2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

お前らなぜ負帰還を毛嫌いするか理論的説明求む2

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/23(水) 14:11:12 ID:jPDT1aVv
前スレ
お前らなぜ負帰還を毛嫌いするか理論的説明求む`
http://hobby5.2ch.net/test/read.cgi/pav/1080319412/

前スレの要約

無帰還マンセー派=馬鹿ばっか
帰還マンセー派=ヲタばっか

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/23(水) 14:15:50 ID:jPDT1aVv
2ゲット素子

じゃ、仲良くケンカしろ ↓

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/23(水) 14:24:27 ID:YiNxVQi8
トムとジェリーかよ(w

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/23(水) 14:37:00 ID:MgBF7hwT
どうしても必要なのねこのスレこの板に

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/23(水) 14:38:24 ID:XbGLpUQG
帰ってこない方がスキッとした音だよな

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/23(水) 15:04:14 ID:IeqhgWIM
糞スレ立てんなや!

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/23(水) 16:01:28 ID:jPDT1aVv
いや良スレだろう。
この種の問題は結論が出ないからマッチポンプで
いくらでも続けられるから名。
それに無帰還マンセー派には馬鹿を晒す場が必要だ。

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/23(水) 16:40:50 ID:XbGLpUQG
なんでも聞くところによれば、韓国俳優は整形してるらしい。
欧米の俳優は整形なんかしなくても元々整っているから不要か。

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/23(水) 16:54:45 ID:jPDT1aVv
無帰還マンセーはは帰還=化粧、帰還=整形といった
実に的はずれな形容しかできない。
それを笑うことができるのもまた、このスレの良いところだ。

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/23(水) 16:57:40 ID:IeqhgWIM
国産の変なトランスを使っていると、負帰還をかけると発振しちゃって
使い物にならないから、無帰還で使わざるを得ない香具師が自作マニア
を中心にうようよいる。


11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/23(水) 17:44:49 ID:B1cwaXJ4
無帰還マンセー派と言っても終段フォロワや3極出力管の局部帰還まで否定する椰子は
誰もいないわけだが(否定したら電流出力アンプになってしまうから)
一方で局部帰還とオーバーオール帰還の本質的な違いを的確に指摘できる椰子は一人もいない。





本質的には同じ性質のものなのだから指摘できるわけないのだが(w
どうせ同じ負帰還なら沢山かかってる方がお得だ罠。

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/23(水) 18:01:21 ID:MTzGS4bJ
無帰還派ばかりか負帰還派もデムパが多いというのが全スレの趨勢だったな。
上の>>11みたいな単純脳みそ馬鹿がいつまで経っても絶滅しないしな。w

スピーカーを相手にするのならスピーカーまで含めた全体を系としてみて、出力の
最後の音か、せめてボイスコイル動作検出信号からの負帰還いわゆるMFBが正解。
まぁその場合はスルーレートが全然出なくなるからTIM歪に留意する必要があるね。
せいぜい100Hzくらいまでの負帰還ってことになるかな。


13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/23(水) 18:04:13 ID:A71rvDKs
いまどきTIMひずみかよ。

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/23(水) 18:06:25 ID:jPDT1aVv
MFBでボイスコイルの動きを制御したところで、音が正しく再現されるとは限らんだろう。
>スピーカーまで含めた全体を系
鍵欄だろう。

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/23(水) 18:07:05 ID:jPDT1aVv
お、中途半端に書き込まれてしまった。

>スピーカーまで含めた全体を系
人間模型に含めないと名。脳内から帰還を掛けるのだ。

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/23(水) 18:13:27 ID:MTzGS4bJ
>>13
スルーレートも分かってない馬鹿か。馬鹿が口出しするから負帰還派もデムパ
まみれってことになる。www
半導体純電子回路としてはTIMが問題になるようなアンプはいまどき無いが、MFBの
スピーカー動作まで含めて見てみな。

といっても理解すら不能か。www

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/23(水) 18:20:12 ID:jPDT1aVv
このようにMFB馬鹿が日頃の鬱憤を晴らす場になるのも
スレが必要な理由であるな。MFBみたいなことをやると
性格が歪む。その典型例が可動鉄片。

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/23(水) 18:46:58 ID:MTzGS4bJ
負帰還派デムパは反論がまるで不能になると
このように捨て台詞に逃げるばかりなのでありました、とさwwww

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/23(水) 18:51:36 ID:jPDT1aVv
おまえ、前スレで例のポンチ絵描いた奴だろ?
あの絵にはワロタよ。また笑わせてくれ

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/23(水) 19:59:14 ID:A71rvDKs
ID:MTzGS4bJ

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/23(水) 21:18:12 ID:hDtCyC1t
パワーアンプのオーバーオール負帰還は、
どんなにうまく設計しても、
あくまでスピーカーのボイスコイルに生じた電気的ひずみを補正するものにすぎない。

ボイスコイルから一歩外に出ると、そこにはオカルトの世界wが広がっている。
現実世界におけるオーディオ再生が、スピーカーからリスニングルームに至るまで、
空間の残響に頼ったものである以上、
オーバーオール負帰還は、利益だけでなく、害悪を及ぼす可能性がある。

もし、直線性の十分よい出力素子、内部抵抗が0に近い強力な素子&電源があったら、
パワー段からの負帰還はなくなったほうが良いケースが多いのではないか。

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/23(水) 21:28:52 ID:hDtCyC1t
たとえば、スピーカーの前で、ポン、と拍手を打ったとしよう。
音楽の入力信号とは何の関係もない。
しかし、負帰還の入力信号には確実に現れ、
その差分をキャンセルする方向に、スピーカーを駆動すべく出力が生じる。

まったく余計なお世話である。

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/23(水) 21:31:25 ID:hDtCyC1t
そもそも、リスニングルームの壁の反響やホーンスピーカーの共鳴など、
位相の変化どころか時間遅れの要素まで含んだ音楽信号まで、アンプが面倒を見てくれる必要はない。
「外乱」として処理してくれなくていいのだ。

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/24(木) 00:16:43 ID:vaLKcNyS
>>21
>もし、直線性の十分よい出力素子、内部抵抗が0に近い強力な素子&電源があったら、

あったらな(w

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/24(木) 00:20:53 ID:vaLKcNyS
ところでMFB賭けるとスルーレートが全然出なくなってTIM歪に注意という
道筋がどうしてそうなるのか全くわからないので誰かわかる椰子、説明してくれ(w

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/24(木) 00:37:28 ID:t3dnQ+dJ
>>19
何だ、そのポンチ絵ってのは。
オマエ、ただのアホ負帰還派じゃなくって妄想まじりの基地害か。www

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/24(木) 00:42:09 ID:gwjX2ci3
負帰還は出力信号を正しく帰還してこそのもの。
だらだらと配線やパターンを引き回して、
外来ノイズ等に犯されてたらしまつにおえんよ。

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/24(木) 02:18:44 ID:sk7BOJdE
>>26
本人の証明(ワラ

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/24(木) 14:40:35 ID:p46ucIBd
30000B!!!

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/25(金) 00:02:50 ID:mYpo3EVt
このスレで無帰還マンセーしてるのってもしかしてSATRI厨?

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/25(金) 12:10:46 ID:zLfkaTD8
SATRIスレでアフォハケーン


46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/24(木) 17:07:36 ID:np0LTqr6
帰還だから全部ダメと思い込む厨房がいるスレはここですか?
ごく短いループなら悪影響なしというのが最近の常識みたいですよ。
帰還は何でもダメと思い込むのは、増幅回路は全て色付けあると思い込むくらい
浅はかな考え方です。





最もループが短いはずのエミフォロはすごく発振しやすいですが、何か?


32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/25(金) 17:50:19 ID:/cA9eTnP
エミフォロの発振も止められんとは無学極まるやつだ。

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/25(金) 18:34:25 ID:qo6Q+E+E
ここは帰還厨を叩くスレか

34 :名無しさん@お腹いっぱい:2005/03/25(金) 18:37:55 ID:F3rXUPDx
オシロで見ないとわからん発振もある。

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/25(金) 21:43:29 ID:ODNu3Bs0
>>24 そこで、デジアンでつよw

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/25(金) 22:15:25 ID:N9fc2IM+
アホだったら、すみません。
MFBまで考えないNFBは中途半端という事ですか?

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/25(金) 22:32:53 ID:qo6Q+E+E
んなことない。

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/26(土) 02:25:07 ID:D5ca4FmT
ラ技の最新号読んだら、MFBの実験でリーフTWやリボンTWをいくつも飛ばした話が出てた。
未だ実践では不安定なMFB、あんまり有難いもんでもなさそーだな。

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/26(土) 10:49:30 ID:6n5z0kBa
>>38
MFBにも色々な方法が試されているんだが、あの木塚のMFBの方法はただのデムパ。
わざわざスピーカーの逆起電力などの変な反応を、根拠レスのワケワカメな形で取り出して
負帰還させているだけ。それも中高域までやろうってんだから、貴重な高質ユニットを飛ばす
のもアタリマエ。

あれはただの基地外。あんな基地外ばかりか、自作ボロスピーカユニットやらダンピングファクタゼロ
アンプなどの基地外まで誌面に出す所に、ラ技の末期症状が出てる。

ラ技のMFB記事ではむしろ高橋(和正)や巳波のやってるコーン動作検出信号を負帰還で戻す方が
MFBとしては正道と思う。(...んだが、そこまで逝くともう既にキモヲタの2乗やねw)

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/26(土) 12:30:14 ID:zsXS3qSg
ボビンにMFB用検出コイルを巻いたシステムが昔あったけど
今影も形も無いと言うことは問題の方が多かったんだろうな。

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/26(土) 14:12:30 ID:lOHqfzbb
68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/26(土) 10:22:02 ID:6n5z0kBa

で、プリアンプ、フラットアンプ、録音コンソール内各段のバッファなどの純抵抗負荷のアンプでは
過渡的な歪などの問題はないからオーバーオールな負帰還で十分な低歪にすることは「当然の常識」。

一方、ワケワカメの電気的レスポンス(外乱)があるスピーカーシステムを負荷とするパワーアンプ
ではオーバーオールな負帰還をかけることによる問題について、下記サイトの逆起電力がβ回路に及ぼす
悪影響(4.過渡的な歪 を参照)などいろいろな予想がある。

  ttp://www.gem.hi-ho.ne.jp/katsu-san/audio/distortion.html

厨房向けに念のため申し添えれば、この中でも現代素子では既によく言われるTIM
歪なんてのは存在し無い、解決済みだよ、と解説されてる点に留意してね。
逆起電力の悪影響については、「また別種の過渡的な歪の予想」として記述されてる。

ま、全体として漏れもこの説に同感なんだが。

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/26(土) 14:25:22 ID:jcDt3kWK
「静特性の良い負帰還たっぷりのアンプで試聴したために、音の変化は判らなかったんでしょうかね」
http://www.ne.jp/asahi/solanon/non/audio/audio7.html

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/26(土) 15:10:43 ID:vdW+PEJb
静特性が最悪なアンプで試聴したために、不安定な動作で音が変化しすぎたんでしょうかね。

つーか静特性が悪くて動特性が良くなるのかwwwwwwwwスゲwwwwwwwww

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/26(土) 15:22:03 ID:IwswBdWu
他人の意見に耳はかさない。ジャズの美味しい年代を聞くなら鯵の開きの無帰還が正解。

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/26(土) 15:26:08 ID:jcDt3kWK
性的特性ばかり重視して道徳性が悪化してるんだ。

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/26(土) 15:35:07 ID:XMBdEMA7
いまどきwwwなんて使ってるのかよ

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/26(土) 16:21:32 ID:H7dMqjcd
>厨房向けに念のため申し添えれば、この中でも現代素子では既によく言われるTIM
>歪なんてのは存在し無い、解決済みだよ、と解説されてる点に留意してね。

ちょっと違う。帯域幅が20KHzまでしかないCDを再生している限り、TIM歪を引き起こすような
帯域が入力される事はありませんよ、と言ってるだけ。TIM歪を解決してる、と言っている訳
ではない。



48 :名無しさん@お腹いっぱい:2005/03/26(土) 17:57:02 ID:qJEo2CBI
アンプにMHzの信号が入るからTIM歪みが起きるというの?

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/26(土) 18:06:01 ID:H7dMqjcd
>>48
スルーレート足りない部分は入力にLPFになるように小容量のCR入れたりして対策すればOKだ
よ。普通のメーカー製アンプは、このあたりは抜かりないはず。

50 :これが結論:2005/03/26(土) 18:07:50 ID:Gw9vUp5A
http://www.phase-tech.com/image/pt_shokai/radio/graph2.jpgの入力側に立ち上がりの鋭い信号A
(この図では方形波)を入れた場合、出力側に現れる信号BはAより立ち上がり時間が鈍った信号が出力される。
Bの信号はNFBにより位相反転され入力側に戻され入力信号に加算されるがAより立ち上がり時間が鈍っている部分は
無信号となりその部分はNFBがかからなくなる。
そしてその部分がそのまま増幅され図に書かれているクリップ波形になりTIM歪みとなる。 
http://www.gem.hi-ho.ne.jp/katsu-san/audio/distortion.html#nfb
過渡的な歪み
これは、正弦波では測定できない歪みです。普通の歪みは時不変で非線形なシステムで発生します。

過渡的な歪みというのは、「線形な時変システム」がもたらします。言い替えれば、システムが入力信号その他で変化するのです。

オタラ博士の提唱したTIM歪みが有名ですね。でも、TIM歪みというのは、実はパワーバンドワイズとほとんど同義です。

スピーカ逆起電力がβ回路に加える電圧もその一つです。
それらが音に影響を与えるのでしょう。そして、それを測定できる測定器は存在しません。

NFBアンプにおいて今、何らかの原因でオープンゲインが、図の太線から細線の様に瞬間的に変化した、と仮定しましょう。

NFB後のクローズドゲインはほとんど変りません。fcも変わりません。
すると、周波数振幅特性は図の太線から細線のように変化する事になります。(厳密な計算はここです)
この時、位相特性も図のように変化しますから、可聴域でも知覚するに足る変化が起きる可能性があります。
人間は、位相に鈍感かも知れませんが、少なくとも過渡的な変化は非調波歪を生み、敏感に反応するはずです
http://www.gem.hi-ho.ne.jp/katsu-san/grafic/dist_fig22.gif


51 :これが結論:2005/03/26(土) 18:09:07 ID:Gw9vUp5A
http://homepage3.nifty.com/y-daisan/html/A40507.html
NFB をかけたときの抵抗負荷とスピーカ負荷

http://homepage3.nifty.com/y-daisan/html/A405071.html
NFB をかけたときの抵抗負荷とスピーカ負荷の歪特性

http://homepage3.nifty.com/y-daisan/html/A40508.html
NFB をかけたときの抵抗負荷とスピーカ負荷のダンピング

http://homepage3.nifty.com/y-daisan/html/audio1.html
スピーカー負荷のNFBアンプの動作とスピーカー

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/26(土) 19:11:06 ID:y6WuyCNM
>>50
墓穴を掘ってることに気付いてないだろ?

オープンゲインが変化した場合、(引用元には「電源電圧変動によって起こり得る」と書かれている)
NFBなら位相歪だけで済むが、無帰還では振幅自体が変化してしまう。

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/26(土) 19:15:32 ID:XMBdEMA7
シリーズレギュレータが使えなくなっちゃたね。
笑え。

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/26(土) 23:24:31 ID:XMBdEMA7
いい突っ込みだと思ったんだけどな。
(´・ω・`)

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/27(日) 03:16:18 ID:qfcgUBat
よし、おまいら、負帰還は撲滅しよう。

ttp://homepage3.nifty.com/y-daisan/html/audio1.html

前まで負帰還派だったけどよ、やっぱダメだぜこりゃ。
多少の悪影響で特性改善できるなら負帰還掛けたほうが良いんじゃねえかとか
思ってたが、こりゃとんでもない悪影響だわな。まぁ、市販アンプじゃ難しいか?
どっちにしろ極限まで帰還量を減らした方が良さそうだ。

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/27(日) 03:16:29 ID:sSm/xZ2m
スピーカを2台向き合わせてくっつけてアンプを接続する。
片方のアンプから信号を入れて、
もう片方の出力の変動を見る。
無帰還と負帰還では・・・。

まぁNFBアンプの勝ちってことで。

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/27(日) 06:42:15 ID:Z+bU+84C
勝ち負けを決める基準がよくわからないので、ご自身の判断で
決めればいいと思いますが。
何をもって帰還とするかあいまいなので、二元論になってしまうのでは?
私は三極管もフォロワも立派な帰還回路だと思っています。自身の出力
が入力に影響すると言う点で。
SPの逆起電力もインピーダンスの減少と捉えれば、電圧ゲインで駆動するように
設計されているSPでは帰還回路の方が相性が良いのではと思います。
電流駆動用に設計されているのなら別ですが。
世知辛い話しですが、無帰還派の方はお金持ちが多いのではと。高級な部品を
いろいろ取り替えて楽しめる余裕があれば、楽しいかもしれないですね(^^;
強帰還回路は素子の特性はあまり関係なくなってきて、回路構成に依存する
部分が無帰還回路より増えてくるように感じます。そこが自分には楽しいわけですが、
そのへんは自身の環境と趣味の世界なので、どちらでも、と思います。


58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/27(日) 13:40:35 ID:qfcgUBat
>電圧ゲインで駆動するように設計されているSPでは
>帰還回路の方が相性が良いのではと

まず、電圧ゲインという書き方が意味不明だが、「電圧」ということにしよう。
定電圧出力アンプ、つまり一般的なアンプで駆動すれば殆どのスピーカは鳴る。
ということは無帰還でも負帰還でも関係ない。むしろ無帰還アンプでDFを上げられれば、
それが理想的だと言える。但し素子の歪みは減らない。
電圧出力段の帰還はスピーカの動作に影響を及ぼす可能性が低いため、問題ないと思われる。

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/27(日) 14:29:26 ID:KXlILWpY
Trで無帰還アンプ(オーバーオールAC負帰還なし、DCサーボのみ付加、ソースフォロワ局部帰還は何ヶ所かあり)を作れば

「もともと半導体素子の素性は真空管より優れているので」

出力50Wで、最大50W出力時THDが0.4%以下(100、1k、10k各Hzで)、DF(8Ω負荷時)が40

程度のアンプは簡単に作れるわけだが。自作記事より。

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/27(日) 15:25:31 ID:cTio0ZI/
>>56
通常、そんな使い方しねーだろwwww

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/27(日) 15:32:43 ID:qfcgUBat
んで、その無帰還アンプを使って超電導状態で使うんだよ。
凄いぜこりゃ。

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/27(日) 16:00:36 ID:qfcgUBat
つーかさ、ウーハーのセンターキャップを軽く指先で叩くとボンボンって鳴るんだよね。
(トールボーイでウーハー2発だから、片方叩くともう片方が凄い鳴く。)
無音状態で、叩きながらアンプの電源入れると、そのボンボンってのが小さくなるんだよね。
これって、制動できてるってことでしょ?

