2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【前衛】OM−2【前衛】

1 :名無しさん@公演中:04/12/03 00:50:45 ID:p0IDDaS0
日本では恐らくトップクラスのマルチパフォーマンスグループ。
見たことある?

2 :名無しさん@公演中:04/12/05 00:36:29 ID:fXDAURd8
おまんこ女学院

3 :名無し募集中。。。:04/12/07 18:47:25 ID:7xoT9d7H
オリザage

4 :名無しさん@公演中:04/12/08 22:54:11 ID:n0OFugvb
「ハムレットマシーン」は個人的に最高。

5 :名無しさん@公演中:04/12/15 23:12:57 ID:K4uj461E
オリザage

6 :名無しさん@公演中:04/12/19 02:04:30 ID:LBf0sn2N
佐々木だっけ?あの太った役者。
あいつすげぇよなー

7 :名無しさん@公演中:05/01/06 02:10:07 ID:syXvIggn
age

あまり人がいないようだな・・・。


8 :名無しさん@公演中:05/01/06 02:18:18 ID:bSw19dVH
何で今までなかったのかな、このスレッド。
人気ないのかな。
パフォーマンス(演劇?)は本当に凄かった。

9 :名無しさん@公演中:05/01/06 15:06:02 ID:tu5wC7Gz
うん、本当に凄いわ。ここのやることは。
やってはいけないことを、やってしまうOM-2に乾杯。

10 :名無しさん@公演中:05/01/07 02:39:42 ID:F4b/lfd3
2ちゃんねるにOM−2は似合わない。
2ちゃんねるのアホどもを相手にするな。
OM−2は孤高の劇団であって欲しい。

11 :名無しさん@公演中:05/01/07 20:46:28 ID:V8hc6uuS
神経症集団。
それゆえに作るものは恐ろしい。

12 :名無しさん@公演中:05/01/10 01:36:19 ID:NGaUWcMw
ハイナー・ミュラー/ザ/ワールドのスレッドにもOM−2のことがたくさん書いてあるよ。

13 :名無しさん@公演中:05/01/11 23:57:22 ID:p+bRHFQZ
OM−2ってどんな感じ?

14 :名無しさん@公演中:05/01/12 22:59:07 ID:3SuVpIU4

OM‐ 2
真壁茂夫を中心に1980年に結成された、映像などを使ったマルチパフォーマンスグループ。
前衛的で実験的な作品を発表し国内の数々の演劇祭に招聘される。
1994 年から海外公演を始める。
シンガポール国際芸術祭、カイロ国際実験 演劇祭、フランスのシグマフェスティバル、NY のTHE KITCHEN 、カルタゴ演劇祭、スイスREITHALLE などに招聘される。
2000 年にロバート・ウィルソンやマース・カニングハムなどの公演で知られるMCA の主催で、日米の俳優によるコラボレーション公演などを行う。
また、カイロ国際実験演劇祭でのオペラハウス公演では「最優秀作品賞」受賞。
フランスでは、フェスティバルの要請により追加公演を行い絶賛を受ける。
2001年1月には財団法人神奈川芸術文化財団の招聘によりテアトルフォンテにて公演を行う。
「NOCTURNAL ARCHITECTURE 」は約50 回という前衛劇としては異例の公演数に上る。
他に神経症を扱った「K 氏の痙攣」などの代表作が有る。

だそうだorg

15 :名無しさん@公演中:05/01/14 04:06:20 ID:cIxwgLms
Wikipedia OM-2
http://ja.wikipedia.org/wiki/OM-2_%28%E5%8A%87%E5%9B%A3%29

16 :名無しさん@公演中:05/01/16 21:29:50 ID:GLFiwXNr
次回作いつやんだろ。
ここHPあんまり更新しないからなぁ。

17 :名無しさん@公演中:05/01/18 06:48:44 ID:8xEfgb/r
前衛は苦手

18 :名無しさん@公演中:05/01/22 03:31:45 ID:g65U/kx4
>>6さんへ
太った役者は佐々木敦です。
確かにスゴイ。おそらく今の演劇界で一番でしょう。
もともと音楽評論でも活躍していて、有名な方では?

19 ::05/01/23 22:21:44 ID:aqpqW3BO
彼って、音楽評論なんかもやっているんだ・・・。
はぁ、恐るべし。佐々木敦。
なんでしょうかね。あの体格だからってのもあるけれども、
役者としてのオーラが半端ない。
っていうかOM−2って彼以外、あんまり凄い人いない・・・。
団体としてどうなんでしょうね?
メソッドもないみたいだし。

20 :名無しさん@公演中:05/01/24 05:59:20 ID:tnrDP8sz
OM−2ってさ、メソッドがないとかじゃなくて、舞台の作り方自体をさ、変え続ける事をポリシーにしているからそう見えるんだ。
昔のOM−2が超人気劇団だった時もあっさり舞台の作り方を変えたでしょ。
いさぎ良いというかさ、そういうところが魅力なんだと思う。
人気を得る事より挑戦する事の方が◎、っていう姿勢が。
そのために一つ一つの作品としては当然失敗作も多いのけどさ。
しかしそういう団体って、他にはないよ。

クナウかとか解体社とかがいっつも同じメソッドでやってるのとは根本的な姿勢の部分で違う。
メソッドに拘って、失敗したのがSCOTだと思うが、どうだろうか。
やはりアートは実験し続けるってことでない?

