2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【架空兵器1945】最強のB-29キラーは何だ?

1 :名無し三等兵:04/08/10 19:59 ID:04uYkZnz
やはりTa−183だろう。X-4を4発搭載して。

2 :名無し三等兵:04/08/10 20:00 ID:???
竹やり

3 :名無し三等兵:04/08/10 20:00 ID:???
阻止

4 :名無し三等兵:04/08/10 20:00 ID:???
2げと

5 :名無し三等兵:04/08/10 20:02 ID:???
3者が同タイムで並ぶとは、97年のF1ヨーロッパGPみたいだゼ!

6 :名無し三等兵:04/08/10 20:03 ID:???
スパローミサイル

7 :名無し三等兵:04/08/10 20:03 ID:???
飛燕2型

8 :名無し三等兵:04/08/10 20:04 ID:???
>>5
どうやら最強は>>2の竹やりでFA見たいですね

9 :名無し三等兵:04/08/10 20:04 ID:???
マーカライトファープ

10 :名無し三等兵:04/08/10 20:05 ID:???
まんこ2号

11 ::04/08/10 20:07 ID:04uYkZnz
既存兵器改造OK。

12 :名無し三等兵:04/08/10 20:08 ID:???
94式対空竹槍

13 :名無し三等兵:04/08/10 20:08 ID:???
故障

14 :名無し三等兵:04/08/10 20:10 ID:???
江田島平八。

15 :名無し三等兵:04/08/10 20:10 ID:???
議会

16 :名無し三等兵:04/08/10 20:10 ID:???
自走15センチ高射砲
シャーシはもちろんチハ

17 :名無し三等兵:04/08/10 20:11 ID:???
空対空竹槍
高度が凄い

18 :名無し三等兵:04/08/10 20:12 ID:???
>>16
チハタンを虐めるなっ

19 :名無し三等兵:04/08/10 20:12 ID:???
マジレスするとMe262じゃね?直接対決あったのかな?

20 :名無し三等兵:04/08/10 20:15 ID:???
低稼働率

21 ::04/08/10 20:16 ID:04uYkZnz
>>19 あるわけない。ヨーロッパ戦線にはB-29は進出してないはず。

22 :名無し三等兵:04/08/10 20:19 ID:???
私はむしろ逆で、B-29の太い機首でキルされるのかと思うと
熱いモノがあふれてきちゃうわ。

23 ::04/08/10 20:19 ID:04uYkZnz
X-4を搭載すれば何でも最強の要撃機になるような気がする・・・・・・。
それと陸上兵器もOK。

24 ::04/08/10 20:23 ID:04uYkZnz
>>16 自走高射砲なんて兵器、あるのかな?おもしろいが。でもチハに15センチは
無理じゃないか?せいぜい海軍が12センチ砲を積んだのを作ったが限界。

25 :名無し三等兵:04/08/10 20:25 ID:???
>>22
(σ`▽´)σエッ、エッ、エックセレントッ!!

26 :名無し三等兵:04/08/10 20:28 ID:???
空戦仕様のT-72神だな

オブイェークト

27 :名無し三等兵:04/08/10 20:31 ID:???
特三号戦車

28 :少佐:04/08/10 20:31 ID:GJdhr3bW
日本の雷電、紫電改、疾風といった戦闘機は全てB−29と戦えるよ。
またレーダーで捕捉して斜め銃で撃ちまくる専用戦闘機もあった。


29 :少佐:04/08/10 20:35 ID:GJdhr3bW
B−29は必要以上に馬鹿でかい機体なのだが、その結果として胴体の
大部分はスカスカの空洞なのである。
よく「B−29はいくら撃っても煙さえ出ない空の要塞だ」という表現
が使われるが、そりゃスカスカの部分を撃たれても煙は出ない。


30 :名無し三等兵:04/08/10 20:35 ID:???
>>28
>レーダーで捕捉して斜め銃で撃ちまくる専用戦闘機
詳細キボンヌ

31 :名無し三等兵:04/08/10 20:40 ID:???
R-3350でFA

32 :少佐:04/08/10 20:40 ID:GJdhr3bW
「日本の爆撃機一式陸攻は羽根の部分が燃料タンクだからワンショットライターだ」
と得意げに言ってる人が多いが、B−17、B−29もまったく同じだ。
羽根に燃料がたっぷり入ってるし、お腹には爆弾たっぷりだ。
だから実戦記録ではすぐ燃えて墜落してるし、搭乗員は生きた心地がしなかった
と言っている。

33 ::04/08/10 20:41 ID:04uYkZnz
>>28 月光のことですね。
>>29 何っ!それは知らんかった。単に丈夫だからだと思ってた。
爆弾槽と与圧室とエンジン以外、攻撃しても無駄ということか?
B-29って翼内タンクとかないのか?

34 :名無し三等兵:04/08/10 20:43 ID:???
ああ、ゲッコーか・・・

35 :少佐:04/08/10 20:43 ID:GJdhr3bW
>>30
月光だったか何だか忘れたが、レーダーで捕捉して近付き、斜め下から
斜めに設置された機関砲で撃ちまくる戦闘機は日本にもあったよ。


36 :名無し三等兵:04/08/10 20:44 ID:iJz9FnWS
殺人光線

37 ::04/08/10 20:44 ID:04uYkZnz
>>32 ・・・・・・だよねぇ・・・・・・翼内タンクがなかったら6000kmの航続力は持たせられないよなあ・・・・・・。

38 :名無し三等兵:04/08/10 20:46 ID:???
>B-29って翼内タンクとかないのか?

夏にスレ立てる奴はひと味違う。

39 :名無し三等兵:04/08/10 20:48 ID:???
高度1万から爆撃という設定で日本の航空隊に高度1万まで上がれる航空機ないと
いう前提で作ったから、仕方ないんちゃうかな。


40 ::04/08/10 20:49 ID:04uYkZnz
でも、もしかして日本本土に来る頃には翼内の燃料は使い切っていたとか・・・?
だから被弾しても大丈夫だとか?エロイひと、おせーて。

41 ::04/08/10 20:50 ID:04uYkZnz
>>38 ねえねえ、おせーて、おせーて、エロイひと。

42 :名無し三等兵:04/08/10 20:58 ID:T+0fDBH+
場所は忘れたが関東某所に配備してあった高射砲

43 :エロ二等兵:04/08/10 20:59 ID:???
えーと・・・翼内タンクに限らず米軍機の燃料タンクには防弾加工
(うろ覚えだが、ゴムコーティング)がしてあって、少々被弾したぐらいでは
火は出ないし出火しても自動消化装置があるので大丈夫!!だったかと
ご馳走様でした!!

44 ::04/08/10 21:01 ID:04uYkZnz
>>35 あと、斜め銃を搭載した日本機は屠龍だね。でもこの陸軍機が電探を積んだ事があるかは、わからない。
その他の斜め銃搭載機は、百式司偵3型改、彗星夜戦、彩雲夜戦、雷電、零戦ぐらいか。
でも電探搭載機は月光ぐらいしか無いとオモタ。

45 ::04/08/10 21:02 ID:04uYkZnz
>>42 5式15センチ高射砲のことですな。

46 :エロ二等兵:04/08/10 21:05 ID:???
>>42
久我山上空敵機無し!!ですね。B-29も迂回したそうで・・・

47 :名無し三等兵:04/08/10 21:06 ID:???
奮龍だな。ドイツのミサイルとは一線を画すデザインの対空兵器。

48 ::04/08/10 21:07 ID:04uYkZnz
>>43 エロイひと、ありがとう。燃料って、翼内と胴体、どちらを先に使うもんなの?
私の想像では翼内タンクから。

49 :名無し三等兵:04/08/10 21:10 ID:???
検索できない奴はスレ立てるな。


50 ::04/08/10 21:10 ID:04uYkZnz
>>46 B-29が迂回したという話は単なる神話だという話も・・・。米側にはそんな配慮の記録は無いそうだ。
ただ単にいつも同じところを飛ばなかっただけらしい。

51 ::04/08/10 21:17 ID:04uYkZnz
>>47 奮龍4型って、特呂2号と、燃料が同じじゃなかったかな?だとしたら燃料の調達が
対戦末期の日本じゃ大変だ。でも秋水と燃料を共用できるか。
それよりも、固体燃料の奮龍2型のほうが有望だったと思う。中高度迎撃用に。

52 :名無し三等兵:04/08/10 23:12 ID:???
少佐に何かを教わる人を初めて見た。

53 :名無し三等兵:04/08/10 23:40 ID:???
富嶽

54 :名無し三等兵:04/08/11 00:24 ID:???
ガンシップ富嶽で馬乗りメッタ打ち!
ワクワクするぜ

55 :名無し三等兵:04/08/11 00:27 ID:FbOipC16
秋水は実用化しても役に立たんかっただろうね。

56 ::04/08/11 00:39 ID:KwwOC+GH
>>55 でも無尾翼機の製作経験が積めたし、まるきり無駄でもなかった。とおもいたい。

57 ::04/08/11 00:40 ID:KwwOC+GH
>>54 馬乗りって、富嶽のほうが大きいじゃん・・・・・・。

58 :名無し三等兵:04/08/11 00:46 ID:???
桜花で特攻。
多分、撃墜可能

59 :名無し三等兵:04/08/11 00:48 ID:???
秋水完成して
着陸時に残存燃料に引火して爆死か
B-29に体当たりして爆死か

どっちにしろロクなもんじゃねぇやな。

60 ::04/08/11 00:49 ID:KwwOC+GH
>>44 ああ、そういえば極光もあったっけ。銀河ベースだが、これでもB-29相手には速度不足だったとか。
日本機、使えんのう。

61 :名無し三等兵:04/08/11 00:50 ID:???
そこでキ109ですよw

62 ::04/08/11 00:52 ID:KwwOC+GH
>>59 紺碧の艦隊では、桜花を簡易防空戦闘機として使用していましたよね。
でも、機首に三式弾を積んで、敵の密集編隊の中で爆発させるのもいいかもしれない。
私は絶対乗りたくないが。

63 :名無し三等兵:04/08/11 00:55 ID:???
>>58
桜花を抱えてB29を攻撃できる位置に占位できる、その一式陸攻が最強。

64 :名無し三等兵:04/08/11 00:58 ID:???
>>63
その一式陸攻を護衛するF2が最強.

65 ::04/08/11 01:00 ID:KwwOC+GH
>>61 そう、そこでキ-109です。75ミリ高射砲を搭載し、B-29の防御兵装のアウトレンジから
攻撃する、一撃必殺の兵器。発想は素晴らしかったが、実用的な排気タービンの無い機体では、
高高度飛行能力も速力も足りなかった。また電探無しでは遠距離の敵に当てるのも困難だった。
架空戦記的には、この二つの装備は必須であろう。実に惜しい兵器だと思う。

66 :名無し三等兵:04/08/11 01:00 ID:???
鍾軌は活躍せんかったの?

67 :名無し三等兵:04/08/11 01:02 ID:???
>>64
そのF-2を調達中止にしたゲル長官が最強。

68 :名無し三等兵:04/08/11 01:03 ID:???
1945でなければ最強のB-29キラーはMiG-15。


ミコヤン・グレビッチ!

69 :名無し三等兵:04/08/11 01:04 ID:???
>>67
その際凶器を作った、三菱重工こそが最強ということだ。

70 ::04/08/11 01:07 ID:KwwOC+GH
所詮、MIG-15なんかTa-183のコピーだ。ヒュッケバイン最強っ!!!

71 ::04/08/11 01:16 ID:KwwOC+GH
>>66 雷電なんか造らず鍾軌一本に絞ればよかった。いかんせん鍾軌の生産数は少なすぎた。

72 :名無し三等兵:04/08/11 01:28 ID:nNpIazAE
SU-37

73 :名無し三等兵:04/08/11 02:04 ID:v7YQNcmu
竹やりを発射できるチハタン

74 :名無し三等兵:04/08/11 02:37 ID:???
けど雷電の空戦能力ってショウキよりありそうな・・・

75 :名無し三等兵:04/08/11 02:57 ID:???
エンジン性能が全然生きてないからな>雷電つうか日本の2000馬力級

76 :少佐:04/08/11 04:01 ID:Yn89ufsp
B−29は遠路はるばる日本まで来て、また遠路はるばる基地まで帰るのだから
羽根の部分の燃料タンクにはクソ燃料を積んでいた。
防弾対策がしてあったのは事実だが、高射砲弾の破片、20ミリ機関砲、小型
爆弾が当たれば簡単に燃えあがる。
つまりワンショットライターだ。
だから護衛機を付けて、編隊で機銃を撃ちまくりながら飛んだのだ。

77 :少佐:04/08/11 04:07 ID:Yn89ufsp
戦略大型爆撃機は必然的に燃料を積みまくることになる。
何度も言うが、一瞬で燃え上がる空飛ぶタンクローリーだ。
第一次世界大戦で戦略爆撃をした水素ガスで飛ぶ気球と本質的には同じなのだ。
この手の兵器がB−52を最期に開発されなくなったのは、これが理由だ。


78 :名無し三等兵:04/08/11 04:57 ID:???
震電っきゃねえだろが、ボケ!

79 :名無し三等兵:04/08/11 05:00 ID:???
震電はゴミ


80 :名無し三等兵:04/08/11 05:17 ID:???
>>77
B52の後継機の話はちょいと違うような・・・

81 :名無し三等兵:04/08/11 06:31 ID:???
しまった少佐だたか。マジレスしてしまった・・・ orz

82 :名無し三等兵:04/08/11 09:14 ID:???
シャ○少佐ぁっ! 減速できません! 助けて下さいっ!

83 :名無し三等兵:04/08/11 09:29 ID:???
なら加速すればいいだろ

84 :名無し三等兵:04/08/11 15:16 ID:???
>>70
‥‥

フッケバイン?

85 :名無し三等兵:04/08/11 23:37 ID:???
>>79

この童貞野郎!

86 :名無し三等兵:04/08/12 03:38 ID:???
頼むぞ蒼莱、
この機会にその力を見せてくれ

87 :名無し三等兵:04/08/12 17:23 ID:???
震電改が最強

88 :少佐:04/08/12 19:18 ID:9mj4FOWt
日本にもB−29を超える戦略爆撃機「富岳」を作る計画があったが、実現して
たら羽根はもちろん胴体にも燃料満載という機体になっただろう。
ここまで来るとほとんどロケット。
一発でも弾や破片が当たったら爆死するしか無い。


89 ::04/08/12 19:20 ID:tRUu/NEy
>>84 こういう表記もあったと思う。どっちの読みが正しいの?HUCHEBEIN。
>>86 あの機体に五七ミリ2門は積めないと思う。
ようするに、あなたの好き勝手に、好みの機体名をあげてくれればいいのだ。架空でけっこう。
スペックも書いてくれるとなおよい。

90 :名無し三等兵:04/08/12 19:22 ID:UXKPXAYv
MiG-15じゃないのやっぱり。
こいつのせいで、B29は昼間爆撃が不可能になったんだし。

あと、MiG-15がTa-183のパクリというのは間違い。
AK-47がStuG-43/44のパクリというのと同じくらいの間違い。

91 ::04/08/12 19:24 ID:tRUu/NEy
>>88 戦略爆撃機など一度に多数を用いて初めて意味ある代物。国力の低い日本にもドイツにも不要だったし、持たなくて正解だった。

92 ::04/08/12 19:27 ID:tRUu/NEy
>>90 参考にぐらいしたんじゃないの?

93 :少佐:04/08/12 19:31 ID:9mj4FOWt
>>90
第二次大戦においてもB−29の昼間爆撃は不可能で中止されてるよ。
馬鹿でかい機体がギチギチの編隊を組んで、同じ速度、高度、コースで
昼間に飛んだら撃ち落して下さいと言ってるのと同じだ。

94 ::04/08/12 19:32 ID:tRUu/NEy
キー87とかキー94をあげる人がいないな・・・。不人気なのか?

95 ::04/08/12 19:36 ID:tRUu/NEy
>>93 いや、少佐、それはちゃうねん。昼間高高度爆撃の方針が変更されたのは、単に
命中率が悪かったから。

96 :少佐:04/08/12 19:36 ID:9mj4FOWt
自分がB−29に乗ってると想像したらいい。
燃料と爆弾がギチギチに積まれてる状態だったら、零戦が一機来ても
「ヒ―ッ神様助けて」という気分になるはずだ。
何しろ空飛ぶ火薬庫、空飛ぶタンクローリーなのだからね。
ましてやロケット弾まで積んでたドイツの戦闘機だったら、「アーメン」
と言うしかないだろよ。

97 :少佐:04/08/12 19:40 ID:9mj4FOWt
戦略爆撃機が構想されたのは第一次大戦だが、その当時の構想では戦艦
並の装甲を持つ爆撃機になる予定だった。
しかしそんなものが飛ぶはずも無く、長距離を飛ぶ為に装甲はペラペラに
なり、羽根には燃料満載の代物になった。
つまり搭乗員の人権は無視された兵器となったのだ。

98 ::04/08/12 19:47 ID:tRUu/NEy
別に少佐を疑ってはいないが、その割には日本軍はあまりB-29を撃墜していない。
高射砲などの成果も合わせて確実なところ100機くらいじゃないか?あとは事故などによる喪失。

99 :名無し三等兵:04/08/12 19:54 ID:???
キ96をそのまま量産・発展させていればなあ…。

100 ::04/08/12 20:27 ID:tRUu/NEy
架空戦記的には既存のキ-45改のエンジンを2000馬力級に換装するだけでもかなり違うとおもうが可能だろうか?


101 :名無し三等兵:04/08/12 20:32 ID:???
>>100
ナセルストールで苦しむと思うよ
それよりレーダーと無線がしっかりしていれば、P-51が護衛に就かない限りは
善戦出来るはず。

102 :名無し三等兵:04/08/12 20:34 ID:tRUu/NEy
ナセルストールって、気流の乱れのこと?ナセルも改設計しないと駄目なの?

103 :名無し三等兵:04/08/12 20:35 ID:???
亜也虎


104 :名無し三等兵:04/08/12 20:42 ID:???
シュツルモビーク並の37mm砲で、ようやくB-29を撃墜できた

B-29vsAC-130の105mm砲

105 :名無し三等兵:04/08/12 20:53 ID:tRUu/NEy
キ-102乙も37ミリ砲を積んでるぞ。本来対地攻撃用だが、対B-29戦に使われたって本当?

