2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

97式戦闘機について語るスレ

1 :名無し三等兵:04/06/28 19:05 ID:NbR3v2VH
名機である。語ろう。

2 :名無し因果応報 ◆4dGOthLouM :04/06/28 19:06 ID:???
一等自営業阻止!!

3 :名無し三等兵:04/06/28 19:12 ID:???
3ゲッツしてたら処女贈呈

4 :名無し三等兵:04/06/28 19:14 ID:???
>>3
(゚听)イラネ

5 :名無し三等兵:04/06/28 19:17 ID:???
>>4
(゚听)イラネ


6 :名無し三等兵:04/06/28 19:18 ID:???
>>6
(゚听)イラネ

7 :名無し三等兵:04/06/28 19:19 ID:???
>>7
(゚听)イラネ

8 :名無し三等兵:04/06/28 19:20 ID:???
>>12
(゚听)イラネ

9 :名無し三等兵:04/06/28 19:23 ID:???
終了

10 :名無し三等兵:04/06/28 20:49 ID:NbR3v2VH
あげ

11 :名無し因果応報 ◆4dGOthLouM :04/06/28 20:50 ID:???
ふふふ、このスレの勝者は私だ!!














いや、97戦語ろうぜ。格闘戦最強ハァハァ(;´Д`)とか

12 :名無し三等兵:04/06/28 21:02 ID:???
坂井も愛した戦闘機〜♪

13 :名無し三等兵:04/06/28 21:07 ID:???
>>12
そんな事実あるの? ソースは?

まあ、同時代の欧米機や97式艦攻が引き込み脚採用しているのを見ると、
時代遅れの感は否めませんね。

旋回性能に限っては相当高かったようですが、その結果隼の採用を
遅らせてしまうという結果に・・・
でも、隼の件で陸軍が反省したお陰で、その後の新型機開発がハイペース
にいった訳で。
海軍の場合、96式より旋回性能が落ちるのは承知で零戦を採用した
はずなのに、烈風に零戦並みの旋回性能を要求して、開発を大幅に遅延
させてしまった。

14 :名無し三等兵:04/06/28 21:30 ID:???
>>13
96式と間違えた

15 :名無し三等兵:04/06/28 21:41 ID:4aKi9AI3
97式戦闘機はノモンハンの時ミグと互角以上に渡り合えたらしい。
しかも当時50キロ爆弾も積めたそうで、これで対戦車爆撃を行えば効果も上がっただろうと設計者の糸川秀夫博士も悔しがっていたとか。

16 :名無し三等兵:04/06/28 22:08 ID:???
>>15
(゚听)イラネ

17 :名無し三等兵:04/06/28 22:09 ID:Q2ivEfuz
>>13
不整地の滑走路では丈夫な97戦の主脚は、前線のパイロット達から
多いに指示されてるぞ!
あの時代の軍部の後方支援の軽視から考えると97戦を運用には
妥当な線じゃないか?


18 :名無し三等兵:04/06/28 22:12 ID:???
>>17
軟弱地での不時着ではひっくり返る事も多かったがね。


19 :名無し三等兵:04/06/28 22:49 ID:RqWXWii7
同世代のハリケーンに歯が立たないことはマレーで証明済み

20 :名無し三等兵:04/06/28 22:51 ID:???
カーチス「P-36」の前には97戦などカモ同然

21 :名無し三等兵:04/06/28 22:52 ID:???
それでも負けるフルマー バッファロー 

簡単に火を噴く初期のPBY

22 :名無し三等兵:04/06/28 22:56 ID:RqWXWii7
フルマーとバファローが97戦にぼこられた記録はない。

23 :名無し三等兵:04/06/28 23:07 ID:???
97戦とバッファローでどっちかに乗って戦えと言われたらなら俺は後者を選ぶね。


24 :名無し三等兵:04/06/29 00:18 ID:???
>>19
まあ、ハリケーンも、鋼管布張で、時代遅れの機体だったんだが。

>>23
フィンランドではWW2後期においても、ソ連の新型機と互角に戦った
機体だからねえ。

25 :名無し三等兵:04/06/29 00:55 ID:???
>>23
とりあえず零戦に出会ったら困るから97戦のほうがいい

26 :名無し三等兵:04/06/29 04:25 ID:???
フィンランドに送ってやったら良かったのに。

27 :名無し三等兵:04/06/29 09:15 ID:???
練習機や特攻機にするからだめです

28 :名無し三等兵:04/06/29 12:20 ID:???
>>24
空母運用の為の余計な装備をはずしてかなり身軽になってたんじゃ?

