2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

中山ミキと井出国子について

1 :本当にあった怖い名無し:04/08/05 14:50 ID:Em+UgOnk
芹沢光治良先生の著書には井出国子は病人を治療したり
柱に手を触れるだけで家を揺らしたり、千里眼みたいな神通力があったと
実際に体験した形で描かれていて、かなりびびった記憶がありました。
それに井出国子に中山ミキが憑依していたというのは本当なんでしょうか?

この二人の話を詳しく知ってる方はいらっしゃいますか?

2 :本当にあった怖い名無し:04/08/05 14:51 ID:Em+UgOnk
あと天理教の話云々についてするつもりはありません。

3 :本当にあった怖い名無し:04/08/05 15:02 ID:Em+UgOnk
ttp://www6.plala.or.jp/gyouriyama/page017.html
井出クニ(写真あり)

4 :本当にあった怖い名無し:04/08/06 19:39 ID:VWbIRoci
萎え

5 :本当にあった怖い名無し:04/08/06 20:31 ID:vi/xi920
age

6 :本当にあった怖い名無し:04/08/06 20:43 ID:pgIl1N/a
>>1
参考書紹介
「天理の霊能者」豊島泰国 インフォメーション出版局


7 :本当にあった怖い名無し:04/08/06 21:14 ID:nZ6x2Kzp
芹沢光治良の 神の微笑 ってのが文庫本になってたので
買ってきて読んでみてます。芹沢文学はじめてなんですが、なんか、スゲーおもしろいです。

8 :本当にあった怖い名無し:04/08/06 21:18 ID:vi/xi920
>>7
人間の運命もいいですよ。


9 :本当にあった怖い名無し:04/08/06 21:38 ID:tL2x8S2d
神シリーズって「神の微笑」以降も新潮文庫で続けて出るのかな?
続けて出てくれるんなら読みたいけど。

10 :本当にあった怖い名無し:04/08/06 23:31 ID:nZ6x2Kzp
実に興味深い文学者だなあ
文庫で、彼の文学と語れるのは
きっと愛のはからいなのだろうなあ

11 :本当にあった怖い名無し:04/08/08 21:30 ID:pjEtc97C
あげてみる。

12 :本当にあった怖い名無し:04/08/08 23:27 ID:IsptUd96
大自然の夢には感銘を受けました。


13 :本当にあった怖い名無し:04/08/08 23:42 ID:0vM/Jum5
親神さまの せきこみか〜い?
age
>>11
で、赤衣のおかたは元気なのかな〜?
伊藤君に会ってみたいような気もするような・・・

14 :本当にあった怖い名無し:04/08/09 00:08 ID:/Z4IB8Dv
実際伊藤青年と井出国子じゃ全然格が違う気がする。


15 :本当にあった怖い名無し:04/08/09 00:12 ID:thAqr8XC
それは、そう思う。
でも、存命のみきのことばを聞いてみたいような気が・・・
て、ひょっとして、漏れにも語ってくれる可能性
なきにしもあらず
って、とこ?ひょっとして。
いちれつ すませて
きくものには きかせてとくでよな
って時代か?

16 :本当にあった怖い名無し:04/08/09 00:18 ID:/Z4IB8Dv
存命のみきの言葉はたしかに聞いてみたい。
でも井出国子はどこに行ったんだろう…。

みきが存命のみきとなったのなら、
井出国子も存命のくにとなってもおかしくないと思うんだけど。

17 :本当にあった怖い名無し:04/08/09 00:23 ID:thAqr8XC
みきが、復活のみきとして、井出国子になってあらわれたのち、
存命のみきとして、伊藤君のからだをかりて語ったり
芹沢光治良の前に、赤衣であらわれたりでいいんじゃないかなあ?
で、ひとびとの こころにかたりかけてくることもあってもいいじゃないか
とも思ってるんだけどね。
>>16

18 :本当にあった怖い名無し:04/08/09 00:31 ID:/Z4IB8Dv
>>17
なるほど、井出国子が生まれた時にはみきも生きていたはずですけど
井出国子の魂はみきと共にあるのかもしれないですね。