21 :名無しさん@公演中:05/01/24 22:12:56 ID:Ixu2zdIp
age

22 ::05/01/28 02:57:51 ID:Bi0dWht1
うむぅ・・・。なるほどなぁ。

実験演劇が非常に乏しくなっている演劇界には必要な団体なのかもなぁ。
にしても役者の力不足は否めない気がするが、
それについてはどう思う?20さん。

23 :名無しさん@公演中:05/01/29 04:55:13 ID:TYMcWaSi
>>20です。
うーん、ちょっと力量不足かも・・。
たださ、佐々木敦が強烈過ぎるからってのもあるかも。
例えば中井って男の俳優が、他の演劇に出演してたときには案外うまいんだなって思ったし。
まあ、佐々木が他の劇団に出たらさ、どんな俳優だって食われちゃうんじゃない?
そんなとこじゃないかな。

それと「いつか死んでゆくであろう・・」の時は中井も良いと思ったし。
ちなみに見たのかな?「いつか・・」
あれは傑作だった。

24 ::05/01/29 20:06:31 ID:Tmwv9Sly
「いつか死んでゆくであろう全てのものたちへ」は見れなかった。
そういや、見に行った友人も最高だったって言っていたな。

佐々木敦の能力に他のパフォーマーが食われちゃってるのかな・・・。
作品としても彼を中心とするものが増えてきているようだし。
彼(佐々木)のデカダンス的な動きはどこからくるものだろうかね?

久しぶりにHP覗いたら、新作の公演情報がUPされていた。
「作品NO.3」だと。楽しみだ。

25 :名無しさん@公演中:05/02/02 04:20:47 ID:ZUYP66LP
「いつか死んでゆくであろう全てのものたちへ」は「ハムレットマシーン」よか良かとヨー。

26 :名無しさん@公演中:05/02/05 04:17:53 ID:HSSm59m0
ヨカト

27 :名無しさん@公演中:05/02/12 11:19:04 ID:vOPFltVN
ボクは「いつか死んでゆくであろう全てのものたちへ」にやられて舞台をやめました。
ボクのやろうとしていた様々な事をすべてやっていたからでした。
あの時の敗北感はいまも残っています。

28 :名無しさん@公演中:05/02/15 01:26:15 ID:04FeFe6I
age

29 :名無しさん@公演中:05/02/15 20:50:53 ID:CKcxpnsJ
1

30 :名無しさん@公演中:05/02/18 01:29:45 ID:VSJ5lHQg


31 :名無しさん@公演中:05/02/19 18:32:08 ID:ZakWlWhs
中井尋央さんはいい俳優だと思います。
私はファンです。
佐々木さんも素敵だけど、個人的には中井さん・・・
新作期待しています。

32 :名無しさん@公演中:05/02/19 23:45:29 ID:PSqb+w7p
OM−2も人気がなくなってきたよなぁ。
昔はあれだけ騒がれたのに。
なんでかねぇ。

33 :名無しさん@公演中:05/02/20 00:27:55 ID:F7AHcG+a
↑確かにすごいのかもしいんないけど、単純につまんないからじゃないですか?


34 :名無しさん@公演中:05/02/20 03:05:54 ID:ghMgxwqo
いいや面白いですよー。
エンターテイメント的に見ればどうかは分からないけど、かなり面白いと思いますよ。
「単純につまんない」と言う感じは私的にはよく分からないです。
昔のことはよく知らないけど、私は今一番優れて凄い劇団だと思っています。
>>33さんは「ハムレットマシーン」をみたのですか?

35 :名無しさん@公演中:05/02/21 01:40:42 ID:Ci8Dzb7o
以前のOM−2くらい人気があって、今も持続して人気がある劇団てどのくらいあるのだろうか。
すこし考えても思いつかない、特に前衛では。
劇団て大変なんだな。

36 :名無しさん@公演中:05/02/22 23:30:01 ID:+zlzby1k
唐十郎

37 :名無しさん@公演中:05/02/23 00:32:11 ID:hLtZZRRs
>>18.19

あのー、佐々木敦って、同性同名で、別人です(笑)。

38 :名無しさん@公演中:05/02/23 01:37:51 ID:4VyUXjhm
なかなかないね。
野田秀樹とかは昔でも今でも人気があるけど。
当時では前衛だったのかもしれないけど、今じゃもう古い感じで前衛とはいえないけど。

OM−2はさ、もっとできる可能性があると思うのに、最近紋きりになっちゃってるんだよ。
だからつまらない。いや、面白いけどね。
期待を悪い意味で裏切るって事。ああ、またか・・・って。

原点回帰してもいい気がするけどな。

39 :名無しさん@公演中:05/02/23 02:57:51 ID:wzkH9cce
>>その原点回帰って昔の大仕掛けの演劇をやったらいいってことかな?
しかし俺は今の方が好きだな。

40 :名無しさん@公演中:05/02/24 23:51:48 ID:ZN/EwPmD
>>34

>>私は今一番優れて凄い劇団だと思っています。

なぜにそうおもうの?