106 :名無し三等兵:04/08/12 20:57 ID:???
>別に少佐を疑ってはいないが
疑えよ。

107 :名無し三等兵:04/08/12 21:05 ID:???
>>100
あのなぁ、換装するだけって簡単に言うけどさ、その肝心の二千馬力を
開発するのにどれだけの苦労があると思ってるんだ?まずキ45と同じ規格に
しなければいけない時点で無理だとおもうが?

108 :名無し三等兵:04/08/12 21:10 ID:???
赤松少尉操縦の雷電 これ最強

109 :名無し三等兵:04/08/12 21:12 ID:???
取り敢えず排気タービンは諦めて、二段二速過給機の開発に全力投入

110 :名無し三等兵:04/08/12 21:16 ID:???
>>106
ワラタ

111 :1:04/08/12 21:25 ID:tRUu/NEy
>>107 発動機取付架だけ変更すればいいんじゃないの?

112 :1:04/08/12 21:27 ID:tRUu/NEy
別にライセンス生産でもええよ。どうすれば、日本はB-29の空襲を防げた?
とりあえずTa-152H-1のライセンス生産でOK?

113 :名無し三等兵:04/08/12 21:29 ID:???
>>112
アメリカと戦争をしない。



=============== 終了 ===============

114 :1:04/08/12 21:29 ID:tRUu/NEy
>>108 そうかっ!クローンで、名パイロットを増やせばいいんだっ!!!すげえネタだぜっ!

115 :停止しました。。。:04/08/12 21:31 ID:???
真・スレッドストッパー。( ̄ー ̄)ニヤリッ

116 :名無し三等兵:04/08/12 21:38 ID:???
目眩のしてくるようなレスばかりだな……ここまでレベルが下がるのか

117 :1:04/08/12 21:38 ID:tRUu/NEy
とめんなやっ!ボケーーーーーー!!!!!

118 :名無し三等兵:04/08/12 21:39 ID:???
>>116
自演乙

119 :名無し三等兵:04/08/12 21:41 ID:???
13歳の炉とヤッてきます

120 :名無し三等兵:04/08/12 21:42 ID:???
>>119
通報しますた

121 :名無し三等兵:04/08/12 22:06 ID:???
3600機が生産されたが260機がテスト飛行で喪失、512機が戦闘中に喪失した
そのうち約400機は日本軍による撃墜であった

撃墜された理由はもちろんあり、その多くは
カーチスルメイ将軍の悪魔的な発案によるものだった

まずB-29を徹底的に軽量化させた
・元々鋼鉄製のエンジンはマグネシウム合金製のものに置き換えられたが
 熱をもちやすく発火する危険もあった
・本来はオリーブ淡褐色/灰色のカムフラージュ塗装であったが、
 軽量化の為に無塗装になり、その銀ピカのボディはとても目だった
・さらなる軽量化の為に尾部の銃だけ残して、ジェネラル・エレクトリック社製の
 防御用銃座は全て外され、その尾部の銃座用の弾丸さえも最小限に制限された。
・さらに軽量化の為に燃料タンク以外のほとんどの防弾装甲は外され、
 機内の椅子やテーブルなども全て外された。
・さらにさらに、高々度爆撃は成層圏までの上昇に多大な燃料の消費が必要な為、
 作戦を夜間低空爆撃に切替え大幅に搭載燃料を切り詰めた。さらに往復ギリギリの
 燃料だけを積む事により大幅な軽量化を達成した。
この軽量化により出来た余剰搭載量に離陸出来るぎりぎりまでの
M69焼夷弾を詰め込んだ。

乗員はもう帰れないと思いながら離陸していった。。。

122 :名無し三等兵:04/08/12 22:12 ID:xMUKgQ6i
タケヤリだな

123 :1:04/08/12 22:19 ID:tRUu/NEy
>>121 ありがたいお話ありがとう。みんなも見習えっ!!!

124 :名無し三等兵:04/08/12 22:20 ID:???
太い竹槍をプロペラにぶつけたら上手く落ちないかな?


125 :名無し三等兵:04/08/12 22:20 ID:???
ルメイは何もかもマグネシウムにするのが好きだなー

126 :名無し三等兵:04/08/12 22:22 ID:???
>121
日本相当舐められてるね

127 :名無し三等兵:04/08/12 22:23 ID:???
>>125
マグネシウムだけだったら炎上したときに夜空に最期の華が咲くのに

128 :名無し三等兵:04/08/12 22:24 ID:???
B-29はエンジン部に重大な欠陥があり、これを量産しながら仕様を変えていくと言う信じ難い
方法で作り続けていた。エンジンの寿命も短く、1万km程度の飛行時間でオーバーホールと言う有様だった。
米軍の兵站で運用すると言う前提がなければ、採用されたかかなり怪しい欠陥兵器だった。

129 :名無し三等兵:04/08/12 22:27 ID:???
フォッケのTa−183が出てるなら、俺様はメッサーのP.1101を推すぞッ!

実機は地上でしか後退角を変えられなかった(後退角の違う機体が何種類かあった?)
らしいが、きっと発展型は世界初の実用可変後退翼戦闘機として、大活躍したのに違いない。
X-5の原型にもなったし。
爆撃で寸断された滑走路や一般道路から、主翼を全開にして迎撃に出撃するシーンなんか
想像すると萌える、いや、燃える。
もちろん、普段は地下に設営された格納庫に収納されているのはお約束。

……でも、末期の日本でどうやったら生産できるんだろ……_| ̄|○。
その辺は考慮しなくても、このスレではいいのか?



130 :名無し三等兵:04/08/12 22:27 ID:???
マコト「エリア侵入と同時に20ミリ機銃と12.7ミリ機銃で100%狙い撃ち。
    零戦による近接戦闘も危険すぎます。特攻、火砲、竹槍などの
    なまはんかな攻撃では、泣きを見るだけですね、こりゃ」
ミサト「攻守ともにほぼパーペキ。まさに空中要塞ね。B-29が搭載している爆弾は?」
マコト「最大搭載量9トン、新型爆弾の搭載も噂されます
    敵はここ帝都東京へ直接爆撃を仕掛けるつもりです」
ミサト「しゃらくさい。で、到達予想時刻は?」
マコト「明日午後22時30分54秒。その時刻には22の防衛線のすべてを突破して
    東京上空へ到達するものと思われます」
ミサト「状況はかんばしくないわね」
マコト「白旗でもあげますか」
ミサト「その前にチョッチやってみたいことがあるの」

冬月「目標のレンジ外、長々距離からの直接射撃かね」
ミサト「そうです。大和主砲の三式弾による長距離射撃しか方法はありません」
冬月「MAGIはどう言ってる」
マヤ「スーパーコンピューターMAGIの回答は賛成が0、反対が3
   東京市街地に着弾した三式弾の被害の方が甚大と回答しています」
碇 「・・・・・冬月、後を頼む」

131 :名無し三等兵:04/08/12 22:31 ID:???
XP-72最強!
37ミリ機関砲4門(;´Д`)ハァハァ

132 :名無し三等兵:04/08/12 22:32 ID:???
>>130

ということは、綾波が大和のために、新型爆弾に対する盾になるのか?
……エヴァねた抜きでも、チヨッチ格好いいな。そのシチュ。

133 :132:04/08/12 22:33 ID:???
>>132
チヨッチじゃなかった、チョッチだ。

134 :名無し三等兵:04/08/12 22:34 ID:???
エヴァ見た後に変な妄想に悩まされて人差し指を噛み切りそうになった事がある・・・
あの時俺はどうなってたんだorz

135 :名無し三等兵:04/08/12 22:42 ID:???
パトリオット

136 :1:04/08/12 22:46 ID:tRUu/NEy
>>129 疾風も紫電改も生産中止して、中島、川西につくらせればいい。かな?


137 :名無し三等兵:04/08/12 22:48 ID:???
エアバス社

138 :1:04/08/12 22:50 ID:tRUu/NEy
>>105 あっ、57ミリ砲の間違いだ。でもこれなら一撃でB-29はバラバラ。

139 :名無し三等兵:04/08/12 22:51 ID:???
X-4って有線誘導だろ?単座戦闘機では使い物にならない気がするんだが。>>1

140 :名無し三等兵:04/08/12 22:53 ID:???
夏ですね。

141 :名無し三等兵:04/08/12 22:55 ID:???
ジェット気流

142 :名無し三等兵:04/08/12 22:59 ID:???
風船おじさん

143 :1:04/08/12 23:04 ID:tRUu/NEy
>>139 Fw190なんかに積めたような気がした。使うときはオートパイロットに切り替えて、ミサイルの操作に専念したと思った。

144 :1:04/08/12 23:07 ID:tRUu/NEy
まあ、片手で操作できるし、慣れの問題だと思う。

145 :名無し三等兵:04/08/12 23:07 ID:???
B29キラー?そんなの金属製単葉引込脚戦闘機ならなんでもいいんよ。

数さえ揃えられれば。

146 :名無し三等兵:04/08/12 23:07 ID:???
>>143
トリップつけたら?


147 :1:04/08/12 23:09 ID:tRUu/NEy
別に偽者が出ても問題ない。気遣いありがとう。

148 :名無し三等兵:04/08/12 23:10 ID:???
>>145が結論を出してしまったようだが。

149 :1:04/08/12 23:13 ID:tRUu/NEy
>>145 数って、500機ぐらいで空襲に来るB-29を完全に撃退するには、防衛側はどれくらいの数で出撃すればいいのだ?

150 :名無し三等兵:04/08/12 23:14 ID:???
香ばしい1がいると聞いて来ました

151 :名無し三等兵:04/08/12 23:15 ID:???
>>143
ハセガワのキットで、X-4を装備しているのがある。
あそこは、いつもスポット生産のキットには特に解説をつけないんで
潮騒はしらない。
でも、ググればすぐソースなんて出ると思う。

>ミサイルの操作
確か、専用ジョイスティックで操作していたような気がする(うろ覚えレス、ゴメン)。

152 :名無し三等兵:04/08/12 23:16 ID:UXKPXAYv
皮肉な話だけどP-47に、空対空ロケット弾もしくは大口径機銃を搭載すれば、
理想的なB−29キラーになりそうな気がする。

高々度性能も頑丈さも、搭載力も折り紙付きだし。

153 :名無し三等兵:04/08/12 23:17 ID:???
大和&武蔵の三式弾一斉射で何機のB-29が狩れるのだろうか…

154 :名無し三等兵:04/08/12 23:19 ID:???
護衛のP-51が向かってくる状態でジョイスティック操作か・・・並の神経ではできないな。

155 :名無し三等兵:04/08/12 23:20 ID:???
>>152
だからXP-72が最強だってば。

156 :名無し三等兵:04/08/12 23:22 ID:???
44 名前: 名無し三等兵 [sage] 投稿日: 04/06/19 21:31 ID:???
>>43 富嶽+秋水…_| ̄|○ イチゲキデヒノタマダ


45 名前: 名無し三等兵 [sage] 投稿日: 04/06/20 00:11 ID:???
ふと思ったんだが、>>44の案ってB29迎撃で使ったら面白いかも(役に立つかはともかく)
長躯進撃してくるB29の編隊の上空に張り付いて、秋水発進。地上から飛び立つより戦闘時間
は確実に稼げるし、収容しての燃料補給・・・はちょっと震動の問題で難しいんで、操縦席を分離
して他に準備してある機体に装着して再出撃。
なんかSFチックですがこのメカニズムを新たに作るくらいなら秋水はMe163ベースよりもBa349
ベースの方がいいかも?
あるいは桜花に30ミリ積んで・・・・・富嶽に桜花・・・なんかのゲームであったな。

46 名前: 名無し三等兵 [sage] 投稿日: 04/06/20 20:05 ID:???
B29の上空まで到達できる重爆級を開発できる技術があれば
普通に高高度戦闘機を配備できると思った。まぁ確かに防空体制としては
面白いと思うが。B29編隊の出撃段階で情報が入れば即離陸〜上昇して
上空待機、その後はB29の進路に合わせる形で迎撃体制を整えて行くのか。
システムとしては多大な資財を消費する&技術的困難が多数ありそうだけど
上手くはまれば結構戦果は上がりそうだな


157 :名無し三等兵:04/08/12 23:26 ID:???
>>149
逆に聞くが
500機ぐらいで空襲に来るB-29を完全に撃退するには
防衛側はどの様な装備で、どれくらいの数で出撃すればいいのかね?

158 :名無し三等兵:04/08/12 23:26 ID:???
ヴァッサーファル

159 :1:04/08/12 23:26 ID:tRUu/NEy
>>154 滝沢聖峰の漫画では、彗星に後ろ向きに積んでたな。実用面では、ミサイル発射担当機を護衛機で守る必要があるとおもわれ。

160 :1:04/08/12 23:27 ID:tRUu/NEy
>>157 わからんからきいとんじゃい、ボケーーーーーーーー!!!!!!

161 :1:04/08/12 23:31 ID:tRUu/NEy
P-47とキ-87って、性格や大きさが似ている。だから、>>152のいうことも、当然かも。

162 :名無し三等兵:04/08/12 23:31 ID:???
>>160
人に何か聞くときは尊大な態度でいいのかね。
もう少し書きようがあると思うがね。

163 :名無し三等兵:04/08/12 23:32 ID:UXKPXAYv
>>155
XP−72って確かにB−29キラーとして理想的な条件を備えているよな。
迎撃戦闘機を必要としないアメリカがもっとも適した機種を保有しているというのは皮肉な話だ。

164 :1:04/08/12 23:35 ID:tRUu/NEy
ヴァッサーファルはドイツ本国でも開発中止になりますた。高価過ぎたらしい。

165 :1:04/08/12 23:38 ID:tRUu/NEy
>>162 ごめーーーーん。で、おせーて。少なくとも、日本全国では、何処が狙われるか
わからないから、数千機は用意しておく必要があると思われる。

166 :名無し三等兵:04/08/12 23:38 ID:???
少佐の適当な言葉を信じる純粋培養された1に感動した。


167 :名無し三等兵:04/08/12 23:39 ID:???
横山ノビーの仮想で、大和の三式弾でB29迎撃があったな

168 :名無し三等兵:04/08/12 23:40 ID:???
>>165
わからん。145氏に直接聞いてくれ。

169 :1:04/08/12 23:44 ID:tRUu/NEy
>>168 なんと、あなたは横ヤリレスだったのか?!じゃあ、一人一殺ということで、500機。

170 :名無し三等兵:04/08/12 23:48 ID:???
此のスレ見ておもわずB-29操縦マニュアルを引っ張り出して下太


171 :名無し三等兵:04/08/12 23:50 ID:???
>>169
たった500機で防げるのか。
思ったより日本は狭いんだな。

172 :1:04/08/12 23:51 ID:tRUu/NEy
>>171、いえ、一回の出撃で。

173 :名無し三等兵:04/08/12 23:52 ID:gEK4GiKv
五式15センチ高射砲が1万門あれば東京は守れたかな?

174 :名無し三等兵:04/08/12 23:54 ID:???
>>145
あと防空警戒システムの完備もお忘れなく。

175 :名無し三等兵:04/08/12 23:54 ID:???
>>169
>一人一殺ということで、500機。
特攻か・・・。

じゃあ、4000機は必要だな。

176 :名無し三等兵:04/08/12 23:56 ID:???
>>145
高空性能が良ければ更に良いのでは。

177 :名無し三等兵:04/08/13 00:01 ID:???
地べたに、大和主砲を100基ぐらい並べて
三式弾撃ちまくればいいじゃん

178 :名無し三等兵:04/08/13 00:01 ID:???
まあ、迎撃戦闘機の性能にも左右されると思うが…
あと、夜間低高度なのだか昼間高高度なのかでも大きく違うし、>165の理由もあるし、こちらの稼働率も判らない。
護衛戦闘機がいるのかいないのかも良く判らない。

全機を撃墜しないけりゃならないワケでもないし、ソ連方式で爆撃を諦めるくらいの損害を負わせ爆弾を捨てさせるとか。

敵爆撃機1機あたり3機くらいでかかれればいいのかなぁと妄想。
で、敵が投弾前に部隊の3割落とせば諦めてくれるかな?

てか、爆撃機の迎撃は戦闘機ではなくシステムでやるので、難しすぎてよくわかんない。
それと実際は出撃可能な機体が全部出て行くので、これだけ逝けばイイってモノでもないと思う。

179 :名無し三等兵:04/08/13 00:10 ID:???
>>169
コンピューター式照準で正確にこちらを狙ってくる化け物相手に突っ込むことは、
日本軍パイロットには相当キツイだろうな

180 :名無し三等兵:04/08/13 00:11 ID:???
145だが、もまえら冗談(皮肉)も通じないのかw

B29を迎撃で圧倒できる程の戦闘機が揃えられる国力があるならそもそも爆撃機の進入を許していない。
それだけの国力があればB29が発進する拠点基地すら作らせないだろw

まぁ具体的な数を言えば1機に対して3機(最低でも)。つーか、本当、数さえ揃えばね何でも構わないんよ。
(それに搭乗する飛行士の育成期間とか考えて貰えばどれだけ無理な事か判って頂けるかとは思うが)


と、言う事で最強のB29キラーは、「開戦しない」でした。

181 :名無し三等兵:04/08/13 00:22 ID:???
>>180
その場合、B29最大の敵は予算になるわけだ

182 :1:04/08/13 00:27 ID:Ekqw4tIL
うおーーーー勝てねーーーーーぜったい勝てねーーーーーー!!!!このままでは日本が焦土となってしまふーーーーー!!!!
500機(護衛機数含まず)来るとして、半分の250機をおとせば、敵が引き上げるとしよう。
それを、防御側は3倍の機で迎撃するとして、750機。稼働率75%として、
必要機数、1000機。
これを、日本の各防衛地区に配備するとして、5000機ぐらい?
しかも損耗補充分も必要だ。パイロットはどうする?マリアナ沖海戦と、フィリピン航空戦はなかったことにして確保するとしよう。
それでも足りるか?燃料は?無理だ!
うおーーーーー勝てね--ーーー!!!!!!!

