2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

日本軍は住民を助けなかったby筑紫哲也

1 :名無し三等兵:04/06/23 23:45 ID:???
他事総論にて
ttp://ahiru2.zive.net/joyful/img/1988.zip


2 :名無し三等兵:04/06/23 23:46 ID:???
筑紫に死を!!!!!

3 :名無し三等兵:04/06/23 23:46 ID:???
自営業に3以下を!

4 :名無し三等兵:04/06/23 23:50 ID:Ii99KSOy
筑紫いつもの脳内ソース妄言。
http://www.google.co.jp/search?q=cache:dd0UNYuMawkJ:www.glocomnet.or.jp/okazaki-inst/hyakuisan60.html+%E6%BA%80%E5%B7%9E%E3%80%80%E9%96%A2%E6%9D%B1%E8%BB%8D%E3%80%80%E9%80%83%E3%81%92%E3%81%9F&hl=ja

5 :ななし:04/06/23 23:51 ID:hMrPqwkv
アホ草!貧乏人の民助けてどうする。
そもそも関東軍の真の目的は、南下するロシアに備えて
配置されていたもの、それを背後からチョッカイ出してきた
シナ畜と戦となり最終的に敗北しただけの事、
貧乏入植者なぞ如何ほどの価値があろうか、
現に軍隊は金持ち政財界要人、裕福な上海進出した民衆は
軍の護衛付きで、本土に移送している。見捨てられた連中は
国家にとって価値なしだっただけ。家の祖父母は護衛機付の飛行機で
帰還したよ、助けなかったわけではない。表現が間違っている

6 :名無し三等兵:04/06/23 23:54 ID:LtF9lfYg
沖縄戦においてのお話です

7 :名無し三等兵:04/06/23 23:57 ID:xOVfCoy3
ttp://www.cc.matsuyama-u.ac.jp/~tamura/kaigunngou.htm
『県民ニ対シ後世特別ノ御高配ヲ賜ランコトヲ』
これを聞くとあながち嘘とも言い切れない・・・

8 :名無し三等兵:04/06/23 23:58 ID:Ii99KSOy
自軍の補給すらままならない状況でどうやって住民を避難させるんだ。
船で本土へとかいいだしかねんな。かのひとは。

9 :名無し三等兵:04/06/24 00:01 ID:???
そもそも、沖縄戦では開戦前に住民を避難させたんじゃないの?
壊走状態に陥った際に兵士による住民あったのだ、という風に理解しているのだが。

10 :名無し三等兵:04/06/24 00:01 ID:pS0W/UMp
軍事力で戦争から国や国民の生命・財産・自由を守る具体的かつ現実的な方法を答えてください。


11 :名無し三等兵:04/06/24 00:02 ID:RPF2L+Yu
そもそも戦った4割がたが沖縄県民出身者だった記憶があるが

12 :名無し三等兵:04/06/24 00:02 ID:0AtXvhvf
軍事力なしで戦争から国や国民の生命・財産・自由を守る具体的かつ現実的な方法を答えてください。


13 :名無し三等兵:04/06/24 00:04 ID:???
軍事力だけで戦争から国や国民の生命・財産・自由を守る具体的かつ現実的な方法を答えてください。

14 :Pz:04/06/24 00:04 ID:PHNkuLGI
疎開も遅れたでしょ、対馬丸事件とかもあって
住民も疎開に消極的だったし
比較的危険の少ない北部への疎開も遅々として進まず(食料の集積状況などから住民も消極的だったらしい)
空襲が始まってからあわてて移動する始末
住民を守る余地のほとんどないのを32軍は自覚してたろう
結果的に住民に犠牲を強いたのを、現地軍だけのせいにするのは酷
まあ、戦後の旧軍全否定の情勢じゃ、声を大にしても無駄だけど

15 :名無し三等兵:04/06/24 00:04 ID:???
運営の介入以外でkoueiからスレを守る具体的かつ現実的な方法を答えてください。

16 :名無し三等兵:04/06/24 00:07 ID:???
あの大学ゼミで唯一九条改正を主張していた青年は立派だね。
周りが自衛隊=旧日本軍の再来と捉え、改憲絶対反対ている中、独りでも冷静に国家
の主権や自衛権についての判断をしていた。
ゼミの先生は難癖つけて論破しようとしていたが、正論で返されて逆に論破されてた。

17 :名無し三等兵:04/06/24 00:07 ID:9HmBMLeI
筑紫自身が、「世の中が一つの考えに縛られるのは良くない」っていってるからなぁ。
いろいろあって良いんじゃない、考え方。
ねぇ、筑紫さん?

18 :名無し三等兵:04/06/24 00:09 ID:???
>13
軍事力だけでという設定がありえない。バカさ加減にも程が(ry

19 :名無し三等兵:04/06/24 00:10 ID:???
琉球大の茶髪の兄ちゃん以外に、憲法真理教に異を唱えてたのは
元自のおっちゃんだけか。映ったの15秒くらいだったけど。

20 :名無し三等兵:04/06/24 00:11 ID:???
やっぱ沖縄の人達は、
旧軍に対して物凄い恨みを
持ってるのかな?(´・ω・`)

その辺どうでしょう?>現在住者or在住経験者

(あと、もし可能なら、沖縄における思想面の右と左の比率も大体でいいので教えていただけるとありがたいです<(__)>)

21 :名無し三等兵:04/06/24 00:12 ID:???
彼にとっての最後の拠り所だからな沖縄は…

22 :Pz:04/06/24 00:13 ID:PHNkuLGI
>>18
ホントだね、軍事は政治の形を変えた延長、って事知らない設定だよな

23 :名無し三等兵:04/06/24 00:15 ID:???
>>20
かつて、元陸軍航空兵の神坂次郎が座長を勤める劇団が、特攻を題材にした劇「今日、我生きてあり」を沖縄各地で上演した。
 どこの町でも連日大入りであった。
 特攻隊こそは、米軍の艦砲射撃を止めてくれる唯一の存在だったからだ。
 それを記憶していた地上戦の生き残りは、楽屋を訪れて礼を述べて行った。
 特攻隊という軍隊は、県民を守ったのであった。
------------------------------------------
こういうお話もあるらしいし。そもそも日本軍の出身者で沖縄出身多いし
戦後教育受けたやつだろ

そもそも日本軍と沖縄人分けて考えるほうが本来おかしい
職業軍人じゃあるまいし

24 :名無し三等兵:04/06/24 00:16 ID:???
まぁ沖縄の防衛に責任持ってたのは帝国だから
沖縄の被害は帝国以外に責める対象はないわなぁ・・・。

25 :Pz:04/06/24 00:21 ID:PHNkuLGI
>>23
沖縄の地上から飛び立った特攻機数機が、兵住民の見てる前で
戦果を上げたことも1度だけあったようだ
無論遠くからの立ち上る煙だからホントに直撃できたかは怪しいけど




26 :名無し三等兵:04/06/24 00:30 ID:???
所詮沖縄は本土決戦の時間稼ぎの捨石。
戦争が続いてりゃ沖縄の運命は後の本土の運命。

27 :名無し三等兵:04/06/24 00:33 ID:???
>26
お前一行目と二行目が繋がってないぞ。

28 :名無し三等兵:04/06/24 00:38 ID:???
本土も捨石になります。国体護持のための。

29 :名無し三等兵:04/06/24 00:43 ID:???
>24
その割にはあいつら支那の犠牲者の数が多い(と彼らは言ってる)
のは支那軍が弱いからって一言も言わないな。

30 :名無し三等兵:04/06/24 00:45 ID:???
ことあるたびに筑紫は唯一の地上戦が起こった沖縄というが

硫黄島は無視なのだろうか?_

31 :名無し三等兵:04/06/24 00:45 ID:???
あ、支那軍が住民を守らなかった。ね。

32 :名無し三等兵:04/06/24 00:51 ID:???
>>30

軍隊に蹂躙される無辜の良民が居ないから無視。

33 :名無し三等兵:04/06/24 00:53 ID:???
>30
硫黄島は筑紫が帝國陸海軍を悪玉にでっち上げるのに必要な住民が
ほとんど避難済みで米軍の戦死、負傷者の方が我が軍(全滅したとはいえ)
を上回るからキャンぺーンに使い難いのだろう。

34 :名無し三等兵:04/06/24 00:55 ID:EQOIQabh
筑紫の普段の論調からすれば、「軍隊は住民を守らなくとも良い」ということだっ
たんじゃないの? 沖縄戦の実相を見れば軍隊が住民を抱え込んで南部の洞窟に
立てこもった場合、もっと住民に被害が出ていただろう。軍はどうすれば良かった
と言うのか? 実際問題、住民は戦闘をやり過して敵の占領下に入るしか手が無い。 
筑紫はタメにする議論で軍を常に悪者にしておこうという魂胆がミエミエだ。

35 :Pz:04/06/24 01:03 ID:PHNkuLGI
人が大勢住んでる沖縄に総攻撃してきた米軍の責任無視するなよ筑紫
どこの軍がどうやっても、民間人大勢死ぬに決まってるよ

36 :名無し三等兵:04/06/24 01:09 ID:???
>>32
>>33
つまり軍隊が住民守ること成功したところは無視か

37 :名無し三等兵:04/06/24 01:15 ID:???
やっぱこの手の人は大戦中の米軍はいいもんで大戦後の米軍はわるもんなんだなあ。
消防なみのメンタルな人でもそれなりの社会的地位が持てる日本社会って
素晴らしいですね。中国人が来たがるはずだこりゃ。

38 :名無し三等兵:04/06/24 01:16 ID:???
>34
恐らく何も考えてないんでしょうな。筑紫だから。

軍ヲタ的に考えれば、南部への移動策を取らず首里で降伏しておれば…というIFが
32軍の行動で住民死者が変化する可能性として考えられるでしょう。
だけどこの32軍の行動は、いわゆる「本土決戦」のさきがけとして考えればごく自然な行動です。
味方の損害を顧みず米軍に少しでも多くの損害を強いることによって、条件講和を引き出すという
末期の日本の行動からすれば、首里降伏案は受け入れられるはずもありません。
そしてその場合に責められるのは軍ではなく、大日本帝国そのものです。
もっといえば、「国家」という枠組みを守るために国民の一部を犠牲にするということ、その事自体を非難するしかなく
そんなこといったら解決策は無政府主義以外まったく存在しなくなります。

39 :名無し三等兵:04/06/24 01:27 ID:???
犠牲になったのが国民の一部でよかったねぇ。
一歩間違えれば国民の大半を犠牲にしかねない状況だったわけだし。

40 :名無し三等兵:04/06/24 01:28 ID:???
>もっといえば、「国家」という枠組みを守るために国民の一部を犠牲にするということ、その事自体を非難するしかなく
>そんなこといったら解決策は無政府主義以外まったく存在しなくなります。

( ゜Д゜)ポカーン
国家のために尽くす存在である官吏と無辜の民衆を同列に扱うのは無理ぽ。
大日本帝国は沖縄に住む臣民の生命を護る義務があり、沖縄戦ではそれを
遂行できなかった。これは政府の責任で、国家そのもののレゾンデートルの否定ではないだろ。


41 :名無し三等兵:04/06/24 01:30 ID:???
いっそのこと本土決戦で筑紫の一族が全滅すればよかったんじゃない。
朝日の本社とかも。

42 :名無し三等兵:04/06/24 01:35 ID:???
>>40
う〜ん、いまの価値規準から言えば、国家の義務だが、当時にそう言えたのかどうか…
それをあえて混同せしめるつもりなら、いいんだが(ヨクネーヨ

43 :名無し三等兵:04/06/24 01:46 ID:???
当時の臣民は天皇陛下の赤子ですぞ。


44 :名無し三等兵:04/06/24 02:09 ID:???
つーか当時日本軍が住民を守ることに失敗したことと、軍隊は住民を守らないと
いう結論の間には、かなり飛躍があるんだが。

45 :名無し三等兵:04/06/24 02:09 ID:???
軍国主義にしろ平和主義にしろ精神論に陥ってしまう
この体質はなんとかならんもんかしら。

46 :名無し三等兵:04/06/24 02:10 ID:???
>>45
彼が具体的に何かをできる領域じゃないから、
脳内へどんどん落ちて行くだけじゃないの? つまり精神論。

47 :名無し三等兵:04/06/24 03:13 ID:???
負けた軍が悪い。
勝っていればそもそもこんな事には(ry

48 :名無し三等兵:04/06/24 07:16 ID:???
>48
そりゃそうだ。しかし左翼にはそんな単純なことが理解できないらしい。

49 :名無し三等兵:04/06/24 07:21 ID:FUBNLok5
実のところ住民なんてアメリカ軍に投降させて
面倒を見させたほうが戦略的に良かったんじゃないの?
米軍が面倒見れば補給に影響出るし、
そうでなければ後世に非難されたわけだし

50 :名無し三等兵:04/06/24 07:21 ID:???
>>48
??

