2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★内務省、特別高等警察を再評価しよう。

1 :名無し三等兵:04/07/13 08:09 ID:???
内務省の解体】第二次世界大戦敗北後,占領軍は占領初期の日本の民主
化政策として,軍隊の解散,財閥解体,農地改革などを行い,また治安
維持法などの言論思想弾圧法規の撤廃とともに,特別高等警察の廃止,
内務省警保局・府県警察部部長の追放を行った。

ダークな面ばかり強調されますが、良い面は無かったんでしょうか?

2 :名無し三等兵:04/07/13 08:10 ID:???
一等自営業(ry

3 :名無し三等兵:04/07/13 08:10 ID:peNqy92e
そし

4 :一等自営業 ◆JYO8gZHKO. :04/07/13 08:46 ID:???



チェ!・・・・ボソッ

5 :名無し三等兵:04/07/13 08:51 ID:???
クソスレに先生キターーー

6 :名無し三等兵:04/07/13 10:24 ID:???
>>1は多分、ここが軍板だと気づいていないのだろうな。

7 :名無し三等兵:04/07/13 17:03 ID:???
>1
板違いスレなので
削除依頼だしてくださいね。

>4
閣下、糞スレは放置ですよ。


8 :名無し三等兵:04/07/13 18:00 ID:zuf7ttcU
特高は表向き廃止されたけど、人脈も組織も
ちゃんと現在まで引き継がれてるよ。

9 :1J ◆KoxG3j4sWc :04/07/13 18:03 ID:???
イタイタ
ウチノゲンコー

10 :名無し三等兵:04/07/13 18:05 ID:???
>>8
読売か?

11 :%95%97%91D%82%a8%82%b6%82%b3%82%f1:04/07/13 19:47 ID:???
>ダークな面ばかり強調されますが、良い面は無かったんでしょうか?

特高職員がすきほうだい国民をいじって遊べた事

12 :名無し三等兵:04/07/13 20:14 ID:H1xIkeZ4
>>10
いや、普通に公安の事。

13 :名無し三等兵:04/07/13 22:00 ID:???
特高は帝大出のエリート集団で仕事の精度が非常に高かったと、何かで読んだぞ。
当時の共産主義者はロシアより武器の供給を受け銀行襲撃事件とかを起こしていたらしい
治安維持に結構貢献したんじゃないか?

14 :名無し三等兵:04/07/13 22:02 ID:???
内務省という響きに萌えるね。

15 :名無し三等兵:04/07/13 22:06 ID:6vqX/dJ1
特高警察と両輪をなした思想検察というのもあったぞ。

16 :名無し三等兵:04/07/13 22:12 ID:???
初耳なのでググッて見た。  こりゃ怖そうだね。

戦前,「国体」に反するとみなされた思想・言論はきびしい取締の対象と
なった.治安体制の一方の核として特高警察と両輪をなした思想検察は,
“倫理上の善悪の審判者”を自任し,治安諸法令の制定・運用を主導,保
護観察・予防拘禁などの抑圧装置を次々と創出した.その実態と全体像を,
戦後公安検察への継承性も含めて解明する.

17 :名無し三等兵:04/07/13 22:17 ID:???
日中戦争勃発までは検閲や取り締まりはそれほど熾烈じゃなかったよ。
戦前だって極左は国民から見向きもされてなかった。

18 :名無し三等兵:04/07/13 22:37 ID:6vqX/dJ1
戦前の日本って、カッコよかったのに。
もったいないことをしたもんだ。
ヤンキーのせいだ!

19 :名無し三等兵:04/07/13 22:59 ID:???
伏せ字しても、ほとんど内容がわかってしまうようなものばっかりだった

20 :名無し三等兵:04/07/13 23:01 ID:???
ところで、憲兵隊は何をしていたんだ?