41 :名無しさん@公演中:05/02/25 15:40:37 ID:IRozLPtw
人気がないのは、絵的にもファッション的にも、
一般的な人を魅了させるセンスがないからだと思います。
内容がいっくら良くても、ファッショナブルでかっこいい方が人気はでると思います。
OM-2がいい、悪いは置いておいてですよ…あくまで。

42 :名無しさん@公演中:05/02/26 04:06:17 ID:tPF+TcVg
人気ないの?
いつも観客はいっぱいだけれど・・。
でも観客動員数より内容のほうが大事じゃない?
一般的な魅力なんていらないんじゃないかな。

43 :名無しさん@公演中:05/02/26 06:11:46 ID:lmf6zK9i
以前のOM−2と比べたら、今はと言うことだよ。
今だって前衛劇の中では一番動員数は多いはず。
でも>>41はOM−2を観たことない発言だよな。

44 :名無しさん@公演中:05/02/26 21:58:09 ID:0q4uUMSs
同意。
OMは最高。

45 :名無しさん@公演中:05/02/27 16:43:38 ID:HhV/Whzu
SCOTが失くしてしまったものを持ってるのがOMだよな。いい意味で。

46 :名無しさん@公演中:05/03/02 04:38:40 ID:xnN7nq34
SCOTって有名な劇団?

47 :名無しさん@公演中:05/03/05 07:34:10 ID:as2NOqJH
http://www.togasf.org/workshop/Togaws1124/scothistory.html

48 :名無しさん@公演中:05/03/09 01:03:15 ID:qMHJ5Ukj
鈴木と真壁は基本的に考え方が違うような気がするけどな。

49 :名無しさん@公演中:05/03/09 06:45:24 ID:DN3mcJMn
鈴木の初期の本を読むと「内的なもの」という物言いをよく使用している。が、現在のSCOTにはその「内的なもの」の片鱗さえも見ることができない。不幸にも残っているのは型だけだ。
勿論以前には白石加代子という特異な俳優が在籍していたから使われた物言いであろう事は推測できる。白石が退団するとその「内的なもの」という物言いは鈴木から消えてしまう。
その「内的なもの」というのは何ものなのか。その答えは理論的にも舞台の成果としても誰も出していない。
その答えを出しているのが唯一真壁なのではないか。スタイルはまったくと言うほど違うがその底では共通項があるのではないか。
型のインパクトや構成舞台というスタイルを継承したのが解体社などであれば、OM−2は型を取り外し鈴木の原点である「内なるもの」の追求を継承した。
その意味でどちらかといえばOM−2は禁欲的な錬肉工房の方向性に近い。ただ、錬肉がその「内なるもの」の確信を未だに獲得していないのに対しOM−2はある確信を得ている。
錬肉は得ることが出来ないから能役者などを使い実現しようとする。
唯一その答えを実現しているのがOM−2であり、その代表がOM−2の俳優佐々木である。

50 :名無しさん@公演中:05/03/11 01:53:39 ID:zOqU4K/+
SCOTのサル真似している山の手事情社と、ク・ナウカ。哀れ

51 :名無しさん@公演中:05/03/13 03:02:59 ID:GYMPRqyw
哀れか・・・。気の毒な話さ・・・。

52 :名無しさん@公演中:05/03/13 03:10:54 ID:o8C4v3jF
SCOTっていうのを理解するには本を著作を読んだ方がいいんですか。
自分、あんまり読むこと好きじゃないんで。舞台を観るだけじゃ理解不能?


53 :名無しさん@公演中:05/03/13 08:41:51 ID:13bPN0M2
かつてのSCOTは完成された様式舞台を作ったっぺ
それに比べたら ク・ナウカ 山の手 三条会の完成度は大きく劣るっぺ

ク・ナウカは単純すぎるけど最近試行錯誤を始めたっぺ
三条会にはユーモアがあるっぺー(=千葉弁)
山の手は完成度を犠牲にしてまで俳優達自らによる創造を大切にしてるっぺ
解体社は完成を目指していない分一番面白いずら

OMは黄色の時に見に行ってオリみたいなのに閉じ込められた〜w
あの時の衝撃は忘れられないっぺー!