51 :48:04/06/24 07:27 ID:???
○>47
×>48

52 :名無し三等兵:04/06/24 07:35 ID:???
>49
国民の戦意高揚のために、「鬼畜米英」などとプロパガンダやったことの
必然的な報いですな……

53 :名無し三等兵:04/06/24 07:48 ID:???
>>49
その住民が部隊の居場所を米軍に密告したら


54 :名無し三等兵:04/06/24 08:00 ID:???
>>53
よほど住民に嫌われてたんだな・・・

55 :名無し三等兵:04/06/24 08:02 ID:???
>53
自軍の兵員に「捕虜になったときの教育」をしない軍隊に、んなこと言う権利無いよ。
なんせ捕虜になったら聞かれたことぺらぺら喋っちゃうんだから…


56 :名無し三等兵:04/06/24 08:03 ID:???
>54
そーいう奴がいたかもしれんが、ほとんどは軍に積極的に協力してましたよ。


57 :名無し三等兵:04/06/24 08:05 ID:???
>>52
実際、米軍の捕虜に対する扱いは鬼畜の如きだったのだがな。
ましてやアメリカ人は日本人を人間として見ていなかったが、その事は無視か?


58 :名無し三等兵:04/06/24 08:13 ID:???
ほぼ定常的にどっちかの国民を戦闘に巻き込んでたヨーロッパ戦線じゃ
地域住民とかをどう処理してたんだろうな?

59 :名無し三等兵:04/06/24 08:19 ID:???
東部戦線じゃ沖縄以上に悲惨だったかもしれん。
…特に女性にとっちゃ

60 :名無し三等兵:04/06/24 08:21 ID:???
>57
実際にどうあつかってたかはこの場合問題じゃねぇだろ。
問題なのは市民の保護という負担を敵側に押しつけるべきだったという
>49のアイデアを実行するときに、
当時の日本で言われていた「鬼畜米英」っていうプロパガンダが邪魔になるって点なんだから。

それとも何か、「プロパガンダ」って聞いたら自動的に「嘘」って脳内変換されるクチか、お前さん?

61 :名無し三等兵:04/06/24 08:38 ID:???
>>60
鬼畜米英とか捕虜になるなと言うのは
実際に捕虜として認めなかった事実からは発生しているんだから

話が後先になっているだろ。「投降させて負担させる以前に投降が認められない」
避難している住民の洞窟に火炎放射器ぶっ放す奴らに

62 :名無し三等兵:04/06/24 08:43 ID:???
>61
完全な事実誤認です。 時系列的におかしいよ、とくに前半二行。

63 :名無し三等兵:04/06/24 08:48 ID:???
いや確かに日本人を捕虜としてほとんど認めないのは
かなり初期のお話のはずだが

64 :名無し三等兵:04/06/24 08:53 ID:???
>>60
実際にどう扱っていたのか関係ないってことはないだろ
鬼畜のごときなのに「市民の保護」なんてしないだろうが

それは自分の国民を遺棄しているのと同じだぞ。
そんなことしたら本気で日本軍は住民を助けなく見捨てたってことになる

65 :名無し三等兵:04/06/24 09:04 ID:???
筑紫は自衛隊が住民を避難させる国民保護法を含めた有事法制に反対なんだよな?
結局軍隊は住民を保護、避難させた方がいいのか?それともシカトしたほうが良いのか?

66 :名無し三等兵:04/06/24 09:16 ID:???
軍隊は住民を保護、避難させた方がいいが
その際に権利は十分守られるべきであり
国民保護法はその点で問題がある

とかじゃないのたぶん

67 :名無し三等兵:04/06/24 09:26 ID:???
>>62
いや、
雨が日本人の捕虜を取らない、ってのはガダルカナルの
時からそうで、それがサイパンでの大量自殺に繋がってるんだが。
流石にサイパンでの大量自殺が雨でも批判を生んだ訳だが、その
結果がどう出るか、と言うのは現地軍の判断では難しかろう。


68 :名無し三等兵:04/06/24 09:44 ID:???
>>66
強制的に非難させる時点で権利は制限されているからな。
別に国民保護法でも殴ったりけったりって事は無いと思うが、
どういう権利を具体的に守りたいのか言わないといけないんだよな、異論を唱える場合。
そもそも奴のスタンスもワカンネーし。

社民党だったら昔はソビエト、今は北朝鮮の対日工作を円滑にするってわかりきっているけど。

69 :名無し三等兵:04/06/24 10:25 ID:???
こういうことを言うとアレだが、例えば今後中国人民解放軍の侵略から沖縄を守るために本土出身の自衛官の若者が血を流すのは可哀相だよな。
全然感謝してくれなさそうにないもの。
その意味で、海兵隊を置いとくのは悪くない。沖縄現地人には気の毒だが。
だって日本のシーレーン防衛のためには沖縄は必須なんだから。

沖縄県民が海兵隊を本気で追い出したかったら、逆説的だが沖縄を守ろうとした旧軍への評価みたいなのが必要なのかも。

70 :名無し三等兵:04/06/24 10:36 ID:???
本当のところ沖縄県民の中に本気で米軍に出てってほしいなんて考えてる奴
いないだろ?彼等がいなくなったら住民の食いぶちがなくなって自殺者増大だ罠

71 :名無し三等兵:04/06/24 11:14 ID:???
>>69
>全然感謝してくれなさそうにないもの。

ならええやん。

72 :名無し三等兵:04/06/24 11:51 ID:???
筑紫なんて県外の人間ですよ。
県外の人間にはそれがわからんのです。

73 :名無し三等兵:04/06/24 12:12 ID:???
米軍の気持ちも俺は分かるよ。
捕虜にしようとしたら自殺攻撃してくる連中なんざ危なっかしくて相手してらんねーよ。

74 :名無し三等兵:04/06/24 12:30 ID:???
沖縄戦の悲惨さはWWIIの地上戦の平均レベルからそう上回ってはいないと思うけれど、
まー、ふつうの日本人は独ソ戦の凄さとか知らないからねえ。
結局、慣れだよねえ。なんのかんので、民衆が巻き込まれた地上戦はあれだけだったんだから。

空襲なんて変な話、喉元過ぎれば熱さ忘れるってやつで。

75 :名無し三等兵:04/06/24 12:50 ID:???
サイパン失陥前から皇居周辺だけを総力あげて守ってりゃよかったんじゃないの。

76 :名無し三等兵:04/06/24 13:05 ID:???
沖縄だけでなく、マリアナ、パラオ、フィリピン、硫黄島で、
米軍侵攻を遅らせるべく命を張った日本軍を、
そんな一言で総括するのは著しく正義に反するなあ。

一番悪いのは、条件付講和を認めなかったルーズベルトだ、
つう話にはなんでならんのだ?
相手の逃げ道をふさげば、激戦になるのは常識だろ。

まあ、ルーズベルトも、
スターリンと組んでヒトラー相手にしてたから、
なかなかむつかしかったろうけど。

77 :名無し三等兵:04/06/24 13:08 ID:???
おいおいおい戦争相手頼みかよwww

78 :名無し三等兵:04/06/24 13:26 ID:???
まぁ筑紫も商売なんだし、いろんなこと言うわな。
それよか現地人のほうがうざったい。
「海の向こうからいくさがやって来た」?
みんな他人のせいですかそうですか。
自分の子供が犯罪犯すと学校だのゲームだの漫画だののせいにしたがるバカ親みたいですね。
自分たちだけが被害者みたいな顔してB−29に丸焼けにされた本土は知らん顔ですか。
沖縄戦前は南方への中継地として軍からお零れをもらい
戦後はアメリカ軍に、返還後はなんたら開発庁にまで寄生して生きてても不満ですか。
なんなら「琉球共和国」として独立しちゃどうでしょうか。
それこそ「非武装」で。
まぁ遠からず「中国領」(どっちのかは知らんが)になるのは目に見えてますが。

79 :名無し三等兵:04/06/24 13:29 ID:???
空襲、艦砲射撃、地上戦の三重苦だから大目に見てやれよ。

80 :名無し三等兵:04/06/24 13:44 ID:???
>「海の向こうからいくさがやって来た」?

ちなみに、これを作詞した人は生まれも育ちも本土です。

筑紫のような商売人や職業運動家が、県民の気持ちを勝手に代弁して
全国ネットで妄言まき散らしてる事こそが非難されるべきであって、
プロパ番組真に受けて沖縄県民を罵倒するのは筋違いかと。

81 :名無し三等兵:04/06/24 13:46 ID:???
そもそも琉球人が日本人面してるのが問題。
日本人として扱ってやっただけでも感謝されるべきなのに。

82 :名無し三等兵:04/06/24 13:51 ID:???
差別イクナイ!!
琉球人もアイヌ人も台湾人も朝鮮人も陛下の赤子。
陛下の御稜威は遍く八紘を覆うのでつ。

83 :名無し三等兵:04/06/24 14:18 ID:???
軍民共同で米軍撃退のために戦い、
戦後も日本への復帰を心から願っていた沖縄県民を
独立を買うためにアメリカに売り飛ばしたのは何処の誰さ?

沖縄だけが戦争しておれ、日本が平和ならそれでよい、と
平気なツラでいけしゃあしゃあと宣い、平和の使者ヅラしてたのは何処の誰さ?

今さら「日本人としてあつかってやった」か。 片腹痛いわ。

84 :名無し三等兵:04/06/24 14:24 ID:???
必死だな低学歴・低収入の琉球人www

85 :名無し三等兵:04/06/24 14:32 ID:???
>83
ではどうすればよかったと?

86 :名無し三等兵:04/06/24 14:34 ID:???
>>85
もっと金寄こせって事では?
仕事がないのも中卒が多いのも本土のせい、日本のせいってまるでチョソみたいな奴等だからwww
むしろ日本人面してる分チョソよりもたちが悪いかもw

87 :名無し三等兵:04/06/24 14:41 ID:???
>>80
成程。
つまり「反基地闘争」とかやってるのは
本土からでしゃばって来たプロ市民とか米軍使用地に土地持ってる明確な利害関係のある人間とかで
大多数の沖縄県民の本音としては金と仕事をくれる米軍には留まって欲しいし
>>83みたいな人を除いて血税から補助金を出してる「やまとんちゅ」にも感謝しているという訳ですね。

88 :名無し三等兵:04/06/24 14:51 ID:???
>>87
まあ本土の人間に感謝してる連中は日本人として幾らか認めてやっても良いな。
まあ83見たいな屑琉球人は論外中の論外だがwww
独立でもなさったら?

89 :名無し三等兵:04/06/24 17:28 ID:???
なんつうか、誤った知識と、想像力欠如に恵まれたスレですね。

90 :名無し三等兵:04/06/24 17:30 ID:???
それでは正しい知識を我らにお与え下さい、>>89様。

91 :名無し三等兵:04/06/24 17:31 ID:???
そして豊かな想像力の発露を我らにお示し下さい、>>89様。

92 :名無し三等兵:04/06/24 17:32 ID:???
>>90-91
祈りなさい。

オブイェークト

93 :名無し三等兵:04/06/24 17:35 ID:???