芹沢先生の教祖様を読みました。
本来の親神の教えの奥深さというものを感じました。

19 :本当にあった怖い名無し:04/08/09 00:37 ID:thAqr8XC
みき自身も、生まれた時から神のやしろであったわけではないですから
井出国子の人生のある地点から、やしろにされたとしてもおかしくはないですね。
伊藤君や芹沢さんのような場合は、やしろにはなさってませんから
格がちがうとおっしゃるのも、よくわかりますよ。
今、親神さま=ヤハウェ=アッラー=イエス
名前はなんでもいいんですが
そこからのメッセージが何を教えてくれているかが重要だと思います。

20 :本当にあった怖い名無し:04/08/09 00:47 ID:/Z4IB8Dv
イエスと親神は違うんじゃないですか、少なくともみきと同格ではないのでしょうか?

たしかに神の名前とかみきが起こした奇跡よりも神のメッセージを尊ぶべきだと思いますね。


21 :本当にあった怖い名無し:04/08/09 00:52 ID:thAqr8XC
そうでしたね。みきに降りた者と、イエスに降りた者が同じだという
ことですよね。
みきに降りた者は、大本や、金光、黒住、そして日月にも降りたという
話も、どこかで読んだ気がするのですが、
ともあれ、メッセージですよね。やはり。

22 :本当にあった怖い名無し:04/08/09 01:07 ID:/Z4IB8Dv
そんなにたくさんの人間に降りていたのですか
たしか大本については芹沢先生は批判的でしたが
神がかり自体は信じていた感がありますね。

ますます伊藤青年に存命のみきの話しを取り次いでもらいたくなってきましたw



23 :本当にあった怖い名無し:04/08/09 04:22 ID:mTnqTCqY
こんなスレがオカ板に立つとは思わなかった。
私も「神の微笑」の文庫で初めて芹沢さんを知りました。
ネットオークションとネットの本屋を巡り続けて、なんとか神シリーズの8冊を全て手に入れました。
巡りすぎて、ほぼ2冊づつ集まっちゃたよ。どーしよー。
残るは「文学館」に収められている絶筆の分だけなんだけど、
「天の調べ」がかなりモウロクしている感じだったんで躊躇してます。
でもすごい人だよね。テレビに出ている霊能者なんてアホ臭くなるくらいだ。
関係ないけど、と学会の人達は芹沢さんをどう見ているんだろう。

あ、中山みきさんと井出国子さんのスレでしたね。すいません。でも芹沢さんの話も聞きたいです。

24 :本当にあった怖い名無し:04/08/09 16:30 ID:IlTVJjxv
芹沢先生抜きに井出国子を語るのは難しいので芹沢文学について語っても良いと思いますよ。
神シリーズ自体芹沢文学の中で異端ですよね。
人間の運命では神という物に対し否定的というか絶対的な物理法則のような神の存在は認めていますが、人間が語る神については疑いを持っていたように思いました。
また宗教に捕われた人間を否定的にさえ考えているように思います。
あと僕は芹沢文学は霊能力は題材として用いることはあってもそれとは無縁だと思っています。

人間の運命、教祖様、パリに死すなどを読んで見るのをおすすめします。


25 :本当にあった怖い名無し:04/08/10 02:53 ID:qTIDZRBq
>>24
23ですが、私へのレスですか?ありがとうございます。
「人間の運命」と「教祖様」は読みました。
あとは「狭き門より」と「愛の影は長く」かな。
「狭き門より」は、芹沢さんの枕元に時々立った幽霊の語る話しを書いたと聞きましたが
(後年、芹沢さんなりに幽霊ではなく自分のアニマが現れたのだと納得されてたみたいだけど)
一応、昔から超常体験はされていたようですね。
それでも90歳前後になるまで、それらを否定し続けたなんて頑固すぎ。
24さんのおっしゃるように、宗教にとらわれた人間を否定していた、つまり
実父を否定し続けていたのかなって思います。本当にオヤジさんにムカついて
たんですね。

ところで、このスレの上にあるけれど、井出国子さんには中山みきさんが入っていました?
中山、井出の両氏にコンタクトしてきたのは「天の将軍」「天理の王(神)」
だと書いてあったように記憶しているけど、記憶違い?

