2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

秘密にしていたホラー体験を話します。

1 :サトシ ◆HVgrcIrdGM :04/07/07 11:05 ID:fVXThaW/
俺は、今まで多くの不思議な体験や、恐い体験をしてきました。
ずっと秘密にしていましたが、ここで発表します。
人に聞いた体験談も含めて、全て実話です。

2 :金玉春鈴 ◆55KkZooPQ. :04/07/07 11:06 ID:PvTkyvhP
(*゚ー゚)

3 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/07 11:08 ID:/IBv9ZH8
>>1
よろしくおねがいします。
一発でかいのをかましてやってください。

4 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/07 11:11 ID:Z2PB7OJP
実名でお願いします。

5 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/07 11:22 ID:i/tXPjwO
ピカチュウを飼ってるとか

6 :サトシ ◆HVgrcIrdGM :04/07/07 12:10 ID:fVXThaW/
 最初は俺が小学校5年生の時の話。
 学校が昼過ぎに終わり、俺はいつも通り駄菓子屋に寄り道した後、家にむかった。
その日は夏の真っ盛りで、溶けそうな夏風が吹くような日だった。
 家に着いて、鍵を開けて、中に入った。そして、何かに気が付いた。
いつもの空気と違う。これは第6感というやつなのだろうか?指先がビリビリして冷や汗がでてくる。
 とにかく、テレビを見ようと思ったのだが、なぜか電源が入らない。リモコンの故障もあったのかもしれないが、半々で霊の力だろう。
と、突然、押し入れから声がした。


7 :サトシ ◆HVgrcIrdGM :04/07/07 12:11 ID:fVXThaW/
「坊ちゃん。坊ちゃん。お願いだからここを開けて下せえ。」
しゃがれた声。歳は50過ぎだろうか?俺は、好奇心で聞いてみた。
「あなたは誰ですか?」と。
すると、ふすまの中からまた声がした。
「へぇ。私は江戸時代の落ち武者で、ここから出られないのです。金縛りというやつですな。」
金縛り、か。俺もかかった事はよくあるが、江戸時代から換算してもざっと200年近くも金縛りにかかっているという事だろう。
 俺は気の毒に思い、助けてあげることにした。子供時代は純粋で恐れる事を知らなかったから...。
「どうすれば助けられますか?風水とかですか?ふすまを開けていいですか?」俺は、恐る恐る聞くと、武者はしばらく黙り、
「いえ。気をつかわせてすいませんね。私は落ち武者なので、身なりが気になって仕方ありませんや。」と言う。
身なりか。聞いた事があった。落ち武者も人の子で、昭和の時代には鎧は恥ずかしいのだ。俺でも落ち武者なら鎧は恥ずかしいだろう。
 俺は「洋服はありますよ?お父さんのですけど。」と言うと、落ち武者は「いえ、アメリカの服は着れません。家康さまに斬られます。気分的には鎖国してますんで。」と言った。
「では、どうすれば?」と聞くと、落ち武者は「へぇ。では浴衣を用意してもらえますか?お父さんのでいいんで。」と言った。
 さっそく、俺は父親の浴衣を用意してあげた。すると、ふすまから、「お願いですから着替えは見ないで下さい。」と、照れたような声がした。


8 :サトシ ◆HVgrcIrdGM :04/07/07 12:13 ID:fVXThaW/
言われた通り、俺は違う部屋で待機していると、シュルシュルと着替える音がしてきた。
そして、「坊ちゃん。江戸は終わったんですなぁ。」と落ち武者の寂しそうな声がして、プッツリと物音がしなくなり、跡形もなく消えていた。
 その夜は夏祭りだった。響く太鼓の音を聞いて、ああ、先祖の霊が帰ってきたんだな、と悟った。

 

9 :鬼ックス ◆qIONlXm97w :04/07/07 17:11 ID:TlkIDxSS
>>5
先に言われた・・やるな!!

10 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/08 18:05 ID:1vQI22lQ
ええ話しやぁ…(ノω;)

11 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/09 06:12 ID:bAt225tv
そして、「坊ちゃん。江戸は終わったんですなァアアアアアアアアアアアアアアア!!!!!」と落ち武者の叫び声がして、
俺は振り返った。そこには、5メートルはある、巨大なバケモノが立っていた。
俺「くそっ!正体を現したがったな!」とっさに俺は戦闘態勢に入った

しかし、小学生がそんなバケモノに勝てるはずが無く、俺は・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

12 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/09 10:17 ID:iL5PNE41
チンチン弄ばれますた

13 :s ◆M.zh1luQjI :04/07/09 16:14 ID:3v3tkHzg
d

14 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/09 16:15 ID:3v3tkHzg
ok

15 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/09 17:17 ID:Ll6ronNh
いやらしい体験だったな。