21 :名無し三等兵:04/07/13 23:05 ID:???
陸軍憲兵は東条のお使いをしてました。

22 :名無し三等兵:04/07/13 23:12 ID:???
危険思想として共産主義者を狩ることはアメリカでもやっていた事で、アメリカはそれを否定はしていないはず。
アメリカは日本政府の一機関が巨大な権力を行使する事を嫌い表向きは看板を剥ぎ取ったが、結局後の警察庁公安部などに全権や人員を丸投げしたです。
憲兵隊は、軍隊内の危険思想の取り締まりをしていたが、公民に関してはあまり厳しく操作していなかった。
それよりも軍機の保持とかで、航空基地の近隣住民の手紙を検閲したりしてた。

23 :名無し三等兵:04/07/13 23:18 ID:FNApQ4Az
ゾルゲを逮捕したのが特高だろ?
良い面の一つだな。
てゆうか悪い面というのは極わずか、いや無いと言ってもいいくらい。

24 :名無し三等兵:04/07/13 23:18 ID:???
アメリカの赤狩りは戦後の方が苛烈だからねえ。
戦前の日本がそれほど統制国家だったとは思えないけど。
国家総動員法も戦時下なら、ある意味当然出し。

25 :名無し三等兵:04/07/13 23:22 ID:???
>>23
もはや漏らすものもなくなってからの逮捕じゃなぁ

26 :名無し三等兵:04/07/13 23:24 ID:???
>25
もう少し早くタイーホしてればドイツ軍がモスクワを落とせたかもしれんて・・
いやマジで。

27 :名無し三等兵:04/07/13 23:25 ID:???
とうでもいいが登記簿の権利者に内務省というのがいっぱいあって困った。
地籍調査するほうの身になれ。
あと、都内に土地持ってるくせに現住所が福岡とかの奴、土地持ってるなら
その上に住め!立会いが面倒だ!プンプン!!w

28 :名無し三等兵:04/07/13 23:52 ID:???
アメリカにも未だ内務省が有るけど何でだろ〜

日本のは分解したくせに〜

29 :名無し三等兵:04/07/13 23:54 ID:???
戦前のサヨって普通に銃火器で武装してあちこち襲撃したりしてたからな・・・。


30 :名無し三等兵:04/07/13 23:57 ID:???
昭和12年ごろでも当時の代表誌、中央公論では反軍論文?みたいのが掲載されてた。

31 :名無し三等兵:04/07/13 23:59 ID:???
石川達三は何書いても平気だったしw

32 :名無し三等兵:04/07/14 00:55 ID:???
>>29
廬溝橋事件直後に右翼評論家が「世界的大事変の始まりだ!徴用だ米の統制だ首都は焦土になる!」なんて飛ばしてたw

33 :名無し三等兵:04/07/14 11:26 ID:???
戦前のウヨも銃火器で武装して首相とか大蔵大臣を殺したりしてたな。

34 :名無し三等兵:04/07/14 11:54 ID:???
左翼も右翼も「国家の変革」を目指していたからな

左翼が天皇制(王政)否定、私有財産否定のガチのコミュニズムで
右翼が腐敗した「肝賊」を征伐天皇を上に頂いたうえでの国家改造という国家社会主義。
本質はどっちもテロリズムなんだが。

35 :名無し三等兵:04/07/14 12:26 ID:zgBZl+nd
それに治安維持法で死刑になった奴はいないわけで
拷問での死亡も一部の行き過ぎたもんだしね。

36 :名無し三等兵:04/07/14 12:38 ID:???
拷問される前にすぐゲロっちゃう共産党員

37 :名無し三等兵:04/07/14 13:55 ID:???

知識がなくてくだらない煽りしか出来ないノンポリ

38 :名無し三等兵:04/07/14 15:17 ID:???
>>35
特高の取り調べに於いては、裁判なしでの事実上の死刑がたくさん
執行されたわけだな。

39 :名無し三等兵:04/07/14 16:11 ID:???
社会に著しい変革をもたらす事を標榜した共産主義者は体制派に殺されて当然。
共産主義の名の下に何百万人も殺されたし。

40 :名無し三等兵:04/07/14 16:18 ID:???
戦時中、祖父(文官)が特高の取調べを受けたことがあったと聞きました。
海軍の和平派の人たちと親交があったためです。
紳士的な取調べでうまくかわせたけど、近所の人に聞き込みをされて、
噂がたち、夜になると嫌がらせの投石があったそうです。

41 :名無し三等兵:04/07/14 16:21 ID:???
共産党、米帝の手先だとか矢文されたんでしょ??????????