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/27(日) 16:07:32 ID:qfcgUBat
で、電流位相が複雑にずれるから音が悪いと…。
別に、負帰還が悪いわけでは無いんだろうね。

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/27(日) 17:44:39 ID:KXlILWpY
>>62
それは、出力インピーダンスが小さいアンプにつなげば、スピーカーの端子を
短絡したのと同じような効果がある、ということだろ。短絡=ゼロΩまでは行かなくても
DFが40(8Ω負荷時)のアンプにつなげば、0.2Ω(8÷40)の内部インピーダンス
でスピーカー端子を短絡に近い状態にしたと同じ状態ということだから。

スピーカーの端子を短絡すれば、コーンはまさに最大限制動される。こんなの常識だが。

まぁ、一部のキショヲタクが騒いでる電流出力アンプなんてのはDFがゼロ(出力インピーダンスが
∞)だから、全くそういう制動が効かないわけだ。
で、逆に低域スカスカの片輪ピーカーや片輪な部屋では、電流出力アンプの方が結果的に合う
なんてポンチ絵状態もあったりする。
ただまぁ現実にDFゼロの「理想的な電流出力アンプで実使用可能なパワーアンプ」なんて存在しなくて、
大抵が「DFがまるでとれないカス回路アンプ」ってことが多いんだけどな。w


65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/27(日) 18:02:08 ID:sSm/xZ2m
>>60
おい大丈夫か?
出力に外部から信号を与えても、
出力は揺らがない。
つまり定電圧動作してるってことだぞ。
NFBによって出力インピーダンスを下げれば、
逆起電力の影響を抑えることができるってわけだ。

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/27(日) 18:20:02 ID:KXlILWpY
>>65
おい大丈夫か?
出力インピーダンスを下げることと逆起電力ほかスピーカーシステムの変な
電気的レスポンスに対応することは同じではない。
むしろ、オーバーオールな負帰還はスピーカーを負荷とするパワーアンプの場合でも
何の問題も無いという説は全く実験も証明も存在しない。むしろ問題が予想されるケース
が多い。
ttp://www.gem.hi-ho.ne.jp/katsu-san/audio/distortion.html




67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/27(日) 18:25:16 ID:sSm/xZ2m
実験結果>超えられない壁>妄想

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/27(日) 18:50:31 ID:fbUrrWTb
負帰還に問題があるという説にも実証は何一つ無いね。
問題が予想されるケースが無帰還より多いなんて誰が証明した?
TIM歪も提唱者自身が測定できないと言っていたくらいだし。
あとは、>>51みたいなド素人の妄想シミュレーションくらいか。

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/27(日) 21:01:46 ID:NF9XygLS
>62
僕のはそうならないってかよくわかんない。

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/27(日) 21:23:59 ID:onLS1911
無帰還に問題があるという説にも実証は何一つ無いね。
問題が予想されるケースが負帰還より多いなんて誰が証明した?
負帰還をかけることでTIM歪も理論的には十分発生しうるし。
>>51みたいなシミュレーションでも無帰還の有利性がわかるし。

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/27(日) 23:36:11 ID:xi/4MkEm
>51
これが結論とは笑止な。
やつのシミュレーションは間違っている。
自分でシミュレーションしてみればわかると思うが、
理想無帰還アンプと、
理想負帰還アンプでまったく同じ出力インピーダンスにすると、
違いは全くないのだ。

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/28(月) 00:01:27 ID:LCNOMY6+
だからね、プリとかラインアンプとかバッファアンプとかでは負荷が基本的に「純抵抗」
なんだから、十分に負帰還かけて低歪にするのが常識。DQNが位相補性も出来ずに発振
なんてのは例外事項だから置いといてね。
スピーカーの場合はいろいろありそうだからオーバーオールAC負帰還のない所謂無帰還
アンプは十分ありなんだよ。現に、高負帰還パワーアンプは音が悪いのが多い。いろいろある
いい証拠だと漏れは思ってる。
マランツの糞音アンプとかウイリアムソンタイプの糞音球アンプとかね。

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/28(月) 00:09:32 ID:TxAjRQCB
>>72
マランツって高負帰還なん?

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/28(月) 00:18:42 ID:6tKFXz/A
>>51
のリンク。
この理論からすると帰還形の3端子レギュレータは、
無帰還のレギュレータよりも安定性が悪いってことになる。

ヒント:
>アンプは理想アンプで、内部抵抗はなく外付けの抵抗で、代用しています。

75 :愚骨頂:2005/03/28(月) 00:46:29 ID:hr9nlxrv
TIM歪に付いては数年前に、テレオンの試聴会にて 安井 章氏が観測出来る機器が開発された、と語って居られ
ました。
多分、ソニーテクトロの数百万円のストレージかと思いますが、諸般の事情に因り、市販アンプでの測定結果を
公表する訳には行かないと語って居られました。


76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/28(月) 01:01:01 ID:8I+3R4Eu
安井も窪田と同類か。

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/28(月) 01:09:07 ID:f4r+lMqu
つーか、電流波形を観測すれば済むことだよね?
実働状態に近い状態で測ることは可能だし。

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/28(月) 01:29:40 ID:yhKXSm8/
流れ遮って申し訳ないけど、ふと思いついたこと。

アンプの左右2チャンネルのうち片方のスピーカーケーブル
をはずして方チャンネルだけで音だしして音を覚えておき、
次に、はずした方のスピーカー端子(+−)をさっき音を出した方の
スピーカーとアンプに対して直列になるように接続して音を聞いてみる。
どの程度、音が変るか変らないか興味ある。

これどーすか?

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/28(月) 01:43:48 ID:yhKXSm8/
     ↑
>はずした方のスピーカー端子(+−)
はアンプの方の出力端子のこと

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/28(月) 02:12:25 ID:f4r+lMqu
意味が 分からない 。

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/28(月) 02:50:05 ID:yhKXSm8/
片方の出力をもう片方のNFB回路から注入して出てきた音を実際に
聞ける。下手するとアンプ壊れるかもね おっともうこんな時間か
おやすみ

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/28(月) 03:45:51 ID:60VHJmyE
>>50
オーディオ信号にはありえないような周波数成分を含む信号を突っ込むのはどうして?

83 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/28(月) 03:56:39 ID:u1mKXAk9
>>82
音楽信号は正弦波より方形波の特性に近いから

84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/28(月) 04:51:30 ID:T1LB9HeC
>>音楽信号は正弦波より方形波の特性に近いから

CDやレコードには、数百KHzもの信号成分が含まれるとですか、そうですか。

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/28(月) 08:10:51 ID:u1mKXAk9
>>84
20Hz〜20KHzまでの無限の周波数を組み合わせが音楽信号≠正弦波

86 :名無しさん@お腹いっぱい:2005/03/28(月) 09:18:03 ID:0AohY3Hg
マイクの周波数特性は殆どが30KHz以下。それ以上の信号は機器のノイズ。
CDやアナログ機器(レコードやオープンテープ)は1KHzの矩形波は再生出来るが10KHzの矩形波は再生出来ないよ。
測定してみな?

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/28(月) 12:14:38 ID:HhrfXJx0
過渡的な歪みというのは、「線形な時変システム」がもたらします。
>>51のシミュレーションでは過渡的な歪みをシミュレートすることは
できませんなあ。

つまり、教科書どおりのあたりまえの結果がでているだけなんですがなあ。


88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/28(月) 13:13:16 ID:f4r+lMqu
>>81
はぁ?どうやったら出来るんだよ。お前の日本語が滅茶苦茶だから意味不明なんだよ。
それに
>片方の出力をもう片方のNFB回路から注入して
こんなことは出来ない。

89 :82:2005/03/28(月) 13:26:07 ID:60VHJmyE
>>83
方形波つっても20kHzに帯域制限してるでしょが。
>>50に書いてあるようなテストをするなら、方形波を20kHzに帯域制限したものでテストすべき。

>>85
あの・・・
20Hz〜20kHzまでの無限の周波数成分を組み合わせても、本当の矩形波にはならないです。

もしかして、最大値と最小値を交互にくり返すデータは、矩形波だと思ってる?
ならば、ディジタルオーディオのことが全然わかってない。勉強して出直しておいで。

>>86
そういうと誤解があるよ。
1kHzの矩形波だって、20kHzに帯域制限されてたら、矩形波っぽいけど、矩形波じゃない。
まぁそれを言い出したら、矩形波なんて世の中に存在しないことになってしまうけど。

90 :名無しさん@お腹いっぱい:2005/03/28(月) 13:51:14 ID:0AohY3Hg
>>89
フーリエ級数を考えると直わかる事だな。

91 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/28(月) 18:12:37 ID:f4r+lMqu
というかマイクロフォンとかスピーカをフーリエで考えられると思っている辺りがDQN

92 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/28(月) 18:27:39 ID:UOlIHjNs
>>91
マイクにしてもスピカにしてもフーリエですことよ。
というか、電気電子工学方面でフーリエ変換できないような
関数が出てくることは滅多にない。

93 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/28(月) 18:33:36 ID:f4r+lMqu
へぇ。じゃあ、スピーカのネットワークが設計出来ますか?

ま、出来てもろくな音にならんことは想像できるわな。

94 :名無しさん@お腹いっぱい:2005/03/28(月) 18:36:02 ID:0AohY3Hg
>>93
笑。

95 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/28(月) 18:42:55 ID:f4r+lMqu
失笑

ディジタルフィルタで1Hzごとにわけて、正弦波入力だけでやれば出来るかもね。
ユニットとアンプが2万個近く必要だけどね。音波の合成も出来んのでどう考えても無理だが。

まぁ、信号処理としては大体は変換出来るんじゃないかね。

96 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/28(月) 18:46:25 ID:60VHJmyE
>>93
過渡応答解析とか信号理論を使わずに交流回路の計算ができるわけないだろ。
すでに誰かが、それらを使って計算した式に、数値をあてはめてるから知らないだけでさ。

97 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/28(月) 18:48:02 ID:f4r+lMqu
>>96

>電気電子工学方面でフーリエ変換できないような
>関数が出てくることは滅多にない

滅多に無いらしいけど、アナログフィルタって身近なものだよな。

98 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/28(月) 18:50:39 ID:60VHJmyE
>>95
お前さんも、わかってないな・・・。

1Hzごとに帯域分割したって、出てくるのは正弦波じゃないぞ。
正弦波の合成でやりたければ、たとえ20〜20kHzまででも、無限大のユニットとアンプが必要だよ。

99 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/28(月) 18:51:59 ID:f4r+lMqu
1Hz前後のゆれなんてスピーカユニットにしてみりゃ正弦波と同じだろよ。

100 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/28(月) 18:54:32 ID:60VHJmyE
>>97
漏れは92ではないのであれだが・・・

フーリェ変換できないというのは、
フーリェ変換するのがやたら難しいか、
手間がかかりすぎて死ぬっていうことだと思うよ。

で、アナログフィルタの設計をどうやってやるのか知ってる?
知らなければ勉強してみるといいよ。

101 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/28(月) 18:57:20 ID:60VHJmyE
>>99
絶句

ものすごい糞耳をお持ちのようで。

102 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/29(火) 17:08:59 ID:IACbdUaG
あほばっか

103 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/29(火) 17:35:22 ID:b2NfGlB5
矩形波の帯域制限の意味もわからん椰子が負帰還を論じてんのか?
基地外だな

104 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/29(火) 17:41:13 ID:IACbdUaG
石塚某よりはまし

105 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/29(火) 18:48:55 ID:cj5xiQjO
石塚某ってあのボロスピーカ自作基地外か?
蚊の鳴くような音しか出せないやつな。ちょっとパワー入れるとすぐビビル片輪スピーカー。w

あんなのよりましなんて誉め言葉にもならんぞ。あんなの比較の対象にもならん問題外のクソだろ。

106 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/29(火) 18:50:11 ID:81LLA79i
負帰還の理論そのものには微塵の瑕疵もないが実際に作ってみると大概音は糞。
負帰還アンプを理論通りに動作させるのはホネ。
いい測定器も要るし素人が作るなら無帰還の方が無難に決まっている。

ただし究極的に無帰還の方がいいと言う椰子は技術がありませんと言ってるのと同じ。
そこんとこ夜露死苦(w

107 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/29(火) 18:51:59 ID:cj5xiQjO
72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/28(月) 00:01:27 ID:LCNOMY6+
だからね、プリとかラインアンプとかバッファアンプとかでは負荷が基本的に「純抵抗」
なんだから、十分に負帰還かけて低歪にするのが常識。DQNが位相補性も出来ずに発振
なんてのは例外事項だから置いといてね。
スピーカーの場合はいろいろありそうだからオーバーオールAC負帰還のない所謂無帰還
アンプは十分ありなんだよ。現に、高負帰還パワーアンプは音が悪いのが多い。いろいろある
いい証拠だと漏れは思ってる。
マランツの糞音アンプとかウイリアムソンタイプの糞音球アンプとかね。


108 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/29(火) 19:01:47 ID:81LLA79i
>現に、高負帰還パワーアンプは音が悪いのが多い。

DQNが位相補性も出来ずに発振なんてのと程度の差で同じ問題だろ(w
負帰還が悪いんじゃなく技術が糞なんじゃ

109 :78:2005/03/29(火) 20:46:02 ID:l7O1GTK9
わりーわりー 俺バカだわ >>78の実験だけど普通のステレオアンプでやったら
出力ショートしてまずいことになる。 けどモノアンプ2台ならスピーカー
ケーブルに直列に繋ぐほうのアンプは無結線入力ショートで音出るよね?
「こんな実験して何の意味あるんだ」って言われそうだけど

110 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/29(火) 22:27:13 ID:cj5xiQjO
>>108
無帰還カルトだけかと思ったら負帰還カルトも相当に信心が篤いようだね。

ttp://www.gem.hi-ho.ne.jp/katsu-san/audio/distortion.html

「未知の過渡現象による歪みが数多くあるのだと思います。スピーカ逆起電力がβ回路に加える電圧もその一つです」

にとりあえずロジカルな反論でもしてもらおうか。おまいに反論できる能力あるとはとても思えないが。w

111 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/29(火) 22:43:33 ID:15xp6IJx
実験もしないオカルトはよしてくれよ。

112 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/30(水) 00:42:31 ID:XgGW7wXo
さくっとスルーされてるけど、>>55 ってどうなの?

113 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/30(水) 01:01:44 ID:agc+XmP9
>>112
>>74
でいいんじゃね?

114 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/30(水) 01:07:30 ID:CD+m+5oa
安い無帰還アンプってあるんですか?

115 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/30(水) 09:28:48 ID:K/WwiNSJ
まず「音が良い」の定義からやろうぜ。

なんか、人によって違うようなんだよ。

少なくとも多くの日本人は、
フラットな周波数特性のカセットテープをボロクソに言い、
低音と高音を持ち上げてるカセットテープを好んだ歴史がある。

ヘッドフォンも、フラットな特性のものよりも、そうでないもののほうが好まれる。

アンプはどうなのよ?

116 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/30(水) 10:24:52 ID:agc+XmP9
スレタイと関係ないじゃん

117 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/30(水) 12:26:05 ID:zPnEDgww
ヤノってゆうデムパさんは最近あらわれないな。

118 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/31(木) 12:35:46 ID:X5ehO0Kc
ttp://www.gem.hi-ho.ne.jp/katsu-san/audio/distortion.html
この人負帰還派じゃん

119 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/31(木) 12:40:46 ID:3CrDX5Su
まともに実装できてない高負帰還アンプとまともに実装できてない
無帰還アンプの持ち主どうしが喧嘩するスレはここでつか

120 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/31(木) 14:43:59 ID:fsSC04Qa
>>118
そうだろ。>>72も同じように負帰還派。
ただし、どっちもパワーアンプの場合は何かの悪影響があるのでは、という派。

121 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/31(木) 19:20:00 ID:Ya5dfDkS
本当はYコンなんか使いたくないのだよ
Yコンがオーディオ機器の音を駄目にしている
嗚呼許すまじYコン

122 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/31(木) 21:40:30 ID:mR1muZ2m
誰か空気とコーン紙の形状と剛性まで入れたNFBのシミュレーションやってくれ。

入力信号に対するパルス応答だけじゃなくて、
たとえば、
16cmフルレンジに前方から100Hzの「津波(空気のパルス波)」を加えてやった時、
NFBありの場合とない場合で、コーン紙の振動と、1mの位置での音の波形を予測してくれ。

123 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/31(木) 21:47:58 ID:HvgnkB03
またおまえか

124 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/31(木) 22:06:12 ID:mR1muZ2m
また俺だ。

パワーアンプのオーバーオール負帰還は、8Ω抵抗負荷でのシミュレーションだけでは駄目なのはもちろんだが、
スピーカーのLC成分、マスやダンピングを加えただけでも不足で、

コーン紙の形状、剛性、はもちろん、空気の存在も加えた上、
スピーカーをマイクと見立てての、スピーカーへのパルス応答を評価しなければ駄目だ。

125 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/31(木) 22:36:01 ID:mR1muZ2m
それではじめて、逆起電力がどうのこうのという問題への理論的説明がつく。

負帰還マンセーでもアンチでもいいからエロい人頼む。

126 :名無しさん@お腹いっぱい。:皇紀2665/04/01(金) 00:18:38 ID:uoQ6rnhf
しつこいやつはスルー

127 :名無しさん@お腹いっぱい。:皇紀2665/04/01(金) 12:16:49 ID:Wt7kNGY2
>>124-125
スピーカーシステムの電気的レスポンスがβ回路に及ぼす影響ね。

だからね、そこまでやるかどうかは別問題として、そういう研究なり実験なり分析って
まだ仮説レベルでもちゃんと世に出てないんだよな。なんか問題がありそうという見方に
分がありそうに感じるけどね。

まぁ、それにNWの影響も含めると相当にややこしくなるしね。
(スピーカーの逆起電力はNWを逆経由してアンプ端子に到達するし、スピーカーシス
テムの電気的レスポンス全体はスピーカーユニットだけじゃなくLCR回路のNW込み
で考える必要がある)

なんか簡略化したモデルでの解析くらいはあってもよさそうなんだが、見たこと無いな。

スピーカーシステムの変な電気的レスポンスもオーバーオール負帰還で戻す事こそ正解、
何でもいいからアンプ出力端の波形(アンプ出力とスピーカーからのレスポンスの和)を
入力相似にすればいい、後はどうなろうと(SPがどんな動作しようと)知ったこっちゃ無い

なんて馬鹿丸出しの負帰還厨もいるけどな。
こういう負帰還カルトは「回路設計上の前後段相互作用」という初歩の初歩すら分かってない
ということだ罠。www

ただし、プリやフラットアンプまで無帰還マンセーいうヤシは痛いだけだけどな。


128 :名無しさん@お腹いっぱい。:皇紀2665/04/01(金) 13:27:08 ID:QeIs3Nbc
無帰還マンセーいうヤシは人生の敗残者

129 :名無しさん@お腹いっぱい。:皇紀2665/04/01(金) 13:54:22 ID:uoQ6rnhf
あのさ、124=125=127なんだけど。

130 :127:皇紀2665/04/01(金) 18:03:30 ID:Wt7kNGY2
>>129
悪いが124,125とは別人だ。
ま、文体の癖、使用語彙の質の違いも見分けられないってのは頭が弱い証拠だけどな。www

