2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

あなたのおじいさんの戦争体験を教えて その6

1 :名無し三等兵:04/08/13 12:47 ID:???
前スレ

あなたのおじい様の戦争体験を教えて その5
http://hobby5.2ch.net/test/read.cgi/army/1079792979/

2 :名無し三等兵 :04/08/13 13:00 ID:???
君が死んでからもう1年。
君は今も僕を見守ってくれているのかな?
君は、僕の生まれて初めて出来た彼女だった。
すごく嬉しくて、幸せだったなあ。
突然、白血病だって医者に宣告されてから、君は病室で日に日に弱っていった。
「病院ってひまねえ」って笑う君を見て、僕はいつも泣いていたんだ。
君の為に、僕の小汚いノートパソコンをあげたら、君はすごく喜んでくれたよね。
ネットをするようになった君がいつも見ていたサイト、それが「2チャンネル」だった。
ある日君はいつものように、笑いながら言った。
「ほら、見て今日も阻止出来たよ。」
「あまりパソコンばっかいじってると身体に障るよ」
なんて僕が注意すると、
「ごめんねえ。 でもね、これ見てよ。
ほら、この自営業って固定さん、2げっとぉ!なんて言っちゃってさぁ、ふふ」
僕は黙っていた。君がすごく楽しそうで、僕は何も言えなかった。
「ほらみて、この自営業さん、変な絵文字使ってくやしぃ〜!だって。
かわいいねえ。 ふふ。」
僕はまだ黙っていた。笑う君を見て、どうしようもなく悲しくなった。
「憶えててくれるかなあ」 君がふと言った。
「…この自営業のひと、私がいなくなっても、あの時変な奴に2をとられたんだよなー
なんて、憶えててくれないかなあ……無理かな……憶えてて、ほしいなぁ……」

それから数ヶ月後、君は家族と僕に見守れながら息を引き取った。

君はもうこの世に居ない、なのに僕は今F5を連続でクリックしている。
君の事を、自営業のひとが忘れないように、いつまでも、いつまでも忘れないように。

天国にいる君と一緒に、今ここに刻み込む

        自 営 業 阻 止


3 :名無し三等兵:04/08/13 13:01 ID:???
一等自営業阻止

4 :名無し三等兵:04/08/13 13:22 ID:7rF+mhp5
祖父は何も言わないから祖母から聞いた話だけど中国戦線とニューギニアと
フィリピンで戦闘したらしい。

5 :名無し三等兵:04/08/13 13:36 ID:nUI415Hl
うちの爺ちゃんは満鉄で石炭くべてたよ

6 :川宮哲夫:04/08/13 13:51 ID:n444iFPH
香港旅行へ行ったとき
ホテルで一緒になったお婆さんに
終戦直後の満州で
囚人兵にダワイ!ダワイ!
と追い立てられた話を聞かせてもらいました。 

満州帰りの女性の方が
男の兵隊より過酷な経験をしてると思うな。

7 :名無し三等兵:04/08/13 14:06 ID:Dhzj6IF8
上海で中国人を3000人くらい殺したって自慢げに言ってた。
勲章も10個くらい持ってる

8 :名無し三等兵:04/08/13 15:05 ID:???
N速の報道が最速

9 :名無し三等兵:04/08/13 18:30 ID:???
中国兵の撃った弾が俺のじいさんが被ってた鉄兜を貫通したが、どうも角度が良かったらしい。
鉄兜のふちに沿って一回りした後に鉄兜の後ろを突き破って出て行ったとか。

実家には2つ穴が空いた鉄兜と軍刀がある。


10 :前スレ955:04/08/13 19:01 ID:tbYb6yjL
在所に墓参りに行って来た。
結果的には、ペリリューではなく南方としか書かれていなかった。戦死日時は18年8月と有ったから
何か、手がかりが有るかもしれないけど、あまりに漠然としていてよく分からない。

祖母の実家の話は専用列車が仕立てられた話は聞いていたが、正確には遺体搬送のためだけに
線路が延長され仮設の駅が建てられ、村一番の名士(庄屋だったそうだ)の無言の帰還を総出で弔ったそうだ。
母方の次男の方は近衛騎兵(大尉)だったが、3男6男の方が徴兵で戦死されていたそうで、戦死の地はラバウル、もしくは
ガダルカナルらしく、現在ジストロフィーで闘病されているおじいさんは、不治の病に倒れるまで毎年ラバウルに
行っていたそうだ。
そう言われて、昔そのおじいさんが「ピンロウってのは噛んでると・・・」と言っていたことを思い出して「ピンルージュ」
の事だと思い当たった次第。
戦死された、次男の方は出征時に父親から「泉守」銘の日本刀を拝領し、それをサーベルに仕立て直して出生したそうで、
部下の方が、遺品として届けてくれたそうだ。

余談だけど、墓地に行くと色々軍に従事された方がいることに気づいて、目頭が熱くなった。「近衛歩兵少尉」「主計大尉」「海軍主計少尉」
明治から昭和と色々な人の足跡が有り、我々の今が有る理由をまざまざと実感した次第。
その中でも眼に焼き付いたのは「●●海軍中尉  4月8日沖縄東方海上にて戦没」と「●●● 6月5日北太平洋方面・・・(長文)」
の銘は見た瞬間に想像が付き、思わず手を合わせてしまった。