29 :名無し三等兵:04/06/29 13:44 ID:???
九七式戦が配備され始めた1937年末頃に実戦配備されていた最新戦闘機は、

日本海軍:九六式二号艦戦
米陸軍:P-35
米海軍:F3F
英空軍:ハリケーンMk.I(羽布張り主翼型)
独空軍:Bf109B
ソ連空軍:I-16

と言った面子。これらの中で九七式戦は間違いなくトップクラスの高性能機で、速度性能
でも確実に九七式戦よりも高速だったのは、いち早く一千馬力級エンジンを装備していた
ハリケーンぐらいのもの。そして巴戦で九七式戦に勝る機体がないのは言うまでもない。

30 :名無し三等兵:04/06/29 13:48 ID:???
>>29
ノモンハンで九七式はI-16にほとんど虐殺されていて…鬱


31 :名無し三等兵:04/06/29 14:18 ID:???
>>30
末期は大分苦戦したそうだが、虐殺っつーことはない

32 :名無し三等兵:04/06/29 14:22 ID:???
>>30
虐殺っていうのは

零戦に絡まれたバファローや豪州空軍のスピットとか
日本の戦闘機に出会ったI-15とか
F6Fに会敵した特攻機とか
P-51Dに襲われた隼とか

そういう絶望的に悲惨な例を指す

33 :名無し三等兵:04/06/29 14:31 ID:???
1938年後半から39年初めになると、スピットファイアMk.I、P-36A、Bf109E-1といった機体
の配備が始まって、九七戦は一気に一世代前の戦闘機というイメージが漂ってくる。
九七戦が登場した時代は世界的に戦闘機の世代交代が激しい時期だったわけだが、九七戦が
トップに立っていられたのは、配備開始から一年にも満たない短期間でしかなかったのだ。

34 :名無し三等兵:04/06/29 14:47 ID:???
97式戦を引き込み脚にしてエンジンをちょこっと変えて武装を少し強化すればわざわざ隼なんて作らなくてもよかったのでは?


35 :名無し三等兵:04/06/29 14:57 ID:WyscgJLf
>>34
それが隼なんですが・・・

36 :名無し三等兵:04/06/29 15:12 ID:???
97式戦闘機の好敵手はフォッカーD21だ。
どちらも密閉風防に固定脚の低翼単葉戦闘機で、速度や上昇力などの性能はほぼ同等。
格闘性能も単機巴戦を好んだフィンランド空軍での実績からして拮抗していたのでは。

37 :名無し三等兵:04/06/29 15:32 ID:???
>>35
武装は強化して無い罠。
むしろ二式単戦では?

38 :名無し三等兵:04/06/29 17:08 ID:???
ぬるぽ〜〜


39 :名無し三等兵:04/06/29 17:15 ID:???
97戦には陸軍搭乗員を魅了する魔力のようなものがあった

機敏軽快にして安定性も備えた操縦性
「空の狙撃兵」との異名をとるほどの射撃時の安定性 命中率の良さ
機能的で簡潔 丁度いい広さに密閉風防を備えた操縦席
荒地で運用してもびくともしない頑丈な脚
整備性も良く信頼性抜群のエンジン

その魔力がのちに隼を苦しめるんだけどね

40 :名無し三等兵:04/06/29 17:36 ID:WyscgJLf
>>37
むしろ、5式戦では・・・

41 :名無し三等兵:04/06/29 17:48 ID:???
>>38
ガッ

42 :名無し三等兵:04/06/29 18:34 ID:???
97戦は日本陸軍が軽戦だの重戦だの言い出す前の機体で速度も運動性も世界トップクラス
であることが求められ、それが可能であった幸せな時代の最後の戦闘機だったと言える。
日本陸軍の95戦は世界最速クラスの複葉戦闘機であり、97戦はそれを凌ぐ速度を出す為に
単葉となった。と同時に複葉機に匹敵する旋回性能を備える為に徹底的に軽量化された。
95戦を生み出した川崎はより速度を追求する方向を目指し、運動性は速度を利した機動で
の解決を提示したが陸軍の理解を得られなかった。旋回に固執する軽戦思想の萌芽である。