 オ〜ブイェ〜〜クト〜〜〜〜

94 :名無し三等兵:04/06/24 17:38 ID:???
そうです。ひとの命は尽きるもの。ひとの知識は当てになりません。
ネ申を信じ、ネ申を信じられる自分を信じなさい。
ネ申は自らを助くものを助けます。馬鹿は学び方も知らないまま、馬鹿でいなさい。
ネ申は、馬鹿にも行く末を開いています。
怠け者なら兵隊に、働き者は銃殺に。

オブイェークト


95 :名無し三等兵:04/06/24 18:04 ID:???
>>89
83みたいな勘違い琉球人もある意味戦後民主主義とやらの被害者かもしれん。
そう考えると同乗の余地はあるかもしれないな。

96 :名無し三等兵:04/06/24 18:19 ID:???
完全に包囲されて殲滅されてるから、助けようにもどうしようもない罠

97 :名無し三等兵:04/06/24 18:29 ID:???
というより、軍が住民を救う義務はないし。
軍はそんなことのために存在するわけではないし、戦場に住民がいたって邪魔なばかり。
沖縄県民は皇軍の邪魔をした挙げ句、守ってくれなかったと騒ぎ出す始末。
どうしようもないね。

98 :名無し三等兵:04/06/24 18:32 ID:???
騒いでるのは本土のブサヨですよ……

沖縄戦を体験した世代に近ければ近いほど、
沖縄戦を「日本の国民として戦った」ことへの誇りの念が強まるんですがね、
沖縄の世論調査の結果では。

99 :名無し三等兵:04/06/24 18:36 ID:???
自民党の先生方が、選挙めあてに、
全国一律、国土の均衡ある発展、ふるさと再生、復興本土並み、、、
といった過大な妄想を吹き込んだ結果、
やれ、基地が多すぎる、、本土と経済格差がある、、ということになってしまう。

都市部に人が集まれば、それを目当てに商店やサービスが集まり、それらがさらに人を集める。
均衡ある発展なんて、そもそも無理。
もっと痛みを伴わない人口の流動化をめざし、支援すべきだったのだ。

そして、大国に面した国土の辺境地には基地がたくさんある。こんなの当たり前。

100 :名無し三等兵:04/06/24 19:54 ID:???
なにか以前、「沖縄戦」スレで出た話とループしているような。

まあ、住民被害の話で、北千島・樺太を意図的に取り上げない筑紫さん
はやはり叩かれてもしょうがないと思うが。
あそこも「日本国内」なんだがなぁ。

101 :名無し三等兵:04/06/24 20:04 ID:???
>>100
このスレのことか?
沖縄戦を客観的に考察する
http://yasai.2ch.net/army/kako/1021/10213/1021360986.html
現在のスレは
沖縄戦に関する客観的考察スレッド パートU
http://hobby5.2ch.net/test/read.cgi/army/1056443479/l50

102 :名無し三等兵:04/06/26 00:30 ID:D4/b8crB
筑紫をけなすのはいいけど、沖縄の人けなすのは止めよう
沖縄出身の日本兵も大勢戦ってるンだから、帝国に忠誠尽くして
被害者面しても、韓や中の連中のようにいうのは止めようよ

103 :名無し三等兵:04/06/26 00:33 ID:???
筑紫推薦の某元知事は選挙で負けたし

104 :名無し三等兵:04/06/26 00:53 ID:YsruJGJs
江沢民は日本嫌いで有名なのに筑紫の番組には出たよね
それにクリントンだって出た。
当時はクリントンは中国を重視していたし、中国を介しての出演交渉があったかも知れない。
てなことで、私は彼を日本の人間ではなく中共の広告塔と見なしている

105 :名無し三等兵:04/06/26 19:22 ID:???
筑紫はスポンサーうけが良いらしいし。

106 :名無し三等兵:04/06/26 23:56 ID:tn/Hqh33
ここで筑紫の過去を指摘しよう。筑紫は70年代に朝日ジャーナルの編集長を
やっていたが、その時の朝日ジャーナルは中国派を主体とする新サヨクの機関誌
と化していた。そこで「中国、ベトナム、カンボジアとの戦闘的連帯」などとほざ
いておったのだ。我国は新サヨクごときチャチな運動でコケるほどヤワな国家では
なかったが、筑紫の希望通りになっていたらカンボジアやニカラグァのような悲惨
な内戦状態や共産国家になる可能性もあった。筑紫に国家の安全保障を語る資格
など無い。外患誘致の先棒を担いでいたという過去を懺悔しる!

107 :名無し三等兵:04/06/26 23:57 ID:pi8evd7O
fddd

108 :名無し三等兵:04/06/27 00:14 ID:v7HYwKvl
「アメリカ軍は民間人を虐殺した。」「アメリカ軍は捕虜を虐殺した。」
「アメリカ軍は婦女子を強姦した。」「アメリカ軍は漂流者を虐殺した。」
「アメリカ軍は在米邦人を虐殺した。」「アメリカ軍は民間船を撃沈した。」

109 :名無し三等兵:04/06/27 00:42 ID:h4ooo8b+
まあ、現在の国際状況と地政学から見て沖縄と言う土地は戦争を呼び込みやすい地理
にあるのはまちがいないな。沖縄人も京都人みたいに生きていけるようにならないと
これから先はきついかもね。

110 :名無し三等兵:04/06/27 00:45 ID:???
スポンサーってイオンだろ。

111 :名無し三等兵:04/06/27 00:55 ID:???
まかり間違っても、独立しない方がいいよ
中国あたりに侵略され放題になりかねん、よほどうまく外交しなきゃ
日本政府に文句言い続けるのはいいと思うけど
それを、本気で批判する本土人はそんなにいないだろ

112 :名無し三等兵:04/06/27 01:00 ID:???
文句言ってるのは、沖縄人の後ろに隠れた本土人ですが(苦笑

113 :名無し三等兵:04/06/27 01:01 ID:2/M16pQ+
馬鹿者!皇軍は畏れ多くも天皇陛下の軍隊であって、臣民の軍隊ではない!であるから、臣民が何匹死のうと、御一人さえ生きておられればいいのである!

114 :名無し三等兵:04/06/27 01:23 ID:???
ウソはいかんよ、ウソは。
筑紫君。

115 :名無し三等兵:04/06/27 01:25 ID:QYaAlWmY
とりあえず日本は台湾ともっと仲良くしよー

116 :名無し三等兵 :04/06/27 01:36 ID:???
>>111

独立ねえ。
他はともかく、中国相手には軍事力のバックボーンがないと、そもそも
「外交」じたい受け付けてくれないだろ。
米軍出て行け、自衛隊も外国の軍隊だし駐留不可。

独立したとたん、独立国家を維持するために国民皆兵制が必須に
ならんか?
で、軍事費の負担に生活の全てが押し潰される・・。


117 :名無し三等兵:04/06/27 01:39 ID:???
>>116
だから、しないほうがいいって言ってるじゃん、良く読んでよ
独立についてのレスがあったから書いたんだよ

118 :名無し三等兵:04/06/27 01:42 ID:???
>>116
無理無理、沖縄が海外からの圧力を受けずにいられた次期なんて無い。
グスク時代でさえ、九州との交流が指摘されている。
日本との緊密な同盟、あるいは同じ国家であること=(現状では)アメリカとも緊密な同盟を組む事でしょう。
そうでなければ、中国だし。
独立したからって、外国との関係まで自由になるなんて、ただの幻想(まあ、どう言ったたぐいの幻想か、察しが着くが)

119 :名無し三等兵 :04/06/27 01:50 ID:???
>>117
いや、別に反論したわけじゃないんだけど?

120 :名無し三等兵:04/06/27 02:32 ID:???
まあ、一部の人が「沖縄独立!」とか威勢のいいこと言ったら、
冷静なツッコミが入りまくって「沖縄自立」なんて訳のわからないフレーズになり、
ショボショボと立ち消えになったと。


121 :名無し三等兵:04/06/27 05:58 ID:???
「沖縄自立」
たかり国家がまた一つふえるという事ですか?

122 :某研究者:04/06/27 06:08 ID:nhaAZIoq
誰もが誰一人助けなかった等有りえるのかだろうし
助けられるなら助けるだろうが
兵の生命が優先されていた部分は有るだろうが
其れは本土決戦でも同じ事だろうが
大和の沖縄特攻も沖縄人を助けよう言う意図等全く無く
単に軍事的にのみ行われた作戦なのかだが

123 :名無し三等兵:04/06/27 06:44 ID:pobeiOD4
まぁ阪神大震災の時、燃える街をみて「まるで温泉にきたようです」と
言っちゃう人だから・・・・。
それ以来、コイツは大っ嫌い

124 :名無し三等兵:04/06/27 06:56 ID:???
>>123「「まるで温泉にきたようです」と 言っちゃう人だから・・・・。」
好き嫌いじゃないだろ・・・
人間として、何か大切なものが欠け取る

125 :名無し三等兵:04/06/27 07:43 ID:???
国民を助けない軍人もひどいが、その軍人を大陸に棄民しようとした日本政府はもっとひどい。
まあ、日本は呪われた国家なわけだ。
・・・日本人として恥ずかしいよ。ほんと。

126 :名無し三等兵:04/06/27 07:56 ID:???
ワロタ
想像力が貧困つーか、それにも程がある

「まるで戦場に」ならまだ理解できるというか
普通そういうだろ

127 :名無し三等兵:04/06/27 08:02 ID:???
しかしまぁ、本土決戦の先駆けとか言って捨石にされた揚句に
本土決戦は行われれず敵国の占領地に去れちゃったんだから
恨みもするよなぁ。
俺沖縄に住んでなくてよかった・・・。

128 :名無し三等兵:04/06/27 08:08 ID:???
そういやかつて本土復帰運動熱心にやってたと思うんだけど、
それがどの時点で今みたいになっちゃったの?

やっぱ本土復帰=地位向上に向けた方便だったのかな。

129 :名無し三等兵:04/06/27 08:27 ID:???
>「まるで温泉にきたようです」

これって戦場って言葉をいっちゃダメとか思って出てきた言葉なのかな。不謹慎だが笑ってしまう。
本人はなんか弁明してんの?

