2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

霧島ケイの三角屋敷3

1 :名無しナナタン:04/07/16 14:13 ID:EqeXkXJ6
加門七海著書の事実を証していくスレである。

今は加門七海著、別冊宝島「現代怪奇解体新書」のミニ・レポートに
書いてあるには呪術を請け負う村があるといふ。
憑物.管狐等を使う村人が住む村...
今回は、この村を皆様の推理、検索、推論、見聞等で探し出してほしい。

>2ゲトすると...呪術られる。


2 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/16 14:16 ID:9cgGpFui
997

3 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/16 14:25 ID:EqeXkXJ6
うはー。
なんとか間に合った。
1000ゲトで次スレ誘導ってカコイクナイ?

>2
気をつけれよ。
呪術られるゾ

4 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/16 14:59 ID:aKxtnwoJ
皆さん乙〜

5 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/16 15:06 ID:tCpeSIK9
前スレ

霧島ケイの三角屋敷2.5【嫁稲荷の嫁さがし編】
http://hobby5.2ch.net/test/read.cgi/occult/1053494200/

6 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/16 18:37 ID:HTb7hFwp
>5
前スレ張り付け乙

さーて、焼けた神社が見つかった訳だが・・・
どーする?
村まで挨拶に行くかい?
これで良しとするかい?

7 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/16 21:18 ID:cEzo/gz1
呪術村の存在を確認せねばな。

本当に呪術村なのか?
どの系統の呪術が使用、伝承されているのか?
その村や近郊に伝わる、呪術関連の伝承。
現在の呪術師の様子
           ℮tc

 考えるべき事は山ほどあるな。
しっかし、見つけてくれたネ申、乙だ! 

8 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/16 23:27 ID:z8a/33DB
考えるだけにしておけよ。

村の人たちにも生活があるからな。
俺らヨソモノが興味本位で行って、引っ掻き回すだけ引っかき回して
帰っていったら気の毒だしな。

どの系統の呪術が使用・伝承って、外から見ても分からんと思うぞ。
それに誰が呪術師だと見極めるんだ?

とりあえず、警察を呼ばれるような真似はくれぐれもするなよ。

9 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/17 00:09 ID:ZSp/R47S
チー・ケ・、ヌソタシメ、ホセス熙ャ・ワ・ォ、オ、、ソ、ホ、ャオ、、ヒ、ハ、。」

10 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/17 00:23 ID:88N/3jfQ
ななたんレヴェルのインタビューくらいまでなら許されるんじゃないか?

或いは民俗学の学生の卒論で
呪術師に弟子入りとか。

呪術村で村民に恨みを買うような馬鹿な真似する奴、
まさか、いないだろうし。

まあ、常識の範囲内で。

11 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/17 21:56 ID:ZSp/R47S
前スレで神社に行ってきた者ですが、詳しい場所について書いてもいいのですか?
発見者の前スレ888さんが、微妙に場所をボカして書いてたのが気になって。

現地に行ってみていくつか気付いたことがあるのですが。

12 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/17 23:13 ID:cb2lD/QF
ぜひ、おながいします。

その間、前スレのまとめも、少ししておきますか。

13 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/17 23:15 ID:cb2lD/QF
874 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :04/06/16 15:35 ID:hjJlkq+9
では、別冊宝島415「現代怪奇解体新書」
『首都圏からクルマで2時間関東近郊に呪術村発見』加門七海 より要約とカッコ内抜粋
ただし、著作権の問題もあると思うので(全体の3分の1?の引用で問題発生?)
計算間違いなど、何か問題があればあぼーん宜しくです。

その1、
まだ、我等がななたんが、オカルト経験値浅き頃のお話。

ななたんが土佐に訪れた時、現代を生きる呪術、いざなぎ流の話をすると
「それがどうした」という反応。
・・・・・・!「迷信はほうっておけ?」 それとも、「あんな日常的なものがのが珍しいの?」
それは、地元住民にとっては生活の境界内に、呪術が生きているゆえの反応?

しかし、調べるうちに・・・「あそこだけじゃないですよ」「?!」

情報提供者に迫れども しかし教えてもらえるはずもなく、しかし調べていくと
追求すると呪われる・・・? との想いが日増しに強くなっていくななたん。

14 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/17 23:15 ID:cb2lD/QF
875 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :04/06/16 15:37 ID:hjJlkq+9
 結局は村にたどり着くことも敵わなかった。彼が村の名前を最後まで明かさなかったから−−−。
「気持ちはわかる。私も結局、拙稿に記する村名については伏せることにした。
それは住民への迷惑を慮ってのことではない。呪詛を生業とする村を明らかにすることを
私自身が恐れたからだ。(略)恐れるのは私個人の意識の持ち方の問題だ。
 けれども何故か−−その村に入った瞬間、空気は変化するのである(略)」

「 某地の村がそうだった。
小さな橋を渡った途端、私は村を囲む空気が一種、言い難い静けさを伴っているのを知ったのだ。(略)
人影ばかりか犬猫や小鳥の影も見当たらない。無人の村でないのなら、
すべてが息を潜めてじっとこちらを窺っているような、そんな雰囲気のある村だった。」

山奥の寒村ではなく、整然と整いすぎている感じすらある伝統的で立派な日本家屋の立ち並ぶ村。
マヨイガ・・・・・・財宝に満ちた村という連想に支配されるななたん。

「やがて目当ての神社が見えた由緒が気の看板を確認すると
『死んでしまったお姫様』を祀ってあるところだと書いてある。祟り神なのか、なんなのか。」
帰路に着こうとして、たまたま目に付いた一軒の家に眼を・・・・・・

眼を・・・・・・、「え!?」 

ギョッとして立ち尽くす、そのまなざしの向こうには・・・・・・、

15 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/17 23:16 ID:cb2lD/QF
876 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :04/06/16 15:41 ID:hjJlkq+9
その眼差しの向こうには・・・・・・、

「蛇が壁を這っていた。
いや、よく見ると、本者ではない。何で作ってあるのだろうか、非常に精巧に作られた蛇の作り物が、
意味ありげに庇の際に太い釘で打ちつけてある。地方によっては、
藁の蛇を村の境に『魔除け』として置く風習がある。
だが、これは違う。魔除けの呪具を釘で打ちつけるはずはない。」

蛇封じ? 正面玄関の脇に?