43 :名無し三等兵:04/06/29 19:44 ID:GzI0P5t6
定速三枚ペラにしたらもっと性能いい予感

44 :名無し三等兵:04/06/29 23:38 ID:???
九七戦の生産型は甲・乙の二タイプがあったが、後部キャノピーの差程度で実質一形式だった。
九七戦は生産に入った時点で開発され尽くされた完成品で、どこもいじり様のない機体だった。
その完成度はやや先行した九六艦戦が一号から四号まで混迷したエンジン選定に伴って試行錯誤
したのと比較すると際立ってくる。

45 :名無し三等兵:04/06/30 11:29 ID:???
>>44
96艦戦のエンジン巡礼・・だね。
理解に苦しむのは両方とも同規模の機体なのに、なんで片方は良くて片方がダメかなんだが。


46 :名無し三等兵:04/06/30 11:51 ID:???
>>43
いや、プロペラでもっとも効率がいいのは2枚羽根なんだよ
羽根を増やせば増やすほど、流入空気をふさぐ金属板面積が大きくなるから損
それでも枚数を増やすのは、直径が制限されるから仕方無く、なのだよ

47 :名無し三等兵:04/07/03 16:23 ID:???
保守

48 :名無し三等兵:04/07/04 00:36 ID:???
>>45さん
96艦戦と97戦のエンジン房内部の設計の差ではないでしょうか。中島ではPAからPEに至るまで豊富な実験によるノウハウを活かしたエンジン儀装をしていたのではないでしょうか。
9試単線のカウルがタウネンドリングであるのに対し、PA実験機では既にNACAカウリングです。ここら辺りの経験の差がエンジンへの負担の大小として露呈したのではないかと推測するのですが。

49 :名無し三等兵:04/07/04 11:45 ID:???
>>48
残念ながら九六艦戦のエンジン巡礼は「エンジン房内部の設計」とかは無関係
純粋にエンジン側の問題ばっかだわな
世傑に詳しく載ってるから読んでみ


50 :名無し三等兵:04/07/08 11:50 ID:rIyoyqM0
>>45
同規模であって同時期ではない。

96艦戦で基礎を築いて
97戦で発展
零戦でさらに発展
疾風で終了

51 :名無し三等兵:04/07/08 19:36 ID:???
>>30
虐殺っていうのは

雷電に絡まれたバファローや豪州空軍のスピットとか
FW190D9に出会ったB17とか
F8Fに会敵した紫電21型とか
ナチスのUFOに襲われたB29エノラゲイ号とか

そういう絶望的に悲惨な例を指す




52 :名無し三等兵:04/07/08 19:37 ID:???
ki28のが好き。


53 :名無し三等兵:04/07/08 21:33 ID:???

この場の皆が言わないようだから、あえて言おう。

 九 七 戦 は 九 六 艦 戦 の パ ク リ

54 :名無し三等兵:04/07/08 21:42 ID:???
まあ、発展性皆無で部隊配備後あっと言う間に旧式化したのも事実だがな。


55 :名無し三等兵:04/07/08 21:53 ID:???
>>53
構造が違いすぎるぞw

97戦と競争試作したメーカーのうち、三菱は96艦戦を密閉風防化したものを出したが
陸軍搭乗員の好みに合わず、かつ97戦より若干劣り気味だったため不採用

56 :名無し三等兵:04/07/08 22:22 ID:???
「まったく九七戦はよく回る ・ ・ ・ 墜としも墜とされもしない」

57 :名無し三等兵:04/07/08 22:36 ID:???
CR42のがよく回る

58 :名無し三等兵:04/07/08 23:40 ID:???
>>12
坂井は坂井でも、坂井庵

59 :名無し三等兵:04/07/08 23:41 ID:???
>>56
元ネタが瞬間的に絵付きで分かるってのもなんかなあ・・・

60 :名無し三等兵:04/07/09 00:02 ID:???
>>29
97戦と同時代は、Bf109E、スピットファイアMkTですよ。
初飛行は、固定脚の97戦よりもBf109やスピットの方が先。
(初飛行)
Bf109   1935年5月28日
スピット  1936年3月5日
97戦   1936年5月28日

61 :60:04/07/09 00:05 ID:???
訂正
97戦  1936年10月

62 :名無し三等兵:04/07/09 00:37 ID:???
>>60-61
>>29には97戦の配備が始まった時点で実戦配備されていた最新鋭機とあるが?