42 :名無し三等兵:04/07/14 17:39 ID:???
>>40
言論統制にしろ何にしろ内務省や特高は戦前日本を暗い印象を与える悪者扱いだけど
本当に怖かったのは官憲そのものよりも「世間の目」という典型みたいだな。
しかもこっちは「お上」をスケープゴートにして糾弾されてないときてる。

43 :名無し三等兵:04/07/14 19:08 ID:???
>>39
何百万じゃなくて一億人くらいだろ

44 :名無し三等兵:04/07/15 00:59 ID:???
ドイツ以外の欧州諸国もユダヤ弾圧してたじゃないか

45 :名無し三等兵:04/07/18 07:24 ID:???
内務省を設立する前に、防衛庁を防衛省に格上すべきだろう。

46 :名無し三等兵:04/07/18 07:29 ID:???
宮内省もよろしく

47 :名無し三等兵:04/07/18 08:11 ID:???
内務省復活は勿論のこと、それに加えて既存の公安外事課や
公安調査庁も統合し、防諜・国内治安+海外諜報工作
を一括して行ういわば日本版KGBを作ればいい。
初代長官は佐々氏あたりで。



48 :名無し三等兵:04/07/18 08:12 ID:???
>>46
なんでやねん

49 :名無し三等兵:04/07/18 08:12 ID:???
憲兵だとか特高だとかを恐れてたのはマルキストのくずどもだ、とは
おん年80の祖母の弁

50 :名無し三等兵:04/07/18 08:16 ID:???
>>49  それはうちの婆さんも言っていた。
  
    普通の人には問題なかった見たいよ、婆さん学習院だから普通じゃ
    無いかもしれんが。

51 :名無し三等兵:04/07/18 08:17 ID:???
戦後のサヨ洗脳教育で「悪名高き治安維持法」などという
プロパガンダが未だにまかり通っているが、国内治安や
スパイ狩りといった防諜のためには必要不可欠な法律で
あったに過ぎない。今の日本にはその手の法律がないゆえに
外国組織のスパイが跳梁する。




52 :名無し三等兵:04/07/18 08:18 ID:???
>>49
実際に正しい認識。昔から極左は市民と乖離。
インテリが極左の迫害をさも国民迫害のように語るから
暗黒の戦前に思えてしまうだけ。
もちろん戦後に比べれば人権の制限はかなり問題だったが。

53 :名無し三等兵:04/07/18 08:22 ID:???
>>51
今こそ特高と憲兵の復活が急務ということだね。

54 :名無し三等兵:04/07/18 08:32 ID:KpTfVliO
海外でも、特高憲兵当たり前でしよう。イギリスのMI5とか、イタリアのカラビー二とかね。

55 :名無し三等兵:04/07/18 08:36 ID:???
日本の場合は英米型警察と大陸型憲兵が競合起こしちゃったからなあ。

56 :名無し三等兵:04/07/18 08:45 ID:???
>>51
治安維持法復活は困る。人民による天皇批判が消滅することは嘆かわしい。
本来、王族・皇族というものは反社会的で存在してはならないものだから
それを擁護するような法律は時代遅れというほか無い。

57 :名無し三等兵:04/07/18 08:47 ID:???
治安維持法復活は困る。眞子様にハァハァ(*´Д`) が消滅することは嘆かわしい。

58 :名無し三等兵:04/07/18 08:47 ID:???
治安維持法は東条の政敵逮捕にも悪用されなかったかな?
吉田しゲルとかはそうじゃなかったっけ?