「判断の付かないものだった。けれども、それを見た途端、ゾッとしたのは確かなことだ。
(私の知らない何かがある)
それに踏み込んではならないと本能的に私は思った。周囲は静まり返ったままだ。
私は改めて息を詰め、足音を忍ばせるようにして村を出たのであった・・・・・・。
 村が『呪術村』であったと知ったのはずいぶん、後のことである。

その2のエピソードが、例の東京近郊2時間の呪術村らしい。
えと、同一人物がこれ以上引用していいのでしょうか?
出来れば、続きは有志にお願いします。
その2は長いので、引用より要約が、著作権的な問題がなくていいと思います。

16 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/17 23:18 ID:cb2lD/QF
877 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :04/06/16 15:51 ID:hjJlkq+9
あ、これも書いときゃいけないのか。主な引用、抜粋:カッコ内は
別冊宝島415「現代怪奇解体新書」
『首都圏からクルマで2時間関東近郊に呪術村発見』加門七海
p170〜p172より。同ページ内を要約:地の文。
要約者ID:hjJlkq+9。
何か問題があれば、関係者は連絡をこのスレにお願いします。
早急に削除依頼などの努力をします。

なお、加門七海のファンがファン活動の一環として行った行為であり
関係者各位に迷惑をかけたり、商業行為などを目的としたものではありません。
この書き込みを無視し、こちらの意図した範囲外の行為を勝手にとり、何らかの法的問題を、
このスレのレスを基盤に起こした者や、こちらの予想範囲外の問題を起した者がいた場合、
あくまで問題行為者本人に法的・人道的自己責任があります。

17 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/17 23:21 ID:cb2lD/QF
956 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :04/07/15 13:18 ID:K4CpKWa+
今手元に本がないので記憶を元に呪術請負村の概要を書いて見ます。

 ↓

取材の帰り、案内人とナナタソは山の中の道路を歩いていた。
近くには休日になると日帰りの家族づれなどで賑わう有名観光地があり、
ここもそんなに山奥ではなかった。

道路わきに朽ちかけた鳥居を見つけ、山自体が御神体になっているのかと
案内人に訊ねると、そうではなく山の中腹に神社があるとのこと。
確かに鳥居の奥をよく見るとヤブに埋もれた参道が見える。

自社仏閣マニアを自認するナナタソとしては当然行ってみることにする。
案内人は、火事で焼けてしまってあそこには何も無いよと乗り気でない。

人がほとんど通っていないと分かる荒れ果てた参道、というより山道を登り
約二十分かけてたどりつく。そこには焼け残った礎石と、火事で燃けた社の
代わりにおいたと思われる百葉箱くらいの大きさの社だけがあった。

よく見ると地面に一箇所、焚き火をしたような焦げ跡があり、その周りに
比較的新しい「御幣」が数本地面に刺さっているのが見つかった。

18 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/17 23:25 ID:cb2lD/QF

957 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :04/07/15 13:27 ID:K4CpKWa+
帰りに、案内人たちが世間話をするように話し出した。

「あれはあの村の連中がやったんだな」「あの村の連中はこの山を良く使うから」
「半年前のことだったか○○の爺さんが突然苦しみだしたことがあって、原因が
 分からず祈祷師に見てもらったらこの山を調べろと言う。
 来てみたら藁人形が打ちつけてあって、取り除くと爺さんはすっかり元気になった」
「あの村の連中に頼んでやらせたんだな」

「え、それって呪詛を請け負う村があるってことですか」ナナタソが慌てて聞くと、
「そう、隣の○○村のことだ。あの村の連中は管の中に飼っている動物を使って
 呪術を行うこともあるそうだ」

このときの案内人というのは役場の人と農家の方でオカルトマニアということもなく、
ごく普通の人が世間話をするかのように呪術のことを話していた。
車で二時間、東京のすぐそばで生活の中に呪術が息づく村があった。

 ↑
以上。この話の導入部が、>>874-877 になります。
細かいディテールに間違いがあるかもしれません。できれば本を探し
出して読んでみてください。

19 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/17 23:34 ID:cb2lD/QF
856 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :04/05/29 22:25 ID:hZasBP2d
日本怪奇幻想紀行二之巻 祟り呪い道中 三章
人に憑く、憑きものとはなにか 加門七海

この本の中で
「私は以前、山梨の山間部でクダ狐の実在を聞かされたことがあるけれど・・云々
やっぱり山梨のどこかだと思う

880 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :04/06/17 14:24 ID:AbUKb++b
>856
それなら黄金結界のP202のMAPと、P211からの記述で確定可能。
ただし、件の呪術村かどうかは不明

881 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :04/06/17 22:53 ID:Q5mG0EcW
>>873-877
肝心のその2の内容が無いようなので、よくわかりませんが、、、
黄金結界でのクダ狐の話は、

 黒川金山の金山衆の村、一ノ瀬高橋に残る話では、むかし狐を持ち込んだ者が
 いて 村人が取り憑かれてしまった。
 祈祷師によってお祓いが行われ、狐は管に追いつめられ封じられた。村人は
 正気を取り戻したが、一部の祈祷に参加しなかった村人は駄目になってしまった。
 村人曰く「クダがくると村がおかしくなる」「クダは隣の山にすんでる」

ってなことで、「呪術村」とは違うと思います。

20 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/17 23:36 ID:cb2lD/QF
886 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :04/06/19 08:26 ID:JxX0aLf5
そして、「精巧に作られた蛇の作り物」
って部分にデジャヴを感じるのはなんでだろー?
うーん。どっかで、精巧に作ったものを祭りか儀式で使う話があったよーな・・・


887 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :04/06/20 13:42 ID:UMNLBOIi
持ってる本の数が少ないのですが、同じく黄金結界から…
山梨県都留市 石船神社

秘術=立川流、髑髏本尊
亡くなった姫=雛鶴姫

と言う見方も有りかな? とか思ったが、
髑髏本尊自体は祭礼の際に一般公開されているらしいから、
これも違うのかな…
300年の後に、髑髏本尊として復顔されたという事だから、
立川流が伝わっていた(伝わっている?)事は確かだと思うんだが…

21 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/17 23:46 ID:cb2lD/QF
という風に、誰も持ってない加門さんの呪術村の記事をうぷしてくれた神も現れ、
様々な憶測と迷走とで、盛り上がりを見せてはいたが、
大勢の努力の捜索も虚しく、ただ徒に日々が過ぎ去っていた時、

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
 な、なんか狐につつまれたような   |
 気がする・・・。             .|
_____  _________/
        V
            ∧_∧
            /    ヽ
            | `  ´|
      <>○<>\= o/
      // ヽ\⊂ ̄ , ヽ
      / ∧_∧ヽ  ̄   ヽ
     /,( ;´∀`)ヽ ,ゝ  |___, ヘ
     | ヽ\`yノ )(   |   <   |
     ヽ ___ノ_と_ノ\_<_ノ

誰も予想だにしていなかったタイミングで
突然に事態の急変が!


888 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :04/06/20 17:01 ID:oGR6t74r
山梨県民です。
飯綱って憑き物関係の名前ですよね?
勝沼町の山の中に「飯綱神社」ってのがあるんですが。
地図で見ると、等高線がぎちぎちに詰まってて、傾斜の凄くきつそうな、
こんな場所になんで神社なんか建てたわけ?ってところに鳥居のマークがあります。
中央高速使えば東京から2時間以内(とりあえず勝沼インターまで)だと思うんですが。


22 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/17 23:54 ID:cb2lD/QF
以下、次々と現れる続報と迷走・・・・・・!

 

889 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :04/06/20 22:46 ID:qZnN10pD
おお! 当たり臭い?
やはり地元住民情報は凄い!!

勇者様共々、乙乙乙!!!