また、余談続きで失礼かと思うが、恩師の父親は戦艦大和に乗り組み沖縄特攻で戦死されたが、部署は後部指揮所だったそうで
写真で後部が猛煙に包まれた大和の姿(後部指揮所被弾後の撮影だったか?)が撮影されたその瞬間には、恐らく・・・。

どうか、皆様安らかに永久の横臥を・・・。

11 :名無し三等兵:04/08/13 19:32 ID:dSrFsRFG
赤紙で招集された祖父と友人は、とある駐屯地にやって来た。
二人は練兵場に整列させられていたのが、その時友人は同時に招集された知人を発見した。

友人は列から離れて知人の所に行ってしまった。
祖父は『ここに整列してなきゃ駄目だろ』と声をかけたが友人は聞かなかった。

その後、召集兵達の真ん中に一本のロープが渡されてしまった。(ウルトラクイズの東京ドーム予選みたいに)
一本のロープで仕切られた召集兵達は別々の部隊に配属されてしまった。
そして祖父と友人は別々の部隊に・・・

友人の部隊は硫黄島への補充兵に動員されて全員が戦死したという・・・

「あの時無理矢理にでもこっち側に連れて来るんだった・・・」と祖父は悲しんでいた。

12 :名無し三等兵:04/08/13 19:35 ID:???
21:00〜21:58 NHK総合

NHKスペシャル  作家・古山高麗雄が問い続けた戦争
▽中国・雲南戦線の記録▽元兵士の証言
「一兵卒の戦争」

NHKスペシャル◇第2次世界大戦下、一兵卒として中国の最前線に送り込まれた作家、古山
高麗雄さんの記憶をたどる。今から60年前、中国・雲南省では日本軍と中国軍・米英軍と
の間で激烈な戦いが繰り広げられた。拉孟、騰越では日本軍が全滅。そんな中、古山さん
はもうひとつの激戦地、龍陵の戦線に送り込まれた。古山さんは戦後、降り注ぐ冷たい雨
に耐え、飛び交う銃弾をかいくぐった自らの戦争体験を死ぬまで書き続けた。生き残った
古山さんがこだわり続けたものは何だったのか。彼と同じ部隊に所属していた元兵士らの
証言を交え、戦争の真実を解き明かす。


13 :名無し三等兵:04/08/13 19:41 ID:???
>>高麗雄

なんか名前からして出身地が大体分かるしそうゆう人が
中心の番組は見る気がしない。

14 :名無し三等兵:04/08/13 19:52 ID:???
以前ここ軍板の同様の板に祖父の体験を書かせてもらってた者です。
祖父は歩兵六十一連隊で、インドネシア、マレー、タイに行って炊事係りをしてました。

元気な爺さんでしたが先月体調が悪化し、かかりつけの医院で診察後、救急車に乗って病院に行く事に。

この時、情けない姿で行きたくないと
パジャマ姿から麻のズボンに絹のシャツに着替え、腕には時計、ズボンに財布を入れて救急車を待ち、
病院に運ばれたのは深夜一時過ぎだったとか。
その後午前六時に心停止により亡くなりました。享年八十七歳でした。

数年前から体調が悪かったんですが、その頃から
『救急車なんて恥ずかしくて乗れるか!』
『点滴打ってまで生きていても意味がない!』
と、申しておりました。体調が悪いとはいえ、前日まで友人たちと遊び回っていたそうです。

数年前にこんな事を言われたのを思い出します。

『おじいちゃんは人生で死ぬのが怖いと思った事は一度もないんや。死ぬんら怖がってたら何にも出来へならよ』
『そやからお前もな、死ぬん怖がんなよ』

この言葉はハッタリでも何でも無かったですね。
戦争体験でなくてすんません。こんな祖父の戦争体験、もし聞いてくれる人いれば思い出しがてら再書き込みしてみます。


15 :名無し三等兵:04/08/13 21:16 ID:Me4QPJI/
前スレの997に書いた者です。
写真をデジカメで撮影した為汚いですが良かったら見てみてください。
http://asopasomaso-server.dyndns.org/futaba/src/1092399146139.jpg
http://asopasomaso-server.dyndns.org/futaba/src/1092399075199.jpg

16 :名無し三等兵:04/08/13 22:09 ID:lkR9PG2o
艦名       戦果(

   赤城      戦艦1隻・重巡1隻     
   加賀      戦艦1隻      
   飛龍      重巡1隻・空母1隻大破   
   蒼龍      駆逐艦1隻・軽空母1隻
   翔鶴      空母1隻・駆逐艦1隻
   瑞鶴      空母1隻大破
   

       空母6隻がかりでこのショボイ戦果は何ですか?

17 :名無し三等兵:04/08/13 22:10 ID:???
>>16
スレ違いだ馬鹿

18 :名無し三等兵:04/08/13 22:10 ID:TrtKQ0DW
原爆で溶けた

19 :名無し三等兵:04/08/13 22:15 ID:???
高麗雄ってチョンなの?