54 :名無しさん@公演中:05/03/13 08:58:38 ID:13bPN0M2
かつてのSCOTは完成されていた分つまらなかったぞな
少し未完成なくらいが一番面白いのかもなあ〜
山の手の安田はそれに気づいてるのかもしれんぞな
完成させるってのは自由がなくなってきゅうくつでつまらないのかも知れんぞな
かつてのSCOTはそんな感じだったぞな
だからわしゃあんま評価せん

鈴木は「ウチのメソッドなら歌舞伎も夢の遊民社の芝居も出来ます」って
自慢してたがSCOTには俳優が自らの感性で創造する自由さがなかったから
もしやったってつまらなかったにきまっとる

そっからまだまだ
かつての白石>>>>>>>>>>>>今の佐々木 だっぺ
ほんでもって
かつての白石>>>>>>>>>>>>今の白石 だっぺ

55 :名無しさん@公演中:05/03/13 09:10:42 ID:13bPN0M2
山の手とクナウカスレにもコピペしといたずら

56 :名無しさん@公演中:05/03/13 09:25:38 ID:13bPN0M2
OM−2と解体社にはメソードはないんかい?
求めるものが内的なものであるほど様式は無くていいんかい?
ちがうんかい?
俳優ってのは何か様式的なものを身につけたほうがいいんかい?
まあ一流のバレエはバレエで見事ではあるわな
そこら辺はどうなのかOM−2 クナウカ 山の手 見てる人に聞きたいずら

57 :名無しさん@公演中:05/03/14 00:52:47 ID:Uy2S6dX3
様式があったほうがいいかではなく、頼りすぎてそればかりになっちゃうのがマズイんじゃないの?
というより内的なものがなければ、様式があろうとなかろうといいと思うんだけれど。
クナウカ 山の手は中身がないってことだよね?その通りだじゃないかしら。
自分たちが作ってきたものが貧弱だと気づいたら、目に前に鈴木メソッドがあって飛びついちゃったんじゃない?

バレエもうまい人は凄くうまくて見事。だけれど何かが足りないって思うことがしばしばあるのも事実。
ミカリさんからもなんか、感じないんですよねー、綺麗だな、うまいなあとか以外は。
佐々木さんのはうまくないけれど、何かが確実に伝わってくる。
いま気づいちゃったけれど、様式は内的なものを伝えるための「前段階的」なものなのかも。
だから様式だけじゃ、駄目だって感じるんだわ、きっと。 

58 :名無しさん@公演中:05/03/14 04:47:33 ID:J20B+eHF
でもさ、結局内的なものを出せる人ってのは限られてるじゃん?
いっくら稽古しても出せない人も居るし。なんか薄っぺらい「演技」っていう
様式にはまっちゃって見てて痛い人とかさ。

だから結局、演劇というアートである程度成功するにはメソッドはいると思うよ。
SCOTが白石かよこを失って、埋没したように、
OM−2だって佐々木敦がいなくなったら、確実に駄目になると思う。
どうよ、57さん。

59 :名無しさん@公演中:05/03/14 23:47:31 ID:Uy2S6dX3
佐々木敦がいなかった時の方が人気があったわけ
過激なシーンを創りだしていて飛ぶ鳥を落とすくらいだったわけよ。
OM−2ってその辺が面白い。
内的なものを出せる俳優がいなかったらいなかったでそれなりのものを創りだっしゃう力があるんじゃな。

60 :名無しさん@公演中:05/03/15 11:14:52 ID:Eo296fHX
>>58下手な俳優のためにメソッドはあるってこと?

61 :名無しさん@公演中:05/03/15 15:42:59 ID:nHeLIJQl
>>58
演出家が自分のイメージ通りの舞台を完成させためにメソードは必要ってことずら?

それはSCOTが利賀に行った初期にかなりの完成度で達成されたずら。
けどあたしにゃあんまり面白くなかったずら。
舞台の統一感は見事でも、どの俳優も同じに見えちゃったずらね。
それにその統一感も世界の一流のバレエ団やオペラ劇場より明らかに劣って見えたずら。

音楽にもかなり誤魔化されていた気がするずら。
逆に言えば音楽が効果的だったずら。蜷川演出もそうずら。

そして白石でさえも少し面白い役者程度に見えちゃったずら。
それまで白石は明らかに他の俳優とは違う特殊能力を発揮していたずら。
1つのメソードに従う舞台作りは役者の個性を殺すずら?
その代わりに統一感のある見事な舞台が出来るずら?

その中で個性を発揮するのは一部の特殊な役者だけずら?
そしてその為には演出家の意図的に一部の役者を生かす演出が必要ずら?

平田ヲリザが絶対に劇中で音楽を使わないのは演技や舞台を一色に統一させずに、
1人の役の心の中を多くの客に同時に多様に感じさせたいかららしいずら。
これも難しい実現可能なのか分からない事ずらね。
しかし普通に静かな演劇以外の普通の芝居でも起きてくることに思えるずらね。
客はいろんな受け取り方するずら。
えんぺのレビュー見れば一目瞭然ずら。
最近なら五反田団のレビューなんかいろんなこと書かれてるずら。

62 :名無しさん@公演中:05/03/15 15:43:46 ID:nHeLIJQl
歌舞伎も役者がいいと相当面白いものになるずらね。
歌舞伎役者は型の習得以外にも浄瑠璃をかなり訓練に取り入れていると聞いたずら。
浄瑠璃は感情は伴なう演技が出来るようになる訓練として使われているらしいずら。

ダンサーは例外なくバレエメソードを習得してそれを基礎に踊るらしいずらね。
その上コンテンポラリーダンスetcにも対応するずらね。

演劇の場合は対応しなければならない作品の種類があまりにも多様で
バレエみたいな1つの優れたメソードに集約するのは不可能ずらか?

