ単体では成り立ってないし。

>なぜ?という科学的根拠ではなく、形而上学的な、哲学的な考えによって
>成り立っていると言うことを・・・

西洋をやるならばギリシャを無視するのは、得策ではないと思う。
『形而上学』を読んでみたらいいよ。
日本語に翻訳された「形而上学」という言葉は易経から来ているんだけど、
形而上、形而下という自分の切り分けそのものが、間違ってると言うことを知る。

自然学の前のもの、という言葉は、運動論を前提にした時間概念を定めるための
前提条件を洗い出し、言葉を定義するという意味に捉えるのが適切に思えたよね。
それが、アリストテレスがいうところのとmetaphysicaという言葉の意味ではないのか。

辞典的な説明では以下の通り。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【形而上学】
哲学の諸分野,諸原理の最高の統一に関する理論的自覚体系。
語源的には,アリストテレスの講義草稿をローマで編集したアンドロニコスが,
《自然に関する諸講義案(タ・フュシカ)》すなわち自然学の後に(メタ),
全体の標題のない草案を置き,《自然学の後に置かれた諸講義案(タ・メタ・タ・フュシカ)》と呼び,
これがメタフュシカ metaphysica と称されたことに基づく。
内容的には,第二哲学としての自然学に原理上先立つ存在者の一般的規定を扱う第一哲学,
自然的存在者の運動の起動者としての神を扱う神学を含む。
(以下略)。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
詳細は、ネットで百科で閲覧してください。
http://ds.hbi.ne.jp/netencyhome/

166 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/03/21(月) 04:39:43 ID:alpADrey
第一の哲学として、自然学の前に来るもの、ということです。

おれの理解も間違ってるかもしれない。そのへんなんか気がついたら教えてください。

167 :名無しさん@占い修業中:2005/03/21(月) 05:00:52 ID:ZkmrIfB0
芸術家・作曲家・小説家なんかはホロスコープや命式の中に、
芸術や文芸の才能や適正があったりするけれど、
才能や適正があっても才能が開花されたり発揮される訳ではないとは聞くけど、
それじゃそう言う才能や適正が元々ないと鑑定された人は、
初めから才能がないから努力しても無駄と言う事になるわけ?

168 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/03/21(月) 05:07:26 ID:???
>>167
どうなんだろうね? 自分にはわからないけど。

占い師さんは、人間データベースの役割を担ってる部分はあるとは思うよ。
ホロスコープと実際の人をつきあわせて、自分なりに実感を得られるような、
なにがしかの理論体系を作ってる。ハッキリと意識できなくとも、そういうものがあるはず。
さらに、本を書いた人は、それを他者と共有しようとする。

ただ、そのデータベースの妥当性や、ルールブックの妥当性は不明だよね。
妥当性があると言えば言えるし、ないと言えばないんだろうし。
反論が出てきても、その反論が適切なのかどうなのか?という検証もできないし。

要するにそのルールブックを受け入れる人が増えれば、
そのルールは、受け入れた人たちの間では妥当になる(と見なされる)。
それだけの話じゃないのか、と思う。OSなんか何でもいいんだがシェアとったものが、
デファクトスタンダードになるんだというのと同じというかさ。質より量というか。

なんかべたべたな世界だよね。これってさ。
そのあほらしさに気がついて、そこから脱却した人は、また別のところに、
自分の思考や理念を投影していくんだろうけどなぁ。役割が違うというか。。。

169 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/03/21(月) 17:46:41 ID:m/5OdiTJ
よくわからないんだけど、天人相関の概念自体がなんなのか?というところで
一悶着あるような気がするけどなぁ。。。

天の概念から派生した天人相関をネットで百科で引くと、
http://ds.hbi.ne.jp/netencyhome/

【天人相関】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
中国の思想上,天(自然)と人(人事)とには対応関係があるとする説。
最初に組織的に論じたのは前漢の董仲舒(とうちゆうじよ)の《春秋繁露》である。
それによると,人体に大節が12あるのは1年の月数に,小節366あるのは日数に相応し,
五蔵は五行(ごぎよう)に,四肢があるのは四時の数に当たり,
覚めまた眠るのは昼夜に等しい。すなわち人の身体は天の全体をそなえた小宇宙であり,
それゆえ人は天と不可分の関係にたつと説く。(以下略)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
なんだってさ。で、さっそく『春秋繁露』の原文らしきものを見つけたが、
さっぱりわからない(笑)。読めません。

『 春 秋 繁 露 』電子テキスト版
http://www.rockfield.net/hanro/hanroindex.htm

さらに、『春秋繁露』から具体的に雨乞いの技術を抜き出して使う
後世に書かれた書物を読んだ、解説らしいものを発見。

『春秋繁露直解』について 二階堂 善弘
http://www2.ipcku.kansai-u.ac.jp/~nikaido/fanlu.html

ホントに雨降るのかなー。いまでもできる人いるのかなー。
道教関係に詳しい人いますかね。。。

170 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/03/21(月) 17:57:32 ID:???
いまあれこれ検索して見つけたんだけど、
明徳出版社から『春秋繁露』の日本語訳はでてるみたいです。

これ、出版社のショッピングサイト。。。
http://www.meitokushuppan.co.jp/page037.html#lcn085

171 :名無しさん@占い修業中:2005/03/21(月) 21:14:11 ID:HYNCZ5+x
平成二年の二月二日の三時十八分に生まれたんですが、
運命はどうでしょうか?鑑定お願いします。。

172 :名無しさん@占い修業中:2005/03/21(月) 21:16:03 ID:476Yp7av
ここは鑑定スレぢゃありませんw

173 :名無しさん@占い修業中:2005/03/22(火) 02:49:42 ID:???
>>167
才能がないから何やっても無駄というのは無いと思う。
どんな人でも得意分野はあるのでは。
大事なのは得意分野と経験を目標に向けて上手く活かせることが出来るかが一番重要な所。


174 :名無しさん@占い修業中:2005/03/22(火) 04:58:42 ID:???
>>168
いってることはまったく正しいのだけど、
そのルールブックがそれぞれてんでバラバラなことを書いているかというと
そうでもなく、おおまかには共通性がとれていたりする。
さそりと天秤の生まれの人の意味が入れ替わっていたりはしないし。
占い師たちが長年観察してきた結果は、おおまかに共通性があるといえないか。

観察眼に個人の主観というバイアスがかかってしまうのはしょうがないが、
人間の気質や性格って、最初から正確に記述できるものではないし、
さわれたり、計れるものではないのだから、あいまいでも観察記録を取るしかない。
それは占星術の宿命。記録が検証できないからといって、無価値とはいえない。


175 :名無しさん@占い修業中:2005/03/22(火) 16:56:44 ID:???
>>153-163
このスレとしては非常によい展開ではないでしょうか。

>>164
馬鹿?>>160>>164

>>168
こんなのあった。

966 :名無しさん@占い修業中 [sage] :05/03/20 00:42:06 ID:???
よく「占いは統計学」とか言うけどさー、データの収集してんの?
各占い師が勝手に鑑定とかして、自己満足に浸ってるだけだろ。
実際に診断どおりの人生かってのも、客観的な判定は不可能だし。
データの取りようがないじゃん。取ってないだろ。取ってたって少数派だろ。
だいたい平均とか分散とか、占いで聞いたことないぞ。
「いままでみてきた印象で」とか言ったって、そんなの統計学じゃなくね?

>>169
そうなんすよ。なんで天人相関があると考えるのか。
でもその引用箇所は今までで一番説得力があるね。

176 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/03/22(火) 17:47:43 ID:???
>>174

>占い師たちが長年観察してきた結果は、おおまかに共通性があるといえないか。

それ、発想は逆に思えるよ。

過去のものを参照しながら、継承し、世界観を組み立てているから共通しているんでしょう。
まったく情報がゼロの状態から、サインの意味を自由に設定できる人なんていない。
まず、観察する前に、必ずなにがしかの文献を読むのでは? 意味を拾うのでは?
そのガイドラインに従って、具体的な観察を行うのでは?

突き詰めると、ある種の思考によって作り上げられた指標に沿って観察して、
意味を抽出してるだけ。

長期にわたって意味が変わらないなら、占いの世界では、
意味を定めるフレームワークとして機能している世界観(パラダイム)の転換が
生じるエネルギーを、観察者が持ち合わせていないだけでは? という仮設も成り立ちますよ。
占いの世界には、長期に渡って、科学革命に相当するものがない、ということ。

事実、しょせん切り出し方のひとつに過ぎないのに、それを意識化できない人たちも多い。
むしろ、わからないからこそ、この切り出し方に過剰に執着する、という傾向がある。

まぁ、昨今のそれは、メディアの発達によって、ある種の自己イメージを模倣するための
鋳型のひとつとしてばら撒かれている可能性は高い。そのへんで心理操作・プロパガンダの問題と絡む。

177 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/03/22(火) 17:52:42 ID:???
×生じるエネルギーを、観察者が持ち合わせていないだけでは? という仮設も成り立ちますよ。
○生じるエネルギーを、観察者が持ち合わせていないだけでは? という仮説も成り立ちますよ。

失礼。。。

178 :名無しさん@占い修業中:2005/03/22(火) 17:54:49 ID:???
>>175
普通は統計じゃないよね。経験による判断があるだけで。
でも経験による判断は信じられないというなら(ry


179 :名無しさん@占い修業中:2005/03/22(火) 18:18:11 ID:YeGtlLYb
>>160
理解できません
その説明、変なのですが。。。

180 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/03/22(火) 19:40:20 ID:???
>>175
>そうなんすよ。なんで天人相関があると考えるのか。
>でもその引用箇所は今までで一番説得力があるね。

最近はものすごく便利になったよね。

ネットで百科
http://ds.hbi.ne.jp/netencyhome/

って日本語で読める学術的な概略を知ることができる文献としては
一番アクセシビリティが高いし、質が良いと思う。

おれ、知りたいことがあったら、直接的な基礎資料は別として、
まずこれで概略を知って、ほかの本に当たる、
詳しい人に話を聞く、というスタイルだもんな。
もっとも、電子辞典の方だけどね、主に使ってるのは。。。

もちろん、最新的でより専門的なことはこれだけじゃわからないし、
研究が進んでひっくり返されている記述も実はあるけどさ。
(ある研究会に参加したとき、ひとつ見つけたことがある)。

関連項目をずっと追っていくとだいたい流れが見えてくるんだよ。
まぁ、よくできたフィクションの可能性も高いけど、
それでも自分に内在している、いつの間にやら与えられた、
「ありもののフィクション」よりもはるかに質がいい。使える、と。

あのサイトを参考にしない人たちは、宝の山を逃していると思うよ。
直感はともかく、知識レベルでは自分の頭の中身を、おれはさほど信用していません(苦笑)。
けっこうイージーだってのは、嫌というほど自覚しているしさ。バカだなぁと思うし。。。

181 :名無しさん@占い修業中:2005/03/22(火) 20:11:30 ID:???
>>176
>まず、観察する前に、必ずなにがしかの文献を読むのでは? 

未知を前にしたとき観察から始まるでしょう。
文献資料は後から書き記されていくものでしょう。

>まったく情報がゼロの状態から、サインの意味を自由に設定できる人なんていない。

もとをたどれば、だれかが、もしくは複数の人々によって、
発見ないしは設定されたのでは。それでなきゃ存在してないはずでしょ。

>突き詰めると、ある種の思考によって作り上げられた指標に沿って観察して、
>意味を抽出してるだけ。

それは医学書も同じですね。
こういう症状が出たときはこの病気と指標が書かれていたりする。
そしてよく誤診が起きる。だから医師には経験が求められるわけで。
そうやって接近するしかないテーマというのはあるわけよ。
その指標がフィクションかどうかが問題ですね。
夜勤氏はそう思ってるようだけど。
サインや十干十二支に流れる物語のテンプレートは、
四季の変化であったり、動植物や人間のライフサイクルだから、
生きている以上決して無視できない、生活に密着たお話でしょ。
夜勤氏だって生まれて成長して老いて死ぬっていう運命の物語には逆らえない。
サインならそれを一年というサイクルに投影して、いくつかに分割して意味を抽出しているわけ。
この物語は誰かが空想で適当に書いたものといえるのかな。
自然観察の結果から書かれたとは思うけど。
だからこそ多くの人の共感を生むのでしょう。

182 :181の続き:2005/03/22(火) 20:12:13 ID:???
>>176
>長期にわたって意味が変わらないなら、占いの世界では、
>意味を定めるフレームワークとして機能している世界観(パラダイム)の転換が
>生じるエネルギーを、観察者が持ち合わせていないだけでは? という仮設も成り立ち
>ますよ。

仮説というならね、実証してくださいよ。
観察者の思考エネルギーなど計れないでしょ。
今の段階では夜勤氏がでっちあげた物語ですよ。
誰かが物語りをでっちあげてるだけだという世界観にたつなら、
それはプロパガンダ問題に意識が向くだろうとは思うけど、
私は夜勤氏がいってるそれについてはどうも・・・


183 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/03/22(火) 20:45:05 ID:???
>>182

>文献資料は後から書き記されていくものでしょう。

>もとをたどれば、だれかが、もしくは複数の人々によって、
>発見ないしは設定されたのでは。それでなきゃ存在してないはずでしょ。

それは、逆でしょう。そもそもの始まりが天体の運行にかこつけて
民衆を統治するためのルールづくりだったという話ですし。

>その指標がフィクションかどうかが問題ですね。

フィクションでしょう。残念ながら。ただし、この世界のすべては究極的にはフィクションですよ。
自分の知性と感情、経験の範囲で分析・分解できないものが、リアリティを持つというだけです。

ただし、唯幻論は支持しませんけどね。この世界は幻想だ、というのは間違い。
自分の限界にぶち当たったところが、その人のリアリティだ、というほうが正解だと思う。

星占いにリアリティを感じるなら、ご自身がそれを認知した自らの思考と感情を
分析・分解できないだけなんですよ。だから、「役割が違う」という言い方をしている。

ちなみにおれは星占いにはリアリティを感じていません。
正確にはそこに意識が向かない。無関心。
個人的に接した範囲では、あまりにもイージー過ぎるとしか言えないから。

占星術に関心がある、といい続けているのは
イメージを排除したメタレベルの部分にだけであって、通常の星占いには無関心です。

184 :名無しさん@占い修業中:2005/03/22(火) 21:07:42 ID:???
>>183
天体がどんな運行をしてるかは観測してわかること。
最初からどこかに書いていることはありえないですね。
天体の運行を観測することは、ほかならぬ地球の運行、
季節のめぐりを知る事でもありますよ。
サインはその物語でしょ。

統治のルールづくりだったというけど、そのルールはなんら根拠も実効性も
なく適当に決められたものでしょうかね。その根拠は?
その占星術のルールとやらで、どうやって当時の人々を支配したんでしょ?
生まれによってどのような差別が行われたのですか?


185 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/03/22(火) 21:12:07 ID:???
>>184

ええとね、なによりも状況を観察することが第一。
あなたは最初から肯定的な発想でものを見すぎていますよ。

意識的な情報差分が厳然とあった、この現実を見ることが先でしょ。

186 :名無しさん@占い修業中:2005/03/22(火) 21:25:13 ID:???
>>183
>自分の知性と感情、経験の範囲で分析・分解できないものが、リアリティを持つというだけです。

これって「分析・分解できないものは、わからない」というのが正しいと思うけど。
わからなければリアリティなんて無いし。
分からないものほどリアリティがあるって変かと。


187 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/03/22(火) 21:28:11 ID:???
>>186
うーん。まぁ、そういうすると妙なことになるよね。

どう書けばいいのかな。

たとえば、「わかる」ってのは対象をすでに持ち合わせてる概念で把握したってするとさ、
その把握した自前の概念そのものを分解・分析する瞬間ってのもくると思うよ。

そのとき、現在のリアリティは過去のものになる、と。

188 :名無しさん@占い修業中:2005/03/22(火) 21:55:26 ID:???
ルールブックといっても、そんなに大きな内容の食い違いはない。
一応占い師は長年たくさんの人を観察してあれこれ本を書いてたりする。
そんな観察眼はルールブックを信じて、思いこみで見ているからそう見えるだけだ
という理屈なんだろうけど、それを実証することもできないでしょ。

たとえばたくさんの人をみて、同じ星座の人たちを比較したりすると、
共通項は見いだせる。時には本には書いてない意外な側面も見つかる。
というか、本に書かれていることを額面通りに受け取ると、まあ全然合致し
ないと思うけど。文字で表現できる人格など影のようなものでしょ。
人格を理解することと、書かれた人格を記憶することは本質的に違うでしょ。

こういう観察行為を長年した経験知識にたいして、客観的に実証不能だから
という理由だけで全部切り捨ててしまうのって、なんか乱暴だなと。


189 :名無しさん@占い修業中:2005/03/22(火) 22:15:49 ID:???
>>187
なんか難しいこといってるけど、俺は占星術を分析・分解した。
もうリアリティは感じないっていいたいわけだろ。

でも「夜勤はぜんぜん理解してないし自分が見えてないだけじゃん」て指摘は
今まで数多く飛んできたと思う。(でしょ?)

ずっとこの平行線が続いているわけよね。
夜勤からみると占星術やってるやつがバカにみえるし、
占星術やってるやつからは夜勤がバカにみえる。
この構図、どう決着つくんだろうな。

190 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/03/22(火) 22:27:47 ID:???
>>188
>人格を理解することと、書かれた人格を記憶することは本質的に違うでしょ。

うーん、まぁそうなんですよ。だから、占い師さんは、人間データベースだと。
その部分は否定していないわけ。

本人の内面でつじつまが合ってれば問題なしというのはあるかな。
詳細に組み立てれば組み立てるほど、クライアントは喜ぶでしょうし。
ただし、それを妙な感じで押し付けられると、トラブルの元になるよね。
松村スレみたいにさ。

>そんな観察眼はルールブックを信じて、思いこみで見ているからそう見えるだけだ

いやそうは言ってない。
内在する情報で認知は決まるのでは?ってことを言ってるつもり。

>>189
ちょっと短絡的過ぎるよ。占星術の一部は、嘘だ、とは言ってるが。
馬鹿にはしていない。まじめにやってる人たちのほうが多いだろうからさ。

ただ、おれは興味がない。なによりも、荒いんだよ。松村派などは特にさ。魅力なし。

191 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/03/22(火) 22:29:51 ID:???
蛸壺空間になんか、害以外の何ものもない。

そういう人たちを排除できないんだから、リスクヘッジという点で、
星占いにクエスチョンをつけるほうが、誠実な態度だよ。



192 :名無しさん@占い修業中:2005/03/22(火) 22:52:18 ID:???
>>190
>ただし、それを妙な感じで押し付けられると、トラブルの元になるよね。
>松村スレみたいにさ。

それは占星術の運用に関する話で、占星術の仕組みの話ではないですね。
セクハラする医者がいるから、医学はクソというのと同じですよ。
話題がそれてしまいますよ。>>191も同じ。

>内在する情報で認知は決まるのでは?ってことを言ってるつもり。

その問いへの答えはしらないですが、その理屈でいくと、占星術に限らず
あらゆる認知について同じ事がいえるでしょ。

>ただ、おれは興味がない。なによりも、荒いんだよ。松村派などは特にさ。魅力なし。
あなたが>>168で提示した、占星術の欠陥の指摘も、やっぱり荒いと思いますが。
多少なりとも繊細な占星術の一派ってどこですか?
占星術は占星術でやってきたわけで、いきなり他の学問と対比させて荒い繊細を
論じるのもちょっと。


193 :名無しさん@占い修業中:2005/03/22(火) 23:05:24 ID:???
矛盾してまつ。

402 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/03/22(火) 22:35:59 ID:???
別に松村氏だけじゃないんだよね。イージーなのって。

どっちかといえば、松村氏って緻密に組み立ててるほうなわけ。これでも。
だから、一部の人たちに、熱狂的に支持されてるんだろうし。

194 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/03/22(火) 23:08:33 ID:???
>>193

あまり他人の悪口に見えるようなことを言いたくないってだけ。

195 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/03/22(火) 23:11:47 ID:???
>>192
>あらゆる認知について同じ事がいえるでしょ。

そうでしょ。それ、今は自明だと思ってた。

>占星術は占星術でやってきたわけで、占星術は占星術でやってきたわけで、
>いきなり他の学問と対比させて荒い繊細を

ほかの学問は他に開かれているよ。日本の占星術は違うでしょ。
言ってることいい加減だしさ。洗脳性の問題もあるしさ。

申し訳ないが、同じ地平で論じることはできませんよ。


196 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/03/22(火) 23:17:38 ID:???
>>192
>セクハラする医者がいるから、医学はクソというのと同じですよ。

そういうロジックはこの分野に限るなら成り立たない。

特定の宗教を信奉していて、それがゆえに虚言を吐く
医者などいない。だいたい、医師免許取れないよ。

197 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/03/22(火) 23:31:40 ID:???
日本の星占いってさ、流さんの話では、
一堂に会した横の話し合いを一度もしたことのないんだよなぁ。

2chでやっとなにがしか話すような話さないような、という感じじゃん。
この板が始まった当初は、そういう話ばかりしていたよ。

それも、こうやって激しい喧嘩しながら・・・やっとでしょ。
そういう状況を知ってるのか知らないのか知らないが。。。

議論されて、情報が洗練されないまま、
なにやら一方的に意味づけられるから洗脳性の問題も出てくるんだしさ。

198 :名無しさん@占い修業中:2005/03/22(火) 23:36:07 ID:???
>>176で「長年観察してきた結果は、おおまかに共通性があるといえないか」と
いう問いにたいして、「それ、発想は逆に思えるよ。 (中略)突き詰めると、
ある種の思考によって作り上げられた指標に沿って観察して、 意味を抽出して
るだけ。 」という記述を読めば、>>190でいってる、
夜勤氏は「ルールブックを信じて、思いこみで見ているからそう見えるだけだ」
と思っているのでしょうという指摘は妥当に思える。

「いやそうは言ってない。 内在する情報で認知は決まるのでは?ってことを言
ってるつもり。 」と>>190ではいってるけど、これって結局同じ事じゃん。
ルールブックを知ってから人を観察しても信用できないって事じゃね?