890 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :04/06/20 23:05 ID:0gOR/nN1
>>887
同士発見。
私もソコかと思いつきました。
本尊公開したのはつい近年になってからではなかったかな?
たしか朱の詰まった箱に入って、埋められていたはずだったから
公開するまで秘仏扱いだったような?(本は手放しちゃったので
記憶が怪しいのだが)

>>888
飯綱は憑き物の一種で、管狐の事と称されてます。
(イタチの事と言う説もあるようですが)
そこの神社の由来とか背景が判らないと何とも言えませんが、
マークすべき物件みたいですね。

902 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :04/06/24 01:55 ID:iMW4S9DM
>>887>>890>>897
その神社は『怪談徒然草』中でもふれております。
124頁{首にまつわる話}で護良親王の首を御神体にした神社として語られています。

23 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/17 23:55 ID:cb2lD/QF
903 :正一位天開稲荷 :04/06/24 18:21 ID:mQaa20bz
稲荷神社って、太宰府天満宮末社、正一位天開稲荷か?
http://www.accesscom.com/~abe/dazaifu.html


904 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :04/06/24 19:35 ID:dTuvnRNO
>>903
そこも否定された物件(ry
これ以降迷走状態で今に至る。


905 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :04/06/26 10:21 ID:nSamsE56
>>901
そこは否定されてない。
このスレになって初めて出た場所を前スレでどうやって否定出来るのかと。
半端な仕切りでスレの流れを止めるなよ。
ひょっとして上の方で削除依頼出すとか言ってた人?


906 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :04/06/26 11:19 ID:yib7NCgJ
>>905
うわぁ、管狐の方だったんだね。嫁稲荷の方と勘違いしていたことに今気づいた。

24 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/17 23:57 ID:cb2lD/QF
918 :1/2 :04/06/29 16:32 ID:QOM6d5CK
>>888を書き込んだ者です。
よく調べもせずに思いつきで書き込んでしまい、お騒がせして申し訳ありませんでした。
取り合えず、調べた事だけ追加します。(でも何も無いのと同じなんですが)

まず神社の由来についてですが・・・分かりませんでした。
役場に問い合わせてみたところ、山の中にあるような小さな神社については
地元の衆に直接聞いたほうが詳しく分かるでしょう、との事でした。
まあ、地元の方に教えて頂けるならそれが一番確実なんでしょうが、
生憎その近辺には知り合いも親戚も居ないので、なにが窓口が無いかなあと
電話帳を調べて見たのですが、やはり何もありませんでした。

ただ、この神社のある場所の地名で電話帳に載っていたお宅は12、3軒しかなく、
しかも1軒を除いてみんな同じ苗字なので(この辺りでは珍しくないですが)、
もしここが“呪術村”だとして、何か秘儀のようなものがあるのなら、
伝え易いし守り易いだろうとは思いました。
あくまでわたし個人の勝手な推測なのですが。

25 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/18 00:01 ID:7wmHjenH
919 :2/2 :04/06/29 16:34 ID:QOM6d5CK
後、地図で見るとこの集落に入るには橋を渡らないと入れません。
地形的にこの場所に出入りできる主要な道は1本しか無い様です。
建物も、勝沼町は古くからの立派な日本家屋のお宅が多いので
この集落も多分、そんな昔ながらの感じではないかと思います。また推測ですが。

推測ついでに、地図を見て一つ不思議に思うことがあるのですが。
この地域には飯綱神社の他に、あと2つ神社があり、この二社はどちらも
川沿い道沿いの平らな場所にあるのですが(建てるのも楽だったろうと思う)、
飯綱神社だけは宮前山という標高1091.6mの山の中腹に建っており、
たどり着くには登山道を行くしかなく、神社のある所も標高にして800m位の高さです。
こんな所まで取材で登るか?と考えると、ハズレかなあとも思えるのですが、
用のある者しかお参りしない神社であることは確かです。

以上、推測ばかりの長文お許し下さい。

26 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/18 00:05 ID:7wmHjenH
920 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :04/06/29 17:20 ID:c2k3Ehpp
>918-919
大変お疲れさまでした。

つーか、ナナタン城は手強いですね。

921 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :04/06/30 17:38 ID:MZ1EEAcH
でもこれ案外ビンゴなんじゃない?>918 >919
正確な場所教えてもらえないかなあ。行ってみたいんだけど
928 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :04/07/04 17:39 ID:cCSHv3Js
>>927
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
 な、なんか更に狐につつまれたような   |
 気がする・・・。             .|
_____  _________/
        V
            ∧_∧
            /    ヽ
            | `  ´|
      <>○<>\= o/
      // ヽ\⊂ ̄ , ヽ
      / ∧_∧ヽ  ̄   ヽ
     /,( ;´∀`)ヽ ,ゝ  |___, ヘ
     | ヽ\`yノ )(   |   <   |
     ヽ ___ノ_と_ノ\_<_ノ


27 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/18 00:06 ID:7wmHjenH
940 :939 :04/07/11 22:03 ID:DbV4lDsu
ナナタソといえば、ベストセラーになった魔方陣シリーズがまっさきに思い浮かびます。
これらは95年前後に出版されています。ですので魔方陣関連の取材で行った先は
外していいかと思います。

そして続く96、97、98年・・・。なにやってたのでしょうか、謎だw。
真方陣シリーズでまとまった印税が入ってあちらこちら取材に飛び回っていらしたのでしょうか。

そして99年、黄金結界が出版されました。甲州埋蔵金についての本です。
この本の冒頭にこんな記述があります、
「以来、私は年以上、山梨に関わり続けている」
なんだ、山梨の山中を歩き回っていたのか。

と、すると、やはり呪術村は山梨かな?


941 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :04/07/11 23:23 ID:DbV4lDsu
ところで、
>>888さんはどうやってあの場所に飯綱神社があることを知ったのだろうか。
検索しても出てこないのに。。。
すばらしい調査力です。脱帽っす。

942 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :04/07/11 23:38 ID:Y1uTDrxQ
神社庁で調べたら分からないかなあ。

28 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/18 00:09 ID:7wmHjenH
 そして、突如と現れた暗号文書。まさかこれが解決の糸口となるとは、一体誰が・・・・・・?

945 :【重要連絡】 :04/07/12 21:10 ID:G1ENNTws
明日、俺んちに山梨の桃が届きます。

届いたら写真うpするので期待して待っててください。


946 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :04/07/12 21:23 ID:IQgB9o5T
>>940 >>888
物凄い発想力と調査力だ。


947 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :04/07/12 22:33 ID:oTQUnjxS
>>945
期待してまつ

948 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :04/07/12 22:52 ID:AMbazFmq
なんでやねん

950 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :04/07/13 21:48 ID:ScE0BIvP
みなさん桃ですよ。どぞ。
http://tomatomatomas.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/img-box/img20040713214221.jpg

29 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/18 00:12 ID:7wmHjenH
 そして、事態は一挙に急変! 
まさかこんな形で真実の欠片が、闇の向こうからその姿を垣間見せるとは・・・・・・!!

951 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :04/07/13 23:01 ID:ScE0BIvP
>>888 >>918-919
そこ、正解だ!!!

じつは日曜日に行ってきたんです。(桃はそのときのお土産)

今現像したフィルムをスキャンしながら、由来書きを写した写真を
見ていて気づきました。
「平成九年(1997年)三月の山林大火災により延焼消失したまうた」

記事を読んだ方なら分かると思いますがナナタンの行った社も火事で焼けて
何も無くて急ごしらえの百葉箱のような社だけあったそうです。
>>938の推理でナナタソは1997年に行ってるようだから時期もピッタリと
一致します。

ど、ど、ど、どうしよう。(((((;゜д゜))))))ガクガクブルブル

30 :11:04/07/18 00:59 ID:3b0f+eLz
まとめ乙ですた。

31 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/18 01:03 ID:lJqCX9EZ
>13-17>18-22>23-27>28-29
前スレまとめ乙

>11
いちお、場所確定→写真うpがキボンかと・・・

三角屋敷の時も、場所確定して写真うpしたし。
あくまで、危険の及ばない範囲&他人に迷惑をかけない範囲でってことでよろしくです。


32 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/18 04:31 ID:NJt4MEau
まとめ乙でした。
あとは>11氏の詳細レポートに期待。
流石に、現地の人に迷惑をかけたりとかは本意じゃないし、
そのせいで呪われたりするのは避けてもらいたいので
さじ加減は難しい所だけどね。

33 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/19 04:04 ID:XfOOMvaM
ま、>>11さんは気付いた事を書いてくれるだけでいいんだけどね。

34 :11:04/07/20 23:54 ID:WXzOjLC3
すいません。
遅くなりました。

>>33
ええええええ、写真いらなかった?