1つのメソードではなくて、いろんな訓練をいっぱいやって
いろんな演劇作品に対応していくのが役者ずらか?

山の手のジャムでは鈴木メソッド以外の訓練と思われるものもあったずら。
3つのお題で即興で小作品作りあげてしまったり、
鈴木メソッドより明らかに身体を自由に開放した、
方法にとらわれない単なる自由なダンスもやっていたずら。

63 :名無しさん@公演中:05/03/15 23:18:20 ID:nHeLIJQl
62の3行目

×感情は伴なう演技
○感情を伴なわせて演技をすること

64 :名無しさん@公演中:05/03/16 00:41:24 ID:QmGs8yyJ
バレエがひとつのメソードに集約されるのは分かる。
演劇にはそれがない。スタニスラフスキーシステムくらいだろう。
鈴木は演劇のそれを創ろうと思ったんだよな。
そしてその創ったものを本当に凄いもので永遠であるかのように錯覚してしまたんだな。
だが、それは歌舞伎や能などの立ちかたと変わったものではなかった。
私はその辺が問題だと思うのだよ。
本当に凄いものだったらもう少し継続性があってもいいんではないだろうか。

ちなみにOM−2きょう初日。
真壁は鈴木に勝つか。

65 :名無しさん@公演中:05/03/17 01:07:41 ID:Pjg6cAaX
真壁大サーカス。ちょっと雑な感じもしたけどけっこう納得。
よく佐々木とか中井とかを飼い慣らして舞台に乗っけるなあ。

66 :名無しさん@公演中:05/03/17 01:17:44 ID:yii9WXuf
で、どうだったんだい?
感想キボン。


67 :名無しさん@公演中:05/03/17 01:20:43 ID:TnSmMH7I
前回よりエンターテイメント性は薄し。
印象も暗し。
ただ挑戦している。
佐々木に音や明かりを取って裸にしてしまって、そこで何が残るか。
台詞の発語の仕方、即興の演技など。
私個人としては前回より繊細で優れていると思った。
ただ雑な感じは否めない。

68 :名無しさん@公演中:05/03/17 01:23:55 ID:Pjg6cAaX
うーんちょっとコロスっぽい人たちが本当にいるのかなあっていうふうに思いました。
佐々木とか中井とかあと最初の方に出てた女の人とかでまとめたほうが・・・。
この三人は新宿で見たときよりも面白かったので・・・。

69 :名無しさん@公演中:05/03/17 02:57:04 ID:TnSmMH7I
難解か。

70 :名無しさん@公演中:05/03/17 08:59:41 ID:FlPoXmJs
この後ネタバレ書き込みます。
1つ飛ばして読む事をお勧めします。

71 :名無しさん@公演中:05/03/17 09:26:58 ID:FlPoXmJs
まず最初
下手の人の状態には普通に充分納得
上手の人は見るに値する非日常な演劇をやる状態にも達せず
見るに値する「日常の状態」(=静かな演劇のような状態)にも達せずと見えてしまう
わざとそうしているらしいが、ただ駄目な状態で舞台に居るように見えてしまう

順番にしゃべっていたが、一箇所二人のセリフが揃っていたのを覚えている
それが偶然あそこだけぬるく上手くいったように見えてしまった
演技のレベルが低いということが一つあるのでは
観客を騙せるレベルにしないと
観客がドキドキするくらい
ドキドキしないであくびしちゃったからね
つまらない低レベルの演技と思われては元も子もないのではないか
演劇として無意味化してしまっていたと思った
コロスは効果的だと思った

佐々木もどこまでが狙いなのか分からない
あの流れなら作業灯の後に通常の照明になっていく事に反発しないとおかしい
少なくとも見ていてそう思える

【【【つまらない予定調和な芝居よりずっと見る価値はある】】】
【【【一度見てみるのも悪くない。が、時間をかなり無理してまで見に行かなくともとも思う】】】

72 :名無しさん@公演中:05/03/17 10:01:37 ID:FlPoXmJs
迷っていてOM−2未体験で時間とお金に余裕があるなら見ておいていいと思う
見るに値する瞬間や時間帯や要素はあった
ただ一つの作品と読んでいい状態に完成していなかったと思う
2日目以降、完成度が高まるところと(これはかなりの部分あると確信した)、
構成が不出来で高まるのが難しいところ(これはこれで残ってしまうのでは)と、
私には理解できていないところ(きっとこれも多いのだろうな)があると思う

見てよかったと思っている
金返せとは思わない
OM−2はまた見に行く
昔、見た時は狭い劇場(たぶんデイプラッツ)だったから印象がずいぶん違った

プレゼント情報
【【【できるだけ早い時間に行くこと!
    受付は30分前だが、それより前に行って
     早い整理番号をもらって
       とにかく中央(劇場に入る=中央)に近い席を取ること!】】】

私は中央と上手端との中間くらいでも下手が見ずらかった
少し見ずらい方向があってもそんなに支障はなかった
でも中央近くでバランスのいい状態で見たほうがいいはずだから
開場を平土間状態にしてかなり横長に使ってる
あんまり来るのが遅いと座布団席w(初日は満員だったから)
もっと積極的に二階から見させるのもいいと思った
面白い見え方になるんじゃないの
二階にも数人いたけど関係者かな?