でもそんなこといってたら、なにも観察なんてできないわけでさ。




199 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/03/22(火) 23:38:00 ID:???

>>198

何事もさ、ニュートラルな情報がある、という前提で論じられることでしょ。
残念なことに、星占いにはそれはないんだよな。

いちおう占星術と自然学には関連性がある、といわれているわけ。
中世哲学を専攻している人に聞いたら、それは自明だ、と。
閉じてないわけ。ぜんぜん。占いなんかには。

星占いで既得権益を得ている人だけが、
占星術をなにやら閉じようとしているとしか思えないわけ。

しかもそのうちの一部は非常に悪質だよ。虚言をそれと知っててばら撒いている。


200 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/03/22(火) 23:39:03 ID:???
>>198

虚言が混じった情報を取得して、それを前提にものを見ている人たちの
判断なんて、あてにしないのは自明でしょ?(苦笑)。


201 :名無しさん@占い修業中:2005/03/22(火) 23:43:47 ID:???
>>196
運用と仕組みの話をごっちゃにするなという前提でのたとえ話ですよ。
そのたとえが夜勤氏にとってふさわしくないとおもっても、
いわんとしていることはわかるのでは。


202 :名無しさん@占い修業中:2005/03/22(火) 23:51:41 ID:???
>>197>>199
そうはいっても海外でも日本でも蠍と天秤や、
火星と金星の意味が入れ替わったりはしないのよ。
おおまかには共通性がとれている。
その部分を無視するのはどうかな。
枝葉ばかりに目をとめて幹はみないのもどうかと。

203 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/03/22(火) 23:55:26 ID:???
しかも、ルールブック書いてるご本人様たちが「別にこんなものは・・・」と言ってるんだから。

だがまぁ、それだって、占い師さんの中には、そういう本を読んでいたとしても、
実践的な場ではいろいろ自分なりに組み上げてですね、
相手に説得力のある言葉を伝えられる人もいるかもしれないわけでさ。
そのへんはグレーゾーンにしときたいんだよね。わからないし。直感の効力は認めるしさ。

ただ、状況はこうだ、と。それだけ。

>>202
いや、おれに言わせればそれこそ枝葉だ。原理はそんなところにはない。
一枚のボードを12分割して色分けしました、それが日本にも伝わってきた、
と言うのとたいしてかわらないよ。

204 :名無しさん@占い修業中:2005/03/22(火) 23:59:30 ID:???
>>200
占い師の情報を信頼するかどうかは、そのときの信頼関係によるよ。
夜勤氏は不幸にしてそれが粉砕されてしまったのだけど。
それは、どこまで人を信じるかという問題にもつながるね。

205 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/03/23(水) 00:01:19 ID:???
コインに刻まれたヘルメス神の翼のシンボルがシルクロードを流れていくうちに
めぐりめぐって毘沙門天のたすきがけの衣になったというような(うろおぼえ)
図像学的なダイナミズムは、こんなに情報の流れが早い時代にはありえないよ。

割とストレートに情報は伝わると思うんだ。そのままね。
で、わからないことは多少ずれがあっても、伝えられた情報に沿って読解する、と。

そのほうがおれにはわかりやすい。

206 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/03/23(水) 00:06:29 ID:???
しかも、占星術が本格的に入ってきたのは、戦後じゃないのかな。
情報のスピードはいまよりも遅いけど、シルクロードの時代ほどは遅くないよ。

占星術がシルクロードの時代に伝えられていたら、
いまとは、まったく違ったものになっていた可能性はあるよ。

もしかするとおれがハッキリと知らないだけで、シビトスウのようなものと
星占いとの間には、強い関係性があるのかもしれないよね。

207 :名無しさん@占い修業中:2005/03/23(水) 00:15:59 ID:???
>いや、おれに言わせればそれこそ枝葉だ。原理はそんなところにはない。
本当の占星術なんて知らないけど、
占星術のルールブックはおおよそのところは共通しているし、
RPGゲームのルールブックのような多様性はないよ。
占い師によって、解釈が変わる事はあるけど、あきらかにデタラメな
読み方をしてれば、多少心得があればわかると思うんだけどな。
確かにスタンダードといえる基準はないけど、まったくの無秩序ではない。

>一枚のボードを12分割して色分けしました、それが日本にも伝わってきた、

それならそれで、海外とは切り離され、情報が汚染されてなくていいともいえる。
事前に知ってる事で認知がゆがむっていうならさ。
日本人がずっと観察してきた日本人の事が、12のファイリングボックスに集積されているわけで。


208 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/03/23(水) 00:18:21 ID:???
>>207
>それならそれで、海外とは切り離され、情報が汚染されてなくていいともいえる。

いやだから、虚言壁のある人たちが絡んでる、ということを忘れているよ。

何が何でも肯定しよう、というのは止めましょう。

209 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/03/23(水) 00:24:54 ID:???
星占いに関心があり、指導的な立場に立ってる人たちの中に、
おかしな人がいるんだよ。困ったことにね。

上が変だと全部狂ってくるでしょ。会社だってなんだってそうじゃん。

210 :名無しさん@占い修業中:2005/03/23(水) 00:31:02 ID:???
>>208
それはたくさん本や情報を集めてきて比較することと、
なによりも観察を続けて自分なりの基準を持つしかないと思うよ。
虚言癖のある人たちなんて、おおよそどこにでもいるんだし。


211 :名無しさん@占い修業中:2005/03/23(水) 00:37:13 ID:???
>>209
会社に東洋系の占いやってる上司がいたことあるけど、ちょっとやだったな。
ただま、それがどう自分に影響するかはわからんけどね。それこそ運次第か。
でもやだったのは、その上司を信頼できなかったからだろうな。
性格的にあんまし好きじゃなかった。


212 :名無しさん@占い修業中:2005/03/23(水) 00:49:23 ID:???
おい、おまいら!わけわかりませんよ。この辺から逝きませんか?

>>169 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg [] :2005/03/21(月) 17:46:41 ID:m/5OdiTJ
よくわからないんだけど、天人相関の概念自体がなんなのか?というところで
一悶着あるような気がするけどなぁ。。。

天の概念から派生した天人相関をネットで百科で引くと、
http://ds.hbi.ne.jp/netencyhome/

【天人相関】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
中国の思想上,天(自然)と人(人事)とには対応関係があるとする説。
最初に組織的に論じたのは前漢の董仲舒(とうちゆうじよ)の《春秋繁露》である。
それによると,人体に大節が12あるのは1年の月数に,小節366あるのは日数に相応し,
五蔵は五行(ごぎよう)に,四肢があるのは四時の数に当たり,
覚めまた眠るのは昼夜に等しい。すなわち人の身体は天の全体をそなえた小宇宙であり,
それゆえ人は天と不可分の関係にたつと説く。(以下略)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

>>175 :名無しさん@占い修業中 [sage] :2005/03/22(火) 16:56:44 ID:???
966 :名無しさん@占い修業中 [sage] :05/03/20 00:42:06 ID:???
よく「占いは統計学」とか言うけどさー、データの収集してんの?
各占い師が勝手に鑑定とかして、自己満足に浸ってるだけだろ。
実際に診断どおりの人生かってのも、客観的な判定は不可能だし。
データの取りようがないじゃん。取ってないだろ。取ってたって少数派だろ。
だいたい平均とか分散とか、占いで聞いたことないぞ。
「いままでみてきた印象で」とか言ったって、そんなの統計学じゃなくね?

213 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/03/23(水) 01:05:26 ID:???
>>210
おれは別の方向へ行った。ちょっとだけ抽象的な方向へ。

同じ程度の抽象度を獲得している人がうまく組み立ててくれれば、
なにがしか興味を示す可能性はあるよ。

入り口がないんだよね。いまさら、と言う感じもあるし。

214 :名無しさん@占い修業中:2005/03/23(水) 01:07:45 ID:???
12と言う数字以外、
一見、無関係なものを無理に結び付けているだけに見える。

215 :名無しさん@占い修業中:2005/03/23(水) 01:54:00 ID:???
>>213
傷を負った学問やテーマに戻る事は難しいね。
先生とやなことがあったりするととくに。
本みただけで吐き気がしたり。
心のどこかで本質的に、人間が嫌いになったのでは。
だから占星術も必要なくなった。
でもこの板や抹茶スレに夜勤氏が残っているのは、
まだ本当には終わってないからじゃないかね。
私にはそうみえる。


216 :教えてください:2005/03/26(土) 18:42:14 ID:gedJej8x
皆さん占星術が当たるという観点で
話してますが占星術そんなに当たりますか?
当たるところ教えてください
http://members.goo.ne.jp/home/tarute_2005


217 :名無しさん@占い修業中:2005/03/26(土) 22:48:21 ID:???


218 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :皇紀2665/04/01(金) 23:46:01 ID:T/Osd4lz
>>160

形而上学の説明を「教えて!goo」で見つけました。

質問:形而上学・形而下学の語源
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=462963

>>215
>心のどこかで本質的に、人間が嫌いになったのでは。

これ、違いますよ。「人」ではない存在に、非常な不信感を抱いた、というのが正解。

>まだ本当には終わってないからじゃないかね。

これは正解。「選ばれた」と自称する人たちが、まるで幸せそうではないのだから。


219 :名無しさん@占い修業中:2005/04/02(土) 18:55:06 ID:xteQEtlU
>これは正解。「選ばれた」と自称する人たちが、まるで幸せそうではないのだから。

神に選ばれるのはたいがいそんなもんじゃないの。w

220 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/02(土) 20:15:34 ID:???
>>219
神に選ばれた、とは言ってないけど?

221 :名無しさん@占い修業中:2005/04/02(土) 21:17:31 ID:???
>>220
頭に$をつけるのわすれてたよ。

$神に選ばれるのはたいがいそんなもんじゃないの。w

これが正解。
あなたは幸せでーすか?


222 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/02(土) 21:29:01 ID:???
>>221
狭い世界しか知らない人と話しても無駄でしょ。

223 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/02(土) 21:34:16 ID:Ejugbord
あのさ、占いなどのようなきちんとしたプロトコルが見えにくい対象を
闇雲に否定する人たちって、実のところ本当に何一つ知らないのでは。。。

それは場数を踏んでいないだけか、あるいは、
個人的な悩みを解決する手段として宗教などにすがった経験があるのか。

占いや宗教は、歩まなければ、何も解決しないように思えるけどなぁ。

224 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/02(土) 21:38:55 ID:???
別に、占いも宗教も歩め、とは言わないけどさ。
そんなことをやるよりも、もっとやるべきことがあるような気がするし。
圧倒的に偽物が多い。
いずれにせよ、自分の水準に似合ったところしか、結局見つからないしさ。

おれ、ある時期に宗教ウォッチをやってて、
とある神道系の団体を覗いたときに、そこまでわかってるなら教祖やれ、
と言われたことがあるよ(苦笑)。フツーそんなこというか、と。

いい加減なところが多すぎるよ。

225 :名無しさん@占い修業中:2005/04/02(土) 21:47:05 ID:???
はいはい

226 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/02(土) 21:58:03 ID:???
>>225
つか、もっとまじめに考えれば? 

227 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/02(土) 22:01:50 ID:???

EXTVの上岡さん程度の反論ではもう議論も何も無理でしょ。

228 :名無しさん@占い修業中:2005/04/02(土) 22:17:16 ID:???
ここで占いアンチを養成しているのか。w

229 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/02(土) 22:20:27 ID:???
>>228
いや、関心があるなら普通に考えて調査しよう、ということだけ。

直接、向き合えとは言わない。心理的に弱ってるときには特に。
実際、やばいところ多すぎだしさ。問題の根が深いからね。

関心をなくすというのが一番いいと思う。

230 :名無しさん@占い修業中:2005/04/02(土) 22:23:31 ID:???
彼らが占いでなに悪いことをしてるのかがよくわからない。

231 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/03(日) 01:43:45 ID:???
>>230
わからないならそのままほっとけばいい。

232 :名無しさん@占い修業中:2005/04/03(日) 10:14:10 ID:GkaB4Xj/
>>231
証拠もなければ説明もできないなら、ただのデマ流しとかわんないわけで。


233 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/03(日) 10:21:12 ID:???
>>232
匿名で情報を得ようとするのが図々しい。l

234 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/03(日) 10:22:26 ID:???
ここまで、この板の状況を観察してきたら、

近寄らないほうがいい場所だ、

というのは自明でしょ。

235 :名無しさん@占い修業中:2005/04/03(日) 12:18:05 ID:GkaB4Xj/
トリップつきで名乗ろうが、証拠も説明もなしならデマ流してるのと同じです。
卑怯です。そういうのは。

236 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/03(日) 13:11:48 ID:KvXP9hQy
>>235
この板のここまでの状況を見ていたら、私が、
いかにひどい嫌がらせを受けてきたか、というのがわかるはずだ。

卑怯というならば、多数でひとりを叩き続けてきた人たちへ
語られるべき言葉でしょう。

237 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/03(日) 13:13:52 ID:???
私のプライベートな領域を
こんな場所で証さなければならない、
という理由などないでしょう。



238 :名無しさん@占い修業中:2005/04/03(日) 14:43:15 ID:???
私の出生時間が午後4時59分なんですけど、
前の方で昼間に生まれるのは普通ではない、と言う様な
事を書いてあったと思うのですが前記の時刻は昼間と
夕刻の時刻の境目の微妙な位置に有ると思うのですがどうなの
でしょうか。



239 :名無しさん@占い修業中:2005/04/03(日) 15:50:01 ID:GkaB4Xj/
>>230
わかんない。
あなたがこの板にカキコし続けた、その応酬のなれの果てにしか見えない。
あなたの視点と他者の視点は違う事がわからないのかな。
>>237
だからといって証拠や説明も抜きで、デマを流していいという理由にはらんですよ。
デマじゃないというなら、それなりに説得力のあるものを提示しないとね。

240 :名無しさん@占い修業中:2005/04/03(日) 17:14:57 ID:SjcDtWbp
>あなたの視点と他者の視点は違う事がわからないのかな。

他者って誰ですか?
どうしていつもデマってきめられてるのですか?

241 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/03(日) 17:57:48 ID:KvXP9hQy
>>239

デマじゃないよ。だけど、匿名の衣を被っている
君にはなにひとつ証明する必要など感じない。

そもそも、デマと決めつける君は何をもとに判断しているの?

242 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/03(日) 18:06:57 ID:???
具体的なことは、話さないようにしている。
だから、それを期待されても、まったく沿えません。

たとえばさ、過去に、松村氏の姿勢を強く批判していた
某団体の人がいる、という話をしても、
具体的な団体名はまったく出していない、とか。

松村派の物わかりの悪さを装う「フリ」が
あまりにも度がすぎているので、
ともすれば口が滑ってしまったところもあるかもしれないが、
具体的なことは基本ラインとして語らないようにしている。

誰を相手に話しているかわからない、このような場所では
こういう態度は、至極まっとうだと思うけど。

243 :名無しさん@占い修業中:2005/04/03(日) 18:43:12 ID:GkaB4Xj/
だって何一つ裏とりようないし。「某団体が」とかね。>>241-242
もしかしたらあなたの脳内にしか無い団体かもしれないし。
「占星術がおもちゃ」発言も、もしかしたらあなたのでっちあげかもしれないし。
確認できないもんね。
スレの前のほうの占星術への批判も詰めが甘いし。
大勢で攻撃されたってのも、悪口や脅し文句がとんできたた事しか見えないし。
それでぜんぜん生きてるみたいだし。
あなただって多数の人に向けてかなりの悪口書いてるし。
匿名で多少の脅しが来るのはしょうがないんじゃないの。

客観的には説得力がない。本人は自信満々みたいだけど。

あなたが吹聴する過去の話は、デマと大差ないと思うけどね。害という意味では。
それを産み出すから。

世界が狭い人と話をするのはかならずしも無駄じゃない。
自分が知らない世界に生きてる人もいるからね。
でも正論が通じない人と話すのは本当に無駄だね。

244 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/03(日) 18:50:44 ID:KvXP9hQy
別にあなたが裏をとる必要などないでしょ。
ジャーナリストでもやってて、ネタでも探しているの?

>「占星術がおもちゃ」発言も、もしかしたらあなたのでっちあげかもしれないし。
>確認できないもんね。

事実ですよ。

>あなただって多数の人に向けてかなりの悪口書いてるし。
>匿名で多少の脅しが来るのはしょうがないんじゃないの。

悪口じゃないし、事実は、事実だよ。
しかしさ、多少じゃないだろう、あれ。。。どう考えても。。。

>でも正論が通じない人と話すのは本当に無駄だね。

それはお互い様でしょう。こちらが述べていることが正論なんだから。
公刊されている文献を隠すような人たちに、「義」はなにひとつないでしょう?

>客観的には説得力がない。本人は自信満々みたいだけど。

あなたの客観が歪んでるんですよ。知識不足でね。

245 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/03(日) 18:55:14 ID:KvXP9hQy
>世界が狭い人と話をするのはかならずしも無駄じゃない。
>自分が知らない世界に生きてる人もいるからね。

別にこれは否定していないよ。

ただ、あなたを説得する必要性をさっぱり感じていないんだよな。
あなたは意志も強そうだし、論理力もありそうだから。

そういう人は、別に占いに依存することなどもないし、
「身も心も捧げる」なんていうばかげた状態に陥ることもないでしょ。

246 :名無しさん@占い修業中:2005/04/03(日) 19:07:49 ID:GkaB4Xj/
>>244
事実だといわれてもね、中立の立場から見て信じる根拠がない。
あれが、とかいわれてもね、範囲を特定できないし。
だから正論とは認められない。
知識不足という指摘は、あなたは第三者が判断するに足りる十分な証拠=知識の
提供をこばんでいるのですから、知った事ではありませんね。
あなたは私怨による偏った感情から客観がゆがんでいるのでしょうね。
>>245
だからね、身も心も捧げるっていったからどうだっていうんです。
ただのマゾだったのかもしれないし。そもそもネタかもしれない。
その人が実際に身も心も捧げたのかどうかもわからない。
その人の証言もない。
で、なにを信じろと?


247 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/03(日) 19:10:14 ID:KvXP9hQy
たとえばさ、年代を追って、星占いの本やそれに言及する発言を
通して、並べて読むだけでも、いかに穴だらけなのかは、一発でわかるでしょ。

それにも関わらず、松村スレで見られるように異様なスタイルで擁護し続けてきた
奇異な様子に違和感を抱かないなら、そりゃまだ最低限のラインを
理解できる時期が、自分に来てないと言うことにすぎないのではないのかなぁ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
二重底、三重底だから、虚と思えたものが実、実と思えたものが虚という
ことは十分あるよ。自分だって、占いに対する考え方は二転三転している。
あからさまな嘘を語りたがるような水準の人たちの虚言は
さすがに見抜けるようになったが、実際のところ、よくわからんことが多いです。
ぶっちゃけ、これ、迷路なんだよね。

ただ、言えることは、情報を閉じてしまいたがる蛸壺集団には
できるだけ近寄らない方が良いな、ということかなぁ。ろくなことないし。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
んで、おれにとってはアリアドネの意図がアリストテレスだったと。
これは、安全な解だと思うから一時期、自分ができる範囲で紹介していた。
その過程で、情報を開示されることそのものを嫌う人たちとなにやらもめた、と。
それだけの話でしょう。。。

>>246
だから、信じなくても良いってばさ(苦笑)。

248 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/03(日) 19:11:05 ID:???
×アリアドネの意図
○アリアドネの糸

249 :名無しさん@占い修業中:2005/04/03(日) 19:11:29 ID:???
ワールドメートに注意しましょう!
この団体は、人の弱みに付け込んで「救霊」という祈祷をして
高額なお金を集金します。また、掲示板を見られると困る為、
「パソコン依存の霊が憑く」とか言います。雑誌にも「アタール」
という占い喫茶を出してるので気をつけましょう。
「たちばな出版」の深見東州です。
これらの団体に引っかからない為に、公開注意をします。この文を
3つコピペでいいので貼り付けましょう。被害拡大許すべからず。



250 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/03(日) 19:18:43 ID:???
>>246のようなレスを読んで違和感を抱くのはね、
所詮、他人事なんですよ。

だから、中立な立場になれるわけ。手持ちの情報もないようですし。

それでいったい何の判断ができるのかな? と。


251 :名無しさん@占い修業中:2005/04/03(日) 19:31:01 ID:GkaB4Xj/
根拠がとれないいい加減な情報をばらまいてるともいえるよね。
私がわからないように、わからない人は多数いるわけで。
もしかしたら夜勤のいってることなんでぜんぜん嘘かもしれなくて、
占いを無条件に信じるような人々がいるのと同様、よく調べもせず
(調べられる情報も提示してないし)真にうけちゃう人々もいるでしょ。
そしたらあなたが断罪する占い師と同じ罪を犯してるってことになるよ。


252 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/03(日) 19:31:44 ID:???
>>251
嫌、そこまで粘着するあなたは、決して中立な立場ではないよ。

嘘は良くない。

253 :名無しさん@占い修業中:2005/04/03(日) 19:35:09 ID:GkaB4Xj/
その身も心も捧げるといった人、どうなったんでそ。
言っただけで終わりなら、問題にもならないわけで。
本当にささげたのか。それはどんな行為だったのか。
そのあとどうなったのか。今どうなってんのか。


254 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/03(日) 19:38:59 ID:???
>>251
>もしかしたら夜勤のいってることなんでぜんぜん嘘かもしれなくて、

当然、これはあるよ。最初から、「わからん、わからん」と言ってるでしょ。

自分がたっている場所にたとうと思えば、やはり同じ経験をしなければならない。
それは、無理だし、無駄ですよ。無駄。だから、結果だけ伝えている。
最低限のトラップに引っかかる時間を、節約してください、という意味でさ。

最低限のラインに限るなら、別に議論する必要などないでしょ?
「占星術がオモチャだと気がついたか」なんだし。
信用しないなら、どうぞご勝手にやってください、と。

実のところ、自分自身の頭の中身をさほど信頼しているわけでもないんだよね。
ただ、体験のレベルで、こうだ、としか思えない、というものはあるし、
過去の文献に似たような記述があったことも、心理的な支えとなっているように思う。

>>253
なんでそんなに気になるのかなぁ? 