せっかく撮ってきたからUP。

35 :11:04/07/20 23:58 ID:WXzOjLC3
あまり見ても面白くないかもしれませんが、報告ということで。

山への入り口。鳥居です。
本の記述とは違い、自動車道路からは農道をしばらく上ったところにありました。
農道といっても、果樹園で農作業をする軽トラくらいなら入って来れるような道です。
ちなみに農道はこの先100メートル程で行き止まり。
ttp://tomatomatomas.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/img-box/img20040720224643.jpg
鳥居のアップ。
木が新しいです。消失した社と一緒に建て直したのかな。
ttp://tomatomatomas.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/img-box/img20040720225723.jpg

36 :11:04/07/21 00:02 ID:3GqZQpzo
あ、リンクのURLは先頭にhを書き足してをコピペすれば見れます。
つかレス30秒規制うざ。

37 :11:04/07/21 00:03 ID:3GqZQpzo
山道。
見た目楽勝ですが、上に行く程ヤブになっててきつかった。
余裕ぶちかまして、財布とカメラだけしか持たずに登ったですが、途中、
暑さとノドの乾きで吐きそうでした。
ttp://tomatomatomas.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/img-box/img20040720225949.jpg
でも、景色は最高。
ttp://tomatomatomas.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/img-box/img20040720230642.jpg
山道のところどころに焼けこげた木や焼け炭がありました。
木の生えてる様子を見ると、山火事は神社のある尾根だけ山道に沿って焼けたようです。
しかし7年も経つと若木がだいぶ育ってますね。
ttp://tomatomatomas.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/img-box/img20040720231143.jpg

38 :11:04/07/21 00:06 ID:3GqZQpzo
神社です。
ひどい目に遭いながら登りきってようやく発見。
草ボーボーです。
背丈程ありました。
ttp://tomatomatomas.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/img-box/img20040720232302.jpg
草の中を泳ぐように石門に到着。
焦げ跡が目立ちます。
ttp://tomatomatomas.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/img-box/img20040720232945.jpg

39 :11:04/07/21 00:11 ID:3GqZQpzo
裏山にも木がありません。
この先登って行くと地図では○○山山頂に出ます。
前スレ888さんの言っていた宮前山だと思います。
ttp://tomatomatomas.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/img-box/img20040720233130.jpg
ちょっと分かりづらいかもしれませんが、焦げた石と、カワラです。
ttp://tomatomatomas.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/img-box/img20040720233408.jpg
境内には木は一本もありません。
ttp://tomatomatomas.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/img-box/img20040720233934.jpg
境内から振り返ったところ。
登ってきた尾根は右下方向。
ttp://tomatomatomas.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/img-box/img20040720234519.jpg

建物の正面からのアップは失礼にあたるので、無しっす。

40 :11:04/07/21 00:13 ID:3GqZQpzo
ふもとの分校に放置されていた、焼け残ったらしき古い由緒書き。
字は、墨で書かれてたため風雪にさらされ消えかけていました。
かろうじて「明治」という文字だけははっきり残っていました。
ttp://tomatomatomas.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/img-box/img20040720234942.jpg

41 :11:04/07/21 00:24 ID:3GqZQpzo
以上です。
鳥居の写真に写っていた地名が分かる○○山の部分はボカシを入れてあります。

行ってみた感想としては、 い い 所 で す た。
これにつきます。
もう呪術とかどうでもよくなって、ハイキングやっほい!です。

また時間がとれたら「気付いた点」についてレスします。

42 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/21 00:29 ID:8BUm76UV
11さん乙です。

なんか、ブルーシートが痛々しいね…

43 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/21 11:39 ID:/ey4OTcT
近くの不動を取材していたのかな?
神社に近い祀り方みたいだけど。

44 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/21 15:54 ID:ejbf70VI
さて日本書紀から入門するか

45 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/21 16:09 ID:UFnCqHuA
>11さん、レポ乙でした。
けど、草だらけの神社って何か悲しいですよね。
それとも、信仰を隠す為にあえて無関心を装っているのだろうか?

46 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/21 17:40 ID:X7I9Y8op
11さん乙です。

自分は前スレ888ですが、地名についてのご配慮有難うございました。
個人情報というわけじゃないんで、もっと詳しい地名なんかも出していいかなあ、
と思ったんですが、ヘタレなので書けませんでした。
それにしても素晴らしい行動力、尊敬です。

47 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/22 00:59 ID:2AYrkFmW
乙カレーです! 素晴らしすぎる!

ところで
>>19 の、
>黄金結界のP202のMAPと、P211からの記述で確定可能。
>ただし、件の呪術村かどうかは不明

この神社、黄金結界のMAPと重なりますか?
確認可能な方、おながいします。

48 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/22 03:51 ID:+h1p0v/I
P202の地図では、東側にある黒川山の南北方向に3本のラインが引かれている為、
それには重ならない模様。

ちなみに>19の神社はおそらくここらしい
ttp://map.yahoo.co.jp/pl?nl=35.48.49.886&el=138.49.33.930&la=1&fi=1&sc=5
ななタンが聞いた話では「クダは隣の山から来た(持ち込まれた)」らしい。
隣の山=黒川山の反対側の麓と言う事になるのだろうか?
距離的には20km弱、一ノ瀬高橋の住民が黒川金山の金山衆だった事を考えれば、
黒川金山周辺の村との接点は十分にありそうだ。

49 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/22 04:05 ID:+h1p0v/I
もとい、黒川山じゃなくて、黒岳ですねw

50 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/22 04:21 ID:+h1p0v/I
更にゴメン
黄金結界読んでたら「隣の丹波山から来た」と書かれていました。
と言う事で、>48の下半分は無視しちゃってくださいw

ちなみに丹波山は一ノ瀬高橋から東のここら辺っぽい
ttp://map.yahoo.co.jp/pl?nl=35.47.15.141&el=138.55.13.753&la=1&fi=1&sc=4

51 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/22 22:16 ID:ZEUc8iKd
乙! 図書館にでも行って確認してきます。

52 :魔王尊:04/07/22 23:10 ID:rIQmWPzV
確認してどうするんだろうね?