183 :名無し三等兵:04/08/13 00:28 ID:???
>>180
ブラックバーン ロック

184 :1:04/08/13 00:33 ID:Ekqw4tIL
こちらが一機で、B-29を一度に5機落せるような高性能機なら、話は現実的になる。

185 :名無し三等兵:04/08/13 00:39 ID:???
>こちらが一機で、B-29を一度に5機落せるような高性能機なら
非現実的です

186 :名無し三等兵:04/08/13 00:45 ID:???
>>184
まさか富g(略

187 :名無し三等兵:04/08/13 01:11 ID:???
B29を落とす事を考えるより、サイパンを守る事を考えたほうがまだしも現実的ではなかろうか。
確かにB29など焼夷弾と燃料を満載した空飛ぶタンクローリーかもしれんが、
そもそも問題はB29の進入高度にある。耐圧服、高オクタン燃料、排気タービン(ターボプロップ)
まぁハイオクとターボは絶対必要というわけではないが、与圧、耐圧は高高度戦闘するにあたっては必須。

架空兵器もいいが、まずはその辺の問題を何とかしないとな。

188 :名無し三等兵:04/08/13 01:38 ID:???
>187
うむ
雲霞の如く押し寄せる重爆をいくら追っ払っても無駄と言うことは
ドイツが証明している
被害が増えてきたら作戦を変えるしな

結局基地を押さえなきゃ駄目

189 :名無し三等兵:04/08/13 01:57 ID:???
>>153
亀レスですが、三式弾では一機も落とせないでしょう。
三式弾はでっかい花火なので対空能力なんて考えてはいけません。

190 :名無し三等兵:04/08/13 02:05 ID:pA6Dwf2u
ここまででMe262が出てない。
R4Mの斉射で楽勝じゃん。

191 :名無し三等兵:04/08/13 02:18 ID:Urrq78n+
それは、時です。
現在、全ての B29 は退役しました。

192 :名無し三等兵:04/08/13 02:41 ID:???
ヤマト一隻で十分

193 :名無し三等兵:04/08/13 02:50 ID:4FT7kDMM
五式高射砲で一斉射!

194 :名無し三等兵:04/08/13 04:05 ID:???
>190
>19でいきなりでてるじゃん

195 :名無し三等兵:04/08/13 04:11 ID:???
このスレはチハでM1A2に勝つ方法を考えるようなスレですね。

B-29は当時の最先端技術の塊。戦闘機無用論が出てくるほどのオーバーテクノロジー爆撃機。
では何故戦闘機が要らないと言われたか。
>>187も言っているが、まずその高度でまともに対空戦闘が行える戦闘機が存在しなかったという事。
機体が耐えられても人体が耐えられない。ドイツのMe262はB-17相手に高度5000〜7000で戦闘をしていたから
それなりの戦果を挙げた。対してB-29の侵攻高度は10000〜 与圧されていない戦闘機ではパイロットが
意識を失ってしまう。爆撃高度まで降りてきたとしても迎撃機は護衛戦闘機との空中戦に追われるだろうし、
その高度まで降りられた時点で既に迎撃は失敗している。
次に速度。B-29に追いつける戦闘機がそもそも少ない。当時カタログデータ通りの性能を発揮していなかった
日本軍戦闘機では会敵して一撃したらもうお終い。その一撃で撃墜させなければ後は悠々と去るB-29を
指を咥えて見ているしか無い。
最後に重武装。会敵出来たとしても返り討ちにあう戦闘機の方が多い。

など、諸々の理由により戦闘機はもはや要らず。とまで言われたわけだが、与圧キャビンを備え、成層圏でも
対空戦闘を継続できるジェット戦闘機の出現により戦闘機無用論は消える(その後形を変えICBM等に引き継がれたが)
翻って1945年当時、B-29を確実に仕留める事が出来る兵器となると、「存在しない」としか言い様が無い。
>>187の言う通り、行動半径内に基地を作らせないのが現実的な対処方法かと思われる。

196 :名無し三等兵:04/08/13 06:33 ID:???
一万両のチハで対空射撃しまくれば一機くらいは落とせるかも

197 :1:04/08/13 06:52 ID:Ekqw4tIL
>>195 マリアナ失陥は話の前提ですから。では、マリアナと硫黄島を、1945年(捷一号作戦後)の残存戦力+
架空兵器で奪還することは可能か?何が必要?
>>190 R4Mって、日本で量産できますか?固体ロケットに強い日本なら可能のような気がしますが。史実で量産化の話ってなかったの?

198 :名無し三等兵:04/08/13 07:06 ID:???
固体ロケットは問題ないと思われる
末期にはそれなりのもの(対地だが...)を使用していたし

とりあえず、情報関係強化だろ?
キ84P/R J6K1 J2M5

199 :名無し三等兵:04/08/13 07:07 ID:???
フツーに高射砲でFAだな
別に久我山の必要無し

200 :1:04/08/13 07:15 ID:Ekqw4tIL
>>198 キ-87をつくるくらいだったら、疾風の高高度対応型を作ったほうがいいと私は思ってます。
>>199 B-29に対応できるのは、3式12センチと5式15センチしかありませんが・・・。数が揃えれるかが問題。

201 :名無し三等兵:04/08/13 07:23 ID:???
酸素マスクのトラブルに手を焼いた海軍は考えた。
もしかして、酸素が薄くても平気でいる人間がいるのでは?
−−−−− イ タ ー  


しかし、「日常生活でも多くの酸素を脳に必要としない人々だった。」

202 :FW190Ta152H-1:04/08/13 07:31 ID:msQXl0M0
>195
Ta152H-1はどう?
 アメリカの新型4発爆撃機(B29のこと)のドイツ来襲を意識し、高々度性能が著
しく不足していたフォッケウルフのA型を改良すべく、液冷エンジンに換装した型
だが、その第1作のD型が、高々度性能の向上面でイマイチだったので、更なる性
能向上を狙った高々度戦闘機として開発された。
 実用上昇限度は13000mを超え、与圧式のコクピットも装備。そして散々言われ
てるが、パワーブースターを使用すれば、短時間ながら、最高時速は当時のレシプ
ロ戦闘機の中ではトップクラスの756kmを出した。最初の1撃で逃しても、また追
跡できるはず。ただ、武装は30mm機関砲1門、20mm機関砲2門とB29を相手にはやや
貧弱か・・…。
 これなら、B29が高々度から来襲しても比較的簡単に、少なくとも、それまでの
枢軸国側に出現している迎撃戦闘機の中では最もB29にとって脅威と推定される存在
になり得たと思うが……。


203 :1:04/08/13 07:39 ID:Ekqw4tIL
Jumo213液冷エンジンをコピーするより、Jumo004をコピーするほうが簡単な気がする・・・。

204 :名無し三等兵:04/08/13 07:46 ID:???
>200、秋月型の長十糎広角砲を忘れているぜ。


205 :名無し三等兵:04/08/13 07:56 ID:???
日本のクソ兵器をバリバリ爆撃してドバドバ撃墜するB−29はかっこいい

206 :1:04/08/13 08:02 ID:Ekqw4tIL
>>204 わすれてますた
>>205 大和魂を忘れたか?この外道めっ!!!

207 :名無し三等兵:04/08/13 08:07 ID:???
中ソのクソ兵器をバリバリ爆撃してドバドバ撃墜するB−29はかっこいい

208 :1:04/08/13 08:11 ID:Ekqw4tIL
>>207 おおっ!おぬし、大和男児であるなっ!!!

209 :名無し三等兵:04/08/13 08:15 ID:???
まぁMIG-15が出てきて昼間に行動できなくなったとは言え
迎撃側のMIG-15もそれなりに損害負っているわけで

重爆(というより米重爆)の防御砲火は嫌なもんだね

210 :名無し三等兵:04/08/13 08:59 ID:???
キ84P/R ←疾風の高高度対応型

13mm積むと火力不足、20/30だと弾数不足(初速はマウザーあたりで)


211 :FW190Ta152H-1:04/08/13 09:44 ID:msQXl0M0
>209
それはMig15の中国軍パイロットの経験不足もだいぶ不利に作用しているはず。
米軍側は第2次大戦を戦い抜いた歴戦の経験優秀ばパイロットがレシプロ機から
乗り換えたが、北朝鮮/中国軍側はまず国家として新生したばかりの上に、空軍
も同様。新規のパイロットも訓練も早々に実戦に出撃していった。おかげで損害
も遥かに多かった。
 それとジェット戦闘機とレシプロ爆撃機との速度差も考えないと。これは大戦中
のB17とMe262との空戦においても見られたが、迎撃するにはより確実に弾を命中
させる為には、多少は速度を落とさないと、命中率が落ちる、ところが、そうする
と今度は爆撃機編隊の防御砲火の集中攻撃を受けやすくなり、そこへ護衛の戦闘機
などがいたら余計損害が増える。しかも中国軍パイロットの腕が未熟なら、それなり
に損害が増えることは間違い無い。

212 :名無し三等兵:04/08/13 10:03 ID:???
>189
アホ。三式弾で実際に敵機を落としてるよ

213 :名無し三等兵:04/08/13 10:44 ID:???
J7Wが大量生産されてたら
B-29に勝てましたか?

214 :名無し三等兵:04/08/13 11:00 ID:???
久我山15高の戦果は大法螺。

215 :名無し三等兵:04/08/13 11:02 ID:???
>>212

B29を?

216 :名無し三等兵:04/08/13 11:18 ID:???
キ83

217 :名無し三等兵:04/08/13 11:31 ID:???
編隊のど真ん中にジーニを撃ちこむ

218 :名無し三等兵:04/08/13 11:44 ID:???
小早川セナ
今のトランスフォーマーシリーズの後番組
新世紀ライダーシリーズの後番組
プリキュアの後番組



219 :名無し三等兵:04/08/13 13:49 ID:???
B-29が9000m以上で侵入してくると空冷では相手にできないんじゃない?
日本でまともに9000m以上でも使えたのは飛燕だけだと聞いたが・…

最も1500〜3000mでも高射砲ぐらいしか使えなかったんだが・・・・・

220 :名無し三等兵:04/08/13 13:58 ID:???
>>212
三式弾の花火っぷりに見惚れた米パイロットが操作を誤り墜落という話。

221 :名無し三等兵:04/08/13 18:51 ID:???
最強のB29キラーは銀河による長躯爆撃

222 :1:04/08/13 19:50 ID:Ekqw4tIL
マリアナを奪還できないなら、せめて駐機中のB-29を破壊しに行くしかない。
そこで富嶽地上掃射型の出番ですよ。胴体下面に、20mm機関砲を50丁くらい装備して。

223 :名無し三等兵:04/08/13 20:00 ID:???
なんでB29ってヨーロッパに投入されなかったの?

224 :名無し三等兵:04/08/13 20:05 ID:???
>>223
ドイツ相手にはB17&B24で止めさせそうだった

サイパンから日本を爆撃できるのはB29しかなかったのと、
日本の降伏を航空機部隊の手柄にしたかった

225 :名無し三等兵:04/08/13 20:28 ID:???
>>222
貴官はどうしてもそのような火葬兵器を出したいのかね?
考えてもみたまえ、富嶽のような重爆が製造できる国力があるのならば、散々ガイシュツだが
「B-29に爆撃される事態に陥っていない」という事だよ。

史実に基づくならばどうしたって迎撃は不可能。
仮想現実に基づいて仮想の超兵器で迎撃するならば、先ず、その超兵器で先に侵攻するがよかろう。

226 :名無し三等兵:04/08/13 20:50 ID:???
>>202
>Ta152H-1
確かに素晴らしい戦闘機だ。最強のレシプロ戦闘機といっても過言ではない。
で、問題はそれをどうやって日本で運用するのか。
兵器というものはポンと渡されたらすぐに運用出来る物なのか。
では仮にドイツから100機のTa152が供与され、日本で長期的に運用するとしたら。
整備が第一の問題。
補給が第二の問題。
生産が第三の問題。
無論、あらゆる規格がまるで違うものになるから機体、発動機、武装、各々専用に新規ラインを作る。
搭乗員を新たに育成する、又は転換訓練させる。さて、これに掛かる時間と資金は?

>Jumo213液冷エンジンをコピーするより、Jumo004をコピーするほうが簡単な気がする・・・。
ユモエンジンをコピーと簡単に言うが、5式戦は何故3式戦の空冷エンジン版なのか考えた事があるかね?
当時自動車の免許を持っている事が自慢になった時代、せいぜい自転車の整備をした事があるのが目一杯の
速成日本人整備士に液冷の複雑極まりないエンジンをスペック通りに運用できる技術があると思うかね?
兵器とは民族のレベル以上のものは運用できない物。(失礼だが)マサイ族に戦車を与えたとして、運用できる
と思うかね?程度の差はあれ、大筋では違わない。

「蛇足」
スレ違いだがタンク博士は戦後、日本を訪れた事がある。

227 :名無し三等兵:04/08/13 20:51 ID:RMEfMte3
疾風の高高度対応型って
そりゃあスーパーチャージャーと良いエンジンがあればな
なだって出来るさ



228 :名無し三等兵:04/08/13 20:53 ID:???
sage忘れた
スーパーチャージャーと良いエンジンがあれば
烈風だって雷電だって紫電改だってベースになるさ

229 :名無し三等兵:04/08/13 20:56 ID:???
100機のTa152が供与されたら、消耗部品が無くなる短期間だけ使えればいい
と考えるだろ当時じゃ

230 :名無し三等兵:04/08/13 20:59 ID:???
ネ20やJumo004ジェットエンジンの方がJumo213液冷エンジンを生産する方より簡単そうだな

231 :名無し三等兵:04/08/13 21:08 ID:???
仮にTa152を装備していたとしても、日本のレーダー施設では
B29が爆撃を開始するまでにその高度に上がれないことが多いのでは。

232 :名無し三等兵:04/08/13 21:17 ID:???
昔俺の知人が、とある中南米小国のミサイル艇の写真を見て
「こいつらにこんな兵器を運用できるのか?」と言っていたのを思い出す
イランがアメリカからF−14を買った話もある。
逆に零戦などは日本人の身の丈にあっていた兵器でしょう。

233 :少佐:04/08/13 21:32 ID:GUONoIo3
>>98
お答えしましょう。
B−29はサイパンからはるばる日本まで飛んできて、またサイパンにはるばる帰って
いた訳ですが、戦艦大和、武蔵しか守る気が無い海軍は何もしませんでした。
予算、物資が陸軍に比べて圧倒的に多く、航空機の数も圧倒的に多い海軍が何も
しないのだから、B−29の撃墜率が低いのは当然です。


234 :名無し三等兵:04/08/13 21:33 ID:???
少佐はなんでこう馬鹿なの?

235 :名無し三等兵:04/08/13 21:35 ID:???
>>234
ちょっと!>>1がどういう反応をするか見たかったのに!

236 :名無し三等兵:04/08/13 21:36 ID:???
本人はネタのつもりでやってるんだろうけど他人から見ると痛いだけ。

237 :少佐:04/08/13 21:42 ID:GUONoIo3
B−29の装甲が実はギリギリまで薄くされたもので、おまけに燃えやすく、
羽根に燃料満載という事実が明らかになったという点でこのスレの業績は
素晴らしいだろう。


238 :名無し三等兵:04/08/13 21:43 ID:???
>>233
海軍は陸軍の隷下に成りかけたぐらい発言力が弱いんだが・・・
輸送船やら他の物資も殆ど陸軍に取られてたし
その隷下になるのに猛反発したから陸軍と海軍の確執の原因だったとも言える

239 :名無し三等兵:04/08/13 21:46 ID:???
>>237
今日も暑かったな。日射病には気をつけろよ。

240 :名無し三等兵:04/08/13 21:59 ID:???
ボフォースあればいいんよ。

241 :名無し三等兵:04/08/13 22:37 ID:???
P-38

242 :名無し三等兵:04/08/13 22:39 ID:???
仮に防弾性能が一式陸攻並だとしても、日本機が一撃できるかどうかの高度・速度で飛んでくるんだから
外してしまうと二撃目をかけようにも、もう追いつけない。
ベテランなら会敵可能だが戦争後期の質が低下した搭乗員ではそれすらままならない。
夜間爆撃でもまともなレーダーのない日本側は、まず会敵することが困難。

243 :FW190Ta152H-1:04/08/13 22:55 ID:/IBB/+Ql
>242
>まともなレーダーの無い日本側は、まず会戦することが困難。
それでも約480機のB29を撃墜したのだから、まぁ、それなりに善戦したと言うべきか?
ドイツ空軍戦闘機対B17、B24との戦いと比較して、性能面での差は遥かに開いていた
にもかかわらずだ。

244 :1:04/08/13 22:57 ID:Ekqw4tIL
基本的に本土の防空は陸軍の管轄で、海軍は、海軍施設などのある地域を防空したと思っていたが、それで正しいの?

245 :名無し三等兵:04/08/13 23:02 ID:???
>>243
性能差を考慮して日本搭乗員が善戦したかというならば同意
しかし、敵爆撃隊に戦略爆撃を躊躇させるだけの損害を与えられず
数度の爆撃で防空地域は廃墟になってしまったのだから
軍事的には完敗だが。


246 :FW190Ta152H-1:04/08/13 23:02 ID:/IBB/+Ql
>226
>仮にドイツから、100機のTa152が供与され、日本で長期運用するとしたら…
そうはいっても実際に生産されたTa152はH型、C型合わせて67機に過ぎないから。
その仮定はあまり意味が無いような機がするが・…

 長期運用よりもむしろ、目的限定で使用するなら、それなりに効果はあったかも
例えば広島に向かう得野良芸を原爆投下直前で迎撃するのに使うとか・・…。高々度
で数機で飛来したのだから、上手く狙えば撃墜できたかもな……。


247 :名無し三等兵:04/08/13 23:05 ID:???
>>244
間違ってるよ。かなりの数の海軍機が陸軍機と共同で迎撃したんだよ。
そもそも防空っていえるほど撃墜してないけどな。

248 :1:04/08/13 23:12 ID:Ekqw4tIL
>>247 いったい、陸軍と海軍とでは防空においてどういう役割分担をしたんですか?