20 :名無し三等兵:04/08/13 22:24 ID:???
高麗雄。本名か?
高麗は日本の領土ではないか?

21 :名無し三等兵:04/08/13 22:31 ID:???
>>15

感謝です。


22 :名無し三等兵:04/08/13 22:43 ID:???
零式に乗ってたってよ。ションベン弾が一発当たれば敵機は木端よ、とか誇らしげに語ってたけど
実際に撃墜したのは11機。多いのか少ないのかわからんけどな。皮の飛行帽と長靴、訳の解らん
勲章が3つ。白黒の何処かの南方基地で零戦と写ってる写真が一枚残ってるだけで、今となっては何も
わからん。死んじまう前に話しきいときゃよかったなぁ.....

23 :名無し三等兵:04/08/13 23:10 ID:???
>>22
どっかで13機落としたらエースって聞いた事が。

24 :名無し三等兵:04/08/13 23:10 ID:gBFNR6Hp
⇒15

勇姿とはまさにあなたの祖父のことですね。

25 :名無し三等兵:04/08/13 23:19 ID:hpBidO3k
おじいさんの体験だけを語るスレですか?
おばあさんの体験は駄目ですか?

26 :名無し三等兵:04/08/13 23:24 ID:???
>>15
イケメン

27 :22:04/08/13 23:26 ID:???
もう少しでエースだったって事か。>24、勇姿じゃないと思うが,,,,,

28 :名無し三等兵:04/08/13 23:31 ID:GxgQrb9E
>>22,23
エースとは5機以上撃墜したものの称号だよ。
国や時代によって少しずつ違うけど。


29 :名無し三等兵:04/08/13 23:33 ID:???
少ないと思うかも知れないが、一般的には五機撃墜でエースだよ。
空戦で生き残っていくだけでもすさまじい技量が必要だったと思う。
そんな中で敵を倒せるの者は極一部。
矛盾してるみたいだが、空戦はもろに勝ち組と負け組みが分かれたみたい。


30 :22:04/08/13 23:37 ID:???
ついでに書くと撃墜されて生還しました。

31 :名無し三等兵:04/08/13 23:40 ID:???
俺の爺ちゃんは身長が180cmぐらいあって、それでいて飛行機乗りだった。
特攻の前日に例の陛下の玉音放送があり、運よく生きて帰ってこれた。
その後は93歳まで長生きして大往生した。
俺にとってのじいちゃんは、壊してしまった消防車のおもちゃをボンドで
直してくれたのを憶えている。


でも、その人が本当のおじいちゃんではないという事を最近知った。

正確に言うとその人は本当はじいちゃんのお兄さんで、本当のじいちゃんは
海軍の機関士で4月に沖縄で戦死(スマン昭和何年か忘れた…)したという。

そう思えば、確かにばあちゃんの部屋には黄色く変色した写真が飾ってあったが、
そこに写っている人は帝国海軍と書かれた帽子を被っていたと思う。

ちなみに、俺の父が生まれてまだ3ヶ月のことだったらしい。

無論、父は写真でしかじいちゃんの顔を知らないし、ばあちゃんは兄弟の助けが
あったとはいえ、女で一人育ててきた事になる。
きっとそんな目にあってしまった未亡人というのは当時はたくさんいたんだろうなぁ。

そして父も今年病気で亡くなってしまった。
亭主と息子に先立たれたばあちゃんは気丈にはしているものの、相当堪えていると思う。

俺が出来る事はとっとと結婚して子供を見せてあげるくらいなんだろうけど、俺毒男だしなぁ…
すまん、ばあちゃん。







32 :名無し三等兵:04/08/13 23:48 ID:???
うちの爺さんは金融恐慌で親父の銀行が潰れて、金が要らない陸軍士官学校に入学して
成績はかなり良かったらしく30前に少佐になって日本降伏後国民党軍の捕虜となって数ヶ月後
日本へ帰ってきたらしい。

一番悲しかったことは敵に包囲されたとき一番信頼していた部下に援軍を頼むため
伝令にいかせ、その兵は見事伝令を伝えた後緊張が解けたのか小便をするため塹壕を出た瞬間に狙撃され
戦死したことだってさ。塹壕ですりゃよかったのに・・・

33 :名無し三等兵:04/08/13 23:49 ID:???
>>31
作り話はいいからもう寝な

34 :名無し三等兵:04/08/14 00:00 ID:???
>32
あらかさまな嘘話だな。敵に包囲されているのに伝令出す馬鹿な少佐がいるか。
そもそも包囲されているのにどうやって伝えるんだよ!お前の妄想ジジイが
出しそうな命令だな。>>22の爺様のケツ拭きにもならねぇな

35 :名無し三等兵:04/08/14 01:12 ID:???
>>33
戦争未亡人が夫の弟と再婚、ならもう少しリアリティがあったんだけどね。


36 :名無し三等兵:04/08/14 01:18 ID:SJnT0z+w
>>15
ありがとう。すごいね

37 :名無し三等兵:04/08/14 01:39 ID:iShqenTI
俺のじいちゃんの話を少し。
オヤジからの又聞きなんで詳しい所は不明。

海軍に入ってたらしいんだけど、あまりオヤジに詳しく話はしたがらなかったらしい。
海軍の訓練は非常に厳しくて、耐えきれなかったのか自殺された方もいるらしい。
何か大きな作戦の出撃前に腹痛で寝込み、出撃出来なかったらしい。
当時の海軍は女性に人気があったらしくて祖母が祖父と結婚した理由の一つもそれだったらしい。