53 :11:04/07/22 23:46 ID:uyrYos/m
>>46
発見者きたー
いえ、漏れはただの使いっ走りす。

>>25
あと2つの神社ですが、ひとつは氏神様、もうひとつは大岩を御神体にした
川にまつわる神社でした。

そして肝心のこの飯綱神社の由来ですが、新しく建てられた金属製の由来書きには、
勧請年不明、信州飯綱山より勧請したとの説がある、と曖昧でした。
憶測になりますが、このすぐそばにある真言宗のお寺さんに由来すると個人的には
考えています。

>>47
残念ながらこの飯綱神社は黄金結界でナナタンの描いたラインにはかすりもしません。

しかし、この飯綱神社の向いてる方向には黄金結界で出てくるセーメーバンがあり、
さらにその方向にラインを延ばすと上記のお寺さんと同じ宗派同じ開祖を持つ
ある有名な山にぶつかります。ついでに後ろ方向にもラインを延ばすと、上記の
お寺さんの開祖になじみがある仏様の名前を持つ山にたどりつけます。

ただの偶然かも知れませんが、地図上でどんぴしゃりの位置にのってくるので。

って、呪術とはあまり関係ないか・・・スマソ

54 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/23 02:54 ID:oeDLdu9T
> 33 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :04/07/19 04:04 ID:XfOOMvaM
> ま、>>11さんは気付いた事を書いてくれるだけでいいんだけどね。
>
> 34 :11 :04/07/20 23:54 ID:WXzOjLC3
> >>33
> ええええええ、写真いらなかった?

ごめん、11さん。そういう意味じゃないんだよ。
気づいた事を書いてくれるというので、
写真うぷまでしてくれるとは思わなかったのと、
あんまり一人に色々させちゃ可哀想だと思って、
ねぎらいといたわりの言葉のつもりだったんだよ(TT) 信じて。

55 :11:04/07/25 01:01 ID:wPCIpYuD
>>54
使いっ走りですから、お気遣い無く。サンクス

56 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/25 01:36 ID:jenc/CYU
>55
いえいえ、11さん。
貴方は、すでにこのスレでは神です。
私達は、このスレで神をずーと待ってて貴方が登場したのですから。
さらに桃の写真まで、くださって感謝してもしきれませぬ。^ ^


57 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/25 11:10 ID:Ta6xm7LO
神ねぇ・・・

58 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/25 19:22 ID:33Ntqk7k
発見者>888たんと並んで、神々の一人だろ、十分。

問題は本当に呪術村なのか、確信がもてないって事。
近くの住人や、駄菓子屋、食堂のおばちゃんたちへの聞き込みとか
出来るものなら、するべしだな。迷惑が懸からぬように。

おいらも教育委員会へ勤めてる市役所の連れに、その町の町役場や教育委員会から、
町史とかを取り寄せて借りたりは出来ないものかと、さっき電話で相談したが、
むりぽ、とのお答え。そこまでコネは効かないらしい。

付近住民は図書館へ走ってくれ〜〜〜!

59 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/25 21:42 ID:QK9EeaCm
神という言葉を履き違えて夏房発見

60 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/25 21:43 ID:QK9EeaCm
呪いを軽々しく思ってる香具師は後悔するであろう

61 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/26 12:00 ID:X6TGGA0v
興醒めするようなレスでスマンコだけど、ななタンの話ではその神社は呪術請負村の
被害者側に当たるんでは?
精巧な作り物の蛇…なんて呪具を打ち付けているのも呪詛返しの意味っぽいし。


62 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/26 15:19 ID:69VmtV9L
となると>50の丹波山村と言う事か?

63 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/27 00:13 ID:Tm/+DiGd
>>61さんの言うとうりですね。
前スレのまとめをサっと読んだところ
その神社は呪術請負村がよく使う「場」のようです。
で、引用文には「隣の○○村の連中」とあるからその神社のある村の
隣村が呪術請負村かと。
決め手は村内に「死んでしまったお姫様を奉る神社」があること。
報告のあった神社のある地域にはあと2つ神社があるが、
11さんによるとお姫様を奉ってはいない。
>>62さんのいう村には7つの神社があり、うち4つは祭神が
しぼれる。(社名から推測してです。)
残り3つのうちどれかにお姫様が奉られていたらビンコかと…。




64 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/27 00:45 ID:A4jBkIZv
>>63
問題は神社の祭神。
明治時代初期の廃物棄却と神社統合で、かなりの数の神社が祭神を天孫系を主祭神
に変えてしまっている事実があります。
延喜式内社は別格として残されましたが、淫祇崇拝の名の下にかなりの数の神社が取
り潰しの目に遭い、その際に存続の為稲荷社を名乗らざるを得なかったのが実態。
もしかしたら境内の末社や摂社の憂き目に遭っているのかも知れません。


65 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/27 00:46 ID:A4jBkIZv
↑廃物でなく廃仏です。

66 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/27 03:52 ID:pbJREk8B
いずれにせよ、村町史を読んだら判るんじゃない?

67 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/27 05:16 ID:r+3lNvX3
>>63
>決め手は村内に「死んでしまったお姫様を奉る神社」があること。

たぶん死んでしまったお姫様を祀ってる蛇の村は
別の村の話ではないかな?

ななたんの話は、ここが解り辛くて、
今まで勇者が、要約でも書いてくれなかったんだったよね。

68 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/28 00:00 ID:T4xjlCH4
第二次調査隊を結成して調査してきてください

69 :61:04/07/28 01:57 ID:axvxEyWf
その神社がビンゴならば、問い合わせるのは簡単なんでは?
ななタンが取材時に同行した人達は、まるで世間話をする様に『隣の○○村が〜』的な
発言をしたとの事。
ならばさりげなく「この神社が焼けた原因って何ですか?」みたいな事を尋ねれば、躊躇
無く呪術請負村の正式な村名が口走られる可能性大では?

70 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/28 02:41 ID:1mUBeej6
ナナタソの記述では、神社へはたまたま立ち寄って、呪術請け負い村については別件に頼んだ
案内人の世間話であって、ナナタソが直接その村を確認した訳ではないんですよね。

これ以上の詮索はナナタソの記述に無いことを調べることになりますが、続けます?

71 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/28 03:48 ID:/aqCYpLb
本の内容に無いことは別に調べなくてもいい。
ナナタンの行ったとこが、わかれはOKだと思う。

今回のミッションは焼けた神社が見つかって、写真もうp
されたことででコンプリート(o ̄▽ ̄)b グッ!

さらに、次のミッションに進みたいと思うがどーか?



72 :本当にあった怖い名無し:04/07/28 08:41 ID:URGH87Rz
気が早いな、もまいら
ナナタンの行ったとこも、わかってはいないし
次のミッションに行くのはちと早計。

第一、その隣村が呪術村なのか
どうかも確定していない筈。もう少し機を待て。

>これ以上の詮索はナナタソの記述に無いことを調べることになりますが、
その噂話を確認する事は、決してナナタソの記述外ではないのだが。

もしかして、呪術村を明るみにして欲しくない勢力が動いてる?

73 :本当にあった怖い名無し:04/07/28 17:16 ID:q8/TmvME
ほぼ確定した物
ななタンが行ったと思われる神社2カ所(11氏のと、>48の)
ただし、両者共に呪術村ではないらしい。
11氏の方は、呪術村の人が集会に使っているらしい。

未確認な物
呪術村(丹波山村?)
「死んでしまったお姫様を奉る神社」とは、この呪術村の事なのか?

特に「死んでしまったお姫様を奉る神社」については意見が分かれてるので、
このまま丹波山村を調査したとしても、その前提条件が定まらないと思われ。
まぁ、実際にそう言ういわれの神社が出てくれば問題なしだが、
そう言う神社が無かったからといって違うとは言い切れない。

74 :本当にあった怖い名無し:04/07/29 09:44 ID:WwsDjug7
ナナタソの書き方だと、
「死んでしまったお姫様を奉る神社」のある、蛇の置物を壁に飾る村と、
「焼き跡で御幣を地面に突き刺した儀式に集合する呪術村住民の御用達神社」
とは全く関係ないようにも読める。

神社は手懸かりであって、探す最終目的ではない。探す為の手段。
そして、探しているのは「呪術村」。
取り敢えずはうわさだけでもいいんで、呪術に相当するものが見つからないとね・・・。

75 :本当にあった怖い名無し:04/07/29 13:15 ID:VQpWDgGp
ナナタンが、見た物は見たい。
ってことで某村の壁のヘビの魔よけの画像うPキボン

その村は、呪術村ではないのかな?
さらに言うとナナタンは呪術村に行ったのかな?