73 :名無しさん@公演中:05/03/17 14:42:56 ID:FlPoXmJs
3/16-3/18『作品No.3』(OM−2)@ムーブホール
★★★★ 03/17
賛否が分かれるだろうなあ。
初め俳優が噛んでいるのも明らかにワザとなんだろうけれど、
OM−2を知らない人には本当に噛んでいるように思われるだろうし。
私は大好き。
やはり前衛劇の王様。

74 :名無しさん@公演中:05/03/18 00:04:07 ID:+OVqsAnP
凄かった!

75 :名無しさん@公演中:05/03/18 00:25:41 ID:MPpxiYAI
これは演劇で何ができるかというOM−2の実験なのだから、
ラストの佐々木の作業等でのパフォーマンスは納得。
その潔さが良い。

やっぱりここはすげぇなー・・・。
泣きました。

76 :名無しさん@公演中:05/03/19 04:22:18 ID:wyX1v8PI
OM−2の俳優たちは命がけでやっているのだから、観客も命がけで見なければ楽しくない。
そうすればあなたはもうOM−2フリーク。


77 :名無しさん@公演中:05/03/19 20:19:07 ID:6BoRuvoj
「作品No.3」
無星   03/19
遠い劇場まで足を運んだのにがっかり。
何でもぶちかませばそれで表現になると思うのは大間違い。
ケレン味だけのこけおどかし。
これを前衛として評価するのは間違い。
大仰なだけで、新たな表現を目指す知性を感じられない。 (ハイナー・ミウラ)

78 :名無しさん@公演中:05/03/19 20:23:07 ID:6BoRuvoj
http://hobby5.2ch.net/test/read.cgi/drama/1066818499/l50
ハイナー・ミューラー/ザ・ワールド

79 :名無しさん@公演中:05/03/19 20:33:46 ID:6BoRuvoj
無星   03/16
出演者に素人モドキが多い。冒頭から最近流行?のセリフ噛みまくり。
舞台の上に居ることが許されるテンションに達していない人がいた。
初日に間に合わなかったと思われる舞台は作品としてバラバラでした。
主演俳優は長い時間と音響の助けがないとテンションが上げられないらしい…残念。
それでも上がらなかったね…切り。男女一人づつ前衛劇にふさわしく踊れる人がいました。
特に作品の後半は明日以降もっと盛り上がる可能性あり。 (初日に行くんじゃなかった)

★★★★ 03/18 あまり言うとネタばれになるので言いませんが凄いです!
ものほんの血が吹き出ます。こういうの毎日俳優さんは出来るのでしょうか。
観客何人か気持悪くなって帰りました。 (りんご)

★★★★ 03/18 ナチスの絶滅収容所で流されたクラシックが「大衆」の腐敗の象徴なら、
アーティストとしての解はこうなるだろう…。
台詞と動作の切り離しについて、映像媒体を使う、台詞をなぞって書く、リズムを使う…
佐々木敦さんが3パターンやってみせる。
生理的不快感を刺激する実演だが、頭の一部は冴えきった、正にエレガントな作品。
特にモニターを使った最初は伝説になるであろう完成度。
構成美と転換も見事。時間の経過をを忘れる70分 (角田)

★★★★ 03/18 ストレートな衝撃。逃げない姿勢がとても良い。
刺激を求めるとかでなくても、オススメ。苦手な方も苦手なりに得るものは必ずある。 (taka)

★★★★ 03/19 満員。今時こんなに凄い演劇を作れる劇団は他にない.
これぞ大傑作。賛否両論、大賛成。二人の俳優、佐々木敦と中井尋央は敬意に値する。
心の涙が止まらない。 (涙そうそう)



80 :名無しさん@公演中 :05/03/21 01:29:59 ID:EOftSeRR
ね、あれ本当に手首切ってたの?FSXでないの?

81 :名無しさん@公演中:2005/03/21(月) 22:54:23 ID:iGSG1LvZ
一番前の席で見てたんだけれど、俺の洋服に血が飛散してついてしまった。
なんか嬉しかった。あれは多分本物でしょう。舞台上もよくみたら血が滴り落ちて染まっていたし。
ここまでやると好意に値する。

82 :名無しさん@公演中:2005/03/23(水) 19:41:06 ID:B3h8/+J2
身を切って、命を賭けている姿に感動しました。

83 :名無しさん@公演中:2005/03/24(木) 02:26:27 ID:yjiKAgt9
グロにつき閲覧注意。

84 :名無しさん@公演中:2005/03/26(土) 00:17:07 ID:B0XrALY/
前回では胃カメラを飲み、今回はリストカットを実演。
OM−2はどこまで行くのだ。
次はあるのか?