130 :名無し三等兵:04/06/27 08:36 ID:2RwPjRNv
>>128
本土復帰→極左が本土から多数流入→住民洗脳
で今に至っている。

131 :名無し三等兵:04/06/27 08:45 ID:???
>>130
詳細とソースきぼん

132 :名無し三等兵:04/06/27 08:53 ID:???
「辺りを熱気が包んでおります」でも通じるんじゃないかな

133 :名無し三等兵:04/06/27 09:49 ID:???
>>130
俺はソースは要らない。いや、むしろ出すな。
沖縄県民だって、まともな判断力のある大人だ。
「あいつら、極左にいいように洗脳されたんだ」とか、
そんな言い草、本当に止めてほしい。

プロパガンダが受け入れられるのは、その素地があるからだ。
>>128はそれを聞きたいので、別のプロパガンダを聞きたいんではないと思う。

県民収入は日本最下位、米軍の犯罪は多発しているし、
それなのに沖縄県警が拳銃を所持できるようになったのは、返還からだいぶたってから。
最初の約束だった、「核抜き本土並み」なんて幻想だった、と思ったからなんじゃないかな。
それに右翼もまずい。本土から来て、慰霊碑にペンキ掛けるとか。
正直、墓を辱めるような人が同じ日本人とは思えないだろ。

134 :名無し三等兵:04/06/27 11:38 ID:???
沖縄人は日本人じゃないから右翼がそういうことするのも当然だと思うよ。
散々皇軍を裏切って米軍に売ってたのが沖縄人。

135 :名無し三等兵:04/06/27 11:39 ID:???
>>133
その右翼はまさか…日本国籍じゃない右翼だったりして…

136 :名無し三等兵:04/06/27 12:32 ID:???
>それに右翼もまずい。本土から来て、慰霊碑にペンキ掛けるとか。
>正直、墓を辱めるような人が同じ日本人とは思えないだろ。

それは左翼。まともな国民が白々しい気持ちになるのは「反戦のxx」
といったチョンやチャンが喜びそうな施設。


137 :名無し三等兵:04/06/27 13:15 ID:???
右翼なんてこの国には存在しないから。
クソウヨならいるが。

138 :名無し三等兵:04/06/27 13:18 ID:???
犯罪者はほぼ全てチョソかブサヨです。

139 :名無し三等兵:04/06/27 17:36 ID:???
都合のいいときだけ「反戦」を利用するな

140 :名無し三等兵:04/06/27 17:39 ID:???
選挙の季節ですから(ヒヒヒ

141 :名無し三等兵:04/06/27 22:50 ID:???
>137
まともな左翼はさらにいませんが。

142 :名無し三等兵:04/06/27 23:07 ID:???
>>141
そう、右翼も左翼もまともじゃない。
ましてウヨクやサヨクなんて・・・。

143 :名無し三等兵:04/06/27 23:08 ID:???
沖縄の県民収入は日本最下位+産業基盤の低さは企業が(本土の)政治運動家の暗躍で
沖縄進出に二の足を踏んでいるから。地理的要因もあるだろうけど。

つまり基地返還や反対運動をすればするほど沖縄の経済や地位は低下していく。

144 :名無し三等兵:04/06/27 23:21 ID:???
殴られ蹴られれば離れていくのは当然。
お前らだっなら足蹴にされるの喜びそうだがな。

145 :名無し三等兵:04/06/27 23:22 ID:???
>>144
だっなら、だっなら、くりだした〜おマゾのま〜ちだらったった♪

146 :名無し三等兵:04/06/27 23:27 ID:nSJ6uQCn
その助けなかった日本兵には沖縄で徴兵した地元の日本兵もいるわけだが。
まさか沖縄にいた日本兵は全員沖縄以外から来たなんて思ってないよな?

147 :名無し三等兵:04/06/27 23:30 ID:???
わあ士官のミンナも沖縄人。

148 :名無し三等兵:04/06/27 23:38 ID:???
>>146
頭イイ!!

149 :名無し三等兵:04/06/27 23:39 ID:???
>>143
ソース

150 :名無し三等兵:04/06/28 00:39 ID:???
>>149
ttp://www.cosmos.ne.jp/~ryunosuk/jp/

ところで復帰のさい、県は自立経済をめざして本土大手の製造業を誘致すべく努力したが、
沖縄の労働運動が政治色を帯びている観点から本土企業は一社も進出しなかった。


151 :名無し三等兵:04/06/28 01:51 ID:???
一応免税とかなんとかでそれなりに進出してるでしょ。製造はしらんが。
それ以上はいま不景気なんで。

152 :名無し三等兵:04/06/28 02:00 ID:???
復帰のさいってかいてるから昔じゃん

153 :名無し三等兵:04/06/28 03:46 ID:???
沖縄といえばリゾートという気がするがどうなんだろう。

154 :名無し三等兵:04/06/28 05:27 ID:???
>>116
沖縄の地政学的な位置付けを考えると、日中間で何かあれば一番に習われる地域に間違いないな。
それでも非武装中立を本気で信じている人がいるのだから、やはり平和だから論ぜられる議論だな

155 :名無し三等兵:04/06/28 05:31 ID:???
沖縄独立を信じている人何て、沖縄でもむしろ少数派だろう。
沖縄の人達には沖縄人だって自立心があるのは事実だが、沖縄の九割の人達が本土復帰してよかったと感じている。
それにさ、北海道や沖縄はどしても景気の悪化の影響を受けやすいが、一番に本土からの支援が必要なとこだよ。
本土の方は毎年毎年、莫大な額の支援を北海道と沖縄に行っている。
これで独立して本土並にやっていく方が無理だよ

156 :名焦し三等兵:04/06/28 06:23 ID:???
>>155
>莫大な額の支援

これも精神世界の「あちら側」の人に言わせると、
「援助漬けで沖縄人民の自立の精神を蝕み、本土に対する依存心を培う経済的麻薬」
などと言い出すに100沖縄円w

157 :名無し三等兵:04/06/28 08:47 ID:???
>98
放送とか見てたらそうは感じられませんが。

158 :名無し三等兵:04/06/28 11:46 ID:???
選りすぐったブサヨの妄言を集めて、さらに恣意的な編集を加えた
プロパ番組で判断しないように。

159 :名無し三等兵:04/06/28 18:52 ID:???
>150
悪いが鵜呑みにしてよい文には思われないね…
せめて経団連か何かからの資料をもってきてくれなくては。
はっきり言えば異端を通り越してトンデモに近いです。

復帰直後に沖縄に製造業が進出しなかった最大の理由は、
全国規模の企業が必要とする量の工業用地と工業用水を確保するのが
不可能だったから、というのが一般に言われる最大の理由。
沖縄は単純降水量は全国有数だが人口比から見ると全国平均を下回ってしまい、
おまけに水系面積が狭いことで水の保持力が弱いという弱点がある。
そしてその弱点をカバーするための北部ダム群は、
復帰の時点ではまだまだ完成には遠い状態で……。

ダムが完成して水事情がそこそこよくなっても用地がないという事情は変わらず、
オイルショックの後はそもそも企業が海外に目を向けはじめてしまったことで万事休す。
いま、米軍用地の返還があいついでいることで、跡地の再開発計画の中に
情報系企業の誘致が進められては、いますけれどね。

160 :名無し三等兵:04/06/28 18:57 ID:???
情報系の大学出だから分るけど今は情報系だめぽ…
5,6年ほど遅かったな。

161 :名無し三等兵:04/06/28 20:32 ID:???
沖縄は今コールセンターが多く出来てるよ
別に大都会に無くてもいい施設だから人件費が低い、土地代が安い事に加えて
県や市町村が電話代なんかの通信料の9割を負担しているのが理由

162 :名無し三等兵:04/06/28 21:18 ID:???
>154
それは元知事の大田昌秀氏でしょ、類は友を呼ぶのか。


163 :名無し三等兵:04/06/28 22:16 ID:XrhXPk+y
アメリカさまから「色々な意見の人がいるのが民主主義だ」と言われてしまうと
そこで話はお仕舞いになってしまいます。

164 :名無し三等兵:04/06/28 22:23 ID:???
>>159
そもそもあの程度の地積の島に大規模な製造業はペイしませんが

165 :名無し三等兵:04/06/28 22:26 ID:JgxN3QMU

生命科学系の大学院大学を早く沖縄に設置してほしい。
琉球大は「と」な教授が大杉

166 :名無し三等兵:04/06/28 22:28 ID:???
>>165
沖縄にバイオ系の製造業が無いと意味ないだろう…

167 :名無し三等兵:04/06/28 22:38 ID:???
沖縄は、反日も反米もできる便利な場所。
だから筑紫は、大好き。

168 :名無し三等兵:04/06/28 22:55 ID:???
しかしジャーナリストは、ある意味最も現実主義者のはずなのに
筑紫さんとかはなぜああも原理にこだわるのであろうか?

それは報道する側にとってもっともとってはいけない姿勢なのに。

169 :名無し三等兵:04/06/28 23:29 ID:???
>>167
しかも親中でもある。
昔沖縄返還が叫ばれた時、「我々が望むものは社会主義国家への復帰だ」っていってた連中もいるし。

170 :名無し三等兵 :04/06/28 23:32 ID:???
さて、筑死は脱北日本人を支援していた活動家に実刑判決を出した中国をどう評価するかな(w

171 :名無し三等兵:04/06/28 23:33 ID:???
スルー・だんまり

172 :名無し三等兵 :04/06/28 23:36 ID:???
スルーかYO!(w

173 :名無し三等兵:04/06/28 23:39 ID:wlXeMfoc
>>166
EM,EM,健康食品、健康食品w。

174 :名無し三等兵:04/06/28 23:42 ID:???
>>168
あくまで個人的な感想ですが、日本のジャーナリズムに大きな影響を与えたのは
ベトナム戦争の報道であったのではないかと思っています。

反共のため闘うアメリカというイメージを粉砕したのは現地取材をしたフリーカメラマンや
ジャーナリストでした。左派系マスコミにとって戦後最大の勝利であったでしょう。
そのため、いまだにベトナム戦争という成功体験に基づいて取材・報道しているのではないかと思います。
ベトナム報道での成功例の一つとして枯葉剤であります。
イラク戦争においては劣化ウラン弾やクラスター爆弾を同様に扱おうとしているのではないか?

以上は外野からの推論でしかないんですけどね。

175 :名無し三等兵:04/06/28 23:50 ID:???
連中よく劣化ウラン弾のことを非人道的な核爆弾とか言ってないか。

176 :名無し三等兵:04/06/28 23:58 ID:???
>>175
筑紫は「劣化ウラン弾は核兵器と断言」
古館は「劣化というけど実際は劣化してない」

と番組内で発言した。

177 :名無し三等兵:04/06/29 00:04 ID:???
>>176
さすがにおもしろいこというなぁ…ふるたちは

178 :名無し三等兵:04/06/29 00:43 ID:p3aYukP1

| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
| 筑紫は「劣化ウラン弾は核兵器と断言」     |
| 古館は「劣化というけど実際は劣化してない」 ..|
|____________________|
               /
              <
             / ビビビ
        \_\_\ 
   _     \ \ \
  /||__|∧   __|___
 (O´∀`)  | |::::::::::::::::::::::|
 (つ   つ/ |::::::::::::::::::::::|
 / ̄ ̄ ̄≡ .|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:|
 |        |::::::::::::::::::::::|
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


179 :名無し三等兵:04/06/29 00:46 ID:???
愉しませてくれるねw
こうでなくちゃw

180 :名無し三等兵:04/06/29 00:48 ID:YxXSLILG
>>176
「核兵器」とは「核分裂兵器」の略。劣化ウラン弾は核分裂反応を利用していな
いから「核兵器」とは言えない。畜死はこんな簡単な事を何故混同するのか?
劣化ウラン弾を「放射性兵器」というのならまだわかるが。

181 :名無し三等兵:04/06/29 00:53 ID:Nno6K3Ze
>>166

SPAMとゴーヤとパイナップルと海蛇と豚の顔とテラピア砂糖黍焼酎>生物系産業

182 :名無し三等兵:04/06/29 01:09 ID:???
しかしまあ
筑紫氏も「老後(既に充分老人だが)」と言うか自分に売り手が付く市場が
縮小傾向なのを察してか、最近発言に明快さを欠く傾向があるね。
自衛隊のサマワ派遣の時の23なんか、具体的な論評なしでバックにレノンなんか流してた。
他の二人もお通夜みたいな顔で原稿読んでたし。

ニュース番組でイメージ戦術使うほうが数倍恥知らずだけどね(笑)。

個人的な話だが、現在のこんごう級の建造予算が通った時の筑紫氏の
「イージス艦というのは本来空母を守るための物です。空母を持たない海上自衛隊が
こんな物を保有する意味があるのでしょうか。これは有事には自衛隊が米軍に組み込まれる可能性を(略)」
てな発言をするのを見て、
「ああ、この人は駄目だ」
と思っちまった。

183 :名無し三等兵:04/06/29 01:28 ID:???
不沈空母日本がどこにあるか教えてやれ!