原文が無くて、前スレとこのスレだけ読んでるので
ちと、わからんことが多々あるのです。

76 :本当にあった怖い名無し:04/07/29 21:07 ID:4E+ahLX2
とりあえず、誰か怪奇解体新書の「その2」のエピソードうpしませんか?
このままじゃ前提条件自体が見えてこないし、亡くなった姫様、火事になった神社
クダに蛇に…どれを信じればいいのかわからないのだが…

77 :本当にあった怖い名無し:04/07/30 01:33 ID:nTYtQQeq
空撮スレのリンク先を操作すると、焼ける前の神社の茶色い屋根がしっかり見てとれる。

78 :ここね↓:04/07/30 20:45 ID:tRlCgGxT
http://w3land.mlit.go.jp/cgi-bin/WebGIS2/WF_AirMapMain.cgi?CMD=51&DT=n&IT=p&TDK=19&SKC=1429

79 :本当にあった怖い名無し:04/07/31 14:30 ID:RO35Dg97
11さんの、神社の写真に出てくる、ちょっとした焦げ跡。

あれは火事の後? 呪術の儀式の跡?

何故、火事になったのかにもよるかな。
案外、神聖なものを破壊する暗黒の呪術だったりして。

80 :本当にあった怖い名無し:04/07/31 20:54 ID:lC+hE3zN
>79
それは流石に電波チックというか飛躍しすぎだと思うぞw
地域に根ざして長年伝わってきた呪術のようだから、そのような事はしていないでしょ。
やってるとしたら、近隣の神社仏閣は軒並み無くなってしまって、
今まで伝わってないと思うよ。
それに稲綱神社と言うからには、呪術者側の神社な訳だし…

まぁ、何らかの呪術を行ったと言う線は否定できないけどね。

81 :本当にあった怖い名無し:04/08/01 21:15 ID:WAZ57iz0
呪術村の件は話を面白くするためのでっちあげじゃないかなぁ。
それか案内人にからかわれたとか。

案内人の会話に「東京からダキニを祀りにきた女はどうなったかなw」という部分が
唐突出てきます。この女とはナナタンのことですよね。とすると案内人に相当おちょくら
れていたように感じるんですが。
ただ、この会話はナナタンがダキニの取材で行った先の場所ということを暗に伝えようと
して付け加えたとも考えられますが。

82 :本当にあった怖い名無し:04/08/01 22:52 ID:zaD1o7YX
>>81
それだ!
同じ本の中で加門七海はもう1本書いていて、それが岩手県に河童を捕まえに行ったルポだからねぇ・・・
やっぱあの仕事はやっつけだったのか?

83 :本当にあった怖い名無し:04/08/02 00:20 ID:yTN32mgW
>案内人の会話に「東京からダキニを祀りにきた女はどうなったかなw」という部分が
>唐突出てきます。

どういう話の流れかわからないのですが…詳細キボンヌ

84 :本当にあった怖い名無し:04/08/02 11:07 ID:D3DzYI3v
 え〜、前スレで呪術村その1を書いて、勇者扱いしていただいた者です。
地図の解読をされた発見者の方や、実際に現地に脚を運ばれたお二方、
いや、二柱の神々には、心から敬意を表します。ありがとう御座いました。

その1の要約からを書いた理由は、このスレでも多くの方が推測されていたように、
 その1とその2の話が別のものなのか、同一のものなのか、実に区別が付きにくいという理由と、
ひとつの話をわざとふたつの別々の話の様に見せかけて区切ったり、
逆にふたつの別の話をひとつに纏めたりといった、場所の特定をぼかす為の、
或いは純粋に小説的なテクニックを、ななたんが使っている可能性を考慮したからです。

その他にも、上記の理由を踏まえて、ななたんがどういう感性(村の空気の描写など)で呪術村を感じていたのか、
それに、呪術村に関する背景や、状況(橋があるとか)を詳しく描写する必然性があったからです。

そのせいで、実にややこしくなりましたが、
その1の、壁に蛇の置物が飾ってあった村の話の後ろに、次の文が書かれています。

「さて。過去に呪術の関わった村について語ってきたが、今現在もそういう仕事を生業とする場所はある。
その村について知った経緯を、当時を振り返って語ってみたい。今から約一年ほど前のことだ。」

ここから、山間部。東京からクルマで二時間かからない、近くはメジャーな観光地(!)
休みには日帰り旅行の家族や学生たちで賑わい、山道の脇に朽ちかけた鳥居・・・・・・。
鳥居の前にはぼうぼうと背の高い草、その先にもうっそうとした雑木林。
昔は山伏の修行場、火事後の社殿と礎石しかない、新しい社という情報が与えられ、
その2の呪術神社が語られます。

 宝島社『別冊宝島415 現代怪奇解体新書』 
加門七見「首都圏からクルマで2時間、関東近郊に呪術村発見!」p173〜p174より、抜粋および要約。


85 :本当にあった怖い名無し:04/08/02 11:23 ID:EmRDZbxa
↑もうこの本は出版されてないらしい

86 :本当にあった怖い名無し:04/08/02 11:37 ID:WtY6bKzd
>>83 >どういう話の流れかわからないのですが

>>18=前スレの>957さんの紹介された話、すなわち
突然心臓病で苦しみだした爺さんが、拝み屋の手により、ここで発見された藁人形を取り除いてから
発作が治ったという噂話のすぐ後の会話です。 
そろそろ引用が法的に指定された限界に近づいてると思うので、上記の同書p176より、
会話の部分だけを引用します。 

「藁人形もやるけどさ。あそこはなんか・・・・・・これくらいの筒の中に」
「その筒にちっちゃいキツネだかなんだかを飼っているんだよ。それを使って
人を呪ったり、祈祷したりするらしいんだな」
「この間、東京から来た女がダキニ天を祀るとか言って、あそこに入っていったろう」
「喧嘩売りに来たんかい。で、どうなった」
「知らないけどよ。馬鹿な女だ」

で、彼らの会話は終わります。
 できれば、他の勇者の方に、法的に問題ないようにUPして頂けるか
うまく以上の書き込みを編集していただけると嬉しいですね。

87 :本当にあった怖い名無し:04/08/02 11:40 ID:WtY6bKzd
なお繰り返しますが、我々はこれらを加門七海のファン行為を、
法律や人道上の範囲内で純粋に行う事を目的としており、
これらの書き込みや引用、要約をもとに、常識や人道的許容内、法的範疇の行為を
超える行動をとった者がいたとしても、それらの倫理的責任や法的責任は、行為者ら本人のみにあります。
ここでの書き込みに参加した他者らは、それらの違法行為者には一切関知しません。
ルールを守って、ネットや小説、エッセイ、ルポルタージュを楽しみましょう。

私も、村が特定されればファンとして非常に嬉しくはありますが、
せめて、村内の喫茶店や、お店で蕎麦を食べながら、或いはお年寄りと仲良くなって
茶飲み話の一環として、そういう話や噂、伝承、民話、などを聞くか図書館などで調べるか
程度にしておくべきだと思います。
大勢で押しかけたり、迷惑をかけたりせずに、出来れば村の方々に益になる形で、
礼儀よく誠意を持って、かつ安全に?、観光?かフィールドワークを楽しんでください。

尚、こちらの引用や、愚見など、書き込みに関して問題があれば
このスレでご意見ください。早急に何らかの対処をするべく、努力いたします。

文責:>>84 >>86 および本番号

88 :本当にあった怖い名無し:04/08/02 21:47 ID:xX0KKUHw
なにはともあれ、それらしき村探し当てたあなたはえらい。
小池壮彦のお札貼りまくりホテルも探して欲しいよ。

89 :本当にあった怖い名無し:04/08/02 23:01 ID:Uj/LvRSW
>81
>18,>86から見ると、その話を聞いているのが七タンだよね?
前に来たダキニ天の女は別物なんじゃない?