59 :名無し三等兵:04/07/18 08:55 ID:???
公明党の最終的目的は「池田特高」の創設だな。

危ない、危ない・・・




60 :日本史スレも人気無し:04/07/18 11:22 ID:???
☆★☆内務省☆★☆
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/history/1078574873/


61 :名無し三等兵:04/07/18 11:53 ID:thDdpL+3
創価学会は邪教でしょう。公明党は池田特高をマジで作るかも。政教分離の原則を無視してるに近い。マジで特高を復活させた方が良い。但、戦前ほど遣り過ぎない程度に

62 :名無し三等兵:04/07/18 12:03 ID:???
>王族・皇族というものは反社会的

解りませんが。

63 :名無し三等兵:04/07/18 12:09 ID:???
だって自然人としての人権がないんでしょ。あり得ないね。
一国民として地位を廃止するかひと思いに命を絶やさせるべき。

64 :名無し三等兵:04/07/18 12:14 ID:???
警視庁特別高等警察局:国内政治思想警察
防衛庁憲兵隊:国内防諜
外務省工作科:海外非合法工作

65 :名無し三等兵:04/07/18 18:01 ID:???
>>63
> 一国民として地位を廃止するかひと思いに命を絶やさせるべき。
人権を謳いながら、人命を無視する偽善者がいるスレはここですか?

66 :名無し三等兵:04/07/18 19:59 ID:???
俺ならこうする。
国内政治思想警察→国家公安委員会直属特別執行部、通称「特公」
国内防諜→警察庁警備局外事情報部防諜課
海外非合法工作→外務省情報総局

67 :名無し三等兵:04/07/18 20:06 ID:???
ばーか、公僕になんか軍事機密握らしてたまるか、死ね

68 :名無し三等兵:04/07/18 20:54 ID:???
>>67
は、はぁ???
じゃあ防秘を知っているのは民間人だけなの?

69 :名無し三等兵:04/07/18 21:51 ID:???
昔、赤。 今、層化。

70 :名無し三等兵:04/07/18 22:15 ID:???
少なくとも外務省なんかに工作部隊持たれたら、自分たちの利益のための
国内工作をされそうだ・・・

71 :名無し三等兵:04/07/18 23:37 ID:???
外務省は特高と憲兵でミッチリ監視するですよ

72 :名無し三等兵:04/07/19 09:16 ID:???
害務官僚相手に「取調べ中の事故」を連発してもらいたい。

73 :名無し三等兵:04/07/19 09:38 ID:???
>72
まずは、貴様からだ。
恐れ多くも天皇陛下の臣僚を・・・・

74 :名無し三等兵:04/07/19 10:19 ID:???
>>71は国家機密漏洩罪で外務省情報総局に
国家公安委員会直属特別執行部に>>72は連れ去られそのまま帰って来ませんでした。
密告したのは漏れ

75 :名無し三等兵:04/07/20 00:12 ID:PV2p3Um3
内務省 特別高等警察 

って語感になんかソ連KGBに似た恐さがあっていいな

76 :名無し三等兵:04/07/20 00:33 ID:???
外務省 特別高等課

マキコはただ死んで終わるものではない

77 :名無し三等兵:04/07/20 00:37 ID:???
思想警察って、高等警察と呼ばれたところなのかな?

確か、内務省警保局では、

高等課=思想警察
保安課=特別高等警察
図書課=検閲

という部門があったんだよね。

78 :名無し三等兵:04/07/20 00:51 ID:???
最早、幻想でしかない「共産主義者」に怯えている奴がいるな。
戦後の左翼洗脳教育なんて自虐的な思考停止でしかないと思うが。
ま、考えなくていいのはラクだよな。ねえ、51さん。

>52
左翼運動と大衆(この言葉嫌だね)が乖離していたなんてことは無い。
戦前の一時期、世相は左翼思想にとって追い風だったんだよ。親近感を
持って左翼思想を眺めていたのは、別にインテリだけではない。市民間
に浸透していた左翼勢力に恐怖を感じていたからこそ、体制側は左翼の
抑圧に頑張っていたんだから。
しかし、どう強弁しても戦前は暗黒時代だろ? 人権の制限は言わずも
がなだけど、大臣や資本家がしょっちゅう暗殺されているような国がマ
トモかね? 歳出に占める直接軍事費の比重が、もっとも低い時でさえ
30%なんて国家は、果たして普通なのかな? 