249 :名無し三等兵:04/08/13 23:17 ID:???
赤松少尉搭乗の戦闘機全部

250 :名無し三等兵:04/08/14 00:04 ID:???
先のレスでも、誰か書いていたけど、B-29の爆撃パターンは終始、高高度爆撃じゃなくて、
途中から中、低高度に切り替えられたんじゃなかったっけ?
確か、高高度爆撃が効果を上げられなかったのと、迎撃が予想ほど激しくなかったのが理由。
であれば、迎撃機にはむやみやたらな高高度性能は必要ない(いずれは爆撃精度も向上する
だろうけど、当面は高高度に追い上げておけばいい)。

だったら、雷電や疾風でも、十分ではないにしても、迎撃に必要な能力はあるんじゃないかな。
つまり、機体よりも(これも誰かが書いていたけと゛)早期警戒、迎撃管制体制を整える方が大事。

ということで、Ar234の早期警戒管制機verが欲しいとか言ってみる。
……結局、計画倒れのジェット機か、とか言う突っ込みは無し。


251 :名無し三等兵:04/08/14 00:07 ID:???
>>250
燃料バカ食いのAr234を大戦末期の日本が運用できるわけもなし・・・

252 :少佐:04/08/14 00:19 ID:ahQgSY9d
>>251
日本は大戦末期でも神風特攻隊を飛ばしまくってるのだから、迎撃用の燃料
はあったはずだ。

253 :少佐:04/08/14 00:30 ID:ahQgSY9d
アメリカ軍の資料を見ると、B−29はサイパンから飛び立って
真っ直ぐ日本に飛んできて、また真っ直ぐサイパンに帰って行ってる。
燃料ギリギリなので、それしか選択肢が無かったのだろう。
装甲をギリギリまで削ったうえに、直線で同じコースばかり飛ぶのだから
実に危険な作戦をアメリカは立てていたのだ。
これで何の迎撃計画も立てれなかった海軍は迎撃する気が無かったとしか
言いようが無い。


254 :247:04/08/14 00:31 ID:???
>>248よ。具体的な役割分担などあってないものだったんだよ。B29
が侵攻してくる方角を電探で探知した後、格飛行場から迎撃可能な戦闘機
部隊は一斉に離陸して出来る限りの高空で待ち受けるわけだ。このときに
上空待機中に戦闘機の特性上海軍と陸軍機は別行動をとった。B29を撃墜する
方法は一つだけ、すれ違う瞬間一度のチャンスで命中弾を浴びせるしかなかったわけよ。
すれ違ったら反転して高度1万につく頃にはB29は爆弾捨てた身軽な機体で逃げちまって
るんだよ。

255 :名無し三等兵:04/08/14 00:42 ID:???
日本全土をカバーする、広域なレーダー網と誘導管制。
稼働率の高い戦闘機。使える無線。
戦技を行えるパイロット。
燃料。

予備まで含めて十二分にあるのなら零戦でも可。

256 :名無し三等兵:04/08/14 01:06 ID:???
>>255本気でやろうとするなら一式陸攻改造の早期警戒機がいるな

257 :名無し三等兵:04/08/14 01:20 ID:???
そこで、史実より早い富士山レーダーの実戦投入ですよ。

258 :名無し三等兵:04/08/14 01:21 ID:???
語れば語るほど日本のクソ兵器に対するB−29の無敵ぶりが明らかになるね。

259 :FW190Ta152H-1:04/08/14 01:27 ID:6FgT2T+p
だが、そのB29も肝心のエンジントラブルで意外と事故を起こし、それが原因で
離陸に失敗したり、日本本土上空までたどり着けずに途中で墜落したり、引き返し
たり、原因不明の故障で機体が失われたりしている。
日本側のあずかり知らぬ部分だが。

260 :名無し三等兵:04/08/14 01:28 ID:???
>>255
出来れば、五式戦と雷電も参戦させてやってくれ。
疾風や紫電改はいらんが(稼働率が高ければ……ね)。

261 :名無し三等兵:04/08/14 01:32 ID:???
>259
そりゃキミ、当時のテクノロジーの限界であってB−29に限ったものでも
あるまい。

262 :名無し三等兵:04/08/14 01:38 ID:???
大体B−29が飛んでる高度に到達する時間が長すぎるんだよ、日本の航空機は・・・

震電がもっと早く完成してりゃ夢の対決が見れたんだが

263 :名無し三等兵:04/08/14 01:44 ID:???
久我山の15センチ高射砲も混ぜてくれ。
あとキ-109も。



264 :名無し三等兵:04/08/14 01:47 ID:???
震電なぁ・・・エンテの能力を生かせるだけの飛行場を前提に設計出来たかどうか・・・

265 :名無し三等兵:04/08/14 01:48 ID:???
>242
単機で飛来したB-29を、超ベテランの搭乗した屠龍3機で迎撃したものの、
撃墜できなかったという話がありますね。
2撃ずつかけたけど、結局取り逃がしたとか。

266 :名無し三等兵:04/08/14 01:50 ID:???
富士山を高射砲でハリネズミ化

後はどうやって真上を通ってもらうかだな

267 :名無し三等兵:04/08/14 02:11 ID:???
>>257
富士山に弾道ミサイル早期警戒レーダーは最強

268 :名無し三等兵:04/08/14 02:27 ID:???
>>265
単機で侵入ってことは偵察型F-13かな?
そりゃ回避運動ぐらいするよ。


269 :名無し三等兵:04/08/14 02:32 ID:???
実際のとこMig15クラスの迎撃機でないと
B29キラーとまではいかないな

270 :名無し三等兵:04/08/14 02:41 ID:???
>>269
Mig15なら近接防御の20mmに撃墜される可能性が高いな。せめてサイドワインダー
を搭載した戦闘機じゃないとキラーではないね

271 :名無し三等兵:04/08/14 02:43 ID:???
サイドワインダーのパクリのアトールだろ

272 :名無し三等兵:04/08/14 02:53 ID:???
いいことを教えてやろう。アメリカ政府は終戦100周年の記念に
B29を3000機そろえて東京を廃墟にもどします。

273 :名無し三等兵:04/08/14 02:55 ID:???
犬吠沖の七面鳥撃ちになるだろうがな

274 :名無し三等兵:04/08/14 02:59 ID:???
もちろんB29飛来前に航空自衛隊は直衛のP51により壊滅します。


275 :名無し三等兵:04/08/14 03:01 ID:???
これは凄いP51ですね

276 :名無し三等兵:04/08/14 03:01 ID:???
アメリカ政府は終戦100周年の記念にエノラ・ゲイの記念飛行を
広島上空でしてほしい。原爆投下ショーには多数の観光客が見込まれ
全世界に平和を発信することにもなる。

277 :名無し三等兵:04/08/14 03:04 ID:???
>>275
100年前のP51ですがなにか?

278 :名無し三等兵:04/08/14 03:13 ID:???
そんな化石みたいな飛行機など竹槍で十分

279 :名無し三等兵:04/08/14 03:17 ID:???
それより終戦100年記念に復活した連合艦隊が第二次真珠湾奇襲と
ミッドウェー攻略を行う・もちろん真珠湾の燃料貯蔵タンクと修理工場は
は破壊できず

280 :名無し三等兵:04/08/14 03:20 ID:???
>>279
野蛮なうえにもう一度同じ失敗w

281 :名無し三等兵:04/08/14 03:23 ID:???
>280
いやいや、燃料を攻撃しないのは占領した後日本の艦隊がしようするためなんですm
半年後には本土攻略を完了し、ネオナチと手を組んで世界を席巻しております

282 :名無し三等兵:04/08/14 03:25 ID:???
>半年後には本土攻略を完了

絶対にムリw

283 :名無し三等兵:04/08/14 03:28 ID:???
作戦までに一式陸攻の生産が間に合うだろうか

284 :名無し三等兵:04/08/14 03:29 ID:???
心配しなくていいですよ、全部ネタですから

285 :名無し三等兵:04/08/14 03:32 ID:???
ネタと判りつつ本気で心配するのが軍オタの性w

286 :名無し三等兵:04/08/14 03:35 ID:???
>>283は本気だったのか・・・そうだったのか・・・

287 :名無し三等兵:04/08/14 03:38 ID:???
本気で思い悩み、腕組みして部屋の中を歩き回り、お茶を飲んで
「いや・・・やはりだめか?・・しかし、まてよ・・」
とつぶやく283。

288 :名無し三等兵:04/08/14 03:41 ID:???
エンテ式は脱出不可能なトコが痛い

289 :名無し三等兵:04/08/14 03:46 ID:???
現代の技術で寸法からエンジン、材質、燃料に至るまで
成功に復元された伊号潜水艦で米原潜を入れ食い

290 :名無し三等兵:04/08/14 03:48 ID:???
魚雷を入れ食い

291 :名無し三等兵:04/08/14 03:56 ID:???
>>288
脱出する前にプロペラを切り離すのです

292 :名無し三等兵:04/08/14 06:06 ID:Lz2RbRdO
B29が護衛戦闘機無しで爆撃をやっている状況であれば、高度によらず単戦・複戦・夜戦を上げて迎撃戦が出来ていた。
もっとも、日本機の高高度・速度性能の不足で成果は上がらなかったが。
日本の迎撃機にとって真の恐怖はその後の、B29とP51等の戦爆連合と低空を徘徊する様になった米艦載機だ。
これにより複戦・夜戦は出撃すらままならなくなり、単戦も高性能の護衛機に追いまくられる状態になってしまった。

293 :名無し三等兵:04/08/14 06:36 ID:???
架空兵器発明するくらいなら
タイムマシンでも発明してぺトリオットでも輸送すればいいよ

294 :名無し三等兵:04/08/14 07:06 ID:???
架空兵器の原理ならなんとかなりそうだが、タイムマシンの原理は?

295 :名無し三等兵:04/08/14 07:32 ID:???
だから、英独を見習って機械式加給機の能力を上げろと......

296 :名無し三等兵:04/08/14 07:35 ID:???
まずその前に日本の科学力を上げないと.......

297 :名無し三等兵:04/08/14 07:42 ID:???
日本の飛行機を作る技術は未だに低レベルだ。

298 :名無し三等兵:04/08/14 07:44 ID:???
日本のエンジン作りは未だに低レベルだ。F-1でもイタ公に負け続け。

299 :名無し三等兵:04/08/14 08:02 ID:???
沖縄や硫黄島が落ちるとB-24も飛んでくるようになるが
こちらの損害はどの程度のものだったのかな

300 :名無し三等兵:04/08/14 08:17 ID:PeZVSqd4
300get

301 :名無し三等兵:04/08/14 08:43 ID:???
かすみ網でも張ったほうがいいよ

302 :名無し三等兵:04/08/14 08:54 ID:???
大戦中B−29は何機くらいの日本軍戦闘機を撃墜したの?

303 :名無し三等兵:04/08/14 08:55 ID:???
>>248
簡単。>役割分担

基地が近いところから迎撃に上がる。
分担するほどの余裕は無い。

304 :名無し三等兵:04/08/14 09:42 ID:???
役割分担
海軍 : 新型爆弾実戦化の情報を入手。
陸軍 : 不可解な行動をする部隊を識別。
      8/6も同部隊の活動を確認するも、迎撃戦力の有効活用のため放置。

305 :名無し三等兵:04/08/14 11:01 ID:???
あ、そうだ!
わざわざ迎撃しなくても、マリアナ諸島の基地を襲撃して、
燃料をなくせば良いんだ!一発でも当たればいいんだから、これでOKだ!
房って天才!


306 :名無し三等兵:04/08/14 11:20 ID:???
>305
最低のクズだな。消えろ

307 :名無し三等兵:04/08/14 12:26 ID:???
>268
>単機で侵入ってことは偵察型F-13かな?
のようですね。木村、西尾、樫出の、2千〜3千5百時間の操縦者3名が選抜されて、
高度1万メートル超で2撃ずつ、計6発の37mm弾を当てたけれども、致命傷を与え
られなかった、となっています。(樫出勇「B29撃墜記」)
回避行動よりも、自機の反応が鈍いのが障害だったということの様です。
(なにしろ、一撃かけて離脱しただけで、3千メートルほども高度を失ったとか。
地上で見ていたら、突撃し衝突寸前と見えたら、そのまま一気に落下して
きた、ということらしい。)

308 :名無し三等兵:04/08/14 12:29 ID:???
>270
>Mig15なら近接防御の20mmに撃墜される可能性が高いな。
 実際問題として落とせてないし、落とせる可能性も低いでしょう。(銃手は
一杯落とした、と報告したらしいが、実際の戦果はほとんどなし。)
 一度の大被害で、B-29の昼間行動を諦めたのも、理由がないわけじゃない。

309 :名無し三等兵:04/08/14 13:01 ID:???
フライングラム

310 :名無し三等兵:04/08/14 13:33 ID:???
日本軍がTa152を運用していたら。Pt.2
http://hobby5.2ch.net/test/read.cgi/army/1079714553/l50

このスレ嫁

311 :名無し三等兵:04/08/14 13:40 ID:???
T-4+20mm機銃が300機ぐらいあればB-29を撃墜できたかも

312 :FW190Ta152H-1:04/08/14 16:53 ID:6FgT2T+p
>305
日本軍機も何度かサイパン島のB29基地を攻撃しているよ。もっとも大した損害
は無かったけどな。

313 :名無し三等兵:04/08/14 17:50 ID:???
1945年6月にレーダーと連携した紫電改によるB24、PBY狩りが行われたが
敵の機上レーダーに探知・回避され戦火は乏しかった…

314 :名無し三等兵:04/08/14 18:31 ID:???
B−29は基地まで無敵ということだね

315 :1:04/08/14 19:30 ID:2RUq/b2n
>>225 いえいえ、本土を爆撃されるまでは通常のテクノロジーで、それ以後の不利な状況を
スーパー架空兵器で、挽回、逆転するのです。量の不足を質でカバーするのです。はい。
>>257 富士山頂のレーダーの電波を逆探して、B-29はやってきたって聞いたのですがどういうことでしょう?
>>264 普通の飛行場じゃダメなの?震電って?

316 :1:04/08/14 19:35 ID:2RUq/b2n
あ号燃料って、どうやって使うの?ガソリンと混ぜて使うの?ガイアックスみたいなもの?知ってる方教えて。

317 :名無し三等兵:04/08/14 19:43 ID:???
硫黄島に不時着したB29は約2400機
終戦までのB29生産数は3970機



318 :FW190Ta152H-1:04/08/14 19:52 ID:6FgT2T+p
>314
およそこの世に無敵の兵器など存在しない。

319 :名無し三等兵:04/08/14 20:00 ID:???
>>317
不時着したB-29はもう飛べなかったの?

320 :1:04/08/14 20:02 ID:2RUq/b2n
質問してもレスが帰ってこないのが軍板のいいところ。

321 :名無し三等兵:04/08/14 20:08 ID:???
俺の知る限りで、ガソリンと混ぜて使ったと言う表記は見た事が無い・・・>あ号

322 :1:04/08/14 20:12 ID:2RUq/b2n
>>321 ありがとう。では、そのまま使うのですね?でも、ガソリン使用を前提としたエンジンに、アルコール燃料をいれて、
そのまま動くの?故障しないの?それとも、アルコール専門のエンジンがあるの?そんなわけないよねぇ・・・。

323 :名無し三等兵:04/08/14 20:16 ID:???
ガイアックス知ってるのに何故質問するの?

324 :1:04/08/14 20:27 ID:2RUq/b2n
ガイアックスいれるとエンジンが壊れるという噂が・・・。あ号燃料も同じ?

325 :名無し三等兵:04/08/14 20:33 ID:???
石油ショックの時、メキシコではガソリンの変わりにメタノール混合燃料を使ってた
カート・インディーカー・シリーズではオールメタノールエンジン

326 :名無し三等兵:04/08/14 20:37 ID:???
>>324
あ号燃料を積む際には、ある程度の小改造は必要だったようだ、
特にに飛燕二型はあ号燃料でもガソリンと遜色ない動きを見せたとか(但しパイロットはほろ酔い状態に)

液冷戦闘機「飛燕」、若しくは「翼の血戦」より(どっちだったか忘れた

327 :FW190Ta152H-1:04/08/14 20:53 ID:6FgT2T+p
ガイアックスは排気ガスがアルコール臭くなる。
その「あ号燃料」はどの程度そういう臭いかは判らんが。

ただ、アルコールを使うとアルミニウムの部品を腐食
させるから、要注意だけどな。

328 :1:04/08/14 20:54 ID:2RUq/b2n
>>326 ありがとう。あと、アルコールでジェットエンジンって、動かすことできますか?

329 :名無し三等兵:04/08/14 21:03 ID:???
1よ。

アルコールで

お前らや俺は

どうなる?

330 :名無し三等兵:04/08/14 21:08 ID:???
アルコールは赤松少尉に注入すべき

331 :1:04/08/14 21:10 ID:2RUq/b2n
>>329 無敵皇軍の燃料不足問題を解消するためです。

332 :名無し三等兵:04/08/14 21:23 ID:???
>>329
壊れる事もあるな。

お前も俺も。

333 :名無し三等兵:04/08/14 21:59 ID:???
>328

極論だけど、ジェットエンジンは構造上、燃えるものなら何でもオッケー。
でもアルコールは発熱量が多いので、内燃機関の燃料としてはあまりよろしくない。

334 :名無し三等兵:04/08/14 23:53 ID:8DhfP9Ge
あ号燃料って薩摩芋を発酵させて作ったアルコール燃料のやつか…

335 :名無し三等兵:04/08/14 23:53 ID:???
>>333
えーとですね、ディーゼルとかターボジェットってのは、
燃料を混合した空気を、ピストンで断熱圧縮したり、
コンプレッサーで断熱圧縮させる事により温度を上昇させて
発火点を越えさせて自発燃焼させる内燃機関です

反対にガソリンエンジンは点火プラグにより点火タイミングを
コントロールする内燃機関なので自発燃焼するとタイミングがずれて非常に困ります。
この様な現象をノッキングといい、ガソリンエンジンではこのノッキングを抑制する様な
エンジン機構や燃料が求められます。

その発火点ですが
灯油(255℃)、軽油(250℃)、ガソリン(300℃)、メタノール(385℃)
という様になってます。灯油と軽油に比べてガソリンやメタノールの発火点は高く、
ディーゼルエンジンやジェットエンジンに使っても着火しない可能性が高く、
また動いたとしても灯油や軽油を使った時のパフォーマンスは出ません。
逆にガソリンエンジンに、灯油や軽油を入れるとノッキングの原因になります。

それと灯油も軽油も発火点は同じなのでどちらもジェット燃料やディーゼル燃料になり得ます。
但し灯油の引火点が50℃なのに対して軽油の引火点は60℃と若干高く少し安全です。

336 :1:04/08/15 00:42 ID:FcyuCMQL
>>335 ありがとうございます。化学に知識がある方の意見はやはり助かります。
ところでその、ケロシンと灯油の違いがわからないのですが、(これも教えて)
そういう軽質油というのは、石炭から、(液化ガソリンに比べて)簡単に作れないんでしょうか?
つまり、大戦末期の、ジェット機の燃料を確保する方法としてですが。お教えください。

337 :1:04/08/15 00:56 ID:FcyuCMQL
>>333 純度100%のアルコールではなく、アルコール度数を下げた液体(水分の含有が多い?)
ならジェット燃料に使えませんか?いえ、自分でも何を言っているのかさっぱりなんですが。
もしくは、アルコールと経由を混合して使うとか。混ざるのかわかりませんが。

338 :名無し三等兵:04/08/15 01:00 ID:???
どうして自分で調べないの?
基本を知らないのに知って何に使うの?