63 :名無し三等兵:04/07/09 00:52 ID:???
97戦(キ−27)と競争試作した3機の中に
川崎キ−28なる、メッサーと性質の似た高馬力重戦闘機があった
800馬力液冷エンジン搭載 速力 上昇力は3機の中で随一であったが
やはり旋回性能が他2機に劣っていたのと(それでも当時の外国製低翼単葉より遥かによい)
お決まりの液冷エンジンの不調 整備難が祟って不採用となってしまった

64 :名無し三等兵:04/07/09 02:11 ID:???
>>60
生産型が部隊配備され始めた時期

97戦:1937年12月
ハリケーンMk.I:1937年12月
スピットファイアMk.I:1938年8月
Bf109E-1:1939年1月


65 :名無し三等兵:04/07/09 11:26 ID:???
>>51
おいおい、ノモンハンで戦った飛行隊中隊長の涙溢れる回想録を読んだことがないのか
連日の戦闘で疲労困憊した部下がみるみる戦死していっていて、あれが「絶望的に悲惨
な例」でなくて何だというのか

66 :名無し三等兵:04/07/09 14:40 ID:???
>>65
だからね
そんなレベルじゃ>>30のような虐殺とは呼べんでしょ
疲労困憊でも曲がりなりにも太刀打ちできたんだから

67 :名無し三等兵:04/07/09 18:05 ID:???
P-51とB-17の大編隊に突撃するMe262とかは?

68 :名無し因果応報 ◆4dGOthLouM :04/07/09 20:58 ID:???
あれは孤軍奮闘。

虐殺というなら、昼間にBf110だのJu88でP-51が護衛する中につっこめとかね

69 :名無し三等兵:04/07/10 00:11 ID:???
97戦か………96戦とこいつは曲乗りにはいい飛行機だ。世界最高だ。

70 :名無し三等兵:04/07/10 00:58 ID:???
もし97戦がスポーツ機かなにかで市場にあるとしたら結構売れると思う。
乗りやすいらしいし、整備楽らしいし。
てか、練習機として売っていればテキサンみたいな存在になっていたかも。
まあ、当時の日本の対外事情がそれを許さないのは百も承知ではあるが。

71 :名無し三等兵:04/07/10 10:45 ID:???
>>66
後半戦じゃ「太刀打ち」できてないってば
あまり一方的に落とされるんで仕方なく飛行隊を後方にサゲちゃったんだぞ


72 :名無し三等兵:04/07/10 15:03 ID:???
>>70
練習機を勘違いするなよ。

73 :名無し三等兵:04/07/10 19:19 ID:???
>>71
ソース

74 :名無し三等兵:04/07/11 00:17 ID:???
>>70
練習機って・・・主力戦闘機を練習機で輸出する国が何処にあるか?
まあ、2式高練として採用される頃には戦争真っ最中だしね。

75 :名無し三等兵:04/07/11 02:29 ID:???
当時の日本のエンジンは、今から見るとオイル漏れ欠陥品なわけで、そんな
エンジンがのってるものをスポーツ機などとしてつかえるものだろうか...