こんな話でごめんよ。もっと詳しく聞ければよかったんだけど
爺ちゃん怖かったし、何となく長男を重んじるような空気をもってて
末っ子の俺はじいちゃんと心をかよわす事は難しかったような気がする。
でも小さいころ一緒にプラモデル買いに行った事は良く覚えてる。
じいちゃんも不器用だったんだろうな。
書いてて涙出て来た。今度線香あげとくね。

38 :名無し三等兵:04/08/14 01:52 ID:???
じーちゃんは朝鮮総督府の外交官だった。
同じ皇国臣民と言えど、やはり朝鮮人をバカにする日本人も多かったらしいが
じーちゃんには一切そんな部分はなく、朝鮮語も話せたため
(他の外交官は日本語オンリーだったとか)
朝鮮人からの人望が厚かったらしい。
引き揚げ時にも特に悲惨な目には遭わなかったとか。

そのせいか俺の母親や祖母も朝鮮人を高く評価していて
(朝鮮人の子供はめちゃめちゃ頭が良い、とか)
嫌韓の気がある俺とは話が合わない。

39 :名無し三等兵:04/08/14 02:03 ID:???
これやられてるのって日本軍?
かっこよく撮られてるがちょっと複雑な気分。
ttp://cops.zive.net/c-board/file/WWII.wmv

40 :名無し三等兵:04/08/14 02:05 ID:???
>>38
あ・・・俺の曽祖父も同じ、
総督府直属かどうかは知らないが、朝鮮の土地の管理をやらされてた、
リベラルな人だったらしくて朝鮮人を蔑視したりはしなかったとか
>>38の爺ちゃんの証言と同じで、やはり朝鮮人を見下す日本人は結構居たらしい)

ただしウチの婆ちゃんは原爆投下後、土地関係がグジャグジャになった広島での土地関係で
在日と丁々発止やった経験からか、特に親韓と言う訳ではない(寧ろ人間不信のきらいが強い)

41 :名無し三等兵:04/08/14 02:14 ID:???
>>38だけど、「外交官」ってのは言い方おかしかったね。「官吏」に訂正。
うちの祖母も朝鮮人に完全に心を許してるって訳ではなかったみたい>>40
それは「頭がいいから油断できない」って意味かもしれんけどね。

42 :名無し三等兵:04/08/14 02:21 ID:nmxWJA8J
今年帰省したときに初めて父方の祖父の話を聞いた。

 なんとミッドウェーに参加したときは空母加賀に乗っていたらしい。
その後はあちこちを転々としたあと、最後はペリリュー島で戦死したと
言うことだ。
 ペリリュー島で亡くなったと言う事は墓石にも書いてあったので
知っていたが、よもやあの加賀に乗っていたということを聞いて本当に
驚いた。
 俺の父親が5歳の頃、九州に祖父が上陸するという話を聞いて祖母と
一緒に面会に行ったらしい。
 祖父の乗った船が港に着くのを待ってたところ、見知らぬ兵隊さんに
神社に一緒に連れて行かれお参りをした後、キャラメルを買ってもらった
のを今でも覚えているらしい。

 お前らも今のうちに祖父母や親に戦争体験について聞いておいた方が
いいぞ。今が最後の機会かも知れん。


43 :名無し三等兵:04/08/14 02:38 ID:???
>>42
やはりミッドウェーの口封じに激戦区に送られたのですかね・・・合掌

44 :名無し三等兵:04/08/14 02:44 ID:???
>>42
見知らぬ兵隊さんに神社に連れて行かれたのか。ヘンなイタズラされたんじゃないのか

45 :42:04/08/14 03:11 ID:nmxWJA8J
 オリンピックの開会式見てます。(^_^)
>>43
どうなんでしょうね。 父親もそう言ってまして。
>>44
「知らない兵隊って、なんか危ないやん」って父親に言ったら
 「あほ、当時の兵隊さんにはそんな人はおらん」って
叱られました。

 そんな父親は民主党小沢支持。鬱出し脳



46 :名無し三等兵:04/08/14 03:13 ID:???
>42
当時の兵隊さんはホモばかりですよ.....合掌

47 :名無し三等兵:04/08/14 03:20 ID:???
>>46
そんなこと書くとアカ日が従軍慰安「夫」連れてくるぞ(w

48 :名無し三等兵:04/08/14 03:27 ID:???
>42
ホモホモホモホモホモホモホモホモホモホモホモホモホモホモホモホモホモ!
HA--------------------!!!!!!!!!ホモホモホモホモホモホモホモ!!
HA−−−−−−−−−−−!!!!!!以下略