339 :名無し三等兵:04/08/15 01:00 ID:???
日本軍は、足りない燃料を補う為に松の根や(中略)
しかし、その努力で日本の燃料を補うのは不可能であったと言える
(アメリカのお偉いさんの報告書・うる覚え)

仮にあ号燃料や、松根油をどれだけ研究しても燃料事情の解決には役立たなかったでしょう、
現代科学においてさえバイオマス燃料の実用化は難しいと言うのに

340 :1:04/08/15 01:01 ID:FcyuCMQL
>>335 追加 圧縮比をあげて、高熱の混合気をつくることができれば、アルコールっもジェット燃料になるってことですか?
アルコール対応ジェットエンジンの開発。

341 :1:04/08/15 01:04 ID:FcyuCMQL
>>338 すみません。理数系は全くダメなのです。わかっている方に噛み砕いたエッセンス
だけでも教えていただけたら私でも理解できるかも、と思いまして。

342 :名無し三等兵:04/08/15 01:04 ID:???
>>340(1)
何故、今存在しないのか考えてみたら?

343 :342:04/08/15 01:08 ID:???
不可能と言ってる訳ではないからね。

344 :1:04/08/15 01:12 ID:FcyuCMQL
>>342
仮定その一、つくれない、技術的に無理だから。
仮定その二、今は普通にジェット燃料が手に入るから、わざわざアルコールをつかう必要がない。

345 :名無し三等兵:04/08/15 01:21 ID:???
やっぱり竹やりが最きょ(殴)

346 :1:04/08/15 01:24 ID:FcyuCMQL
仮定その三、代替燃料は自然の石油加工品より割高だからではないでしょうか?

347 :名無し三等兵:04/08/15 01:30 ID:???
兵器のレベルでアメリカに対抗するのは無理である。
戦略で対抗するしかない。

開戦は真珠湾とともにミッドウェイなどを叩き、ミッドウェイは
毒ガスを使用するべきであった。それと同時に日本は戦争の成り行きに
かかわらずアメリカ本国、民間人に対してはこのような攻撃は行わないが、
アメリカが日本本土を攻撃した場合はすでにアメリカ本土に準備した
毒ガスなどで大都市を攻撃すると恫喝しておけばよかった。

348 :名無し三等兵:04/08/15 01:46 ID:???
>>340
圧縮比を上げないとメタノールでは未着火が多すぎるし
未着火が多いとそれが気化して気化熱として熱を奪うので
ますます温度が下がり逆効果になります

また高度による気圧差の問題もありますし、
わざわざ苦労してまで使う燃料ではないと思います

349 :名無し三等兵:04/08/15 01:55 ID:???
>真珠湾とともにミッドウェイなどを叩き
日本にそんな余裕が?
>毒ガスを使用するべきであった
本土に対し使用しないとか、民間人に使用しないと約束しようが、
アメリカ市民である兵士に対し毒ガスを使用した時点で、アメリカ
世論も国際社会も、日本に対する毒ガス使用を容認するでしょう。
通常兵器にも事欠いてるのに、特殊兵器に対する防御用資材の準備
も負担になり、史実より苦しい戦いとなるでしょう。


350 :1:04/08/15 01:57 ID:FcyuCMQL
>>347 1、米国、日本の警告っを無視し、本土攻撃。
    2、日本、米国を毒ガス攻撃。しかし、米国、これに耐える。
    3、米国、報復として、日本本土に毒ガス攻撃。
    4、日本人全滅。
>>348 たびたびありがとうございました。

351 :名無し三等兵:04/08/15 02:36 ID:???
日本軍は毒ガス(化学戦)に関しては欧米に対して技術、攻防共、劣っていると
いう認識があったようです。
対ソ戦時の国境の要塞突破の為の手段として重きが置かれていたようです。

352 :名無し三等兵:04/08/15 09:01 ID:???
337 高温蒸気はアルミを腐蝕させる

317 不時着基地であってB29の離陸は無理
滑走距離が短いP51は離陸、着陸OK(P51は硫黄島からでないと往復は無理)

末期、南方でアメリカ軍の毒ガス攻撃があったと.........


353 :1:04/08/15 11:00 ID:FcyuCMQL
>>352 では、B-29が硫黄島に不時着したとしたら、再生可能な機体は、船で運んだんでしょうか?
それとも不時着した機体は全部廃棄したんでしょうか?

354 :名無し三等兵:04/08/15 11:14 ID:???
ばらして船で運んだんだよ。フィリピンの修理工場に。どうしようもない
パーツは海中投棄。

355 :名無し三等兵:04/08/15 11:17 ID:l9mXCumI
ヨーロッパでは緊急時に酒を燃料変わりにしていたと言うが・・・

356 :名無し三等兵:04/08/15 11:28 ID:???
日本でもナ

357 :名無し三等兵:04/08/15 11:44 ID:???
メタノールは低ノッキング燃料だから航空機用レシプロエンジン燃料としては良質だわな
湿気を吸いやすいのが問題なのと(油が疎水性なのに対してメタノールは親水性だから)
炎が見えないのであぶないが…

でも50%ぐらいのウイスキーじゃなかなか飛ばないと思うよ

358 :1:04/08/15 11:48 ID:FcyuCMQL
>>354 なるほど、ばらして運んだんですか。てっきり、まるごとクレーンで吊り上げて、
船に積んだのかと思ってました。どんな船なのかと突っ込まれそうですが。


359 :1:04/08/15 11:55 ID:FcyuCMQL
秋津洲みたいなものを想像してました。

360 :名無し三等兵:04/08/15 11:59 ID:???
http://hobby5.2ch.net/test/read.cgi/army/1092042870/523-532

メル欄0は、ネタ解答で人をおちょくる時があるからご注意を

361 :名無し三等兵:04/08/15 13:38 ID:???
>>360
確かに微妙だな…
マリアナからのB29爆撃開始が44年11月。
フィリピンでの日本軍の組織抵抗の終了が5月(マニラ陥落が3月

362 :名無し三等兵:04/08/16 00:49 ID:???
>>355 中国人民解放軍空軍の創設の頃も、発進にガソリン使って、上空ではアルコールで訓練していた。まあ日本人技師が考えたんだが。

363 :少佐:04/08/16 01:49 ID:GfJ/7zLk
B−29を戦闘機で撃ち落す方法は機銃だけじゃないよ。
もちろんカミカゼ突撃だけでも無い。
ロケット弾を撃ったり、上空から小型爆弾をばら撒く手もある。
ドイツはB−29に戦闘機からロケット弾を発射してるし、日本の戦闘機は
上空から小型爆弾を撒いていた。
どちらも一撃必殺で空飛ぶタンクローリーは落ちるし、ロケット弾は当時の
日本の技術でも十分作れたものだ。

364 :名無し三等兵:04/08/16 01:51 ID:???
>ドイツはB−29に戦闘機からロケット弾を発射してるし

さすが少佐

365 :名無し三等兵:04/08/16 02:06 ID:???
>>364
マジレスするだけ「無駄」

366 :名無し三等兵:04/08/16 02:24 ID:???
少佐力が足りません、出直しなさい。

367 :少佐:04/08/16 02:26 ID:GfJ/7zLk
それから東京大空襲の時のB−29は低空飛行でゆっくり飛んでるよ。
だからこそ当時の東京人に恐怖のイメージとして焼き付いてる。
日本側にやる気があればB−29を全滅させることも可能だっただろう。
だがそしたら焼夷弾どころか、空飛ぶタンクローリーのB−29が東京に
墜落して爆発しまくるので、どちらにしても東京は火の海になってしまう。


368 :名無し三等兵:04/08/16 02:29 ID:???
だめだこりゃ

つまんね

369 :少佐:04/08/16 02:34 ID:GfJ/7zLk
日本よりはるかに対空能力が高かったドイツに対しても連合軍は爆撃機
を突っ込ませまくっている。
「死んで祖国の盾となれ!たっぷり燃料と爆弾を積んでるのだから敵地
に墜落しても敵に大ダメージを与えれることができる」というカミカゼ
的な思想でやっていたとしか思えない。

370 :名無し三等兵:04/08/16 02:40 ID:???
硫黄島は護衛戦闘機基地としてよりもB-29の緊急着陸地として重要視されていた。
当然ながら爆弾を搭載しない状態でのB-29の離着陸には十分な滑走路が整備され、
応急修理や給油を終えて飛行可能になったB-29は、自力でマリアナまで帰還した。

371 :1:04/08/16 04:58 ID:WSv6EZ7U
>>352>>370、いったいどっちが本当なの?離陸できるの?できないの?

372 :名無し三等兵:04/08/16 06:45 ID:???
>>371
恐らく爆装をせず、マリアナ諸島までの片道燃料を積んだ状態なら離陸できると言う事かと・・・

373 :名無し三等兵:04/08/16 08:04 ID:jrwOIxeC
>>335
ディーゼルエンジンに関する記述に関しては分かりませんが、
ガスタービンエンジンに関しては間違ってますよ。

航空機の飛行規程等を見ればお分かりになると思いますが、
搭載エンジンに使用する燃料の規格と非常時にやむを得ず
規格外の燃料を使用する場合の限界事項が記してあります。
ジェットエンジンはガソリンの使用はOKです。
ただし、大抵は使用時間に制限があります。

始動して一度火が点けば燃焼器内部の燃焼炎温度は、
1500度超(燃焼器自体は冷却されているのでそれ以下)
で、335さんの挙げた灯油、軽油、ガソリン、エタノール
の発火点は全てクリアーします。
だから“燃えるものなら何でもいい”わけです。
>また動いたとしても灯油や軽油を使った時のパフォーマンスは出ません
出ます。でも出したらエンジンが壊れます。だから限界事項があるのです。

374 :1:04/08/16 12:46 ID:WSv6EZ7U
ありがとうございます。では、最初に通常の燃料で始動して、代替燃料に切り替えればいいですかね?
さて、次の質問ですが、与圧コクピットを無敵皇軍に装備したいと思います。
どうして皇軍は無敵なのに、与圧コクピットをモノにできなかったんですか?
友邦ドイツではMe109ですら装備しているものもあると他スレで見かけました。
なのに、何故、無敵皇軍が装備していないのですか?おかしいじゃないですか!
私は認めませんっ!どうすれば日本機を与圧コクピット化できるか教えてください。(他力本願)

375 :ワイがやったんや飯田:04/08/16 12:52 ID:???
パイロットがヒロポンを打って迎撃に上がった月光(だったけ?)が単機で一晩に
B29を5機撃墜した例がある。いずれも機体の下方にもぐりこんで斜め銃の20
ミリを撃ち込むという攻撃法だった。そのうち、胴体の酸素ビンに命中したと思わ
れる2機はそれぞれ20ミリ弾3発、6発の射撃で空中分解した。

日本側の迎撃が不完全になった理由は、台湾沖航空戦の時期に内地の迎撃用の部隊
を根こそぎ引き抜いて投入してしまったことにある。これがなければ、B29の大量
撃墜は不可能でも、爆撃効果の大半は防ぐことができただろう。B29はもちろん
無敵の航空機ではなかった。最大の敵は日本軍ではなく、自然の脅威、運用条件の
厳しさであった。

376 :1:04/08/16 12:59 ID:WSv6EZ7U
>>375 おおっ!なんと、胸躍る勇ましい話でありましょうかっ!!!
無敵皇軍、万歳ーーーー!!!万歳ーーーーー!!!万歳ーーーーーー!!!
つまり、我らが皇軍は、月光を、1000機つくれば、それに5倍する敵に対抗、撃破できることが証明されたわけであります。
ふはははははっ!勝った!勝ったぞ!!!無敵皇軍最強!!!

377 :名無し三等兵:04/08/16 13:01 ID:???
ヒロポンを忘れちゃ困るぜ

378 :名無し三等兵:04/08/16 13:04 ID:???
>376
Bf109を1000機作ればそれに352倍する敵に対抗、撃破できることが
証明されたわけであります。
ふはははははっ!勝った!勝ったぞ!!!無敵ドイツ最強!!!


・・・・・楽しいか?

379 :名無し三等兵:04/08/16 13:04 ID:???
>>374
単座単発戦闘機への与圧コクピット装備というのは各国で失敗しているので
別に日本に限った話では無い(Me109のは初耳)。
しかも被弾すれば与圧なんか抜けて意味が無い(気圧差の設定を間違えると
いきなり分解する可能性すらある)んで、装備するとしたら高空戦闘用の飛行
服やヘルメット((後の宇宙服のヘルメットそっくりのものは日本で戦時中に少
数生産・実戦投入されてました)の方が現実的。
しかしどうしても与圧コクピットを搭載したいというのであれば、まず第一に気密
室を設置した際に与圧漏れが起こさないような組み立て精度(これは試作レベル
では無く実用生産レベル)と各部品の高い品質管理が求められる。
結論は基礎工業力がもっと高くないと駄目で、仮に開発できたとしてら動員学徒
や女工には作らせない、生産・組み立て用の精度が高い機械設備の開発などが
必要。
「どうやったらモノにできるか」という質問であれば答えはそういう事になる。
(与圧コクピット自体は無かったわけじゃないからね)

380 :名無し三等兵:04/08/16 13:05 ID:???
>運用条件の厳しさであった。
同意。
月光でB29の護衛戦闘機をどうかわすかだな。

381 :名無し三等兵:04/08/16 13:05 ID:???
>>374
それは小型軽量でエネルギー効率が高い与圧用ポンプが
日本では製造不能だったという情けない理由から…
だから実用困難で実現不可能なまでの機密性追及に走る
しかなかった



382 :名無し三等兵:04/08/16 13:06 ID:tVBLQzys
373です。
ごめんなさい、わかりずらい書き方でしたね。
ジェットエンジンは自然着火ではなく、
コンプレッサで空気を圧縮→高温高圧の圧縮空気が燃焼室へ流入→
点火プラグから火花を発生させる→燃料を噴射→混合気に着火、始動→
ある回転数まで加速したら点火プラグへの電力提供停止→
火は点いたまま→燃焼ガスがガスプロデューサタービンを回す→
コンプレッサが回る→圧縮空気を燃焼室へ送る→燃焼ガスがタービン回す・・・
つまり・・・自然燃焼ではないので発火点の話は関係なし。
燃料を燃やすための炎が常時エンジン内に存在しているという事です。
ヘリのエンジン始動音を聞いてみてください。
キュイイイーーーーン(コンプレッサ回転音)→チッチッチッ(点火プラグ作動音)→ボォーーーン(着火音)の順です。



383 :名無し三等兵:04/08/16 13:08 ID:tVBLQzys
382追記:重要なのは発火点ではなく、引火点。ということです。

384 :名無し三等兵:04/08/16 13:12 ID:???
流れを無視して空飛ぶ空母からの高高度戦闘機を妄想してみる

385 :名無し三等兵:04/08/16 13:17 ID:alKHiCKu
>>379
>与圧漏れが起きないような組み立て精度
???
現用機でも与圧は漏れ漏れですよw
漏れる空気よりも多くの与圧をエンジンコンプレッサーから送り込んでるだけ。
これが飛行機の与圧のしくみ。

386 :1:04/08/16 13:32 ID:WSv6EZ7U
>>379さんへ Ta-152のスレより抜粋
405 :名無し三等兵 :04/06/18 00:41 ID:???
英空軍がJu86P/Rの迎撃に装備をひっぺがした急造高高度対応スピットで苦労していた頃、
ドイツでは与圧キャビンを備えた高高度対応型のBf109G-1/-3/-5が登場し始めていた。
DB605からの抽出力による与圧は、0.3kg/平方cmで、高度10600mで5000mの気圧を保てた。
本格的高高度戦闘機Ta152Hの実戦化は、1942年当時に1000mの空戦を経験し、実際に戦える
戦闘機の量産を始めていたドイツだからこそ可能になったのであって、何の技術もない日本
に持って来てもまともに運用できないのだ。


387 ::04/08/16 13:47 ID:Q5e/SzhE
ふ〜んw

388 :FW190Ta152H-1:04/08/16 13:59 ID:am/bwmTp
>1=386
>1942年当時に1000mの空戦を経験し・・…」。

10000mの間違いじゃないの?

389 :名無し三等兵:04/08/16 14:01 ID:???
>>379
知ったかは良くないな。

390 :名無し三等兵:04/08/16 14:04 ID:Q5e/SzhE
>>389
一生懸命本に書いてあること丸写ししたんだよ!文句あっかコラ

391 :1:04/08/16 14:08 ID:WSv6EZ7U
>>388 打ち間違いでしょう。
ところで、与圧化ですが、やはりBf109のように、横開きのキャノピーだから、よかったのではないでしょうか?
常に与圧し続けているとはいえ、より気密がしっかりしているに、こしたことはありませんし。
何か、日本機のスライド式キャノピーだとキャノピーの重なったところから空気が漏れそうなんですが。

392 :FW190Ta152H-1:04/08/16 14:16 ID:am/bwmTp
>379
与圧キャビンはメッサ−シュミットBf109G‐1から装備されている。

潮書房:丸メカニック No.39  1983‐3 メッサ−シュミットBf109 P.25中段には
 Bf109G-1の与圧システムが図解されている。
その左側、下側には各型のキャノピーの変遷が図解されていてる。
与圧システムに関しては、「高度3000m〜7000mの範囲でコクピット内を一定の気圧
に保ち、パイロットは酸素吸入を必要とせずに仕事が出来る。風防の霜よけとして、
各々の2重窓ガラスには乾燥筒が組込まれていて、これにシリカゲルを挿入する。」

などという説明文が書いてある。
Bf109のGシリーズは1942春に生産ラインに乗っている。

393 :1:04/08/16 14:36 ID:WSv6EZ7U
そうか、日本が参考に輸入したのはE型だものな。G-1型を輸入していたら歴史が代わったかもしれん。

394 :少佐:04/08/16 17:36 ID:wyhWZ3/l
ワンショットライターであるB−29は日本軍の高射砲を恐れて夜間爆撃に
切り替えた。
しかし日本には月光や屠竜があった!
月光型の操縦は戦闘機に比べれば楽だし、コルセアやグラマンといったアメリカ
の戦闘機は夜間では役に立たない。
20ミリが当たればワンショットライターのB−29は無傷じゃ済まないし、
撃ち損じても高射砲部隊にデータ―を送れる。
日本はB−29をやろうと思えば、やれたのだ。

395 :名無し三等兵:04/08/16 17:41 ID:???
キャノピーの開閉機構の違いによる与圧性能の差だが、Bf109G-1が登場する頃にスピット
の与圧キャビン装備型としてMk.VIが、やや遅れてMk.VIIが登場していて、各々半固定式
キャノピーとスライドキャノピーで、横開きのBf109G-1/3/5の半分程度の与圧性能だった。
1944年のTa152Hは、後方スライド式だったが、Bf109G-1/3/5と同じ与圧性能を持っていた。

396 :少佐:04/08/16 17:45 ID:wyhWZ3/l
ついでに言うがアメリカの潜水艦にしても「零戦」で十分撃退できる。
大西洋の戦いでドイツのUボートは零戦よりはるかにボロな航空機に
狩られまくってるからね。


397 :大佐:04/08/16 18:02 ID:???
少佐、ここはB29スレでなかったのか?しかし零戦で
米潜水艦を撃沈したことはない。零式水偵が機銃でオランダ国籍
と思しき潜水艦を機銃掃射したことならあるが

398 :名無し三等兵:04/08/16 18:03 ID:uAgT/6rv

本物の少佐?