26 :本当にあった怖い名無し:04/08/10 08:43 ID:7lPQ8uu4
>>25
人間の運命の第十巻(文庫版では五巻)で井出国子が
「……天理教の教祖さんが、天理教を助けてくれ、
 三十年祭には神が表に現れると約束したのだから、
 三十年祭に天理教本部へ行ってくれと、毎日たのんでね。
 私は教祖さんに会った事もないのに、
 毎日泣いてお頼みになって…」

芹沢先生の周りには宗教にとらわれた人が多いですね。
兄の真一さんとか実父とかいろいろ…。

27 :25:04/08/10 11:48 ID:qTIDZRBq
>>26
そこの場面は、確かに中山みきの霊に、天理教に行ってくれと頼まれているけれど、
同じところのすぐ後で、井出国子が教祖殿で取り次いだのは
「ほんとうの神、実の神です」と言っているので、
中山教祖からのコンタクトはあったにしても、井出国子を実際に指導していたのは、
中山教祖に現れたのと同じ、その”実の神様”ってやつでしょう。
十三巻(文庫7巻の16ページ)では、森次郎の兄が井出国子を天理教の教祖のように
言っているというのを受けて、「森さんはそんなことを言いなさるかね、
天理教の教祖ではありません二代目教祖だなどと言うものもあるけれど…」
と、断言しているし。

>芹沢先生の周りには宗教にとらわれた人が多いですね。
>兄の真一さんとか実父とかいろいろ…。

芹沢さん自身が「光のヨハネ」ですしねw(いや、笑っちゃいけないんだけども)
そういう風に準備されていたんでしょうか。
私は最晩年の芹沢さんを指導していた「天の将軍」の正体がソクラテスだというのが
最高に受けました。俳句の下手なソクラテス…。
芹沢文学ってある意味毒ですね。私も宗教否定派なんですが、読んでいると
ついつい引き込まれてしまいます。

28 :本当にあった怖い名無し:04/08/10 13:56 ID:7lPQ8uu4
>>27
僕は井出国子も中山みきも神の思いを伝える為に生まれ、
修行してきたので天理教の教祖という小さなものになるのではなく
人類の平和とかを追求するために努力してきたので教祖ではないという意味で
言ったのだと思いました。

光のヨハネはすごいですよね。
キリスト教の人に何も言われないのかなw
僕も無宗教な人間ですが、芹沢文学に引き込まれてしまいました。

一度、井出国子の朝日神社に行ってみたいと思っております。

29 :本当にあった怖い名無し:04/08/10 22:21 ID:KeZoJuVl
このスレ 研究の価値ありと見た

30 :本当にあった怖い名無し:04/08/10 22:26 ID:oC5474mW
↓宗教板にこんなのありました。参考にどうぞ。

大徳寺昭輝さん
http://life6.2ch.net/test/read.cgi/psy/1054423799/l50

31 :25:04/08/10 23:45 ID:qTIDZRBq
>>28
確かに二人のスタンスは、あくまでおっしゃる通りだったし、
芹沢さんもそこのところを強調して何度も書いていると思います。
ただ、あのシーン(文庫7巻の16ページ)は単に中山みきとは別だと
言いたかっただけじゃないかな、と私は理解しました。
今のところ私の読解力がそこまでということで勘弁。

私は湯河原に行ってみたいんですが、私の住んでいる場所からは遠いし、
ネットで調べて見ると18日には500人くらい集まると書いてあったりしたので、
いまだに行けないままです。伊藤青年(現中年)の「幸長」は読みましたが、
いまいち頼りない感じですね。

32 :本当にあった怖い名無し:04/08/11 01:00 ID:+lKb/6iQ
>>31
たしかに伊藤青年は頼りない感じがしますね。

僕は伊藤青年は本当に親神やみきが降りているか疑問があります。

井出国子が神はもう世に現れないと予言しているので(文庫7巻のp20)
伊藤青年には何も降りていないのではないかと思っています。
贋の教祖や贋の神さんがといっていますが、
その中に伊藤青年が入っているような気がしてなりません。