他人の人生に介入しすぎるのは良くないじゃん。
興味本位は止めよう。そういうのが重なると報道被害になるんでしょ。

255 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/03(日) 19:44:04 ID:???
いちいち、言挙げするのが面倒だから、
松村スレ含めた、この板で、現象化したんだから、
ちゃんと過去スレを読んでみたら良いんですよ。


別におれが言及しなくても良いような状態に
もうなってると思うんだよね。。。松村派がいい加減しつこいけど。

256 :名無しさん@占い修業中:2005/04/03(日) 20:05:08 ID:GkaB4Xj/
>>252
そういう決めつけする癖を妄想癖ともいう。
>>253
ほらね、嘘まぜてる。それで人を非難するのはフェアじゃない。

身も心は夜勤がひつこくくりかえすから聞いたまでのこと。
聞いてほしいから繰り返してるようなものでしょう。
どうせたいしたことなしで終わった話っぽいが。
>>255
一応読んでるんだけどな。
〜良い状態になってるとはとても思えないが。
視点は人によりみな違うってことで。

なんかね、あなたは思いこみがはげしそうだ。

257 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/03(日) 20:11:19 ID:KvXP9hQy
>>256
あのさ、ああいえばこういう、というのは止めようよ。

しかも、あなたなーんも知識なさそうじゃん。
おれの揚げ足取りばかりだし。。。

>なんかね、あなたは思いこみがはげしそうだ。

そういうネガティブなイメージを広めるのはかまわないよ(苦笑)。
おれが信じられても、そりゃそれで困ることになるしさ。

ただね、最低限のラインはあるんだよ。

「占星術がオモチャだと気がついたか」

それは、背後に宗教をしょってるひとたちの、でたらめな虚言。
それだけ注意すればいいのでは?


258 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/03(日) 20:36:48 ID:???

「私は身も心も捧げるから、お前もそうしろ」

というのもかなーり宗教がかってるでしょ? 

・・・普通、やばいなーと思うはずなんだけどなぁ。

259 :名無しさん@占い修業中:2005/04/03(日) 20:46:03 ID:GkaB4Xj/
屁理屈はいってないけど。

ネガティブなイメージを広げるって、広げるためにそういったのではないし。
このスレの発言みてるとそう見えるってこと。
それに同意する人もいればしない人もいるだろうけど。

オモチャ発言は、それいった個人がそう思っていただけの事で、
全部がそうとはいえない。
オモチャにもいろいろと含みがある可能性もある。
神社の祭具もいいようによってはみんなオモチャともいえるし。
易の算木はあれはオモチャなのかな。
霊感占いは、遊びなんかな。
祈りとか瞑想とかチャネリングとかそういうものかな。

260 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/03(日) 20:48:30 ID:???
>>259

いやー。。。。あなたって、どうも中立っぽくないよね。。。

261 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/03(日) 20:50:14 ID:KvXP9hQy
あなたが、特定の占いを信奉しているなら、
それを奉じたスレで議論すれば良いだけでしょ。>259

おれは、話の流れでまったく別のことを話しているわけで。
占いにまつわる、宗教被害を、ね。

262 :名無しさん@占い修業中:2005/04/03(日) 20:50:34 ID:???
その人は身も心もささげたのか。
ささげたならそれはどういう行為だったのか。
その人はいまだにその組織(?)に属して捧げ続けているのか。
ニュアンスがね、わからない。

その人がホントにさざげつくして、アボーンしたというなら、
そりゃまあイカレテますねともいえるけど、ただのいきおいで
口がすべった程度かもしれないし。
実はその人はまったく捧げてなどいないかもしれないわけで。
わかんないわけよ、いくらそのセリフだけを力説されても。
いいたくなきゃいわなくていいけど、そのセリフだけ聞かされても感情は動かない。


263 :名無しさん@占い修業中:2005/04/03(日) 20:55:03 ID:???
その話題でいいんだけど、被害の紹介の仕方にまったく現実味がないの。
「身も心もささげるなどという人がいるんですよ。ひどいでしょ?」
「占いはオモチャだっていったんですよ。ひどいでしょ?」
でもこの程度だと判断できない。
多様な可能性がありすぎて。


264 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/03(日) 21:08:08 ID:???
>>263
だからさー。そのたような可能性を間接的に絞り込むために、
松村スレとかがあるわけじゃんか? 
なんとかかんとか、匿名で引っ張り出して、現象化してるわけで。

直接言及できない(したくない)のは、そりゃおれの美意識に
基づく部分が大きいんだけど、それ以外にも理由はあるんだよ。

おれの言葉を信じるようなやつが増えたら、
下手すれば「オモチャ」くんの座っていた位置に、おれが座るだけじゃん。
あほくさくてやってられませんよ。んなの。それじゃダメじゃん。

だから、「みんなで考えよー」と言ってるわけで。。。

265 :名無しさん@占い修業中:2005/04/03(日) 21:09:57 ID:???
夜勤 ◆yNP.NCYEjgは どうやらタダのスレ荒らしさん。
他人と話し合う気もない。
書くことで自己満足したいだけなら厨房板に行ってくださいな。

266 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/03(日) 21:10:18 ID:???
>>265
君だよ、それ。自己言及するなー。

267 :名無しさん@占い修業中:2005/04/03(日) 21:11:19 ID:???
スレ、汚れちゃった。最低。

268 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/03(日) 21:13:32 ID:???
>>262
なんで、あなたが、その後のその人のことを知らなきゃならんのさ。
感情が動かなくても、かまわないじゃん。興味ないんだろうし。

ただ、そういう事実はある、と。それで良いでしょ。

>>267
と言われてもね。また立てればいいだけの話でしょう。

269 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/03(日) 21:16:25 ID:KvXP9hQy
だいたい、程度問題じゃないだろ。これって。無理なゲージを無理矢理設けるなよ。

「占星術がオモチャだと気がついたか」ってのは、悪辣でしょ。十分。
それまでがそれまでなんだし。

「私は身も心も捧げるから、お前もそうしろ」 ってのも十分狂ってるじゃん。

これ以上何が必要なのかと。。。

270 :名無しさん@占い修業中:2005/04/03(日) 21:18:36 ID:???
松村スレでもしぼりこめない。
オモチャ、捧げる、、、おなじこといってるだけだし。

ささげた人は、ほんとにささげたのかね。
ささげてもないし、その後もどうにもなってないなら、
ちょっと感情的になっておかしなこと口ばしっただけと理解しとけばいい。


271 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/03(日) 21:20:27 ID:KvXP9hQy
日常生活でこれ以下を求められても、困るよね。

「そんなもの、まだまだ大丈夫」なんて言われも。
そりゃ、普通の人の価値観じゃありませんよ。。。

272 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/03(日) 21:21:21 ID:KvXP9hQy
>>270
絞り込めないって、どうやって検索したのさ?

273 :名無しさん@占い修業中:2005/04/03(日) 21:22:05 ID:???
オモチャも当時のあなたがあまりに狂信的に信じ切ってるもんだから、
「ちょっと冷や水あびせたれ」くらいのつもりだったようにも思えてくる。


274 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/03(日) 21:24:09 ID:KvXP9hQy

>>273
アホすか。。。その流れは、先に書いたでしょ? 読んでないんだろうなぁ。
もう何度も書く気などないよ。


275 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/03(日) 21:25:12 ID:KvXP9hQy
もう遅いんですよ。何言っても。。。

ダメなものはダメ。終わりです。。。

276 :名無しさん@占い修業中:2005/04/03(日) 21:25:40 ID:???
事が起きてないのに、起きたような騒ぎ方をするのは変。>>271


277 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/03(日) 21:26:41 ID:KvXP9hQy
>>276

事が起きたあとの発言だと考えるのが正解だろう。
何もないのにそんなことを言うはずないじゃんか。

278 :名無しさん@占い修業中:2005/04/03(日) 21:26:51 ID:???
んー、木星がどうたら、でしょ。読んだけど。
それがなにか。>>274


279 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/03(日) 21:27:43 ID:???
松村氏が陰でこそこそやってるから、こんなにもめる結果になる。

仕事は仕事だけにしろよ、と。。。ああ、言いたくないけどいっちまったよ。

>>278
読解力がないんだから、引っ込んでたら?

280 :名無しさん@占い修業中:2005/04/03(日) 21:28:39 ID:???
事故ならケーサツにとどけたほうがいいよ。>>277


281 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/03(日) 21:28:41 ID:KvXP9hQy
だいたいさ、ここまで粘着して擁護する人たちの素性が知りたいよね。


中立じゃないでしょ。絶対(w。いままでがままでだしさ。
また、粘着して嫌がらせしてんじゃないですか?

282 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/03(日) 21:29:26 ID:KvXP9hQy
>>280
もうずいぶんふるいはなしだしなぁ。

だいたい、そんなことしても、しかたないじゃん。

問題は、閉じられた蛸壺空間なんだしさ。

283 :名無しさん@占い修業中:2005/04/03(日) 21:29:56 ID:???
被害妄想だな。>>281
表現力がないなら引っ込め。>>279

284 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/03(日) 21:30:10 ID:KvXP9hQy
蛸壺ばかりやってるから、変な人が作られるんだし。

心理的に弱った人たちって、わらにもすがりたいんだろうしさ。

285 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/03(日) 21:31:06 ID:KvXP9hQy
>>283
きみは、もういいよ・・・。IDも出せないようだし。。。

会話したいなら、あげてください。IDでるように。
そうでなければ、無視します。

286 :名無しさん@占い修業中:2005/04/03(日) 21:32:55 ID:GkaB4Xj/
あなたも十分へんだよ。
あげ。


287 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/03(日) 21:33:16 ID:KvXP9hQy

>>286
というか、どういう立場で、ここまで粘着しているのさ?



288 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/03(日) 21:36:44 ID:KvXP9hQy
ほら、言えないじゃん。。。

289 :名無しさん@占い修業中:2005/04/03(日) 21:37:57 ID:GkaB4Xj/
説明の途中がすっぽぬけてるってこと。
悪いというまえに、なにが悪いのか、なにが起きたのか、
正しく情報を開示して話せばいいだけのこと。
それでないと批判される人々もいい迷惑。
あなたのはあれらは悪ってところから始まるんだよ。

オモチャ、さざける、、だけでは説明不足。


290 :名無しさん@占い修業中:2005/04/03(日) 21:38:56 ID:GkaB4Xj/
ただの通りすがりの2ちゃんねらーでいいかと。>>288

291 :名無しさん@占い修業中:2005/04/03(日) 21:40:29 ID:???
ささげる、ささげる、ささげる、
さざけるではないね。よく打ち間違えるな。すまんね。


292 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/03(日) 21:44:09 ID:KvXP9hQy
>>289

>正しく情報を開示して話せばいいだけのこと。

別になにがしかを詳細に説明するつもりはないよ。最初から。。。
他人のプライベートなんて、おれには無関係だしさ。

占い情報を提供する側の人たちが、いかに知的に偏ってるか?
ということを、この板で現象化したかったわけ。
できるだけ、相手に語らせる、というスタイルでね。
その中におれ自身が含まれていてもちっともかまわんよ(苦笑)。

それはもう終わったと思うしあとは読んでよ、と。
松村スレの過去スレすら読んでないなら、そりゃ対応しようがないよ。


293 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/03(日) 21:44:53 ID:???
>>290
ただの通りすがりに、丁寧に答える義務は、おれにはないよね。



294 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/03(日) 21:48:46 ID:???
知的な偏りはかまわないんだけど、
どうも、それ以上にわけわからん人が多いよね。
まぁ、予想していたんだけどさ。
でも、それはそれで、気がつけばいいわけで。

いちおうさ、匿名という場を利用してやってたのは、
いまは何かよくわからないものに、
下手をすれば他人の悪意に絡めとられて、
「身も心も捧げる」ように感情的におぼれて、足を取られていても、
ちょっとした切っ掛けで気がつけば
容易にそこから脱出できるわけだから、恥じることはない、どうせ匿名だし、
というこちらなりの気遣いもあったんだよ。

295 :名無しさん@占い修業中:2005/04/03(日) 21:58:30 ID:???
「やることはやった。もう答えはでた。読んでくれ。」
なーんてさ、一人分かったような気になってるし、
マイワールド入っちゃってる人みたいでちょっとキモイ。

匿名空間で個人を識別しようという姿勢からして、本来のあり方からはずれてるし。
ここはたくさんの人が見てるのだから、相手を見て話すという行為にもあまり意味はないし。

身も心さんもあなたが勝手に想定した、占いの犠牲者にすぎないようだしね。
そんなやついないかもしれないし、本人ぜんぜんそんなこと思ってないかもしれない。
あなたの妄想につきあわされるだけなのかもな。


296 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/03(日) 22:00:20 ID:KvXP9hQy
>>295
無理矢理、話を捻ってるなぁ。

というか、それならあなたは、なんのために書いているのさ?
しかも、まったく無根拠に断定しているだけだし(爆笑)。

それじゃ、なーんも説得力ないよなぁ。。。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本当の意図ってなにさ? あなたの。

297 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/03(日) 22:02:04 ID:KvXP9hQy
まぁ、そんなやつがいてもいなくても、占い依存症で参ってる人たちはいるわけで。

そのように、事実は、心理兵器として占いが機能しているんだし、
しかも、それを用意している側は「占星術がオモチャだと気がついたか」と
言ってるんだし。

これをひっくり返すのは、もう無理。ごまかし続けてきた記録が残ってるし。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

しかも、これ、宗教被害ですよ。かなりのね。

298 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/03(日) 22:07:08 ID:KvXP9hQy
まぁ、人並み以上に占いに関心がある人たちは、
おれが関わったようなくっだらないところを
ばっさりと切り捨てて進むのが良いと思いますよ。

299 :名無しさん@占い修業中:2005/04/03(日) 22:09:14 ID:???
>>296
書く動機を勘ぐってもしょうがないと思うが。

無根拠に等しい事にたいして、想像でものをいうのは問題ない。
あなたのヨタ話(ささげる、オモチャ、他)をまにうけてないということ。

いいかげんなニュースに、そりゃこんなとこじゃねぇの?
って、適当に想像で予想しただけ。
誰でもすることでしょ。

300 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/03(日) 22:10:30 ID:KvXP9hQy
>>299
動機を勘ぐるのは、別に普通のことだと思うけど。

これほどまでに、粘着する理由はよほどの動機があるとしか思えないよね。

ヨタ話とラベリングするのは自由だけど、心理的なダメージを
占いが与えている事実は無視できないし、あなたは何も解決方法をもたらしていない。

301 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/03(日) 22:11:08 ID:KvXP9hQy
まぁ、これ以降は、IDがでない書き込みには答えないから。

信用していないしさ。

302 :名無しさん@占い修業中:2005/04/03(日) 22:23:34 ID:GkaB4Xj/
勘ぐるのは普通かな。ネットでそれを続けるとやがては心の病気になるが。

ラベリングもなにも、あなたは確かな証拠を出していないし語らないのだから、
ヨタ話程度に受け取っておくのが正しい態度。
占いを話半分くらいに受け取るようにね。

心理的なダメージ、うらないの害。
それは飲酒の害みたいなもの。
なににでも悪いところはある。


303 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/03(日) 22:24:59 ID:KvXP9hQy
>>302

>心理的なダメージ、うらないの害。
>それは飲酒の害みたいなもの。
>なににでも悪いところはある。

いやいや。。。飲酒と一緒くたにするのはそりゃまずいよ。
乱暴すぎる。あまりにも。心理兵器の疑いすらでてるのにさ。

申し訳ないけど、あんたの知識レベルを疑うよ。

304 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/03(日) 22:26:55 ID:KvXP9hQy
心理兵器と言えば、聞き慣れない人には
当たりは柔らかい印象を与えるかもしれないけど、
一歩踏み込めば、これ、洗脳手段ということだからね。

305 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/03(日) 22:28:16 ID:KvXP9hQy
まぁ、こういう具合に、占いを擁護する人たちのなにがしかが
あらわになっていくようすを現象化したがっていたわけですよ。

もういいんだけどさ。実際のところは。

306 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/03(日) 22:29:55 ID:KvXP9hQy
もちろん、おれなんかとは無関係なところで、
ちゃんとやってる人たちがほとんどでしょう。

ただ、おれが見たものは、くだらなかったよな。
「占星術がオモチャだと気がついたか」がその代表選手だが。

できれば、スルーした方が良い。そう思います。

307 :名無しさん@占い修業中:2005/04/03(日) 22:34:39 ID:GkaB4Xj/
私はあなたの知能レベルを疑う。>>303


308 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/03(日) 22:38:53 ID:???
>>307

それで良いんだと思うけど。
だいたい、あなたが言うようにおれなんてたいしたことないよ。

おれが、「オモチャ」くんの後釜に座ってもしかたないんだしさ。

だいたい、そういう懐疑の姿勢がいままでなかったから、
こんなわやくちゃになったわけで。

占いセンセーに言われたことを、まんま鵜呑みにしている人たちが
現象化されていたんだし、それを第一に現象化したかったんだしさ。
松村派は見事にその役割に応えてくれたんだ。

でも、もう終わりじゃないのかな。そう思いますけどね。


309 :名無しさん@占い修業中:2005/04/03(日) 22:52:56 ID:GkaB4Xj/
> たいしたことないよ。
こういう人はそこそこだとはおもってる。
見てきた限りでは。どうでもいいが。

占いってオモチャでもいいようにも思うな。
もともとおもちゃというか。
サイコロふって運勢を見る。
十円玉をふって易を立てる。
占星術も同じ。サイの目は星にゆだねると。
それでいい。

310 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/03(日) 22:56:25 ID:KvXP9hQy
>>309
その理解は浅いよ。歴史を根本的に無視しているしさ。

オモチャじゃない。
オモチャと言い放ったやつが無知で詐欺的なだけだよ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

だから、自然学的なところからねちっこく説明してたのに、
説明したかいがまったくないですね。

311 :本日の一席:2005/04/03(日) 22:57:47 ID:???

   誰一人 

   説得できぬ 

   夜勤クン
           −詠み人知らず−

312 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/03(日) 22:59:49 ID:KvXP9hQy
これ、うまいこと言ってるよなぁ〜。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
No:14 2005-04-01 22:06:02[RES] from:

「ネット以外のソースを用意できる層」(仮称:隊長)「ネットに代表される公開ソースを吟味できる層」、
「ネットを使いこなせない層」「それが何であるか理解し得ない層」(仮称:おばちゃん)それぞれが、
それぞれの「層」の下位は理解できても、上位は理解できない。
理解できないが故に、現状を持って最良と思っている。
おばちゃんは、仮にヨン様が極悪な行動をしていたとしても、その事実が書いてあるより、
夢のような王子っぷりが綴られるサイトを意図的に選択する。
それを上位層が糾弾しても、その人たちにとって真実=デマでしかないし、
「皆まで言うなよ夢見てるのに」と責められるだけなんじゃないの?
と、なると、一家四人の朝の食卓に上がるのは、
洗剤多くくれた方の新聞に決まるだけであり、選択を迫られることは無い。
一層上に属する人が、講義しても会話は成立しない。
歯噛みしながらその状況を受け入れるしかないんじゃないかと。

http://my.casty.jp/kirik/html/2005-03/03-31-50760.html

313 :本日の佳作:2005/04/03(日) 23:02:02 ID:???
  リンク貼る

  貼る貼る貼る貼る

  春の夜勤

     −クレヨンヨン様−



314 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/03(日) 23:02:02 ID:KvXP9hQy

まぁ、いずれにせよ、お互い様、ということでね。。。

たださ、

宗教的な背景を背負いながら、
虚言を吐く人たちを警戒した方が良い、

というのは、再度言っておきたいよな〜。

315 :名無しさん@占い修業中:2005/04/03(日) 23:02:47 ID:3bwsN+Hr
>>89
>比較対照として、亜硝酸ナトリウムを5万倍に薄めたもの
ブランクは磁気を転写してない純粋でするべきじゃないか?
磁気の転写で化学反応まで可能なのか?