399 :FW190Ta152H-1:04/08/16 19:54 ID:am/bwmTp
>395
(有)モデルアート社:モデルアート 1989年8月号臨時増刊 No.336
 フォッケウルフFw190D&Ta152  P.97,100,102,103  
 
にはTa152Hの与圧キャビンに関する記述と図が掲載されている。それによると、
 「与圧キャビンを持つTa152Hではキャノピーが再設計され、前部固定キャノ
ピーの正面ガラスの厚さはD-9の50mmから70mmに強化されたほか、フレームも
一新されている。…… スライドキャノピーも同様で、形状そのものはD-9が
使用した通称”ガーランド・ハウべ”と同じだが、構造は全く異なった。
 すなわち、与圧キャビンの気密を保つために上部フレームで左、右に仕切られ
たガラスは6mmのすき間をあけて内側3mm、外側8mm厚の2重構造になり、6mmの
すき間に片側3個ずつの曇り防止用乾燥剤入りのカプセル(シリカゲル)を取り
付けた。」
 とあり、100〜103ページの記述では、
 「Ta152Hの大きな特徴でもある与圧キャビンはその快速と共に高々度域での
行動に必須の装備であったが、Bf109Gシリーズに適用されたものより、はるかに
本格的、かつ能力に優れたシステムであった。その大要は図56に概念図及び図57
に示すとおり。
 ラジェーターから出た空気の一部が、ダクトを通ってエンジン本体後部上面に
装備された300/10型コンプレッサー(図57中N)に導かれ、ここで加圧された空
気がフィルター(図57中1M)を介してコクピット内に供給される仕組みである。
キャビン内は図56に示した圧力保持弁、および過重圧力防止弁の働きにより、高度
8000m以上で最大差圧0.23気圧が維持できる能力を有する。与圧を必要としない
低高度域では、キャビン内の切り換えコックにより、機首右側上面の空気取り入れ
口から外気をコクピット内に入れるようにした。」
 という記述があり、102ページには丸々1ページ分、与圧キャビンに関する図が
挿入されている。ただ、丸メカのBf109Gの与圧システムよりかはTa152H型の方が
後になって開発されたので、より高性能であることは当然あり得るだろう。

400 :名無し三等兵:04/08/16 19:58 ID:???
400get

401 :名無し三等兵:04/08/16 20:01 ID:Q5e/SzhE
>399
うるせーんだよ、ナチが。一人でスレ潰しすぎなんだよ、消えろ

402 :名無し三等兵:04/08/16 20:18 ID:???
>>399が来たか。
このスレも終わりか。

403 :名無し三等兵:04/08/16 21:09 ID:???
>>375
ヒロポンはメタンフェタミンを主成分としている。
メタンフェタミンについて若干の知識がある者は判ると思うが、高濃度の溶液を静脈注射により摂取すると
非常に息苦しさを覚える。このような状態で高々度まで上昇し、戦闘を行えばいったいどうなるか?
無論、アンプル状ではなく、錠剤に加工された物でも効果が薄れはするが同様の症状を発現する。
ヒロポンは戦闘時に摂取する物ではなく
「帰還時の疲労回復(脳内アドレナリン、ドーパミンの大量放出、セロトニン再取り込み阻害による錯覚だが)や
強行行軍時、夜間歩哨(瞳孔拡大によって夜目が利くようになる。が、変な方向に集中してしまう事態も発生する)」
に充てて使うのが正しい使用法であり、戦闘時に使用した所で戦果が下がりはしても上がる事は無いと思われる。

ちなみに大日本製薬製「ヒロポン」は現在も製造、販売され、睡眠発作障害の治療や末期治療に使用される
モルヒネの副作用を和らげるなどの目的で処方される。ヒロポンの語源はギリシャ語の「働き者」を意味し、
日本人により原型が発見され(麻黄からのエフェドリン分離。エフェドリンからアンフェタミンを分離したのはドイツ人)
日本人に最も好まれた薬物である。欧米人はアンフェタミンを好み、メタンフェタミンを好むのは日本人や一部の
ハワイ(ネイティブ)人など、少数派である。
かのヒトラーはアンフェタミンを愛用し毎日のように注射し、ケネディ大統領はTV演説の前に静脈注射していたとか。
現在各国軍が支給している「戦闘薬」は比較的依存が少ないと言われている「モダフィニール」など。
(製品の名前なので他にもモダディオール、モダフィニルなど数種類の呼び名がある。)

404 :ワイがやったんや飯田:04/08/16 22:14 ID:???
>>375の元ネタは渡辺洋二“重い飛行機雲”。黒鳥・倉本ペアの『月光』が一晩でB29、
5機撃墜1機撃破したときの話。戦後、黒鳥氏がヒロポンの後遺症で悩む冒頭の描写
から始まっている。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4167249081/250-1876937-8491449
 
“ヒロポン”の語源は日本軍で言われていたという、疲労がポンと回復する、という
ことからきていると思ってました。夜間迎撃戦なので夜目が利く、という効果を期待
しての使用だと思います。

405 :名無し三等兵:04/08/16 22:31 ID:???
philopon=ヒロポン

406 :名無し三等兵:04/08/17 01:05 ID:OYdInpiG
405 :philopon=ヒロポン

それがどうして「最強のB-29キラー」なんだよ?


407 :名無し三等兵:04/08/17 02:25 ID:???
>>403
その大日本製薬であるが、今でも
「ナガヰ錠」という塩酸エフェドリンの薬を販売している。
ttp://e-tyozai.com/company/dainihon/efedorin.html
塩酸メタンフェタミンは、塩酸エフェドリンをメチル化した塩酸メチルエフェドリンから作る。
塩酸メチルエフェドリンだけなら、ブ○ン錠にも入っているが、一緒に入っている
コデインはモルヒネを製造する過程で出来る副産物で、鎮痛効果はモルヒネの1/10程度である。
自衛隊でモルヒネを常備しているか気になる所であるが、有事にしか配布しないであろう事は
自衛隊員の道徳観からみて容易に想像される。

肝心のヒロポンであるが、ナルコレプシーや重度の鬱治療に普通に使われる
ttp://mid.cc.kumamoto-u.ac.jp/data.php?record=0612300

今の北朝鮮の日本海側に戦前、興南興業地帯とい大工業地帯があった。
そこには日本窒素肥料などの工場に混じって大日本製薬の工場もあり、
その工場の主力商品こそが「ヒロポン」であった。
その北朝鮮のヒロポン工場は現在もそのまま元気に稼働中。
大半は覚醒剤として日本へ輸出されており北朝鮮の主力輸出商品でもある。

408 :名無し三等兵:04/08/17 11:25 ID:???
酸素分圧が十分なら呼吸には問題ないと聞くので、無理に与圧して
被弾時の危険を増すようなことをしなくてもよいのではないかと思う。

409 :名無し三等兵:04/08/17 11:46 ID:???
呼吸を確保するためだけなら酸素マスクの使用でことは足りる。与圧キャビンの装備は、
低圧による身体的負担を軽減するためのものだ。
大戦中の単座戦闘機に装備された与圧キャビンの能力は高度10000mでキャビン内の気圧を
5000m相当程度に保つもので、酸素マスクは必ず併用されていた。
このような与圧キャビンの場合、被弾して与圧が失われても直ちに危険なわけではない。

410 :名無し三等兵:04/08/17 11:54 ID:???
>>409
そうでしたか。
勉強になりました。

411 :名無し三等兵:04/08/17 11:56 ID:???
> その北朝鮮のヒロポン工場は現在もそのまま元気に稼働中。
もう60年近いというのに、えらく頑丈な工場だな。

412 :名無し三等兵:04/08/17 12:07 ID:???
>>411
あっちは地震がないからな
柱や壁がボロボロでも平気で建ってるよ


413 :1:04/08/17 15:52 ID:+LIBivQW
>>406 ヒロポン→強化人間→NT能力でB-29を撃墜→ウマー

414 :名無し三等兵:04/08/17 16:04 ID:???
>>413
だから何度も言うが、ヒロポンを打った所で能力が強化されるわけではない。
「強化」した気に自分がなるだけ。中毒患者(メタンフェタミンは身体依存は形成しない。重度の精神依存を引き起こす)
は、その「強化」されたときの自分が忘れられず、また薬効が切れたときの鬱状態に耐えられず繰り返し使用する。
成でも行って、1パケ2万位の北朝鮮製安物メタンフェタミンでも買って来て自分で試してみろ。
強化どころか弱化するのがオチだ。

415 :少佐:04/08/17 17:51 ID:gDWpiKu0
最強のB−29キラーはB−29そのものである。
零戦と同じく航続距離を伸ばす為に無理に無理を重ねた機体なので、ただ飛んでる
だけでも戦闘時以上に墜落しまくってる。
墜落原因で一番多いのが「故障」なのだ。
さらに密集して機銃を撃ちまくるので当然仲間のB−29を撃つ。
燃料満載のタンクローリーなのですぐアボンだ。
これは半分以上が無事に基地に戻ることが無かった事実で明らかだろう。

416 :少佐:04/08/17 17:57 ID:gDWpiKu0
零戦の後継機種になるはずだった「烈風」という飛行機があるのだが、こいつが
もっと早く開発スタートしてたらB−29など怖くも何とも無かった。
もちろん雷電、紫電改、疾風、月光なども然りだ。
もっと開発が早ければと悔やまれてならない。
開発生産する力は十分あったんだからね。

417 :1:04/08/17 18:09 ID:+LIBivQW
ぼ、僕はもう少佐を信じられません。

418 :少佐:04/08/17 18:15 ID:gDWpiKu0
>>417
烈風も紫電改もアメリカの戦闘機並の馬力がある。
そして20ミリ機関砲の弾約数や飛距離も大幅に伸びてる。
これらがあればアメの戦闘機など怖くは無かったし、B−29にも
十分追い付けた。
せめてもっと早く開発がスタートしてればという話なのだ。

419 :牟田口廉也:04/08/17 18:21 ID:???
少佐とやら、その情報は何処から持ってくるのかね。
与太話でないなら、ソースを示してくれたまえ。
出来なければ二等兵に降格だ。

420 :少佐:04/08/17 18:31 ID:gDWpiKu0
B−29はでかいので空母からは飛びたてない。
陸上の基地から飛び立つ訳だが、日本側はその基地のありかを完全に
掌握していたのだ。
中国の日本陸軍は「徒歩」で中国のB−29基地を襲撃し壊滅させたほどだ。
これが世に言う「大陸打通作戦」なのだが、海軍もこうした敵B−29基地への
大規模な襲撃を航空隊で行えば良かったのだ。
何なら戦艦武蔵も参加して、三式弾を撃ちまくってやれば良かろう。

421 :少佐:04/08/17 18:34 ID:gDWpiKu0
>>419
烈風は試作品は完成してたし、雷電、月光、疾風、紫電改などは実戦配備
されて戦闘にも参加してる。
これは与太話でも何でもないよ。


422 :1:04/08/17 18:36 ID:+LIBivQW
確かに烈風にも紫電改にも排気タービン付き高高度型の計画はあったが、
しょせん転用品。600km/h 台の飛行機が役に立つとは思えません。

423 :少佐:04/08/17 18:48 ID:gDWpiKu0
アメリカはお得意の「物量作戦」を駆使しても「沖縄」を陥落させるまでに
「4ヶ月」もかかった。
沖縄よりもさらに広く、爆撃に耐える地下基地が各所に作られてた「九州」がさら
に耐えれたことは明らかだろう。
ガダルカナルと違って九州には「食い物」があるし、日本側にも毒ガス、細菌
兵器はあったのだ。
そして九州が粘ってる間に間違い無く中国の重慶を陥落させ、国民党を降伏に
追いやれただろう。
日本は決してボロ負けした訳ではないのだ。


424 :少佐:04/08/17 18:51 ID:gDWpiKu0
>>422
だが紫電改は実際にB−29を撃墜してる。
いや零戦でもB−29を撃墜した記録が残ってる。


425 :名無し三等兵:04/08/17 18:52 ID:???
こりゃ打通のほうが億倍マシだな

426 :名無し三等兵:04/08/17 18:55 ID:2o1fLo9q
>ガダルカナルと違って九州には「食い物」がある

戦前の日本内地が食料の自給が可能であったとは初耳です。
あ、でも、九州だけなら自給できるのかな?
教えてエロイ人

427 :名無し三等兵:04/08/17 18:56 ID:2o1fLo9q
あ、戦前戦中ね

428 :1:04/08/17 18:57 ID:+LIBivQW
あっ、紫電改の高高度型は勘違いだった。

429 :名無し三等兵:04/08/17 19:02 ID:N/rVSZmn
空中機雷しかないな。

430 :少佐:04/08/17 19:03 ID:gDWpiKu0
>>426
考えてみよ。
食料自給率がゼロだったら、1千万人以上が内地で餓死してるはずだろよ。
イモ、カボチャ、山菜、海草、小魚、アサリ、スズメ、バッタ程度ならいくらでも食えたのだ。
だから今でも「毎日イモや海草を山ほど食わされたので、見るのもいやだ」と
言う人がいるのだ。


431 :名無し三等兵:04/08/17 19:04 ID:???
 /i               iヽ
 ! !、      ___        / ノ
 ヽ ヽ、 ,彡フ ̄  ̄ヽミミ、/ /
  ヽ フ''         く /
   _ 〉'           ヽ/,_    今呪いをかけました。
  (ヽi,      /;ヽ       i/ )
   i ! ,,_____ノ、i;;iヽ、_____、 i i   このコピペを見たお前は三日後に死にます。
    ! 'ヽ__●ノ' 'ヽ_●,ノ ,ノ i
   !、jヽ、 ,-   ;; -、 / _ノ      助かる方法は三日以内にこのコピペを3つ他のスレに貼ること。
    〉 /,、''`ヽ__/` ' ,、'  )
    '!, ヽ`t-,、__, -'イ/  /


432 :名無し三等兵:04/08/17 19:08 ID:???
「世界の傑作機」によると、隼で落とした人もいるそうで…
職人だなぁ。

433 :大佐:04/08/17 19:09 ID:???
>>421
確かに紫電改は完成していた。しかしあまりに低い稼働率に前線部隊では
ろくに飛べなかったんだよ。知ってたか?


434 :名無し三等兵:04/08/17 19:19 ID:3/xfpwo+
満州では97戦キ27でB-29を体当たり撃墜した香具師がいたという。

435 :名無し三等兵:04/08/17 19:20 ID:2o1fLo9q
>>430
なるへそ、蜂の子やサナギも食べられますしね。

436 :名無し三等兵:04/08/17 19:25 ID:???
タイ空軍の九七戦もB-29を落としたそうだが。

437 :名無し三等兵:04/08/17 19:37 ID:3/xfpwo+
川崎キー60はいつごろまで稼動していたんだろうか?

438 :名無し三等兵:04/08/17 19:39 ID:???
南方でB29落としたっていうと高雄も主砲の三式弾で撃墜記録があるらしいね。

それと高高度防空戦闘機に関しては排気タービンと言わず、零戦のキャブを高々度セッティング
にするだけでだいぶ違うという話もある。
実際高々度飛行用にセッティングされた零戦でB29の偵察型、F13の撃墜記録(日本唯一)が
あるしね。

439 :牟田口廉也:04/08/17 20:12 ID:???
>>423
>アメリカはお得意の「物量作戦」を駆使しても「沖縄」を陥落させるまでに
>「4ヶ月」もかかった。

当時の日本だとどれぐらいの時間がかかるのかね。
当時の事に堪能な様だ具体的に算出してくれたまえ。

>ガダルカナルと違って九州には「食い物」があるし

それに、当時の日本の食料自給率はいくらかね。
具体的な割合で述べてくれたまえ。

>>424
>だが紫電改は実際にB−29を撃墜してる。
>いや零戦でもB−29を撃墜した記録が残ってる。

たった1機撃墜したのを大げさに言っているのではないかね。
ソースはどこかね。それに何機撃墜したのかね。
具体的な数字で出してくれたまえ。

少佐、貴殿の報告を待つ。

440 :FW190Ta152H-1:04/08/17 20:26 ID:ZHkdkqPo
>432
バランタイン版・サンケイ出版 第二次世界大戦ブックスC カール・バーガー著/
中野五郎・加登川幸太郎訳 「B29 日本本土の大爆撃」1971年3月発行 P.78,79
の記述によると、
 「1944年4月21日、…日本戦闘機と遭遇することになった。・…日本陸軍の「隼」
戦闘機〈キ四三 [オスカー]1式〉12機の編隊に発見された。6機の隼が急接近した
日本軍パイロットはこの巨大な爆撃機を初めて見て、のちに坂井三郎氏や他のパイロ
ットが書いているように、”とほうもない巨人機””すさまじい雄牛”といった驚き
の念を示した。
 「隼」はB29に雁行して、約10分間監視をつづけた。「隼」戦闘機隊は右下方
から攻撃をかけた。先頭機は約350mまでせまり、一撃をかけて急降下で離脱した。
この第一撃左銃手が軽傷を受けた。B29の機銃はこの危急の時に故障を起こしてしま
った。後方銃座と上方銃座の12.7mmが動かなくなり、尾部の20mm機関砲は銃手が装填
装置のスプリングを巻くのを忘れてしまったので、発射できなかった。
 「隼」戦闘機は続けて単機による攻撃を2回以上かけてきたが、いずれも命中しなか
った。4番機が下から攻撃をかけてきた時に、後部銃手がようやく故障の直った12.7mm
機銃で応射した。「隼」は煙をはき、急降下に移り、見えなくなってしまった。
 ・…「隼」は8回以上も攻撃を加えてきたが、いずれも効果無く、日本軍は攻撃を中止
した。B29は軽い損傷を受けただけであった。・…乗務員室は弾丸で穴が開いたが、発動
機からの空気流入量を増すことで圧力を維持できた。
 この新しい爆撃機は挑戦を受け、命中弾も受けたが飛び続けた。そして敵機は恐らく
撃墜されたであろう。幸先の良い初戦闘であった。」
とある。
 これを読むと、あのB29と日本軍戦闘機の中で最初に戦闘したのは隼だった。という
ことが判る。だが、12.7mm機銃だけでは撃墜は相当困難であることも証明したようだ。


441 :少佐:04/08/17 20:57 ID:gDWpiKu0
>>439
食料自給率はどの程度の「食生活」を前提とするかで話がまったく違ってくる。
カレー、ハンバーグ、ラーメン、カツ丼、寿司などを前提にしたら、そりゃゼロ
に近いだろう。
しかしイモ、山菜、海草、小魚、アサリ、スズメ程度の縄文人みたいな食生活なら当時でも
100%だよ。

442 :名無し三等兵:04/08/17 21:07 ID:2o1fLo9q
>>441
おお、素晴らしい!
まさに、欲しがりません勝つまではですね!