そのことも踏まえて伊藤青年に一度会ってみたいと考えています。

33 :本当にあった怖い名無し:04/08/11 01:53 ID:xaxMlX9D
ということは
わたしたち ひとりひとりが
こころの みみ を すませ
その声が おやなる おおいなる 存在からの声か
ききわけれなくてはいけません
なにが真実なのかではなく
誰が真実なのかではなく
人生の中で、あらゆるもののなから
真実をききわけれる それぞれの こころ  
この こころ を育んでいくことが大事なのです

34 :本当にあった怖い名無し:04/08/11 16:17 ID:44LDpA+P
>>32
そうなんですよね。中山みきや親神との通路を持っているにしては
どこかあやういんです、伊藤青年は。
でも、「贋の教祖や贋の神さん」とすると伊藤さんが芹沢さんに取り次いだ
中山みきと親神の言葉はすべてウソになってしまいませんか?
「天の調べ」だったかで、天才ジャックの霊が「彼はまだ”我”という尻尾がある」
というような事を言っていたので、神の社としては成長が甘いということじゃないかしら。
とは言っても、私は現在の大徳寺さんを知らないのでなんとも言えませんが…。
井出国子さんの言葉も、当時はそういう計画だったのかもしれないけど、
親神さんって、中山みきさんの寿命を25年縮めたりもしていたらしいし、
計画に沿って行動しているわけじゃなくて、臨機応変に動いているんじゃないかなと
思います。人間が言うことを聞かないからw

35 :本当にあった怖い名無し:04/08/11 23:01 ID:44LDpA+P
いま、ヤフオクで「神の慈愛」「神の計画」「天の調べ」が
500〜560円で売ってるよ。「慈愛」と「計画」が2冊で500円って
いうのもある。アマゾンのユーズドストアは高いけどね。
でも私は1500〜2300円で買ったから、なんか悔しい。悔しいぞ。

36 :本当にあった怖い名無し:04/08/12 11:38 ID:dsU0nGGY
>>34
僕個人としては伊藤青年には何も降りていないと思っているんです。
伊藤青年のサイトを見ましたが、本とかCDの販売やディナーショーとか旅行とか
正直「教祖様」に出てきたあのみきがついていてこんな活動をするのだろうか?
と疑問を持ってしまいました。
CDを作るにしても現代版みかぐら歌のつもりで作っているのであれば
歌詞を載せたり、音声を公開するはずですし
現代版お筆先のつもりで本を書いているのであれば、ネットで公開すると思うのです。
(まずそのくらいの意義がなければみきは歌を作らせないと思います)

もし仮に何か降りているとしても
みきではなく人間の運命に出てきた天使ローズぐらいのものと考えています。

本当にどうなのか一回会ってみたいです。
そして僕の予想を良い意味で裏切ってほしいと思っています。
>>35
僕は神シリーズは図書館で全部読みました。
人間の運命とパリに死すはリサイクル図書のコーナーに
偶然新品同様で全巻あったのでもらいました。

その値段は魅力的ですが、ヤフオクは使ったことないのでちょっと怖いです^^;

37 :本当にあった怖い名無し:04/08/12 14:59 ID:dsU0nGGY
>>34
神シリーズはあくまでも芹沢先生の作品だから
伊藤青年のみきや親神の言葉がウソであっても良いと思います。
僕は彼を創作の題材として用いただけだと思うのです。
だからといって作品がウソだとかでまかせだと言うのではなく
芹沢先生は物言わぬ神の意思に言葉を与えたと思いますし
作品自体は真実なのだと僕は思います。

38 :34:04/08/12 16:29 ID:wNMqgQWy
>>36
>伊藤青年のサイトを見ましたが、本とかCDの販売やディナーショーとか旅行とか
>正直「教祖様」に出てきたあのみきがついていてこんな活動をするのだろうか?
>と疑問を持ってしまいました。