そうそう、頭弱いのに一所懸命勉強して分かったつもりになってる馬鹿に限って、

  スピーカーシステムの変な電気的レスポンスもオーバーオール負帰還で戻す事こそ正解、
  何でもいいからアンプ出力端の波形(アンプ出力とスピーカーからのレスポンスの和)を
  入力相似にすればいい、後はどうなろうと(SPがどんな動作しようと)知ったこっちゃ無い

みたいなマヌケを臆面もなく言い出すことが多い。
純抵抗が負荷のアンプとは前提条件がまるで違うことすら、理解インポッシブル不能。...頭が弱いから。www


131 :名無しさん@お腹いっぱい。:皇紀2665/04/01(金) 18:18:12 ID:7ZG7k5Ub
>>130
が(・∀・)イイ!!こと言った

132 :名無しさん@お腹いっぱい。:皇紀2665/04/01(金) 18:32:59 ID:PM6dOZ9L
>SPがどんな動作しようと知ったこっちゃ無い

それが正しい増幅回路というもんだ。
基礎の基礎すら分からんヴァカには分からんかもしらんがね。

133 :名無しさん@お腹いっぱい。:皇紀2665/04/01(金) 18:33:08 ID:uoQ6rnhf
●だよ。

134 :名無しさん@お腹いっぱい。:皇紀2665/04/01(金) 18:43:19 ID:7ZG7k5Ub
と、バカな負帰還厨>>132がデムパを発信してまつw


135 :名無しさん@お腹いっぱい。:皇紀2665/04/01(金) 20:22:10 ID:nmOTp6E0
スピーカーシステムの変な電気的レスポンスをどうにかしようとする試みは無数にあった。
しかし今じゃMFBだけが辛うじて生き残っている一派か。
何れにせよアンプとスピーカーが1対1対応になるので汎用性無さ杉。
だから主流はアンプをゼロインピーダンス出力にしておいて
スピーカーもそれを前提にセッティングするお約束になっている訳だ。

ついでに言っておけば、
M F B も ま た 負 帰 還 に 他 な ら な い 。

問題になっているのはゼロインピーダンスタイプのシンプルな負帰還か
スピーカーの伝達関数まで組み込んだ複雑な負帰還かという対比であって
無 帰 還 VS 負 帰 還 で は な い 。

まー無帰還厨は最初からお呼びじゃないちゅーこった(ワラ

136 :名無しさん@お腹いっぱい。:皇紀2665/04/02(土) 00:16:01 ID:6f524om7
●でリモートホスト丸見え。

137 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/02(土) 11:43:43 ID:HbvZCPk5
しょせんはラ偽かMJレベルの歯無しにおわったか

138 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/02(土) 12:32:26 ID:G8vWVxYO
どんな前提条件でも負帰還マンセー厨  のデムパゆんゆんのスレですね

どんな前提条件でも無帰還マンセー厨  だけがデムパじゃなかったんだ


139 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/02(土) 12:38:07 ID:G8vWVxYO
>>135
>M F B も ま た 負 帰 還 に 他 な ら な い 

そんなこと>>12で禿しくガイシュツだ。低級なループするなよ。

140 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/02(土) 19:29:52 ID:ilZgpt5h
メーカー製高級スピーカーはネットワークである程度
インピーダンス補正してあるから、インダクタンスや起電流はバイパス
されてアンプのほうには行かないとか スピーカーによって帰還の
有無の音の違いの分かりやすい分かりにくいがあるんじゃない?
複雑なネットワークの音色もさらに乗ってしまうし。

フルレンジ派やシンプルで野蛮なネットワーク在りシステムの使用者は無帰還派
多いのかな?

141 :名無しさん@お腹いっぱい:2005/04/02(土) 22:36:56 ID:yPYQEKPv
メーカー製高級スピーカーもネットワークでインピーダンス補正をしてあるのは殆どない。
好い加減なネットワークが殆ど。

142 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/03(日) 06:30:51 ID:U/3v8XTs
自演ヤロウは消えたか

143 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/04(月) 19:06:16 ID:sgbE1KVW
負帰還マンセー馬鹿は逃亡かい

144 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/04(月) 21:50:15 ID:FYQgCQrs
なにか燃料投下きぼん

145 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/04(月) 23:15:25 ID:Nrb9LtHK
>>144 某スレから。

16 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2005/04/02(土) 19:41:19 ID:S6ysR5Hw
>>15
終段にゲインが無いエミフォロ動作だからドリフトは大丈夫だと思う。
ただ、測定してみると判るけど、電流が特定のFETに片寄るから、パラに見合った最大出力は
計算どおりには出ないと思うよ。

>>13
禿導。
実は反転増幅も、NFBの音質問題を回避する手段の一つ、という見方がある。
非反転増幅だと、入力・帰還の信号比較演算(ここがNFBで一番難しいところ)が回路内部
(具体的には初段ソースやエミッタ)で行われるために回路(特に定電流回路の性能)や素子
の質が問われ、場合によっては(信号があまり汚くない)ドライバー段から帰還させる方が結果
が良い、という事も多かった(終段No-NFB等)
ところが、反転増幅は原理上、入力・帰還の信号比較演算は回路の手前で行われ、演算が
終わった信号が初段に入力される事で、初段を汚れ作業から開放し、位相反転に専念させる
事が出来、初段の定電流回路(窪田式では対側の差動)の性能にCMRR等の性能が左右され
ない、という特徴があり、音質にも期待が出来る。
もちろん入力インピーダンスが低いというハンディがあるが、ファンを裏切って? の転向も
理由があっての事かもしれん。


146 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/05(火) 00:24:01 ID:yry+K/ZM
変な電気的レスポンスを有するスピーカー負荷であっても負帰還マンセーの馬鹿は逃亡かい

147 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/05(火) 11:42:15 ID:QvVVE6vm
ヤノはデムパ

148 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/05(火) 11:44:54 ID:5OnTzscA
★スピーカーは複雑なリアクタンス負荷であり★それらは刻一刻と変動し、
アンプの動作を歪めるので★それらを強力に「制御」する★「圧倒的な”
駆動力”がアンプには求められる★強力な電源部を持つパワーアンプは、
大口径ウーファーからの強烈な逆起電力をものともせず、それを強引に制御
し、支配下に置く。★

上記のような非科学的な、デタラメ美辞麗句ばかりを読まされている雑誌読者
というものは、まず間違いなくある種の「誤解」を抱いたままオーディオに
臨む事になります。

まず、直接放射動電型スピーカーのモデルは、ちっとも複雑なものではあり
ません。驚くほど単純なモデルです。確かにそのモデルの個々のパラメータ
は時不変ではなく、諸処の理由により変動したり非線型を示しますが、それら
の症状は殆どの場合は「スピーカー自身の自家中毒」としてしか現れず(易し
く言えば、音の悪いすぴかー)、アンプはそんな少々の事でおたおたしたり
は、しません。
そんな少々の変動でおたおたするような欠陥商品のようなアンプはそんなに
多くはありません。電圧駆動型の半導体アンプは、少々のリアクタンス変動
はものともせず、ただ平然と規定の電圧を出力端子に生じ続けます。

 #全てはあの「マッティ・オッタラ・ハカセ」が悪いのでしょう。

 #アンプは「平然と電圧を出し続ける」が、スピーカーはその非線型・
  時変性で自家中毒を起こし続ける。つまり、問題はいつもスピーカー
  の側にあります。


149 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/05(火) 12:02:25 ID:8HoeGfuk
>ただ平然と規定の電圧を出力端子に生じ続けます。

それが負帰還アンプ。分かったかな??

150 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/05(火) 12:04:29 ID:QvVVE6vm
わかってないのはおまい>>149だけでしょ。

151 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/05(火) 13:27:04 ID:IX5YieGS
QvVVE6vm!!!

152 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/05(火) 13:57:51 ID:QvVVE6vm
気安く呼ぶなばかぁー

153 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/05(火) 14:02:57 ID:37TD9mof
帰還量って何?

オペアンプ1つでヘッドフォンアンプを作ったけど、
ゲインの設定はあっても、帰還量の設定なんてなかったっすよ。

154 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/05(火) 14:18:09 ID:QMnOGqOc
>>148←デムパ発信中

「スピーカー自身の自家中毒」

新しいデムパ語でつかw



155 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/05(火) 14:27:32 ID:QvVVE6vm
>>154
 ↑
 絵に描いたような低能厨

156 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/05(火) 14:35:38 ID:8HoeGfuk
>>153
オープンループゲインとクローズドループゲインの差が
帰還量。OPアンプみたいにオープンループゲインが馬鹿でっかい
アンプだと帰還量は余り関係が無い(どのみち帰還量は大きい)。

帰還量がどうしたこうしたいわなきゃならないのは
オープンループゲインがあまり大きくないアンプで帰還を掛けるとき。
諸般の事情で帰還量が稼げない真空管アンプとか。

157 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/05(火) 14:45:58 ID:QMnOGqOc
>>155
それじゃ「スピーカー自身の自家中毒」とやらを理論的に説明してもらおうか?

158 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/05(火) 14:49:50 ID:QvVVE6vm
>>157
 ↑
 ほらねっ、絵に描いたような低能厨再び

159 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/05(火) 15:49:38 ID:yry+K/ZM
>>158
オマエがなー

160 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/05(火) 16:21:53 ID:8HoeGfuk
おまえら仲良くケンカしろ

161 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/05(火) 16:41:20 ID:yry+K/ZM
そうそう、頭弱いのに一所懸命勉強して分かったつもりになってる馬鹿に限って、

  スピーカーシステムの変な電気的レスポンスもオーバーオール負帰還で戻す事こそ正解、
  何でもいいからアンプ出力端の波形(アンプ出力とスピーカーからのレスポンスの和)を
  入力相似にすればいい、後はどうなろうと(SPがどんな動作しようと)知ったこっちゃ無い

みたいなマヌケを臆面もなく言い出すことが多い。
純抵抗が負荷のアンプとは前提条件がまるで違うことすら、理解インポッシブル不能。...頭が弱いから。www



162 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/05(火) 16:49:37 ID:5OnTzscA
上記のような非科学的な、デタラメ美辞麗句ばかりを読まされている雑誌読者
というものは、まず間違いなくある種の「誤解」を抱いたままオーディオに
臨む事になります。


163 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/05(火) 17:15:48 ID:QvVVE6vm
反論できず沈黙するID:yry+K/ZM


164 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/05(火) 19:25:49 ID:xVx08amv
★スピーカーは複雑なリアクタンス負荷であり★それらは刻一刻と変動し、
アンプの動作を歪めるので★それらを強力に「制御」する★「圧倒的な”
駆動力”がアンプには求められる★強力な電源部を持つパワーアンプは、
大口径ウーファーからの強烈な逆起電力をものともせず、それを強引に制御
し、支配下に置く。★

「強力な電源部を持つパワーアンプは」と言う部分が?だけどほぼ正解。だよな?

165 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/05(火) 19:59:13 ID:gI9aA57K
正解かどうかは知らんが、微妙な音は無視し、全てを支配して塗りつぶしてしまえと読めるな。

166 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/05(火) 20:58:47 ID:QMnOGqOc
>ID:QvVVE6vm

なんだ、理論的説明も出来ない文系厨かよwwwwwwwwwwww

>>162
だから「スピーカー自身の自家中毒」なんてデムパ使わずにどこが「誤解」なのか理論的に反論してみろwwww



167 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/05(火) 20:59:25 ID:QMnOGqOc
>>166
×「スピーカー自身の自家中毒」なんてデムパ

○「スピーカー自身の自家中毒」なんてデムパ語

168 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/05(火) 21:24:42 ID:xVx08amv
>>62
まさにそのとうり。アンプがスピーカーを強引に制御し、支配下に置いている
証拠。 どういう理屈かと言うと
ウーハーのセンターキャップを軽く指先で叩く→逆起電力発生→アンプの出力に
電圧発生→NFB回路により初段に入力→そのまま増幅→アンプの出力に再び同じ
電圧を発生。スピーカーはそのアンプが作り出したクローン逆起電力を利用させられ
アンプにより制動させられている。
片方叩くともう片方が凄い鳴くと言うのは、逆起電力の一部がネットワーク回路
によってバイパスされているから。

169 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/05(火) 21:46:49 ID:xVx08amv
> →アンプの出力に再び同じ 電圧を発生
電流を流してアンプの出力端ゼロボルトを保とうとしている
の方が良かったずら。

170 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/06(水) 00:05:37 ID:N8Qy42Du

その説明じゃおかしいだろ。
例えば、振動板を手で押すと押した力に逆らうような電流が流れるわけだから、
それを負帰還して出力すると押した方に動く電圧が出力されるような気がするが。
単に、出力インピーダンスが小さいからショートしたような状態で動きにくいだけじゃないの?

負帰還が悪いとか良いとか、もうツマランよ。
多量な負帰還は難しいし、無しというのも難しい。
普通に帰還させて電流応答性を優先した設計にすればそれでいいのだ。

171 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/06(水) 01:46:23 ID:Jo0h9/2P
>単に、出力インピーダンスが小さいからショートしたような状態で動きにくいだけじゃないの?
そうだよ。ショートしたような状態になってる。電流が流れて端子間はゼロボルト
になる ただしボイスコイルが発電した電流がアンプ側でコンデンサーから新たに
生成された電流に摩り替る。スピーカーからアンプを見ると十分にショートしてる
ように見える。

172 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/06(水) 06:27:43 ID:XDV11/W2
>>171
つまり>>168はデムパてことか?


173 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/06(水) 10:04:36 ID:N8Qy42Du
>>171
それは負帰還回路がなくても実現できると思うんだけど…

174 :153:2005/04/06(水) 11:00:49 ID:VsfPyrD8
>>156
ありがとう。

ということは、半導体のアンプで、
帰還量が多いから音が云々
と言ってる人は、電波ってことでOK?

175 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/06(水) 11:07:18 ID:KQ1cqNRl
>>174
ディスクリートで組むならオープンループゲインを落として
帰還量を調節する手はある罠。
もっとも、半導体アムプの場合、オープンループゲインを落とすために
電流帰還に頼らざるを得ないところがあるので何ともアレだが。

176 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/06(水) 12:02:31 ID:s/qlN5ES
さて、「誤解」の最たるものとして挙げられるのが、電流による駆動力です。「強大な駆動力」とか、「圧倒的な制動力」という単語を耳にすれば、誰しも★物凄い電流をスピーカーへ流し込み、それで強制駆動している★ようなイメージを抱いてしまうのではありませんか?

僕が前稿で「がっかり」と書いた内容は次のようなものです。
「スピーカーは、電流を”流さない”事で制動力を得ています。」
どうですか? がっかりしませんか?


177 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/06(水) 12:23:20 ID:KQ1cqNRl
>>170
>多量な負帰還は難しい

半導体アムプに関して言えば方法論が確立されているから
難しくない罠。
音がイイかどうかは聴く人それぞれだろう。
勝手にすればよい。

178 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/06(水) 14:22:23 ID:rhAwWD0t
低域の帰還がいかに多量でも問題は全く無いという理屈は確立されている。
ゲイン交点周波数の前後にだけ着目すればいい。

179 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/06(水) 18:27:34 ID:XDV11/W2
春なのかデムパが多量に発信されてるなぁw

180 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/06(水) 18:35:20 ID:N8Qy42Du
>物凄い電流をスピーカーへ流し込み、それで強制駆動している
イメージとしてはMFBとかかな。

>電流を”流さない”事で制動力を得ています
定電圧アンプだからね。

181 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/06(水) 20:25:05 ID:WwP59kis
電圧出力アンプと電流出力アンプの違いというか、内容まるで分かってないアホが多いな。



182 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/06(水) 20:41:41 ID:WwP59kis
つーか、入力1v信号で8Ω負荷に対して16vの出力を出す電圧出力アンプ(この時電流は2Aで出力電力は32wとなる)と、
    入力1v信号で8Ω負荷に対して2Aの出力を出す電流出力アンプ(この時電圧は16vで出力電力は32w) があるとして、

それぞれのアンプを4Ω負荷につないだら...

    電圧出力アンプは電流ベースでは4Aの出力(すなわち16v、出力電力64wね)を出すのに
    電流出力アンプは相変わらず2Aの出力(すなわち8v、出力電力1wね)しか出さない

んだが。まぁ逆に16Ωの負荷につないだ場合は 電流出力アンプの出力電力>電圧出力アンプの出力電力だけどね。

分かる?アホクソ達。

で、現代スピーカーはハイエンドもローエンドも低インピーダンスが主流(4〜8Ω)なんだよ。

183 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/07(木) 07:06:29 ID:mBJL2ShS
入力ミス訂正

× 電流出力アンプは相変わらず2Aの出力(すなわち8v、出力電力1wね)しか出さない

○ 電流出力アンプは相変わらず2Aの出力(すなわち8v、出力電力16wね)しか出さない

184 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/07(木) 10:52:51 ID:5wAW6p2F
>>182みたいなピンボケな煽りって、恥ずかしい・・・・・

185 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/07(木) 14:13:17 ID:YiTZ4YYL
スピーカーの周波数-インピーダンス特性のグラフを見るとさ、
電流出力だと、音がドンシャリになると思うのだけど・・・。

P = I*I*R = V*V/R
なわけで、電流出力と電圧出力では、まったく逆のパワーになっちゃう。
電圧出力に合わせて、周波数特性をデザインされたスピーカーを、
電流出力で駆動すると、まずいよね・・・。



186 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/07(木) 16:44:37 ID:aMWTzY0R
>>185
常識。DF0.1じゃ使い物にならないのは自明。

このスレの議論の焦点は、DFが1ぐらいがいいのか10ぐらいがいいのか
はたまた100以上がいいのかという部分だと思われ。

187 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/07(木) 16:57:07 ID:5wAW6p2F
へへ

188 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/07(木) 16:59:54 ID:/qd7B7TF
使ってるスピカにもよるだろう

189 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/07(木) 17:04:39 ID:9Ji20Pxw
>>186
DF=負帰還とでも?w

190 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/07(木) 17:08:17 ID:/qd7B7TF
出力インピーダンスを下げる方法は事実上、
負帰還しかないからな。
ソース/エミッタフォロアのインピーダンスが
低いのも帰還がかかってるからだ。

191 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/07(木) 17:14:36 ID:5wAW6p2F
へへへ

192 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/07(木) 19:22:35 ID:mBJL2ShS
>>190
回路設計もしたことない厨は黙っといた方がDQNがバレないよ

193 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/07(木) 19:25:51 ID:/qd7B7TF
>>192
何か方法があるなら書いてみな。
終段パラか?

194 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/07(木) 19:42:14 ID:PuG0i0qu
そこでデジアンでつよ。

195 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/07(木) 19:51:41 ID:eUmFh0zN
アフォがループしてるな(w
これは負帰還か、正帰還か?