316 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/03(日) 23:04:31 ID:KvXP9hQy
計測可能とは何か?と言うところから考えなければ、
サイエンスの枠組みは越えられないと思うけど。

占いってサイエンスじゃないし。

317 :名無しさん@占い修業中:2005/04/03(日) 23:06:20 ID:???
こいつは人間、支配されるか支配するかの関係しか
意識できないから、気をつけろっっっ。(長井秀和風に)

318 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/03(日) 23:07:10 ID:???
>>317
すごいこというね。あなた。。。

319 :名無しさん@占い修業中:2005/04/03(日) 23:16:02 ID:GkaB4Xj/
>>310
なら心理兵器ってのは撤回かい?
オモチャなら兵器じゃない。

320 :名無しさん@占い修業中:2005/04/03(日) 23:20:10 ID:GkaB4Xj/
>>317
あげたれよ。IDわからないとおちつかないらしいから。


321 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/03(日) 23:20:45 ID:???
>>319
? さっぱりわからん。何が言いたいのだか。

占いで他人の心をコントロールしようとしながら、
「占星術がオモチャだと気がついたか」と言ってるのはおれじゃないよ。

いろんな側面があるし、心理兵器としても使われているし、使いたがっている人が多い。
人間の心をコントロールする手段としては、それなりに有効なケースが多いでしょ。

何そこに見るかは、本人の理解力によるんじゃないのか、と最近思ってますよ。以下参照。
http://my.casty.jp/kirik/html/2005-03/03-31-50760.html

いずれにせよ、何でも良いと思うんだけど、詐欺はまずいよね、
「占星術がオモチャだと気がついたか」と言いながら、
占星術で幸運の時期を探ってるといいながら、
他人をコントロールし酔うなんて、悪質な詐欺じゃん。まぁ、RPGもほどほどに、と。

322 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/03(日) 23:22:03 ID:???
>>320
いや、何人いるか、わからないから。
IDがわかれば、話の流れが見えやすいでしょ。
でなければ、話がこんがらがるでしょ。

323 :名無しさん@占い修業中:2005/04/03(日) 23:27:31 ID:GkaB4Xj/
>>321
あなた的には、占いはオモチャに同意なのか、心理兵器なのか。どっち?
ちくしょーおもちゃだったのかと思っているように見えたんだが、
心理兵器ともいってるし、どういうものと認識してるんかなと。


324 :名無しさん@占い修業中:2005/04/03(日) 23:45:55 ID:GkaB4Xj/
オモチャさんが、だれかさんを占いでマインドコントロール(?)しながら、
占いはオモチャだといったわけか。
占いをマインドコントロールに確信犯で使っているなら、それはおもちゃとはいえる
ようなもんじゃないだろう。催眠術がおもちゃでないように。
オモチャと気づいたかは、口からでまかせだったかもしれない、とも考えられる。

325 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/03(日) 23:47:05 ID:KvXP9hQy
>>323

「占星術がオモチャだと気がついたか」って言葉ですか。

当初、その人は、星占いを何年も周囲の人たちとコミュニケーションする手段、
および、稚拙な心理操作の道具として使っていたようだが、
様々な人にいろいろインタビューしていったおれがだんだん疑いを持って、
疑念を発する言葉を語ったときに、たたきつけられた言葉が、これなんですよ。
おそらく、その人の中では「他人を心理的にコントロールできる、体の良い道具、
(わかってると信じている)自分にとってはオモチャのようなもの」なんでしょう。

たぶん、周囲の無知で純粋な人たちをそうやってコントロールしてたんだろうなぁ。
実際、占いを通して発する言葉に他人が頷く様子を何度何度も見ていると、
何か自分が偉くなったような錯覚に陥るのも無理ないよなぁ、とは思うが。。。。

まぁ、おれもお馬鹿さんだったんですよ。
そういうお馬鹿な人たちには、星占いは、影響力の多寡はあれども、
心理兵器として使えるでしょうね。もちろん、これは、別に星占いだけじゃないけどさ。

326 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/03(日) 23:49:20 ID:KvXP9hQy
<続き>
つまるところ、星占いが心理兵器として効くか効かないかは、
そこまでに受けた教育が深く関わってくるように思うよ。
ただし、人によっては、星占いは当然のようにスルーできても、
今度は自分が受けた高等教育に絡め取られているケースもあるし、
そのへんは何が正しいとか、なんとも言えないよね。
ケースバイケースかな。極論すれば、それを信じていて、
嘘がなければOKとしか言えない。

いまは気にならないけど、当初、松村氏ともめた理由のひとつに、
この心理操作的な側面があったことは言っても良いでしょうね。
束縛から脱出するときには、脳を自分の手で切開するような苦痛があった。
考えるだけで、頭痛がするわけ。よほどひどく心理的に絡め取られていたんだ、と思った。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
いまの自分には、星占いはどうでもいい。関心の範囲外。
気が向いたら、昔やってたし、RPGやってもいいですよ?という感じ。
でもわざわざやる気はない。好き嫌いではなく、興味がないから。
占星術は、星占いをやってる人たちと関わっていたときに
考えていたものとはまったく別のものになった、とは思う。
ごく一部の人たちと、そういう会話をリアルな場面でときどきしているよ。
それが何かは言いたくない。こんな場所で内面を明かしたくないから。

327 :名無しさん@占い修業中:2005/04/04(月) 00:13:16 ID:i4v0Njxv
悪い。今日はもう寝る。またね。

328 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/04(月) 00:13:41 ID:13OyomXp
>>324
それは違うでしょ。

なんでもいいから占ってみ? 路傍でも何でも良いから。
おれ、区の祭りも含めて、何度かやったことあるんだけど、
最初は不安感もあって「本当にこれで良いのか」と遠慮がちなんだが、
なにもわからずに当てずっぽをいってる自分の言葉に
頷く人たちに、途中からうんざりするんだよね。
次に、自我が肥大してくるんだよな。
なにがしかの悩みを抱えているから占いにくるわけで、
そういう人たちは何を言っても「うんうん」と自分の言葉を鵜呑みにするわけでさ。
まずいなーと思って、何度かやってやらなくなった。自分には向いていない。

まぁ、プロになるにはこんなのじゃ当然ダメで、さらにさらに段階をくぐって、
先を進まなきゃならないんだろうけどさ。そこでどうなるかは知らない。
人によっては、自我肥大の化け物のようになるんだろうし、
そうじゃない人が「良い占い師さん」という評判を獲得するんでしょう、と予想してます。

たぶんね、「オモチャ」の人は、自我肥大したままそのまま逝っちゃったんじゃないのかなぁ。

329 :名無しさん@占い修業中:2005/04/04(月) 00:25:55 ID:???
自分の話ばっかですね。

このスレタイからして、もっと良いスレになるはずなのに。

330 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/04(月) 00:41:18 ID:???

>>329
話が流れちゃったのは、すみません。


当初はこちらも、実は出生時間なんか関係ないんじゃないの?
という話をしてたんだけど、反応悪すぎるんだもん。
形而上学って、それ違うじゃん、とか、そのへんからなーんかみょうな方向へ。

いつのまにやらズルズル流れてしまいました。

331 :名無しさん@占い修業中:2005/04/04(月) 16:46:08 ID:3qeEDs+m
自我肥大っていう意味では、この板の夜勤をみてると、
この人こそが自我肥大だと思うのだが。

自分の話ばっかですね、とかいわれてみたり。事実そうだし。

多くの人の目に、この肥大しすぎた自我は目に鼻につくと思うんだが、
本人には盲点になっててみえないらしい。
だからこそ肥大していくわけだが。

332 :名無しさん@占い修業中:2005/04/04(月) 18:34:55 ID:???
まあ夜勤の言ってることは、
自ら批判的な意見を述べてみればよく分かる。
体験者は語る。

333 :名無しさん@占い修業中:2005/04/04(月) 20:29:00 ID:3qeEDs+m
夜勤は「占星術はオモチャであり心理兵器である」と考えているでOK?>>夜勤


334 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/04(月) 22:11:02 ID:13OyomXp
>>331
と言われてもなぁ。。。

よしんばそれに同意したとしてもですね、
自我肥大して虚言ばらまくよか、マシじゃん、とか言ってみる。

>>333
違うよ。心理兵器として使えるというのは同意するけど。



335 :名無しさん@占い修業中:2005/04/04(月) 22:30:45 ID:3qeEDs+m
>>334
自我肥大は他人と比べてどうこう言う問題ではないと思うよ。
で、占いはオモチャと考えているでOK?


336 :配当ひとり。 ◆HU7XfvOYA2 :2005/04/04(月) 22:36:42 ID:???
>なんで出生時間で人の性質や運命が決まるの?

はぁ〜

こんなスレあったんですね〜

もう2度とこないかもしれませんが コメントのこしますね

出生時間で人の性質や運命が決まるわきゃないんです。




337 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/04(月) 22:37:48 ID:13OyomXp
>>335
だからー。ちゃんと読めー。

説明するのめんどくさいのでスルー。

338 :名無しさん@占い修業中:2005/04/04(月) 22:43:13 ID:3qeEDs+m
読んでもわからんのだけど。>>337
心理兵器ではないというのはわかった。
ならオモチャか?
それ以外か?


339 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/04(月) 22:44:08 ID:13OyomXp
>>338
二者択一するような考え方を捨てられない人はスルーだよー(w。



340 :名無しさん@占い修業中:2005/04/04(月) 22:46:59 ID:3qeEDs+m
でもまあ使えるなら心理兵器ってことかね。
モップも少林拳の使い手にわたれば凶器みたいなもんだし。
でもモップを凶器だといいはるのはこっけいな話だ。

341 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/04(月) 22:48:48 ID:13OyomXp
>>340
心理戦争やプロパガンダの本をまず読んでみよー。そこからでしょ。

342 :名無しさん@占い修業中:2005/04/04(月) 22:49:40 ID:3qeEDs+m
くだらない。>>341


343 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/04(月) 22:50:22 ID:13OyomXp
結局さ、情報を受け取る側の教育や認識力、洞察力が
密接に絡んでくるわけだから。

旧日本軍向けのプロパガンダだって、天皇批判は避けるとか、
いろいろアメリカ様は研究調査して、きちんとした仕掛けを打ってたりします。。。

こういうのもちゃんとした本を読めばわかるよ。何事も一意にはいえないってことも。

344 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/04(月) 22:51:15 ID:13OyomXp
>>342
何を持ってくだらないというのか、教えてほしいよね。
こんなところで躓いているのに。。。

345 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/04(月) 22:52:33 ID:13OyomXp
まぁ、もう少し、ちゃんと考えてください。よろしくー。

346 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/04(月) 22:54:32 ID:13OyomXp
相手の教育水準を見極めて、情報を提供する、というレベルで考えるならば、
たいていのものは、心理兵器的な扱いをされて良いかもしれない。

問題は、占いで行われているその水準があまりにも低すぎることだ。残念ながら。

347 :名無しさん@占い修業中:2005/04/04(月) 22:58:38 ID:3qeEDs+m
はいはい


348 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/04(月) 22:59:09 ID:13OyomXp
>>347
でも事実じゃん。

349 :名無しさん@占い修業中:2005/04/04(月) 23:01:14 ID:3qeEDs+m
ならばオモチャさんの捨てぜりふも一意には解釈できんな。>>343


350 :名無しさん@占い修業中:2005/04/04(月) 23:01:18 ID:???
おい、おまいら!わけわかりませんよ。この辺から逝きませんか?

>>169 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg [] :2005/03/21(月) 17:46:41 ID:m/5OdiTJ
よくわからないんだけど、天人相関の概念自体がなんなのか?というところで
一悶着あるような気がするけどなぁ。。。

天の概念から派生した天人相関をネットで百科で引くと、
http://ds.hbi.ne.jp/netencyhome/

【天人相関】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
中国の思想上,天(自然)と人(人事)とには対応関係があるとする説。
最初に組織的に論じたのは前漢の董仲舒(とうちゆうじよ)の《春秋繁露》である。
それによると,人体に大節が12あるのは1年の月数に,小節366あるのは日数に相応し,
五蔵は五行(ごぎよう)に,四肢があるのは四時の数に当たり,
覚めまた眠るのは昼夜に等しい。すなわち人の身体は天の全体をそなえた小宇宙であり,
それゆえ人は天と不可分の関係にたつと説く。(以下略)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

>>175 :名無しさん@占い修業中 [sage] :2005/03/22(火) 16:56:44 ID:???
966 :名無しさん@占い修業中 [sage] :05/03/20 00:42:06 ID:???
よく「占いは統計学」とか言うけどさー、データの収集してんの?
各占い師が勝手に鑑定とかして、自己満足に浸ってるだけだろ。
実際に診断どおりの人生かってのも、客観的な判定は不可能だし。
データの取りようがないじゃん。取ってないだろ。取ってたって少数派だろ。
だいたい平均とか分散とか、占いで聞いたことないぞ。
「いままでみてきた印象で」とか言ったって、そんなの統計学じゃなくね?

351 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/04(月) 23:01:41 ID:13OyomXp
>>349
いや、あれはご本人様に、悪意があるからね。

そこが問題なわけ(w。

352 :名無しさん@占い修業中:2005/04/04(月) 23:02:19 ID:3qeEDs+m
身も心も捧げるさんも同じ。


353 :名無しさん@占い修業中:2005/04/04(月) 23:10:02 ID:3qeEDs+m
彼らがどういう意味あいでいったかは一意では語れないだろう。
彼らだってここにひっぱりだしてくれば、それなりの言い分だってあるだろう。
ぜんぜん話が違う可能性だってある。こういう私怨がらみの話はとくに。


354 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/04(月) 23:24:51 ID:13OyomXp
>>353
ようするにね、特定の宗教にはまりながら虚言をばらまく人たちには、
彼ら自身の内面に、なにがしかの集団に属している自覚がないんだろう。

フロントラインの自分が原因で特定集団そのものが判断されているって自覚がさ。

355 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/04(月) 23:27:31 ID:13OyomXp
宗教やってるところって、たいていは、そのへんチェックされているけどな。
教祖的な人たちから、模範たれ、と言われているケースも多い。

まったく逆ベクトルを実践する虚言癖のある人たちが、不思議で仕方がないよ。

356 :名無しさん@占い修業中:2005/04/04(月) 23:33:25 ID:3qeEDs+m
そんな話してない。>>354
ずっと彼らの発言を引き合いに出して、彼らと彼らの占いを断罪してきたわけだが、
一意で決められないというなら、夜勤に一意で決めつけられた彼らはどうなる。


357 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/04(月) 23:33:43 ID:13OyomXp
>>356
嫌、そういう話ですよ。その自覚がないから、虚言なんだろうし。

358 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/04(月) 23:34:19 ID:13OyomXp
まぁ、おれの内面では、非常に評価が下がった特定集団がある、とは言っておきます。

そういうもんでしょ。なんだって。

359 :名無しさん@占い修業中:2005/04/04(月) 23:36:49 ID:3qeEDs+m
占いをオモチャだといってみたり、心理兵器だといってみたり、
どっちだよ聞くと、一意では決められないという。
ご都合主義で使い分けているらしい。
それだって虚言癖のようなものだろ。

360 :名無しさん@占い修業中:2005/04/04(月) 23:38:10 ID:3qeEDs+m
私怨で客観がゆがんでる。>>357


361 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/04(月) 23:38:40 ID:13OyomXp
>>359
だからさ、物事にはなんでも階層ってものがあるの。

それすらわからないから、話がスパゲッティプログラムになるんだし。

362 :名無しさん@占い修業中:2005/04/04(月) 23:49:22 ID:3qeEDs+m
あるときはオモチャといってバカにして、
あるときは心理兵器といって警戒心や恐怖を煽る。
階層があろうがなかろうがこれは虚言癖には変わりない。
これは自明ではないかな。


363 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/04(月) 23:51:46 ID:13OyomXp
>>362
361を読んでください。。。

フォトショ使ってるかどうか知らないけど
レイヤーの概念くらい知ってるでしょ。。。

364 :名無しさん@占い修業中:2005/04/04(月) 23:57:02 ID:3qeEDs+m
>>361
階層、スパゲッティプログラムか。w
あなたの知識はみんな付け焼き刃だ。

365 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/04(月) 23:57:45 ID:13OyomXp
まぁ、特定集団がまともなら、まっとうなスタイルで内部調整してくださいよ。

知らんよ、他人の人生だし。

366 :名無しさん@占い修業中:2005/04/05(火) 00:00:07 ID:3qeEDs+m
>>365
お門違いだね。さて12時だ。寝る。


367 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/05(火) 00:00:54 ID:13OyomXp
>>366
嘘を突き続けて早何年なんですか?(苦笑)。

368 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/05(火) 00:01:47 ID:13OyomXp
「オモチャ」発言だけにこだわる人が、常に特定ひとりいる、という不思議(w。

なんだかなー。。。

369 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/05(火) 00:04:58 ID:NzPmBxqA
まぁ、評価が下がった特定集団がある、と。激烈にね。
それは、しかたないじゃん。

教祖のところへメールか封書で詳細とログ含めて
全部送ってやろうかな、とときどき思うよ。

370 :名無しさん@占い修業中:2005/04/05(火) 00:06:01 ID:???
激しくすれ違いです。
もういい加減にしてください。占星術がおもちゃであろうが
心理兵器であろうが、少なくともこのすれには関係ない。
あまりにも関係の無い、しかも個人的な話を延々とするのは
いかがなものかと・・・

正直、占いどうこうの前に、人格的に疑ってしまいます。

371 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/05(火) 00:06:47 ID:NzPmBxqA
>>370

正直、こういう話は止めたいんだけど、
「オモチャ」というひと言だけに、しつこく食い下がる人がいるんだもん。

372 :名無しさん@占い修業中:2005/04/05(火) 00:07:39 ID:???
>>1

そう「思い込む」ことが大事なんだよ。
「騙される楽しさ」ってのも世の中にあってもいい。


373 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/05(火) 00:08:06 ID:???
おれの目的は人を減らすことだから、まぁいいとしても、
3qeEDs+mさんの目的意識は不明ですよ。何にこだわってるか皆目わからないし。

話を戻しましょうか。

374 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/05(火) 00:11:53 ID:???
>>372
アホかい。占い依存症が出てる界隈なのに。。。

375 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/05(火) 00:20:10 ID:???
>>366って、いま改めてみてみると、完全に自分のこととして捉えているよね。

じゃなきゃ、「お門違い」という言葉が出るはずもない。

いらっしゃい。。。

376 :名無しさん@占い修業中:2005/04/05(火) 16:49:18 ID:DS2QcT/r
>>1
時間というのを年月日も含めての時間とみなすなら、
統計取ると職業の傾向は出るみたいよ。
知りあいにデータ集めて占星術で統計とってる人がいる。
ただどうして性質が決まるのかはわからない。


377 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/05(火) 17:32:47 ID:???
>>376
それ、間違いじゃないの? というのが
統計スレの結論だったのでは。。。

たとえば、職業選択をいうなら、
12サインでセグメントを切るよりももっと適切な
セグメントの切り方があることが容易に予想できるよ。
たとえば、学歴とか学部とか、
高等教育を受けるために参考になる親の年収とか。

378 :名無しさん@占い修業中:2005/04/05(火) 17:49:44 ID:DS2QcT/r
>>377
今ここで話しているのは、日時から職業特性が一応でるらしいという話。
学歴、学部、親の年収の話がどうして出てくるんだ?
そんなデータ集められないよ。普通。


379 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/05(火) 17:50:09 ID:???
これさ、けっこう根深い問題なんだよな。

あらかじめ定められているセグメントに
無作為に人を当てはめて意味づける行為は誤り

ってことになるんだよなぁ。
つまり従来の星占い的な発想そのものに「?」を提示してるわけ。

380 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/05(火) 17:53:36 ID:???
>>378

君は思いこみが激しすぎるよ。

統計の嘘について書いてある本くらい読みなよ。
おれもそれほど得意じゃないけど、
それでもわかりやすい本はあるよ。。。

そもそも母集団の様相を95パーセントの確率で
有意に推計するというのが基本的な発想じゃないの?
すべてを数え上げられないわけだから。

381 :名無しさん@占い修業中:2005/04/05(火) 17:58:37 ID:DS2QcT/r
なんでそうやってすぐに人格攻撃に出るかな。
じゃあきくけど夜勤はちょっとでもデータ集めて統計とったか?
95%云々もしってるけどね、それは理想でしょ。

で、学歴、親の年収が出てきたのはなぜよ。それを聞いてるんだけど。


382 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/05(火) 17:59:28 ID:???
とにかく、ちょっとおかしなことが言われすぎているよ。

意味づけるときには、意味づける基準を設定する、
もっとも適切なセグメントを探す、ということそのものが困難なんだ。
それを見つけることが、お仕事の人もいるんだよ。
ちょっとだけだけど、一緒に仕事をしたことがある。

お互い様だから、気がついたら指摘しあいましょう。。。
おれはそれほど詳しくないしね。

383 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/05(火) 18:00:01 ID:???
>>381
だから、その発想そのものが間違ってる、ということが
あなたにはわからないんだってばさ。

384 :名無しさん@占い修業中:2005/04/05(火) 18:02:51 ID:oMg8mHCY
>>379
>つまり従来の星占い的な発想そのものに「?」を提示してるわけ。
あの、じゃあこの板全体にいる必要はないのでは?
だって、ここの板は少なくとも占いというものを肯定し、
それを考えようとするところでしょ?あまりに否定的だと
荒れちゃうし(現にそうでしょ?)見てる方だってあんまりいい気には
ならないものだし。
それから、あんまり人の意見を否定しすぎないことだよ。特に今の>>376
みたいにさ。せっかくテーマを与えてくれてるのに。
まぁ私もあなたを否定してるから、偉そうに言えないけどさ。

ところで、従来の星占いの発想に「?」なのなら何か面白い星占いの発想を
見つけたりでもしたの?それと、セグメントってどんな意味なのかな?

385 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/05(火) 18:03:05 ID:???
だってさ、職業選択には、学歴や学部が絡んでるし、
それを獲得するための親の年収も考えた方が良い、
ということは自明だよ。

この前、NHKの生放送で日本を二分化している
格差の番組をやっていたけど親の年収で教育の水準が
二分化している、とかそういう話は当然のようにでていた。
見てないかもしれないけど。でも、容易に予想できることでしょ。
子供育てるにはお金かかるんだし、東大生の親の年収が
平均よりもずいぶん高いと言うことは以前から言われているし。

386 :名無しさん@占い修業中:2005/04/05(火) 18:03:07 ID:DS2QcT/r
どんなふうに統計がとられたかも聞かないうちから、えらいきめつけるよね。


387 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/05(火) 18:03:59 ID:???
>>384
いま、脱洗脳状態になってるんじゃないの?