184 :名無し三等兵:04/06/29 02:03 ID:???
劣化ウラン弾を核兵器とか言うような基本的な科学知識もない人間が
メインのキャスターやるのってどうかと思う。もっともあっても知らんぷり
してる可能性が濃厚だけど。

185 :名無し三等兵:04/06/29 05:53 ID:???
筑紫の番組で沖縄戦の季節のときに旧軍の弾劾キャンペーンをやってて、
そこで紹介されていた話が確か慶良間列島だったと思うけど
軍が通信部隊しか配備していなかったため米軍が上陸したら
島の奥地へ撤退し、夜間に活動し住民から食料を(ry
で、軍が島にいたのでは島が攻撃されるって考えたらしい島の青年が
米軍に我が軍の規模や部隊の概要、島の地形を教えて島民を米軍に
引き渡したとかいう話だった。

通信部隊しかいないのだから正面から戦えないためゲリラ戦に入るのは
至極当然。食料の徴用は当時なら常識。
何より一番驚いたのは米軍にこちらの情報をぬけぬけと漏らした非国民を
当然のごとく持ち上げていたことだった。

186 :名無し三等兵:04/06/29 07:06 ID:???
それはそいつらが非国民なんかじゃなくて、その通信隊が帝国軍人として
ふさわしい尊敬を集められていなかったということでは・・・。
民心把握の失敗という奴だな。

187 :名無し三等兵:04/06/29 07:14 ID:???
>186
仮に米軍に下るのはやむおえなかったとしても
軍についての情報を渡すのは非国民以外何者でもない。

188 :名無し三等兵:04/06/29 07:26 ID:???
だからそれだけ邪魔に思われてたって事だろう?
米軍のほうがましって思われるんじゃ相当嫌われていたとしか。
しかし、自国の臣民に非国民連発とはねぇ・・・いやはや。


189 :& ◆R7PNoCmXUc :04/06/29 08:19 ID:hiIvnew0

筑紫は旧軍人まっとうな国民に謝罪しろ!

190 :名無し三等兵:04/06/29 09:09 ID:???
>>189
日本語を覚えてから書き込め

191 :名無し三等兵:04/06/29 10:43 ID:???
筑紫さんに聞きたい。
イラク戦争でもアフガンでもベトナムでも「アメリカ軍は罪もない民間人を虐殺する」と
散々言ってたのは誰ですか?

民間人が非難したガマの中に米兵が手榴弾を放り込み、火炎放射器で焼き払った映像が
大量に残っていますが、沖縄戦の米兵は人道的でしたか?

畳一畳に砲弾三発という無差別爆撃を行った米軍に投降すれば無条件で全員が助かると
信じる根拠はなんですか?

192 :名無し三等兵:04/06/29 12:29 ID:???
ところで戦場にならなかった沖縄北部の住人ってどうなったの?

193 :名無し三等兵:04/06/29 17:37 ID:???
>>192
ならなかったわけじゃないらしい。
南部よりましだったものの、日本軍部隊はいたし、掃討も行われたそうな。

194 :名無し三等兵:04/06/29 21:57 ID:???
さっさと幸福すりゃ良かったんだ。
結局国体の保持うんぬんが確保できるまでの時間稼ぎだったんだな。

天皇は秦で謝れ。

195 :名無し三等兵:04/06/29 22:15 ID:???
戦いを拒否して幸福になった国があるのかね。

196 :名無し三等兵:04/06/29 22:19 ID:???
…コス(ry

197 :名無し三等兵:04/06/29 22:40 ID:???
明治政府は無視ですか?
三国干渉に対し無謀な戦いを挑むことなく、臥薪嘗胆をした。
これこそが真の勇気ではないか?

198 :名無し三等兵:04/06/29 23:43 ID:???
>188
では言い方を変えよう。自国の軍隊を敵に売り渡す輩が臣民とは笑止。
売国奴と言わずして何と呼べと。

199 :名無し三等兵 :04/06/29 23:47 ID:???
蓄死。イラクの新首相がかつてフセインに対してテロ活動をしていたとかいっていたが、
それならフランスのレジスタンスもテロであると認めろ(w

200 :名無し三等兵:04/06/29 23:48 ID:???
>198
軍=政府=国家、とはこれまたお気楽な国家観の持ち主のようで……


201 :名無し三等兵:04/06/30 00:00 ID:???
>>199
レジスタンスを名乗れるのは敵対勢力に勝利した組織のみだろう


202 :名無し三等兵 :04/06/30 00:02 ID:???
>>201
ということはイラク新首相はテロでなくレジスタンスでFAだね(w

203 :名無し三等兵:04/06/30 00:08 ID:???
>>193
北部はアメリカが上陸して数日で戦闘終わったんだよね。
住民の被害はどんなもんだったの?

204 :名無し三等兵:04/06/30 00:13 ID:???
>>203
ずいぶん昔に、北部を彷徨した日本兵の手記を読んだんだが、凄惨さはともかく、やはり逃げ惑ったとあったような希ガス。
ウロオボエ失礼。

205 :名無し三等兵:04/06/30 07:20 ID:???
>200
軍=政府の機関=国の代表
まあ、極めて簡素だがこんなものか。

206 :名無し三等兵:04/06/30 09:02 ID:???
北部は伊江島と本部半島の戦闘ぐらいだそうです。
それより北は住民の飢餓が起きたらしい。
山岳の原生林に5万ぐらいの住民放り込めばまぁそうなるとは思いますが。

日本は優しい国。粂だろうが畜死だろうがツジモトだろうが、どんな売国奴も
守ってくれる。


207 :名無し三等兵:04/06/30 15:52 ID:???
そういうのは優しいのではなくただの馬鹿というのだよ。

208 :名無し三等兵:04/06/30 16:38 ID:???
てか過去の事を現在の倫理観で語るのには無理があるな

209 :名無し三等兵:04/06/30 17:27 ID:???
>>200
>軍=政府=国家、とはこれまたお気楽な国家観の持ち主のようで……

軍が国家の存亡を賭けた闘いをやっている最中に、敵軍に自軍を
売り飛ばす輩を売国奴と呼ばずしてなんと呼ぶんだ?

反論があるのなら、真正面からこいよこの卑怯者が。

210 :名無し三等兵:04/06/30 17:29 ID:???
自軍をむしろ助けたのだよ。
負け戦は好まない人だったのだよ。

211 :名無し三等兵:04/06/30 17:31 ID:???
どっかの島の住民を無理矢理疎開させて数千人マラリアで殺したことがあったような・・・。

212 :名無し三等兵:04/06/30 22:23 ID:???
>210
弱いもの虐めしかできないチョンの類か敗北主義者だな。

213 :名無し三等兵:04/07/01 01:13 ID:JQwr2j9/
>>209
『売国奴』とか『敗北主義者』とかいう類の単語をホイホイ使うあたり、
人としての器の小ささが透けて見えるな。

214 :名無し三等兵:04/07/01 01:17 ID:???
>213
その類の単語で人の器の大きさを知ることができるとは、、、、、、

あんた、何様?

あー、ちくし?ふるたち?くめ? その類かね。

215 :名無し三等兵:04/07/01 01:28 ID:JQwr2j9/
>>214
>その類の単語で人の器の大きさを知ることができるとは、、、、、、
まともな人間は見ず知らずの他人に、そーいう単語をぶつけない。

>あんた、何様?
何様かは知らないが、他人を『あんた』呼ばわりはしないだけの
良識(というより、常識か?)はある。

>あー、ちくし?ふるたち?くめ? その類かね。
3人とも、共感できるところは少ないがね。漢字が書けないかと
誤解されるかもよ、君。

216 :名無し三等兵:04/07/01 01:46 ID:???
俺高校生なんですけどなんでこう言ったジャーナリスト達はこうウソばっかりつくんですか?
仮にも真実を伝える番組、ニュース番組に出演してるんでしょ?
おじさん達、俺には理解できません

217 :名無し三等兵 :04/07/01 01:52 ID:???
>>216
事実を面白可笑しく報道するのがマスメディアに仕事だから(w

218 :名無し三等兵:04/07/01 01:57 ID:???
>216
「メディア・リテラシー」って言葉を勉強することをお勧めします。

マスメディアは営利企業ですから、売れない情報はけして配信しません。
そしてマスメディアは人間が動かすものですから、
動かす人間の主観によって情報にバイアスかかってしまうことは絶対に避けられません。
結果として、ウソをついてはいないと言い張る放送者と、
どう見てもウソを聞かされてるとしか思えない視聴者、というモノが生まれてしまうのです。

219 :名無し三等兵:04/07/01 02:04 ID:JQwr2j9/
まあ、嘘をつかない人間なんていないんじゃないかな。

220 :名無し三等兵:04/07/01 02:26 ID:???
215は自分のことを良識があると自称するサヨンボ。

221 :215:04/07/01 02:31 ID:JQwr2j9/
>>220
いや、私は共産主義は画に書いた餅だと思っているし、
社民党や共産党に投票したことは無いが。

それより>>220に政治的な主義・主張が理解できるのかが
怪しく思えるのだが。

222 :名無し三等兵:04/07/01 02:32 ID:???
>215
匿名掲示板ににまで来てそんなことをカキコしている時点で
どうかと思う。(無論、現実世界では重要なことであるが。)

223 :名無し三等兵:04/07/01 02:34 ID:???
>221
自分のことを良識があるというやつにろくなやつはほとんどいないと思う。

224 :215:04/07/01 02:36 ID:JQwr2j9/
>>222
まあ、五十歩百歩だということは判っているが、
>>214があまりに礼を欠いていると思ったので。

225 :215:04/07/01 02:39 ID:JQwr2j9/
>>223
>215を読んでいただくと判ると思うが、無制限の良識が有ると
言っているわけでなく、ごく制限された範囲の良識が有る、と言って
いるだけである。

226 :名無し三等兵:04/07/01 02:45 ID:???
>225
匿名掲示板にまで来てごく制限された範囲の良識があるって
言っていることは凄くさびしいことだと思います。

227 :名無し三等兵:04/07/01 02:51 ID:???
>>213は言語統制をする必要があると考えてるインテリ気取りほアホ。

228 :名無し三等兵:04/07/01 03:39 ID:???
↑エスパーというか池沼

229 :名無し三等兵:04/07/01 06:56 ID:???
>>213
状況に応じた行動の判断が出来ないで外野から軽口を叩く
喪前が粗忽者。
それが自覚できないなら愚か者。
どうしてそう呼ばれるか自覚できないなら「無能な働き者」。

230 :名無し三等兵:04/07/01 07:43 ID:???
>>213
ま、少なくともこの板ではちょんだなんだと連発するような奴は
相手にされてないからあんま心配しなくていいよ。
サヨクと同じかそれ以上にウヨクが嫌われているところだから。

231 :名無し三等兵:04/07/01 08:46 ID:???
沖縄戦も実は皇軍の勝利だった。

232 :名無し三等兵:04/07/01 18:57 ID:???
>230
いや、左翼が大きくなると軍事板住人の玩具が減るからそれはない。

233 :名無し三等兵:04/07/01 20:05 ID:???
馬鹿なウヨにも飽き飽きしてるんだよ。

234 :名無し三等兵:04/07/01 20:09 ID:???
サヨでもプロ市民とかの似非サヨじゃなければ軍備には積極的なので無問題。

235 :名無し三等兵:04/07/01 23:11 ID:???
>233
まあ国防(必ずしも軍事だけではない)がわかってない右翼は漏れが見てても
ちょっとな。

君に不快感を与えた同胞の代わりに謝っておく。ごめんなさい。
これからも日本をよろしく。

236 :名無し三等兵:04/07/02 00:50 ID:dtkfNw49
>>216
確かにそうかも試練が一つ言って良いか。


実際の年がいくつであれ、馬鹿か君は。

237 :名無し三等兵:04/07/02 01:05 ID:bst0MBCt
今日はこんなところです。

238 :名無し三等兵:04/07/02 09:53 ID:???
で結局、筑紫の言ったことはどっか間違ってたのか?