196 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/07(木) 20:13:23 ID:UuPAy9bR
今実際に電流出力アンプ(超無帰還アンプ)使ってるやついるか?
簡単にダンピングファクター稼げる方法あるぞ!
スピーカーケーブルに直列に6Ωの抵抗器挿入してスピーカー端子に
並列に2Ωの抵抗器をパラる。
2Ωの抵抗器にパワー喰われるけど、それだけでダンピングファクター4
ぐらいにはなる。おっと、抵抗器は十分余裕のある大きなものを使えよ
火事になるからな。

197 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/07(木) 20:18:09 ID:UuPAy9bR
スピーカー端子に並列に2Ωの抵抗器をパラる。
         ↑
スピーカー端子とはスピーカーの方の入力端子だ
2Ωは間違ってもアンプの方のスピーカー端子にパラるなよ。
じゃーな。

198 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/07(木) 23:11:24 ID:SUM2nCa0
なんで
定電流出力だと
無帰還なんですか


199 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/08(金) 02:27:33 ID:tf2h8eVd
まさか。

定電流にするために帰還かけるに決まってるだろ。
帰還かけないと線形性が確保できないだろ。

200 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/08(金) 08:56:16 ID:edOt3bxT

 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
 |       200GETしていいですか? .            |
 \____  ________________/
    /||ミ  V
   / ::::||
 /:::::::::::||____
 |:::::::::::::::||       ||
 |:::::::::::::::||│ /  ||
 |:::::::::::::::|| ̄\   ガチャッ
 |:::::::::::::::||゚ ∀゚)   ||
 |:::::::::::::::||_/    ||
 |:::::::::::::::||│ \   ||
 |:::::::::::::::||∧ ∧∩ ..||
 |:::::::::::::::|| ゚∀゚)/  .||
 |:::::::::::::::||∧ ∧∩ ..||
 |:::::::::::::::|| ゚∀゚)/ . ||
 |:::::::::::::::||    〈......||
 |:::::::::::::::||,,/\」......||
 \:::::::::::|| ̄ ̄ ̄ ̄
   \ ::::||
    \||


201 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/08(金) 09:26:58 ID:8/CBD3LW
> スピーカーケーブルに直列に6Ωの抵抗器挿入してスピーカー端子に並列に2Ωの抵抗器をパラる。

ばか。

202 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/08(金) 15:53:33 ID:pcajiYiS
技術屋、自作屋だけでなく文系ヲーヲタが流れ込んで来た模様。
このスレももうダメだね。

203 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/08(金) 17:05:10 ID:8/CBD3LW
このスレさいしょっから腐ってますたがなにか?

204 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/09(土) 09:13:01 ID:Be73NKqv
パワーアンプの場合には考慮すべき逆起電力がβ回路に与え得る影響
について何の反論も出来ずに逃亡しちゃった負帰還マンセー馬鹿が悪い。

205 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/09(土) 09:16:32 ID:Be73NKqv
パワーアンプの場合には考慮すべき負荷がβ回路に与え得る影響...
スピーカーの逆起電力やスピーカーシステム全体の変な電気的レスポンスなど

について何の反論も出来ずに逃亡しちゃった負帰還マンセー馬鹿が悪い。


206 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/09(土) 13:09:48 ID:rp8oS+bI
>>204-205


207 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/09(土) 18:33:29 ID:qvWwQddJ
ぬるいスレだな

208 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/10(日) 11:08:20 ID:dAWolFiD
おまえら教えてくれ。
スピーカーのコイルに生じる逆起電力は、コイルの動く速さに比例するよな?
(ファラデーの法則)

そこで、同じスピーカーユニット(磁界、コイル)を使って、
同じ入力信号レベルで同じ周波数の音(特に低音)を、発生させる実験を行ったとする。

 スピーカーボックスに違いを付けて比較する。
1.吸音材を多く入れた密閉箱
2.共鳴管やバックロード方式のケース

この2つでは、低音を出す、空気を振動させるメカニズムが大きく違う。
スピーカーのコーンないしボイスコイルの振幅(=動く速さ)が、両者ではぜんぜん違う。
すなわち逆起電力も違うわけだ。
終段からのトータルのNFB量の多いアンプでは、当然、その影響も多くなってしまうはずではないか?

終段NFBアンプが、すげー面倒なものに思えてきたのだが、間違ってるか?

終段無帰還のデジアンの音を聞いて、
 「締まった正確な低音」
とみんながレス付けてるのを聞くと、なるほどなぁ、と思えてくる。

209 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/10(日) 11:18:45 ID:cI9LvxMA
SPの逆起電力がβ回路を通って初段に戻るっつー考え自体が
妄想だけどな。エミッタ/ソースに信号を入力したときどうなるか
考えてみりゃいい。

210 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/10(日) 12:07:37 ID:yjSPzyBT
叉同じホストか

211 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/10(日) 12:30:58 ID:qwj38XbG
終段無帰還のデジアンの音を聞いて、皆が思うのは、
「かちっとした、正確な、力のある低音」ということだ。

8Ω抵抗負荷での静特性では、
同レベルないしそれ以上のダンピングファクタと歪率を獲得した高帰還アンプよりも、
締まった低音が出る。

オーバーオール高帰還アンプの敗北はすぐ目の前まで来ている。

212 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/10(日) 12:45:29 ID:ViMYUsgh
帰還マンセー派は言う。
「スピーカー端子間を直結して内部抵抗0状態にしてコーン紙を動かすと、
ボイスコイルに対して最大の制動効果が得られる。
出力段からの高帰還アンプは、初段に打消し方向に信号が発生するため、
内部抵抗が非常に小さい理想アンプに近づけるのと同様の動きをする。マンセー」

おやおや、あなたが相手にしているのは、ボイスコイルだけでつか?
最終的な制御対象となる、スピーカーのコーン紙、バスレフダクト、ホーンは、
分割振動したり、
重い空気を相手に、ジャストミートしたり空振りしたり共振したりで必死でがんばってるんでつよw

213 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/10(日) 12:55:26 ID:ViMYUsgh
そして、その必死のがんばりの形跡が、ボイスコイルに伝わり、
位相や時間遅れまで伴って帰還信号として戻される。
アンプの初段はそれを外乱と受け取り、入力信号へ余計なお世話の差分を加えていく。

214 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/10(日) 13:54:14 ID:zl3nvVkp
>終段無帰還のデジアン

出力にトンデモなく大きなLCが入ってるからな〜〜〜
300B無帰還アムプみたいなもんだな〜〜(w

215 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/10(日) 14:52:38 ID:4x/+0Yh2
>出力にトンデモなく大きなLCが入ってるからな〜〜〜
このLCは可聴帯域外の高周波をカットする小さなもの。
音質に影響はないとは言えないが、
スピーカーのネットワークに入ってるLCに比べればごみみたいなもの。

216 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/10(日) 17:48:40 ID:48NGrSQw
>>211
半導体アンプでは、「高」帰還というのはナンセンスじゃない?

217 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/10(日) 17:49:32 ID:48NGrSQw
でさ、なんで普通のスピーカーを苦労して使うの?
コンデンサ方式のスピーカー使えばいいんじゃない?

218 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/11(月) 02:07:50 ID:Klp5BO8G
>>215
ばか

219 :名無しさん@お腹いっぱい:2005/04/11(月) 10:31:27 ID:KniWwk4F
>>215
高周波と言える程の高い周波数ではないよ。数100キロヘルツ程度。
漏れてくる量も多いからツイーターやスーパーツイターに負担(熱)がかかり混変調も起こる。

220 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/11(月) 11:33:04 ID:Uc/IWoQo
> 213 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/10(日) 12:55:26 ID:ViMYUsgh
> そして、その必死のがんばりの形跡が、ボイスコイルに伝わり、
> 位相や時間遅れまで伴って帰還信号として戻される。
> アンプの初段はそれを外乱と受け取り、入力信号へ余計なお世話の差分を加えていく。

あほ。

221 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/11(月) 15:13:24 ID:TmxxfyA0
>>213
それがスピーカーのインピーダンスカーブにあらわれているっていう
ことなんだけどね。んで、そんな程度のリアクタンス負荷を駆動できない
お粗末なアンプは、DQNな自作アンプには珍しくないという罠


222 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/11(月) 20:55:46 ID:CIJs0ql8
>>221
だからこそ、アンプを変えると音(低音)が変わるんだろ。
負帰還だけじゃドライブしきれないから、出力素子を何個もパラったり必死で対策するわけだ。

でももう大丈夫でつよ。デジアンにすれば解決w

223 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/11(月) 21:09:51 ID:VJiw0wnN
あほやばかのみなたんは、

たっぷりNFBをかけ巨大な電源を持ち出力素子を何個もぱらった
うん百万円のアンプで、いつも音楽を聞いてらっしゃるのでつか?

でないと、あなたの立派なスピーカーの、
複雑なインピーダンスカーブの大きなリアクタンス負荷を駆動できないでつからねw

224 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/11(月) 22:01:59 ID:Hmqh9hJK
DFが10でも100でも1000でもリアクタンス負荷で流れる電流は誤差の範囲。
針小棒大はよせ。

225 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/11(月) 22:27:45 ID:OL9CBVJO
そういえば、終段からのオーバーオール負帰還が必須といわれた時代もありましたね。
出力素子の直線性が足りず歪が多くて、内部抵抗も高いと、音質が損なわれますからねぇ。
だから、内部損失に負けない巨大な電源、並列化を施した上、
大量のNFBをかけて見かけの直線性やダンピングファクタを稼いだものでした。
しかし、実際は、暴れるスピーカーを制御仕切れていないのです。

http://homepage3.nifty.com/y-daisan/html/SPEAKER.html
http://homepage3.nifty.com/y-daisan/html/A405071.html

226 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/11(月) 22:41:14 ID:/nFWELIM
>>224
あんた良いコト言うね
針小棒大で本質を見失う、それがヲーオタである!

227 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/11(月) 22:46:46 ID:pfLfnqHP
>>225
そこで言ってる内部抵抗って何?

228 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/11(月) 22:48:34 ID:OL9CBVJO
>>227
負荷のスピーカーではなくて、回路の内部抵抗。

229 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/11(月) 22:54:09 ID:pfLfnqHP
回路のどこを指しているのかと聞いてるんだが・・・

230 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/11(月) 23:11:08 ID:pr0chIYo
電源と素子と回路上の抵抗器=負荷以外。

231 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/11(月) 23:16:13 ID:/nFWELIM
>>229
終段のTrとかじゃないの。
にしても4.4Ωとかゲイン8.92とかはでかすぎたり小さすぎたりするんじゃ
ねーの。
漏れは自作厨→XR厨だからもう関係ないけど(w

232 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/11(月) 23:27:41 ID:FLPbh8aI
http://homepage3.nifty.com/y-daisan/html/audio1.html
帰還マンセー厨は、まだ以前出てきたこのページの意見に対するまともな反論をしていない。

純抵抗負荷であれば、負帰還は非常に有効な仕事をする。
しかし、
アンプ内部抵抗在りの実回路における、
スピーカーのL成分によるマイナスの電圧(逆起電力)に対する、
終段負帰還アンプのおかしな挙動について、解決できていない。

233 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/11(月) 23:33:10 ID:FLPbh8aI
結局、終段負帰還なしでも十分低い内部抵抗と低歪を実現し、
電源の能力を無駄にせず使い切る、
デジアンの勝利なのである。

アナログアンプは、昔の電車のモータの抵抗制御と同じ。
効率的かつスムースで力強い加減速を実現したインバータに取って代わられたのと
同じ運命をたどるのだ。

234 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/11(月) 23:42:05 ID:TYs5VvHz
無帰還アンプマンセー!

という結論で良いだろ。


>たっぷりNFBをかけ巨大な電源を持ち出力素子を何個もぱらった
>うん百万円のアンプで、いつも音楽を聞いてらっしゃるのでつか?
NFBやら電流応答性の悪さを問題としながら、巨大な電源を叩くとはどういうこっちゃ。
低インピーダンスで応答性の良い電源は良いアンプの目安ですがな。

世の中のアンプが無帰還になれば、真空管アンプなんてもういらね。

235 :名無しさん@お腹いっぱい:2005/04/11(月) 23:49:47 ID:KniWwk4F
>>233
ノイズ垂れ流しのデジアンがそんなに良いの?
インバーター制御の電車やエアコンが増えたので騒音被害が増えているよ。

236 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/12(火) 00:07:27 ID:zVWxNJ+U
>>234
デジアンも、アナログも、電源の能力以上のことはできない。
電源が重要なのは両方ともいっしょだ。

しかし、無駄の多いアナログアンプのほうが、
同じ成果を出すためにはより強力な電源を必要とするのである。

237 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/12(火) 00:09:00 ID:zVWxNJ+U
>>235
インバータのノイズの問題は、当然、克服すべき課題である。
しかし、だからといって、インバータが排斥されてなくなるどころか、
ますます割合が増加する一方だ。

238 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/12(火) 00:12:04 ID:jxh5hbLz
>同じ成果を出すためにはより強力な電源を
関係ない。
それは消費電力が違うというだけであって、音質には関係ない。
あるというのなら是非教えて頂きたい。

239 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/12(火) 00:15:34 ID:zVWxNJ+U
http://www.jp.onkyo.com/technical/vl_digital.htm
電圧変動やノイズ対策も、さまざまな工夫が考えられている。

240 :名無しさん@お腹いっぱい:2005/04/12(火) 00:15:48 ID:Zz32FBm3
>>237
だったらノイズをフルパワーを0dbとすれば最低限ー94db以下にしろよ。


241 :名無しさん@お腹いっぱい:2005/04/12(火) 00:20:57 ID:Zz32FBm3
電圧変動を減らすのは結局負帰還。

242 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/12(火) 00:24:39 ID:zVWxNJ+U
スピーカーの低域の動特性をシミュレートしたページがある。
http://homepage3.nifty.com/y-daisan/html/SPEAKER.html

この例を見ると、平均8Ωのスピーカーであっても、負荷の傾きが0Ωになる瞬間がある。
瞬間的には大量の電流を要求される可能性があるということだ。
仮に、同じ電源装置を使ってアンプを組んだとして、
効率の良い、増幅素子内部抵抗の低いデジアンのほうが、
音質上有利なことは十分予想がつく。

これは、多くの人がデジアンの音を聞いた際の感覚上の評価とも一致する。

243 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/12(火) 00:34:04 ID:jxh5hbLz
>増幅素子内部抵抗の低いデジアンのほうが
これは、効率とは直接関係無いと思うけどな。
アナログアンプの素子内部抵抗が極端に大きくて、それが原因で
効率が落ちるというのなら確かにその通りかも知れんが。

244 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/12(火) 00:35:33 ID:zVWxNJ+U
>>241
電源の電圧変動減らしは、負帰還ばかりに頼る必要はない。
LC成分といっしょに使えばよい。

245 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/12(火) 00:40:52 ID:zVWxNJ+U
>>243
アナログアンプの発熱が多いのは、素子の内部抵抗が大きく熱に変わる損失電力が大きいからである。
デジタルアンプは電流の流れを1か0かでスイッチするので、実質的な内部損失が0に近づいているのである。
http://www.tsd.saitama-u.ac.jp/~dbpro/DATABASE/DATA1/DATA0/tech0/kenshu/2004/2004-27-31.pdf

246 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/12(火) 00:48:58 ID:jxh5hbLz
それは回路方式に依存する部分であって、素子自体の違いじゃないじゃん。
リニア増幅でもA級とB級じゃ違うようにさ。
どうでもいいけどな。

247 :名無しさん@お腹いっぱい:2005/04/12(火) 00:50:51 ID:Zz32FBm3
デジアンで電流の流れがOFFの場合は内部抵抗が低いのかい?
全くスピーカーを駆動していないのだろ?

248 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/12(火) 00:53:02 ID:zVWxNJ+U
>>246
それはもちろんそうだが、
スイッチング素子にはアナログ増幅用素子とは違うそれなりの最適化、工夫がされているはずだからな。

249 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/12(火) 00:55:15 ID:e3HTsJr4
低レベルなスレ

250 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/12(火) 00:57:32 ID:jxh5hbLz
電流応答性が良い悪いはやっぱり消費電力とは関係ないわけだろ。
D級増幅方式の何かが、スピーカードライブアンプに適しているってだけで。

251 :名無しさん@お腹いっぱい:2005/04/12(火) 01:32:25 ID:Zz32FBm3
>>248
検証してみたら?

252 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/12(火) 07:04:56 ID:aN5FskZ6
TAS5111はON抵抗が120mΩと書いてあるよ。

253 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/12(火) 07:13:33 ID:nPdRRg3D
>>242
> この例を見ると、平均8Ωのスピーカーであっても、負荷の傾きが0Ωになる瞬間がある。

インピーダンスの概念わかってます?位相って言葉知ってます?

254 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/12(火) 08:08:00 ID:z2J4yU1k
何がどう0Ωなんだ?

馬鹿じゃねぇの。デジアン厨は馬鹿ばっかか

255 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/12(火) 08:47:09 ID:culHdVg+
同時間にアンプからSPへの駆動電力と同じ量のSPからの逆起電力が発生した場合インピーダンスは0Ωになる。

256 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/12(火) 09:38:31 ID:lCcXpjOG
ヤノはデムパ

257 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/12(火) 09:42:26 ID:lCcXpjOG
とりあえず>>242は、アナログ回路の基礎を勉強しなさいね。
LCR回路の過渡応答について理解できればそのページみたいな妄言
を吐くことはないはずだし。


258 :名無しさん@お腹いっぱい:2005/04/12(火) 10:01:21 ID:Zz32FBm3
>>255
逆起電力の位相の問題があるからインピーダンスはゼロにはならないよ。

259 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/12(火) 10:07:36 ID:lCcXpjOG
>>255は位相をイタチキメと読んでいるに1000ちゃんねる

260 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/12(火) 10:50:00 ID:02o0olJ4
232 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/11(月) 23:27:41 ID:FLPbh8aI
http://homepage3.nifty.com/y-daisan/html/audio1.html
帰還マンセー厨は、まだ以前出てきたこのページの意見に対するまともな反論をしていない。


天才的にヴァカだな。
そのページは負帰還の有無と言いつつ出力インピーダンスしか問題にしていない。
同じ議論が局部帰還でもオーバーオール帰還でもまったく同様に成立する。
ゆえにお門違い。

261 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/12(火) 10:52:01 ID:lCcXpjOG
その天才的にヴァカなデムパさん、以前はちょろちょろあちこちうろついてたん
だけど最近はおとなしく引きこもってるからそっとしておいて
あげなさい。


262 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/12(火) 13:43:09 ID:By1tRSYv
デムパ発振ルンルンのホムペが花盛りだな。
ttp://ime.st/homepage3.nifty.com/y-daisan/html/audio1.html
にはワロタ。

ネット社会は情報氾濫というか、マトモな情報はほとんど増えてなくってデムパばっかり
増殖氾濫してるんとちゃうか?
パクリを堂々と自分の発案みたいに書いておいて、ネットでばれるといつの間にかページを
タイムマシンで改竄、私は単なる宣伝マソです、なんて取り繕う腐れ野郎まで湧いて出てくる
始末だしな。


263 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/12(火) 15:56:18 ID:f/c/Cus+
>>258
>>255の条件で逆位相の逆起電力が発生すれば0オームになるだろw

264 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/12(火) 15:59:59 ID:lCcXpjOG
>>263
さっさとLCR回路の勉強してきなさいねっw

265 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/12(火) 16:05:41 ID:f/c/Cus+
>>262
そこのどこがデムパなのか具体的にヨロ!