いずれにせよ、感情的になってる人とは話さない。もう少し考えて。

388 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/05(火) 18:05:14 ID:???
>>386
いままでまったく嘘を排除できなかった場所だからなぁ、という
こちらのバイアスはあるよ。それは認める。

389 :名無しさん@占い修業中:2005/04/05(火) 18:06:16 ID:DS2QcT/r
ようするに話はできないよね。こういう人(夜勤)とは。


390 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/05(火) 18:07:10 ID:???
>>389
だってさ、明らかに誤ってるでしょ。

391 :名無しさん@占い修業中:2005/04/05(火) 18:08:16 ID:DS2QcT/r
調べる事が難しい事はわかってる。
それで何一つ、方法を提示できないなら去ってほしいんだけど。
このスレから。
君はデータも集めない。計算もしない。方法も考えない。
なにもためしてみようともしない。
研究者としてもカスじゃん。>>夜勤

392 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/05(火) 18:09:16 ID:NzPmBxqA
>>391
こちらは、時間は関係ない、ということを言ってる。
想起できないから。

君とは視点がまったく違う。

393 :名無しさん@占い修業中:2005/04/05(火) 18:09:48 ID:oMg8mHCY
>>387
あの、私は今特に感情的にはなってないと思うけど、何か気に障りましたか?
別に気分を害そうと思ったんじゃないんだけど、そうとられるような書き方
だったかな??だったら謝ります。すみません。
でも本当に、占星術に真面目に関わる者としてお尋ねをしたんですよ。
どんな発想を思いつかれたのかを。

あと、「脱洗脳状態」とは??私はたぶん洗脳されてはいないと思いますが。

394 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/05(火) 18:10:14 ID:NzPmBxqA
>>393
感情的ですよ。十分。

395 :名無しさん@占い修業中:2005/04/05(火) 18:11:24 ID:DS2QcT/r
>>385
それでその理屈を実際に傾向がでるか調べてみたのか?
それでどういう傾向が出たんだ?
データは?統計結果は?

396 :名無しさん@占い修業中:2005/04/05(火) 18:14:03 ID:oMg8mHCY
>>389>>391
お取り込み中悪いですけど、この夜勤さんと言う人に関わってても
決め付けられるだけで話も何もできませんし、
あなたの「統計データ」とやらのお話を聞かせてもらえますか?


397 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/05(火) 18:14:08 ID:NzPmBxqA
>>395
だからさ、そういう発想じゃないんだってば。

ホロスコープという二次元平面で構成されたものをすでにあるのに、
どうして計量可能な一次元的な単位に還元して、
別の統計的なマップにマッピングしなきゃならないわけ? 
そのへんから根本的に捻れていると思うんだけど。

398 :名無しさん@占い修業中:2005/04/05(火) 18:14:08 ID:DS2QcT/r
>>392
意味わからないな。
「時間は関係ない」っていって、それで認められるなら苦労はいらないね。
いくら仮説をならべても、それはただの仮説。

399 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/05(火) 18:15:45 ID:NzPmBxqA
>>398
だから、それを仮説という君が、君の限界なんでしょ。
説明してもわからないよ。

結果が出たとしても、それ星占いとはまったく別のものでしょ。

400 :名無しさん@占い修業中:2005/04/05(火) 18:16:22 ID:DS2QcT/r
>>397
あーもっとね、簡単にだれにでもわかるように説明してください。
>>396
ああ、わるいけど、2chにそんなエサ撒く事はできないですよ。
ただそういうデータを集めて、統計を試みている人はいる。

401 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/05(火) 18:17:36 ID:NzPmBxqA
>>400
それは知ってるよ。
そういう発想でマーケティングやろうとしている人もいるし。


402 :名無しさん@占い修業中:2005/04/05(火) 18:18:02 ID:DS2QcT/r
私だけはわかっているけど、あなたにはわからないのだと。
そういうわけですね。>>399

403 :名無しさん@占い修業中:2005/04/05(火) 18:18:36 ID:DS2QcT/r
で、そんなのは無駄だっていってるんでしょ。あなたは。>>401

404 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/05(火) 18:19:14 ID:NzPmBxqA
メディアでかなりの情報をばらまいているから、
自己イメージをそれに沿わしながら
行動する人たちもいるかもしれないよね。

タルドの模倣理論じゃないけど。

405 :名無しさん@占い修業中:2005/04/05(火) 18:19:33 ID:DS2QcT/r
>>397ってなにいいたいのかさっぱりわかんないや。アホですんまーへん

406 :名無しさん@占い修業中:2005/04/05(火) 18:20:47 ID:DS2QcT/r
>>404
なんでそっちに話がそれてくのもさぱーりわーりまへんなあ
電波ですわ


407 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/05(火) 18:21:06 ID:NzPmBxqA
>>403
いや、ちょっと話が飛ぶけど、
そういうアホな社会はごめんだ、といってるわけ。

さも真実らしくばらまかれるのは勘弁してよ、と。
もう少し、ちゃんと情報が精査される場所ならいいけどさ。
ここもふくめて、占い業界ってそういうもんじゃないもんな。

408 :名無しさん@占い修業中:2005/04/05(火) 18:22:24 ID:DS2QcT/r
あなたとは根本からちがうんですよ、だからわからないのです。
といって、マジわかんない話ばかりでんがな

>ホロスコープという二次元平面で構成されたものをすでにあるのに、
>どうして計量可能な一次元的な単位に還元して、
>別の統計的なマップにマッピングしなきゃならないわけ? 

はぁ?なんだよ、これ。
誰か平たく説明しなおしてくれよ。さっぱりわかんねーよ。



409 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/05(火) 18:22:43 ID:NzPmBxqA
結局、なにがしかを信じちゃう人たちが出てくるわけでしょ。


410 :名無しさん@占い修業中:2005/04/05(火) 18:24:38 ID:DS2QcT/r
>>407
スレのタイトル読めないのかよ、ヴォケがぁ!

411 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/05(火) 18:25:02 ID:NzPmBxqA
>>410
ボケは君だ。

412 :名無しさん@占い修業中:2005/04/05(火) 18:26:17 ID:DS2QcT/r
どんな善人バカもおまえだけは信じねぇえよ>>409


413 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/05(火) 18:27:12 ID:NzPmBxqA

>>412
別にかまわないよ。

ただ、嘘が多すぎるからな。ここ。。。

414 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/05(火) 18:28:02 ID:NzPmBxqA
でもさ、セグメントが何か?というところから
聴いているんだから、こりゃダメだ、と思うのもしかたないじゃん。

415 :名無しさん@占い修業中:2005/04/05(火) 18:29:07 ID:DS2QcT/r
どんなにネタ出しても、夜勤がぶちこわしちゃんうだな。
そんなことは無意味だっ!ぜんぜんなってない!
おれのいうことを聞け!おまえにはわからないんだ!

こんなのばっかし。(ため息)



416 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/05(火) 18:29:38 ID:NzPmBxqA
最初からセグメントを定めることなんか、ないよ。
少なくともこちらは知らない。だってそれを知るのが目的じゃないの?

417 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/05(火) 18:33:56 ID:NzPmBxqA
>>415
そうはいってないけどさ、実際、よくよく考えたら、
ホロスコープに人を当てはめるという発想って、
推計的なそれとはまっく逆転している別なものじゃん?
という指摘はあってしかるべきじゃないの?

418 :名無しさん@占い修業中:2005/04/05(火) 18:36:11 ID:DS2QcT/r
でもまあ、ホロスコープによる職業的特徴というのはあるのは事実。
ここでそれを公開するわけにはいかないけど。
自分でデータ集めて計算してみたら、それなりに特徴があることに
気づくと思う。


419 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/05(火) 18:37:40 ID:NzPmBxqA
>>418
だからー。それよりも効いているものがあれば、
そっちを優先するのは当たり前じゃんか。

だから、セグメントとは?と聴かれて、こちらがはぁ?ってなるわけじゃん。

420 :名無しさん@占い修業中:2005/04/05(火) 18:38:39 ID:oMg8mHCY
ほんの少しの時間で、すごい荒れようですね。
やっぱり占星術的なものを全否定して、自分の発想とやらも
書かないような人は、占術理論板にはいないほうがいいですよね。
荒れる元だから。占星術を全肯定しろとまでは言わないけど、
少なくともここは検証の場です。一方的肯定もためにはならないけど、
一方的否定はもっと性質が悪いです。それから、
>充分感情的ですよ
と言うあなたの言葉、あて先が間違っていらっしゃるようですわ。
ですので、そっくりそのままあなたへお返し致しますわ。

421 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/05(火) 18:38:47 ID:NzPmBxqA
容易に想定できるわけでしょ。おれがいくつか挙げた要素だって、
まぁ本当に調べてみなければわからないけど、
そんなにはずれているとは思えないよな。
法学部からバイオ研究者にはなれないし、理学部から獣医になる人はいない。

422 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/05(火) 18:40:43 ID:NzPmBxqA
自明じゃん。少なくとも、教育水準と傾向が直接的に
職業に関わっている可能性がある、というのは、自明に思えるよ。



423 :名無しさん@占い修業中:2005/04/05(火) 18:41:51 ID:DS2QcT/r
>>419
うるさいな、おまえはおまえで研究して、学歴と職業選択の(ry
などというクソ面白くもない論文書いてりゃいいの。
何一つ統計とった経験もないやつがほざくな。
おまえはフォトショでもいじくってなさいってこったよ。


424 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/05(火) 18:42:57 ID:NzPmBxqA
で、おきまりの「統計の嘘」的なつまらん結論になるわけでしょ。
もう飽きてるんだよね。こちらは。。。

>何一つ統計とった経験もないやつがほざくな。

あのさ、ところが違うんだよな(w。
仕事を組んでやってた、といってたでしょ。さっき(w。
守秘義務期間があるから、話せないのは同じだが。

425 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/05(火) 18:43:44 ID:NzPmBxqA
それなりにノウハウと概略がわかってるのは、理由があるのさ。

まぁ、それほど詳しくはないけどね。それは認める。

426 :名無しさん@占い修業中:2005/04/05(火) 18:48:20 ID:DS2QcT/r
>>424
ほう、データは何件扱ったね?
千件、一万件、十万件、?
それくらいなら話してもいいだろ。


427 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/05(火) 18:48:52 ID:???
さて、黙ったようですが。。。
もう不毛だから、こういうのは止めましょう。

ちなみにおれが関わっていた仕事で扱っていた
データ量は、10万単位×数ヶ月間。

428 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/05(火) 18:49:50 ID:???
こんなにきちんとしたデータをとれるところは滅多にないことは、
そういう方面を知ってる人なら容易に推測できるだろうから、もう話せない。

んじゃ。

429 :名無しさん@占い修業中:2005/04/05(火) 18:50:27 ID:DS2QcT/r
ただま、統計取ると傾向は出る。
占い師も黴のはえたゴークランばかり引き合いに出さずに、
自分で計算すればいいのに。
ただま、占いの本質とは関係がないのは自明だが。


430 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/05(火) 18:51:35 ID:???
>>429
だからさ、その傾向がでたとしてもですね、でたものが
本当に意味があるか、ないかという判断ができない環境で
そういうことを言っちゃうと、信じちゃうでしょ。

そういう人ばかりなんだし。

431 :名無しさん@占い修業中:2005/04/05(火) 18:53:08 ID:DS2QcT/r
>>430
そうね、>>424も本当に意味があるか、ないかという判断ができない環境で
そういうことを言っちゃうと、信じちゃうでしょ。


432 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/05(火) 18:54:31 ID:???
>>431
いや、信じて良いんだよ。
実際、それでビジネスモデル組みたててるんだから。

口外できないだけでね。

433 :名無しさん@占い修業中:2005/04/05(火) 18:55:24 ID:DS2QcT/r
職業にかぎらず時間が運命や性格に関係するかどうか調べてみるというのは、
それなりにやってみる価値はあると思うんだが、頭ごなしに否定する人がいると台無しだよねぇ。


434 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/05(火) 18:56:18 ID:NzPmBxqA
>>431
というか、セグメントの切り分けうんぬんも知らないあなたも、
実はそのひとりじゃないの? というかなりな疑いがあるんですが。。。

>>433
だから、発想が逆転してるものを無理矢理くっつけている、というのを
なんどいったらわかるのかなぁー?

435 :名無しさん@占い修業中:2005/04/05(火) 18:57:28 ID:DS2QcT/r
統計に表れる数字をどう解釈するかは、かなり曖昧なものだしな。



436 :名無しさん@占い修業中:2005/04/05(火) 18:59:29 ID:DS2QcT/r
説明がたりないんじゃないの。>>434

夜勤も統計がとれるなら、出生データ集めて統計とって、特徴が出ない事を
実証すりゃいいと思うんだが。


437 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/05(火) 18:59:42 ID:NzPmBxqA


>>435
数字じゃないと思うよ。ここで話していたことは。
意味のあるセグメントの切り方ってなんなのさ?ってことだから。

438 :名無しさん@占い修業中:2005/04/05(火) 19:00:52 ID:DS2QcT/r
いちいち夜勤の思考パターンにつきあう必要は皆無なわけで。


439 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/05(火) 19:01:23 ID:NzPmBxqA
>>436
いや、だから、別のセグメントの切り方のほうがよりよいかも? 
いうことが、容易に推測できるわけじゃん。今の段階でも。。。

この辺の話は、ずいぶん前に実は統計スレッドでやったんだよな。
人を変え、場所を変え、同じことがずーっと繰り返されている印象。。。

440 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/05(火) 19:03:19 ID:???
>>438
いや、そうはいうけど、それ、たいして意味があるとは
思えないんだもん。

おれだったら、ちょっとまった、という感じでしか捉えない。
ひょっとしたら、メインのそれと組み合わせてさ、
サブセグメントとしては使用するかもしれないけど、
ぐちゃぐちゃに組み合わせちゃうと、
あまりにも複雑すぎる結果になるだろうから、やっぱり使わないと思う。

441 :名無しさん@占い修業中:2005/04/05(火) 19:03:56 ID:DS2QcT/r
>>437
はぁ?

442 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/05(火) 19:05:16 ID:???
>>441
だからー。もう話が通じないのは仕方がないけどさ。


443 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/05(火) 19:06:50 ID:???
職業選択に関する意志決定を探ろうとしたときに、
星占いのありもののセグメントを使う必要がどこにあるのか、
さっぱりわからない。

それに、第一の意味があるとも思えないよ。

444 :名無しさん@占い修業中:2005/04/05(火) 19:07:03 ID:DS2QcT/r
だからね、統計とればいいとおもうんだよ。
うだうだいうまえに。もちろん自由だけど。
データがあれぱ統計の取り方、切り口も人それぞれちがうはず。


445 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/05(火) 19:07:50 ID:???
>>444
だからさー。そのデータと解析手法、結果の意味づけそのものが怪しい、と
思われているんでしょうに(苦笑)。

446 :名無しさん@占い修業中:2005/04/05(火) 19:09:13 ID:DS2QcT/r
なにもしないんだったら、だまって信じてればいい。
占いだろうが、自然学だろうがね。
無意味だっていうなら、有意味なものもってくればいい。
愚痴っててもしょうがないわけで。


447 :名無しさん@占い修業中:2005/04/05(火) 19:10:21 ID:oMg8mHCY
スレの趣旨とは違ってしまうけど、ホラリー占星術や六壬神課なら
検証可能な近未来の事柄を占えるよね。
どうしてある特定の時間上で起きた事柄の行く末を、
その時の星の配置によって推理できるのか?
人の出生と星の相関関係を調べるよりは、より明確に
理解できるんじゃないかな。なんてったって、白黒ハッキリするんだから。

そもそも、出生占星術を検証しようとすること自体がとても難しいことだと
思うし。(自由意志の問題や、環境の問題、相性の問題などいろいろあって
人間の人生それ自体がそもそもデータとして扱うことが難しい。)

でもホラリーや六壬なら、天人相関説は通用するのかどうか、
天に現れていることは本当に地で起こることとシンクロしているのかどうか、
という占いの根本原理を確かめることは出来るよね。

448 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/05(火) 19:10:52 ID:NzPmBxqA
まぁ、データは正しいかもしれないけどさ。
解析方法と意味づけは、やっぱ変だろ。

>>446
でさ、信じちゃう人がいるからなー。周りへの悪影響も考えなよ。
統計処理行ったプロセスをちゃんと理解して意味づけできる
人たちばかりじゃないじゃん。ここ。

449 :名無しさん@占い修業中:2005/04/05(火) 19:11:42 ID:DS2QcT/r
うざくなってきたんだけど、つまりあれか。
出生時間は性格にも運命にも影響を与えない。
このスレは終了と。
そういいたいのか?


450 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/05(火) 19:12:20 ID:NzPmBxqA
人の心をむやみやたらに縛る、という意味では、同じだと思うしさ。

占いは統計で証明されました、とかいう人たちも、
以前から、チラホラ東西関係なくいた業界だし。。。

451 :名無しさん@占い修業中:2005/04/05(火) 19:15:00 ID:DS2QcT/r
統計とると特徴が出る。怪しいというなら、そうおもってればいいし。
それに所詮は確率だから、はずれることも含まれているしな。
どんな解析の仕方をしたかも公表してないけど、夜勤ははなから無意味と
きめつけている。まあそれもしょうがない。
ブツはこの場では公表できないからね。
けっこう使えそうだけどな。


452 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/05(火) 19:15:56 ID:NzPmBxqA
>>449

まぁ、あなたは論破された、ということで。。。

>>451
だから、それ、発想の根本が違うんだってばさ。。。
だから、占いが統計だといわれて、うんうんと頷く奴らばかりなんだろ。

453 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/05(火) 19:16:37 ID:NzPmBxqA
正直、無理がありすぎる、という感じ。

454 :名無しさん@占い修業中:2005/04/05(火) 19:18:24 ID:DS2QcT/r
別に証明したなんていってないしなあ。
みんなで考えてみようくらいのつもりでネタふったんだけど、
いろんな角度からデータを検証すると、いろいろ見えてくる
ものもあるんだけど。
狂犬みたいに夜勤がかみついてきたからこんななっちゃった。

455 :名無しさん@占い修業中:2005/04/05(火) 19:18:31 ID:oMg8mHCY
>>449
もし私の書いたことで「出生時間は性格にも運命にも影響を与えない」
と捉えられたとしたら、すみません。私の書き方が悪かったです。
私は決して出生占星術を否定はしませんし、あなたのような方の
たゆまぬ努力によって、統計的に見てもうなずけるような占星データが
出来ることを望んでいます。
けれど、今ここではその検証が難しいようですし、検証しようとしたところで
某Y氏による荒らしが入ってしまいますね。ですから、ホラリー、六壬なら
検証可能ですよと、私見を述べたまでです。


456 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/05(火) 19:18:44 ID:NzPmBxqA
なにがしかの傾向がでたとしても、その傾向に第一の意味があるとは
とうてい思えない。職業選択っていうわかりやすいテーマだからなおさら。

457 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/05(火) 19:19:35 ID:NzPmBxqA
ぶっちゃけ、なにいってんの?という視線で見られるよ。

それは、十中八九、正しいでしょ。

458 :名無しさん@占い修業中:2005/04/05(火) 19:20:29 ID:DS2QcT/r
>>453
君の狭い世界観だとそうなるってだけのこと。


459 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/05(火) 19:20:36 ID:NzPmBxqA
ほかの切り方あるよね?ってきかれるよ。当たり前だよ。

ちょっと考えただけで、三つも四つも挙げられるんだから。

460 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/05(火) 19:21:33 ID:NzPmBxqA
>>458
闇雲にそういわれても、発想の根本が捻れてるんことがわかったから、
やはり、ちょっと眉唾だよね。データはあったとしても解釈は間違ってる、
と考えるのが妥当。。。

461 :名無しさん@占い修業中:2005/04/05(火) 19:22:40 ID:DS2QcT/r
>>459
多分きかれない。そういう分析の仕方じゃないから。


462 :名無しさん@占い修業中:2005/04/05(火) 19:23:28 ID:DS2QcT/r
ようするにね、あなたは人の話を聞かなすぎるってこと。


463 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/05(火) 19:23:41 ID:NzPmBxqA
>>461
うーん。。。だとしたら、論文を書いて、学会に発表してください。
正直、セグメント?っていわれた時点で、こちらは眉唾になった(w。

464 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/05(火) 19:24:41 ID:NzPmBxqA
>>462
いやーだってさ、やはりこんな悪環境ではね。。。
名無しさんをイチイチ区別するのは、とてもやってられないしさ。

コテハンつけてよ。そうすると、あなたが信用するに値するか、
しないかということを、識別しやすくなるでしょ。

465 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/05(火) 19:27:41 ID:NzPmBxqA
論文書いてくれたら読むよ。できたら日本語の方が良いけど。

466 :名無しさん@占い修業中:2005/04/05(火) 19:27:43 ID:DS2QcT/r
>>463
セグメントなんて俺一言もいってないぞ。


467 :名無しさん@占い修業中:2005/04/05(火) 19:29:41 ID:???
飯食いにいく。


468 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/05(火) 19:29:53 ID:NzPmBxqA
というか、是非読ませてほしいよね。

こんな場所では発表できない、ということだし、
新しい結果が出たなら、さすがに2chではもったいないだろうし。

>>466
だから、12サインなどの星占いの要素よりも、
別の要素が効いている、と考える方が妥当だ、と
こちらは何度も言ってるわけじゃん。それに納得してないわけでしょ?