49 :名無し三等兵:04/08/14 04:57 ID:???
>>15
凛々しいな。

50 :名無し三等兵:04/08/14 08:29 ID:???
>>15
すごいな。

51 :名無し三等兵:04/08/14 08:31 ID:???
>>25
おばあさんの戦争体験でもいいと思うよ。
過去にもいくつか出てるし。

52 :名無し三等兵:04/08/14 15:12 ID:???
>>15
もう見れない

53 :名無し三等兵:04/08/14 15:15 ID:???
こう考えると、あの日の出来事がどんどん遠い昔の事になってるんだな。

大東亜の事を知らない人間が出てくるのも当然の成り行きかもしれない
(先日のアレはもろにやらせくさいが)。
いつしか数百年、数千年前の出来事に・・・

この先、このスレは貴重なものになっていくと思われ。

54 :名無し三等兵:04/08/14 16:48 ID:nmxWJA8J
 漏れは、その当時生きていた人にその時代の空気を聞いて
みたいんだな。
 マスゴミでは、軍の暴走が国民を巻き込んだって良く言うけど、
実際はどうだったのか。国民の多くも真珠湾攻撃に快哉をあげた
のではないか、とかね。

55 :名無し三等兵 :04/08/14 17:45 ID:???
国民の支持がなければ、陸式もあそこまで
強気にはなれんだろうしね。

56 :名無し三等兵:04/08/14 18:13 ID:vVhNSRob
http://asopasomaso-server.dyndns.org/futaba/src/1092474077025.jpg
http://asopasomaso-server.dyndns.org/futaba/src/1092474023023.jpg
http://asopasomaso-server.dyndns.org/futaba/src/1092474013839.jpg
http://asopasomaso-server.dyndns.org/futaba/src/1092399146139.jpg
http://asopasomaso-server.dyndns.org/futaba/src/1092399075199.jpg
新しく三枚撮ったので見づらいかもしれませんがうpしておきます。
上三つのURLが新しい写真で、下二つのURLは昨日と同じ写真です。
祖父が一番下の写真後列右側の方は東郷平八郎の孫だと言ってますがどうなんでしょ。
あと今夜12時からサーバーメンテナンスをしようと思うので、繋がらなくなります。

57 :名無し三等兵:04/08/14 18:27 ID:???
特攻の映像
ttp://www.acealpha.com/jaryoo/files/1391_6[1].wmv

58 :名無し三等兵:04/08/14 18:37 ID:???
>>56
元帥の孫かどうかは知らないが、男前だな

59 :名無し三等兵:04/08/14 18:55 ID:vVhNSRob
>>58
男前ですね。
鋭い目をしているような気がします。

60 :名無し三等兵:04/08/14 18:59 ID:???
>>56
今の時代の糞男とは気品の差を感じます

61 :名無し三等兵:04/08/14 19:03 ID:GDKkoWCU
>>56さん、

陸軍と海軍の軍用機が混ざっているのは、なんでだろ〜?

62 :名無し三等兵:04/08/14 19:36 ID:???
>>61
どっちが海軍機でどっちが陸軍機?

63 :名無し三等兵:04/08/14 19:39 ID:GDKkoWCU
海軍 零戦52型> http://asopasomaso-server.dyndns.org/futaba/src/1092399075199.jpg

陸軍 99式直協か高練> http://asopasomaso-server.dyndns.org/futaba/src/1092399146139.jpg

64 :名無し三等兵:04/08/14 19:48 ID:???
>>61
>>62
陸軍九九式高等練習機(キ55)>http://asopasomaso-server.dyndns.org/futaba/src/1092399146139.jpg
だね!

65 :名無し三等兵:04/08/14 19:50 ID:???
飛行帽も微妙に違うっぽいね

66 :64:04/08/14 19:50 ID:???
レス間違えました。
>>62
>>63
でした。スマソ。

67 :名無し三等兵:04/08/14 20:34 ID:/UHNtczC
>>56
この方かどうかは判りませんけど、東郷元帥のお孫さんが海軍軍人だったのは事実。
「元帥の孫」として特別扱いされるのが嫌だったようで「爺は爺、俺は俺」が口癖だったそうです。

海軍兵学校では不良生徒として有名だったそうで、放校処分ギリギリで卒業したらしいです。
(流石に元帥の孫を放校する訳にはいかなかったらしい)

68 :名無し三等兵:04/08/14 20:57 ID:???
>>56
東郷元帥の孫って陸軍なの?これ陸軍の飛行服だけど。

69 :名無し三等兵:04/08/14 21:53 ID:???
疾風かとおもった

70 :名無し三等兵:04/08/15 01:52 ID:2dl62UGE
マニアの目はオソロ氏や

71 :名無し三等兵:04/08/15 16:32 ID:9o2Vh1/X
>>69

疾風キー84はラッチェ4枚羽ペラでこの写真は3枚。滑油冷却器覆いの形状とか違う。
翼の99式20ミリ機銃2号の突き出た銃身とか、その外側の翼下面の
13ミリ機銃の薬莢排出口もポイント

72 :名無し三等兵:04/08/15 21:11 ID:YqMqf9bc
http://www5f.biglobe.ne.jp/~iwojima/index.html
祖父の硫黄島戦闘体験記