266 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/12(火) 16:06:58 ID:f/c/Cus+
>>264
オマエガナーw

267 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/12(火) 16:15:26 ID:89qtKlFP
ID:f/c/Cus+は例のポンチ絵描いたヴァカだろ。
基本的なとこすっぽぬかしてTIM歪みだ遅れだ叫んでも
無意味だぞ。10年くらい余所で修行してこいアホ

268 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/12(火) 16:28:13 ID:lCcXpjOG
しかし、そのSPICEシミュレーション、スピーカーとアンプで構成
されている閉回路中の抵抗値が変わるとどうなるかっつう話にすぎ
ない。単なる線形シミュレーションだし。説明がはなはだしくデムパ
になっちまうのはなぜなんだろうか。

やっぱ、基本すっ飛ばしてるからだろうけど。


269 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/12(火) 19:48:01 ID:By1tRSYv
スピーカーシステムの変な電気的レスポンスもオーバーオール負帰還で戻す事こそ正解、
何でもいいからアンプ出力端の波形(アンプ出力とスピーカーからのレスポンスの和)を
入力相似にすればいい、後はどうなろうと(SPがどんな動作しようと)知ったこっちゃ無い

なんて馬鹿丸出しの負帰還厨もいるけどな。
こういう負帰還カルトは「回路設計上の前後段相互作用」という初歩の初歩すら分かってない
ということだ罠。www

ただし、プリやフラットアンプまで無帰還マンセーいうヤシは痛いだけだけどな。


270 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/12(火) 21:23:14 ID:PnCsnNcg
帰還抵抗の比でゲインが決まるというNFBの理論も怪しいよな。
アンプの開ループゲインを100dBとする。
帰還ゲインを-20dBとする。
するとループを一周するたびに80dBのゲインを持つことになる。

これまで誰も指摘してこなかっ事だがな。
負帰還厨は卒倒するだろうな(プゲラ

271 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/12(火) 22:13:38 ID:2Nvl1qSl
 オーバ ーオールも 局部 もMFB も全b 負帰還

272 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/12(火) 22:32:47 ID:eWqI81/0
>>270
帰還ゲインを-20dBとする。
って何だ?

273 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/12(火) 23:10:42 ID:dx/qXHqA
オーバーオールの電圧帰還が音質を悪くするので、NFBの量を少なめにした、
あるいは局部的な電流帰還を採用した、なんて文言は有名メーカーの宣伝文句にもある。

ここで、方形波入力における一般的な電圧帰還アンプのスピーカー音圧と、
電流帰還のそれとが比較してある。明らかに電流帰還が勝っている。
http://www3.coara.or.jp/~tomoyaz/higa0004.html#000428

274 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/12(火) 23:14:00 ID:dx/qXHqA
普通のオーバーオール電圧帰還アンプは、
アンプの出力端子とアース間の「電圧」の、入力信号電圧に対する増幅度を一定に保とうとする。
ところが、純抵抗でないスピーカには、電圧と電流の位相差が発生する。
スピーカーのL成分の逆起電力による電流と、アンプの内部抵抗により発生する電圧が、
NFBの入力として逆効果の方向に戻されてしまう。

電流帰還の場合は、逆に、スピーカーの電圧に対する電流の位相の遅れを正す方向に働くので、
立ち上がりと締まりの良い音が得られるのだ。

275 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/12(火) 23:26:26 ID:dx/qXHqA
ところが、オーバーオール電流帰還は、安定性が問題となるため、
一部のアクティブスピーカー用アンプなどにしか用いられてこなかった。

一方、電圧帰還は、「カタログ上」の低ひずみが簡単に得られるため、多く用いられたが、
実在のスピーカーのfo付近の重い空気を駆動し切るだけの十分なパワーを供給できずにいた。

でも、もう安心でつよ。デジアンがありまつ。

276 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/12(火) 23:41:49 ID:dx/qXHqA
>>253
インピーダンスが0Ωになる、という言い方が不適切なら、
「電圧の変化に対する電流の変化の割合がきわめて大きくなる瞬間がある」
とでも言っておこう。

277 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/13(水) 01:22:57 ID:qeN9Y34N
空想、妄想はもういいよ

278 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/13(水) 01:30:39 ID:O5ojiBMz
負けを認めなさい。

279 :名無しさん@お腹いっぱい:2005/04/13(水) 01:41:12 ID:IyluKMIk
>>275
一方、電圧帰還は、「カタログ上」の低ひずみが簡単に得られるため、多く用いられたが、
実在のスピーカーのfo付近の重い空気を駆動し切るだけの十分なパワーを供給できずにいた。

でも、もう安心でつよ。デジアンがありまつ。


笑。おまえが聞いていないだけだよ。

280 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/13(水) 02:20:19 ID:yF399nce
さて、われわれがオーディオに凝っているのは、良い音が聞きたいためである。
その為には、負帰還をうまく利用し、逆に、弊害の多いタイプの負帰還は多用したくないものである。

ところが、世の中には帰還マンセー厨なる妄想者がいて、
スピーカー端子間の(一般的な電圧帰還による)電圧さえ正常であれば、
実際のスピーカーから得られる音のエネルギーや切れのよさなどは、どうでも良いみたいだw

281 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/13(水) 02:21:15 ID:yF399nce
スピーカの機械的電磁気的メカニズムとエンクロージャーホーン内と周囲の空気により、
負荷は単純な抵抗ではなくなり、LC成分の複雑に組み合わさった系として表現される。
低音の再生においては、L成分の影響が大きいことは言うまでもない。

実際のスピーカーは、
たとえ端子間の電圧は歪なく目標値に達していたとしても、
空振りしたり、重い負荷を十分ドライブするエネルギーを得られなかったり、
位相遅れの電流を感知したNFBによる余計なお世話を受けたりしているのである。

282 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/13(水) 02:30:53 ID:B60OYiDD
>>273-5

1.また電流性電圧帰還(=電圧出力アンプ)と電流出力アンプを混同している。(先祖返り)

2.f0付近に”駆動力”は要らない。むしろ電流は減るから。

3.デジアンもDFはさほど高くないながらも電圧出力アンプ。

4.ttp://www3.coara.or.jp/~tomoyaz/higa0004.html#000428 そのサイトは有名なデムパ

283 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/13(水) 02:36:50 ID:Rl7dhMtk
われわれは、耳に達する実際の音圧が、原音にできるだけ忠実に比例することを欲しているのであって、
スピーカー端子間の「電圧」だけが、入力信号に忠実であっても意味に乏しいのである。

入力信号は、純粋な固定抵抗を基準とした電圧で表現されるから、瞬間的な音のエネルギーは電圧に比例する。
しかし、スピーカーは純抵抗ではない。
電圧と電流の位相が異なり、周波数によってインピーダンスも大きく異なるものである。
たとえ電圧を正しく設定できたとしても、内実は空振りとボイスコイルの発熱に費やされるだけだったりする。

むしろ、われわれは、実際に空気を駆動する「電力」こそ、入力信号に忠実であってほしいのである。

284 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/13(水) 02:42:52 ID:Rl7dhMtk
さぁ、みなさん、
これまでさんざん「オーバーオール負帰還の量が多いアンプは音が悪い」といわれてきたわけが
わかってきましたね。

285 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/13(水) 02:57:29 ID:peJ+vfpo
帰還量って音質に関係ないだろ。

どうも、音の悪くなる要素がたっぷり、と思い込んでる文系馬鹿が・・・

286 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/13(水) 02:58:08 ID:peJ+vfpo
帰還量が多かろうと少なかろうと、定電圧になるんだからさ。


287 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/13(水) 03:48:17 ID:cYi6cnEh
どうも「スピーカーはバネ」って迷信を信じ杉なんじゃねーの?
ダンパーの弾性なんてショボいもんだし、「じゃぁ空気バネが」
とか言ったって、50Hzで1cmの振幅でも1m/sだし。

288 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/13(水) 08:17:42 ID:V9r9MMEc
>>273
> ここで、方形波入力における一般的な電圧帰還アンプのスピーカー音圧と、
> 電流帰還のそれとが比較してある。明らかに電流帰還が勝っている。
> http://www3.coara.or.jp/~tomoyaz/higa0004.html#000428

それは単に高域が上昇しているだけ。バカじゃない? それ書いた香具師は
電流源のことを知らなかったデムパさんなので、繰り返し貼り付ければ
貼り付けるほどキミが恥をかくだけだよ。




289 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/13(水) 08:31:45 ID:V9r9MMEc
どこがどうデムパなのかよくわからない人は、ここを見ましょう。なにしろ
電流源の内部抵抗を知らないわ、電流源と電流性電圧帰還をごっちゃにしてるわ、
わやなお方ですた。

http://web.archive.org/web/20041123050238/http://www.geocities.co.jp/MotorCity/4971/geobook5.html
http://web.archive.org/web/20041020225659/http://rs501.com/Diary-9908.html
http://www.geocities.co.jp/Technopolis/4999/main/bcs.html


290 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/13(水) 14:19:40 ID:2sLoRbP1
胴衣。電流正帰還と電流負帰還の区別すらついていないおポンチ。

291 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/14(木) 01:08:07 ID:4drbcX+x
もう何十年も前から、帰還量の大きいアンプは音が引っ込んで不自然になる傾向が議論されてきたし、
アンプの自作コンテストでは、帰還量を抑えたアンプがいつも上位に入る。
無帰還のパワーアンプを宣伝文句にした某有名音響メーカーや、
電力増幅段の局部電流帰還を売り物にした某米国系メーカーなどの例がある。

いずれも、スピーカーの逆起電力(位相遅れの電流)が問題にされてきたわけだ。

電圧帰還アンプの欠点や限界の存在は明白だ。

292 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/14(木) 01:22:57 ID:4drbcX+x
野球ファンは、普通、鋭い打球が飛んでヒットになることを見て喜ぶが、
なぜか、空振りのバットの振幅を見て、イイよイイヨ、正しい振幅だと喜んでいるやつがいる。

帰還厨である。

293 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/14(木) 01:23:35 ID:vPHTkpGJ
>アンプの自作コンテスト



294 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/14(木) 01:59:32 ID:n221TvPZ
挙げてる例、ぜんぶ電圧帰還アンプなんだが?

295 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/14(木) 02:00:01 ID:BPdUGuHY
F特の暴れた音に力強さを感じる糞耳

296 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/14(木) 06:38:31 ID:gS8VPl5f
ライブの音を知らない退き隠りが何を言っても通じない。

297 :名無しさん@お腹いっぱい:2005/04/14(木) 10:32:36 ID:QT96voi8
>>291
まともなアンプならマイクからの距離分音が引っ込んで音像を結ぶのが当然。
良いマイクで録音すれば当然な事。
躍動感が出ないなら別の問題。

298 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/14(木) 11:53:33 ID:Oqx+GYzX
>お前らなぜ負帰還を毛嫌いするか理論的説明求む2

人様にものを聞くのに、お前らも無いもんだよナ〜!

299 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/14(木) 13:18:54 ID:9fDaEVcH
実験データを沿えて書きこめよ

300 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/14(木) 13:21:47 ID:fqs/kKPS
あいかわらず電流帰還と電流出力の区別がついてないバカがいるのか。

301 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/14(木) 13:30:44 ID:ZTBz2Wiq
電流帰還なんて、カソードのパスコン外しゃあかかるぞい。

302 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/14(木) 13:32:36 ID:JUKIp572
なこたわかっとる

303 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/14(木) 14:47:41 ID:oR5uY302
世の99.9%は電圧帰還アンプを使うアフォ。
本当はオバオル帰還、局部帰還、エミフォロ全部ダメ。
コレクタ出力の無帰還アンプだけがスピカーの特性をありのままに出す。

304 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/14(木) 16:39:04 ID:ZTBz2Wiq
>無帰還マンセー派=馬鹿ばっか
>帰還マンセー派=ヲタばっか

賢くてヲタじゃないのは何派?

305 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/14(木) 20:56:53 ID:RN5coDm5
賢くてヲタじゃないのはデジアンプ派!

306 :名無しさん@お腹いっぱい:2005/04/14(木) 22:08:40 ID:QT96voi8
>>305
ノイズ垂れ流し派。

307 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/14(木) 22:16:08 ID:Xg8pVylB
>>303
非線形の悪い部分がすべてそのまま出ちゃうのが好きなのか。

つーかね、
スピーカ繋いだ状態で出力端子の電圧波形が同じなら、
帰還量が多かろうと少なかろうと、関係ないっしょ。

308 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/14(木) 22:19:46 ID:k1U63xNh
>>307 電流波形は?
てか、全部同じだったら音が違うわけ無いじゃん、アホでしょ。

309 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/15(金) 01:02:32 ID:IGnuC+f4
>>303
ップ  無帰還カルトは薄気味悪くて吐きそう。

オマイそういうの国内国外の目ぼしいオデオメーカーに伝道して回ったら?



310 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/15(金) 01:27:16 ID:S+8OqOk/
>>303
コレクタ出力の電流アンプ・・・ってあーた、漏れらにフェルトバッフルの不細工なSP使わせる気か?

311 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/15(金) 06:46:59 ID:+wqLYH74
>>308
どうしてそうやってすぐに罠にはまるなぁwww
電圧波形がいっしょなら電流波形もいっしょ。


312 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/15(金) 09:31:04 ID:9zbSIFJy
>>310
普通のきれいな箱入りのスピーカー使ってる人もいます。マルチアンプで
色々細工してますけど。

313 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/15(金) 16:49:18 ID:GAaG3Eex
>電圧波形がいっしょなら電流波形もいっしょ。
へー。そりゃすげーや。俺にもそんな高性能アンプを紹介してよ。

314 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/15(金) 22:52:19 ID:s2hl7ueG
>>313
>>311の言っている意味は「負荷が同じなら 電圧波形がいっしょなら電流波形もいっしょ」
っつーことっしょ。

315 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/15(金) 23:18:25 ID:J6fgigud
>>314
それが同じにはならないから苦労しているのだよw

たとえば、
10wの出力がらくらく出せるアンプが、2種類あったとする。
インピーダンスが公称8Ωの同じスピーカーをつなぎ、
100Hzのサイン波を入力して、スピーカー端子間に同じ8Vの電圧がかかったとする。

で、まったく同じ8wの音が出るかというと....ぜんぜん違うのだよこれが。

316 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/15(金) 23:25:41 ID:J6fgigud
たとえスピーカ端子間の電圧出力が同じで、電圧レベルの歪が同じくらい十分小さくても、
増幅素子や、電源はもちろん、NFBなどすべて含めた、回路全体のインピーダンスで、
出てくる音が大きく違うから、メーカー側も苦労してるんだろ?

余裕のありすぎるでかい電源トランスを使ったり、出力素子を何個もパラったり、あえて局部帰還にしたり.....

負帰還を使うことで本当に低インピーダンスと等価であれば、そこまで苦労しないよ。
スピーカーは、電圧と電流(電力)の位相が違うんだよ。

317 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/16(土) 02:20:10 ID:NZl4CP62
>>315-316
知ったか乙

318 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/16(土) 10:38:34 ID:vF7Ak4s2
>>307>>311>>317 駄カキコ乙

319 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/16(土) 12:23:30 ID:kBnMRSpY
まぁ一方的な無帰還バカも負帰還バカも大分減ったわけだが。

320 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/16(土) 12:58:10 ID:Pk3UqHQF
負帰還に問題があるとすれば高域の位相回転で不安定になるという点に尽きる。
局部帰還マンセーの椰子も居るが位相が回る周波数が高いか低いかだけの違いで同じ事。
適切な位相補償を施したオーバーオール帰還より局部帰還の方が不安定という事もあり得る。
電源も含めて藻舞らのステレオにトータル幾つ負帰還ループが存在するか考えてみろ。
それらが全て適切に調整されているという保証はあるか?
HiFiシステムの音が多種多様である理由はそこにもあるのだ。

321 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/16(土) 13:03:14 ID:NZl4CP62
根本的に、味付けのされた音のほうが好まれているんだから、忠実な再生を目指す努力は無駄。
日本の大手メーカーの製品はどれも音がつまらない、と言われているのは、そういうこと。

322 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/16(土) 13:20:03 ID:vF7Ak4s2
>>321 ということは日本製ならどれを選んでも良い音がするのですね。

323 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/16(土) 14:22:22 ID:kBnMRSpY
>>320
だからフラットアンプやらまでオーバーオール負帰還を問題にするようなアホはもう絶滅したろ。
まぁ負帰還タイプの電源も含め、発振というのはDQNがやらかすことだからこの際議論の外。
つーか発振対応というのはそんなに単純簡単な話じゃないけどね。これはコンプリフォロワーの
局部電流帰還タイプでも現象プロセスは違えども同様だが。
残ってるのはスピーカーシステムを負荷にするパワーアンプでのオーバーオール負帰還はどうという
問題。



324 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/16(土) 14:34:27 ID:Q8iENhde
その幾多もある負帰還ループのなかで一番不安定なのはDQNの藻舞が作った自作アムプ(w

325 :314:2005/04/16(土) 20:58:23 ID:lqF8QXVO
がっかりだ。負荷が同じで電圧が同じなら電流が同じって話をしてるんじゃない。

326 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/17(日) 01:03:56 ID:0Jpga1DX
無知

327 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/17(日) 04:08:36 ID:mQareAq0
314の話の何処が間違ってるの?
誰か教えて。

328 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/17(日) 11:09:06 ID:7whhRw2p
電圧波形が同じでも電源のレギュレーションやら電流応答性が
悪かったりすると全然別物になる罠。

329 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/17(日) 13:32:06 ID:cau4lFe8
リアクタンス負荷と負帰還(=低インピーダンス出力)との相性如何という
問題設定そのものは認めてもいいが、オーバーオール帰還と局部帰還の対比は意味がないね。
オーバーオールで駄目なら局部でも駄目だ。
まさかスピーカー負荷で数100kHz以上の応答が問題になる訳でもあるまい。

330 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/17(日) 20:30:37 ID:Ng1zIE+3
>>328
は?
電源があっぷあっぷになる状況だと、電圧も下がるだろうが。

電圧波形と電流波形の話は、知ったかぶりをあぶり出すのにはちょうどいいな。

331 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/17(日) 20:52:06 ID:7whhRw2p
限界まで上げたら電圧も頭打ちになるだろうよ。
電源環境が良いところと悪いところでは、音が同じかと言えばそうではない。
でも、同じ機械で同じ電圧ならば電圧波形は同じだろ。

これはどういうことだよ、説明してくれ。

332 :314:2005/04/17(日) 23:43:06 ID:vTKQyhYH
>>331
全く同じ負荷でも、違う電源環境ならば、電圧波形は変わる。

333 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/18(月) 00:23:12 ID:C9AiUYRV
そうかねー?
じゃあ、オーディオヲタクの耳は測定器より凄いのかもな。

334 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/18(月) 03:02:40 ID:vgyJTpNX
負帰還かかってれば、電源電圧の変動の影響はほとんど受けないはずだけど。

335 :314:2005/04/18(月) 07:18:55 ID:aAvlfLF5
あーすまん。誤解を招く表現だったね。訂正。

全く同じ負荷でも、違う電源環境で客観的に音が変わっているならば、電圧波形が変わっているということ。

336 :314:2005/04/18(月) 08:08:07 ID:aAvlfLF5
ちなみに、「同一の負荷=同一の装置」って意味だと、電圧波形が同じでも電流波形はがらがら変わる。
(スピーカの)振動系〜空間ってところまで含めると特に。
ただ、がらがら変わると言っても「同一の装置・同じ部屋」で人間の耳がその差を感知できるかというと、疑問。

337 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/18(月) 08:26:45 ID:vgyJTpNX
プラセボが支配的だからな。

338 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/18(月) 14:49:07 ID:aSjW8q7f
結局何もわかっちゃいない

339 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/20(水) 07:27:04 ID:MPm1HWk4
自分の耳を信じることだ。
体調とかその他要因が大きく作用すると理解していれば。

340 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/24(日) 20:26:38 ID:z00QKwMU
結局、帰還厨は退治されたってことでOK?