76 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:04/07/11 11:06 ID:???
>>73
ノモンハンについて書かれた戦史をみろ

って、おまえ、全然読んでないだろw

77 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:04/07/11 11:32 ID:???
>>76
ソース

78 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:04/07/11 11:42 ID:???
ノモンハンの後半戦で97戦が「虐殺」状態だったのかは疑問だが、ソ連が様々な改善により
有利な戦いをしたのは確かだろう。スペイン戦争のベテラン搭乗員の投入とスペインの戦訓
を入れて防弾装備を追加したI-16でその特性を生かした戦い方をした。さらに数で圧倒する
ことも加わって、日本陸軍戦闘機隊は貴重なベテランや指揮官クラスの搭乗員を多数失った。

79 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:04/07/11 12:30 ID:???
>>77
朝日新聞から古典的著書「ノモンハン」が文庫になってるから
せめてそれぐらいは読んでおけ


80 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:04/07/11 12:37 ID:???
70機を揃えて出撃したら

数百機が出迎えたとか


これは虐殺つーか、典型的な物量だァな


81 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:04/07/11 12:49 ID:???
ソ連側資料では「日本機数十機の迎撃にわが方10機が上がり、圧倒的な不利を克服して
云々」なんて書いてあるそうな


82 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:04/07/11 14:23 ID:???
>>79
>朝日新聞から
>朝日新聞から
>朝日新聞から
>朝日新聞から
>朝日新聞から
>朝日新聞から
>朝日新聞から
>朝日新聞から
>朝日新聞から
>朝日新聞から
>朝日新聞から




83 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:04/07/11 14:33 ID:???
>>82
おまいのアタマの程度がわかるゾw


84 :名無し三等兵:04/07/11 20:58 ID:???
朝日文庫だろ! 朝日文庫だろ! 朝日文庫だろ! 朝日文庫だろ! 朝日文庫だろ! 朝日文庫だろ! 朝日文庫だろ! 朝日文庫だろ! 朝日文庫だろ! 朝日文庫だろ! 


85 :ここでお知らせ:04/07/12 11:46 ID:???
朝日文庫は朝日新聞(社)出版局から刊行発売されています

86 :ここでご注意:04/07/12 11:47 ID:???
なお、朝日ソノラマ文庫と朝日新聞は無関係です

87 :名無し三等兵:04/07/12 18:59 ID:???
朝日ソノラマ社は、その昔、朝日新聞がソノシート事業のために作った会社だ。

88 :名無し三等兵:04/07/12 21:10 ID:???
>87をみて、朝日ソノラマのページを見たら、会社概要のページに↓のような事が
書いてありましたね。知らなかった…。


ttp://www.asahisonorama.co.jp/company.html
1959年に朝日新聞社の系列会社として設立。(当初は「朝日ソノプレス社」の社名で、
66年に現社名「朝日ソノラマ」に改名)フランスで開発された“ソノシート”に出版
物を組み合わせたわが国初めての“音の出る雑誌”『月刊朝日ソノラマ』を同年12月
に創刊。レコードに代わるニューメディアとして世間の脚光を浴びる。
(後略)

 今資本関係がどうなっているのかはわからないけど、朝日新聞のページにはグルー
プ企業となっているんで、「無関係」ではないみたいですね…。

89 :名無し三等兵:04/07/13 03:24 ID:???
版元が朝日やそれに関係のある所だとイカンのか?

90 :名無し三等兵:04/07/14 12:02 ID:???
捏造とか信憑性の問題があるだろ。

91 :名無し三等兵:04/07/14 12:17 ID:???
クックスもカナーリいかげんなこと書いてるのは事実


92 :名無し三等兵:04/07/14 12:20 ID:???
でもって、朝日ソノラマってとっくに潰れていると思ってたオレ

93 :名無し三等兵:04/07/14 15:24 ID:???
>>90
朝日だと信用しないが、サンケイだと無条件で信用する口か?

94 :名無し因果応報 ◆4dGOthLouM :04/07/14 21:37 ID:???
朝日ソノラマは安価に手に入る資料の宝庫だぞ……

95 :名無し三等兵:04/07/17 16:19 ID:???
嫌朝日厨にかかれば朝日ソノラマ文庫も捏造の産物…

96 :名無し三等兵:04/07/17 16:24 ID:???
>>95
ageるのやめない?
夏厨の爆撃くらいそうで嫌なのだが。

97 :名無し三等兵:04/07/17 16:26 ID:???
97式ゲット

98 :名無し三等兵:04/07/19 08:19 ID:???
航空戦史と新戦史の両シリーズで199冊出てるはず。
「ロケットファイター」と「超・空の要塞B−29」だけない。
誰か売って下さい。