239 :名無し三等兵:04/07/02 13:02 ID:???
皇軍の任務はそもそも住民救済ではない。
そもそも琉球人は臣民にあるまじき行為、
皇軍を米軍に売り渡すなどしていた反日・売国奴であり救う理由がない。
結論として筑紫言っていたことは嘘偽りに塗り固められた狂言まがいであったと言える。

240 :名無し三等兵:04/07/02 21:39 ID:???
そもそもなんで軍人に民間人がくっついていったのかが良く分からん。
先にアメリカが無差別艦砲射撃を行ったことは知ってるが。

241 :名無し三等兵:04/07/03 00:31 ID:???
>>240
皇軍の動静を逐一米軍に密告するため。

242 :名無し三等兵:04/07/03 00:34 ID:???
皇軍に限らず、全ての軍隊の至上命題は「勝利」であって、「保護」は余技。
あの時点の日本軍に、「余技」に現を抜かす余裕が有ったとは考えられん。

>日本軍は住民を助けなかった

軍隊のとった行動としては、至当と言う他無い。

243 :名無し三等兵:04/07/03 00:39 ID:???
至上命令は勝利じゃない、目標の達成だ。
ま、目標の達成こそが勝利と言い換えることも出来るがな。
どうやら臣民なんて眼中になかったようだな。
陛下の心中はどうだったんだろうね。

244 :名無し三等兵:04/07/03 03:03 ID:???
>>243
その件については前にあった沖縄戦スレで一応の結論が出てた
と思ったが。

245 :名無し三等兵:04/07/03 03:04 ID:???
>>243
「一人ボケ突っ込み」

246 :名無し三等兵:04/07/03 22:40 ID:???
>240
兵隊さんについていけば安心だ。とのこと。

247 :名無し三等兵:04/07/03 22:50 ID:???
そんなアホ共を兵隊さんが救ってやる必要はないわな。

248 :名無し三等兵:04/07/03 22:54 ID:???
>247
まあ米軍がなにをするかわからなかったわけだし。

249 :名無し三等兵:04/07/03 22:56 ID:???
さっさと自主的に島から逃げとけっての。
勝手に付いてきた挙句、皇軍の邪魔をするような連中は氏んで当然。

250 :名無し三等兵:04/07/03 23:03 ID:???
>249
制海権が危ういため自力での避難は難しい。
当時の記録を読む限り一部を除いて県民は皇軍に全身全霊で尽くしたとのこと。
軍へ尽くすことは当然と言えば当然だが感謝すべき。

251 :名無し三等兵:04/07/03 23:06 ID:???
対馬丸が撃沈されてたしなぁ・・・

252 :Pz:04/07/03 23:09 ID:7wRrEjWz
>>249
逃げようとした船アメ公の潜水艦にやられて
小学生とかも大勢死んでますが
でもって、逃げんの躊躇してるうち米軍上陸
鬼畜米英とか教え込まれてたら兵隊さんについてくしかないじゃん
まあ、現地軍の責任はないわなあ
住民保護しながら戦う余地なんかありっこないもん
上層部とか、住民いっぱいの狭い島攻撃してきた米軍差し置いて
住民守らなかったとのたまわる筑紫だけ罵ろうよ

253 :名無し三等兵:04/07/03 23:12 ID:???
米軍責めるのも筋違いだろ。
自国民保護はその国の義務だ。

254 :名無し三等兵:04/07/03 23:51 ID:???
自国民保護といっても限度はあるぞ。無理なものは無理。
そもそも日本軍は元々戦争なんか望んでなかったわけで…ってスレ違いになるなこりゃ。

255 :名無し三等兵:04/07/04 00:12 ID:???
>>254
>そもそも日本軍は元々戦争なんか望んでなかったわけで…ってスレ違いになるなこりゃ。

戦前の帝国のやることはどう考えたって米国に喧嘩売ってるとしか。
仏印進駐の時の件なんてマジDQN。

256 :名無し三等兵:04/07/04 00:13 ID:???
結局、アメと戦争した事が元凶ってことでFA?

257 :名無し三等兵:04/07/04 00:46 ID:???
>>255
日米対立は既に日露戦争の頃から始まっている。
日本はロシアに対して勝ちすぎ、アメリカが植民地として狙っていた大陸への影響力を持ちすぎていた。
そもそもアメリカは仏印進駐の前に鋼鉄・錫・屑鉄・航空用燃料の対日輸出を停止しているし、
日本軍が戦っている蒋介石の国民党に対して錫を担保に二千万ドルの借款を渡してるのだがこれは日本に喧嘩売ってることにならんのか?

258 :名無し三等兵:04/07/04 00:52 ID:???
>>254
無理なモノは無理でも可能な限り努力し、責任持つのは当然だろ。

259 :名無し三等兵:04/07/04 01:05 ID:???
最大限努力してもあれが限界。

260 :名無し三等兵:04/07/04 01:12 ID:???
>>257
米国が中国に大きな権益をもつことを考えれば、中国への侵攻は米国へ喧嘩を売ってるに等しい。
中国への肩入れは米国の立場から考えれば当たり前の反応だろ。

261 :名無し三等兵:04/07/04 01:19 ID:???
国際間の争いごとでどっちが悪いのだとかなんだとか餓鬼の喧嘩じゃあるまいしやめようや。

262 :名無し三等兵:04/07/04 01:21 ID:???
日本軍が大陸に進駐したのはまず第一に在留邦人を守るためであり、朝鮮・満州を防衛ラインとしてロシア・ソヴィエトの南下を防ぐため。
それに日本以外にも列強は居留人を守るために大抵軍を駐留させていた。
シナに外国勢力を排除できて国内の内乱を抑えられるほど安定した政府があれば、わざわざ日本が大陸に軍を送る必要はなかったし、ロシアの南下に神経を尖らせる必要もなかった。

263 :名無し三等兵:04/07/04 02:18 ID:???
>>258
では沖縄戦において、レイテ突入失敗後の消耗著しい帝国軍の残存戦力で可能な限り努力し、責任を持てる戦い方をするにはどうすればよかったかを答えてくれたまえ。
史実では大和を含め多数の特攻機を送り込んでいるし、現地の司令官達はほとんど戦死するか自決して果てた。
当然>>258の考えにはそれを超える「可能な限り努力」して「責任の持てる戦い方」の手段があったのであろう。
歴史のIfは空しい行為だという人もいるが、古代ローマの格言にあるように陽の下に新しきものはなく歴史はいずれ繰り返すものだ。
ゆえにそれを研究する価値はある。

264 :名無し三等兵:04/07/04 10:02 ID:+Y+HxJm1
Thank you very much for your inquiry. We are plannning to carry out our
usual mehanical review and preparation procedures duing the next two weeks,
after which we will ask a reasonable $300,000 in light of rarity and largely
original condition.

Respectfully,

Vantage Motorworks, Inc.

By; Richard Gorman, President
Original Message

265 :名無し三等兵:04/07/04 10:27 ID:???
っていうか、住民保護より米軍の出血を強いることを優先したってだけの話だし。
米軍に出血を強いて時間を稼ぐということの目的に反しない限り
日本軍も住民保護策を取ろうとしてる
(つまり米軍が上陸した後は住民保護なんて考えもしてない)んだし。

国家が国家目的のために小の虫を殺すことなんて別に珍しいことでもなんでもあるまい。
戦後の日本だって安保体制維持のために沖縄を犠牲にし、
高度経済成長のために田舎と工場近くの環境を犠牲にした、それだけのこと。

ただその「犠牲」として支払うモノが、たまたま戦後になって叩かれるようになった、ってだけの話。
現代人の発想で1940年代の日本人の行動を叩いても、
結論は「そういう時代だったんだねー」という茶飲み話のレベルにしかならない…

266 :名無し三等兵:04/07/04 10:36 ID:???
沖縄戦・・・「日本軍は住民を救わなかった」

ソ連対日参戦・・・「関東軍は住民を見捨てて逃げ出した。」

南京大虐殺・・・「日本軍による野蛮な戦争犯罪。」

267 :名無し三等兵:04/07/04 10:53 ID:FLd08OCM
沖縄戦・・・「アメリカ軍による野蛮な戦争犯罪。」

ソ連対日参戦・・・「ソビエト赤軍による野蛮な戦争犯罪。」

南京大虐殺・・・「中国軍は住民を救わなかった。中国軍は住民を見捨てて逃げ出した。」

と言え、と?

268 :名無し三等兵:04/07/04 10:54 ID:???
自国民の命も大切にしない軍隊なら、外国人に対して残虐なこともするさ。

269 :名無し三等兵:04/07/04 10:59 ID:???
>>268
ちょっと違う。
「自軍上層部に命を大切にされてない兵隊なら、〜」
ではないかと。

270 :Pz:04/07/04 11:06 ID:51YUsCAj
>>266
関東軍の将兵はたたかってるぞ
真っ先に逃げたのは、司令官や要人の家族たちだろ


271 :名無し三等兵:04/07/04 11:19 ID:???
>>266
中国の中の人がサヨクになれば中国もそんな感じになるんでないかな。

272 :名無し三等兵:04/07/04 11:30 ID:???
>>266
うちの祖父は満鉄の“列車運用ではない課”の副課長だった。
ソ連侵攻1週間前に満州から脱出した。ちなみに、課長はソ連に拘束され、シベリアに送られ、二度と日本に帰ってくることはなかった。
「満鉄や軍上層部はソ連侵攻を知っていた!」というより、「なんてラッキーな爺ちゃん!」と思ってるけど。
(事実、ラッキーなだけだったと思う)

273 :名無し三等兵:04/07/04 11:52 ID:???
>>270
要人の家族は分からんが、それでも8月9日には民間人の後送を開始してるんだが。
しかし大抵の人間は現地に生活拠点を持っているし、また内地に比べれば満州は安全という認識があったためその作業は遅々として進まない。
よってやむなく緊急集合が可能な軍人の家族を先に後送したっていうのが真相。

274 :名無し三等兵:04/07/04 11:59 ID:???
まぁいまさら真相はわからないけどね。
軍人が先に逃げ出しといて後で「民間人の対応が緩慢だったからだ」と言い張ってるだけなのかも知れない。
その辺真相は闇の中。「死人に口なし」だしね。

275 :名無し三等兵:04/07/04 12:06 ID:???
一応ソース出しとくか。

ttp://yokohama.cool.ne.jp/esearch/sensi1/sensi-taiso2.html
ttp://www.marino.ne.jp/~rendaico/daitoasenso/tainitisenryaku_sorensansenhiwa.htm
ttp://cb1100f-web.hp.infoseek.co.jp/requiem10.htm

276 :Pz:04/07/04 12:27 ID:51YUsCAj
>>273
ソ連が攻めてきたら、満州南部に防衛線を構築する構想を立てていた
本来であれば、退避に手間取りそうな住民は、前もって疎開させておくべきだが
政治的、士気的理由などから開戦するまで何も知らせてないし手も打ってない
それで居て、要人の家族は逃がしてるのは見逃すべきではなかろう

277 :名無し三等兵:04/07/04 12:35 ID:???
開戦するまで何も知らせないのは当たり前。
防衛計画が漏れたら計画を練り直さなければならず守る意味がない。そしてその時間もない。
後送が遅れたのは認めるが、それはそもそも日ソ不可侵条約を守らなかったソヴィエトに文句をつけるべきでは?
現地住民を避難させるから時間をくれと言ってもスターリンが聞くとは思えないし、実際聞かなかった。


278 :名無し三等兵:04/07/04 12:35 ID:???
このスレみていると涙がでてくる本土の連中が糞ばかりだと良く分かる。
謝罪一つしないとはね・・・・・

279 :名無し三等兵:04/07/04 12:43 ID:???
>>278
謝罪と賠償はソ連に求めてくださいな。

280 :名無し三等兵:04/07/04 12:46 ID:???
謝罪は「負けてごめんなさい。次戦う時は負けません」でOK?