79 :名無し三等兵:04/07/20 01:19 ID:???
似非インテリは往々にして自らの主義主張が絶対多数派である、あるべきという傲慢な思い込みにとらわれるもの。



80 :名無し三等兵:04/07/20 01:31 ID:???
>>78
皆が目と耳を閉じ口を噤んだ時代だった、まさに暗黒であると印象づける人が後を絶たないから
そこに異議を唱えたいだけであって。

81 :名無し三等兵:04/07/20 01:34 ID:???
>>78
庶民に共産主義が浸透とは奇異なことを仰るものだ。
共産主義に対する反発が如何に根強いものであったかは高齢者に少しばかりリサーチすればわかること。
まぁ「市民」の方々は特殊な見解をお持ちのようだし、自らの特殊性も認識しておられないようだが。

82 :名無し三等兵:04/07/20 01:39 ID:???
ただ当時は右翼も左翼も共産主義者でそれは確か。
日本の南下はコミンテルンの操作があったと言われるぐらいだ。

83 :名無し三等兵:04/07/20 01:49 ID:???
本当に大衆に共産主義が浸透していれば
労農派のいわゆる無産政党はもっと支持を得ているはずだが
実際は衆院1議席ほどではなかったかな?
自由主義&保守主義&少数の社会主義改革派で議会の大勢。

84 :78だが:04/07/20 01:50 ID:???
>81
共産主義が市民に浸透とは言ってないよ。
当時の体制にとっての左翼勢力全般ってコトでヨロシク。
左翼=共産主義者ではないよ。中学校以前の常識でしょ。
言わせんなよ、そんなこと。


85 :名無し三等兵:04/07/20 01:54 ID:???
戦前でも自由と民主主義は常識であると言うことは
弾圧されるような極左でなくても当たり前に語られていることだった。

86 :名無し三等兵:04/07/20 02:00 ID:???
庶民感覚からの乖離こそ、彼等が歴史の本道を歩むことを許されなかった最大の理由。
暴力革命、富裕層の大量粛清など国民の大多数にとって嫌悪の対象でしかなかった。

87 :78だが:04/07/20 02:02 ID:???
>83
労農系の議員連中は犬猿の仲で互いの足を引っ張りあってたから
ねえ、アホでしたな。
ちなみに、「貧因により生活のため公私の援助を受け、または援
助を受ける者」には選挙権が与えられていなかったんだよ。

88 :名無し三等兵:04/07/20 02:04 ID:???
>>81
天皇を頂点とする社会主義体制を純粋な左翼思想と定義できるのか?

89 :名無し三等兵:04/07/20 02:10 ID:???
組合活動が必ずしも労働者に広く受け入れられていたとは言えない。長らく白眼視された事実はある。

90 :78だが:04/07/20 02:12 ID:???
なんか、アツくなってきたな。

>86
庶民感覚か、面白いコト言うね。
以下のデータなんか見ると庶民感覚が少しはわかるかもよ。
当時の役人がリサーチした個人所得の階級別分布ってのが
あるんだが、その最下層の人口比重は1920〜1925
年で72%から77%。7割以上の人間が最下層の生活を
していた事になる。

91 :名無し三等兵:04/07/20 02:17 ID:???
>>88
当時の諸外国からもナショナル・コミュニズムではないかと
独伊ファシズムとは異様視されていたね。

92 :名無し三等兵:04/07/20 02:19 ID:???
民政党と政友会の保有議席を見ても左翼思想が追い風たり得ていたかどうか?
社大党の躍進のことを言っているの?