73 :名無し三等兵:04/08/15 22:27 ID:???
亡くなった爺さんは、陸軍の軍医で大陸(中国)に行ったそうだけど、
虎を捕まえて食べたとか話してたよ。
婆さんは、戦中、田んぼに落ちた焼夷弾を何かわからずにリアカーに乗せて
持ち帰って大騒ぎになったとか言ってた。
うちの親父は、疎開先から小学生なのに軍に特攻隊志願のハガキを出して
軍から大人になったらね・・・という丁寧な内容のお返事を頂いたそうです。

覚えている限りでは、そんなところかなぁー。



74 :名無し三等兵:04/08/16 00:06 ID:???
私の祖父は満鉄で機関士をやってたそうです。

75 :名無し三等兵:04/08/16 01:21 ID:???
>>61
陸軍と海軍の軍用機が混ざっているとなにか問題があるの?

76 :名無し三等兵:04/08/16 01:22 ID:???
ポーカー氏を追い出したキチガイマニアの類だろ。放置しとけ。

77 :名無し三等兵:04/08/16 03:14 ID:???
>>71
ほー

78 :名無し三等兵:04/08/16 05:49 ID:???
今年大学に進学して、向こうで独り暮らしすることになったから、
何か思い出になるような物を持っていこうと思って、色々探してたんだけど
俺爺ちゃんっ子だったから、爺ちゃんの写真持って行こうとアルバム見てたら、
若い、俺ぐらいの歳の爺ちゃんの写真があった。
戦闘機(たぶん隼)を後ろに5人位で笑っている写真で、裏に台湾って書いてあった。
つらい時代だったろうけど、仲間と笑い合っている爺ちゃんを見たら、涙が出てきたよ。

79 :名無し三等兵:04/08/16 12:48 ID:???
向こうってどこ

80 :名無し三等兵:04/08/16 13:00 ID:???
下宿先でしょ

81 :名無し三等兵:04/08/16 14:02 ID:Q5e/SzhE
>>78
あのな、隼は台湾に配備されてないんだぞ

82 :名無し三等兵:04/08/16 14:56 ID:???
漏れの爺ちゃん婆ちゃんは4人とも亡くなっているので
もう詳しい話は聞けないが、餓鬼のころに聞いた話を少し…

親父のほうの本家は地元で有数の名士だったそうで、駅に行くときには
道路を使うよりもウチの土地を通ったほうが近い状態だったそうだ。
服を作る工場もいくつか持っていて、一族から天皇家に奉公人も出していたそうだ。

戦後になり軍服を作っていたので工場は全て取り上げられ、土地も農地改革で取り上げられてしまったそうだ。

親父は末っ子だったのだが兄弟の上の二人は坊ちゃん扱いでチヤホヤされていたと
話してくれたのを覚えている。

83 :82:04/08/16 15:01 ID:???
お袋の実家は床屋をやっていたが、ある日空襲で焼夷弾が落ちてきて
自宅の屋根を突き破ってきたことがあったそうだ。

幸いにも不発弾だったのでけが人はいなかったが
非常に恐ろしい思いをしたと話してくれたことを覚えている。
(爆発してたら漏れはいなかったなと思うと怖い)

床屋が軍事目標だったとは思えないので無差別爆撃に対して非常に怒りを感じている。
「漏れの婆ちゃんに怖い思いさせやがっていつか覚えてろ」と言ってやりたいが
あいにく漏れは英語がさっぱりなので今のところそれは実現できていない。


84 :名無し三等兵:04/08/16 15:22 ID:TBNKsEwh
>>81

比島とか、南西方面にフェリー飛行する途中とかでは?

85 :名無し三等兵:04/08/16 18:49 ID:???
家のばぁちゃんのじぃちゃんだか何だかが
第一次世界大戦の時の大佐で海軍のえらい人だったらしい
でもばぁちゃんは余りその話をしない
戦争を誇らしくは思っていないからだろう

今日、昼の番組で戦争のことをやっていて
それを見たばぁちゃんが言っていた
「辛かったねぇ・・・食べるものが無くて道に生えてる草まで食べたんだよ
 スイトンを食べたなんていってるけどそんな贅沢なものは無かったねぇ
 防空壕って言うのもちゃんとした穴じゃなくて・・・
 家の周りは掘ると水がでてきてさ、体半分水に浸かって空襲に耐えたんだよ
 焼夷弾が落ちてくると地響きがして怖かったのなんの・・・」

家のばぁちゃんも今年で90になった
今の楽しみは『みのもんたのやつ(午後は○○のことらしい)』
『クイズミリオネア』『ポチたま』だ
ミリオネアは500万になるとドキドキするから止めた方がいいよと言う(笑

昔、辛かった分だけ今は楽しんで欲しいと思う
長文スンマソ

86 :名無し三等兵:04/08/16 18:52 ID:???
>>85
ここは長文を書く場だよ・・・寧ろ短文レスの方が無価値w
防空壕・・・・言われてるほどしっかりとした物じゃなかったんだろうな

87 :名無し三等兵:04/08/16 20:10 ID:Q5e/SzhE
>85
それはよかったデスね。っていうか一人でスレ潰しすぎ。文体でわかるんだよ!
おまえの爺、婆は何匹いるんだ?