16 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:04/07/11 12:34 ID:WdnBbplE
>>1
おまえの話はつまらん

17 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:04/07/11 12:46 ID:c7QJVkep
もう少しなんだよなー 60点。

18 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/11 13:19 ID:92OdjXlH
>>1
なかなか変わった趣向で面白かったよ。
「怖い」というより「不思議」感覚の怪談ってとこかな。
こういうのもいいね。

19 :鬼ックス ◆qIONlXm97w :04/07/11 16:24 ID:Xnz4k93X
だがスレ立てるとは・・・

20 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/14 16:50 ID:369wAVBN
ものすごーい、つまらんね

21 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/16 08:50 ID:kIVwkbCg
どっかの落語のネタを弄ったような話だな
どうせやるならもっと作り込め

22 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/21 12:40 ID:3Dr7TiiP
http://taruo.net/e/
ttp://taruo.net/e/

23 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/25 18:52 ID:C88XeyeR
>>7
今更ながら、何故武将が町人言葉を喋ってたんだろう…
江戸時代の人間は、自分を「江戸時代の人間だ」と自覚してたんだろう…
家康が生きてた頃にアメリカ合衆国は存在したんだろうか…
あと、浴衣はそのまま消えてしまったんだろうか…

決して>>1が嘘をついてると言ってるんじゃないぞ。
むしろ、>>1の体験が事実なら、非常に興味深い謎が幾つも残されたことになる。
死後の世界では時空間が歪んでいるのかも知れないな。

24 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/25 21:34 ID:s8/q/XUN
[70:aaa (2004/05/31(月) 20:21)] サッチャンハネ、コウツウジコデ、ハネラレタ、ダカラ、カオガトレテ、
ドッカトオクヘ、トンデチャッタ♪悲しいね、さっちゃん♪
さっちゃんは即死で死んじゃったの。このレスを見た人は…
さっちゃんが0時に行ってあなたの首をかまで切り取っちゃうよ♪
いやなら、さっちゃんが行くまでに、9回違うスレにレスを送ってね♪
あ、さちゃんの顔は、こんな顔だから、
探してくれるのもイイよ♪オネガイネ…。http://www.operaou.com/image/cmail/rei0204.gif
これマジだよ!!信じなかった私の友達は首を狩られて死んじゃったし



25 :本当にあった怖い名無し:04/08/03 11:29 ID:BFms7dNE
サトシ君は、旅に出ちゃったみたいだね。
このまま、誰も来ないなら、あまり人に知られたくない話でも
書き込んでおこうかな。明日、まだスレが有ればね。

26 :本当にあった怖い名無し:04/08/04 00:12 ID:LJLnBgja
義ニヨリ保守イタス

27 :本当にあった怖い名無し:04/08/04 02:18 ID:FaHYTk1V
>>1
ホカノ オハナシ マダー? (・∀・)/□チンチン 

28 :25:04/08/04 08:57 ID:tUtt5Src
まだ人が居たんだw
じゃ、もっと過疎化してから書き込もう。

29 :本当にあった怖い名無し:04/08/04 13:00 ID:3bcUuDeb
>>1
ワラタ。メチャクチャな設定だなあ、おい。


30 :本当にあった怖い名無し:04/08/05 12:47 ID:LalrrPI0
オチがあると思ったけど 一貫した心霊話でしたか。

しかしネタとしては まずまずのデキです。
細かい描写で肉付けをしたなら もっと良い作品になるでしょう。

これからもご先祖様を大切に。

31 :最後尾認定委員:04/08/05 18:35 ID:LalrrPI0
最後尾702位を認定しますた

32 :本当にあった怖い名無し:04/08/05 19:31 ID:ncyoWrpZ
このまま生き続けてやる

33 :本当にあった怖い名無し:04/08/06 00:33 ID:Me2cpDRj
http://www.ne.jp/asahi/meitei/pedantry/field/rakugai/gunjin.html


34 :気作コマンタレビュー漏れ蔵 ◆5walkukp1A :04/08/06 05:01 ID:Mwmbfd5e
706/706 ぶくぶくぶく〜

35 : ◆hkfzcLzTDY :04/08/06 18:19 ID:K9o9uXAn
|-`)
|)彡 サッ

36 :本当にあった怖い名無し:04/08/06 18:24 ID:K0AXeV3X
最後尾の最終番get

37 :モルヒネ ◆DQNi9xnTxo :04/08/06 22:50 ID:wWlOvsGS
最下層記念カキコ

38 :本当にあった怖い名無し:04/08/07 07:32 ID:jmBIZVPy
おまえらおはよう。

今、俺がオカ板の最終の最終だ!エッヘン

39 :本当にあった怖い名無し:04/08/07 08:46 ID:YrVXT/P3
最終の最終阻止

40 :本当にあった怖い名無し:04/08/07 09:52 ID:kBGkaBXX
(´-`).。oO(一時間も経たずに阻止された・・・)