341 :名無しさん@お腹いっぱい:2005/04/24(日) 20:47:58 ID:mwyO+AbK
>>333
当然。
>>334
ほとんど影響を受けないがその受けた部分が判る。

342 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/24(日) 20:49:41 ID:YTF8o5zG
>>341
>ほとんど影響を受けないがその受けた部分が判る。
受けた部分がより大きいのが無帰還ですぜ。

343 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/24(日) 21:08:42 ID:uWuQOi2W
無帰還厨の程度の低さ加減にあきれていなくなったというのが正しい

344 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/24(日) 23:30:51 ID:LOWUSbLS
負帰還厨は、抵抗負荷のフラットアンプの場合とスピーカーシステム負荷のパワーアンプ
の場合がまるで様子が違うことを指摘されて、ちゃんとした反論も出来ずに逃亡したのさ。www

345 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/24(日) 23:47:42 ID:+HK3lIQu
ど素人の勘違いシミュレーションによる誤った解釈を引用することしか出来ない無知な無帰還厨

346 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/25(月) 00:01:48 ID:zN5hSqWC
だな。無帰還厨ってバカだから。

347 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/25(月) 08:17:30 ID:C1iBrCdk
帰還マンセー派の中で「ダンピングファクターが大きい方がスピーカーを電圧駆動できて
駆動力が大きいから良い」なんていうヤシがいるけど、本当かぁ?
漏れには「スピーカーが一番ふらつきながら振動するf0付近での電流が一番
少なくなる。ということはf0付近での駆動力は極小」イコールダメだと思うんだが・・・。
ちなみに電流駆動もダメだと思う。スピーカーのようにインピーダンスが変化する負荷では
電流がインピーダンスによって大きく流れたり流れなかったり・・・これもダメ。
とすると何がいいかというと・・・DF=1〜10近辺ぐらいが適切なのではないか。
これは無帰還または低帰還アンプの値。
ということで、漏れは無帰還(または低帰還)派。



348 :佐久間浩影:2005/04/25(月) 08:26:08 ID:G0ZW5QRS
あのう・・・ 電力駆動じゃないとダメなんです。

349 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/25(月) 14:28:13 ID:1S4uemhI
負帰還派はやっぱり逃げ出したままといわれてもしょうがないと思われ。
単なる下手な煽りじゃなくちゃんとした反論が聞きたいな。



127 :名無しさん@お腹いっぱい。:皇紀2665/04/01(金) 12:16:49 ID:Wt7kNGY2
>>124-125
スピーカーシステムの電気的レスポンスがβ回路に及ぼす影響ね。

だからね、そこまでやるかどうかは別問題として、そういう研究なり実験なり分析って
まだ仮説レベルでもちゃんと世に出てないんだよな。なんか問題がありそうという見方に
分がありそうに感じるけどね。

まぁ、それにNWの影響も含めると相当にややこしくなるしね。
(スピーカーの逆起電力はNWを逆経由してアンプ端子に到達するし、スピーカーシス
テムの電気的レスポンス全体はスピーカーユニットだけじゃなくLCR回路のNW込み
で考える必要がある)

なんか簡略化したモデルでの解析くらいはあってもよさそうなんだが、見たこと無いな。

スピーカーシステムの変な電気的レスポンスもオーバーオール負帰還で戻す事こそ正解、
何でもいいからアンプ出力端の波形(アンプ出力とスピーカーからのレスポンスの和)を
入力相似にすればいい、後はどうなろうと(SPがどんな動作しようと)知ったこっちゃ無い

なんて馬鹿丸出しの負帰還厨もいるけどな。
こういう負帰還カルトは「回路設計上の前後段相互作用」という初歩の初歩すら分かってない
ということだ罠。www

ただし、プリやフラットアンプまで無帰還マンセーいうヤシは痛いだけだけどな。

350 :佐久間浩影:2005/04/25(月) 15:10:28 ID:G0ZW5QRS
> だからね、そこまでやるかどうかは別問題として、そういう研究なり実験なり分析って
> まだ仮説レベルでもちゃんと世に出てないんだよな。

あのう・・・ 少しは勉強したほうがいいと思います。

351 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/25(月) 17:33:12 ID:C1iBrCdk
>>348
俺が「電力駆動」という言葉を使わなかったのは
それならばDF=1が最高ってことになる。
が・・・どうもそういう訳ではないようだ。
ということで、DF=1〜10という書き方をしている。

・・・こんなこと書いといて金田式DC聴いたことがない。
(DFを調整するための電圧/電流フィードバックではないのだろうが)
逝ってきます。

>>349
ここら辺の議論はMJで随分昔に議論されたような気がするが
(安田と窪田)
確かに俺もここら辺の決着についてよく知らない。
誰か文献があるならオシエテ

・・・って窪田が無帰還やめちゃったから帰還派の勝ちってか(w


352 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/25(月) 21:29:02 ID:4y7S3Tdw
DF=1〜10って案外正解かもしれんな。一般的なスピーカー
は連続的なサイン波を入れたときフラットになるように作られてるけど
(スイープサイン波などの連続波)普通、音楽は連続ではないからね
単〜2〜3発サイン波なんかの場合むしろDF=1のシステムの方が
フラットにより近くなる。
    ↑
気がしたけど(書き込んでる最中やはり)、ダンピングファクターは
多きい方がいいだろな q0付近での立ち上がりの悪さを感じるなら
イコライザーでその付近をブーストした方がいい結果出ると思う。
制動が効かなくなるのは分解能がかなり悪くなるって事だからな。

353 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/25(月) 21:29:47 ID:zN5hSqWC
無帰還バカ粘着乙

354 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/26(火) 02:10:03 ID:S2Dt+9RE
しかしいつになったら負帰還厨を論破できる無帰還厨がでてくるのだろうか。
ちゃんと自分で測定したデータを持ってこいよ。無帰還バカ一代www

355 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/26(火) 14:02:59 ID:3Vy6/XNg
>>349
阿呆、その問題に対する答えがMFBだろうが。
仮説・分析・実験なら無数に世に出ている。

もっともMFBこそ負帰還派の最先鋒なんだがな(w

356 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/26(火) 18:46:30 ID:U2gjsgXE
アンプDF=1〜10でも、過制動気味に設計した自作スピーカーシステム
を鳴らす前提だったらまったく問題なかったね。すまん。むしろその方が良さそう。

357 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/27(水) 08:14:26 ID:CSLWZVQq
MFBって今はどれぐらいの周波数まで
掛けられるの?

358 :佐久間浩影:2005/04/27(水) 08:31:32 ID:jci708DR
あのう・・・電力駆動じゃないとダメなんです。

359 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/27(水) 22:06:18 ID:acwsENu/
>>355
だからね、このスレには馬鹿で極端な負帰還カルト信者がいてね、

  >スピーカーシステムの変な電気的レスポンスもオーバーオール負帰還で戻す事こそ正解、
  >何でもいいからアンプ出力端の波形(アンプ出力とスピーカーからのレスポンスの和)を
  >入力相似にすればいい、後はどうなろうと(SPがどんな動作しようと)知ったこっちゃ無い

なんて低能を恥ずかしげもなく晒してたわけ。
まぁプリアンプ等の純抵抗負荷とは前提条件がぜんぜん違うというのが理解出来ないんだよね。
こういうのがアホ無帰還厨から突かれる原因にもなってたわけよ。

で、スピーカーシステムを負荷として、入力信号をより精確に出力音声にするという観点で負帰還
をうまく活用するにはMFBが「ある側面」では一番理にかなってる、というのは常識なんだけどね。
ただまぁスリューレート(単位が違うのでもどきになるが)の観点で、せいぜい数百ヘルツくらいまでしか
フィードバックがうまくかからない所に一定の限界はあるんだよね。


360 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/27(水) 22:24:11 ID:lY47LGOx
データ持ってこないと信じません

361 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/28(木) 21:35:28 ID:bVOG4fIa
ハイエンドな人ばっかりかもしれないので申し訳ないが、ムジカライザーなかなか凄いよ。
50万程度までの安いシステムなら、物凄い効果が出る。一挙にハイエンドの入門機(?)買った位になるかも。
しょぼい外観の割に高いけど。一挙に音も音場もゴージャスになる。オーディオショップで試聴する様な音色、音場、音圧になる。
音場と音圧のグレードアップはうれしいぞ。もちろん専用電源引いて、ある程度セッティングはしっかりしたほうがいいけど。
とりあえず、これさえあれば、グレードアップの道筋は見えてくるかもしれない。高級機材も、高級ケーブルも、タップも
アイソレトランスも、まあ、、後回しでいいような気がする。安もんの機器の音質は逆起電力で台なしになる。
でもまあ、ノイズ対策はもちろん先の方がいいが。個人的な感想なんだが。
ついでだが、LAUDAの気流式レンズクリーナー(CD用とDVD用がある)と、NESPAは、絶対良い。高いけど。
このムジカライザーで絶対的に凄くなるのはハイビジョン番組の音だな。はっきり差がでて面白いぞ。
あと、JBL使いは、使いこなしに難があるみたい。今は、オンキョウのAVアンプだが、次はモグラアンプのDC駆動で試したい。
安もんばかりですまん。でもハイエンドな機器にムジカが効果あるかは知らんけども。

362 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/28(木) 23:18:05 ID:2DX8ANLj
帰還をかけて、出力インピーダンスを0に近づけることが、なぜ悪い。

まぁ忠実な音よりも、味付けのされた音のほうが好きな人は多いね。
イコライザで低域と高域を持ち上げることは断固として拒絶してる人が、
なぜか「電流出力」という言葉のマジックに騙されて、
低域と高域の持ち上がった音を好んでる。

363 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/29(金) 03:41:29 ID:OksgkAlD
>どうしても「位相」がおかしく感じられたから。
左右の位相が逆など、2秒で気づけ。

>「音圧は下がって感じられることがありますが、それは無駄な音がなくなったためで良い傾向です。」
ただの挿入損失だろう。アホですか。挿入損失が悪いとは一概に云えんが。

364 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/30(土) 17:51:25 ID:bcBlqshl
 

365 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/02(月) 22:57:01 ID:jY5DHezo
負帰還大好き!

366 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/03(火) 02:24:05 ID:7QbcZNU/
しかしいつになったら負帰還厨を論破できる無帰還厨がでてくるのだろうか。
ちゃんと自分で測定したデータを持ってこいよ。無帰還バカ一代www

367 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/03(火) 06:04:20 ID:Et7t+mcU
しかしいつになったら帰還厨を論破できる無帰還厨がでてくるのだろうか。
ちゃんと自分で測定したデータを持ってこいよ。負帰還バカ一代www


368 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/03(火) 06:06:02 ID:e3dISTwq
しかしいつになったら帰還厨を論破できる負帰還厨がでてくるのだろうか。
ちゃんと自分で測定したデータを持ってこいよ。負帰還バカ一代www


369 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/03(火) 08:49:19 ID:H4ZRSIpG

所詮同じ穴のムジナ

370 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/03(火) 11:22:44 ID:1Jdll6zS
> 低域と高域の持ち上がった音を好んでる
DFが大きくなると、本当にインピーダンス変化に対応して
音圧レベルが変わるのかぁ?
2チャンネルのどこかのカキコで「DFの大きいものと小さい
ものとでSP振動板の振幅を測定したが、全く変わらなかった。」
なんてのがあったような希ガス。


371 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/03(火) 13:11:40 ID:necKrgH5
音圧の測定ならマイクを使うのが普通だと思うが
振動版の振幅を直接測るのはマイクでは無理だろう。
どうやって測ったのか知らんが
その測定法に差を検知できるだけの十分な精度があったのかどうか。

372 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/03(火) 17:32:10 ID:tnyAjMcQ
レーザーかなんかで測定するんじゃなかったっけ?

373 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/03(火) 19:13:50 ID:pOj8PvGm
レーザー? 便利だからレーザー使うんなら判るが…
レーザーでなきゃ測定できないってんなら、その方法はいかがわしいな。

374 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/03(火) 20:34:04 ID:tnyAjMcQ
非接触でしか計測できねえんだから、方法はそんなに無いと思うぞ。

375 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/04(水) 11:58:33 ID:HSA28DQv
しかしいつになったら負帰還厨を論破できる無帰還厨がでてくるのだろうか。
ちゃんと自分で測定したデータを持ってこいよ。無帰還バカ一代www

376 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/04(水) 17:56:55 ID:no7+p/jO
しかしいつになったら無帰還厨を論破できる負帰還厨がでてくるのだろうか。
ちゃんと自分で測定したデータを持ってこいよ。負帰還バカ一代www

377 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/05(木) 02:58:16 ID:I6bdNutk
しかしいつになったら負帰還厨を論破できる無帰還厨がでてくるのだろうか。
ちゃんと自分で測定したデータを持ってこいよ。無帰還バカ一代www

378 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/05(木) 07:04:03 ID:haabVt/u
しかしいつになったら無帰還厨を論破できる負帰還厨がでてくるのだろうか。
ちゃんと自分で測定したデータを持ってこいよ。負帰還バカ一代www


379 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/05(木) 09:08:23 ID:SLlAihhO
>>370
電流出力のアンプを作ってる、バクーン(SATRI)がそう言ってるよ。


380 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/05(木) 11:32:20 ID:Nrg1+iSY
アンプの音の違いなんて微少なものがそんな方法で測定できるわけないじゃないの。
オシロで見たって全くわからないしf特や歪率も誤差範囲なんだぜ。
100MHzぐらいまでFFTしたら辛うじて違いが出るかもしれん。


381 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/05(木) 12:02:20 ID:+qQMWxHF
>>370
DF=100と1000を比べても見てわかるほどf特は変わらないけど、
DF=1と10とか比べたらはっきり変わるぞ。

普通の電圧駆動アンプとスピーカの間に8Ω入れて(スピーカ入力点で)DF=1にしたら
f0や高域が盛り上がるのはわかるよな?

引用してる「全く変わらなかった」はどんな比較?

382 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/05(木) 19:59:14 ID:YFQyWUjW
なんで100MHzまでFFTしたら判るねんっ!

383 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/05(木) 20:55:37 ID:M3aMqsO6
しかしいつになったら無帰還厨を論破できる負帰還厨がでてくるのだろうか。
ちゃんと自分で測定したデータを持ってこいよ。負帰還バカ一代www

384 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/06(金) 13:07:53 ID:P9+mKCJG
しかしいつになったら負帰還厨を論破できる無帰還厨がでてくるのだろうか。
ちゃんと自分で測定したデータを持ってこいよ。無帰還バカ一代www

385 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/06(金) 14:45:56 ID:JrrP7pXx
>>381
ホントカネ


386 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/06(金) 18:25:01 ID:QeZXykcS
「全く変わらなかった」ってのはネットワークである程度
インピーダンス補正してあるシステムだったらありえる話。

387 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/10(火) 05:50:44 ID:pUPX3tsL
そう

388 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/10(火) 12:07:45 ID:z/rcbVce
うそ

389 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/10(火) 15:10:54 ID:wvGFlNoN
しかしいつになったら無帰還厨を論破できる負帰還厨がでてくるのだろうか。
ちゃんと自分で測定したデータを持ってこいよ。負帰還バカ一代www

390 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/11(水) 12:44:08 ID:DYxAKmmC
5極管のアンプで無帰還(KNFもULのなし)でDF=2にする方法があります。
8Ωの端子に5.3Ωと4Ωとを直列につなぎ4Ωに8Ωのスピーカーを並列につなぐと出力インピーダンスは鳳・テブナンの定理からほぼ4Ωです。ですからDF=2になりますね。ただ、パワーは1/10になりますけど....


391 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/13(金) 13:29:03 ID:Ugk0Nasx
しかしいつになったら負帰還厨を論破できる無帰還厨がでてくるのだろうか。
ちゃんと自分で測定したデータを持ってこいよ。無帰還バカ一代www

392 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/13(金) 17:21:37 ID:2NDwGXgX
しかしいつになったら無帰還厨を論破できる負帰還厨がでてくるのだろうか。
ちゃんと自分で測定したデータを持ってこいよ。負帰還バカ一代www

393 ::2005/05/14(土) 18:20:34 ID:XvyL2jrP
シッシッ

394 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/14(土) 18:26:09 ID:kM9hIMiw

負帰還バカ一代

395 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/14(土) 22:15:15 ID:/icTDepi

無帰還バカ一代

396 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/14(土) 22:39:51 ID:cSl9F7tw
うぜー

397 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/15(日) 01:45:27 ID:RxB9h7s4
     ↑
この現象を帰還というのだがね。
・・・しかし、これは負帰還でなく正帰還(発振)かな??

398 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/15(日) 02:37:51 ID:jfMEE4cS
正帰還で発振するわけないだろ。
やれやれ・・・

399 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/15(日) 03:25:24 ID:Q351uffk
>正帰還で発振するわけないだろ。
ン?

400 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/15(日) 03:28:26 ID:+tGfVtHn
>正帰還で発振するわけないだろ。
はぁ?

401 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/15(日) 03:31:33 ID:+ETSsUG9
>正帰還で発振するわけないだろ。
ホヘ?

402 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/15(日) 04:26:08 ID:QJ0uKIY3
無帰還バカ一代www

403 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/15(日) 06:15:07 ID:RxTMOO9C
自分がデータを持って来れないけど人に強要するのは手っ取り早いからね。

404 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/15(日) 13:16:53 ID:QJ0uKIY3
無帰還バカ一代www

405 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/15(日) 14:12:53 ID:ceO+eICZ
しかしいつになったら無帰還厨を論破できる負帰還厨がでてくるのだろうか。
ちゃんと自分で測定したデータを持ってこいよ。負帰還バカ一代www


406 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/15(日) 16:20:54 ID:RxB9h7s4
>>398
発振器はど〜やって作んの?おせ〜て??