93 :78だが:04/07/20 02:20 ID:???
>89
うん、その通り。
しかし、労働運動が大正期に盛り上がったのも事実だ。
手元にある資料によると、
1927年の労働争議件数は1202件。
1931年には2456件にも増えている。


94 :78だが:04/07/20 02:30 ID:???
>92
保有議席では労農系の大敗だよね。
でも、それは先述したように選挙権の制限が大きかったと
思う。一回目の普通選挙なんて、労農系の議員は8人しか
当選しなかったわけだし。
世相では左翼思想に追い風が吹いていたと思うよ。プロレ
タリア文学が一般誌(読者はインテリだけじゃない)で絶
賛されたり、煙突男なんてのが現れたり、「大学は出たけ
れど」なんて言葉が流行語になったりね。


95 :78だが:04/07/20 02:43 ID:???
連投カキコですまん。最後に一言。

>86
歴史の本道を歩めなかったのは、一貫して極右勢力。


96 :名無し三等兵:04/07/20 02:50 ID:???
左翼「思想」というところが曲者
不公平感の発露がそのまま左翼思想の浸透だとは断定しがたい

97 :名無し三等兵:04/07/20 03:00 ID:???
おまえら!!!
特高の話はしないんですか。


98 :名無し三等兵:04/07/20 08:23 ID:N2+h0N1/
特高が社民党本部に突入、連行される福島タン
ハアハア


99 :名無し三等兵:04/07/20 09:51 ID:???
今でも極左は引っ張られているよね。
それでも暗黒を感じないのは歴史の捏造と違って
今私たちが生きていて実感しているから。

100 :名無し三等兵:04/07/20 11:00 ID:???
教科書史観は負け犬サヨクのファンタジーに過ぎない

101 :78:04/07/20 12:47 ID:???
>100
それを言うなら、右翼の連中に広く膾炙する、
「強い(フツーの)日本」という国家イメージも幻想の産物。
マッチョな国家に癒されたい人間のなんと多いことか。

左翼が負け犬だってのは同意。
学問的には完全に決着のついた問題においてすら、右翼勢力を
言い負かす事ができないなんて、情けないねえ。未来は無いな。

あ、それと、「教科書史観」なんて言葉を力んで使わないでね。
こっちが恥ずかしくなるから。


102 :名無し三等兵:04/07/20 20:12 ID:YPXN12S2
>>78
表向きは『最早、幻想でしかない「共産主義者」に怯えている奴がいるな。』とか言っとき
ながら、裏ではいまだに政府や自衛隊に対してスパイまがいの事をやってる。
警戒するのは当然。

103 :名無し三等兵:04/07/20 20:45 ID:JWXCExxB
ということは、政府や自衛隊の情報を知りたがる軍事板の一定層は「共産主義者」であり、誰か分からないけど警戒されるってことかな?

104 :名無し三等兵:04/07/20 20:58 ID:v9pdnBgK
ttp://www.aoisenbei.com/shop/stoty3.html

こんなのあるけど。
こんな理由でいきなり警察にひっぱられたらかなわんな。

105 :名無し三等兵:04/07/20 21:01 ID:???
共産主義者じゃなくても、むやみらたらと知りたがるやつは怪しがられるのでは?
実際、思想的にノーマルだけど、あまりにも頻繁に米軍ウォッチしていて、MPに
目をつけられた奴もいるらしいし。

106 :名無し三等兵:04/07/20 21:01 ID:JWXCExxB
>104
 んー、名器だ。もとい、名機…でなくって。
 かなわんねえ。

 現在の右翼は、皇室右翼よりもネオコン右翼が主流だから大丈夫かな。
 …という問題でもないなあ。

107 :名無し三等兵:04/07/20 23:20 ID:rFrce0sa
>>102
スパイ「まがい」ってよりもスパイそのものだな、省庁に隠れ党員送り込んだり。