とにかく>84-87氏、詳細どうもです。
乙です。

90 :本当にあった怖い名無し:04/08/02 23:54 ID:WCPsA7T4
>>89
おぉ!私もそう思う。
ダキニ天を祀れば全ての願いは成就するが子孫には不幸しかもたらさない。
平清盛がその代表例なんだが、ナナタンがそんな初歩的な事を知識として持っていな
い訳が無いんであって、外法使いの村で外法を祀るいぜんの問題。
身を滅ぼす危険は敢えて冒さないと思いますよ


91 :本当にあった怖い名無し:04/08/03 00:27 ID:UEPtKRX0
>>81
>>この会話はナナタンがダキニの取材で行った先の場所ということを暗に伝えようと
して付け加えた

 ↑
多分これが正解でしょうね。加門氏のサービスでしょう。

92 :本当にあった怖い名無し:04/08/03 12:28 ID:c1bduAcK
外法使いの村って・・・(^^;

>「さて。過去に呪術の関わった村について語ってきたが、今現在もそういう仕事を生業とする場所はある。
>その村について知った経緯を、当時を振り返って語ってみたい。今から約一年ほど前のことだ。」

この、読めば読むほどに意味不明になる
なんだか後から付け加えられた、申し訳程度の文がすべての混乱のもとか。
ナナタソ・・・頼むよ orz

93 :本当にあった怖い名無し:04/08/05 19:32 ID:brsRh47z
スレタイ、霜島じゃなくて霧島のままなのね(ーー;)

ミリオン出版の不思議ナックルズ(実話GON!ナックルズ別冊)で
三角屋敷の記事乗ってたね。まんまこのスレのパクリ。


94 :本当にあった怖い名無し:04/08/05 23:56 ID:vzSFdpR+
夏休みですね。
山梨に行く人も居るでしょうから進展があることを期待してます。

95 :本当にあった怖い名無し:04/08/06 00:19 ID:LPQjSLib
ちょっとお茶請けに。

うわさの神仏に出てきた、小さいおじいさんの出てくる神社って
もしかしたら妙見山?
ttp://www.chance2.ne.jp/kyoufu-pc/toukou/t-39.htm
読んでいて
>そして、鳥居の中に入ると、霊感の余り無い女友達が・・・、
>「今聞こえた…?」
>「『お゛ぉーっ』って声が聞こえたやんな?」・・・・って。
(中略)
>女友達が
>「あの真っ暗な道の前に誰かおる」って言うと、
>そうしたら霊感ある子が
>「おるな〜手招きしとる」、
>「そうやんな〜小さい人やろ?」と・・・・・・・。
って表記が気になったもんで…。
妙見さんって北斗七星を祀ったモノだったと思うけど、
これなら渡来神って条件に当てはまるんじゃないかなあと…。


96 :本当にあった怖い名無し:04/08/06 01:35 ID:/LUC9oGU
>>93
記事でも霧島のままでワロタ

97 :本当にあった怖い名無し:04/08/06 03:48 ID:vmVNmleT
>>95
うわさの神仏2に出てた妙見宮なら
近くに住んでるけど・・・。
神仏1はまだ入手できてない。どんな話?

98 :本当にあった怖い名無し:04/08/06 14:11 ID:GUtBGPFe
>>95
大阪の能勢妙見は鳥居あるけど、一応、日蓮宗のお寺ですから
違うと思いますよ。

「身の丈30センチの白髪の老人の現れる神社」の手がかり

わけのわからない渡来神をまつっている
変わった名前の神社
現在はオーソドックスな祭神に変わっている
渡来神の素性は不明
神社の門にかんぬきがかけてあり、夕方以降は中に入れない
この老人を見た者はその後、すぐに死んでしまう
この神社がある土地の人間はみんな知ってる

これだけ。私個人としては、和歌山か出雲地方ではないかと思ってます。
この二つの地域には、やたらと渡来神を祭った神社が多いですから。

99 :本当にあった怖い名無し:04/08/08 14:54 ID:O0aXcm9w
>95
妙見神=北斗七星だけど、
北斗七星の星の一つ一つを神格化したりは無いんだろうか?
大陸あたりでは有りそうな気がするが…

で、その星の中の一つの神様を祀る社が、妙見信仰の中に入ってるという
憶測をしてみた。
破軍星なんて、やばそうな気がするでしょ?

100 :本当にあった怖い名無し:04/08/08 15:47 ID:8kv6Lstt
北斗七星って基本的に悪神だからね。

101 :本当にあった怖い名無し:04/08/11 23:46 ID:MV03/w9I
っていうか、何故急に止まる?
まぁ妙見様(しかも憶測)ってだけじゃ探しようがないがね。

102 :本当にあった怖い名無し:04/08/12 00:11 ID:F150zKaE
不完全燃焼が続いてるからねえ。

呪術請け負い村もいいところまでいったのに、その後の調査がしりつぼみで ( ´・ω・`)ショボーン

103 :本当にあった怖い名無し:04/08/12 00:35 ID:h2RyF8se
ほん怖の一つ目入道の神社だけど、島根の熊野大社の横に宿泊施設があった。
たたらに関係した話だったし、マンガの中の神社は熊野大社を写したっぽいんだが。

104 :本当にあった怖い名無し:04/08/13 01:25 ID:kdGId8S1
>呪術請け負い村もいいところまでいったのに、その後の調査がしりつぼみで ( ´・ω・`)ショボーン

取り合えず、付近住民や同県人の方々は居られませんか?
図書館での調査が一番確実かしらん?

町BBSで聞いたほうがいい?