407 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/15(日) 16:36:37 ID:uxz2FpDA
>>406 自分で電波出します。

408 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/15(日) 17:10:12 ID:2Lom2FNX
NFBのかけ方=位相補正のかけ方と言ってよく
NFBのかけ方を知らない人がNFBは音が悪いというのは
猿が電車を運転するのに等しい野田

409 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/15(日) 17:30:12 ID:ceO+eICZ
>>408
>NFBのかけ方=位相補正のかけ方と言ってよく

また負帰還厨がデムパ飛ばしていやがるw

410 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/15(日) 22:27:44 ID:piHv5jEQ
>>409

>>398←アンタ達のお仲間ですよ〜(ワラ

411 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/16(月) 00:09:24 ID:6lCUnrZO
しかしいつになったら負帰還厨を論破できる無帰還厨がでてくるのだろうか。
ちゃんと自分で測定したデータを持ってこいよ。無帰還バカ一代www

412 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/16(月) 01:58:28 ID:FJJD7eyq
しかしいつになったら無帰還厨を論破できる負帰還厨がでてくるのだろうか。
ちゃんと自分で測定したデータを持ってこいよ。負帰還バカ一代www

413 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/16(月) 02:33:25 ID:vdG6H2cD
うぜーつってんだろが

414 ::2005/05/16(月) 07:16:39 ID:FJJD7eyq
負帰還バカ一代

415 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/16(月) 08:19:50 ID:yZuSrWdz
CR位相補正を入れると
これがまた音が悪くなるんだなぁ〜

416 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/17(火) 22:53:46 ID:BG/cK6rE
イ立木目ネ甫正


貝帰還

立日 亜
日耳又心

417 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/18(水) 08:26:57 ID:7y6E6wiZ
素材が悪いといくら整形手術をしても良くならないのと同じだ。

418 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/18(水) 08:47:58 ID:A+TVbK7e
しかしいつになったら負帰還厨を論破できる無帰還厨がでてくるのだろうか。
ちゃんと自分で測定したデータを持ってこいよ。無帰還バカ一代www

419 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/18(水) 13:38:14 ID:EhIc8mgu
しかしいつになったら無帰還厨を論破できる負帰還厨がでてくるのだろうか。
ちゃんと自分で測定したデータを持ってこいよ。負帰還バカ一代www

420 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/18(水) 20:49:26 ID:6YcQ/hGi
負帰還で位相が180度回ったら正帰還だと思う人、手を上げて。

421 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/18(水) 22:47:02 ID:ZtUEYTrS
>>417
今日日の形成外科を舐めちゃいかんよ

422 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/18(水) 23:28:18 ID:lD/ECXg7
なんだ。手を上げてるのは、420だけなのか。

423 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/19(木) 08:03:10 ID:t+Y1H/wG
はーい

424 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/19(木) 09:18:32 ID:Y28ivtvk
全帯域で180度回っっていたら
そもそも負帰還とはいえない

に1万ゼルダ

425 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/19(木) 16:40:22 ID:otL0wf3d
しかしいつになったら無帰還厨を論破できる負帰還厨がでてくるのだろうか。
ちゃんと自分で測定したデータを持ってこいよ。負帰還バカ一代www

426 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/20(金) 17:44:46 ID:G9qVwvff
しかしいつになったら無帰還厨を論破できる負帰還厨がでてくるのだろうか。
ちゃんと自分で測定したデータを持ってこいよ。負帰還バカ一代www


427 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/20(金) 19:17:25 ID:JnEr4dS8
>424
バカ

428 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/21(土) 02:27:49 ID:+QEdk2Fr
口先だけの無帰還厨は自分で測定したデータ持って来いって言われたらdズラかよ。
さすが無帰還バカ一代www

429 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/21(土) 02:30:15 ID:cVe18db1
口先だけの負帰還厨は自分で測定したデータ持って来いって言われたらdズラかよ。
さすが負帰還バカ一代www


430 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/22(日) 19:38:11 ID:eX5+/3yD
おめぇら、ペアでうぜぇよいつも。えれぇ粘着だな。

431 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/22(日) 20:47:30 ID:bnrtyiEa
そんなふうに考えていた時期が俺にもありました

432 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/25(水) 09:29:02 ID:VpRWEpTw
口先だけの負帰還厨は自分で測定したデータ持って来いって言われたらdズラかよ。
さすが負帰還バカ一代www


433 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/25(水) 10:38:30 ID:stuAozEo
口先だけの無帰還厨は自分で測定したデータ持って来いって言われたらdズラかよ。
さすが無帰還バカ一代www

434 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/25(水) 18:33:26 ID:BmAOqpY8
しかしいつになったら無帰還厨を論破できる負帰還厨がでてくるのだろうか。
ちゃんと自分で測定したデータを持ってこいよ。負帰還バカ一代www


435 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/26(木) 18:48:49 ID:4ew7qeFj
口先だけの負帰還厨は自分で測定したデータ持って来いって言われたらdズラかよ。
さすが負帰還バカ一代www


436 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/26(木) 23:04:10 ID:G3/w7+B2
そんなふうに考えていた時期が俺にもありました

437 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/28(土) 08:29:54 ID:RvHWFcYD
負帰還バカはdズラ中wwwww
以下の指摘に一人としてマトモに反論すら出来ず。バカはバカなりに何か逝ってみろや。w

ttp://www.gem.hi-ho.ne.jp/katsu-san/audio/distortion.html
「未知の過渡現象による歪みが数多くあるのだと思います。スピーカ逆起電力がβ回路に加える電圧もその一つです」
にとりあえずロジカルな反論でもしてもらおうか。


438 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/28(土) 10:51:13 ID:7H4ThcbN
しかしいつになったら無帰還厨を論破できる負帰還厨がでてくるのだろうか。
ちゃんと自分で測定したデータを持ってこいよ。負帰還バカ一代www

439 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/28(土) 11:08:17 ID:7H4ThcbN
>>437
とりあえず自分で測定したデータ持って来い

440 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/28(土) 16:17:38 ID:5QGwe5jY
口先だけの負帰還厨は自分で測定したデータ持って来いって言われたらdズラかよ。
さすが負帰還バカ一代www

441 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/28(土) 16:45:58 ID:cVNLGUZt
そんなふう(ry

442 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/28(土) 16:55:25 ID:LQUEq4FS
無帰還バカはdズラ中wwwww
以下の指摘に一人としてマトモに反論すら出来ず。バカはバカなりに何か逝ってみろや。w

ttp://www.gem.hi-ho.ne.jp/katsu-san/audio/distortion.html
「だからといってNFBを無しにすれば良いかというと、他の歪みは増える事になります。 」
にとりあえずロジカルな反論でもしてもらおうか。

443 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/28(土) 16:57:21 ID:5QGwe5jY
負帰還バカはdズラ中wwwww
以下の指摘に一人としてマトモに反論すら出来ず。バカはバカなりに何か逝ってみろや。w

ttp://www.gem.hi-ho.ne.jp/katsu-san/audio/distortion.html
「未知の過渡現象による歪みが数多くあるのだと思います。スピーカ逆起電力がβ回路に加える電圧もその一つです」
にとりあえずロジカルな反論でもしてもらおうか。

444 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/28(土) 17:07:41 ID:E/jvs0gC
>>443
おまいが再三引用してるその人は負帰還派だよ。

ttp://www.gem.hi-ho.ne.jp/katsu-san/audio/stc2a3.html
「そこで考えられるのが、NFBです。何だつまらん、と思われるかも知れません。でも、それが一番簡単です。」

恥ずかしいから的外れな議論立てるな。

445 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/28(土) 21:09:50 ID:mllvw4oY
えーとね、負帰還かけたアンプを無帰還派の人に「無帰還アンプだよ」と言って
聞かせるとたぶん無帰還アンプに聞こえる。負帰還派の人に「これ負帰還
アンプだよ」と言って無帰還アンプ聞かせると「さすが負帰還アンプはいい」と
言うと思う。要するに、差がわかる人なんてめったにいないし、いたとしても
ちょっとした嘘ですぐ耳がだまされてしまう。そんなもんだよ、ということ。

446 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/28(土) 22:43:46 ID:7H4ThcbN
データ持ってこいよ

447 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/28(土) 22:50:57 ID:HlARwK9q
口先だけの負帰還厨は自分で測定したデータ持って来いって言われたらdズラかよ。
さすが負帰還バカ一代www

448 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/28(土) 23:00:29 ID:+su5ypYT
みんな良いアンプ造ってねー

449 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/29(日) 08:27:33 ID:X9xJqDpz
スピーカーシステムの変な電気的レスポンスもオーバーオール負帰還で戻す事こそ正解、
何でもいいからアンプ出力端の波形(アンプ出力とスピーカーからのレスポンスの和)を
入力相似にすればいい、後はどうなろうと(SPがどんな動作しようと)知ったこっちゃ無い

なんて馬鹿丸出しの負帰還厨もいるけどな。
こういう負帰還カルトは「回路設計上の前後段相互作用」という初歩の初歩すら分かってない
ということだ罠。www

ただし、プリやフラットアンプまで無帰還マンセーいうヤシは痛いだけだけどな。

450 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/29(日) 09:49:57 ID:Z0PuWrIp
口先だけの無帰還厨は自分で測定したデータ持って来いって言われたらdズラかよ。
さすが無帰還バカ一代www

451 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/29(日) 13:40:18 ID:LkJD9tKv
アンプ出力とスピーカーからのレスポンスの和がどんな動作しようと知ったこっちゃ無いのが無帰還

452 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/29(日) 13:57:03 ID:gV1ZrP8k
   ∩___∩        
   | ノ,,_   _,ヽ   ???
  /  "゚'` {"゚` |       
  | ∪  ,__''_  ミ     
 彡、    ー    |     
/     ∩ノ ⊃  ヽ  
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


453 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/29(日) 19:56:43 ID:LwLXEuO+
口先だけの負帰還厨は自分で測定したデータ持って来いって言われたらdズラかよ。
さすが負帰還バカ一代www

454 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/29(日) 20:28:58 ID:gV1ZrP8k
   ∩___∩        
   | ノ,,_   _,ヽ   ???
  /  "゚'` {"゚` |       
  | ∪  ,__''_  ミ     
 彡、    ー    |     
/     ∩ノ ⊃  ヽ  
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


455 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/01(水) 23:10:34 ID:hup5K1uC
こういうのには反応しないんだな<粘着バカ2匹

456 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/02(木) 01:44:17 ID:D7uOHQYZ
やっぱ、発振気味だわ、このスレ・・・・。

457 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/02(木) 03:59:16 ID:DnhDYYmJ
口先だけの負帰還厨は自分で測定したデータ持って来いって言われたらdズラかよ。
さすが負帰還バカ一代www

458 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/02(木) 07:52:02 ID:8HPuIivK
   ∩___∩        
   | ノ,,_   _,ヽ   ???
  /  "゚'` {"゚` |       
  | ∪  ,__''_  ミ     
 彡、    ー    |     
/     ∩ノ ⊃  ヽ  
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


459 :窪田耕運機:2005/06/02(木) 08:00:55 ID:tPsNf+zJ
 負帰還厨房・無帰還厨のみなさん、おこんにちわ。
 《「トランジスタ技術について語るスレ」でウケなかったので再掲》

失笑(トラ技6月号p.213)

 負帰還で「応答速度が速くなる」?…んだそうで。
これ、典型的なシミュレータに遊ばれてる図ですね。
きっとこの方一度も「現物の」アンプなんて設計した
ことがないんだろうなぁ…。いいのか?講座なんて
やってて。

#「一庵堂」ヨタ・トークより天才。



460 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/02(木) 11:10:46 ID:GTbTNc1D
口先だけの無帰還厨は自分で測定したデータ持って来いって言われたらdズラかよ。
さすが無帰還バカ一代www

461 :ゴンザレス:2005/06/02(木) 17:37:24 ID:zXnjJHtg
おらズラじゃねーだよ

462 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/02(木) 21:23:52 ID:QtdjFhco
口先だけの負帰還厨は自分で測定したデータ持って来いって言われたらdズラかよ。
さすが負帰還バカ一代www


463 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/02(木) 21:32:08 ID:vPmFg/nr
で、音はどっちがいいの?

464 :ゴンザレス:2005/06/03(金) 08:36:30 ID:Kjh2C8vQ
音はどっちがいいかわかんにゃーけんど…下記のような事態が発生したら大変メーワクで困りまつ。

 新人「課長!今回の製品は大量の負帰還をかけて
 ちょー高速化を謀りました!」
 課長「…おめ何血迷ってんだ?負帰還かけて高速
 化なんてありえねーだろが!」
 新人「あれえ?課長ともあろうお方が知らないん
 ですか?ホラこれ、先月号のトラ技にちゃんと書
 いてありますよ!」
 課長「んーナニナニ、…をーホンマや、あんなに
 エラいセンセエの話なら本当に決まってるな、こ
 れはおじさん無知をさらけ出しちゃったな、反省
 反省」
(そのやりとりを見ていた部長が)「…喪舞ら、完
 璧にダマされてるぞ!窪田登司に聞いてみろ、そ
 んな迷信は大嘘だって怒られっから!!」
 (新人・課長声を揃えて)「え゛ー!それってあ
 の相マで有名なトンデモさんじゃないっすかー?
 とても信用できねっすよー!」

#中小・零細企業あたりで本当にありそうな低次
#元な設計者たちの会話。

465 :     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄○ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:2005/06/03(金) 22:44:26 ID:Y3pJdaHq
                  o 
                  ゚
              ヽ从/ 。
        ガバッ   ∧ ∧     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
             (゚Д゚;):. _ < はっ、夢か!!
            r'⌒と、j ミ ヽ \________
           ノ ,.ィ'  `ヽ. /
          /       i!./
           (_,.         //
          く.,_`^''ー-、_,,..ノ/
            `~`''ー--‐'

466 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/11(土) 21:34:21 ID:Hu4tTNT9
口先だけの負帰還厨は自分で測定したデータ持って来いって言われたらdズラかよ。
さすが負帰還バカ一代www

467 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/12(日) 09:10:38 ID:r488EtwH
   ∩___∩        
   | ノ,,_   _,ヽ   ???
  /  "゚'` {"゚` |       
  | ∪  ,__''_  ミ     
 彡、    ー    |     
/     ∩ノ ⊃  ヽ  
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


468 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/14(火) 22:54:24 ID:IKbojuEJ
>464
>相マで有名なトンデモさんじゃないっすか
ってどいうこと?


469 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/14(火) 23:13:36 ID:hD4UgceE
>>468
ttp://www.big.or.jp/~isaacrc/superscience/kubota/

470 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/14(火) 23:54:20 ID:IKbojuEJ
>>469
あの本書いたのこの人だったのか知らなかった。
いろいろ主張しれる割にはなにも画期的な発見がないんだね。
否定してる暇あったら重力子の発見でもしてくれよ。

で「負帰還で「応答速度が速くなる」」ってのはどう考えても
間違ってんだよね?



471 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/15(水) 07:47:53 ID:7y88AFYi
聴感上のってことだったら有り得るかも。(聴く)人によるけどね。

472 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/15(水) 08:03:33 ID:UchK82ut
負帰還をかけるとfレンジが広がる。
ということは応答が速くなる。
こんなものはフィ−ドバック制御の常識。





しかし、だからといって音が良くなる訳ではない(w


473 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/15(水) 08:41:14 ID:r4kiBGcF
f特が広がって応答が速くなるっていう話にけちをつけてるヴァカもいるけどな。

474 :名無しさん@お腹いっぱい:2005/06/15(水) 09:36:43 ID:qgj8IRAh
>>472
音源そのものの質が良くなるわけではない。

475 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/15(水) 11:21:08 ID:QplnMH6F
口先だけの負帰還厨は自分で測定したデータ持って来いって言われたらdズラかよ。
さすが負帰還バカ一代www


476 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/15(水) 14:31:46 ID:fVnF9y5o
そもそも応答が速くなるってなにだ?SR(スルーレート)のこと言ってるのか?
普通フィードバックでSR下がるだろ?



477 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/15(水) 15:11:59 ID:r4kiBGcF
fレンジが広がるので立ち上がり時定数が改善されるのだ。

478 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/15(水) 15:12:22 ID:r4kiBGcF
応答でSRしか思い浮かばないヴァカもいるけどな

479 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/15(水) 20:33:16 ID:NVvEMwat
>>476
>SR(スルーレート)
>SR(スルーレート)
>SR(スルーレート)
>SR(スルーレート)
>SR(スルーレート)
>SR(スルーレート)
>SR(スルーレート)
>SR(スルーレート)
>SR(スルーレート)


(´∀)ゲラ(´∀`)ゲラ(∀`)
俺より英語弱い奴居るんだなwwwwwwwwwwwww

480 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/15(水) 20:36:41 ID:4fI745A9
SR=Slew Rateがなぜ(´∀)ゲラ(´∀`)ゲラ(∀`) なのだろう・・・




















あっ、わかった、>>479はThrough Rateだと思ってたwww

481 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/15(水) 20:38:01 ID:NVvEMwat
>>480
恥の上塗り乙w

http://www.google.co.jp/search?sourceid=navclient&hl=ja&ie=UTF-8&rls=GGLD,GGLD:2005-20,GGLD:ja&q=%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%97%E3%80%80Through+Rate

482 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/15(水) 20:43:21 ID:4fI745A9
>>481
恥の再上塗り乙w

http://www.google.co.jp/search?sourceid=navclient&ie=UTF-8&rls=GGLD,GGLD:2005-08,GGLD:en&q=%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%97%E3%80%80slew+rate

483 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/15(水) 20:44:45 ID:r4kiBGcF
>>479=>>481
(´∀)ゲラ(´∀`)ゲラ(∀`)

ホントに英語に弱い奴だな模舞は(プゲラッチョ

484 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/15(水) 20:46:01 ID:HfUE7qoK
>>479-483
ジサクジエン乙

485 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/15(水) 21:37:17 ID:5fw0G9Bs
>>482-483

(ノ∀`)アチャー

486 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/15(水) 22:05:32 ID:7y88AFYi
負帰還かけるとfレンジ広がるんだ。初耳だ。

487 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/15(水) 22:06:43 ID:HfUE7qoK
>>486
見かけ上は確かに広がる

488 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/16(木) 00:07:20 ID:8GZW4zbC
音は帰還かけたら良くなる場合と、悪くなる場合があるよな。アンプの静特性
だけでみても音はわからない。SPも含めて調整するんだがな。真空管時代は
SPによって帰還量を調整していたものだが、最近そういうの見ないね。

489 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/16(木) 08:53:40 ID:NPjFgaj9
性特性ってなに?