88 :名無し三等兵:04/08/16 21:05 ID:???
>>87
ん?ここを訪れたの自体初めてですが?
昼の「どうなってるの?」を見た時にばぁちゃんから聞いた話を
書きたいと思って探したもので
戦時体験、天皇を誇りに思ってる方には最初の段落は失礼だったかも知れません
気を悪くしたのならここで謝罪します

ただ・・・
>文体でわかるんだよ!
には自信過剰としか言い様がないです

煽りと分かってはいますが祖母の名誉のためにもあえて反論いたします
以降>>85としての書き込みは致しません
スレの皆様にはご迷惑をお掛けしました


89 :名無し三等兵:04/08/16 21:13 ID:???
別に迷惑じゃないが?っていうか85としての書き込みしないってどういう意味
なのかわかんねー

90 :85:04/08/16 21:19 ID:???
>>89
この投稿(>>85の書き込み)に対してのレスがついても反応しませんと言う事です
っていうか書き込んじゃってますね・・・

迷惑ではないと言って頂いて>>89氏には感謝してます^^

91 :89:04/08/16 21:34 ID:???
なるほど、俺があほなだけだった。スマン

92 :名無し三等兵:04/08/16 22:52 ID:???
>>85
私も別に気にならないね。
むしろ共感できるな。

祖父母の世代には静かに落ち着いて過ごしていただきたいものだ。

93 :名無し三等兵:04/08/16 23:16 ID:Brrxw78w
他スレで質問してレスもいただいたんですが流れてしまったのでここで質問させてください。

うちのじいちゃんの兄のことです。
お墓には昭和20年3月、比島、ルソン、マリキナにて迫撃砲弾により全身・・・・とかかれていました。
じいちゃんも亡くなって、後はそのじいちゃんの兄のことを知ってる人はばあちゃんしかいくなりました。
写真が一枚あるだけです。俺の子供たちにこの命を懸けてくれた人のことを伝えようと思い、じいちゃんの兄の戦時中の軌跡を
調べ、書面にして写真とともに飾ろうと思いまして今、調べているところです。
情報は、
・昭和20年3月、比島、ルソン、マリキナにて戦死
・静岡連隊 部隊名は? ばあちゃんの話では三十六連隊だと言っているけどよく覚えていないらしい。
・通信兵なのは確か。 飛行機の通信兵だったのかなあともボケかけたばあちゃんが言っていた。

だれか、詳しい人情報をください。

で、弟のほうのじいちゃんはと言うと、訓練が嫌で胃潰瘍になり、皮膚麻酔だけで胃潰瘍の手術をされ
死ぬ思いをしたそうです。あまりの激痛に「殺せー!」と叫んだら「貴様それでも軍人か!」と怒鳴られたそうです。
その軍医を殴りたかったけど縛り付けられてるし気絶してしまったらしい。
で、使い物にならず故郷に返され、天寿を全うしました。



94 :名無し三等兵:04/08/17 00:01 ID:???
陸軍の軍人の軍歴は(現存すれば)本籍地の都道府県庁で保管してるはずだけど、
本人や直系卑属以外だと開示してくれないかもね。

95 :名無し三等兵:04/08/17 00:48 ID:???
>>93
静岡なら三十四連隊では・・・
可能性は低いが独立歩兵第十三連隊(泉五三一六部隊)かもしれない

96 :名無し三等兵:04/08/17 00:58 ID:Nkn9Zhkp
>>95
ありがとうございます!
今は、教えていただける情報を少しずつかき集めて調べてという状況ですw

97 :定野中尉:04/08/17 01:03 ID:OlmXeKsh
回天に乗る訓練をしてました


98 :名無し三等兵:04/08/17 01:06 ID:???
>戦時体験、
>天皇を誇りに思ってる方には最初の段落は失礼だったかも知れません
>気を悪くしたのならここで謝罪します

オイ藻前、首が左に傾いてるぞ!
いい整骨医紹介してやろうか?

99 :名無し三等兵:04/08/17 01:34 ID:???
俄右翼が巣くってるな。

100 :名無し三等兵:04/08/17 01:47 ID:???
さてここで疑問なのが、
99が言いたいことがワカランということなのだが…

↓でその驚くべき真実が明かされる!


101 :ぬるぽ:04/08/17 11:21 ID:???
ぬるぽ

102 :名無し三等兵:04/08/17 11:52 ID:???
粍ぽ

103 :名無し三等兵:04/08/17 16:55 ID:???
うちのじいさまは航空機の整備をしていたらしく
本土にずっといたらしい。
機銃掃射をくらいかけたこともあったとか。

もうひとりは南方にいったらしく、両指のほとんどを吹っ飛ばされながらも
生きて帰ってこれた。

どちらも寡黙な人で戦中のことをあまり話さないが
たまに会いにいって酒を飲んでると話してくれたりする。

104 :名無し三等兵:04/08/17 21:25 ID:???
漏れの爺の兄貴がサイパンで戦死して、爺は中国でゲリラと戦ってたらしいのだが
いくら戦時中のこと聞いても「戦争は人間がするもんじゃない」
とか言って話してくれない。もしや中国で虐殺でもしてそれがトラウマになっているのでは・・・

105 :名無し三等兵:04/08/17 21:27 ID:???
>>104
虐殺っつうか、日本はゲリラ兵捕虜を捕虜として認識して無かったらしいしな・・・
無抵抗になったゲリラ兵をヌッ殺した事はあったかも

まぁ何処の国でも普通にやってる事だ罠

106 :名無し三等兵:04/08/17 22:53 ID:???
>>104
以前、後ろから野良犬に襲い掛かかられて大怪我をした。
それからは襲い掛からないような野良犬でも見つけたら
自己防衛のため殺した。
いくら野良犬だからといっても、殺していい気分はしない。
そんなところじゃないか?