99 :名無し三等兵:04/07/19 11:24 ID:???
あー、ちょうど手元にあるな
しかし、あの中のクソ航空小説まで集めたとは大した情熱

100 :名無し三等兵:04/07/19 12:23 ID:???
100げっと記念あげ

101 :名無し三等兵:04/07/19 14:33 ID:???
>>99
9割方は古本屋で購入。あちこち回ってえらい苦労した。
「大空のエース」とか「幻の英本土上陸作戦」の小説はそれなりだったよ。
持ってはいないけど、情報戦史シリーズというのも10冊ぐらいあるようだ。

102 :名無し三等兵:04/07/20 12:37 ID:???
ああ、これ↓か。おれは回想記と勘違いして買っちゃった

ソノラマ航空戦史70 大空のエース S・ダンモア ¥8001986.5初版発行

第二次世界大戦時のドイツ戦闘機乗りを描いた空戦小説です。事実の戦記ではありませんが、
リアリティ溢れるなかなか面白い小説に仕上がっています.
バトル・オブ・ブリテンや東部戦線、ドイツ本土防空戦をくぐりぬけたエースパイロットの
視点で、激しい空戦と恋、そして絶望がテーマといえるでしょう。本書はソノラマにしては
珍しく、解説や訳者あとがきのない、淡々と進む小説となっています。
大戦中のヨーロッパの大規模な空戦について、よく既述してあります。なかなか臨場感
溢れて面白いと思いますが、ちょっと主観的な観点からかかれている点が多く、くどいかな?
という印象も受けました。この辺は読み手の感覚かとは思いますが。




103 :名無し三等兵:04/08/04 01:19 ID:???
出現当時は世界最速クラスの高速戦闘機。
ちなみにそれまで陸軍の主力だった95戦も複葉戦闘機では世界最速クラス。

104 :名無し三等兵:04/08/04 02:08 ID:???
>>103
同じ世代のハリケーンやBf109は500キロ台半ば出ますが何か?

105 :名無し三等兵:04/08/04 02:15 ID:???
この子地味に1万mまで上がれるんだよね

106 :名無し三等兵:04/08/04 02:48 ID:???
>>104
>>29を見よ。
羽布張り主翼の初期型ハリケーンMk.Iは500km/hを少々上回り、Bf109B〜Cは470km/h程度。
ハリケーンやBf109の実戦配備機が500km/h半ばの速度性能を獲得するのは1938年末以降で
97戦実戦化から一年ほど後のことだな。

107 :名無し三等兵:04/08/04 21:35 ID:???
>>106
で、97戦実戦化から僅か数年後にその他の機体と97戦の性能差はどうなったのか?

108 :名無し三等兵:04/08/05 10:51 ID:???
>>93
朝日新聞社の報道の信憑性の考察に何故サンケイが出てくるんだ?
典型的な論点のすり替えの作業をするなよ。


109 :名無し三等兵:04/08/05 10:57 ID:???
>>106
逆に見れば僅か1年で旧式化したって事だよ。

110 :名無し三等兵:04/08/05 11:05 ID:???
諸外国の機体が

よく言えば発展性があり

悪く言えば性能的に未完成っだった

ってこと

111 :名無し三等兵:04/08/05 11:54 ID:???
>>110
よく言えば発展性があり イコール 悪く言えば性能的に未完成っだった

とは一概に言えないと思うがね。
逆に完成度が高い故に発展の余地がありエンジンの換装や機体の改良で
性能向上していったと見る事も出来るわけだろう。



112 :名無し三等兵:04/08/05 12:00 ID:???
>>111
おまいも110もバカ
成長余地があるってことと機の完成度とは無関係な評価尺度じゃボケ


113 :名無し三等兵:04/08/05 12:09 ID:???
>108
クックスの「ノモンハン」の評価が何で何時の間にか
>朝日新聞社の報道の信憑性の考察
に成ってるんだ?

114 :名無し三等兵:04/08/05 12:39 ID:???
>>112
つまり>>110の論も破綻しているわけね。

115 :名無し三等兵:04/08/05 12:44 ID:???
当たり前だろーが

116 :名無し三等兵:04/08/05 14:55 ID:???
>>113
レスを全部読み直す&日本語の読解力身につけてから出直せ。

24 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)