108 :名無し三等兵:04/07/21 00:38 ID:g/ZPgHAw
FBIのフーバーとかヒムラー、ベリアのような怪物みたいな警察官僚
が日本にいないのが不思議だったんだけど、どうやら存在したらしい。
安部源基っていう内務官僚で大正末期に弱冠30歳で
特高の全国配置の全権責任者になった後、43才の若さで警視総監に就任、
終戦時に内務大臣だった。
昭和初期には安部源基と部下の内務省警保局長の松本学は左翼・右翼の過激派を
わずか数年で壊滅させた。(SSでいうヒムラー、ハイドリヒみたいな関係)
敗戦時はA級戦犯になり戦後は公職に就けず右翼運動に参加し、1989年に
95才で死去。冒頭に上げた連中は自殺、処刑など悲惨な最後だったが
この人は長命だった。(福本伸行の「アカギ」にでてくる鷲巣のモデルっぽい)


109 :名無し三等兵:04/07/21 01:26 ID:6C+i/Ctd
>>108

日本の場合、「転向」させれば、娑婆に戻れたんだからえらい恩情主義だった。
実際の所、個人の内面に干渉せず、「転向」の声明さえ吐かせれば、それで終わり。
日本の特高のやったことは残虐でもなんでもない。ただの穏健な治安活動。

110 :名無し三等兵:04/07/21 01:47 ID:???
な、なんか>>99タソの発言が感動的なんですが

111 :名無し三等兵:04/07/21 02:03 ID:6C+i/Ctd
治安維持法と特高を特別視するのは間違っている。

大戦後ながいあいだフランスでは令状も無く市民が警察に拘引されて拷問を
受けることが恒常化していた。少なくとも、欧米の当時の治安体制の状況を
知り、比較の上で議論するしか無い。

現代日本と過去の日本を恣意的に比べて断罪しても、得るものは少ない。

112 :名無し三等兵:04/07/21 02:15 ID:F39qgVi5
>>111
で、どこからコピペしたの?

113 :名無し三等兵:04/07/21 02:48 ID:???
>>87
その選挙権制度が現在復活すれば
某党の得票数は1/20以下になったりして。

114 :名無し三等兵:04/07/21 13:34 ID:???
今は特高より東京都に外国人だけを取り締まる警察機構を
作ってホスィ

115 :名無し三等兵:04/07/21 13:41 ID:???
不良外国人の取締りしろ。
不良行為を発見した場合有無を言わさず強制退去
微罪でも触法したら射殺
凶悪犯罪者は有無を言わさず射殺する警察機構を作ろう
こうすれば、恐れて、キチガイ人どもは入国しなくなる。

116 :名無し三等兵:04/07/21 22:20 ID:NlslvUOR
>>115 八割はチョンとチュンになりそうな悪寒…

117 :名無し三等兵:04/07/21 22:28 ID:RKDZb85Y
>>114
名前は京職ですか、検非違使ですか。

118 :名無し三等兵:04/07/21 22:46 ID:???
天誅警察がいいね。

119 :名無し三等兵:04/07/21 22:46 ID:???
>>117
首都警です

120 :名無し三等兵:04/07/22 00:58 ID:O0R1xCzG
どうせなら警察と自衛隊を統合させて警察自衛隊にしちゃえば?
階級が三等警尉とか二等警佐ってなるかも

121 :名無し三等兵:04/07/22 03:18 ID:???
今出来たら2ちゃんねら〜は逮捕されるな

122 :名無し三等兵:04/07/22 05:43 ID:???
>>121
罪状は?

123 :名無し三等兵:04/07/22 09:38 ID:???
>>110
当時は極左だけじゃなく、後ろ盾ナシに文句言う香具師が片っ端からしょっぴかれたからこそ「暗黒」
別に極左じゃない軍や官僚でも、主流派から弾かれた者は特高に目を付けられてさんざんな目にあってる。
当人達が戦後復職して言ってる事だ。
当時生きてた本人たちが、「特高は東條警察」と揶揄したのは捏造でもなんでもない。


124 :停止しました。。。:停止
真・スレッドストッパー。。。( ̄ー ̄)ニヤリッ

24 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)