469 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/05(火) 19:32:33 ID:NzPmBxqA
よくわからん。おれがそれなりの統計のノウハウしか知らないから、
誤解があったら誤るけど、どう考えたって、解釈の部分で、
もっと優先するべきものがあるんじゃないの?としか思えん。

470 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/05(火) 20:11:41 ID:NzPmBxqA
話ずれちゃうけど、fMRIを用いることで、
感情と脳内血管中の酸素との関係性はなんとなくつかめているようだよ。

でも、これもある種の切り方にすぎない、としつこいくらいに言ってた。
fMRIを用いたら心を操作できる? という危惧は当たり前の懸念だから、
一般の人にはそういわざるを得ないのかもしれない。

でも、ある程度まではわかる、というのはどうやらホントみたいだし、
それを軸にして判断する、という作業プロセスが確立できる、というのもホント。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
これ、一例だけど、すでに人の感情の領域にガンガン踏み込まれているんだよな。

こういう状況がすでにあるんだから、心理的束縛をかけないために、
どうやって意味をずらすのか?って ことを考えるのは、
大切だと思うけどなぁ。。。占う、占われるというシーンには
かなり強い心理的拘束力が発生するんだし。実体験としてこれは言えるよ。

心を束縛しようとする人たちがあまりにも多すぎるから、
いまんところ自分がその役を引き受けているけどさ。

きちんとした論文があるなら読みたい。というか、読ませてほしい。
自分の能力ではダメで、わからなかったらわかりそうな人に聞くよ。

471 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/05(火) 20:17:28 ID:???
×いまんところ自分がその役を引き受けているけどさ。
○いまんところ自分がそれを解体しようとする役を引き受けているけどさ。

472 :名無しさん@占い修業中:2005/04/05(火) 20:55:56 ID:???
>>469
その時間と場所に生まれた人が、どうしてその環境に生まれたか、
からはじめなきゃいかんのじゃないの。
なぜその学歴を得るに至ったか、なぜお金持ちの家に生まれたのか。
生まれた時からはじまってるのだから。
たとえば医大に進んだ人は医者になる可能性が高いとして、
その医者のコースは医大のずっと前から始まっているとも考えられる。
じゃあ中学か、それ以前か。でも家がもともと医者だっとして、
そのときはどうして医者の家に生まれたのか。
さかのぼるときりがなくて、じゃあ出生日時ってとこまで落ち着く。
こんなとこじゃないかね。


473 :名無しさん@占い修業中:2005/04/05(火) 20:57:13 ID:DS2QcT/r
あ、さげちまった。

474 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/05(火) 20:57:36 ID:???
>>472
その発想は誤ってるように思えるよ。もう面倒だから説明しないけど。

>さかのぼるときりがなくて、

>じゃあ出生日時ってとこまで落ち着く。
>こんなとこじゃないかね。

ここで思考がジャンプしているじゃん。しかもさかのぼる必要などないでしょ。

もういいよ。マジで。。。

475 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/05(火) 20:59:37 ID:???
いや、本当に何かあるなら、なにがしかの査読される
環境が整った場所で、論文書いてください。。。

タイトル教えてもらえれば、データベースで検索して取り寄せて読みますから。
国会図書館へ行けばただで検索できるしさ。

ほかの領域では信用しても、ここは、おれはちょっとね。
ほかよりもずいぶん、心理的に受容するためのハードルが高くなってる。

476 :名無しさん@占い修業中:2005/04/05(火) 21:16:31 ID:DS2QcT/r
>>474
いや、わからん。
大学の前、高校、中学、、、、さかのぼっていって、生まれた日。
なにがまずいの?


477 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/05(火) 21:21:40 ID:???
>>476
論文書いてくだされば、読みますよ。いや是非読ませてください。

では。


478 :名無しさん@占い修業中:2005/04/05(火) 21:24:48 ID:DS2QcT/r
>>477
さようなら。


479 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/05(火) 21:25:15 ID:???
時間と環境と本人の意志決定を
なにもかもまぜこぜにして、
ごっちゃにして収束してるだけでしょ。
数値化できる要素の洗い出しとか
そのへん全部取っ払って、単なるイメージだけ。

本当に統計分析やってるかも怪しい。
そんな手法が使えるなら、とっくに使ってるって。

480 :名無しさん@占い修業中:2005/04/05(火) 21:26:46 ID:DS2QcT/r
出生データはネット上にたくさんあるんだから、
実際に統計とってみればいいんだよ。
実におもしろい特徴があらわれる。


481 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/05(火) 21:27:41 ID:???
いや、なにかあるなら、論文書いてください。。。

482 :名無しさん@占い修業中:2005/04/05(火) 21:30:41 ID:DS2QcT/r
データのながめ方はたくさんある。
この日のうまれはこの職業などといのは、いくらなんでもね。
他にいくらでも切り口はあるし。

483 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/05(火) 21:33:58 ID:???
ちゃんと読める論文を書いているかどうかってのは、判断材料のひとつだよね。

メガビタミンの事例のような、
権威主義的な、あるいはギルド的な弊害が全くないとは言わないが、
情報のクオリティを専門家集団で保証しているという安心感はあるし。

やっぱりさ、この分野で語る人を信用するか信頼しないか、というのは
どうもおれ的には、その辺の水準に行ってないと、ちょっともう受け付けられなくなってる。

まぁ、現場でやってる占い師さんがものごとを直感で理解する、というのはもちろん別。
ただ、今回のこれ、そういう話じゃないしさ。

484 :名無しさん@占い修業中:2005/04/05(火) 21:43:32 ID:???
まだやってたんだ、この2人。
いつまでもお互いがお互いの理屈をこねてたって
ずっと平行線のまんまだよ。1回理屈ではなくて、
ホラリーとか六壬で勝負してみたら?技術力勝負ってわけ。
例えば、これから野球の季節だし。どこがこれだけ勝つとか、
今日の○○対△△はこうなる、とかさ。
そしたら、ある意味で決着は着くよ。口だけなのか、本物なのかってね。
それに、天人相関説が実際通用するかもわかるし。(もちろん、あなたたちが
技術力を持ってたらの話だけど。)
まぁ、夜勤さんは占星術に否定的なようだからホラリーや六壬なんか
やらないかもしれないけど、だったら占術理論板から撤退していただければ
良いわけで。
それからDS2QcT/rさんも。ある意味これではっきりするよ。
野球とかなら占ったって罪も無いしさ、だれにも迷惑って事は無いじゃない。
どうよ?

485 :名無しさん@占い修業中:2005/04/05(火) 21:45:42 ID:DS2QcT/r
出生データはネット上に多数あるんだから調べてみりゃいいのに。
エクセルで計算すればすぐだし。

486 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/05(火) 21:47:22 ID:???
>>485
だからさ、おれがいってることが、
まったく理解されていないんだよ。

もう繰り返さないよ。

487 :名無しさん@占い修業中:2005/04/05(火) 21:49:56 ID:???
>>484
だまってな。

488 :名無しさん@占い修業中:2005/04/05(火) 21:51:29 ID:???
なにいってんだっけ?w>>486


489 :名無しさん@占い修業中:2005/04/05(火) 21:54:49 ID:DS2QcT/r
やってみるまえから、そんなのあるわけなーい、なんてのはね。
論文がほしければ首を長くしてまってればいいし。
なんにでも生まれてくるまでの過程というものもあるわけで。


490 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/05(火) 22:00:44 ID:NzPmBxqA
これ以上は、堂々巡りだよ。

一本論文書いて、投稿して、掲載されたら教えてください。
統計学関係の学会ってオープンなところもあると思うし。
じゃなければ、学会員になっちゃえばいいじゃん。

わりとハッキリと自分の基準は示していると思う。
もちろん、こちらのバイアスがあるのは認めますよ。

書けば、意外と面白いかもしれないし。
おれが大勘違いしていた、と言うこともあるでしょうし。

491 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/05(火) 22:01:35 ID:NzPmBxqA
とにかく、今のままでは信用できない、と。ごめんね。

492 :名無しさん@占い修業中:2005/04/05(火) 22:15:45 ID:DS2QcT/r
>>491
だれが信用しろなんていったよ。
おれはなにも証拠だしてないし。w

誰でもその気になれば調査できる環境はもうあるって事だ。

493 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/05(火) 22:17:03 ID:NzPmBxqA
>>492
ダメじゃん。語るそばからこれだもんなぁ(爆笑)。

それ、計算しただけでしょ?っていわれると思います。

494 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/05(火) 22:18:10 ID:NzPmBxqA
メチャクチャだよ。言ってること。

んじゃ。。。風呂に入ろう。。。

495 :名無しさん@占い修業中:2005/04/05(火) 22:27:00 ID:DS2QcT/r
まあ、ごたくならべるまえに手をうごかせばわかることもあるんだが、
わからんやつにこれ以上いってもしかたないな。


496 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/05(火) 22:33:06 ID:NzPmBxqA
>>495

ここ数学関係に強い人ばかりじゃないでしょ? おれもさほどできないし。
あなたは、ひょっとしたらエクセルで計算しているだけの可能性も高いでしょ。

そういう場所で、心理的な拘束を与えるような情報をプロセスを隠しながら
言ってるなんてのは、そりゃ、怪しすぎるんですよ。

497 :名無しさん@占い修業中:2005/04/05(火) 22:55:18 ID:DS2QcT/r
>>496
おまえはカラスの行水か?w


498 :名無しさん@占い修業中:2005/04/05(火) 23:50:07 ID:???

おい、おまいら!わけわかりませんよ。この辺から逝きませんか?

>>169 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg [] :2005/03/21(月) 17:46:41 ID:m/5OdiTJ
よくわからないんだけど、天人相関の概念自体がなんなのか?というところで
一悶着あるような気がするけどなぁ。。。

天の概念から派生した天人相関をネットで百科で引くと、
http://ds.hbi.ne.jp/netencyhome/

【天人相関】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
中国の思想上,天(自然)と人(人事)とには対応関係があるとする説。
最初に組織的に論じたのは前漢の董仲舒(とうちゆうじよ)の《春秋繁露》である。
それによると,人体に大節が12あるのは1年の月数に,小節366あるのは日数に相応し,
五蔵は五行(ごぎよう)に,四肢があるのは四時の数に当たり,
覚めまた眠るのは昼夜に等しい。すなわち人の身体は天の全体をそなえた小宇宙であり,
それゆえ人は天と不可分の関係にたつと説く。(以下略)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

>>175 :名無しさん@占い修業中 [sage] :2005/03/22(火) 16:56:44 ID:???
966 :名無しさん@占い修業中 [sage] :05/03/20 00:42:06 ID:???
よく「占いは統計学」とか言うけどさー、データの収集してんの?
各占い師が勝手に鑑定とかして、自己満足に浸ってるだけだろ。
実際に診断どおりの人生かってのも、客観的な判定は不可能だし。
データの取りようがないじゃん。取ってないだろ。取ってたって少数派だろ。
だいたい平均とか分散とか、占いで聞いたことないぞ。
「いままでみてきた印象で」とか言ったって、そんなの統計学じゃなくね?

499 :名無しさん@占い修業中:2005/04/06(水) 01:00:28 ID:???
エクセルで集計したら偏りが出たとして、
データの偏りの原因が「時間」によるのかな?
他の要因を統制してるのか、そこら辺どうよ?

500 :名無しさん@占い修業中:2005/04/06(水) 09:29:48 ID:???
>>498
そういうことはなんとでも言えるもんなんだよ。

501 :名無しさん@占い修業中:2005/04/06(水) 17:13:55 ID:???
なんとでもいえるわけだから、占いは経験学といえばいいかもな。
マーフィの法則と同じでなぜそうなるかの理屈はわからないと。


502 :名無しさん@占い修業中:2005/04/06(水) 17:46:40 ID:VBwLD+m/
>よく「占いは統計学」とかいうけどさ、デタの収集してんの?

>「いままでみてきた印象で」とか言ったって、そんなの統計学じゃなくね?

天神相関も形而上学も曖昧ですね。
<あいまい × あいまい = ふざけてる>

>>160「なぜ?」と考えるのが哲学なんですが〜
形而上学だけが哲学ではない。

503 :名無しさん@占い修業中:2005/04/06(水) 18:30:22 ID:VBwLD+m/
>>502 ×デタ ○データ
正直、統計学というよりも占い師の自己満浸りはあるかも・・・です。



504 :名無しさん@占い修業中:2005/04/07(木) 03:14:51 ID:???
古典派の人に言わせればネイタルは関係ないみたいだよね


505 :名無しさん@占い修業中:2005/04/07(木) 10:00:47 ID:???
出生時間は目安だと思うよ。
実際統計学は私はあてにしてないけどイメージがわくんだと思う。その人の。
たとえば5月生まれは頑固、4月生まれは行動的・・などなどイメージだと思う。

506 :名無しさん@占い修業中:2005/04/09(土) 12:26:51 ID:???
この板で占ってもらった時に誰にでも当てはまるようなことでは
なく外れていたら大勢の人は当てはまらない事を当てられた
のでなぜ当たったんだろう?と思うようになりました。
それを見たときは怖いくらいに思いました。正直半信半疑でしたから
なんでこんな事分かるんだろう?と思う位でした。
何時何分何秒この地で生まれた人はこうだ!と
いう様な科学的な根拠(統計学など)が有るのですか?
それとも直感的なことで占っているのでしょうか?


507 :名無しさん@占い修業中:2005/04/10(日) 01:06:17 ID:VFpKRjGb
占い師の数だけやり方はあるような気がする。
でも本当に統計による予測なのなら、それはもう占いではないんじゃない?
統計で求めたものでも占いというの?
教えてエロイ人


508 :名無しさん@占い修業中:2005/04/11(月) 02:20:19 ID:???
占いや統計による予測の範囲をどう考えるか、だろう。
統計の計算が正しいとしても、
その意味することを理解汁には、
関連分野の知識など必要だからね。
また人生経験の中にも色々な知識がね。
その意味でデータ分析を参考にすることは当然あるんじゃ。
例えばアディはゴークランのデータを分析したよネ。

509 :名無しさん@占い修業中:2005/04/11(月) 04:53:39 ID:jivcTGJB

このスレに中国のチャートわかる人いたら教えてください!


510 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/14(木) 16:04:16 ID:???
>>500
うーん。。。中国の状況の概略は以下みたいです。
ネットで百科 http://ds.hbi.ne.jp/netencyhome/
【数(すう)】より
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[中国の聖数思考]  古代世界では,数は抽象的思考の産物ではなく,
何らかの実体的性格のあるものと観念されていた。いわば数は物として
扱われたのである。そこで数の観念が発達して,数の性質を発見していく
ようになると,ある性質をもった数を聖数とみなし,これに特別の意味と価値を
与えるようになる。
 このことをとくに主張するのはヨーロッパの研究者であって,
とりわけ神話の中に認められる数の事例から,各民族に固有の聖数を見いだ
してくるのであるが,神話が断片的にしか残されていない中国にあっては,
この作業はきわめて困難である。
 中国の聖数を考える場合,思想的な洗練を経て定式化された数の体系の中から
聖数を導き出さねばならない。
 そのうえ聖数という観念は伝統的な中国の学問では問題にされることがなく,
事例の検証が十分でない現状で,聖数に迫るには,論理的な推論を加えるほかはない。
 例えば,M. ウェーバーは中国的な宇宙創成論を論じて,五星,五行,五臓等々の中に
大宇宙と小宇宙の対応関係を見いだし,5という聖数を主張したし,天は丸く
地は方(四角)であると考えた古代中国人の蓋天説的宇宙観から4に特別な意味を与える
ヨーロッパの研究者もいる。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ようするに、中国人は自らのシステムをロジカルに分析する作業を行う伝統はない、
それはおもにヨーロッパ人の思考によって行われている、と言うことなのか?
件の社会学者さんの本をまともに読んだことがないので、どの本のどの箇所に
この記述があるのか、自分にはわからない。
調べてみると『儒教と道教』というタイトルの本を書いてるから、その辺なのだろうか、と予想。

511 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/14(木) 20:17:08 ID:vJbG9xdB
fpr ML<http://www.nuis.ac.jp/~mat/fpr/annai.html
に流れてきた記事なんですが、これ読んだ方っていらっしゃいます?
自分はまだなんですが。。。

統計を囓ってる方、いかがですか? なんか面白そうなんですが。。。これ。。。

村上宣寛『「心理テスト」はウソでした。』(日経BP社)
http://bpstore.nikkeibp.co.jp/item/main/148222444660.html

>>509
中国のチャートって、

1949年10月1日,北京(当時は北平と呼ばれた)の天安門楼上で,
中国共産党主席毛沢東は,中華人民共和国の成立を高らかに宣言した。

cf.ネットで百科 http://ds.hbi.ne.jp/netencyhome/ (【中華人民共和国】)

とあるから、ひとまずはこれでチャート作れば良いんじゃないのかな?
ちなみに中国憲法は、1982年12月4日です(時間不明)。



512 :名無しさん@占い修業中:2005/04/15(金) 00:46:32 ID:???
>511
まだ読んでないけどね、
「心理テスト」や性格分析などの問題点は、
ずいぶん前から色々いわれてるよね。
数字の上である特徴があっても、
性格?みたいなことがね。



513 :名無しさん@占い修業中:2005/04/15(金) 05:53:41 ID:vdZzPnyT
心理テストが問題点だらけという事に、全体が早く気づいてもらえたらいいですが
そのまま何の抵抗もなく全て信じる感覚が、いらぬ誤りを招く状況をつくる。

今回の中国の騒動を見ていて、状況に簡単に流されていく、
民衆達のヒステリックな状態は画像で見ていて、なんとも言いがたい気持になる。
こんな大小様々なうねりが、いつしか大きなパワーとなっていき
いつの時代もその時代主流の世間を構成していくのでしょう

日中過去の歴史的背景はありますが、
それ以外も含めて心理(政治)は、勿論色々複雑に絡まっている
自分の国、日本の問題
世界や日中の今後の動向にも注目はしたいものです。

514 :& ◆Q/vGXWnXuI :2005/04/16(土) 18:44:18 ID:TeRnMny9
>>513

情報を一方的に与えることで人心を管理してきたがゆえに、
水平でオープンな対話を行いにくい、という点では
中国問題と星占いの問題は、何か共通点があるように思います。

では。


515 :名無しさん@占い修業中:2005/04/17(日) 01:48:09 ID:iqirYrq2
こんな言葉見つけました。

「勲章をおもちゃと呼ぼうとそれは君達の勝ってだ。
だが、人類が支配されるのはおもちゃによってなのだ」byナポレオン

知っていたのだろう、、
または途中で気が付いたのか。


516 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/17(日) 17:59:03 ID:jMoesH/v
>>515
ちなみに、「オモチャだと気がついたか」発言のその人曰わく

「みんな海千山千なんだから(君が騙されたものしかたない)」

らしいですよ。・・・ろくな世界じゃないよなぁ〜(笑)。

でも、そういう人たちを知的にも感情的にも乗り越えなければ、
価値がある抽象度の高いものは見えてこない。で、実はそれは簡単なんだよね。
乗り越えたあとは、なぜ乗り越えられなかったのか、不思議なくらいばかばかしい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
いまは、認識や価値観を共有できそうな人たちと
国際的なネットワークを簡単に作れるし、情報交換できるんだから、
そういう方向に向かった方が良いように思うけどね。國分氏がやってるように。

おれは、方向性が違うけど、諸外国の人で、関心のある分野の人が、
日本に来て講演やってたりすると、できるだけ時間作って、積極的に行くようにしてる。
懇親会なので通訳してもらって直で話すとやはり刺激があるし、一生の財産になるよ。
本で書いていることの限界値を、この人はこういう視点から設定しているんだ、とか、
感情レベルでわかったりわからなかったりするしさ。

517 :名無しさん@占い修業中:2005/04/17(日) 21:13:03 ID:???
おもちゃってのをどういう意味で使ってるかが問題じゃないの。
おもちゃだって子供の心の発達に必要だし、高度な機械だってある種の人々にはおもちゃかもしれないし。
バカにするような意味あいでおもちゃっていってるなら、
そのひとはなにもわかっていないと思われ


518 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/17(日) 21:16:49 ID:+WM/h2Ck
>>517

だからさ、彼あるいは彼女はなにもわかってないと思われるけどね。
知的にはそれほどたいした人じゃないんだし(おれもね)。

いずれにせよ、

「みんな海千山千なんだから(君が騙されたものしかたない)」

だから、明らかでしょ。悪意があったというのはね。ひどい話だよ、これ。

519 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/17(日) 21:18:23 ID:???
彼あるいは彼女は、自分がとうてい追いつけないとしか思えない、
<上>を見るチャンスがない人なんだよ。

それは、ある意味、可哀想な人なんだ。だから個人を責めたいとは思わない。

520 :名無しさん@占い修業中:2005/04/17(日) 21:20:05 ID:???
ゆるしてやればいいのに。のりこえたんなら。


521 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/04/17(日) 21:21:45 ID:+WM/h2Ck
>>520
最初から、構造が問題だ、と言ってるはずだけど。

悪い事例として、記憶にとどめられることが、彼あるいは彼女の役割だ。
それは、一部、おれ自身も含まれる。

いずれにせよ、前に進むためには、水平な議論が必要だろう。

522 :名無しさん@占い修業中:2005/04/17(日) 22:47:15 ID:???
だまされてたって事に気づいたとき、
それを笑えるか笑えないかは運命の分かれ道かもしれんな。

523 :名無しさん@占い修業中:2005/04/18(月) 01:24:12 ID:???
笑っても笑わなくともどちらでも良いのだろうけど、原因を深く考えなければダメだろうなぁ。。。

和泉宗章『和泉宗章が明かす占いの謎』(集英社)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4087830675/249-2053059-2635510

を読んだ人いますか? 