281 :Pz:04/07/04 12:47 ID:51YUsCAj
>>277
知れせないのが当然なのはわかる
また、早急に対応できる住民退避の措置を少しくらい立てていても
あの、第6親衛戦車軍先頭の記録的猛進撃じゃ北部西部では何の効果もなかったろう
でも、要人たちと家族は逃がしていて、住民退避には有効な手段を真面目に立てていなかった事実は無視すべきでない
結果が同じだったとしてもそれこそ結果論
首脳部の姿勢は批判されて良い

282 :名無し三等兵:04/07/04 12:59 ID:???
じゃあなかなか集まらない民間人を優先して待ち続け、軍人・軍属の家族は戦闘地帯に置いておくべきだったとでも?
それでは結局誰も助けられないと思うんだが。
大体住民退避の有効な手段って言われても、これから対ソ戦に備えなければならない軍にそれだけの余裕があったかかなり疑問。
当時の在留邦人は155万人。しかも満州全土に居る。
軍としては、全ての邦人を守るというベストだが不可能な理想論を捨て、助けられる人間だけ助けるというベターな選択をしたことは間違っていないと思う。

283 :名無し三等兵:04/07/04 13:01 ID:???
つーか「本土の人間」が謝る理由が無い
原爆落とされた事を広島長崎以外に住んでた人間は謝らなきゃいかんのか?

284 :名無し三等兵:04/07/04 13:02 ID:???
でも沖縄人は本土人に謝らせようとしてるよ?

285 :Pz:04/07/04 13:03 ID:51YUsCAj
>>277
あと、あら探しのつもりは全然ないんだが、よく間違えられるので
日ソ不可侵条約ではなく、日ソ中立条約
純粋な不戦条約ではない
日露戦争で取得した領土などの件でソ連側が不可侵条約は拒否した
また、4月5日(だったよな?)には期限の来た中立条約の不延長を通告
破ったのは、通告後も1年間は中立条約は有効という一項に過ぎない
別にソ連を弁護する気もなく、嫌いだが
ソ連は不当に酷評される傾向があるので

286 :名無し三等兵:04/07/04 13:03 ID:???
あれは米軍の沖縄占領中に本土の人間が全て悪いって教えたんだろ。

287 :名無し三等兵:04/07/04 13:05 ID:???
まあ関特演で隙あらば…と構えてた陸軍/関東軍は責められないよな。

288 :名無し三等兵:04/07/04 13:08 ID:???
どっちにしろソヴィエトが領土欲丸出しで満州、樺太・千島を襲い、多数の日本人を略奪虐殺強姦抑留したのは変わらんがな。
まあ策略を見抜けなかったのは反省すべきところだ。

289 :名無し三等兵:04/07/04 13:08 ID:???
沖縄人に謝るときは
「ごめんなさい、今度負けるときはちゃんと本土決戦やって
日本国中が焼け野原になるまで戦うから許して」
でOKですか?

290 :名無し三等兵:04/07/04 13:12 ID:???
>289
たぶんそれで喜ぶのは筑紫だけだと思うよ。

沖縄県民を喜ばせたいんなら
「米軍基地沖縄だけに置いてごめんなさい、
 これからは日本全部で受け持つようにするから許して」。
沖縄の「反日」は戦争直後にはまったく現れず、
戦後の安保構造の進展に伴って出現してることを忘れちゃなんねぇ。

そういう意味において、沖縄の状況を作ってるのは
日米安保と同じくらい憲法9条とサヨクに責任がある。

291 :Pz:04/07/04 13:14 ID:51YUsCAj
>>282
自分の意見が正しいと主張する自信はないが
個人的にはそうすべきだったと思う、たとえ全員が助からない結果でも公平に
闇米を食わずに餓死した役人を、愚かと評するか立派と讃えるかみたいなものだが
非常時であるだけに姿勢が問われよう
台湾に逃げた富永と同列に言われても仕方ない
実際、山田乙三司令官は戦陣訓起草した1人だそうだし、自分は自決せず抑留されてるし

292 :名無し三等兵:04/07/04 13:17 ID:???
沖縄があんなところにあるのが悪い、と言うか不運だった。
だって、あんなにちょうどいいところにあるんだもん。

293 :名無し三等兵:04/07/04 13:23 ID:???
「もし大東亜戦争をやり直すとしたら戦場となる前に沖縄を北方領土の代わりにソ連に譲り渡します」

294 :名無し三等兵:04/07/04 13:24 ID:???
>>291
そこまで言うなら仕方がない。それも意見だ。
だが私の意見は、彼らがただ民衆を見捨てて逃げ出したと酷評されるような軍隊でなかったということだ。
彼我戦力の中で可能な限り努力し、民を守ろうとしたと考えるに足る行動は起こしている。

295 :名無し三等兵:04/07/04 13:31 ID:???
まあ結果的に見捨てたとされるのは仕方ないけどな…。
それが敗戦国のつらいところだ。
だから「次戦う時には負けない」ということで。

296 :Pz:04/07/04 13:34 ID:51YUsCAj
>>294
いや、オレも上層部だけ批判してるのであって
関東軍の将兵は可能な限り勇戦してる、住民守らず逃げたってのは誤解だ
そういう誤解の生じるのを、要人や家族が助かったことが助長してる

297 :名無し三等兵:04/07/04 13:42 ID:???
>>296
それは全くその通りなんだが…もし一人でも「民間人が残っているのに私だけ逃げるわけにはいかない」と宣言して残ったお偉いさんがいたらその後の反応も変わったかも知れん。
とはいえ沖縄戦の「沖縄県民斯く戦えり。県民に対し後世特別の高配を賜らんことを」の言葉すら戦後教育の中では全く伝わらなかったから、どんな言葉も旧軍というだけで封殺されるだろうが。
やっぱり負けたらあかんね。

298 :名無し三等兵:04/07/04 15:03 ID:???
まあ要するにあれだ

× 「日本軍は住民を助けなかった」

○ 「日本軍には住民を助ける力は既になかった」

だな。
まあそこに至った経過に対しては責任追及がなされるべきだが、
筑紫氏その他の人々が暗に匂わせるが如く
「サディスティックな意図をもって見殺しにした」
って言い草はちょいと程度を疑うね。

299 :名無し三等兵:04/07/04 15:06 ID:???
>298
連合艦隊がトラック環礁に輸送船団を置き去りにしたときは
明らかに自分たちが生き残るための囮、餌として残す意図が見受けられますけどね。

それと沖縄とは違うわけで。

300 :名無し三等兵:04/07/04 15:07 ID:???
>>298
流石にそこまでは言ってないと思うが(w

301 :名無し三等兵:04/07/04 16:25 ID:???
>>299
よし、連合艦隊全滅させて輸送船団を守ろう!ってことになってもなw
輸送船はともかく軍艦はまったく補充が効かない状態だし。

302 :名無し三等兵:04/07/04 16:27 ID:???
>301
トラックの件というのは

・米機動部隊の接近を空襲の2日前に哨戒で察知
・連合艦隊はすぐに逃げ支度
・輸送船団には環礁内に留まるように命令(敵の来襲が近いことは知らせない)

というもので、
> よし、連合艦隊全滅させて輸送船団を守ろう!
との間に「輸送船団も逃げてヨシ」がありうる状況なわけですよ。

303 :名無し三等兵:04/07/04 16:38 ID:???
で、トラックの輸送船団は連合艦隊が逃げた後にどうなったの?
米軍に接収?

304 :名無し三等兵:04/07/04 16:44 ID:???
>303
皆殺しを食らいました。

305 :名無し三等兵:04/07/04 16:51 ID:???
>297
保守革新双方でよってたかって抹殺したといってもいいだろうね、教育現場においては。

戦後の安保問題は保守革新双方の共犯だから、
その前提にある「沖縄は犠牲にしましょ、日本は憲法9条で平和です」を
根元的に批判する文章である海軍地上部隊の決別電文は
教科書に載せていいはずがない文章だった、ウヨからもサヨからも。

そのかわり沖縄ではほとんど「神の言葉」扱いだがな。
沖縄にとってのヤマトンチューの評価基準は、
自分の身を切ってでも沖縄に同情を示してくれたか否か、だ。
それがゆえに太田実の名は沖縄では「理想のヤマトンチュー」の象徴だし、
太田県政時代に予想外の普天間返還を米にかけあって取り付けてくれた橋本龍太郎には
沖縄世論は非常な恩義を感じている、といってよい。
先の小泉内閣成立直前の自民党総裁選挙の一般党員投票で、
ただ1県だけ橋本龍太郎に圧倒的支持が集まったのは、その沖縄なのだから。


306 :名無し三等兵:04/07/04 21:35 ID:???
つか後世に高配賜ってないしー

307 :名無し三等兵:04/07/05 02:11 ID:???
負けたから賜らせたくても賜らせられなかったんでない?

308 :名無し三等兵:04/07/05 10:18 ID:???
おいおい援助漬けでも「高配賜ってない」かよ
いったい年にいくら本土から恵んで貰ってるんだよ
ったく乞食の要求には際限がねえな

309 :名無し三等兵:04/07/05 18:05 ID:???
>>308
地方自治の勉強して、出直して来い

310 :名無し三等兵 :04/07/05 23:18 ID:???
父祖を殺し、先祖伝来の農地から追い払った奴らの基地が、
常に視界にあり、金属質の轟音を上げる航空機に頭上を
制圧され、米兵がらみの犯罪も島内に耐えないとなれば・・

財政援助だけで「ご高配」を賜っていると納得するのは、
感情的に無理だわな。

311 :名無し三等兵:04/07/05 23:27 ID:???
>>310
まあ、まして>>308のようなマルキが本土人にいるんじゃな。
沖縄県人に何人か友人がいるが、本当に顔向けできんよ。

312 :名無し三等兵:04/07/06 11:19 ID:???
>280
サヨクというか反日日本人が自衛隊の真の力を発揮させないようにしている。
>284
でも本土の人間を目の敵にしてますね。
>288
北海道にいるロスケを半殺しにすればよい。


313 :名無し三等兵 :04/07/06 11:41 ID:???
>>312
北海道にいるロスケ女に生殺しにされまつがなにか?

314 :名無し三等兵:04/07/06 12:37 ID:+ykGS8tQ
>>312
北海道に居るロスケを親日反ロ分子に育てる
くらいの戦略眼持とうぜ
日本に居る中韓の犯罪者は、見せしめで火あぶりかなんかでもいいけど

315 :名無し三等兵:04/07/06 15:19 ID:???
まぁなんだ、住民の避難誘導なんてのは役場の仕事であって、
軍にはそんな権限無かったからね。
役場のお偉方は真っ先に逃亡しちまったらしいし。
それでも軍は住民保護を意識してたという痕跡は山ほど残ってる。
これを見て「日本軍は住民を助けない」ってのは正に妄言。

316 :名無し三等兵:04/07/09 18:09 ID:???
>123
> まぁ阪神大震災の時、燃える街をみて「まるで温泉にきたようです」と
> 言っちゃう人だから・・・・。

 このヒトはさ、日本が嫌いなんだよ。
だから、被災地を見て、酷い目に遭っている日本人達を見て、
ザマァミロと思っちゃったんだろうな。
それが、思わず口に出ちゃったんだろうね。

 日本が嫌いなら、出て行けばいいのに。
老害の皮を被った、チョソみたいなヤツだ。

317 :名無し三等兵:04/07/12 17:48 ID:???
筑紫なんか芸人と同じと思えば腹も立つまい。
爆笑問題の方がよっぽどおもしろいがw
しかし、慈悲深いインテリぶって適当なことしゃべってたら食っていけるんだから
もう少し日本に感謝しろと言いたい

318 :名無し三等兵:04/07/19 03:08 ID:QvPBnjdI
筑紫のばか!