443 :少佐:04/08/17 21:09 ID:gDWpiKu0
>>440
爆弾、コックピット、尾翼、両翼一杯に積まれた燃料タンク、エンジン。
以上がB−29の弱点でここ以外のスカスカの胴体部分を撃っても、ただ穴
が空くだけで墜落しない。
反対に12、7ミリでも上記の弱点に撃ちこめばB−29は確実に墜落する。


444 :ワイがやったんや飯田:04/08/17 21:10 ID:???
>438
>零戦でB29の偵察型、F13の撃墜記録(日本唯一)が
あるしね。

岩本徹三著“零戦撃墜王”にB29を自身の零戦で垂直背面降下の一撃で
撃墜した、という記述がある。これのことかどうかは知らないよ。

445 :対空オカマ ◆CgOK9mIdHo :04/08/17 21:17 ID:???
桜花で特攻は?
しかも対空爆弾装備で

446 :名無し三等兵:04/08/17 21:18 ID:???
桜花ってのは実質ロケット装備のグライダー・・・
そこまで上昇する事は不可能

447 :対空オカマ ◆CgOK9mIdHo :04/08/17 21:23 ID:???
じゃ秋水で対空爆弾内蔵して自爆するのが吉かしらネ
って言うか秋水での特攻は計画にあったんじゃなかったかな?

448 :少佐:04/08/17 21:26 ID:gDWpiKu0
>>442
内地における食料事情がもっとも悪化したのは実は戦後なのだが、それでも
餓死者が大量に出たなんていう話は無い。
本当に食い物がまったく無かったら、1千万人くらい餓死してるだろよ。

449 :対空オカマ ◆CgOK9mIdHo :04/08/17 21:29 ID:???
あ〜何か聞いたことあるワ
確か占領政策の一環で食料流通を制限してたとか
小麦とかの流通自由化って戦後、結構経ってからよネ

450 :FW190Ta152H-1:04/08/17 21:29 ID:ZHkdkqPo
>443
まぁ、12.7mm機銃の最初の一撃で銃手に軽傷を負わせたようだった
から。それがコクピット付近でパイロット達だったらもっと影響
があったかもな。

451 :少佐:04/08/17 21:35 ID:gDWpiKu0
>>442
有名な「はだしのゲン」という戦争漫画があるが、この漫画の中でゲンは
炊き出しで貰った巨大なおむすびをバケツ一杯食べてるし、川で手掴みで
エビをバケツ一杯捕まえたり、簡単な網でスズメを大量に捕獲して焼き鳥
にする光景が描かれてる。
内地ですら食い物が全然無かったら戦争できる訳が無いし、当時は自然破壊
などまったく無いのだから海、山、川に行けばいくらでも食い物がある。
当時は子供でも少し素潜りをすればバケツ一杯にアワビ、サザエ、ウニ、カキ
などが取れた時代だよ。
イワシなんか浜辺でも手掴みですぐバケツ一杯取れた。

452 :対空オカマ ◆CgOK9mIdHo :04/08/17 21:37 ID:???
男だったら太陽に入って直上攻撃ョ!
ってそんな高高度飛べる機体なかったわネ(笑)

453 :少佐:04/08/17 21:40 ID:gDWpiKu0
>>442
食料事情がもっとも厳しかった終戦直後の新聞を見ても「東北地方の山村
では冬に餓死が出るかもしれない」と書かれてるだけで、「日本全国で餓死
続出」などとは書かれてない。
餓死続出だったら、戦後復興などできないだろよ。

454 :名無し三等兵:04/08/17 21:41 ID:E+D0YcPc
F6Fヘルキャットの太平洋戦線での撃墜戦果は約5200機
ヘルキャットの戦闘損失はたったの270機程度

B29の撃墜法を考える前に
・優秀なパイロットの大量育成法
・良質燃料の大量確保法
・高性能戦闘機の質を維持したままの大量生産法
を考えてくれ少佐

455 :名無し三等兵:04/08/17 21:43 ID:???
少佐邪魔。

456 :名無し三等兵:04/08/17 21:44 ID:???
>>454
>F6Fヘルキャットの太平洋戦線での撃墜戦果は約5200機

それって日本側の資料からも認められる数字だっけ?
明らかに多過ぎな気がするんだが

457 :対空オカマ ◆CgOK9mIdHo :04/08/17 21:46 ID:???
>>454
そんなことが出来たら戦争を続行できたワ
ある意味手も足も出ない日々を我慢したことを
誉めてあげるべきだワ

458 :ワイがやったんや飯田:04/08/17 21:46 ID:???
「はだしのゲン」には、知らないおじさんが栄養失調で斃死しているのをゲン少年が
発見し、こ、この人どうしたんや!とビビル場面があるよ。

ごめん、揚げ足とるつもりはなかったんやが…

459 :少佐:04/08/17 21:53 ID:gDWpiKu0
>>454
まず優秀なパイロットの育成方法だが、日本では「技は盗むもんだ!絶対
教えないぞ」みたいな意地悪な職人気質があった訳だが、これがパイロット
を大量育成できなかった根本原因だ。
これをビンタで叩きなおし、坂井のようなエースパイロットの意見を参考
にした優秀な漫画マニュアルを作り、ビンタでたたき込むのだ。
そして最期はヒロポンだ。

460 :454:04/08/17 21:53 ID:E+D0YcPc
>>456
そう、残念ながら米・英軍の記録でしかない。
が、後者の数字は真実であり、当時の日本機が苦戦した証。
事故により損失や特攻機によって母艦ごとアボーンした数は不明。

461 :名無し三等兵:04/08/17 21:56 ID:???
>>459
それで年間何名のパイロットが養成出来る見込みですか?

462 :少佐:04/08/17 21:56 ID:gDWpiKu0
>>454
それから重戦闘機の大量生産方法だが、これも問題無い。
零戦は航続距離を稼ぐ為に、0.001ミリみたいな精度であらゆる部分
を削って薄くし軽くした美術工芸品みたいな機体なので量産が難しかった
が、雷電や紫電改はそんな手間は必要ないので量産は楽だ。

463 :名無し三等兵:04/08/17 21:59 ID:???
>>451
どうしてソースが漫画なんだ?
こっちも対抗して蛍の墓だそうか?

>>453
たしかに戦闘がない状況なら飢えずに済むと思うが、
本土でほんとに決戦やったら
食料源(森林・草原)がまず焼け野原になると思うが。

・・・もっともその前に原爆を死ぬほど落とされて、水の手も放射能でアウトですな。

464 :対空オカマ ◆CgOK9mIdHo :04/08/17 22:00 ID:???
少佐!
粗悪な燃料でも動く良好なエンジンがありまえん!

465 :ワイがやったんや飯田:04/08/17 22:00 ID:???
>F6Fヘルキャットの太平洋戦線での撃墜戦果は約5200機

もちろん米軍側の一方的な発表。朝日ソノラマのヘルキャットの本は
実際はその3〜4割だろう、と判断していた。被撃墜270というのも
空戦現場だけで明らかに墜落した機体の数、という説がある。撃墜の定義は
状況によって違うのでなんとも言えない。ただ、それはF6Fの偉大さ、
対日戦勝利への貢献度を貶めるものではないと思ふ。

ごめん、これも揚げ足とるつもりはなかったんやが…

466 :名無し三等兵:04/08/17 22:06 ID:E+D0YcPc
>雷電や紫電改はそんな手間は必要ないので量産は楽
少佐殿!ソースを!!
ちなみに雷電の撃墜確実戦果(日付判明分のみ)は18機と言われてる

467 :対空オカマ ◆CgOK9mIdHo :04/08/17 22:08 ID:???
>>465
勝てば官軍でしょうがないのでは?
米軍機の出来ので良し悪しは結構あったらしいしわョ
343空の話なんで聞くと何で負けるわけ?とか思っちゃう物(笑)

468 :名無し三等兵:04/08/17 22:09 ID:???
>>465
3割程度だとして1600機、被撃墜270機は偽り無いと仮定して

特攻隊員総数が約2500人なんで、特攻機の数を1000機と仮定、
うち6割がF6Fに落とされたと仮定して600機

まぁ大戦中盤以降の戦いを見れば現実的な数字に思えるな、



469 :名無し三等兵:04/08/17 22:16 ID:???
>>468
つまり正攻法では
撃墜1000機、被撃墜250機くらい・・・か?

まぁ優秀な数字といえるが、意外と日本軍も頑張ってんな

470 :名無し三等兵:04/08/17 22:18 ID:???
戦時中は田舎の人間が食料不足で苦しんだことは殆どなかった。その代わり都会で配給を待つしかない者が割をくった。

戦時中は芋のツルまで食べた。等ということが貧窮の代名詞のように言われるが、田舎では今でも食べている地域はある。

ただ、しいてあげるならば、調味料不足や旨い物不足と言えるだろうか。

471 :ワイがやったんや飯田:04/08/17 22:28 ID:???
零戦は10グラム単位で重量管理がなされ、確かに量産を考えた構造ではなかった。
紫電改は紫電に比べたら部品・工数の減少など大幅に量産性を向上させていた。あくま
で紫電と比べての話だが。雷電の火星発動機は比較的誤差が緩く、それほどの工作精度
は求められていなかったという話はよく聞くが、振動の問題はなかなか解決できなか
ったようだ。そのせいで実戦投入は遅れ、殺人機とまで呼ばれた。

472 :名無し三等兵:04/08/17 22:42 ID:???
食糧自給率よりエネルギー摂取量のほうが良い気がするんだがな

473 :名無し三等兵:04/08/17 22:42 ID:???
>>469
彼我の戦力差も考えると日本機大健闘かも。

474 :名無し三等兵:04/08/17 23:19 ID:???
みんな腹へって一歩も動けないような状態で、自給できてますって言われても・・・・・・

475 :名無し三等兵:04/08/17 23:52 ID:clCEeboM
火力ではなんとか対抗出来たようだけど物量や総合的な対策があまかった。
夜戦の屠龍で37mm砲を積んだ機が1発でB29を粉砕しているけど、これも数機だけの装備。
大和の3式散弾も大編隊に向けた一斉射で数十機がふっとぶのを見た
乗員もいるが、これを移動式高射砲に運用すればかなり違っていたと思う。
航空機から落とす3号爆弾(敵機上空で爆発)なんかもあった。

日本軍はB29の開発を察知していたようだが、これが致命傷になるのを
予期しなかったのか有効な対策を取らなかったようだ。
雷電なんかの防空隊の局戦も十分対抗できても敵は数百機の編隊だから同数くらい
上げないととても戦果ははあがらないだろう。
それでも少ない戦力でよくやった。累計で300機くらいはおとしているのでは。

当時の航空機生産力もあっただろうが、もっと早く対策を練っていればと思う。
大本営はだいたいにおいて行き当たりばったりが多く、防空用の機を本土決戦用に
相当数温存していたけど、じり貧になるのは目に見えている。
情報をうまく生かせていない当時の日本軍の最大の弱点はよく言われる"指揮官の質の低さ"
につきると思う。


476 :FW190Ta152H-1:04/08/17 23:52 ID:ZHkdkqPo
都市部はともかく、農村部では多少マシだったような話は聞かされたな。
だから都市から田舎へ出かけて、食料を物物交換したとか。

477 :438:04/08/17 23:53 ID:???
>>444
それとは全く別の話ですね。
(ソースは昔の「丸」関係の特集でしたが失念。2chでも誰か他に紹介してる方い
ましたね)
ついでに言うとF13はともかくB29に関しては昼間高高度爆撃ばかりやっていた
わけでは無いので、垂直背面降下で一撃離脱というのは零戦でも特に無理な話
ではありません。

478 :ワイはもう寝るんや飯田:04/08/18 00:00 ID:???
日本機の生産体制は思われているほど低調ではなかった。昭和19年でみると米国の25%
くらいだが、米軍は半数以上をドイツに割かねばならない。マリアナ戦で機動部隊の日米機数
比は450:900つまり1:2くらいでまあ生産数を反映した妥当な数字だ。レイテ戦の開始段階
に展開していた数は日本機は基地航空隊を含めて1300機、米機動部隊の戦力1400機とほぼ拮抗
している。国力10分の1にしては大健闘もいいところだ。一種の精神力の勝利といっていい
かも知れない(あくまで頭数だけの話だが)。

479 :名無し三等兵:04/08/18 00:01 ID:???
>>475
>累計で300機くらいは落としているのでは。
戦闘による損害ばかりではありませんが、未帰還機は300機を軽く超えます。
ただし戦闘による損害は高射砲によるものが過半。

少ない戦力で頑張ったのには同意ですが、例え大戦力があっても夜間爆撃に
対抗するための機上電測兵装と硫黄島陥落後は護衛機を排除する制空権獲得
能力が無いとちとしんどい所かと。
仮に本土決戦を本当に行うとなった場合にはいざ来寇という時に飛べる機体も
燃料も無いとなっては話にならないので致し方の無い所ですね・・

480 :名無し三等兵:04/08/18 00:03 ID:???
>>478
>レイテ戦の開始段階に展開していた数は日本機は基地航空隊を含めて1300機

??失礼ですがその内訳は・・・・

481 :名無し三等兵:04/08/18 00:05 ID:???
定数と実際に配備されてた機数は違うしなぁ・・・

例えばマリアナ海戦時にトラック島には天山48機を中心とした大部隊があったはずなのに、
実際に存在した昼間決戦戦力は零戦13、月光2、天山2

482 :名無し三等兵:04/08/18 00:52 ID:yFfnNQ/i
>>479
そうだね。
あれだけの編隊数で夜間来られてはほとんど爆撃されっぱなしというところだけど
夜戦部隊がもう数戦隊あったとしても洋上で捕捉できるわけでもなし。
やはり、マリアナを取られた時点で決してたということか。

東条さんは甘過ぎた。マリアナを島ごと対空基地にしておけばよかったのに。
それと、B29の迎撃の難しさは速度にあるという話しも、
高度1万で偏西風に載るとものすごい速度になるそうで、帝都上空で1旋回すると
たちまち鹿島灘あたりまで流されると聞いた。

483 :名無し三等兵:04/08/18 01:13 ID:???
少佐って本当に池沼さんですね。

484 :名無し三等兵:04/08/18 01:16 ID:S8TlIebl
海軍が無駄に戦線を広げすぎたんだよ。
ガダルカナルに勝手に進出、結果陸軍に尻拭いをさせる。

485 :名無し三等兵:04/08/18 01:20 ID:???
ドイツやイタリアと違って軍部と政府が一体じゃなかったからな…挙句の果てにあの様

486 :名無し三等兵:04/08/18 01:24 ID:???
45年8月に戦争が終わってなかったら、焼夷弾攻撃の標的は都市から
水田に変更される予定だった。刈り取り前の水を止めた水田なんぞ
一面に藁束が立ってるようなもんだから、火を付けるのがこれほど
簡単な標的も無い。食糧自給率が更に逼迫するのは確実。
さらに危急なのは燃料事情。石油が使えないので薪を大量に消費した
事は良く知られているが、必要となれば米戦略空軍は雑木林にだって
焼夷弾攻撃を行っただろう。

全日本人が縄文並みの食生活を甘受すれば戦争は続行可能などと
云う「戯言」は、縄文の狩猟採集生活が養う事が出来た人口を調べて
から言え。8000万人が一斉にハトやカラスやスズメを食料にしたら、
一年で全部の野鳥が死滅するわい。

487 :名無し三等兵:04/08/18 01:25 ID:???
少佐は釣り専用コテハン

488 :名無し三等兵:04/08/18 01:31 ID:???
>486
名前欄に少佐を入れ忘れているぞ

489 :名無し三等兵:04/08/18 02:29 ID:3jyFBBsY
2式単戦を発展させてもよかったな。
火星をベースにする。

490 :名無し三等兵:04/08/18 04:10 ID:???
>484
そっくりそのまま陸軍に返せる台詞だな

491 :名無し三等兵:04/08/18 04:18 ID:???
海軍様>>>越えられない壁>>>うんこ>>>バカ陸助

492 :名無し三等兵:04/08/18 12:27 ID:???
何をいう。大陸打通作戦において歴史に残る大突破を果たした陸軍が海軍
より遥かに上な事は多言を要しないではないか

493 :ワイがやったんや飯田:04/08/18 12:43 ID:???
>480
>レイテ戦の開始段階に展開していた数は日本機は基地航空隊を含めて1300機
??失礼ですがその内訳は・・・

出典は先々々々くらい号の“歴群”。内訳は良く知らない。

494 :少佐:04/08/18 14:32 ID:1xWde1P1
零戦は美術工芸品のごとき戦闘機で、全ての部品に高度な職人技と膨大な手間が
要求されるので、量産性をまったく無視した機体だったと言っていい。
まず量産性を重視するアメリカでは絶対に採用されなかったであろう戦闘機だ。
だがそれにも関らず、日本はけっこう零戦を量産してるのだ。
グラマンやシャーマンを量産するのはアホでもできることだが、美術工芸品である
零戦を量産したというのは凄いことな訳で、日本には凄い技術力があったと言える。


495 :少佐:04/08/18 14:46 ID:1xWde1P1
>>470
小林よりのりも「ゴーマニズム宣言」で書いてるが、山本夏彦という爺さんは終戦
まで東京で「旨い天丼」が店で食えたと証言してる。
もちろん当時の山本夏彦は大金持ちでも何でも無い。
普通の人でも「旨い天丼」を店で食えるのと、大部分の人が餓死寸前だったという
のでは大きな違いがあるぞ。

496 :名無し三等兵:04/08/18 14:54 ID:???
>>495
山本夏彦って朝鮮人なんだよ
知ってた?