当初は否定し続けていたんだけど(当たり前だ)、
それなりに調べていくうちに、最終的には、
(特定概念の保存箱としての)星占いを、感情的には割り切れないまま(!)、
一定の意義があることを認めざるを得なくなったんだよな。
そういう意味では、現在の着地点は、和泉宗章さんとは違った。

肯定→否定→肯定→否定→・・・・→肯定(いまのところ)

というケースは、従来ならば、未完成のままなかなか他者に伝達する手段がなかったんだろう。

524 :523:2005/04/18(月) 01:25:32 ID:???
(続き)
他者の思考プロセス「だけ」は認めるが、
「意味」のズレを積極的に探りあてようとするという作業は、
研究的な姿勢を持ってる人たちの間では当たり前にやられていることなんだけど、
単なる情報消費者の姿勢しかもっていない人には、
感情的には危険な地帯に踏み込むことのように思われるだろうし、
ある種の幅と耐性があったとはいえ、当初は、自分もそうだった。

それまで肯定していたものを、全否定するところから始まるわけだから、
すでによく知ってる周囲の人たちと思考の流れを断ち切って、感情的な袂を分かって、
ベクトルや着地点が異なる方向を目指すと、どうやっても無人の荒野に立たざるを得ない。
よくよく探せば「お仲間」もいるのだが、その地点に立ってみるまではやはり恐ろしいことなんだよ。
ネットがあったから文献探索も容易だったし、世界中探せば、
さすがに似たような志向性の人や集団はいる。21世紀的だからできたことなのでしょう。

525 :名無しさん@占い修業中:2005/04/19(火) 03:11:24 ID:???
門馬さん石源さん山内さん、その他、
昔から海外と交流してるけどな。
今は日本から出なくても良いからね。
その上、自動翻訳までしてくれるし(W

526 :名無しさん@占い修業中:2005/04/19(火) 08:59:56 ID:???
>>525

自動翻訳、自動翻訳って・・・妙な人がいるよなぁ。。。

おれも、語学が得意な方じゃないけどさ、
占いの問題が、語学の問題に起因しないってことに
ここまできて気がつかないフリをするならアウトだよ。

まったく魅力ないよ。

527 :名無しさん@占い修業中:2005/04/19(火) 19:01:09 ID:???
>>526
激しく同意。


528 :名無しさん@占い修業中:2005/04/19(火) 22:11:46 ID:W48OMPxh
>>513
日本に言論の自由がある限り、中国・韓国に対するアドバンテージは取り続けられるでしょう。

中国共産党 「日本解放第二期工作要綱」
http://www5f.biglobe.ne.jp/~kokumin-shinbun/S47/4708/470801china.html

のような情報は、本当、嘘関係なく、中国人民は現時点では分析できないだろうから。

結局、民衆レベルの感情の結晶度が高い方が勝つんですよ。
2chは、結果論として、情報を疑いながら自分で意味づけられるトレーニングになってます。

529 :名無しさん@占い修業中:2005/04/20(水) 20:36:42 ID:bpmhzl7K
>>528
国際情勢、外交、政治、メディア、社会状況についてどうしてなのか
社交の場では口に出せない空気が強くありますよね。
日本に言論の自由があるのなら、もう少しだけ一人一人が関心を持って
基礎知識(主張できる程度)を身につけたい、私も含めてです。
今、報道されていることがどこまで事実だろうか。
イラクは何故あんなことになっているのか・・ 中国は・・北朝鮮、韓国は・・
自分の頭の中で物事を考えていく、これが出来るようになることが大事かと思う

いろんなケースがある、つきつめるとほとんどのことに正しい間違いは正確にはない
また少数派、反対派の意見も聴いてみる。
そうでないと世の中が固まってしまう気がする。
少数派意見は何かを変えてくれる可能性を持っている
見えない部分に気が付いていることがあるからです。

>2chは結果論として、情報を疑いながら自分で意味づけられるトレーニングになってます。
そのようですね。2chの社会、哲学とか、結構色んな意見がみれます。

530 :名無しさん@占い修業中:2005/04/29(金) 23:42:59 ID:???
>526
(Wが入ってるのに。皮肉。

531 :名無しさん@占い修業中:2005/04/30(土) 20:19:41 ID:???
なんで出生時間で人の性質や運命が決まるかというと、自分が自分の性質と運命を先に決めて、それから自分の人生を送るのに一番ふさわしい星の配置の時を選んで生まれてくるからです。

532 :名無しさん@占い修業中:2005/05/01(日) 18:55:40 ID:???
>>531
なんで自分が自分の性質と運命を先に決めて、それから自分の人生を送るのに一番ふさわしい星の配置の時を選ぶの?

533 :話を戻そう:2005/05/07(土) 16:40:43 ID:???
ミクロコスモスとマクロコスモスの照応を説明する原理として
こんな記述見つけたけど、なにが言いたいんだかよくわからないんだが。
ゲマトリアの原理をちゃんと理解している人っている? 
おれは、こうした記述を読んでも、<数>を足すとか掛けるとかやってる作業を
筆者が理解しているとも思えない。機械的にやってるだけなんじゃないか、と。
自分もいまいちよくわかりません。

【プラトン数】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
西洋における聖数の代表例で,12960000をいう。
プラトンの《国家》第8巻に言及があることに由来し,
アダム J. Adam に代表される次のような解釈が有力である。
すなわち,12960000=216×60000であり,ここで216は人間が母胎にとどまる最
短の日数を示すとされる。216はさらに,33+43+53,63,35×6+6の形に書き直せるが,
これらはそれぞれ216が,ピタゴラス学派以来宇宙の要素を表す数として尊重された
3,4,5の3乗の和,結婚数6(男性数3×女性数2)の3乗,調和数35(6+8+9+12)の
6倍と結婚数6の和であることをも示す。
一方,12960000=360×36000と考えれば,1年を360日とした場合の36000年を
指すことになるが,これはいわゆる〈プラトン大年 magnusPlatonicus annus〉
(プラトン年 Platonic year または単に大年 great year ともいう)に一致する。
〈プラトン大年〉とは,現在では一般に,春分点が歳差によって黄道を一周するのに
要する時間(約26000年)とされているが,古くは,地球をめぐる8天体(太陽と7惑星)が
元の位置に戻るのに要する時間をいい,36000は〈完全数〉の名で呼ばれることもあって
宇宙の更新が行われる聖なる周期と考えられていた。後世の学者,
例えば T. ブラーエはこれを25816年,リッチオリは25920年などと算出している。
 このように12960000は,それ自体聖数である象徴性の高い数字から成るばかりでなく,
小宇宙(ミクロコスモス)たる人間と大宇宙(マクロコスモス)の生成・発展・回帰にかかわり,
それを統御する数と考えられ,特別の関心が払われてきたのであった
(以下略)

http://ds.hbi.ne.jp/netencyhome/


534 :533:2005/05/07(土) 16:57:31 ID:???
とりあえず、ここで見つけた限りでは、

・董仲舒(とうちゆうじよ)の『春秋繁露』
・プラトンの『国家』第8巻

内の記述が、考え方に差異はあっても、ひとまずは、
マクロコスモスとミクロコスモスの照応を理屈づけているかもしれない? 
ってことで、共有認識になったと思います。。。

他に何かありますか・・・?

535 :533:2005/05/07(土) 17:21:08 ID:???
J. Adam ってのは、いま見当をつけた限りでは、おそらくは、

The Republic of Plato By James Adam

じゃないのかと思われる。ただ、サーバーのエラーがでて、リンク先に飛べない。

536 :531:2005/05/08(日) 00:14:48 ID:???
>>532カルマの清算のためだと思うけど。プラトン年の間(春分点が一星座移動する間)男と女一回づつ生まれてくるそうです。平均的な人間で。オカルトネタなので本当かどうかは知りません。

537 :名無しさん@占い修業中:2005/05/09(月) 14:23:54 ID:PCcKMbLi
>>553
他の人はどうだか知らないけど、この話題がいまいち、わかりません
誰かわかる人いたらいいんですが・・・・

538 :名無しさん@占い修業中:2005/05/09(月) 14:25:11 ID:PCcKMbLi
>>533のまちがい

539 :名無しさん@占い修業中:2005/05/09(月) 19:37:40 ID:???
姉妹で全く同じ時刻に生まれてるんだけど、日付は
違うからなんの意味もないんかな?分単位まで同じなんだけど・・
医者の時計がずれてるとか考えると、正しい出生時間って
分かんないよね

540 :名無しさん@占い修業中:2005/05/09(月) 20:31:02 ID:???
>>537
誤爆じゃない?それか宣伝広告。

541 :533:2005/05/09(月) 21:24:53 ID:???
>>540

どこが宣伝じゃ、ヴォケ!(w

542 :533:2005/05/10(火) 19:44:56 ID:???
>>537

『国家』下巻 P.175-176とP.405 補注「A 生成を規定する数」に説明があるよ。
読んでみたけど、字面は読めるんだが何を言いたがってるのかよくわかりません。

543 :533:2005/05/10(火) 19:50:25 ID:???
>>542

×補注「A 生成を規定する数」
○補注「A 生成を規定する数について」

ごめん。

544 :533:2005/05/10(火) 20:15:37 ID:UrBq6yzQ
電子テキスト見つけたと思うんだけど、
サーバーエラーが起こって表示されたりされなかったりする。
うちのパソコンだけ? これって?

James Adam, The Republic of Plato
http://www.perseus.tufts.edu/cgi-bin/ptext?doc=Perseus%3Atext%3A1999.04.0094;query=toc;layout=;loc=327B

545 :名無しさん@占い修業中:2005/05/10(火) 20:18:28 ID:???
双子で数分違いで生まれても
かたや中学くらいで殺されてかたやその後も普通に生きていく人は
どうしてこんなに違うんだろうって思う。
占いで言ったらほとんど同じ運勢じゃないの?数分違い。

546 :533:2005/05/10(火) 20:52:16 ID:UrBq6yzQ
>>544

該当箇所のTable of contents 546A-Dに
どうしてもアクセスできないんだが。。。。

さっきからFirefoxの右上の表示が回りっぱなし。
何で駄目なんだろう。。。?

547 :533:2005/05/10(火) 21:57:52 ID:UrBq6yzQ
>>546

今再トライしたら、546C−Dだけは、アクセスできた。

けど、このサーバーの不安定さって
いつもなのかな。。。?

548 :名無しさん@占い修業中:2005/05/10(火) 22:14:00 ID:???
アセンダントの度数が違えば運勢もかなり変わるはず。
4分で1度移行するからな。

549 :533:2005/05/10(火) 22:15:42 ID:???
>>548
いや、実のところ関係ないと思う。

550 :533:2005/05/10(火) 22:17:58 ID:UrBq6yzQ
まぁ、情報共有していってなんか新しい理屈と事例が出てくるかもしれないが、
自分が知ってる限りでは、このスレの1が素朴に尋ねても、
ハッキリと答えられる人はいないだろ。おれは、ちなみにおれは「関係ない」派。

信じるような情報を持っている人なんて、誰もいない。
適当にやってるひとはたくさんいるけど。



551 :名無しさん@占い修行中:2005/05/10(火) 22:46:52 ID:???
>>549
変わる変わるw ASCで見れば4分だし
インド占星術だったら、60分割法ってのがあるから、1分単位で見れる。


552 :533:2005/05/10(火) 22:48:08 ID:???
>>551
いやだから、それを裏打ちするロジックがないじゃん。
もちろん、時は流れますよ(w。

553 :533:2005/05/10(火) 22:48:56 ID:???
なんかさ、時間が流れることでコマを進めていく
すごろくと変わらん印象なんだよな。

そりゃ、コマを進めたら演技項目は変わるよ。RPGなんだし。

554 :533:2005/05/10(火) 22:51:20 ID:???
まぁ、時は流れず、ともいうけどさ。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4791754840/qid=1115733032/sr=1-30/ref=sr_1_2_30/249-5309681-3841961

555 :名無しさん@占い修業中:2005/05/11(水) 00:27:31 ID:???
われわれが普通に知覚している物質界では時間は過去から未来へ流れていくけど、
占星術で扱っている感情の世界は逆に未来から過去へ流れていくそうです
(その二つの流れがぶつかったところが現在)。
なので予知も可能なのかと。でも自分が現在何を選択するかで
未来も変わってくるそうですが。そのへんRPGと同じですよね。

556 :名無しさん@占い修業中:2005/05/11(水) 12:07:44 ID:???
>>555
>占星術で扱っている感情の世界は逆に未来から過去へ流れていくそうです

まったく理屈になっていないと思うが。なぜ信じ込めるのかな。

むしろ、シナリオライターに演技項目を定められている未来を
星占いというRPGを扱うことで、半強制的に選択させられている、
とみなすほうが適切に思えるが。

言われたままを鵜呑みにして「なぜ?」ってところを考えきってない人が
多いように思うな。

557 :名無しさん@占い修業中:2005/05/11(水) 15:11:55 ID:???
書かれたシナリオを選択しなかったケースを「自由意志」と言ってるんだろう。

言うまでもないが、シナリオなんぞに原理原則はないよ。

558 :555:2005/05/11(水) 22:04:30 ID:???
>>556
言われたままを鵜呑みにして「なぜ?」ってところを考えきってない人が
多いように思うなといいたいがために、553から演出してたんですね。
おつかれ様です。

私は別に言われたままを鵜呑みにしていないので心配しなくて大丈夫ですよ。

最終的に自分をコントロールするのは自分の意思です。
決定することにいちいち星の動きなんて考慮しなくで全然オッケーだと思っています。

559 :名無しさん@占い修業中:2005/05/12(木) 00:23:03 ID:???
>>558
いや、そういうつもりはないですよ。553はガチ。
情報求むという感じです。

発散系の場のほうがネット向きだと思いますし。

560 :名無しさん@占い修業中:2005/05/12(木) 02:03:45 ID:opo3K5pD
とりあえず、プラトンだね。哲学って敷居高そうに見えるけど、
読んでみるとプラトンあたりは、そこそこ読める。

対話形式だから読みやすいよね、あれ。

久々に『国家』を読み直していたが、<善>に関する言質はありゃガチです。
よくあそこまで表現したな、と。

日本語版のプラトン全集ほかが、はやくデータベース化されて、
検索可能になればよいのにね。

561 :名無しさん@占い修業中:2005/05/13(金) 18:53:24 ID:???
>>555
>われわれが普通に知覚している物質界では時間は過去から未来へ流れていくけど、
>占星術で扱っている感情の世界は逆に未来から過去へ流れていくそうです
>(その二つの流れがぶつかったところが現在)。

これ、もう少し詳しく説明してほしいです。
感情の世界でなぜ未来から過去へ時間が流れると見えるのか。
たとえばどんな実例がありますか?


562 :名無しさん@占い修業中:2005/05/13(金) 19:46:05 ID:???
>>561
お前原田?

563 :名無しさん@占い修業中:2005/05/13(金) 20:22:16 ID:???
>>562
違う。原田は533あたりじゃないか。

564 :名無しさん@占い修業中:2005/05/13(金) 20:40:56 ID:???
>>563
560までが原田か。間違えてごめんね。

565 :名無しさん@占い修業中:2005/05/14(土) 17:32:41 ID:???
以下は戯言。

兎にも角にも、意識分割の基点を出生時間によって決めてしまうことで
自己認識のバイアスをまず作り出す。これにより、
被占者が自覚する優越/劣等部分とチャートが示す優越/劣等部分
の合致と落差がともに生じることになるが、特に矛盾を感じない
のであればそれ以上の発展はなく終了。
この際、人間は物事を自分の気にしているものへ引き付けて理解
しようとする習性を逆手に取り、自己認識を修正する効果を狙う。
価値の対立軸(例:自己表現/醒めた目線)を概念として与え、
分割意識をどちらの極に割り振るのが適当かを考えさせるうちに、
自分にとって当たり前の資質は占星術に拠らなくても当たり前で
特に意識することではなくなってくる、という変化がみられる。

途中を端折ると、「12サインを均等に使えるのが理想」云々の
言い回しは実は、占星術が究極の支配力を持つものではないことを
言い換えたものである可能性。

566 :名無しさん@占い修業中:2005/05/14(土) 18:12:05 ID:???
(続き)
ラフな喩えとして、出生図で示される性格・運命が
最適化問題の初期値であるとすれば、

局所最適解に収束→占いヲタ
発散→占い依存で人生崩壊

567 :名無しさん@占い修業中:2005/05/15(日) 11:29:30 ID:???
ほんと戯れ言だな。なにいいたいのかわからん。

568 :名無しさん@占い修業中:2005/05/15(日) 20:58:45 ID:???
>>567
RPGの効用だよ。
戯言につき、フォローはせん。

569 :名無しさん@占い修業中:2005/05/16(月) 06:14:03 ID:???
純粋にRPG楽しんでる人々は大勢いるわけで彼らに失礼というもんだよ。

570 :名無しさん@占い修業中:2005/05/16(月) 07:26:32 ID:???
>>569
それは夜勤に対して言うべき台詞だろ。
現況と彼の主張とに架橋しようとすればこうなる。

571 :名無しさん@占い修業中:2005/05/16(月) 07:32:17 ID:???
ま、彼を完全に基地外として板から締め出すのであれば
565-566は撤回してもいいと思うがね。

572 :名無しさん@占い修業中:2005/05/16(月) 09:24:50 ID:???
やっぱ、さっぱわかんねぇよ。おまえのいってること。
おまえも夜勤同様基地外ちゅうことで仲良く退場キボンヌ。


573 :名無しさん@占い修業中:2005/05/16(月) 10:19:22 ID:???
>>572
同様ね(苦笑)。
でもそろそろこの板も飽きてきた頃なのでどうでもええわ。
ほいじゃ。

574 :名無しさん@占い修業中:2005/05/16(月) 10:38:01 ID:???
>>573
>同様ね(苦笑)。

おまえもな形式でレスしてくるのはH田だろ。自作自演。

575 :名無しさん@占い修業中:2005/05/16(月) 10:53:23 ID:???
んー?近頃奴の姿が見えんと思ったら自演か。なるほど。

576 :名無しさん@占い修業中:2005/05/16(月) 19:07:09 ID:???
>>569
「純粋」なのではなく、「知識不足」が正解なのではないでしょうか。
その知識不足の状態は自然に出来上がったものなのではなく、
かなり意図的に仕組まれたものに思えて仕方がありません。
そのせいで、ずっと長い間、ムカムカ腹を立てていたんですが、
最近、ちょっと変わったかな、という風景を見かけます。

「サイゼリア」でご飯を食べてると、「占いなんかに洗脳されちゃ駄目だよ」
みたいな調子で、隣の席に座っていた十代の女の子たちが話し合ってたり。
国家的な言論統制でもしない限り、この流れが変わることはちょっと考えられない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
占星術に関しては、さまざまな人たちがさまざまに言及しています。
有名どころでは、たとえば柄谷行人や大森荘蔵など。
ちなみに、柄谷行人の奥さんは星占いのセミプロだったとか(『批評とポストモダン』福武文庫 P.251)。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4828830936/qid=1116237168/sr=1-5/ref=sr_1_10_5/250-1524755-3001846

『知の構築とその呪縛』(ちくま学芸文庫 P.66)の考え方には
個人的には、かなり影響を受けたと思います。
この本を手に取らなかったらアリストテレスは読まなかったはず。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4480081402/250-1524755-3001846
大森荘蔵の放送大学の講義は、テープやビデオが残ってるかもしれないので、
いつか視聴してみたい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
柄谷行人や大森荘蔵だったら、偏りはあるかもしれないが開かれているはずだ、と信じて
こういうことを私が言ってたのは、実はずいぶん昔なんですよね。
ラベンダーのころだから。そもそも、自分がなにもわかっていなかった(苦笑)。

個人的な希望は、星占いの先生や関係者の思考の範囲にとどまることなく、
みなどこか別のところへ思索の枝を伸ばして行ってほしいな、ということなんでしょう。
星占いの世界は、あまりにも狭い範囲に閉じられていることが多いな、と思います。

577 :名無しさん@占い修業中:2005/05/16(月) 19:21:08 ID:???
ロシアのアニメーション作家のユーリ・ノルシュテインが、
来日した番組を、NHKで先日やってたんだけど、
日本の若手アニメ作家志望者に対して、
「ぜんぜんダメ。あんたら教養不足だ」ときつく言っていた。

その番組を見てて、

「でもさ」

と言いたくなった。ノルシュテインは理解できないかもしれないけど、
一見、自由な言論があるように思える日本の人たちだって、学ぶことそのものを
最初からこっそり阻害されたり、妨害されているケースがあったんだ、と。

星占いがそうだったり、テストに出ない近現代史がそうだったり。
あるいは通信社の問題もそうだろうし。

情報が、見えない「人の壁」によって、きれいに階層化されていたんだよ。
気がついていないだけで、ほかにもたくさんあるんだろうなぁ。。。

578 :名無しさん@占い修業中:2005/05/16(月) 19:48:26 ID:???
>>579
頭がずれてんだよ。バカだなぁ。

579 :名無しさん@占い修業中:2005/05/16(月) 19:49:52 ID:???
>>578
まともにアンカーすら打てない君って(w。

580 :名無しさん@占い修業中:2005/05/16(月) 19:54:26 ID:???
占いやってるひとたちってさ、

自らが発する占いの言葉がいまはもう他人にはまったく届いていない、

という自覚がないみたいだよね。それが不思議で仕方がない。




581 :名無しさん@占い修業中:2005/05/16(月) 23:31:42 ID:???
ずれてるからわからないんだよw

582 :名無しさん@占い修業中:2005/05/16(月) 23:39:36 ID:???
基地外が自作自演しているスレはここですか?

583 :名無しさん@占い修業中:2005/05/17(火) 16:16:13 ID:???
>>581
説明のひとつもできないのになにいってるのだかw

584 :名無しさん@占い修業中:2005/05/17(火) 18:57:07 ID:???
説明不要。自明。w


585 :名無しさん@占い修業中:2005/05/17(火) 19:04:11 ID:???
>>584
でいないくせにw ハッタリとしても三流w

586 :名無しさん@占い修業中:2005/05/17(火) 19:06:20 ID:???
三流でいいよ。事実はかわらない。

587 :名無しさん@占い修業中:2005/05/17(火) 19:10:34 ID:???
>>586
良い悪いじゃない。事実、事実、と口から泡を飛ばしているだけではねw

しかも、ハッタリだということを暗黙にだが認めているのだから始末に終えないw

588 :名無しさん@占い修業中:2005/05/18(水) 09:29:24 ID:2HT5DCxC
経済衝撃テストによって安い労働資源を得ることができる

 航空機の機体衝撃テストでは,機体に搭載して発射させた銃器の反動の
波動が起こす衝撃波が,航空機の部分か全体かその翼かに,ギター弦やフル
ートの弁や音叉のような細かなあるいは荒っぽい振動を起こし始め,飛行中に
崩壊するか空中分解するかの状況を,航空エンジニアに知らせる.経済エンジ
ニアは,[経済衝撃テストによって]同じ結果を獲得する.すなわち,

牛肉,

コーヒー,ガソリンあるいは砂糖などの主要商品を注意深く選んで,
経済と消費者大衆の動きを研究し,
次には価格や有用性に突然の変化あるいは衝撃を与え,
それによって,各人の予算と購買習慣を跡形もなく断ち切る.