490 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/16(木) 14:26:44 ID:LfO1Dr/F
>>489
感じるツポが違うんだよ。

491 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/16(木) 19:25:42 ID:4LE3lR7A
口先だけの負帰還厨は自分で測定したデータ持って来いって言われたらdズラかよ。
さすが負帰還バカ一代www

492 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/16(木) 20:07:52 ID:kHvDJo75
   ∩___∩        
   | ノ,,_   _,ヽ   ???
  /  "゚'` {"゚` |       
  | ∪  ,__''_  ミ     
 彡、    ー    |     
/     ∩ノ ⊃  ヽ  
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

493 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/16(木) 21:09:25 ID:rHy3uiqA
俺『ぎゃはは〜!正月じゃ〜!飲めー!』
妹『もーーまだ16やけん飲めんってー。』
俺『うそこけーぼけー。コンパやらで飲みよろーがー!』

すっかり酩酊気味の妹。
船盛りのアワビの殻を手にとり自分の股間へ・・・そして

妹『あわび!』
俺『え・・・おい・・やめろって』
妹『あわび!生あわび!』
俺『親父ひいてるって・・・』
妹『あわび!踊り食い!』
俺『おい!マジで?やめろって!』
妹『あわび!超あわび!』
俺『オフクロ笑うな!調子のるやろが!』
妹『密漁!あわび!密漁されまし〜た〜ぁ!』
俺『やめろってー!!』

494 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/16(木) 21:12:57 ID:ry55lsMk


私『あはは〜!正月だ〜!飲めー!』
弟『もーーまだ16だし飲めないってー。』
私『うそつくなーぼけー。コンパとかで飲んでるでしょーがー!』

すっかり酩酊気味の弟。
盛り合わせのウィンナーを手にとり自分の股間へ・・・そして

弟『ウィンナー!』
私『え・・・ねえ・・やめなさいって』
弟『ウィンナー!生ウィンナー!』
私『父さんひいてるって・・・』
弟『チョリソー!少し辛い!』
私『おい!マジで?やめなさいって!』
弟『ウィンナー!超ウィンナー!』
私『母さん笑わない!調子のるでしょ!』
弟『肉棒!ウィンナー!実はポークビッツでし〜た〜ぁ!』
私『やめなさいってー!!』

495 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/16(木) 21:14:26 ID:FmJ+1Op8


父『ぎゃはは〜!正月じゃ〜!飲めー!』
俺『からむなよ。16だから飲めないって。』
父『うそこけーぼけー。コンパやらで飲みよろーがー!』

すっかり酩酊気味の父。
残り物のフランクフルトを手にとり自分の股間へ・・・そして

父『フランク!』
俺『え・・・おい・・やめろって』
父『フランク!生フランク!』
俺『ばあちゃんひいてるって・・・』
父『皮かむり!アメリカンドック!』
俺『おい!マジで?やめろって!』
父『フランク!超フランクフルト!』
俺『オフクロ泣くな!やめさせるから!』
父『リストラ!無職!肩叩かれまし〜た〜ぁ!』
俺『やめろってー!!』


496 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/16(木) 22:24:19 ID:53+ivse+
↑の3つ!! このスレに相応しい!

497 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/20(月) 23:01:46 ID:Zij1n1k3
負帰還厨は言う。
大量の負帰還をかけて周波数特性とダンピングファクタを改善し、スピーカーを強力に制御することのどこが悪いのかと。
無帰還派は素人で糞耳だと。

ところが、
それは純抵抗負荷で有効な理論であって、
複雑なLC成分を有し電圧と電流の位相が異なる実システムでは事情が異なるわけだ。
スピーカー端子間の電圧を、いくら歪なく強引に入力信号に比例させたとしても、
電流が電圧とずれてしまうため、地際のスピーカーからは、別の音圧波形が現れる。
スピーカーが空気を押す力は、磁界と電流の積で発生するためである。

498 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/20(月) 23:02:29 ID:Zij1n1k3
だから、
音響メーカーは、
出力素子を何個もパラにして、電流と素子内部抵抗による相互作用を減らそうとしたり、
電流帰還を併用したり、とんでもなくでかい電源を着けたり、
必死で工夫して、
高額な負帰還アナログアンプを製造している。
おかげで、スピーカーとの相性がどうだのという、クセの強いアンプとなる。

電圧負帰還が万能であれば、そんな努力は不要のはずだ。

499 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/20(月) 23:06:01 ID:Zij1n1k3
まあ、いい。時代はすでに終段無帰還のデジアンなのだから。

必要な電力を、時間軸で正確に切り出して、ダイレクトにスピーカーに伝える。
電源の能力とスピーカーの素性を100%引き出す。
アンプの理想はここに結実した。

500 :名無しさん@お腹いっぱい:2005/06/20(月) 23:14:08 ID:mLGuEyAO
>>499
超ド素人。

501 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/20(月) 23:16:40 ID:Zij1n1k3
だから、これからの勝ち組オデオファンは、

高額な半導体アナログアンプを買う代わりに、

優秀な録音、音楽性豊かなCDやDVDソフト、
気に入った音質とデザインのスピーカー、
音色とヒータの風情を楽しむA級直熱真空管アンプに投資して、
人生を楽しむのである。

502 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/20(月) 23:20:38 ID:AMXZo0Cd
>>497
ドアホ!
> いくら歪なく強引に入力信号に比例させたとしても、
> 電流が電圧とずれてしまうため、地際のスピーカーからは、
> 別の音圧波形が現れる。
無帰還ならそれができるのか?
説明して欲しいもんだ。

503 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/20(月) 23:53:07 ID:Zij1n1k3
歪率0.001%の、半導体高負帰還アンプは世間に山ほどある。
300万円のアンプも実売3万円のアンプも、実際その点は大差ない。

しかし、実際のスピーカーを繋いで見ると、アンプによって大きく音が変わってしまう。
スピーカーの歪率なんて、数%から数十%に及ぶと言われている。
アンプの歪は比べてはるかに小さく、無視できるはずなのに。

なぜか?
それが負帰還の限界だからだ。

古くから、「音が引っ込む」とか、高帰還の弊害はいろいろ言われている。
電圧を「正しく」しようとすることによって、かえって
実際にスピーカーを駆動している電流の振幅、収束の過程を捻じ曲げている場合があるからだ。

アンプ外のスピーカーシステムやケーブルの抵抗、LC成分と、
アンプ内の出力素子、電源、負帰還回路の組み合わせ相互作用で、
実際に空気を駆動する電力が、大きく変化してしまう。

その問題を解決しようとして、
アナログ負帰還アンプは、大きく、重く、複雑で、どんどん高価なものになっていく。

504 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/20(月) 23:55:51 ID:IHV5dBHL


音を悪くする可能性を排除したいだけだ。


位相補正でコンデンサ入れたりコイル入れたり、

さらにそれの補正のために・・・・



何で負帰還が必要なのか、明確に説明出来ないで、

逆に説明を求めたり・・・・・




505 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/21(火) 00:53:53 ID:+pLe1Knv
終段無帰還のデジアンに、

入力信号として、単発サイン波を入れたとする。
1bit増幅回路は、時間軸で必要な分だけスイッチをONする。
適切な電源であれば、その能力は高い効率で発揮され、
性能の良いローパスを通れば、実用上十分に正しい波形をした電流が、スピーカーに流れる。
入力信号が消えれば、電流の流れはOFFになる。

適切な設計がされたスピーカー、残響の美しいリスニングルームであれば、
空間に放たれた音の波形は、スピーカーやルームの機械的音響的特性に従って、自然に収束していく。

506 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/21(火) 00:55:57 ID:+pLe1Knv
高帰還のアナログアンプに、

入力信号として、単発サイン波を入れたとする。
アナログ増幅回路は、素子のひずみを電圧帰還で必死にかばいながら、電流ををスピーカーに流す。
それでも素子の内部抵抗による発熱で、電源の電力供給能力は大幅に殺がれてしまう。
残った電力で、重いダンプの効いたコーン紙や、ホーンやダクトの空気を駆動するのだ。

アンプとスピーカーの組合せのループ特性がよければ、
実用上十分に正しい波形をした電流が、スピーカーに流れる。しかし
入力信号が消えても、位相のずれた電流の流れを止めるどころか、逆に流れてしまう。
回路途中のスピーカ端子間の電圧さえ0であれば良いからである。

おまけに、負帰還回路は、
スピーカーからの逆起電力電圧を感知し、とにかく押さえ込もうと負の信号を発生させるが、
やはり同様の理由で理想どおりうまく働かない。

リスナーは、発生する音に不自然な圧迫感を覚えることも多くなる。

結局、スピーカーとアンプの相性を追いかけながら、マニアは大金を注ぎ込んでいく。

507 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/21(火) 00:58:41 ID:6HsQP69S
デジアンの電源回路自体が強い負帰還のかかったアンプだと言う事実は何処に入るのだ?

508 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/21(火) 01:12:58 ID:nelZGtX/
http://kakaku.com/bbs/imode5.asp?id=3836021&prd=PMA%2D1500RII&m=96&i=204830&cd=2048&topcd=4&sp=0&sp2=&tabno=

509 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/21(火) 01:13:02 ID:+pLe1Knv
定電圧回路の負帰還と、入力信号系への負帰還は、同一視すべきではないし、
電圧増幅回路の負帰還や、
回路の安全性、動作安定性を確保するための一定以内の負帰還も、必要である。

問題なのは、
スピーカー(+Boxやホーン、部屋の音響特性も含む)と、増幅素子回路と、入力信号系の相互作用を伴う負帰還である。

ま、デジアンに限らず、定電圧回路の音色を嫌って、
トロイダルトランスやらチョークコイルやらを使うアンプもあるが。

510 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/21(火) 01:22:03 ID:wHOSh/Ti
799 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2005/06/11(土) 21:29:30 ID:C2UqgZjS
http://www.soundstagemagazine.com/measurements/flying_mole_dad_m100pro_ht/
アナログ帰還で稼いだダンピングファクタ
帰還の浅い高域ではネットワークのインピーダンスに振られてf特がうねる。
アナログ帰還を使えないフルデジは更に悲惨になるのか。
スピーカーの粗を出す?
ドライブしきれてないだけではw

801 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2005/06/12(日) 01:35:23 ID:tUCIbgQm
>>799
心配する必要はない。部屋のせいでf特は凸凹になってるから。左右の
スピーカでも凸凹の程度が異なる。まあ部屋の影響は一番大きい予感。

806 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2005/06/12(日) 13:36:44 ID:mfsmDUw6
>>801
スピーカーのインピーダンスは印加電圧でも変動するからな。
利得がフラフラしていても問題ない?
直接波のリニアリティさえどうでも良いのなら
アンプを選択することに何の意味があるのだろう。

822 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2005/06/14(火) 00:11:23 ID:KFzAOyd9
無負荷時の高域上昇なんかどうでも良いのさ。
問題は水色のカーブ。
人間の聴覚が一番敏感な4kHz付近で・・・


511 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/21(火) 01:22:19 ID:6HsQP69S
電流と電力の供給源の電源回路は切り離せる存在ではないとは思うが。
スピーカーの電源回路はアンプなのだから。

512 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/21(火) 01:22:55 ID:nelZGtX/
>>506
妄想乙

513 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/21(火) 01:27:27 ID:nelZGtX/
>>509
電源とスピーカーの関係を等価回路からで勉強し直した方が良いんじゃないかな。
余った電力…表現が既におかしい。

電波入ってるし、ここはデジタルアンプ対アナログアンプスレじゃ無いし。

514 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/21(火) 01:42:19 ID:+pLe1Knv
>>510 これはローパスフィルタの特性だな。

うねっているように見えるが、赤線のグラフはSP端子間開放時の電圧特性だし(実用上ありえない)、
8Ω抵抗負荷、ダミーSP負荷共、20KHzで+-1db以内の特性に収まってる。


ほとんど可聴帯域外のローパスのうねりを気にして、あえて負帰還を追加するデジアンも一部にあるようだが、

ほとんどのデジアンメーカーは、利益よりも弊害を気にして無帰還にしている。


515 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/21(火) 01:49:40 ID:6HsQP69S
そういや、げんこつユニットが付いてたTV が有った様な気がする。
どのテレビだったんだろう・・

516 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/21(火) 01:50:14 ID:+pLe1Knv
電源から供給された電力が、
増幅素子の内部抵抗による発熱と、スピーカーの駆動(というか発熱も多いが)に、
分けて消費されるわけで、

この点からも、負帰還アナログアンプよりデジアンのほうが有利である。
同じ電源であれば、明らかにデジアンのほうがスピーカー駆動力が高い。

517 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/21(火) 01:51:08 ID:6HsQP69S
ごめん、ミス↑ スルーしてください。

518 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/21(火) 01:53:15 ID:6HsQP69S
あちゃー。517は515に対して、です。上の人ごめんなさい。

519 :名無しさん@お腹いっぱい:2005/06/21(火) 02:12:11 ID:cjvRc4P4
>>509
等価回路を書いて勉強しな。

520 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/21(火) 12:18:22 ID:MO51asUr
口先だけの無帰還厨は自分で測定したデータ持って来いって言われたらdズラかよ。
さすが無帰還バカ一代www

521 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/21(火) 22:37:51 ID:OHrxeO8o
>>519
定電圧回路の先にも平滑コンデンサ入れてみたら?
で、そのスピーカー込みの等価回路がどうなるのか教えてよ。

522 :名無しさん@お腹いっぱい:2005/06/21(火) 22:55:08 ID:cjvRc4P4
>>521
その前の柱上トランス・送電線・その他の接続された機器も含めて?

523 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/22(水) 14:05:38 ID:rtxotpPC
また変なのが出てきたな。
要するに、アンプの出力端子は責任分界点なんだよ。
ここまでは正確な信号を出しておくから、あとはSPの好きにしてね、って。
ところがSPってのは歪みが多いから忠実な音波を出力できない。
で、アンプで早い話イコライズする。
イコライズした結果いい音になればそれでいいんだよ。
トータルでいい音になるか、アンプとSPで動作を切り分けていい音に近づけるか。
人それぞれってこった。

524 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/22(水) 14:16:28 ID:l+uw2Xgq
じゃ測定したデータよろしく。

525 :名無しさん@お腹いっぱい:2005/06/22(水) 14:32:25 ID:njcJUQmF
>>523
スピーカーの側で歪みや逆起電力を減らす事を考えたら?

526 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/22(水) 19:54:29 ID:Yh1mg2LK
>>525
そんなのユニットの仕組みから変えないとダメじゃないの?

負帰還で荒れて減衰した低音や高音がある程度補正できるんだから
それはそれで良い物だと思うけど
負帰還掛けるとなんだか全体的に大人しくなるっちゅうか
張りとか艶みたいなのが無くなる気がする。
その時々々でどっちも良いんだけどね。

527 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/22(水) 21:24:36 ID:rtxotpPC
>>524
   ∩___∩        
   | ノ,,_   _,ヽ   ???
  /  "゚'` {"゚` |       
  | ∪  ,__''_  ミ     
 彡、    ー    |     
/     ∩ノ ⊃  ヽ  
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


528 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/22(水) 23:17:31 ID:NpVobDkw
負帰還厨は、まともに反論できずにトンズラかよw

529 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/22(水) 23:29:41 ID:l+uw2Xgq
スレタイ見ると逆だが・・・
dズラは無帰還厨じゃねぇかぁ?

530 :名無しさん@お腹いっぱい:2005/06/23(木) 00:03:44 ID:HiWRP+zL
>>526
元々の入力された信号通りの音ではないの?
負帰還を掛けると電源の強弱がまともに出るね。
無帰還の場合はデフォルメされた音になる。


531 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/23(木) 00:20:12 ID:bvYOPQFi
だめだこりゃ

532 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/23(木) 01:28:03 ID:i3pPK4+U
無帰還派の方に質問です。
個人的にはフォロワも局部帰還なので帰還の一つだと思います。フォロワという回路を
使う事自体意図的に帰還をかけているように思えます。自分で回路を考えていると
余計にそう思います。
普通に無帰還だと思うのは終段多極管等電流出力アンプといわれるものだと思っています。
主にループ帰還で位相が90度以上回りうる事で、容易に発振したり
不安定になりやすいのが問題にされているように思いますが、素子の
浮遊容量で位相が回るのと、意図的にCで位相をコントロールするのと
どのあたりが違うのか、何をもって無帰還としているか、
ご意見を聞かせていただければと思います。

533 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/23(木) 07:09:11 ID:mwwQCW6m
>>532
 過去の書込から。
「通常この世界で「無帰還」というのは、オーバーオールなAC負帰還(出力段から初段へ)が
ない構成のアンプを言う。これが一般的。」
 昔からこのようなアンプは「無帰還アンプ」と呼んできている。動作的にNFBと等価だからといっ
て、エミッタフォロワ、ソースフォロワ、カソードフォロワ、局部帰還などはNFBと呼ばないのが普通。

>普通に無帰還だと思うのは終段多極管等電流出力アンプといわれるものだと思っています。
 揚げ足をとるようで申し訳ないが、電流出力アンプでも動作を安定化するために局部帰還を
使っている例が多い。局部帰還をNFBと主張するのであればだが、矛盾することになる。
 ウィルソンタイプのカレントミラーを使っている場合は明らかにNFB

>主にループ帰還で位相が90度以上回りうる事で、容易に発振したり
>不安定になりやすいのが問題にされているように思いますが、素子の
>浮遊容量で位相が回るのと、意図的にCで位相をコントロールするのと
 浮遊容量とは電極間容量のこと?
 無帰還アンプの場合は、局部的な発振と、入力抵抗−電極間容量による周波数特性の
変化(上限)に気をつければよいのであってアンプ全体の位相は気にしなくてよい。
 NFBアンプの場合は、スタガー比を確保するために位相補正が必要


534 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/24(金) 16:01:07 ID:XioNkTrY
>>532
>普通に無帰還だと思うのは終段多極管等電流出力アンプといわれるものだと思っています。

よく分かってないアホの初心者クソ。オーバーオール無帰還でなおかつ局部帰還すらも一切使ってない
オデーオ球アンプなぞあるものなら具体的に例示してみ。
たとえばPPドライブの主要方法のひとつPK分割位相反転なんてのは100%の局部電流帰還、エミフォロ・
ソースフォロと同じ動作の活用。
また、めずらしくまともな音を出す巨大球アソプなんでよく見たら、アーラ巨大出力管を高価3極管のカソフォロでドライブしてた
なんてのもよくある話。
つーか、球アソプの方こそ無帰還(オーバーオール無帰還)でマトモな音のアンプなんてほとんど見られないんじゃないか?
その証拠に今でも真似したがるヤシが絶えない名機(exマランツ8B、WE91−B、リークTL12、クオードU、ダイナコMKWetc.etc.)
なんてみんな揃いも揃ってオーバーオール負帰還アソプじゃんか。
だから、雑誌のトランジスタ無帰還パワーアンプの製作記事にあった、
「トランジスタは裸の特性が真空管より良好なので無帰還でも十分な特性が期待できる...
無帰還パワーアンプに最適な素子はトランジスタ...トランジスタは裸の特性が劣っている
から負帰還が必須というのは大いなる誤解...」
というのは一面の真理かもね。



535 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/24(金) 16:37:15 ID:g5QmRU6u
>普通に無帰還だと思うのは終段多極管等電流出力アンプといわれるものだと思っています。

書かれた意味が多少不明なんだが、
終段多極管で無帰還つうのは、昔の5球スーパーのラジオや電蓄(42なんかが付いてた)
の類で、低域盛り上がりのボンボコ音として安モン音の代表のような扱いだったがね。

無帰還派がどうのこうのいってるアンプは、
2A3などの3極管を、オーバーオールNFB無しで使ったアンプのこっちゃないの?

150 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)