85 :名無しさん@公演中:2005/03/26(土) 11:37:01 ID:L0Zxmw1v
あれ、本物じゃないよ。
あんなのほんとにやったらただの露出狂の祭典じゃん。
本物だと錯覚させる効果はすばらしいね。

86 :名無しさん@公演中:2005/03/27(日) 16:47:41 ID:JRZQCTz4
なんだ、本物ぢゃないのね。
前もって準備されたものなんですね。

87 :名無しさん@公演中:2005/03/27(日) 18:59:06 ID:aAMdbs9a
いやいや、見た目でものを言うものじゃないよ。本物だって。
稽古場でウェディングドレスが血まみれになってたって、
方々で聞いたよ。本物じゃなきゃやる意味も半減じゃない。

88 :名無しさん@公演中:2005/03/28(月) 02:13:31 ID:JhpSGwx/
まぁ、中井さんは本当に腕を切ってたわけだが
露出狂の祭典という見方はあながち間違ってない気がするw

89 :名無しさん@公演中:2005/03/29(火) 03:21:52 ID:VJzcwQMs
>>88腕を切る=露出狂なわけ?

90 :名無しさん@公演中:2005/03/30(水) 17:35:17 ID:GCIt5OTH
舞台上で血を流すってどういうことだろう?
誰か理論的にきちんと語ってみせてよ。
アレッテひとつの演劇における事件ですよね。
今まであんなのに出くわした事ないし、聞いたこともない。
たまたま事故で・・というならあるだろうけれど、意図的にやるってのは・・なかったですよね。
OM−2の公演は演劇って呼ぶべき行為ではなかったのでしょか。

91 :名無しさん@公演中:2005/03/30(水) 19:11:27 ID:MqgsfqVT
初日から流血してた?
真ん中左の席だけど気づかず

92 :名無しさん@公演中:2005/04/03(日) 01:52:06 ID:kd6Unxpq
解体社ビデオでみたけど、すげーつまらんかった。
トーキョーゴットォ?

あれは何が面白いの。
レスに完成をめざしてないってあったけど。

93 :名無しさん@公演中:2005/04/03(日) 22:23:40 ID:0IYMue6K
解体社とOM−2は違う劇団ですよー。
>>91初日も流してたけれど、うまくいかなかった、と言ってたのを聞きましたが。

94 :名無しさん@公演中:2005/04/05(火) 03:46:18 ID:0KMNuauC
>>92OM−2の「いつか死んでいくであろうものたちへ」か「ハムレットマシーン」のビデオを見たらどうかしら。
「東京ゲットー」が駄目でも、上の二つなら感動すると思います。
解体社はちょっと狭いというか、見る人を選ぶと思います。
OM−2の作品もいろいろ(良くくないのも)、あるけれど上の二つは人生が変わるほど素晴らしい。

95 :92:2005/04/05(火) 07:26:09 ID:Y5A9L9hz
「いつか死んでいくであろうものたちへ」「ハムレットマシーン」
どこでビデオ手に入れるの?
OM−2のHPみたけど売ってなかった・・・。

96 :名無しさん@公演中:2005/04/07(木) 15:42:09 ID:eVDlQQOB
初日はね、
モニター画像が映らなくなって舞台上で役者が困った挙句に、
素の状態になって抜けちゃってたピンコード差し込み直した。
役者が左から右に駆け抜けるタイミングも全然まぬけ。
両サイドで照明器具振り回すシーンを見て、
こりゃもう今や古くなっちゃった劇団なんだと思った。
なかなか開場すら出来ずに開場も着席もバタバタと。
バタバタ感が消えないうちに本番が始まってしまった。

97 :名無しさん@公演中:2005/04/07(木) 15:48:16 ID:3tQrdk7u
>>95ビデオはどこか、演劇のビデオ売ってるショップで売ってるんじゃないでしょうか?