497 :少佐:04/08/18 14:56 ID:1xWde1P1
日本がもっと早くレーダーや烈風を開発してれば、珊瑚海戦とミッドウェー
で日本は100%圧勝し、アメリカの機動艦隊は一時的だが壊滅する。
いくらアメリカでも空母や戦艦を短期間で数万隻作ることはできないのだ!



498 :少佐:04/08/18 15:03 ID:1xWde1P1
>>486
考えて欲しい。
日本近海の魚達は昔から山ほど食料として収穫されてるが、それでもまだ山ほどいる!
脅威の繁殖能力でドンドン増えていくのだ。
バッタや海草なども然りだ。

499 :どうていだいまおう:04/08/18 15:07 ID:f+T5sUhp
同クラスの隼と比べると、工程が多くてコスト高だけど
芸術品っていうのは大げさな気が

燃料のオクタン化とかエンジンの出力ばらつきの少なさとかを考えると
日本の製造能力は生産力以上にアメリカと差があるような

500 :名無し三等兵:04/08/18 15:17 ID:???
>>497
アメリカは艦艇1000隻以上、商船10000隻近く建造したけどね。

501 :名無し三等兵:04/08/18 15:18 ID:???
500

502 :名無し三等兵:04/08/18 15:30 ID:rcf8pRBt
>>497
いや!ミッドウェイの敗北と貧弱陸戦兵器が敗戦の原因でしょう

503 :名無し三等兵:04/08/18 15:32 ID:???
>>498
じゃあ何でニホンオオカミは絶滅したの?
トキはなんで日本から居なくなったの?
人間は脅威の繁殖能力を凌ぐ脅威の捕獲能力を持っている
日本は江戸時代まで人口が大体3000万人ぐらいで減ったり増えたりしながら人口の増加が止まっていた
それでも天保の大飢饉やらが起きて大量に死者が出る
つまり君の方法だと5000万人近い餓死者が出る未曾有の大飢餓が起きる

ちなみに日本人の個人支出が1936年が98ドル、1944年が70ドルと落ちている
そしてエンゲル係数が1936年33.1%、1944年30.6%になっている
支出が下がると、かならずエンゲル係数が上がる
なぜなら生活に必要な物を我慢できても食糧だけは我慢出来ないからだ
しかしエンゲル係数もさがっている、つまりこれは凄まじく食糧が困窮しているという意味だ


504 :名無し三等兵:04/08/18 19:59 ID:???
>>503
ニホンオオカミやトキは、人間が変化させた環境(病気、毒餌)について行けなかっただけで、
別に人間が乱獲して滅ぼしたわけじゃないぞ・・・

乱獲が原因で滅んだ生き物なんて、ステラーカイギュウとかリョコウバトとかオオウミガラスとか・・・
それに、そう言った種はそれぞれに人間が手を加える加えない以前に、
絶滅の要因を己が種に抱えてた場合が多い

505 :名無し三等兵:04/08/18 20:19 ID:???
>>493
下手すると「130機」の誤植かもしれぬ(実際陸海軍合わせても稼動機はそんなものでしょう)。
そもそも神風特別攻撃隊はそのような状況なればこそ始まった戦法だったわけで・・


506 :1:04/08/18 21:22 ID:uB6H73wz
質問です。飛行機に、ヒーターの類はあるのでしょうか?高高度だと寒いんですけど。
与圧キャビンの話で、ラジエーター部分から、空気をとりいれて、コンプレッサーで圧縮し、フィルターを通して、空気を
コクピットに取り入れたとありますが、ラジエータ部分から取り入れるということは、エンジンの廃熱を暖房として再利用するという
目的からでしょうか?これがあれば、電熱服はいらないんじゃないでしょうか? 
高高度に置ける戦闘機の熱事情に関する情報教えて、お兄ちゃん。

507 :名無し三等兵:04/08/18 21:41 ID:???
答え:死ぬほど寒い。

508 :名無し三等兵:04/08/18 22:05 ID:???
>>506
確証がある訳ではないが、わざわざラジエーター付近から空気を取るのは
暖房効果よりも 吸気〜圧縮 という過程で凍結が発生しないように考慮した結果では?

ところで、逆に疑問なのだが空冷機の場合はやはりオイルクーラーから取るのだろうか(w

余談だが、ジェットのF-86の場合エンジンのコンプレッサー部から取ったホットエアーを
コクピットに導入する暖房装置があったらしい。

509 :FW190Ta152H-1:04/08/18 22:14 ID:C9VCYgrx
丸メカにはコクピット内の暖房に関して、極めて短く簡潔に「暖房はエンジン・ル
ームから導く」という記述がある。(P.77)
ちなみに主翼内の機関砲の凍結防止用の機銃暖房空気導管もあった。図が掲載
(P.89)され、更に「エンジンからの暖気で暖房される。」という記述(P.91)
がある。

510 :名無し三等兵:04/08/18 22:19 ID:???
トリヒア

ジャンボジェットは高度10kmぐらいを巡航するが
高度10kmは1/4気圧で与圧しないとちときつい
与圧高度は2kmと決められており3/4気圧まで加圧される
加圧にはターボファンエンジンのファンからとり入れ、
減圧してから機内に取り込む

511 :ワイがやったんや飯田:04/08/18 22:20 ID:???
>>505
戦闘開始前の機数。いま手元にその“歴群”がないが、米機動部隊と匹敵する機数
だった、とは確かに書いてあった。佐藤和正“レイテ沖海戦・上”によると捷一号
作戦での実働兵力は
二航艦  358機
三航艦  275
十二航艦 237
三艦隊  237
一航艦   96     
さらに投入された本土上空の戦闘機・偵察機110機を合計すると確かに1313機になる。

512 :名無し三等兵:04/08/18 22:21 ID:???
うるせーんだよ、ナチが。とっとと消えやがれ糞ファシスト野郎が

513 :名無し三等兵:04/08/18 22:28 ID:???
最終決戦と判断した日本側は可能な限りを集めたのだが、米海軍機動部隊の先制攻撃を受け、
実際の決戦前に大半の作戦機を失うという失態を演じたのだよ。

514 :FW190Ta152H-1:04/08/18 23:12 ID:C9VCYgrx
>506、508
FW190D−9の場合は、コクピット内の空気は機体右側の過吸気空気取り入
れ口のエアインテイクの前方上に、Ta152Hの場合は上方に小さく突き出た
取り入れ口から導入する。ラジェーター部分からではないはず。

515 :名無し三等兵:04/08/19 00:16 ID:???
知ってることになると(しかも難しい事でもなんでもない)しゃしゃり出てくる
この自作自演バカコテまだ生きてたのか

516 :少佐:04/08/19 00:25 ID:nPrviYMm
>>499
零戦はネジの1個に至るまでギリギリまで削ったり、伸ばしたりしてるんだから、
「その道一筋30年」みたいな高度な職人芸の結晶なんだよ。
普通に考えたら量産など不可能に思えるが、日本はこれを見事に量産した。


517 :少佐:04/08/19 00:32 ID:nPrviYMm
当時の日本の技術力が低かったと考えるのは大きな間違いである。
例えば有名な「マレー電撃作戦」の立役者は日本の戦車チハだが、チハは
高温多湿でシャワーのごとく雨が降る泥沼のジャングルを脅威的なスピード
で進撃した凄い戦車である。
機械の信頼性が当時の常識を超越してるから脅威の進撃ができた訳で、これまた
「この道一筋30年」という職人芸の結晶なのだ。
しかも日本はこの高度な職人芸の結晶戦車まで量産した!

518 :少佐:04/08/19 00:39 ID:nPrviYMm
太平洋戦争に関してはあまりにも嘘の宣伝が多く、多くの人がそれを信じてる。
「B−29は特殊合金の分厚い装甲に覆われていたので、高射砲弾の直撃も弾き返したし、
アメリカ大陸から日本に飛来する能力があったし、100万機生産された」などと信じてる
人が多いのだ。
いわゆる「戦争の恐ろしさを子供達に伝えたい」と言う人々によって、こうした話が捏造
されてきたのだが、全面的に否定されるべき時代になったと思う。

519 :名無し三等兵:04/08/19 00:53 ID:???
>>518
戦争の恐ろしさを云々する人は間違いにしてもそこまでマニアックな話はしないと思うが。。。
ま、いいか、少佐だし

520 :名無し三等兵:04/08/19 01:12 ID:???
>>516〜518
だから何だと言いたい。
あんた自身が立派な訳じゃなかろ?

521 :名無し三等兵:04/08/19 01:14 ID:???
>>516-518
そうだね、
日本は航空機 約 62000機、戦車 約 4000両 量産した様だね。
米国は航空機 約261000機、戦車 約25000両 量産したけどね。

さすがに、米国が航空機100万機を量産するのは無理のようだね。
26万機以上生産したけど・・・。

522 :FW190Ta152H-1:04/08/19 04:59 ID:yvOZQery
だから何だ?
アメリカと戦争なんかしなけりゃ良かったとでも言うつもりか?

523 :1:04/08/19 06:03 ID:nEH2KYKS
レスありがとうございます日本機に暖房は無かったの?また大型の軍用機ではどうですか?暖房ついてませんか?

524 :1:04/08/19 06:07 ID:nEH2KYKS
>>514 与圧の時と、低高度で、空気の導入口を切り替えるのだと、あなたがおっしゃてました。
与圧が必要なときは、高高度で寒いから、空気の加熱も同時に兼ねたのではないか?と想像したのです。

525 :名無し三等兵:04/08/19 06:25 ID:???
>>522
結論としてはそういうことになるかと。
100回戦って100回負ける相手に国民の命を担保にしてけんか売るってのは正気の沙汰じゃない。


526 :名無し三等兵:04/08/19 08:39 ID:???
必要なのは八木アンテナのレーダー基地じゃろう。

527 :名無し三等兵:04/08/19 08:44 ID:???
軍部のせいで戦争になったと言ってるのは、ナチが勝手に戦争を始めたと言ってるのと同じです。
日本のマスコミが対米戦争を煽ってたし、国民の方も開戦の報に大喜びしてたらしいし。

528 :名無し三等兵:04/08/19 08:56 ID:???
T−72神に帰依していればいいものを、チハなどという邪神に心を奪われる
から戦争に負けるのだ

529 :パパ隊長 ◆Y3F2C3va2Q :04/08/19 09:03 ID:???
むしろ日露戦争に勝って、韓国を併合した時から、やがてはアメリカと戦争する運命だったと言えるし、
また、アメリカとの戦争に負けると運命付けられていたと言ってもいい。

530 :名無し三等兵:04/08/19 11:08 ID:???
>>529
日露戦争以前から、日本海軍の仮想敵は米海軍でしたよ


531 :名無し三等兵:04/08/19 12:12 ID:???
>>530
へえ、そうなんですか!
勉強になるなあ、軍事板って。

532 :名無し三等兵:04/08/19 12:57 ID:???
ていうか、その程度の常識も無いのは論外

533 :FW190Ta152H-1:04/08/19 13:07 ID:FUsE922K
 日露戦争後、アメリカは南満州鉄道の共同経営を日本に持ちかけてきた
が、日本はそれを拒否した。アメリカとしては日露戦争で仲介役を引き受
けたのだから、当然その見返りを要求したつもりだったのだろうが、あの
満州とその鉄道は、日本がロシアとの戦争において,犠牲を払ってようや
く獲得した権益であり、そうやすやすと引き渡す訳にはいかなかった。た
だでさえ、樺太の割譲や賠償金の問題で国内世論が紛糾しているさなか。
そこへ鉄道の権益まで、半分分け与えたら、何が起こるか判らない。
 しかし、そのことがきっかけで、アメリカは日本に不信感を抱き、翌年
の1906年には西部カリフォルニア州で日本人移民を制限する法律を制定す
るなど、露骨な反日政策を実施し始めていった。そして1924年には有名な
排日移民法が制定される。そして1930年代を通して日米関係は悪化の一途
をたどり1941年12月8日の開戦へと至る。
 あの戦争は日本が一方的に悪かったと言われているが、それ以前の数十
年間のアメリカの日本に対する態度は、決して友好的とは言えないものであ
ったことは理解しておくべきだろう。

534 :名無し三等兵:04/08/19 13:27 ID:???
>>533
その程度の分析力しかないからみんなに無視されるんだw
南満州鉄道は元々アメリカの鉄道王が買収する計画を進めていて
それを日本が横取りした格好なのさ
米政府は無関係だし、日本もロシアから権利を貰ったもののどう
してよいかわからず、この米資本家に売る話をまとめかけた
しかし、米から帰国した日本全権大使小村寿太郎がこの話を知って
激怒し、在野して売却を阻止するのに身命を注いだのは有名な話だぜ

535 :名無し三等兵:04/08/19 13:34 ID:???
ある意味近、衛文麿内閣が最悪の失政を2つもした事が日米関係悪化の原因の一つかも


536 :FW190Ta152H-1:04/08/19 13:49 ID:FUsE922K
>534
その事を詳しく言い出したらそれこそスレ違いになる、日露戦争以後、太平洋戦争に
至る流れを大まかに書いたのが533のレスだから。ここの事例の細かい部分は省略した
り間違っている部分もあるかもしれないが、1905年〜1941年までの日米関係について
”手短に”書いたつもりさ。どっちが先に鉄道買収しようかとか、それを外務大臣が
横から出てきて阻止した話は知ってるよ。だけどそんな事まで書いたら、他にの事例
についてもこと細かく書かなきゃならんし、そうなったらスレ違いになる。

537 :名無し三等兵:04/08/19 13:53 ID:???
>>522
遅レスですが
>521のデーターをみて戦争をしようと考える方がおかしいと思うのですが
>522の発言をされていますので、FW190Ta152H-1氏には当時の日本が戦争に勝てる秘策があるのでしょう。
興味深い内容ですし、ここに書き込まれる方も聞きたくなる内容だと思います。

是非、FW190Ta152H-1氏の秘策を聞かせて下さい。

538 :FW190Ta152H-1:04/08/19 14:11 ID:FUsE922K
>537
秘策ったってアンタ・・…。

とっくに59年前に決着が付いてる戦争に、それも勝つための秘策を聞かせろって
言われてもねぇ・・・・。

言ってみたところで、「その程度の分析力だから」ダメなんだという輩もいらっ
しゃるし・・・・。まずその御方にお尋ねになるのがよろしいのでは?
自分よりさらに優れた分析を期待できるでしょ?

539 :名無し三等兵:04/08/19 14:42 ID:???
戦争しようと考えるとか以前の問題にハルノートの内容を纏めると
日露戦争以前の状態に戻らないと、経済封鎖を続けると言う事
この通告を受諾すると日本の国際的信用は地に落ちる
アジアの王道を自負する日本が、そんな事を認められる筈も無い
かといって受諾しなければ、経済は崩壊する
この四面楚歌状態で一体日本に何が出来たのだろうか?
>>537のデーターは戦後のデーターでは?
開戦前にある訳の無いデーターで開戦どうこうするじゃ、話にならないような
しかも日本単独では米国には絶対に、太刀打ち出来ないので独逸の勝利に期待した
他力本願的な戦略方針だった訳なんだが

540 :名無し三等兵:04/08/19 14:43 ID:???
失敗
>>537
じゃなくて
>>521
でした、すいません

541 :名無し三等兵:04/08/19 14:45 ID:???
GNP差で12倍。重工業では20倍以上と言われた国に対して、
よく頑張ったものだと思いますがね。

しかし、久しぶりにGNPって見た。

542 :名無し三等兵:04/08/19 14:48 ID:???
他の事ならともかく戦争で「よく頑張った」ってほとんど意味ないけどね

543 :541:04/08/19 15:03 ID:???
>>542
世界情勢変化と、持ち前の人的資源で現在の繁栄を掴めたからこそ
言えるお気楽発言ではあるのだけれどね。
あの情勢では戦わざるを得なかったし、戦った結果が現在である。と。
それを死ぬ程理解しつつも、なんとか美しく負ける方策はなかったものか?
奮戦した人達にもなんらかの意味を見い出してあげたい。
と思ってみるのもアリではないかなあ。
それと、今生き残るために事例を学ぶこととは勿論別。そして往々にして
過去の事例に学んだ決断は失敗していることも別。

544 :名無し三等兵:04/08/19 15:22 ID:???
>>539
確かに戦後のデータですが、当時の日本には
アメリカの兵器生産量を把握するだけのデーターはあった様です。
(そのデーターを開戦の参考にしたかどうかは不明です。)

開戦前に、正確なデーターや情報があったら日本はどう行動するか
軍事に精通した方や、博識の方に聞きたいと思い書き込んだ次第ですが・・・。

スレ違いの内容なので不識者の戯れ言と考えて下さい。

545 :FW190Ta152H-1:04/08/19 15:29 ID:FUsE922K
>539の後半
それはあるかも。大戦中の航空機や戦車の総生産数などは戦った後に集計が出るもんだ。
少なくとも戦争前の1941年秋の人間には判らなかったはず。当時のアメリカはボーイング
社のB17E(大戦中に活躍した)型の原型機が1941年9月5日に初飛行したばかり。その発注
は前年の1940年6月。512機発注されている。その価格は1機当たり298065ドル。平和時に
はさすがのアメりかと言えど、とても許容できない高額であった。
 しかし、その後アメリカは戦時の生産力をフル回転して、ボ社だけでなくダグラス、べガ
の両社にも生産に動員した。F型は約3400機、G型は約8600機生産した。
そういう生産数などはこれから戦争を始めるか否かという段階では、あまり意味の無い比較
であって、戦争の進展具合いかんで、また変わる可能性すらある。
 つまりあっさりカタが付きそうならば、それほど戦時生産体制を敷くのも無駄だが、少な
くとも、相手が強敵で侮りがたいと判断すれば、本気で全力をださないと、たちまち苦戦を
強いられる。それでアメリカも全力を出してフル操業をした結果が26万機という数字になった
のだろう。でもそれは戦後判明した数字であり、それをもとに戦前の人間の判断を左右する
事は無理だろう。

132 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)