もっともな疑問です。私もそう思ってます。
CDも一枚買ったんですが、「これが金貰って人に聞かせるものか?」と、遠い気持ちになりました。w
(私の趣味ではなかっただけなんでしょうけど)
でも、「教祖様」を読むと、中山みきの息子の善右衛門と娘の小寒が、それぞれ母親(と親神)の希望とは
違った行動を取るのを、みき自身は強く否定せずに、結局はするがままにさせていました。
何をしたらいいかは告げても、何をするかは本人達の意志にまかせていたから
大徳寺さんにも同じように自由にさせているという考え方もできます。
とは言っても、神の社に選ばれた時に、みきも大徳寺さんも「はい」と言わないかぎり、
生命の危険を感じるくらいに体調が悪くなったりしているので、
どこまでが自由でどこまでが強制なのかは、一般人のこちらには良くわかりませんが。
それよりも、善右衛門、小寒を例にあげるのは、二人の最後が悲しいものなので
大徳寺さんには申し訳ないですね。すいません。

>本当にどうなのか一回会ってみたいです。
>そして僕の予想を良い意味で裏切ってほしいと思っています。

それは私も同感です。この「うさんくさ〜」という気持ちを拭ってもらえたら嬉しいです。
ヤフオクの本は、古書店が出品しているのでかなり安全だと思いますよ。
楽天のフリマも利用すると、送料、手数料を入れても比較的安価で全作揃うと思います。ああ悔し-。

39 :34:04/08/12 16:55 ID:wNMqgQWy
>>37
>神シリーズはあくまでも芹沢先生の作品だから
>伊藤青年のみきや親神の言葉がウソであっても良いと思います。

37さんがそれで納得するのならそれでいいでしょう。
でも御自分を「実証主義」だと、何度も書いていた芹沢さんですから、
それがウソだとするのは切ないです。
それに私は一時、出版関係の仕事をしていたんですが、
万が一「神シリーズ」が完全にフィクションだとすると、
実在の人物を公的な出版物に登場させておいて、
読者から問われると住所を教えてもいたのですから
「あれはウソ」となると人権侵害や詐欺にもなりかねません。
芹沢光治良自身はあの本に書いた全てを信じていた。
芹沢光治良の作品を信じるかどうかは読者の自由。でいいと思います。

40 :本当にあった怖い名無し:04/08/12 23:44 ID:dsU0nGGY
>>34
言葉たらずでした。
先生がウソを創作したという意味で書いたのではなく
伊藤青年の口から出てきたみきや神の言葉が本当のみきや神の言葉でなくとも
(つまり伊藤青年の言葉自体を変えていないということ)
作品自体に神の意志というものを感じられるような気がしたのです。

そういえば僕が初めて神の微笑を読んだとき
既に人間の運命などを読んで先生を知っていたためか
何故か先生の遺書のように感じたことを思い出しました。

>>38
どうもありがとうございます。
ヤフオクでの古書の販売って信用できるんですね。
ちょっと買ってみようという気が起きました。
一円祭りとかニュース番組でやっていて、怖かったものですから^^;

9/5に大阪に伊藤青年がお話しをしにくるとのことで
僕もお話しを聞きに行きたいと思うのですが、お金がいるみたいです。
せめて値段だけは書いてもらいたいと思いました。
電話番号しか書いてないけどメールで問い合わせてもいけるのかなと思いましたが
明日一応問い合わせてみます。
1000円以内なら行きます!!!!(むりかなーw

41 :本当にあった怖い名無し:04/08/12 23:52 ID:dsU0nGGY
井出国子さんが生きていた時代の人で2chに書き込みするような人は
今はいないのかな。

井出国子の逸話とか知りたいです。
昔ムーで記事になったことがあると聞いたことがあります。
どんな記事なのかちょっと見てみたいと思いましたw

今見たらちょうどバックナンバーがないorz

42 :本当にあった怖い名無し:04/08/15 01:32 ID:2oduq368
かみさまから授かったからだやし
かみさまのおたすけとなるよう
日々明るく前向きに
人知れずとも はたらかせてもらって
ありがたいと感謝して 生きさせてもらえば

この人がスゴイと言う特別な人はおらんでもええんやと
理解させてもらってます

中山ミキであった方、井出国子であった方、芹沢光治良であった方
おつかれさまでした

そして、いまここを 生きさせていただいて
ありがとうございます。

19 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)