98 :名無しさん@公演中:2005/04/10(日) 23:06:23 ID:yUGP1q/g
>>96さんへ
素になってコードを指したのはワザとですよ。
素になることであのシーンは成立していたように思うけどどうでしょうか。
それとOM−2の作品にはいつも古いものと新しいものが混在して出てくるよね。
同じことを繰り返すことによって新しいものを見つけていこうというやり方は変わっていないと思うけど。
それは今回に限ってじゃない。
「ハムレットマシーン」の時だってそうだった。
そんなことにこだわっていないんだと思うよ。
それよりササキの演技のあり方とかを見るべきでは。
あれは新しいとか言う言葉を超えているでしょう?
そのことは分かると思うけど。

99 :名無しさん@公演中:2005/04/12(火) 06:29:52 ID:yVrxIx/5
ノシ

100 :名無しさん@公演中:2005/04/12(火) 16:25:00 ID:inJkdMTY
というか、作品NO.3は素になることを前提に作った作品っぽいですね。
佐々木敦の最後とかもそうだし。

そうすることで混乱を見事に生み出した。

101 :名無しさん@公演中:2005/04/17(日) 00:59:01 ID:W6oQPZ7h
あげあげ

102 :名無しさん@公演中:2005/04/20(水) 05:35:55 ID:0VNSttjO
>>100そうか、そうだね。
納得!
>>100さん、ありがとう。

103 :名無しさん@公演中:2005/04/25(月) 01:07:06 ID:1OzACvYM
die pratzeのMSA Collection見に行ってるけど、いまいち。
もう一回OM-2やらないかね。

104 :名無しさん@公演中:2005/04/30(土) 22:28:24 ID:R4Zr2B+Y
OM−2は来年じゃないかな?海外行くみたいだし。

今年のMSA Collection微妙だったね。
また、小鳥とか呼べばよかったのに。

個人的に虫丸とか地点とか呼んで欲しかった。
あれってどういう基準で呼んでんだろう?
楽園王とか、見ても病原菌に侵されそうじゃない。

105 :名無しさん@公演中:2005/05/01(日) 02:34:44 ID:eqIxCLxi
小鳥は解散したぜい。

106 :名無しさん@公演中:2005/05/05(木) 00:24:27 ID:1GXxx1is
関係者の人に聞いたけど、
小鳥は名前を変えて活動するだけよー。

107 :名無しさん@公演中:2005/05/05(木) 05:44:53 ID:Opr3VcQO
小鳥も金に目がくらんで、アゴラ系列になっちゃったって聞いた。
地点はもともとアゴラ系。
アゴラ系はもう要らないんじゃない?


108 :名無しさん@公演中:2005/05/05(木) 05:49:20 ID:gbNg3J0t
OMも若手演出家シリーズとかやりだしたりw

109 :名無しさん@公演中:2005/05/07(土) 00:36:25 ID:esGsFcqS
アゴは基金を必要以上にもらっているから出来る訳でOMにはしたくとも出来ないと思われ。
アゴ周辺、その基金に群がる浅ましい若手演出家の地獄絵図。

110 :名無しさん@公演中:2005/05/07(土) 00:55:33 ID:ocUwmqjq
アゴは噂だと億単位もらってるとかもらってないとか。

OMって昔ってどんなことやってたの?


111 :名無しさん@公演中:2005/05/09(月) 02:06:57 ID:nH5vrEla
昔ねえ〜、私が知ってるのは大仕掛けっていうか、群集前衛劇っていうか・・。
大勢出てました。100人くらい出演してたって聞きました。
飛ぶ鳥を落とす勢いって感じで人気もあった模様。
もう一度大仕掛けの作品も見てみたいです。
視線の演劇は有名です。

112 :名無しさん@公演中:2005/05/09(月) 06:31:01 ID:mnYg1fFa
100人って凄いなぁ。
今は個々のパフォーマーにしっかりと時間を与えてる感じだから、
今と昔じゃあ、全然違うんだ。
OMはどうなっていくんでしょうね・・・。

113 :名無しさん@公演中:2005/05/16(月) 02:01:27 ID:H1lzG5/Q
何年か前のボイスパフォーマンスと机を叩くノイズパフォーマンスも印象的でした。

114 :名無しさん@公演中:2005/05/21(土) 01:07:04 ID:Wtv44eKn
作品どうやって作ってるの気になる。

115 :名無しさん@公演中:2005/05/22(日) 23:43:05 ID:Gt7q3+gZ
↑日本語、変あるよ。

116 :名無しさん@公演中:2005/05/23(月) 22:42:41 ID:mOEd0Kbq
作ってるの『か』だね。

117 :名無しさん@公演中:2005/05/24(火) 11:24:10 ID:smLE9jz7
今は演出家のイメージや思想などはまったく入れず、俳優自身が自らシーンを組み立てて作っていくと言ってたような。
それって俳優は大変なのかor生き生きとして作っているのか。
演出家は練習場で何をしているのでしょうか。

118 :名無しさん@公演中:2005/05/31(火) 05:40:12 ID:0Qzec6AL
OM−2ってもっと売れても良いはず
アート系は見ないっていう小劇場おたくばっかり

119 :名無しさん@公演中:2005/06/04(土) 04:45:15 ID:e08ZyZkQ
↑小劇場の観客は「アート系は見ないっていう(言ってる)小劇場おたくばっかり(だ)」ってことかしらん?

120 :名無しさん@公演中:2005/06/04(土) 23:56:15 ID:y0TuAk8V
リストカットの次はなんだ。

121 :名無しさん@公演中:2005/06/10(金) 23:37:03 ID:gq9nYbiW
ここに書いても・・なんですが、山の手・・ツラカッタ

32 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)