次いで,経済エンジニアは,衝撃波に起因する広告,物価,
あれこれの商品の販売における変化をモニターした結果を観察する.

こういう研究の目的は,経済一般の動向や変化を予測可能な状態にし,
一般大衆が,ある種の「専門家」たちが金のシステムをコントロールし,
万人のために(自由や正義よりも)安全を回復すべきだと
確信している傾向を自滅させるノウハウまで得ることにある.実験材料になる市
民たちが,かれらの財政問題をコントロールできなくなるとき,かれらはもちろん
完全に奴隷化された,安い労働資源となる.<経済衝撃テスト>


589 :名無しさん@占い修業中:2005/05/18(水) 09:32:24 ID:???
>>587が泡飛ばしまくり(w

590 :名無しさん@占い修業中:2005/05/19(木) 07:12:49 ID:???
>>588は誤爆らしい。


591 :名無しさん@占い修業中:2005/05/21(土) 04:58:45 ID:???
ずーっと昔から繰り返されてきたこと。

本来は価値の軸の対立であるべきものが、
表現の巧拙にすり替えられておしまい。
やってらんねーよ。

なあ、H田さん?

592 :自称凡:2005/05/25(水) 04:40:41 ID:+qasK1tk
出生時間と方位での
イカサマ計算式で、パチンコ&宝くじで勝ったと言う
ニートな凡倉が生存しています。
薬中毒なみの妄想で、誇張気味の自惚れ
早く現金一括で、マンションと高級車購入してから言わないと
コネで仕事を紹介してもらって、仕事する時点で妄想癖

593 :名無しさん@占い修業中:2005/05/25(水) 23:04:06 ID:eWaGcK7b

「こういう生年月日時刻に生まれたからこういう人になる」
というのではなくて
「こういう人がこういう生年月日時刻に生まれることになっている」
というのが正しいのだと思う。
つまりは、最初から定められている。

594 :名無しさん@占い修業中:2005/05/25(水) 23:25:02 ID:???
>>593

>つまりは、最初から定められている。

ソースおよび論拠を示してください。

595 :名無しさん@占い修業中:2005/05/26(木) 03:23:10 ID:???
神のみぞ知る

596 :名無しさん@占い修業中:2005/05/26(木) 11:40:11 ID:???
占いは統計学とか言ってる人は、それはそれでいいと思うけど、
おいらも>>593の言ってることが占星術の基本だと思うのよ。

597 :名無しさん@占い修業中:2005/05/26(木) 18:19:36 ID:???
占星術は霊感で読むもの。ホロスコープを見ながら霊感を働かせる。
ロジックやルールブックにしたがって読んだり、
過去のデータをもとにして読むなら、それは占星術ではない。

598 :名無しさん@占い修業中:2005/05/26(木) 19:18:56 ID:???
>>597
またいい加減なことを。。。



599 :名無しさん@占い修業中:2005/05/26(木) 20:54:48 ID:???
生まれた時期に見合った風に育っていくというだけではないのか?
TVでも白黒しか映らない物やリモコン使える物まであるし
地域性に近いものがあるような気がする


600 :名無しさん@占い修業中:2005/05/26(木) 22:51:16 ID:???
占星術って、「こうなります」と予言されたことは
その通りにならないんだけど
「こういう運命をたどってきたはずです」
と言われると、その通りになっているということが多い。
こちらがなにも言わなくてもね。
つまり、後付が多い。

601 :名無しさん@占い修業中:2005/05/27(金) 08:22:41 ID:???
>>598
霊感はロジックに分解できるというのが君の主張ではなかったか?

602 :名無しさん@占い修業中:2005/05/27(金) 08:59:30 ID:???
>>601

霊感なんて言葉を使う習慣はないが。
その言葉は、手あかが付きすぎているよ。




603 :名無しさん@占い修業中:2005/05/27(金) 09:06:36 ID:???
ハッタリかけただけぢゃ。
つか、そーゆー展開だと後が続かないのでつまんね。

604 :名無しさん@占い修業中:2005/05/27(金) 10:03:53 ID:???
というか、>>544あたりまで戻りたいんだけど。

考えてみたら、数秘学的な<数>の捉え方ってさ、
合同数のそれと変わらないんじゃないか?と
思い始めてきた今日この頃。意味づけはまったく違うけど。

よくアルファベットを数字に変換して、二桁以上の数字を
それぞれの桁数同士を足し続けて、最終的に一桁になるまで
その作業を繰り替えすってあるでしょ。

たとえば、1345だったら、1+3+4+5→13→1+3→4
これって、1345≡5(mod 9) と同じことだよね。

どうしてこんな簡単なことがいままででまったく話題にならなかったのかと。

605 :名無しさん@占い修業中:2005/05/27(金) 10:05:05 ID:???
×これって、1345≡5(mod 9) と同じことだよね。
○これって、1345≡4(mod 9) と同じことだよね。

ごめん、いきなり間違えた。

606 :名無しさん@占い修業中:2005/05/27(金) 16:52:16 ID:???
霊感っつーか、その人の気持ちが分かりすぎるっつーのは
海王星の働きなんだろか。海王星に強いアスペクトがあれば占星術に向くって
聞いたことがあるよん。スレ違いでごめんな。

607 :名無しさん@占い修業中:2005/05/27(金) 18:59:08 ID:???
ひろく言えば、主客の区別を曖昧にする作用(の表象)。
同じような体験を持つ人が言われれば思い当たるが、
そうでない人に対してはいくら言葉を尽くしても伝わらない類のもの。

でも、本気でそういうものを使えるようになれば、
占星術のチャートのような小道具は不要になるという気もします。

608 :一言百万円:2005/05/28(土) 01:01:04 ID:U6csAX5b
絶対勝利って言ったのは誰?
私はその言葉確かにふところに受け取りました。

609 :名無しさん@占い修業中:2005/05/28(土) 04:08:20 ID:???
>>607
ひとついうと、あなたのいう「霊感」の世界は、わりとよく知ってますよ。

それを知った上で、占いと結びつけていないし、否定しているわけ。
彼ら自身もそうだよ。結びつけていない。

610 :名無しさん@占い修業中:2005/05/28(土) 04:10:24 ID:???
むやみやたらに手あかの付いた言葉になってしまってる
霊感なんて概念に結びつけるなら、数論と結びつけたほうがよいと思う。


611 :名無しさん@占い修業中:2005/05/28(土) 06:17:21 ID:???
>>609
直近の20レスには少なくとも5人以上が書き込んでいると思われるので
あなたのいう〜と言われても困るのですが、とりあえずそれは置いといて。

>それを知った上で、占いと結びつけていないし、否定しているわけ。

手垢の度合いを本当に見極める審美眼を決定付けるのは結局、
こうした領域における個人の経験の深さでしょう。
(宗教的なカリスマとガチガチの合理論者が以後道を分かつ、
共通した体験の位相のようなものがあるという気がします)

少なくとも、社会的欲求不満のはけ口としての表現であるような
「霊感」は条件反射的に割り引いて受け取るほうがよいかと。

612 :611:2005/05/28(土) 08:43:50 ID:???
手垢がついてしまったから駄目、というよりは、
特定の思考範囲を聖域化して追求をかわすための概念が
遅かれ早かれ手垢を引き付けるだけのことに思えます。

数ですか・・・やたら抽象的すぎて取っ付きにくいような。
社会現象としての占いなら、まずは「物語」の構造に還元するのが
ボロを炙り出すには手っ取り早いかも。

613 :名無しさん@占い修業中:2005/05/28(土) 16:42:37 ID:???
手垢が付いていようがいるまいが霊感で読むものなんだから、
それをどうこういってもはじまらない。
数霊もあれもルールブックではっきり決まっているわけではなく霊感で読むもの。
霊感がないひとはルールブックが頼りだが、それはもはや占いではない。


614 :名無しさん@占い修業中:2005/05/28(土) 21:06:19 ID:???
>>613

んじゃ、ハッキリとした結果が出るもので読んでみてよ。論より証拠。



615 :名無しさん@占い修業中:2005/05/28(土) 21:27:43 ID:???
霊感もどの次元からくるかが重要だと思うのです。
妄想だらけの低次元から森羅万象を網羅する高次元まで。

616 :名無しさん@占い修業中:2005/05/29(日) 02:29:11 ID:ks/rS8I4

霊感という名のただの我がままの垂れ流し。

617 :夜鮮人警戒対策本部:2005/05/29(日) 09:38:19 ID:???
野 禽 料 理

    葉  羅  陀

618 :名無しさん@占い修業中:2005/05/29(日) 10:55:43 ID:???
>>613
まぁどうでもいいけど、数霊≒数論 ですが。


619 :名無しさん@占い修業中:2005/05/29(日) 18:10:37 ID:???
信じない人は信じなければいいだけのこと。
占いは霊感で読むもの。
占いは昔からそういうもの。
統計だのルールだのは関係なし。霊感がすべて。

620 :名無しさん@占い修業中:2005/05/29(日) 19:21:47 ID:ks/rS8I4
 
勘違いだらけが、すべての世界らしいです。

621 :名無しさん@占い修業中:2005/05/29(日) 20:48:48 ID:???
>>614
証拠を提示しなくても真実を語るのは自由。

622 :名無しさん@占い修業中:2005/05/29(日) 21:27:44 ID:???
>>621
自由だけど説得力はゼロだね(w。

623 :名無しさん@占い修業中:2005/05/29(日) 21:28:27 ID:???
まぁ、言っちゃ悪いが所詮>>621程度か、と。


624 :名無しさん@占い修業中:2005/05/30(月) 00:09:40 ID:8ja0hkZC

感情を垂れ流すのが自由と真実らしいです。 
         


625 :名無しさん@占い修業中:2005/05/30(月) 00:26:07 ID:???
説得してほしいというのは、わかってないから説得してほしいと思うのです。
世の中には分かる人にしかわからないこともあるのです。
繰り返しますが占いは霊感です。
ルールブックや過去のデータを必要とするのはまだ真の占いではありません。
占いはもともと神事です。霊感がなければだめです。

626 :名無しさん@占い修業中:2005/05/30(月) 05:35:30 ID:8ja0hkZC

霊感の有無は誰の判断。自己申告がほとんどらしいです。

627 :名無しさん@占い修業中:2005/05/30(月) 07:53:36 ID:???
>>625
>世の中には分かる人にしかわからないこともあるのです。

それ、経済でもサイエンスでも法律でもなんでもそうじゃないのかな。
でもなぜ、霊感だけが説明責任を特権的に免れるんだろう。。。?

628 :名無しさん@占い修業中:2005/05/30(月) 11:01:06 ID:???
>>627
世の中には言葉だけでは説明できないこともあるからです。

629 :名無しさん@占い修業中:2005/05/30(月) 11:48:50 ID:???
>>628
? 堂々巡りですし無意味な会話ですね。

630 :名無しさん@占い修業中:2005/05/30(月) 13:33:43 ID:???
>>629
CIAを甘く見るな。

631 :名無しさん@占い修業中:2005/05/30(月) 14:21:56 ID:???
>>630
CIAの工作員であるあなたが
霊感を使っていると主張しているわけ?

632 :名無しさん@占い修業中:2005/05/30(月) 14:35:26 ID:???
つきあうから会話になるだけですよ。w>>629

わかる人にしかわからない事はある。
言葉だけでは説明できないこともある。
霊感とはそういうものだ。
と、当たりまえのことを述べているだけなのです。


633 :名無しさん@占い修業中:2005/05/30(月) 14:36:12 ID:???
頭の中を切り分けられないおかしな人がたまにいる。

>>632
なにも言ってないのと同じだよ。それは。
楽で良いね。

634 :名無しさん@占い修業中:2005/05/30(月) 14:37:07 ID:???
なにを守ろうとして、そんなに必死なのか。

もうとっくに追い抜かれているのに。

635 :名無しさん@占い修業中:2005/05/30(月) 14:38:29 ID:???
禅問答は、お寺さんでやってくれ、と。

場違いですよ、霊能者さん。

636 :名無しさん@占い修業中:2005/05/30(月) 14:42:11 ID:???
素人だましってのが一番たちわるいよね。。。

637 :名無しさん@占い修業中:2005/05/30(月) 14:46:52 ID:???
しかも騙せてないし(w。

ちゃんと宗教的な修行している人なら
>>632のようなことは言わないだろう。

似非が多すぎ。この界隈。

638 :名無しさん@占い修業中:2005/05/30(月) 14:48:21 ID:???
>>633-634
それはご自分のことをいってるだけです。

ものわかりが悪い人というのもいるものです。
あなたもそうです。>>635

639 :名無しさん@占い修業中:2005/05/30(月) 14:52:25 ID:???
だますもなにも、それ以外いいようがないのですから。
わからないならあなたがそこまでだってことだし、
だれにもあなたを説得したり救わなきゃいけない理由はないのです。


640 :名無しさん@占い修業中:2005/05/30(月) 14:55:31 ID:???
>>639
蒟蒻問答、乙(w。やってる人はもっとまじめだよ。フツー。

641 :名無しさん@占い修業中:2005/05/30(月) 15:02:23 ID:???

ようするに「霊感」という価値観を、自我と一体化させているだけの話じゃん。

べつにそれ、手もみによる茶の焙煎技術と何も変わらないはずでしょ。
あれだって、完全な言語化は不可能だし、できる人にしかできないもんだし。



642 :名無しさん@占い修業中:2005/05/30(月) 15:04:14 ID:???
うまい茶が飲めるから、手もみ技術に価値があるわけでさ。

霊感だろうが、茶葉の手もみ技術だろうが、
言語化してもしなくてもどうでもいいが、結果が出ないものなら無関心。

643 :名無しさん@占い修業中:2005/05/30(月) 15:24:27 ID:???
霊感をお茶の手もみで比喩するなどなにもわかってない証拠です。
わからないひとにはわからないというのはこういうことです。

644 :名無しさん@占い修業中:2005/05/30(月) 15:27:04 ID:???
>>643
しつこいね。応酬話法、お疲れ。

645 :名無しさん@占い修業中:2005/05/30(月) 15:28:06 ID:???
CIAを甘く見るな。

646 :名無しさん@占い修業中:2005/05/30(月) 16:31:37 ID:???
CIAがというのもおんなじじゃん。なんで噛みつかないの?>>644
証拠だせーとか、説明しろーとか、結果みせろーとか。w


647 :名無しさん@占い修業中:2005/05/30(月) 16:46:24 ID:???
>>646

CIAって公務員でしょ(w。

648 :名無しさん@占い修業中:2005/05/30(月) 16:47:13 ID:???
公務員の服務規程に反することは、公務員はできませんよ(爆笑)。

649 :648:2005/05/30(月) 16:47:40 ID:???
ああ、もうどうでもいいや(苦笑)。いいかんげんだね。ほんと。

650 :名無しさん@占い修業中:2005/05/30(月) 17:15:37 ID:???
公務員のルールブックもけっこうどうにでもなるように書かれているでしょう。
法律と同じで。ルール上の禁止項目を回避するほうほうはいくらでもあるものだし。
直接手をくださなければいいとか。

651 :名無しさん@占い修業中:2005/05/30(月) 17:21:24 ID:???
>>650
守秘義務くらいあるよ。ああいえばこういうだね。

652 :名無しさん@占い修業中:2005/05/30(月) 17:22:15 ID:???
守秘義務なんて最低限じゃん。そんなの。。。

ぶわははははは。しかも、CIAと霊感関係ないし。論理破綻おつかれー。

つか、そろそろ馬鹿にされていることくらい気がつきなよ。

653 :名無しさん@占い修業中:2005/05/30(月) 17:30:34 ID:???
この人の脳内ではどんな妄想が展開してんだろう・・・・?>>652

654 :名無しさん@占い修業中:2005/05/30(月) 17:31:37 ID:???
>>653
というか、なにがどうなってるのかおれも知らんよ。

霊感男か、女か知らんが、そいつに言ってください。


655 :名無しさん@占い修業中:2005/05/30(月) 17:34:07 ID:???
どうせ、霊感という言葉で遊んでるだけでしょ。最初からね。
表現された感情に隙間がありすぎるし、スカスカだもんね。

656 :名無しさん@占い修業中:2005/05/30(月) 17:34:40 ID:???
霊感がないと占いはできないですよ。当然です。
コンピュータ占いなんて真の占いではありません。
占いのまねです。

657 :名無しさん@占い修業中:2005/05/30(月) 17:35:36 ID:???
>>655
そうおもうなら相手しなきゃいいのにw


658 :名無しさん@占い修業中:2005/05/30(月) 17:36:59 ID:???
>>657
というか、出生時間スレなのに。。。面白い話ならともかく。

易経の「プロを語る頭の弱い人」のパターンと同じく、スレつぶしですよ。

659 :名無しさん@占い修業中:2005/05/30(月) 17:38:41 ID:???
そのおもしろくない話にまめにレスしてるというのも(ry

660 :名無しさん@占い修業中:2005/05/30(月) 18:54:57 ID:8ja0hkZC
>>643

わからないこと多いでしょ?
 
あちっ! へそで茶が沸きますねw


661 :名無しさん@占い修業中:2005/05/30(月) 20:50:54 ID:???
>>660
知らなくてもいいことに霊感を使ったりはしません。

662 :名無しさん@占い修業中:2005/05/30(月) 22:31:12 ID:???
>知らなくてもいいことに霊感を使ったりはしません。

この点は一定の人間にとって経験的真理ではあるけれど、
相手の顔も見えず文字でしか会話できないこのような場所で
説得にエネルギーを割くだけ無駄ではないの。

663 :名無しさん@占い修業中:2005/05/31(火) 00:38:49 ID:???
少なくとも私にとって無駄かどうかは私が決める事です。


664 :名無しさん@占い修業中:2005/05/31(火) 06:31:40 ID:F8lQAHbl
神や霊感がどういうことを指して言ってるのか?
中には並以上に冴えてる人もいますね (否定派じゃないからね)
でも、ほとんどの人のそれは
その人の背景(レンズの歪み、思い込み又は、そう思いたい)に
簡単に左右されているし、
それすら、気がつかない謙虚さを失った自称霊感をふりがざす人は
独りで神?と対話してるのがいいよ。 

本当。

665 :名無しさん@占い修業中:2005/05/31(火) 11:11:32 ID:???
>>664
そう思いたいのですね。w

666 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/05/31(火) 17:00:15 ID:???
>>665

あなたが所属している宗教結社や宗教団体とかあるんですかね?
所属していた、でもいいんですが。

そういうのをひとつでも実体験として知ってれば、
日本国内のそれでは、この板で物語られる類の「占い」って
実はそれほど重視されていない、というのはわかるはずなんですが。

おれは、所属したことないけど、人つながりでいろいろウォッチしてたことあります。


667 :夜勤 ◆yNP.NCYEjg :2005/05/31(火) 17:07:51 ID:???
あ、666 だ(笑)。

ちなみに、詩人のW. B. イェーツなどが所属していた
魔術結社・ゴールデンドーンは
星占いをさほど重視していなかったのでは???と思われ。



668 :名無しさん@占い修業中:2005/05/31(火) 20:45:56 ID:???
と、思うのは、なんか「悪意のある団体が自分をおとしいれようと
しているのではないか?」と、いつも気を抜けない被害妄想しすぎの
朝日新聞読みすぎのへんな人。

669 :名無しさん@占い修業中:2005/05/31(火) 21:12:57 ID:???
>>668

なぜ朝日新聞?

670 :名無しさん@占い修業中:2005/05/31(火) 21:14:30 ID:???
団体とか集団以前に、占い人にありがちな(w
「思考停止」ってのがまずいわけで。

671 :名無しさん@占い修業中:2005/05/31(火) 21:15:26 ID:???
霊感を使えるようになったから、思考停止しても良い、という理屈はないわけで(w。

672 :名無しさん@占い修業中:2005/05/31(火) 21:34:14 ID:???
もうコテハンやめちゃったよ。この人。

673 :名無しさん@占い修業中:2005/05/31(火) 21:43:39 ID:???
× 朝日新聞
○ 朝鮮日報

674 :名無しさん@占い修業中:2005/05/31(火) 23:45:21 ID:F8lQAHbl

   >>665 

 ふ〜ん。
 
      

              へそで沸いたお茶なんだけどのんでみない?




675 :名無しさん@占い修業中:2005/06/01(水) 13:27:45 ID:???
ここは思考が止まらなくなる病気にかかった人のスレですねw

676 :名無しさん@占い修業中:2005/06/01(水) 15:06:38 ID:???
>>675
アイテニサレテイナイコトニソロソロキガツケ

677 :名無しさん@占い修業中:2005/06/01(水) 18:05:44 ID:???
>>676
気づかせようとして相手してくれなくていいです w


678 ::2005/06/04(土) 11:50:43 ID:???




 野  禽  料  理 

   覇   羅   陀 




679 :救国義勇軍:2005/06/04(土) 13:57:42 ID:???
巡回お疲れ様です。

680 :名無しさん@占い修業中:2005/06/11(土) 19:15:25 ID:FH41NHey
日原利国著 『春秋繁露』を手に取ったが、これ全訳じゃない・・・。

天人相関を説明している、

それによると,人体に大節が12あるのは1年の月数に,小節366あるのは日数に相応し,
五蔵は五行(ごぎよう)に,四肢があるのは四時の数に当たり,
覚めまた眠るのは昼夜に等しい。すなわち人の身体は天の全体をそなえた小宇宙であり,
それゆえ人は天と不可分の関係にたつと説く。(以下略)

という部分は翻訳されているのかなぁ?

http://ds.hbi.ne.jp/netencyhome/

681 :名無しさん@占い修業中:2005/06/11(土) 19:19:55 ID:FH41NHey
>680

ここに翻訳の一部があることを今更ながらに見つけました。自己レス。

http://www.rockfield.net/hanro/chushakuko.htm

260 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)