319 :大ゆ会:04/07/19 04:06 ID:fg9saPji
筑紫哲也が諸悪の根源なのですね。よくわかりました。

320 :名焦し三等兵:04/07/19 04:26 ID:???
>>319
>諸悪の根源

いえ。
あの御仁は「諸悪の集大成」なのです。

321 :名無し三等兵:04/07/19 05:52 ID:???
諸悪のデパートでも良いのでは…

322 :名無し三等兵:04/07/19 06:23 ID:???
>>310
成人式でおそろいのダッセェ袴着て町を酒飲みながら暴れまわっててもまだ不満足ですかな?
本土でもあんた等の米兵以上の悪行は知れ渡ってますのでご注意を。

323 :名無し三等兵:04/07/19 07:52 ID:???
>310
まさか特別に沖縄だけ公共事業を増やせ優遇しろと言うんじゃあるまいな。
自衛官の住民票を受け付けないという行動で日本国への消極的反抗を行ってた連中が、
御高配とやらを賜ろうとは実に笑止。

324 :コヴァ:04/07/19 08:38 ID:3W5QYBZe
 免疫機能は、作動すると歯槽膿漏やリューマチ、アトピーのように人体を傷つけることがある。
 だからといって、免疫が人体を守らないとは言えない。

325 :名無し三等兵:04/07/19 09:48 ID:???
だいたい悪事働いたのは敵前逃亡や戦線離脱、脱走兵やろうが・・。
憲兵の3個大隊も配備しときゃ

326 :名無し三等兵:04/07/19 10:43 ID:bX7ptrni
火事場泥棒に喧嘩の仲裁を依頼した日本政府が間抜けだったということで。

327 :コヴァ:04/07/19 21:31 ID:qeYZWDmN
今日も拉致問題解決のために、中国を頼れといい、そのために靖国に参拝するなと叫ぶ輩が政界にもマスコミにもいる。
決して昔が間抜けで、平和憲法を持つ現代が賢明だとは言えないな。

328 :名無し三等兵:04/07/19 22:12 ID:???
>拉致問題解決のために、中国を頼れ
誰がそんなこと言っているの?

329 :名無し三等兵:04/07/20 06:39 ID:???
>>328
元衆院議員の平塚がそうみたい。

330 :名無し三等兵:04/07/20 19:56 ID:???
売国奴は全員誅殺すべし。

331 :名無し三等兵:04/07/20 21:31 ID:???
>>327
その感想には禿胴なんだけど、独立解決が不可能なのは事実なのよね・・・・・(´・ω・`)

332 :名無し三等兵:04/07/21 20:02 ID:???
>>328
たしか朝日新聞が、反小泉キャンペーンの一環として社説で言ってた。

333 :名無し三等兵:04/07/21 20:10 ID:???
広島の中国新聞では韓国の詩人が小泉批判をしてたよ。

334 :名無し三等兵:04/07/21 20:16 ID:XSj2dXXw
俺は詩人なんて嫌いだよ
軍ヲタも嫌いだしアニメヲタも嫌い。
日本軍が好き!
沖縄戦では日本軍は毒瓦斯使用も辞さない構えだったんだよ。
そこが格好イイよね、瓦斯戦になれば日本軍にも勝機はあった。


335 :名無し三等兵:04/07/21 20:19 ID:???
よくわからないのは広島の中国新聞という日本の新聞がわざわざ韓国の詩人に
話をうかがって「中国やロシアも日本の軍拡路線には危機感を持っている」と
いった話をありがたそうに掲載していることだね。

336 :名無し三等兵:04/07/21 20:25 ID:???
核兵器を持ってる国がよくもまあそんなタワ言を

337 :名無し三等兵:04/07/21 20:26 ID:???
愛媛新聞でも「北朝鮮の拉致問題を論拠に、軍事力強化を図る動きがあることを危惧」してる韓国の人の話が載ってた


拉致問題みたいなのがあれば軍事力強化は当然だろうと思った

338 :名無し三等兵:04/07/21 20:34 ID:???
塹壕掘ってそこに朝鮮人数百匹押し込んで油ぶっかけて燃やしてやりたい
法律で許されるのであればマジで俺はやると思うよ。


339 :名無し三等兵:04/07/21 20:35 ID:???
油の一滴、血の一滴

340 :名無し三等兵:04/07/21 21:02 ID:???
>337
極東3馬鹿国家が「日本の軍拡路線に危機感を持つ」のは当然だろうな。
これまで日本が経済力に比して貧弱な軍備と防衛意識しか持てなかったことにつけこんで
日本人がいろんなものを犠牲にして稼いできた金をヤクザ同然にむしりとってきた、
それを続けられなくなるんだからな。 自業自得だが。

問題は、連中は「自分たちの国が損する」から日本の軍拡反対と言ってるだけなのに、
それを「日本が軍拡するから悪い」と言い張る日本のマスゴミなんだからな。




341 :名無し三等兵:04/07/21 21:02 ID:???
在日朝鮮人は制服着て外出中の自衛官につば吐きかけたり因縁つけて絡んだり
平気でするらしいからな。
隊員は手も出せずに反論もできないらしい。
もし絡んでる現場を目撃したらチョン共をぶちのめしてやりたいよ。

342 :333:04/07/21 21:13 ID:???
>>338
広島の中国新聞に通報しますたw

343 :名無し三等兵:04/07/21 22:40 ID:f/en9V/6
結局 勝ってりゃ何も文句言われないんだ。負けたから、それだけさ。

344 :名無し三等兵:04/07/21 22:54 ID:???
>343
今度は勝つように臥薪嘗胆。

345 :コヴァ:04/07/21 23:25 ID:yDIayy6v
>>328
こいつだ、こいつ
http://ex5.2ch.net/test/read.cgi/mass/1052793349/l50
読売出身だが、朝日以上のアカピー
その名は大谷昭宏

346 :名無し三等兵:04/07/22 00:13 ID:???
>>341
チョンっとバカだよな。日本に根を下ろしているということは、
とりも直さず敵に囲まれているということだろ。
今の日本人は弱っちいけど、将来はそうだとは限らない。
将来過酷に復讐されることを念頭にないのだろうか?

347 :名無し三等兵:04/07/22 12:23 ID:???
つーかさぁ、沖縄戦で軍が住民を安全に逃がすこと出来なかったでしょ?
疎開させようにも疎開船はボコボコに沈められるだろうし
米軍の絨毯爆撃(砲撃)の下でどうやって助けるんだ。

348 :名無し三等兵:04/07/22 18:00 ID:???
そんな状況で戦争継続させたことを批判するなら兎も角、
現地軍にそこまでの責任を追及されても、なあ・・・・・・。

349 :名無し三等兵:04/07/22 18:23 ID:???
チョン詩人は地獄の業火で焼かれればいいのに。

350 :名無し三等兵:04/07/22 18:45 ID:???
>348
百歩譲れば、首里防衛放棄→南部転戦という現地軍の決定が
民間人の死傷者を激増させたということは言えなくはないが

……その場合、非難されるべきはやっぱり大本営の「本土決戦」構想なんだよな。
32軍を非難するのはそれこそ中間管理職にすべて責任押しつけて問題をごまかす
企業不祥事の処理パターンとまったく同じなワケで。

351 :名無し三等兵:04/07/22 18:52 ID:???
ついでに言えば、その「沖縄決戦」当時、
お前らの先祖である新聞社は何をしてたかと(ry

352 :名無し三等兵:04/07/22 19:03 ID:???
当時の沖縄戦を体験した人々は日本軍に友好的な意見を持ってると思うな。
そもそも沖縄の人いびって喜んでたのは朝鮮兵らしいよ。
俺テレビで見た事ある、タバコを頭に乗せて悶え苦しんでるの見てガハハ笑い
してたらしいよ。

353 :名無し三等兵:04/07/22 19:27 ID:???
チョン云々は置いておくとして、
実際に沖縄戦を体験した世代は確かに対日感情は良好よ。
「壕の安全を守るために子供を殺された」っていう話はよく報道されるけど
その親が半島の中の人みたいにわめく場面はまったく報道されないでしょ?
報道できればマスゴミにとっては何より効果的な画面なのに……。

当時をナマで体験した人間は「それは仕方が無かった」と、
現場の人間を責めても何にもならないことくらい重々判っている。



354 :名無し三等兵:04/07/22 19:39 ID:???
>>353
それを聞いてると、本土の人間にとっての沖縄県民って、
今も昔もどういう風に見えてるんだろう・・と思ったりする。

355 :名無し三等兵:04/07/22 22:25 ID:???
飯の種

356 :名無し三等兵:04/07/23 08:37 ID:???
反日ブサヨクチョン工作員w

357 :名無し三等兵:04/07/31 11:11 ID:???
>352
やばい発言かもしれませんが旧日本軍の虐待行為の殆どは
朝鮮人だったかもしれませんね。

358 :名無し三等兵:04/07/31 12:58 ID:???
嫌韓厨ってソースもねー癖にほんとどんなスレのどんな話題にでも噛んでくるんだな。

359 :あが:04/08/07 15:08 ID:3+0jiVZI
筑紫の考えは、大東亜戦争は、100%日本が悪いと、言う考え。馬鹿じゃないの。何故、日本が戦争しなければならなかったのか、欧米がどんなにひどい事したか理解ってない。

360 :あが:04/08/07 15:12 ID:3+0jiVZI
公共の電波を使用するなら、アメリカから押し付けられた腐った汚物のような歴史認識を垂れ流すな。正しい歴史を一から学べ。老害


361 :名無し三等兵:04/08/07 15:16 ID:???
そうだね池沼くん。

362 :名無し三等兵:04/08/07 16:11 ID:???
>>361
お前だよ馬鹿

363 :名無し三等兵:04/08/07 16:18 ID:???
>>362
何がだい?

364 :Pz:04/08/09 00:27 ID:???
>>359
だが、日本が100パーセント悪いという教育が、主に日教組などのせいでなされてきたのも事実
負けたんだから仕方ないが、そんな教育はおれらの世代までにして欲しい
まあ、成長して真実を少しでも知れば変わるだろうが
こないだの職場の飲み会で、台風の通過した八丈島どこにあるか受付の女の子誰もわかんないんだぜ
こういう連中に反日思想植えつけりゃ、そのまま鵜呑みに原爆まで当然の報いと
勘違いしかねんな
求む愛国反中教育(ホントは客観的な教育して欲しいが、クソ中国の反日教育に対抗したい)


365 :名無し三等兵:04/08/10 01:17 ID:???
つーか住民守る云々ってそもそも軍の仕事じゃなくて県の行政の仕事だろと。
散々ガイシユツだが。

366 :名無し三等兵:04/08/10 08:47 ID:???
>>365
一般的な意味での危機管理だったらね。
県だけでなくて市町村もそうなわけだけど。

要するに、災害の初動は市町村(消防・救急は市町村もしくはその共同組織の事務)。
災害の被害が広域に渡るものなら当然に都道府県が出張る。
治安という意味での危機管理は各都道府県警察の役割。
それで、力不足という認識を各首長が持った場合に、
初めて自衛隊の災害出動、治安出動の要請がなされる。

まあ、そうした危機管理が基礎自治体、広域自治体の手に余るという判断があれば、
国の本格介入が前提になっている場合もある(複数の都道府県にまたがるような超弩級の震災など)。

ただ、全体でみれば、一般的な危機管理事項(災害、事故、治安)に対して、
「住民」の生命と財産を守る役割を負うのは、自治体っていうのが大前提だよな。

ただまあ、いわゆる「有事」=軍事に関しては完全に国の専権事項であるわけでね。
日本のような統治機構の国においては、それは未来永劫変わらんだろ。

367 :名無し三等兵:04/08/10 11:25 ID:???
>366
戦前の話をしとるんだが。

368 :名無し三等兵:04/08/10 15:25 ID:???
日本は軍備増強には熱心でも、民間防衛はついに浸透しなかったからなあ・・・・。
まあ元々、海軍にしろ陸軍にしろ、本土の外で決着を付けるつもりだったから、
ある意味当然なんだが、英国なんかと比較すると寂しいものがある。

84 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)