41 :本当にあった怖い名無し:04/08/07 20:42 ID:0mdPoMB9
俺は25の話がずっと気になっているのだが

42 :本当にあった怖い名無し:04/08/07 23:05 ID:BjRbEObK
test

43 :本当にあった怖い名無し:04/08/07 23:13 ID:IYtV7xRj



       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
       |                |
       |                | 
       /  丶/|::/!!!    ミ;=  /_____
       /  r",,ゞィ    ヨ ●ヾ /ヽ__//
     /  イ●ノ /  、"'ーヘヽ /  /   /
     /  "" ,.゙・ ・'' ヽ、""   /  /   /
    /  ( "'-三-''" )     /  /   /
   /             /  /   /
 /             /   /   /
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/   /   /
                ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


44 :本当にあった怖い名無し:04/08/07 23:28 ID:e2IIM0Il
(´-`).。oO(あ〜ぁageやがった・・・)

45 :本当にあった怖い名無し:04/08/07 23:47 ID:Q1ogGj2L
無意味なageはガクっとくるよね


46 :きよし:04/08/08 00:14 ID:2fLlRJkT
(σ´∀`)σマタシズメテヤレ

47 :本当にあった怖い名無し:04/08/08 00:15 ID:be7KOvUz
下級武士が「家康さま」に怒られるわけねえじゃん・・・
もうね、アホかと・・・
疲れる・・・

48 :本当にあった怖い名無し:04/08/08 00:24 ID:6mzUpgtU
落ち武者なのに何で町人風情の話し口調なんだろうw?


49 :本当にあった怖い名無し:04/08/08 00:24 ID:e6aGwLCP
>>47
そこをスルーしてこそ大人なんだよ

50 :本当にあった怖い名無し:04/08/08 00:38 ID:6mzUpgtU
「おい坊主、頼む、ここを開けてくれんかの」
「うむ。せっしゃ江戸時代の落ち武者で、ここから出られぬのじゃ。
金縛りというやつでな」
「いいや。気をつかわせてすまぬのぉ。せっしゃは落ち武者ゆえに、
身なりが気になって仕方がないのじゃ、昭和の時代には鎧は気恥ずかしい」
「いな、毛唐の服などは着れん。家康さまに斬られてしまう。
気分的にはせっしゃ鎖国の身。」
「うむ。では浴衣を用意してもらんかのぉ?お父上のでいのじゃ・・・。」
「こぞう、武士の着替など、みてはならぬぞっ。」





51 :本当にあった怖い名無し:04/08/10 22:04 ID:aGdCFEOh
病院に勤めていた頃、夜外来の前のイスの下を黒い影のような物が多数動き回って
いた。 地下の解剖室の前の廊下は凄くひんやりした空気で、屋上の渡り廊下は
ぞっとするほどイヤな雰囲気だった。

52 :本当にあった怖い名無し:04/08/10 22:44 ID:hu1RKgd3
>>1
サトシじゃなくて電波太郎さんでは?

53 :本当にあった怖い名無し:04/08/10 23:46 ID:5frgftWi
小4位だったろうか。いつも弟と同じ部屋で寝ていた。雨戸を閉めてたんで夏ではない。
部屋は真っ暗になり、便所に行くときは壁を手探りで伝ってドアを探すほどだった。
或る夜、ふっと目が覚めた。カツーン、カツーンと階段を上り下りする音がしている。一軒家で石段はない。
しばらく聞いていると徐々に大きくなってきた。と、いきなり、壁に階段が現れ、上側は垂れ幕かカーテンのようなものが垂れ下がり、そこを
誰かが降りてくる。柄のひたすら長いどでかい鎌を肩に掛け、頭巾をしていた。その頭巾の
中身は骸骨だった。そしてやつは降り立つと容赦無く鎌を振りかぶり、横なぎに払って来た。やられたら多分死ぬ。俺は壁伝いに逃げた。しかし奴はしつこい。仕方ない、弟を踏んづけて起こそう。
が、弟がいない。布団を踏んでいる感触もない。壁にぶつかっても誰も起きない。なんか悪いことしたか、まじでやばい、どうしようか。ふっと奴は消えた。俺は立ったままだった。夢から覚めたと言う感覚はない。
相変わらず真っ暗。半身半疑のまま歩くと壁に手が当たった。奴が戻ってくる前に光をの一念で壁伝いに移動。ドアを開けた。薄明かりの中、部屋の中を見ると、弟が熟睡していた。まず弟が本物か確かめた。


54 :本当にあった怖い名無し:04/08/12 01:57 ID:/zCQht1q
デ ツヅキ ハ ??

55 :本当にあった怖い名無し:04/08/18 18:49 ID:Xd8dDIbK
>>53
真っ暗か・・・ねぇ〜・・・・

13 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)