105 :本当にあった怖い名無し:04/08/13 20:13 ID:fF4UBpNP
「呪術請負村」って、ひょっとしてここ?
  ↓
http://travel2.2ch.net/test/read.cgi/kyoto/1088015480/l50

106 :本当にあった怖い名無し:04/08/14 11:33 ID:SuEtFQR3
>105
きーっ悔しい。
3回目ダタヨ・゚(ノД`)゚・。

107 :本当にあった怖い名無し:04/08/15 23:40 ID:nHqb8yrZ
進展も無いようなので―例の飯綱社の由緒を調べて参りました。
さすがに山梨まで行けないので、国会図書館で町史を見てきたんですが―
由緒欄が全部漢文…。読めませんてば(涙)
とりあえず全文転載しますので、得意な方読解お願いします。
『甲斐国志』からの引用です。
邑主榊原八兵衛所記之縁起ノ略云
慶安二年巳丑七月六日、村老五郎右衛門之家有2奇事1忽然堕2小塊石於室中1
者六七箇、翌七日亦然、家人大驚怪焉、五郎右衛門曰、石礫何用鄙情祈レ財ヲ而巳ノ
言未レ卒ノ又下2財物数箇1、ノ五郎右衛門畏謝レ之後神憑2小女1
託2村人1曰ノ吾是飯綱ノ神也、祭必有レ福、汝等宣レ告邑主、
云々邑宰鈴木理右衛門告2其事於予1、予先夢此事1、及2理右衛門ノ書至1、
益信レ之、令下ト2浄地1営レ祠祭上レ之ノ云云
明年庚寅二月九日小女終焉、浮屠氏為謚以2戒名1記2干牌子1 
祭レ之女子之霊忽●レ之代以2平生所レ照之鏡レ理右衛門大驚祀2本祀之傍1
傍曰2大黒天神1○呼霊哉奇哉ノ因記2其事1定2社地1、且寄2附之1、
以2祭田五石1永世勿レ失2祭儀1矣、承応二年巳八月榊原八兵衛寄進状一章
元禄元年十二月榊原真政盛奉納夢想、俳諧一巻ノ宝永五年戌子正月榊原安芸守、
忠知所レ修漢字ノ流記一巻ヲ蔵ム、社領五石社地千弐百九坪除地タリ奉祠小沢但馬

レはレ点
常用漢字に無い字●→黒辺に出。 ○→口編に差。
上下は原文では組文字で○の中に上・下が書かれてます。

108 :本当にあった怖い名無し:04/08/15 23:44 ID:nHqb8yrZ
漢文解読に自信がないのですが―
『邑主榊原八兵衛が記す縁起によると
 慶安二年巳丑七月六日、村老五郎右衛門の家に
 室内に小石の塊が堕ちるという怪事が有った。
 翌日も同じ事が有り、家人は不気味に思ったが
 五郎右衛門は悪いモノの仕業で無いと思っていた。
 そのうち娘?が神憑りとなり「我は飯綱の神也。
 祭れば福を与えよう」と告げ、土地を選び祠を
 建て祭った(以下省略)』
でなかろうかと。
俗説として「社殿横に往時祭典に使用した花火砲が幾本かあり
祭神が花火を好むので、その霊を慰めるために古来盛大に打ち上げた」
というのもあるそうです。
祭神は保食大神様でした。

109 :本当にあった怖い名無し:04/08/15 23:58 ID:7Lww1sg7
おお、すげえ。
カキコするだけでも大変だったろうに。お疲れさまです。

内容は・・・。。。と、さかきばらはちべいさんが、、、
ヽ(`Д´)ノウワァァァァァァン ムヅカしいよ。

後でゆっくり読みます。

110 :本当にあった怖い名無し:04/08/16 03:40 ID:ROrsCIgn
乙! そうか、国会図書館という手があったか!

東京都民よ! 今すぐ国会図書館に走れ!

俺も後からジックリ読みます orz

111 :本当にあった怖い名無し:04/08/16 10:28 ID:b6HimM5y
勝沼町内には話題の飯綱神社の他に、飯”縄”神社ってのがあります。
その飯縄神社は町中にあって、割といろんな本に載ってるんだけど、
飯綱神社の方は、調べられた(私が、ってだけですが)中で一番古い資料の
大正五年に発行された東山梨地域をまとめた町史に載ってませんでした。
言うほど歴史のあるお社じゃないのか?と思ってたら
11さんのレポートの>40に明治ってあるし・・・わからない!!


112 :107です。:04/08/16 22:12 ID:emI3ugTC
>>111
ええっ?勝沼町には二つも「いづな社」があるんですか??
…某神社庁HPでチェックしても「飯縄」しか表記されてませんけど。
ちなみに11さんの神社は鳥居の扁額から「飯縄社」です。
私の調べた方も「飯縄社」でした。(飯綱社って書いてますね。ごめんなさい。)
11さんのレポからその地域には3つ神社があると書いており、
勝沼町誌の該当地域にも3神社しか記載が無かったので
多分私が転載した由緒の飯縄社と11さんレポの社は同じだと思うのですが…。

でも>53で新しい由緒板に勧請年不明で信州飯綱山からの勧請説有り―って
11さんが書いてられましたね。
だとすると、私の転載した由来の神社とは別なんでしょうか??

111さん、差し支えない程度で良ければ、その勝沼町内の飯綱社の場所を
教えていただけませんか?
私が調べた範囲内で、慶応4年発行の「甲斐国社記・寺記」によると
いづなを冠する神社は3つ確認できました。
勝沼の飯縄社・市川村(現・山梨市)の飯綱大明神社・身延町の三宮飯縄大明神。
これに載ってないとなると、記録しなくてもよいと思われた祠か
もしくは創建が新しいのかもしれません。

113 :107です。:04/08/16 22:27 ID:emI3ugTC
書き忘れました。
あの、髑髏本尊の神社の由来も調べてきたんですけど
知りたい方いらっしゃいます?今更かなって思うのですけど。
前に言っていたエピソード1の死んだお姫様を祭る神社のある村って、
山梨だった仮定するなら、やはりここかなぁと思ったのですよ。
立川流髑髏本尊いう術継承の土壌があることもそうですし、文の描写か
ら村の中をずっと入った奥に神社があるような書き方してますよね?
髑髏本尊の神社には姫は祀られてなく、別の場所に彼女を祭る社が
ちゃんと在ったんです。それも集落の奥の別集落に通ずる峠の山裾に
鎮座してるというんですが。だからもしかしてと思ったんですけど。

114 :本当にあった怖い名無し:04/08/17 01:01 ID:cBUBV2g9
な、なんだってえ!(AA略

115 :本当にあった怖い名無し:04/08/17 01:41 ID:knVIdpld
>>113
立川流は呪術と言っても敬愛法に近い、男女交合に主眼を置いたものだから…。
禁制となったのも性愛を中心とした教義に対してだし。
この際は無視しても良いのでは?
それに神社の祭神も明治新政府の薩摩・長州の田舎者がテメエ等の謀反を正当化する為にかなり歪曲させているから(勝者が歴史を作るの鉄則)皆天孫系か稲荷に変えられてい
る筈だよ?

116 :本当にあった怖い名無し:04/08/17 04:20 ID:Viv4El/D
>>113 107さん、 重ね重ねご苦労様です!!
第二の勇者様と呼ばせていただきます!

>あの、髑髏本尊の神社の由来も調べてきたんですけど
>知りたい方いらっしゃいます?今更かなって思うのですけど。

知りたいに決まってるじゃないですか!!
ブラボ〜〜〜!!

117 :本当にあった怖い名無し:04/08/18 18:25 ID:tUln8dRL
>>112
111を書き込んだ者です。
大した情報でもないのに横レスすみませんでした。
もう一つの飯縄神社は勝沼町綿塚にあります。
甲斐の神社.COMというサイト内に画像がありました。
ttp://www.kainojinjya.com/higashiyama/katsunuma/20/20.htm

例の神社は地図上では飯”綱”と表記されてるんですが・・・どうなってるんでしょうかね?
ちなみにこっちの神社は上記のサイト内にはありませんでした。



118 :本当にあった怖い名無し:04/08/18 21:53 ID:K0eY4IPe
乙!

55 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)