107 :勿忘草 ◆MisuzuBPIA :04/08/17 23:42 ID:???
死相が顔にでた人間は、必ず近く死んだって爺さんから聞いた。

108 :名無し三等兵:04/08/18 00:52 ID:???
具体的にはどんな感じの顔つきになるのでしょうか?
ガダルカナル島で餓死した兵士は
起き上がれなくて寝たきりになるとあと何日
仰向けで目を開けたまま喋らなくなるとあと何日とか
そういう感じの計算が不思議と当てはまったそうですが
きっとそんな感じで死相が出たと言う方々は急に頬がこけて見えたりとか
表情にそういった影が差してくるんでしょうね^^;

109 :勿忘草 ◆MisuzuBPIA :04/08/18 09:05 ID:???
>>108
すいませんが、具体的に言うと身元が割れそうなので。
頬がこけるとかそういうことではなく、顔にある色の線が見えるそうです。
病死、餓死だけではなく、戦死された方にも出るというから
フシギですよね。

110 :名無し三等兵:04/08/18 17:52 ID:???
徴兵されて入る連隊と、志願で入る連隊はやはり違うのでしょうか。
祖父が奈良出身でして、陸軍に徴兵されたか志願したか分かりません。
私の産まれる前に祖父は他界して何も聞いていません・・・
分かっていることは、ただ奈良出身だけ。
奈良で編成された連隊は何連隊なのでしょうか。
知っている方、教えて頂けないでしょうか。

111 :110:04/08/18 18:07 ID:???
連カキすいません。
徴兵で満州に行って捕虜になったとのこと。シベリアには抑留されなかったとか・・・

112 :名無し三等兵:04/08/18 18:51 ID:???
奈良は三十八連隊だっけ?

113 :名無し三等兵:04/08/18 19:04 ID:???
一応満州には行っているが、捕虜になったということは、終戦時満州にいた可能性が高い。
しかし三十八連隊は19年7月にグアム島で全滅してるから同連隊の線はうすいかも。

114 :110:04/08/18 20:00 ID:???
なるほど。ありがとうございます。
三十八連隊をググッてみたら>>113さんがおっしゃる通り、
グアムでほとんど全滅だったようですね。
やはりグアムで捕虜になったという可能性は低いですね・・・
三十八連隊は満州から中国大陸を何年も転戦したみたいで、
グアムに行くまで生き残ることはまずないですから、やはり同連隊ではないですね。
(中国軍に捕虜になったら殺されてるでしょうし)
手掛かりが少な過ぎですね・・・ご迷惑かけました。

115 :名無し三等兵:04/08/18 20:12 ID:???
他に手がかり無いの?

116 :名無し三等兵:04/08/18 20:14 ID:???
中国軍の捕虜になったら、即殺されるってモンでもないんじゃない?
蒋介石の方針から考えて・・・

117 :110:04/08/18 20:20 ID:???
ここのスレは親切な人が多いこと・・・本当にありがとうございます。
今度祖母に会った時に聞いてきます。
祖父は戦争を嫌って、ほとんど話をしなかったようです。
だから聞いても何も聞き出せないかもしれませんが・・・
もう祖母も83で多少ぼけてきてますし。
もし手掛かりを得られたら、もう一度皆さんにお聞きします。

118 :113:04/08/18 20:29 ID:???
三十八連隊にいた可能性としては、
満州、中国で捕虜になったが、原隊復帰。グアム移動以前に除隊して無事だった。
とかがあるかな。
違う部隊にいたとしても、最初は郷土の部隊に入ることも多かったようなので、
三十八連隊にいた可能性はある。
あの小野田さんも郷土の六十一連隊に入ってからすぐに東部三十三部隊(中野学校)へ転属。
組織の都合からいくと郷土部隊へ召集→技能にあわせて各地に転属。のほうがスムーズに行くと思う。


119 :名無し三等兵:04/08/19 14:42 ID:44ZuYwPe
ルソン島の作戦に導入された全連隊名知ってる人いますか??

120 :名無し三等兵:04/08/19 15:13 ID:Fo2PX4ib
B-29を見たときに、あまりに綺麗な飛行機なんで驚いた。
あれで日本の負けを確信したそうです。

しかし、それ以上に驚いたのが、戦前の日本では、許可が下りれば
軍用機に子供を乗せて飛ばせてくれたそうです。
親族にパイロットがいて、飛行機に乗せてやるよと言われて
喜んで出かけていったという話を聞きました。


36 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)